イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-EX750BT

レビュー

Bluetoothヘッドセットはモノラル音声になるので、聞き取りにくいと言われる事あると思うのですが、MDR-EX750BTは飛躍的に改善されているので、もし通話目的でBluetoothのヘッドセットを探している人にも良い商品だと思います。

HD Voiceに関しては、LTEの携帯での通話のようで、HD Voice対応機種の場合、とてもクリアな音声でしゃべることができるようです。

Xperia Z3と、Xperia Z4とのペアリングを切り替えまくって居たら、さっそくばぐってしまい、音楽は聞けるのですが、通話用のハンドセットとして利用できなくなってしまいリセットで復活したので、その方法を追記したいと思います。

私はこの初期化で、ヘッドセットとして通話ができなくなるというバグが解消されましたので、もし同じように音楽は聞けるけど電話ができないとかいう不具合エラーが出た人は、この方法を試してみてください。

- MDR-EX750BT レビュー SONYおすすめカナル型Bluetoothハイレゾイヤホン!

残念ながらこれも連続再生10時間の壁を超えることはできませんでしたが個人的に思う最大の特徴として有線での接続もできます。

イヤホンの方で音量を上げるとiOS端末でも音量のバーが動くってことです。

すごくカタログスペック上の数字だったりが良くても音が出るスピーカー部分がしょぼかったり音のバランスをメーカーがどう設定してるか…ってことです。

店内が比較的空いてたので長時間試聴しましたがiPhone6s PlusとBluetoothで接続してる時の音のバランスとしては中音域と低音域が強いなーと感じました。

- 【SONY】MDR-EX750BTをがっつり試聴してきました。

音量、トラックを変えたり、電源ボタンをタップすると再生/一時停止機能を有効にしたり、電話をかけることもできます。

厳密に言えばこれは各々の携帯電話のBluetoothチップセットに応じるかとは思いますが、個人的には本商品のワイヤレス機能は悪くないと思います。

いわゆる「ハイレゾ対応イヤホン」というものですが、ブルートゥースとハイレゾの二足のわらじは一般的ではありません。

これらのイヤホンは、MDR-EX750と同様の9mmドライバーユニットを搭載していますが、アクティブノイズキャンセリング機能を備えていないため、サウンドのキャラクターは少し異なります。

- ワイヤレスイヤホン Sony MDR-EX750BT h.ear in Wireless(ヒアインワイヤレス)レビュー

また付属の専用コードをつければハイレゾ音源にも対応し、さらなる高音質を楽しめるものとなっていました。

正直言うと、見た目のデザインからして音質にはそれほど期待してなかったのですが、これが本当にワイヤレス(Bluetooth)なのか?!って、思ってしまうほどイイ音を体感することが出来ました。

サイズはSS、S、M、Lの4種類が用意されているのですが、より良い音で楽しもうものなら、このイヤーピースのチョイスも重要です。

ウォークマンAシリーズは、CDを超える高音質”ハイレゾリューション音源”ことハイレゾ音源が、コンパクトサイズで手軽に楽しめるポータブルオーディオプレーヤーです。

- 軽い装着感で いい音!h.ear in Wireless 「MDR-EX750BT」 レビュー:ソニーな、お店が大阪にあった|ソニーショップさとうち

高音部分の帯域が 2 倍に広がるので、音のこもりが減り、よりクリアに聞こえるはず。

Xperia などのスマートフォン側の対応も必要になりますが、ワイヤレスでより良い音が聴けるのはこの製品の強みだと言えます。

また、広帯域な HD Voice をサポートしているので、非対応製品よりも音声がクリアになるはずです。

LDAC では、ハイレゾ音源をワイヤレスでハイレゾ並みの音質にすることを目的に搭載されており、ハイレゾ音源の場合に効果が得られます。

- SonyのハイレゾやLDACに対応したネックバンド型Bluetoothヘッドセット「h.ear in Wireless(MDR-EX750BT)」のレビュー | juggly.cn

最近はXperia Z5とハイレゾ対応のノイズキャンセリングイヤホンを接続して、お出かけ時は音楽聴いたりしていることが多いのですが、やはりコードがあると不便なんです。

スーツの内ポケットにXperiaをつっこんで端子につなげたコードが両耳までのびてる状態。

でも、ハイレゾ音源の再生に対応(付属のコードをつなげて有線で使用する際のみ)、A2DP、apt-Xだけでなく、LDACのコーデックに対応したBluetooth4.1(power class2)ってことで、それ相応な機能を装備しているし、何よりもNFCもついているので、ピコリンとXperiaとタッチすることでペアリング完了するお手軽さも素敵です。

普通に聴く分には違いがあまり気づかないのですが、直後にLDAC非対応のBluetooth接続のものと聴き比べてると差は歴然。

- h.ear in Wireless MDR-EX750BTを購入しました - another-place ver.3.1+

最大96kHz/24bitまでのハイレゾオーディオ信号を非可逆方式で圧縮してから、Bluetoothのオーディオプロファイル「A2DP」の標準的なコーデックであるSBC比で約3倍の情報を持つデータ量を、最大990kbpsのビットレートでワイヤレス伝送するというもの。

LDACによるワイヤレス伝送が可能なプレーヤー機器は、今のところウォークマンとXperiaシリーズのスマホ・タブレットがある。

振動板のドーム部にチタン薄膜コーディングを施した専用設計の40mm口径HDドライバーに、ハウジングの側面に設けた小さなポートで空気の流れをコントロールして、低域再生の正確性とキレの良さを追求した「ビートレスポンスコントロール」の技術などはパッシブタイプのモデルを継承している。

なお、本機に搭載されている40mm口径HDドライバーは、プレーヤー機器に有線接続して、電源をオンにした状態でのリスニングなら5Hzから40kHzまでの周波数帯域をカバーする。

- 速報レビュー:ソニーの「h.ear」ワイヤレスヘッドフォン&イヤフォンを聴く (1/4) - ITmedia LifeStyle

LDACは通常の3倍の速度でデータを伝送出来るので、無線でもハイレゾ音源で音楽を聴くことが出来きます。

いざ買おうと思って検索すると、クレイツ、ヴィダルサスーン、テスコム、パナソニックなど様々なメーカーから販売されていて、種類もブラシ付き・スチーム機能付きのタイプ、ケースに収納して持ち運べるタイプ、海外対応のタイプなど多くて、どれがいいか迷っちゃいますよね?またヘアアイロンは頻繁に使うものなので、髪へのダメージも気になるところ。

ドライヤーは毎日使うものだからこそただ乾かすだけではなく、機能的かつ髪や頭皮に良い効果があるものを使いたくありませんか?最近のドライヤーはパナソニックのナノケアシリーズをはじめ、ダイソン・テスコム・コイズミ・ノビーなど、各メーカーからヘアケアができるドライヤーが多く販売されており、風量・温度・海外対応・マイナスイオンなどの機能も非常に優れています。

anker・パナソニック・エレコム・バッファローといったメーカーから、10000mah以上ある大容量のもの・最適な出力アンペアを自動で検知してくれるもの・高速充電してくれるものなど様々な商品が販売されており、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

- 【信頼の高音質!】ソニー製Bluetoothイヤホンのおすすめ人気ランキング5選 | mybest

が、一般的なポップスやロックではその弊害は意外と感じられず、電気信号を返還する「出口」であるイヤホン本体にオンキヨーIE-C3をおごっていることもあって、「イイ音」が十分楽しめる。

実はここがM2BT1の大きなメリットの一つで、「いいイヤホンを使えば音が良くなる」のだから、イヤホンのアップグレードで(公式ではないが)自分好みの音を選べ、「守備範囲」がとても広い。

いざとなればご覧の通りカスタムIEMも使えて、その上にワイヤレスのメリットが加わるわけで、MMCX端子というキーが、ソニー製品と他社製品の相乗効果を生む接続を可能にしている。

今回用意しなかったNW-ZX2などでもっと好みの音のMMCXイヤホンをつないで聴いたら、より素晴らしい音の世界が屋外でもイージーに楽しめるようになるはずです。

- ソニーの新型ワイヤレスヘッドホン・イヤホンをプロが試してみた(3) | フジヤエービックが音響機器に関する豆知識をお届けするブログ

安いBluetoothイヤホンは沢山ありますが、音楽を聴くならやっぱりそれなりにいい音で聴きたいし、安いBluetoothイヤホンは頭のサイズ等によっては頭痛がすることもあります。

とは言えW1チップの働きでiPhoneとのペアリングが簡単に行えたり、耳に着けているかどうかを判断して再生をコントロールするなどぼくらが想像していた21世紀感満載なアイテムとなっております。

音声コーデックはiPhone7で対応しているであろうAACもカバーしてますので 、音質にも問題ありません。

音質コーデックとしては劣っている規格にしか対応してなくても、圧倒的に音質が高いものはイヤホンにもスピーカーにもあります。

- AirPodsよりSONYにしようぜ!iPhone 7購入前に買っておきたいBluetoothイヤホン - ぽんたが携帯電話をいじくってみる

ケーブル付きのイアフォンと較べても、ハイレゾ対応でない限り、だいたい同等のスペックですので、コードレスモデルでも音は良い方でしょう。

コーデックがSBCのみ対応ですので、音楽専用として音質を重視したい場合は、この機種はよい選択肢です。

通勤時に強いノイズキャンセリング機能も装備され、スマホ通話用のマイクや通話用のノイズキャンセリングも装備されているため、通勤・通学に「できるだけ良い音」で聴きたい場合は、ソニーのh.ear inシリーズよりもこちらが向いています。

この製品、価格や音質の点で、ライバルはJBLのEverestでしょうが、比較すると、13.5mmという大きいダイナミック型ドライバーを搭載していることから、特に低音域のパワーはこちらが優位です。

- 比較2017' 高音質!Bluetoothイアフォン18機の性能とおすすめ:iPhone/ Android (Bluetooth Wireless Earphones-1):iPhone7など: 家電批評モノマニア

前々から、ハイレゾ対応のヘッドホンが欲しかったんですけど、これといったヘッドセットに出会えず、ハイレゾ音源を楽しみながらも、ヘッドホンは一つも持っていませんでした。

デジタルノイズキャンセリング対応⇒何のこっちゃよくわからない方もいらっしゃると思いますが、左右にあるセンサーでノイズを集音して、走行音やエンジンノイズ、様々な騒音を低減してより静かな環境で音楽を楽しむことができます。

LDAC搭載なのでハイレゾ音源相当の質の良い音楽が楽しめるのですが、ハイレゾ音源を楽しみたいという方、まは航空機内などBluetooth機器が制限されている場所では付属のヘッドホンケーブルを使用します。

ヘッドホンケーブルを接続して使用する場合はBluetooth機能が使えなくなることはもちろんのこと、ヘッドホン右側の音量などのボタンも使用できなくなるので、接続機器側から操作をしてください。

- ヘッドホンおねだりしてみた! h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)開梱レビュー! | e-SonyShop・HITACHIチェーンストール 石川電機

LDACコーデックやAAC、aptXにも対応しているので、汎用性の高いアイテムを探している方は要チェックです。

耳の裏にコードを回して引っ掛けて装着するハンガータイプのイヤホンは好き嫌いが分かれるところですが、イヤーピースには発泡シリコンを使用しており、安定した装着感と遮音性はポイントです。

振動板の動作を最適化したベースブースターと高磁力ネオジウムマグネット、ロングボイスコイルを採用することにより、メリハリのあるサウンドが楽しめます。

対応する製品の中にはハードルの高い40kHz再生という規格をクリアしているものが多く、きめ細やかさとワイドレンジ性を両立したハイレゾサウンドを存分に堪能できるアイテムをユーザーに届けています。

- ソニーのおすすめイヤホン14選。人気モデルをチェックしよう

元が例えばCDや256kbps程度のmp3/AAC等の音楽データの場合、Bluetooth A2DP(SBC)接続を行うことでそこがボトルネックとなり音質が低下することがおわかりいただけると思います。

Apple W1 Chip搭載でiPhoneと瞬時に接続できるほか、Apple製品のペアリングの切り替えが簡単にできるのが特徴。

beatsXのメリットはそのままに、防水防塵に対応し、電池持ちも12時間へアップ。

コーデックもAndroidのaptX、iPhoneyのAACと2種類に対応していますし、コードもナイロン編み?ファブリック?で丈夫そうです。

- bluetoothイヤホンが欲しいけど(高音質、予算2万)どれがおすすめ?真剣に悩んでみた | 携帯乞食でブラックリスト!iPhone・スマホ・格安SIMの最新情報を発するブログ

化粧箱はそれなりに見栄えするものではありますが1万円弱の製品ならもっとシンプルなパッケージでも良かったような気がします。

iPodのヘッドホン出力は音量自体はそこそこ出せるものの駆動能力は低めだったのを思い出しました。

波形を編集ツールで比較してみると24bitのハイレゾ音源の方が音量の範囲が広く(弱奏パートと大音量パートの音量差が大きく)とても単純比較できなさそうです。

ハイレゾ対応は音源側がまだ十全に生かしきっていないということもあるようですし、イヤホン本体にしてもポータブル用途でハイレゾというのはぴんと来ません。

- SONY MDR-EX750購入レビュー: わなざう

・ウォークマン(A16)とのLDAC(音質優先)接続は思ったより安定している。

何故なら、mmcx用リケーブルであるメリットは、色んなドライバを装着して楽しむことにあるところ、ハッキリ言ってMUC-M2BT1の音質では「楽しむ」レベルにないからだ。

あくまで無線の自由さにメリットがあるものであって、音の変化を楽しむものではない。

かえって、高いドライバを付けてる方が扱いに気を遣ってしまうし、そのドライバで本気モードで聴きたいときに、別のケーブルに交換するのは煩わしいのだ。

- MUC-M2BT1感想その2|南国の知財兼法務屋

ヘッドホンの内側と外側2つのセンサー(マイク)でノイズを集音し、 DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンによって ヘッドホンの外側と内側の双方からノイズを低減します。

小型ですが、9mmドライバーユニット搭載を搭載し、 振動版の配列を最適化したことで広帯域の再生、 外磁型磁気回路を採用することで駆動力に優れています。

バッテリーがなくなった場合でも専用のヘッドホンケーブルと接続することで 通常のヘッドホンとしても使用が可能。

本体の説明や動画を見ても専用ヘッドホンケーブルを どこに接続するのか分からないので実物を拝見してみたいです。

- カラフルなヘッドホン「h.ear」シリーズにLDAC&ワイヤレス対応モデル 「MDR-100ABN」「MDR-EX750BT」2機種が登場。|電脳工房pipo!中電気店