イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-EX1000

レビュー

最初はEX1000の値段が高すぎるので、EX600を買うつもりだったけれどじっくり視聴すると音色は両方の機種にているけれど、演奏しているときのスケールが大きく異なりEX600が狭く感じてしまう。

特にグランドピアノの独奏やバイオリンの無伴奏ソロなどMDR-EX1000やEX800STにはない緊張感があり、実際の楽器の音に近いと言う意味での再現力はe-Q7の方が優れているように思える。

全域に渡りストレートでフラットな音色で、所謂かまぼこやドンシャリではなくZ1000、EX1000ともにダブルベースの周波数が低い音からソプラノ・バイオリンのキンキンと耳に響くような高い音まで忠実に再現されている。

EX1000の解像度がとても高いので、上流の部分をしっかりとした再生機器を使うことによってイヤホンの良さを最大限に生かせると思います。

- SONY MDR-EX1000 レビュー – 大人になれる本

これを縦にする事で、振動板を大きくでき、低音から高音までダイナミックレンジの広い「モニター」としての基本性能を確保できました。

例えば、スタジオモニターのMDR-Z1000と同じく、内部損失が大きく原音再生に適したソニー独自の液晶ポリマー振動板を採用したり、筐体には余計な振動を吸収するマグネシウム合金の採用、ケーブルにはとても高価ながら7N-OFCという非常に高純度な銅を用い、信号の伝送ロス低減まで徹底しました。

_モニター音質、アウトドアでの装着感のこだわりなどをお伺いすると、プロのステージ用モニターとしても適しているように思うのですが、いかがでしょうか? MDR-EX1000は、基本的に一般のお客様、とりわけ音楽ファンのアウトドア用途を前提としています。

実は、MDR-EX1000は、少し外界の音も聞くことができる設計になっているのです。

- MDR-EX1000 開発者インタビュー | ヘッドホン | ソニー

左側の通常タイプ7種類(「Hybrid」と書いてあるのは、ヘッドフォン本体に付ける中側シリコンが外れにくいよう硬め、耳にあたる外側のシリコンが柔らかめという二種類の材質で出来ているから)に対し、右側の3種類は間にウレタンフォームを詰めた「ノイズアイソレーション」タイプになっています。

僕は運用上ロングコードを使うことは無いので、このままユニットだけ取り出してロングコードはしまっておき、先ほどビニール袋に入っていたショートコードを取り出します。

表面(EX1000を装着している人を正面から見たときに、ユニットの前を向いている面)の接続端子部にSonyロゴ。

ただ今も音を聴きながらこのブログを書いていますが、EX1000は音の再現性が半端無いです。

- MDR-EX1000 Review 開梱篇:It's a ...:So-net blog

SE535は筐体全体が耳穴に対する蓋のように、ピッタリとハマり、装着後に凹凸が出来ないのが優れているが、「EX1000」と「EX600」の場合はユニット部分が完全に耳の外に出ており、若干目立つ。

BA型はメリハリがあり、細かな音の描写がわかる解像感の高さを持つが、1つのユニットで再生できる帯域が狭く、量感のある低域描写にはマルチウェイ展開や、耳への挿入を深くして密閉度を上げるなどの工夫が必要になる。

感覚的に違いを表現すると、「アトムの子」の1分30秒付近からのドラムソロの、背後でうねるような低音が、EX600では自分の肩の部分から聴こえる程度。

音自体の解像度の高さではEX1000が頭一つ抜けているように聴こえるが、EX600とEX510SLでも量感のある「ヴォー」という轟音がキチンと描写されており、差は大きくない。

- 【新製品レビュー】「MDR-EX1000」他、ソニー新イヤフォンシリーズを聴く - AV Watch

筐体とドライバーユニットを一体化することで不要な振動を抑え、低音域でのスムーズなレスポンスと中高音域でのクリアなサウンドを再現します。

以前からER-4Pを愛用しており、低音に若干不満があったため、今回これを購入してみました。

・解像度  ER-4Pの方が音の粒のエッジが鋭く、音の分離感がはっきりしています。

バランスド・アーマチュア型のイヤホンは解像度こそ高いのですが血が通っていない音がしていたためダイナミック型を買おうと考えていましたが、ハイエンド機種でありながらダイナミック型はあまり見つかりませんでした。

- SONY ( ソニー ) >MDR-EX1000 | サウンドハウス

さすがモニターイヤホンです・・・全体的に硬いですが音場の広さには圧倒しました 解像度も高く音場が広く、抜けの良い音なのでイヤホンを付けているのか忘れそうなほどです XBA-40に慣れているのでドンシャリ感が気になりますしもう少しボーカルが前に出てくれるといいですね 2014/1/21追記 イコライザでいい感じに調整すればとっても良い感じになりますのでお好み調整ひっすです。

XBA-H3と同じで耳かけできるようになっていて自由に曲げられるので好みの調整ができるのでフィット感は問題ないです。

本当にピュアオーディオ求める方はZX1を求められると思いますが元の音源を考えればいますぐ手に入れなくてはいけないような製品ではないと思います。

あ、ハイレゾ対応の音質が高い音楽プレイヤーを持つと、MP3とか非可逆圧縮なんて聞けないって思うかも知れませんが量をとるならそれもありだと思います。

- MDR-EX1000/NW-F880 レビュー: おとはのおえかきすたじお

というわけで「テクノロート」の装着感ですが、装着する前、一番始めに耳の角度よりややきつめに型作りしておく→耳に本体をしっかりと差し込む→テクノロートの微調整をするというのが一番しっくり来る装着感になると思います。

今までのMDR-EX700SLなどでは、(私は延長コードを常用していたこともあり)コードの重さで装着感がゆるんだり、コードを引っかけて耳から外れるなんてことも多々ありましたが、MDR-EX1000ではそういう心配はまずしなくて済みそうでいいですね。

プレーヤーはとくに指定がない場合NW-X1060を使い、イコライザ、アクティブノイズキャンセリング(デジタル)、クロストークノイズキャンセリング(クリアステレオ)、バーチャルサラウンド(VPT)などの人工的に手を加える類のものやヘッドホンの延長コードは、明示しない限り使用しておりません。

結論から言うと、横(いわゆる音場)の広がりというのはMDR-EX90SLより劣りますが、縦の(周波数的)広がりというのが突出していたため全く問題なく移行出来そう、という印象ですね。

- Sony and Love Power | So-netブログ

長時間MDR-EX600を使い続けるともうちょっと音の聞き分けができるようになるかもしれませんが、ダイナミックな音の聞こえ方、正確はかなり似ているかも。

ボキャブラリーも経験値も少なくてうまく伝えられないんですが、これだけは音の調整がうまくいって音質に差があるとかではなく、なにかのブレイクスルーがあってMDR-EX1000だけ全然違う音で鳴っている気がします。

EX700SLも上下を逆にしてコードを 耳に引っかけることができますので、それで試してみては いかがでしょうか? それで問題なければ、たぶん、それの もうちょっとコードが太い感覚になると思います。

ところでEX600については1000の方がオーダーが多いとのことですが、600ってこんなに音が悪いの?ですとか19800円という定価よりも安い値段でさえ価値を否定するような記事内容が購買欲を削ぐ内容で、メーカーショップの方の発言としては無責任かつ軽率で不適切なのではないでしょうか? 最後の方で取り繕われてはおりますが、EX600にとっては取り返しのつかないマイナスイメージになってしまったのでは?と心配します。

- 『MDR-EX1000』『MDR-EX600』開梱レポート:ソニーショップ クロニクル3:So-netブログ

EX1000も同日発売だったようですが、今のところEX600は生産終了、EX1000はまだディスコンの確定情報はない様子。

「新しくないやん!」と突っ込まれそうですがEX600には満足していたもののこちらも何度か試聴したことがあり、EX600を買った頃は手の届かない憧れのイヤホンという感じで眺めていました。

イヤーハンガー付きの同規格のケーブルを使うので形状はEX1000/600ともにフォルムは似ていますが、EX1000のほうが少ない外装部品でつるっとした感じです。

箱出しの状態でもEX600と比べた音場の広さは感じられますが、EX1000に使われている液晶ポリマーフィルム振動板というのはバーンインに比較的時間のかかるものらしいのでしばらく使いながら味わっていこうと思います。

- MDR-EX1000を買いました

MDR-EX1000では全体的に艶はあるが、角が丸く、少し重みのある低音に聴こえる時がある。

「N」は(9)のことで、ケーブル導線に使用される銅素材はたいてい4Nだそうなxxさらに不純物を徹底して追い出すと5N、6Nになるが、これはもう世の中全体を無菌化したような状態..!!つまり、7Nは純度99.99999%のケーブルという事になり、ほぼ極限の純度ということなのです!!!こ、これは...!ピラミッドの謎と同じくらい奥が深そうではないか!!!!!リッツ線自体も高周波特性のよいエナメル撚線。

刺さり気味だった高音域に柔らかさがでました!Vo.の輪郭もやや丸みがでて、且つモニター要素はそのままとてもクリアです。

高音域がシャリ付いて、聴き疲れするのが難点だったMDR-EX800STでしたが、ケーブルをMDR-EX1000に変更する事によって、いい意味でコンプレッサーがかかった様に耳への圧を抑えてくれます。

- 【やってみた】どう変わる?MDR-EX800ST/MDR-EX1000のケーブルを〇〇すると..|イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのBlog

MDR-EX1000には、ノイズアイソレーションイヤーピースが付属してくるが、それを使用した場合でも、外の音がまったく聞こえなくなるという程ではない。

これは、オーバーヘッドの密閉型とインイヤー方式という方式の違いもあるだろうが、MDR-Z1000があくまでもプロ用のモニターとして開発された製品であるのに対して、MDR-EX1000がコンシューマ向け用途も考慮した製品であるという、製品の性格の違いによるものではないだろうか。

2曲目のSerpent In Paradiseの中盤部分のJay Beckensteinのソロの部分で、EP-830だとサックスの音の出ている範囲が、音の強弱、高低によって拡がったり狭くなったりしているように聞こえる部分があるのだが、MDR-Z1000/EX1000では、そのような感じにはならず、ぴったりと1つのポイント、一定の範囲に収まっている。

MDR-Z1000/EX1000ののモニター色はそれほど強烈ではなく、バランスは普通の音楽リスニング用のヘッドホンとそれほどかけ離れているというわけではない。

- ソニー モニターヘッドホン MDR-Z1000/EX1000で音楽リスニング | マイナビニュース

これまでのSONYのBAやハイブリッド型イヤホンもその類でしたが、今回の新製品 XBA-Nシリーズは、BAとダイナミックドライバーを各1基ずつしか積んでおらず、イヤホンマニアの方にとっては、スペック的にもの足らず、XBA-N3については眼中にないという方もいらっしゃるかもしれません。

XBA-H3は、イヤホンコードはいわゆるシュア掛け仕様でしたが、イヤホン本体がシュアのイヤホンの様に耳のくぼみに収まるのではなく、完全に耳の外に出ているため、耳にフィットさせているというより、イヤホン本体を紐で釣っているという感じで、とても不安を感じる装着感でした。

XBA-N3の装着感については、この「トリプルコンフォートイヤーピース」のおかげで良いと思いますが、イヤホン本体の形状から、それ程耳の奥に入るわけではないので、個々人のベストポジションを見つける自由度は、それほど高くはないと感じました。

つまり、イヤホン本体から見た装着感に関しては普通(平均)といったところでしょうか。

- SONY XBA-N3とトリプルコンフォートイヤーピースレビュー①~3万円前後のおすすめイヤホン~

見た目的には、普通のソニーのショートコードのイヤホンのようなu型ではなく、普通のY型のケーブルであること、プラグ部分がアルミ製で「SONY」のロゴが入っていてかっこいい(写真参照)、ってのが特徴でしょうか。

MDR-EX800ST標準付属のものの方が金属製のねじになっていて耐久性が高そう。

ケーブルで本当に音が変わるか、という話については、Etymotic ResearchのER-4S(通常タイプ)とER-4P(ポータブル用タイプ)というイヤホンの違いはケーブルの間に入ってる抵抗値の違いだけ、みたいな話もありますので、ケーブルに何か細工がしてある可能性はないわけではありません。

MDR-EX800STの本来の持ち味である、横に広い音場はスポイルされ、音場の広さは普通の高級イヤホンになります。

- MDR-EX800STレビュー(その3、ショートケーブルRK-EX1000SPとの組み合わせ) - saburahuのブログ