イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-EX31BN

レビュー

通話に関しては集音マイクがモノラル音声なので、静かなところで喋るなら有線のマイク付きイヤホンの方がクリアな音声になるのですが、騒がしいところに行ったら一転、MDR-EX31BNのノイズキャンセリング能力でちゃんとストレスなく聞き取れるレベルの通話が可能になります。

その後普通にMDR-EX31BNをpowerボタンのみで入り切りさせても、SBC接続に戻ることはなく、何度NFC接続してもaptXで接続しましたとなります(XPERIA Z3タブレットコンパクトと、ウォークマンでは)ので、何度も音量の+ボタンを押す必要はないのだと思います。

マルチポントの設定方法は2種類あって、アンドロイド携帯端末では、Bluetooth接続の設定に、A2DP接続の音楽再生をオフにできる機種もあるようで、そこをオフにする設定もあります。

windows用の方のWAVは、iTunesがアートワークやタグ付けをフォーマット自体がサポートしていないそうなので、ちょっと不便ではありますが、音質に拘りたい人はこれ一択です。

- MDR-EX31BNレビュー Bluetoothノイズキャンセリングイヤホン

電源OFFの場合も長押しです。

音量調整や曲の進む/戻るはスマートフォンを取り出さなくても出来るので、結構便利です。

イヤホン一体型だとそれなりのお値段になってしまいますが、MDR-EX31BNだとまだ何とかお手頃な価格でBluetoothに手を出せると思うので、興味のある方は試しに如何でしょうか。

今回、購入する品を検討するにあたりヨドバシカメラの店頭で色々と見てみたのですが、はじめはどれもこれもうまくスマートフォンから接続できず困り果てました。

- 【レビュー】SonyのMDR-EX31BNを買ってみた – くろいぬの日常をつらつらと…。

Bluetooth自体が音声をワイヤレスで飛ばすためにかなりデータ量を圧縮しているので、レシーバーかアナログ的な部分(イヤフォン)に相当お金をかけない限りは大幅な音質アップは難しいと思われます。

曲名やバッテリーの残量を確認するための液晶ディスプレイがないことが非常に残念です。

さて、ここまでを総括すると、「音質、操作性ともに良好だけど、ディスプレイ非搭載な分、惜しくもMW600には及ばない」ということになります。

MW600に近いけどディスプレイがない分、若干操作性ダウン → その分ノイズキャンセリング搭載で総合的な価値はUPというところです。

- 【レビュー】MW600の後継を名乗れるか?BluetoothイヤフォンMDR-EX31BNレビュー - スマホとデジ生活

接続先の端末側もaptXに対応している必要がありますが、条件さえ揃えばより高音質な音楽をワイヤレスで楽しむことができます。

電車の中でNCをオンにすると、周りの音がすっと消えて音楽だけが聞こえる、でも社内放送の音はしっかりと聞こえる、何ともくせになる便利さでした。

ただし、電車などの音が大きい場所でNCオン→NCオフにしてみると騒音がわっと聞こえてきますので、ノイズキャンセリングが機能していることはわかります。

ヘッドセットとしての機能ですが、本機は8台までのマルチペアリングに対応し、また音楽再生機器と通話機器、それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントに対応していますので、タブレットで音楽を聴いている途中にスマホからの通話着信を受けることができます。

- SONYのヘッドセットMDR-EX31BNを買ってみた!~私のandroid機器と愉快なBluetooth機器たち第一弾ヘッドセット編~ | ligamap

僕は格安スマホで、NFCがスマホについてないのですが、もしNFC機能がスマホについていれば(普通ついてる)かざすだけで接続してくれるのでストレスフリーで接続することができます。

NCボタンをAI NCの方にスライドするとノイズキャンセリングモードを自動的に選択してくれます。

イヤホンを装着していて音楽を聴いていた時に電話が鳴っても簡単にとれます。

大変よく音を拾うので、騒がしいところで通話すると相手が通話しにくいそうです。

- 【レビュー】騒音98%カットSONYワイヤレスの無線イヤホンMDR-EX31BN | 暇モアイ-一番大事なことは、楽しく生きること-

加えて、ボタンひとつで最適なキャンセリングモードを自動で選択する「AIノイズキャンセリング機能」も付いていて、「一般的な騒音」、「バス・電車の中」、「OA機器やエアコン」など、環境に応じたキャンセリングモードを適用することで効果的にノイズをキャンセルすることが可能です。

BTイヤフォンの中には、HFP/HSPプロファイルに非対応で通話に使えないのもあるんだけど、スマホとBT接続するなら本機のような通話対応機を使った方がシアワセ度が高くなると思います。

世の中には専用の充電器を必要とするBTレシーバもあったりするんですが、そうすると充電できる場所が限られて不便だったりするんですよね。

マイクロUSBは100円ショップでもケーブルが売ってるぐらいメジャーな規格なので、どこでも充電できる自由さが手に入ります。

- aptX/AACにも対応!ノイズキャンセル付きな多機能BTイヤフォン「MDR-EX31BN」レビュー | Hinemosu

先日、このノイズキャンセリングヘッドホンがスゴい!でソニーのヘッドホンを見てからというもの、ずーっと、気にはなっていましたがまぁ、購入はまだ先だなと思っていたところ・・・ 通勤電車の中で、頻繁に鼻水をすする音(ズルズル・・)とか、変な鼻息の音(フンフン・・)とかめっちゃ気になって気になって、ストレスがMAX状態に! こういう時の音って意外と気になるんすよね。

2-3回までだったら我慢できるが、数秒に1回のペースでずーっとやられると、 「うるせぇっー!」ってパンチしたくなりません? でも実際そんなことしたら、「サラリーマンが鼻水をすすった音に腹を立てて暴力を!」って新聞記事になっちゃいますのでできるわけもなく・・・ こんな時にノイズキャンセリングをしたら音が消えるんだろうか?なんて思い、もし消えるのであればストレスも軽減されるなぁと思い、ついに購入することに決めました。

流石にあのうるさい店内の音を無音状態にするということはできませんでしたがパチンコ玉を耳栓にしたくらいの効果はありました。

本体にはマイクらしきものがなく、本体をわざと手で覆って会話をしてみたが音声はしっかり聞こえるし・・・。

- MDR-EX31BN|ソニーノイズキャンセリングイヤホン徹底レビュー!!

イヤホンは通勤通学で使用することになると思いますが、9時間電池がもつとというのが、ソニーの見解です。

僕も9時間使い続けてませんが、普通連続で聞いても2、3時間ですから、その間に電池が消耗してしまうと困りますが、その場合スマホ用の充電器があればそれで充電すればいいと僕は思ってます。

携帯電話だって、10時間話し続けるということはまずないですよね。

特iPhone6Plusのように筐体が大きいスマホだと常にバッグやPocketに入れておくと言うことになりますから、その点でもこのソニーのヘッドセットには合格点をあげることが出来ると思います。

- ソニーのワイヤレスヘッドセットMDR-EX31BNの特筆すべき3つのメリット、簡単充電、ノイズキャンセル機能、電池はしっかりもつ

しかしMDR-EX31BNの購入レビューをAmazonやネット各所で見るかぎり、「納得」「満足」「ワイヤレスなのに検討している」「心配は不要」といった声が多く聞かれていることに驚き、安心感をおぼえました。

スマホと一緒に持ち歩くモバイルバッテリーで充電できる手軽さ、外出先での電池切れにも対応できる柔軟さがGOODです。

スマホに着信があれば、電源ボタンを押すだけで通話をスタートすることが可能。

商品紹介 4K動画撮影が可能なレンズ一体型デジタルカメラ。

- 今でも神機 SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット MDR-EX31BN

さて、なぜこいつを購入したかというと、移動中の音楽鑑賞にSONY Xperia Z Ultra(auモデルのSOL24)を使用するようになったからです(タブレットとして使用、電話としてはiPhone5s使ってます)。

ということでワイヤレス可能なBluetoothヘッドセットでも買ってみるか、ということにしました。

このボックスレスタイプは究極の形だと思うのですが、ちょっとイヤホン部を別のものに変えてみたいというのとノイズキャンセル機能に惹かれまして(あと値段(笑)、3,000円くらい違います)、EX31BNにすることにしました。

なんでって、EX31BNの電源ONで両方にうまく繋がってくれないことがよくあるのです。

- レビュー記事「Bluetoothヘッドセット MDR-EX31BN」 | 聴ききれない量の音楽と過ごす日々

ということで、音質が良くて、価格の安くて、iPhoneでも使えるノイズキャンセルイヤホンを探していると、あの音質に定評のあるソニーが8000円程度で売っていました。

ノイズキャンセリングイヤホン本体、イヤーピース、マイクロUSBケーブル、取り扱い説明書、保証書が入っています。

とにかく、音がスカスカのiPhone標準イヤホンと比べると、音質が素晴らしく良いです。

逆に、ワイヤレスにすることで、満員電車でもイヤホンのコードが引っかかる心配は少なくなり、移動も楽になりました。

- iPhoneで使えるソニー製ノイズキャンセリングイヤホン&Bluetoothのコスパが素晴らしい

何も聴かずに無音の状態で集中できる! ノイズがない状態で、音楽を聴くので、音量が小さくていい! 等々、高評価のレビューとか読んでると欲しくなっちゃうんですよね。

ヘッドホンに内蔵されたマイクで拾った騒音をデジタル化して、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンにおいてその騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を発生させます。

下記矢印の方向へスライドさせると、ピロロンと音がして、周囲の騒音を分析して、3つのモードの中から最適なモードを自動で選択してくれます。

これは、他のハンズフリー通話機能がついたイヤホンと同様ですね。

- SONY Bluetooth対応ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN/B これはいい買い物をした! | 木が3つで森になるブログ

電車内や飛行機内などで音楽を聴く際、余計な騒音を低減し、クリアな音質で聞くことができるようになるそうです。

音楽を聴かず、ノイズキャンセリング機能だけを使用することも可能。

また、Bluetooth対応でiPhone6sでも使用可能ということが購入のポイントでした。

これは、高価なBOSE製品であっても同じなようで、口コミを見ていると人の声に関してはSONY MDR-EX31BN >BOSEという意見があったのですが、期待しすぎました。

- ノイズキャンセル対応のイヤホンSONYーMDR-EX31BN を購入し、iPhone6sと接続 | 旅好き個人事業主のtravel tips

発売になっても当初は品薄が続きそうですし、入手できないAir Podsをずっと待つのも辛く、かといって似たような完全独立のBluetooth イヤフォンはEARIN、Apollo7、W800BTBなど2万円台後半から3万円台と高額かつ音質には微妙な評価もあり手が出せません。

この製品、本体部分は少し大きいしスマートではないのですがノイズキャンセリング搭載でイヤフォン部分も交換可能。

実売8000円強で音の評価も悪くありません秋葉原のヨドバシカメラに試聴機があったので試してみましたが、音質は安いBluetooth製品としては十分満足できる物でした。

製品としての評価は概ね高く、指摘されているのはレシーバー部分のケーブルが短いということですが、実測30cmと胸ポケットくらいまでがベストな長さに設定されている気がします。

- iPhone 7とBluetooth イヤフォン~SONY MDR-EX31BN~ | Mac a La Carte

一番持つApple Airpodsでも5時間でその他は3時間ほどのものが多く、通勤などの日常使用であれば良いかもしれませんが、旅行ばかりで長時間移動の多い僕にはまだ不十分です。

店頭で視聴した時はイヤーチップM,スタビライザーMで問題がないように感じたのですが、実際に長時間着用するとストレスを感じ、現在はスタビライザーのみSサイズに変更して、快適なフィット感を得れています。

通話品質も良くなり、有線のイヤホンには劣りますが、室内でのテストですが、LINE同士の通話でも充分な通話をすることが出来ました。

今までは通話やランニングにはAppleのEarpodsを利用し、移動中など遮音性と利便性を求めるシーンではSONY MDR-EX31BNを使用してきましたが、今後は目的に応じてイヤーチップを交換することになるかもしれません。

- 【AirPodsの利便性より、迫力の重低音!】BluetoothイヤホンSONY MDR-XB50BSを買ったのでレビューしてみる

このSmart QuietはBluetoothによってiphoneと本体が繋がるようになっていて、音もブチブチ切れずに音色的にも低音もどっしりよく鳴ります。

これも多機能ボタンを1回押すと通話を切ることが出来ます。

通話中の電話を保留にする場合は、着信した時に多機能ボタンを1回押します。

もちろん、sonyのハイレゾ対応でノイズキャンセルイヤホンであることは素晴らしいし、値段もお安いのにこの性能は素晴らしいです。

- iPhoneのおすすめイヤホンでノイズキャンセルなら絶対コレ♪ | いつものようた

でも最近よく行く場所は、そこそこ大きい音量で同じ曲が1時間ごとにループするという状況で、気になって作業に集中できないこともしばしば。

Bluetoothで機器との接続が可能なので、iPhoneとかパソコンとかとペアリングをして使用することが可能です。

本体の部分にマイクが内蔵されているので、顔に近いところにクリップしておけば結構クリアに音声を拾ってくれます。

電池の持ちも問題なく、四六時中使用するような場合以外では充分使えます。

- ソニー製ノイズキャンセリングBluetoothワイヤレスイヤホン「SONY MDR-EX31BN」3ヶ月使用レビュー

ちょっと見づらいですが、電源ボタンの上のほうに、LEDランプがついており、Bluetoothの接続状態や、電池残量などがわかるようになっています。

前述のとおり本体をシャツの胸ポケットなどに留めることを前提としている長さなので、ケーブルはあまり長くないです。

iPhoneと一緒にモバイルバッテリーを持ち歩いているので、イヤホンも電池が切れたら充電しながら使う、ということをしたかったのですが、残念ながらそこは叶いませんでした。

Fitbit Oneは睡眠ログもとることができるのですが、ちょっと正しい使い方とは違ったログの取り方をしてみました。

- SONYのイヤホンMDR-EX31BNがお気に入り。Bluetooth&ノイズキャンセリングで電池のもちもよい!

まず、NFC機能とは、簡単に言うとおサイフケータイに対応しているかどうかです。

付属のマイク付きイヤホンを使用することで、 周囲の騒音を最大98%カットする事が出来る デジタルノイズキャンセリング機能付き。

ボタンを押すだけでこれだけの事をしてくれるのは凄いですよね! ノイズキャンセリングを使ったことが無い方は効果がわかりづらいかもしれませんが、 ノイズキャンセリングの付いていないイヤホンは使えなくなるほど快適で アリと無しでは比べ物になりません。

筐体とドライバーユニットを一体化することで気密性を高めた構造になっており、ピッタリと優れた装着性を維持しながら、大口径ドライバーユニットによる高音質でクリアな音質を楽しむことが出来ます。

- SONYのワイヤレスヘッドセットMDR-EX31BNが凄い!【商品レビュー】 | Change your Life