イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-CD900ST

レビュー

本機はあくまでモニタリング用であり、長時間のリスニングには適していないようですが、この圧倒的な解像度と輪郭が超明瞭なサウンドは一度は体験しておくべきだと感じました。

ただ、このMDR-CD900STから放たれる音こそ、何の装飾も持たない純然たる本物のサウンドだということ。

工学的理論やら、他機種との比較理論やら、そんな事も大事なんでしょうけど、要は自分の耳に合うか、この音が好きか嫌いか。

打ち込みを使用したR&BやHOUSE、EDMなども聴いてみましたが、面白いことにこれまで聴こえなかったシンセベースのフレーズとか、キック、スネアドラムのリリース残響音なんかが聴き取れるのも一つの感動要素であり、わざわざ本機を購入してまで楽しみたい目的要素にもなるんだな、っていう感じです。

- 素晴らしきSONY MDR-CD900STについてちょっとだけ語る - Sounds,Tools and...Flava

これはスピーカーやヘッドフォン、イヤフォンに限った話では無く、CDプレーヤーやウォークマン、パソコンに至るまで様々な音設定がメーカーによりされており、こだわればスピーカーケーブルや、視聴する環境空間でさえも影響を受けると言われています。

視聴者側として音楽を楽しむ分には、自分の好みに合わせて機器を選び、重低音が好きな人は重低音が強化された機器を選んだりでき、機器の特性を活かすことができます。

フォーンプラグが標準サイズでミニでは無いので、そもそもお出かけ時に小さな音楽プレーヤーで視聴するために作られてはおらず、むしろスタジオや取材現場などではプロの雰囲気や真剣さを作り上げるようなデザインであるように感じます。

これでモニターしながら音作りをすれば、意図した音作りに最も近い形で様々な機器を使う視聴者に届けられる、そんな魅力と安心感がMDR-CD900STの良さではないでしょうか。

- SONY ヘッドフォン でおすすめの MDR-CD900STについてレビュー | DTM Review

DTMerの皆さん、お互い気をつけましょうw ミキシング上達はモニター環境からってことで、モニターヘッドフォンと言えばコレ!って感じのSONY MDR-CD900STと高音質で名高いAKG K701の比較レビューです。

密閉型でバッフル内が浅く、ユニットが耳に近い構造のため、左右への広がりが少なく音が近い。

左右の楽器の定位、リバーブの広がり、音の粒立ち、文句のつけようが無いです。

ただ良すぎて、バランスの悪いミックスの音を聴くと粗が目立つかも?開放型でこもり感がなく、バッフル内も広くユニットと耳との距離があるおかげで、左右の広がりや音の距離感表現が秀逸です。

- SONY MDR-CD900STとAKG K701を比較してみた【モニターヘッドフォン比較】 : SynthSonic

何度も言うように日常的に音楽を楽しむのに向くタイプとは思えませんが、モニター用としてはいまだに現役バリバリで使える機種です。

しかし、価格帯的に仕方ないこととはいえ、音の解像度などについても、やはり900STよりはワンランク落ちます。

カナル型なので音漏れは基本的にありませんが、自分の声が直接頭蓋骨に響くため、歌録り時のモニター用途には向きません。

繊細で扱いは難しいですが、用途や好みにハマればこれ以上の選択肢はないイヤホンです。

- 女の子に例えると? ヘッドホンレビュー モニター特化型編 - くりおぺ

特に音楽などでは低音を重視することが多いので、ベースラインやドラムのバスドラなど、低い音程が立体的に聞こえます。

また音を聞いている時の感想としては、基本的にボリュームを上げていくと、ノイズなどが際立って聞こえていくのですが、このヘッドホンはそのようなノイズをカットしてくれるような印象です。

そのために、曲本来の音や聞きたいメロディラインがはっきりと聞こえます。

最近では、曲づくりや音楽鑑賞だけではなく、プラグに変換ジャックをつけ、iPhoneにつけて音楽を鑑賞をしたり、ゲームで使用したりすることも。

- 【レビュー】SONY【MDR-CD900ST】は低音が良い感じです | Ulog

逆に、DTM素人でこれから機材を探す方や、2000円クラスの環境から卒業してちょっと良いヘッドフォンが欲しい、という方には参考になるかもしれません。

MDR-CD900STは、もともとレコーディングの際に細かいノイズやミスを洗い出すために開発されたモニターヘッドフォンですから、いわゆる「聞き心地のよい」音ではないことは購入前から覚悟していました。

よく、リスニング用のヘッドフォンの謳い文句に「豊かな低音」という類のものがありますが、MDR-CD900STに関しては真逆の性質です。

ここまで読んでいただいた方はお分かりのように、MDR-CD900STはいわゆる聞き心地のよさを求めた「リスニング用」のヘッドフォンではなく、ノイズや演奏ミスなどの「粗探し」をする目的で作られたモニターヘッドフォンです。

- モニターヘッドホンMDR-CD900STレビュー|プロ御用達のモニターヘッドフォンをレビュー

なぜ弱点か?このケーブルの中身はL chのホット(+)、R chのホット(+)そしてグラウンドの3芯構造です。

オリジナルではドライバーユニットの端子を利用してR chへ配線を渡しているのですが、コールドを独立させるために画像のように一部カットします。

本来、ケーブルの共通インピーダンス による逆相クロストークで低域はボヤけ、キックのタイミングやベースのピッチは曖昧で演奏者にストレスを与えていました。

L/Rのセパレーションの向上を確認するためにヘッドホンアンプのL chのみにテスト信号を入力し、ヘッドホンプラグのグラウンドとドライバーユニットのグラウンドの間にどれ位の電圧が発生しているか、周波数をスイープしグラフにしました。

- 定番モニターヘッドホン SONY MDR-CD900ST アップグレード改造の方法を公開! | アンブレラカンパニー | BUZZ

MDR-CD900STはそのような音の加工がなく、音の全帯域の音量が均一で、音源をより正確に再現する、癖のないピュアな音が聞けます。

ただ、音の特性がフラットであるために迫力に欠けますから、CDプレイヤーやiPodなどで聞く音楽のリスニングにはあまり適さないと思います。

私が以前ブログで紹介したSHUREのSRH840というヘッドホンは、音の全帯域が高音寄り(鋭い感じ)で、人の声域以外の音量を控えめにしてボーカルの声を強調し、でも高音寄りだから微細な音もはっきりと聞こえ、加えて重低音がよく響くようチューニングされています。

テレビやPCやiPodのヘッドホンの差込口に挿入できるプラグは「3.5mm ミニプラグ」ですので、これに接続するためには上図のような「ミニプラグ変換アダプタ」が必要です。

- SONY MDR-CD900STの特徴と用途(モニターヘッドホン) | 鳥取の社長日記

今は,コンピュータシミュレーションでかなりのことができるだろうが,現実の視聴とチューニングには敵わないだろう。

900STの存在を知ってからレビューを探すと 「あら探し用ヘッドホン」だとか「とても音楽鑑賞は無理」というも多い。

スタジオモニターなんだから,あら探し用なのは当たり前な気がするし,入っている音が全部聞こえて,音をきれいにまとめたりしないヘッドホンが理想的だと思う。

たぶん,最高のヘッドホンは STAXだが,高電圧が必要なのに構造が華奢で,取り扱いに気を使う,密閉型にできない,という欠点がある。

- 衝撃のヘッドホン MDR-CD900ST 今更レビュー: Raspberry bush

ハイレゾ音源をしっかり鑑賞できるヘッドフォンを、と思って他メーカーの製品も試聴しながら探していたわけだけれど、簡単に言えばコストパフォーマンスの良さ、将来への期待感から、MDR-Z7が「素敵すぎる」と感じて選んだのだ。

そもそもモニターヘッドフォンという性格から、全域がフラットな音の出方になっていることもあり、音楽を長時間気持ちよく聞き続けるというタイプの音質でないことも、“ハイレゾ鑑賞”に合っていない部分と言える。

HD800は値段の問題もさることながら、音の堅さがどちらかというとクラシック向けという雰囲気があり、プライベートと仕事の両方で使うことを考えると、もう少し汎用性が欲しいと思えるところがあった。

ヘッドフォン本体側の端子が3極のステレオミニで、MMCXなど、他社で多く採用されている端子ではないものの、特殊な端子というわけではないので、いずれはサードパーティー製のリケーブル品も増えてくるのではないか、と想像しているのだが、どうだろうか。

- 【ミニレビュー】ハイレゾ鑑賞用ヘッドフォンに選んだソニー「MDR-Z7」の“素敵さ”とは - AV Watch Watch

音楽を楽しむという目的よりも、 音を確認していく、音の形を見るような目的になると思います。

モニターヘッドホンとして使うにしては、かなり高額です、が、その音はそれだけの価値があると感じます。

K702と比較すると、やや低音に寄った感じ、その分ロー、ミッドの帯域は気持ちよく鳴りますが、ちょっとボーカルが離れた様なバランスです。

また、個人的に注目しているポイントとしては、ケーブルがminiXLRプラグで着脱可能なところと、イヤーパッドが販売されているところ、そして何より、良心的な価格。

- おすすめのモニターヘッドホンを比較してみた! -

他のヘッドホンがいろいろ弄られた音であることが、本機を聞くことでよく分かる。

作曲や編曲で使われるだけあって言ってしまえば面白くない音であるが、前の記事でも取り上げたようにイコライザである程度の音は作ってしまえるので、鑑賞用としてもポテンシャルは高いと思う。

また変換プラグ装着時にはなかなかのサイズになるので、ポータブル機とセットで外出先で使用するということは考えない方がいい。

もちろん、音以外の面で残念な点がいくつかあるので、自分の耳はもちろん、目で確認することがもっとも望ましい。

- MDR-CD900STのレビュー。 - LV73.net

CD900STとK240MKIIでボリュームが全然違う事に加え、 さらにK240MKIIは開放型ヘッドホンなので例えばボーカルのレコーディングの際のモニターヘッドホンに使うのは難しいです。

こちらの方がバランスも良い上、ちゃんと海外では定番になる程使われていますので、 こちらをミックス等の際のメインモニターにしたりサブ的にモニターソースを追加するという意味でも良いでしょうし、 ボーカル等のレコーディング用のモニターにするにも使えます。

その他のCD900STとの相違点としては、折りたためる事と、カールコードになっている事、さらにはステレオミニジャックにプラグが付いて標準ジャックとの2系統に対応している事です。

オーディオインターフェイスのボリュームアウトプットにステレオで二股になっている分岐プラグでも差し込めば、 エンジニアと、レコーディングする演者で同じボリューム感で共有しながら制作する事も出来ます。

- MDR-CD900STに耳が調教されてしまった人用の万能サブモニターヘッドホン。SONY MDR-7506レビュー - 前田的DTMブログ

モニターヘッドフォンは音を、原音に忠実に再生してくれるもので、音の変化を監視 するのが目的。

モニターヘッドフォンをたくさん使った事がある人ならスペックを見れば その性能の違いがはっきりとわかるのかもしれませんが、 僕にとっては全く未知の世界です。

家での使用頻度は、楽器を弾く時やmixを作るとき2〜3時間/日といった ところです。

モニターヘッドフォンと一般のヘッドフォンでは使用目的が違うんだ!ということ を十分実感できました。

- 【Sony mdr-cd900st レビュー】初めてのモニターヘッドフォンの使用感 | ノマドワーカーの毎日

肝心な音なんですが、とりあえずコレあれば他はいらないんじゃね?ってレベルでクリアで解像度や分離性能が高くて音の輪郭がクッキリ、そして色付けの無い音です。

モニター傾向の音が出るヘッドホンは、山ほどありますし、デザインや携帯性に優れてる訳でもありません。

MDR-CD900STを試聴したことある人は、こんな硬質な音のヘッドホンは音楽鑑賞には向かないと言い切る人も居るでしょう。

秋葉原のeイヤホンで9000円位で購入したのですが、店舗の中古の中でも一番状態が悪いものでした。

- team らくだ — ヘッドホンレビュー MDR-CD900ST

標準原器と書いたようにこれでミキシングした仕上がり音を想定できているということで、これ以上でもこれ以下でもありません。

あくまでもプロがレコーディングの現場で使うことを前提に設計されているので、何の色付けもされていない、きわめて無機質でプレシジョンな音が出ます。

またインピーダンスが特殊なので、ヘッドホン端子によっては音が濁ったり、割れたりするので要注意! 利点はユーザー側である程度の部品交換ができることですね。

特にイヤーパッドの交換が簡単にできるのはありがたい!結構劣化しやすいパーツなので助かります 私は以前東京サウンドの真空管ヘッドフォンアンプと組んで使っていましたが、球による音の違いがばっちり分かるほど解像度がすごいです。

- SONY ( ソニー ) >MDR-CD900ST | サウンドハウス

このソニーのMDR-CD900STはいわゆる一般的なヘッドフォンとは用途が異なっていまして、普通のヘッドフォンは音楽を楽しむためのものかと思いますが、各メーカーはその音楽を楽しむために、音に言ってみれば色付けと言いましょうか・・・そのメーカーのその商品によって、音が違っていることが多いです。

一方、モニター用のヘッドフォンはご存じの通り、音をモニターするためのものなので・・・そういった色付けがされていないヘッドフォンが多いです。

そういう意味で、このソニーのMDR-CD900STもそうで、色付けがされていなくて、癖のない音なので、モニターする際も例えば、返ってくる自分の声ですとか、楽器の音も長い時間聴いていても疲れないと言いますか。

とてもバランスのとれた音(あくまでもモニター用として・・ですが)だと思いますし、僕は音に関しては100%満足しています。

- DTMにおすすめのモニター用ヘッドフォン、ソニーMDR-CD900ST | 買い物ジプシー

私はケーブルによって音が変わることはあると思っていますが、それを認識できるとは思っていないので、値段も安いこの商品にしました。

これをちゃんと分けることで、左右のスピーカーがより音がはっきりすると言われています。

ミニジャックは私の用途のメインがスプラトゥーン(WiiUのコントローラーに変換アダプタは重すぎる)やスマホなので、必要条件でした。

4芯化は、確かに音が左右に広がって中央の音が下がったように思います。

- 定番モニターヘッドフォンのSONY MDR-CD900STを改造

音に関する何らかの創作活動をする人で、ヘッドフォンはどれを選べば良いかわからない人はまずCD900STを購入すれば外すことはありません。

僕の場合極力デッドで音が近いほうが好みなので、MDR-7506はイヤーパッドをCD900STと同じものに改造していて、側圧をあげるためにCD900STも折りたたみに改造しているため両者の違いはスピーカーユニットの部分だけとなり、その差も比較しやすいですのですが、イメージとしては、ドンシャリな7506とフラットなCD900STという感じで、レンジは7506のほうがコンパクトな感じです。

よくCD900STのレビューでは低音が出ると言っている人がいたりスカスカと言っている人がいるのは、聴く人の頭の大きさでヘッドフォンの密着具合が変わってしまうため、違うように音が聴こえてしまうからなのではないでしょうか。

側圧を弱めれば本来のCD900STの音なのですが、耳に密着するだけで低音が占める割合が増えるためサウンドのバランスはかなり変わります。

- モニターヘッドフォン SONY MDR-CD900ST と改造 – Akihiko Matsumoto Blog

ギターやエフェクターはもちろんですが、ヘッドフォンのような再生装置ほど音の好みで評価が変わるものはありませんので・・・。

うちのテレキャスって、あんまり個性が強くないギターだな、と思っていたんですが、900STから出てきた音はまぎれもないテレキャスサウンドでした・・・モニタはあくまでもモニタですから、それに合わせて音を調整することはありませんので、音を録ってもこれまでと特に変化はありません。

オープンエア型のヘッドフォンは、けっこう高級なSTAXというメーカーのものを使ったこともあるんですが、音質は別としてフィット感があまりよくなく、頭のてっぺんに重さが集中してしまい、また大型なものがおおいので実際の重量もある、という点において、ちょっと私好みではありませんでした。

丹下ニャン平 2008/07/18 15:32 #「アーティストもこの音で聴いている」 ”業界標準”とゆーのは、 ・もちろん高性能であること ・業界内で一定の評価を獲ていて、とりあえずこの品物による感触は普遍的とも言えて、自らの下した判断が他環境でも通用するであろうことが信じられること ・故障時の修理では部品がメーカーにストックされ続けている、或いは同一の新品が常に(小手先のモデルチェンジがされない=完成度を極めているが故に必要ではない)入手できるため、保守管理が容易であること とゆー理由によります。

- SONY MDR-CD900ST - きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト-

音の輪郭から定位、エコーの拡がり感などの微妙な違いをつぶさに再現し、”本物の音”を耳に伝えます。

極めて高解像度で音の輪郭が明瞭、聴感上幅広い周波数レンジを持つのでミュージシャンが音を聴き取りやすい。

僕はこのヘッドホンをリスニング用に使うこともありましたが、リスニングのみを目的にこのヘッドホンを購入するのはあまりオススメしません。

また、非常に耐久性が高いことと、もし壊れても交換用のパーツを買って手軽に自分で修理することができるのも魅力です。

- ○○日使ったら壊れた!壊れた記念に定番ヘッドホン「SONY(ソニー) MDR-CD900ST」を紹介&レビュー - ねこつばめのす