イヤホン・ヘッドホン

Beats by Dr.Dre

BeatsX

レビュー

このコシの強い素材を採用しているためにケーブルとして全体を丸めることができずに収納ケースにいちいち入れなければ綺麗に収まりません。

電源が入っても音がならず、ペアリングが完了した時点での音しかならないために首にBeatsXを装着した状態での電源操作がイマイチやりづらいです。

bluetoothイヤホンを買うと一般的にはmicroUSBが採用されているものが多いですが、向きがあったり小さなところに挿し込まないといけなかったりと壊れれるのではないかと不安に感じることがありました。

ただ、音質・電源のオンオフ・ケーブルの長さ及びまとまらなさ・AirPodsのようなギミックの少なさ あたりの減点が個人的には大きかったです。

- beatsXレビュー。悪くはないが、期待よりも微妙なbluetoothイヤホン | CuriousBox

(詳しくないので) ランニング用途で購入した為基本的にiphoneで聴くので問題はないのですが少し残念かな、、、 ググってみてもこれだという答えが見つからなかったので、どなたか対処方法を教えていただけると助かります。

もちろん動画も音ズレを感じることもありません。

(AAC対応というのもありますが) デザイン、音質、操作性、バッテリーこれらを含めた総合点では間違いなく一位といえるイヤホンです。

・これまで他社のノイズキャンセリングイヤホンを使ってきましたので電車での 使用には耐えないかと思いましたがカナル型イヤホンのため、電車の騒音や 周りの人の声もあまり聴こえません(聴いている曲にもよりますが)。

- カスタマーレビュー: BeatsXイヤフォン - ホワイト - Apple(日本)

「Beats Solo3 Wireless」の場合は曲によっては明らかに「音がおかしい」と感じるものもあったが、BeatsXに関しては今のところそのような経験がない。

これを踏まえた上で、冒頭で書いた通り、僕は同じ「W1」チップ搭載ワイヤレスイヤホンを購入するのであればBeatsXよりもAirPodsの方が魅力的であると感じている。

僕の見解としてはBeatsは音質よりもファッション製を優先しているため、「Beats Solo3 Wireless」も音はそこそこでも使いたくなる魅力がある。

むしろ、BeatsXの電源ボタンは探しづらく押しづらく、押したとしても電源が入ったことを知らせる音が鳴るまでタイムラグがあるので非常に使い勝手が悪い。

- 【レビュー】BeatsXワイヤレスイヤホンーー個人的にはAirPodsの勝ち | gori.me(ゴリミー)

耳の中の隙間を埋めるようにピッタリとはまる設計で、外からの音をシャットアウトし、純粋な音楽を楽しむことができる。

もし、耳から外れることを一切許容できない方は、羽型のイヤーチップを装着することで軽減できると思うので、ぜひ活用してほしいところだ。

「AirPods」に関しても、バッテリーケースを併用することで最大24時間の連続使用が可能だが、「AirPods」のように、こまめに充電するのが面倒な人は「BeatsX」の方が向いているかもしれない。

パッケージの中に入っているコードを入力することで、「Apple Music」の全コンテンツを3ヶ月無料で利用できるので、もしこれから「Apple Music」を利用することを考えている人や、すでに利用している人にとってはお得であること間違いなし。

- 【徹底レビュー】「BeatsX」はナチュラルサウンドが特徴のワイヤレスイヤホン 「W1」チップ搭載でApple製品とスムーズなペアリングができるスマートデバイス | CoRRiENTE.top

「AirPods」と同じくApple W1チップ搭載であるため、iOSデバイス間でシームレスに接続先の切り替えができたり、電話やSiriにも対応したりとiPhoneとの親和性が高さがポイントです。

つまり、コントローラーはあまり使い勝手がよくないということでしょうか。

iPhoneとの親和性、使い勝手、デザイン、素材の選択、音、全てにおいて大満足です。

【インタビュー】ハイレゾDAP「FiiO X7」の購入者・はとさぶれ氏『デザイン、UIは非常に満足。

- 「BeatsX」購入者レビュー『ほんとにBeats?と思うほど良い音、装着感はめちゃくちゃいい』 | Geekles

最初はハンズフリー用のヘッドセットは下記のようなものを使いました。

他の製品利用時は純正のイヤーチップがうまくフィトせず、コンプライなどのオプションを使うこともありましたが、BeatsXのイヤーチップは本当に快適です。

いざ、充電が必要になっても前述の通り、iPhoneと共用のLightningケーブルが1本あれば十分。

残り10点は防水対応と電源投入時にiPhoneのロック解除をする必要があることで少し面倒なことだけが不満ですが、iOSでの対応や次期モデルに期待です。

- BeatsX 1ヶ月使い倒して再レビュー | Potato Apple Blog

まだbluetoothのイヤフォンが初めてという人なんかもいると思うんですが、そういう場合には単純にbluetoothでワイヤレスなだけで感動ということもあると思います。

Flex-Formケーブルっていう名前自体は知らなかったものの発売前から付けている人の広告画像なんかを見るとケーブル長そうだけどこの首回りがしっかりしててそこから耳までの部分が邪魔にならなそうだなって思ってて、もちろんイメージ画像だからそういう風に見せてるだけかもしれないけどと思いつつも期待してたんだけど、それが本当にそういう感じで、今までのbluetoothイヤフォンみたいに後ろでまとめる必要もないし(そもそも後ろでまとめるパーツ無くしたり外れたりしてあんまり意味を感じていなかったけど)ネックバンド式みたいなものよりかさばらないしですごく良い。

あとはイヤーピース、付属のもののフィット感とそれによる外部の音の遮音性がすごくいいんだけど、これはたまたま僕の耳にフィットしてるのか、なんか特別なものなのかどうなんだろう。

それはケーブルがあるからっていうこともそうだし、バッテリーの容量的にもってことで、AirPodsは外す度にケースに入れると思う、無くさないようにと充電を兼ねててそれは良いところでもあるんだけど、今までのbluetoothイヤフォンでもわりと耳からは外しても首にかけっぱなしで行動したりしていたので、首にかけっぱなしでいられるっていうところがbeatsXとか見たいな有線のbluetoothイヤフォンの良いところなのかな。

- 【オススメ商品レビュー】BeatsX Bluetoothイヤフォン - Tezlog 買った、体験した、考えた、生活の感想とか記録とか

普通のイヤホンだと初期設定でなかなかつながらないことも多々ありますが、 このBeats Xは電源をつけてiPhoneに近づけるだけですぐ繋げられます。

今時の方にしてみたら当たり前のことかもしれませんが、 アナログ世代の私には、 ドラえもんが四次元ポケットから出すもの以上の商品に感じました。

上記の画像でお分かりいただけると思いますが、イヤホン横のボタン部分で音 量調節ができると同時に、Bluetoothで接続したスマートフォンに着信がはいっても、このボタンを押すと通話に切り替えることができます。

気に入っている理由は、今回のレビューでの星の数が全て「☆☆☆☆☆」 でお分かりいただけたかと思いますが、 音に関しても、使い勝手に関しても、デザイン性どこをとっても素晴らしい商品と感じたからです。

- イヤホン【Beats X (BeatsX) 】レビュー | 6つのレビュー記事 26つのレビュー

AirPodsと同じ挙動なので使ったことがあれば驚くこともないのですが、煩雑なペアリング手順を一気に飛ばせるこのカンタンさは、他社にも見習ってもらいたいところです。

ケースといっても口が閉まらない簡易的なものですが、クシャっと丸めてすぐに押し込められる手軽さがすばらしい。

実際に外に持ち出すアイテムとして、これならケースも含めて使う気になります。

製品ホームページでノイズアイソレーションについて言及していますが、これはノイズキャンセルとは異なり、あくまでパッシブ(電源を使わない構造上のもの)で実現されています。

- ASCII.jp:iPhoneと超カンタン接続で音質も優等生! 「BeatsXイヤフォン」レビュー (1/2)

「グレイ」及び「ブルー」モデルについては、販売開始自体が2〜3週間後のため、最速でも手に入るのは2月末頃になりそうですが、「ホワイト」及び「ブラック」は店頭販売分を狙えば早めに入手することができそうです。

いち早く手に入れたい方は、こまめにAppleオンラインストアにアクセスして店舗在庫の状況をチェックしてみましょう。

実際は計算通りにならない可能性大なので、あくまで単純計算の結果ということで。

BeatsXは音の解像度が抜群に優れていて、「これまで聴こえなかった楽器の音が聴こえる!」という体験がよくあります。

- 【徹底比較】AirPodsとBeatsXどっちが買い?10項目のポイントから徹底的に比較してみた! - なすぶろぐ、弱火でじっくり。

いつも、カナル式のイヤホンを使う場合、イヤーピースは、一番小さいものを使うのですが、今回の付属品のイヤピースは、他の製品に付属しているイヤピースと比較すると、若干大きい感じがします。

ケーブルが柔らかいため、ポケットにコンパクトに入れることができます。

ケーブル本体の長さが気になる方も多いと思いますが、標準的な男性がつけると、特段長いと感じません。

私自身は、耳にイヤホンをした状態で、ペアリングした時の音、またはペアリングが解除された音を確認するようにしています。

- [レビュー]BeatsXの在庫確保!気になる音質は!? | iPhoneとXperiaの考察

ということで、そこまで待てないかみあぷではauショップの先行販売でゲットしてきましたよ。

Beatsのシンプルなカナル型イヤホンのワイヤレスタイプ、「AidPods」と同様にW1チップを搭載していることもあって注目されていました。

電話が掛かってきた場合はリモコンのボタンを押せば、そのまま電話に出ることも可能。

そして好みもありますが、「AirPods」がオープンエアタイプなのに対してカナル型ということもあり、外部の音が入ってこないのも私としてはマル。

- 【本日発売】ついに出た!注目のワイヤレスイヤホン「BeatsX」を速攻レビュー | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

重低音はもちろんのこと、高音質にも力が入れられているので、あらゆる音源に対応してくれます。

イヤーパッドにマグネットが使用されているため、首からぶら下げていてもコードが絡まることがなく、便利です。

Class 1のBluetoothテクノロジーが採用されているため、簡単にワイヤレス接続をすることができ、途切れにくいです。

説明書には電源ボタンを1秒押すとペアリングされるように記載していますが、実際に、ペアリングしようとしたところ、なかなかつながりませんでした。

- 【レビュー】「BeatsX」がついに発売開始!ワイヤレスイヤホンの真骨頂

首にかける時にロングヘアーやアフロなど様々な髪型・服装に対応したための長さだと思います。

けど両方サイズが気になるから実店舗で置いてるところないかな〜。

これがちょっと面倒くさく、Beatsに製品登録する際にそのコードを入力することでiTunes Store用のコードが貰えます。

あとBeats Updaterというソフトウェアで今後製品をアップデートできるので手に入れた方はダウンロードすることをオススメします。

- BeatsXを語りたい 〜発売の話から細かなレビューまで〜 - いん⇔あうと計画

イヤホン内部とケースのどちらにもバッテリーが内蔵されていて、連続再生時間は5時間(ケースで充電しながらだと24時間)。

片方ずつ使うことが多い僕にとって、これは本当に便利な機能だと思いました。

音の傾向から、おそらくダイナミック型のドライバが使われていると推察しますが、この型のドライバは高音があまり綺麗じゃないんですよね。

2回ポンポンと叩いてあげると、Siriを起動したり、音楽を再生/停止したり、という機能を割り当てることができますが、正直に言ってSiriに「音量下げて」というのは恥ずかしい。

- AirPodsとBeatsXってどっちがいいの? → どっちも買ったけど、よく使ってるのはAirPods。 - starnote*

iPhoneなどに同梱されているオープンイヤー型の「EarPods」はどうしても自分の耳には合わず、 スポスポ抜けてしまうことにずっと悩んでいました。

さらに、さらに装着を安定させることができるウイングチップも大小2種類入っているので好きなフィット感で自分の耳にあわせることができます。

ちなみに、イヤーチップによっても音の聞こえ方が変わるので、今後購入される方はウイングチップも含めいろいろ組み合わせを試してみてください。

というのも、首にかかる部分のケーブルは硬い形状記憶的な素材になっており、付属のケースを使用した方がいいでしょう。

- ようやく入手!Bluetoothイヤフォン「BeatsX」レビュー | davinci72.net

また完全無線イヤホンのAirPodsと同様に、Bluetoothイヤホンのペアリングを劇的に省力化するアップル新開発の「W1チップ」を搭載。

いや、当たり前なんですけど、AirPodsってケースがあるからカバンなしで出かけるときはちょっと邪魔なんですよ。

イヤホン部分もマグネットでカチッとくっついてくれるので比較的に邪魔にならないはずです。

もう注文してしまったので、全部あと付けの理由なんですけど、実はマットなグレーのものをちょっと集め始めているのですよ。

- AirPods持ってるけど、 BeatsXも注文した – シン・みたいもん

付属のパーツはこのように取り付けて、ゴムの部分を折り曲げて耳に入れると、イヤフォンの位置がより安定するのですが、私は圧迫感のない装着感の方が好きなので、付けない方が好みかな。

「BeatsX」は、「AirPods」と違って首かけ式なので、完全なワイヤレスではないのですが、ケーブルの長さやリモコンユニットとの重量バランスが絶妙なので、首かけ式でもほとんど付けていることを感じさせない程に、違和感のない装着感だと思います。

イヤフォンとしては中価格帯に属する製品で、かつワイヤレスなので、音質には過度な期待をしていなかったのですが、しばらく使ってみると予想以上に広がりがあって元気な音(<語彙力)を鳴らしてくれるなぁと感じます。

このイヤフォンは、Beatsの製品の中では低音が大人しいと言われていますが、ちゃんと耳に密着するように装着すれば、十分な低音を出してくれていると思います。

- Apple W1チップ搭載のBeatsX Wirelessイヤフォン、購入後レビュー! - 羊の夜をビールで洗う

柔らかいシリコン素材のトラベルケースや、様々な耳にフィットする羽型のチップ、充電用のLightningケーブルが同包されています。

    フィット感は優れているものの、BeatsXは耐汗仕様ではないため、運動用には「Powerbeats3 Wireless」の方が適しているかもしれないと述べています。

  また、音質に関しては従来のBeats製品よりも低音が控えめで、バランスのとれた音になっているようです。

  フィット感の面では、「使用したことがあるどんなインイヤー型ヘッドホンよりもフィットする」と評価しました。

- 海外YouTuberによる「BeatsX」のレビュー動画が公開! - iPhone Mania

ワイヤレステクノロジーとしてAppleの「W1」チップという技術を採用しているので、「AirPods」と同じく簡単にiPhoneとペアリングすることができる。

Bluetoothをオンにして近づけるだけでほぼやることはないんだから。

これがあることで、普通のカナル型タイプのイヤホンよりも安定性が増し、僕の場合だと片耳だけカナル型イヤホンがよく落ちるのだが、それが全くなくストレスを感じなくてここ何日もメインイヤホンとして大活躍中。

「AirPods」と使い分けているのでバッテリーがなくて困ったことは今のところないが、Apple公式サイトによると持続時間は12時間(最大の公表値)となっている。

- 【レビュー】Powerbeats3 Wireless(ブラック)をチェックーー「W1」チップはやはり快適 | フレフル

Bluetoothによるワイヤレス接続ですが、ネックストラップタイプのためケーブルは存在しており、未使用時は首にぶら下げる感じです。

ちなみに、だいぶ前にもネックストラップ型Bluetoothイヤフォンを購入したことありまして、それは、ネックストラップとイヤフォンコードが別々だったので絡まりまくりで嫌気が差しましたが、BeatsXイヤフォンは、ストラップとイヤフォンコードは1本で統合されていることから、そう簡単に絡まらないこではないかと思われました。

首から耳にかけてのコードは、通常のイヤフォンコードより太いので、これが妙に目立つ気がするんです。

電源オンオフはiPhone側から操作はできませんし、AirPodsのように『耳から外してしばらくしたら電源オフ』などという芸当もできません。

- AirPods比較レビュー:BeatsXイヤフォンと比べてみたよ - iPadファン

短いLigthningケーブル、BeatsXを入れることができるシリコンケース。

BeatsXはiOSデバイスとなりますので初期ではiCloudに紐づくことでその所有者の名前が頭につく可能性が高いです。

変え方は他のBluetooth機器と同じ、iPhoneの設定からBluetoothへ画面を遷移。

しかし、各機器のBluetoothペアリングを行う必要はなく各機器をiCloudに同期していれば全てに登録はされるようです。

- BeatsXレビュー!2月25日到着です。|monafukuのブログ

イヤーチップは4つのサイズが用意されており快適性は良好ですが、プレミアムイヤチップにアップグレードすると、よりフィット感を得ることができます。

Powerbeats3のイヤーフックのデザインでは圧力ポイントは最小限に抑えられており、イヤーケーブルは邪魔にならないところに留まります。

長時間の視聴に最適ですが、より適切なイヤーチップを選択しフィット感を調整することで、数時間の利用が可能になるでしょう。

一部のユーザーは、電源スイッチが見つけにくいといっていますが、コントロールは非常に簡単で、それ以外の操作には便利です。

- Bluetooth イヤホン Beats Powerbeats3 レビュー