イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-XB50

レビュー

値段は3000円ちょっとということもあり、少し高い気もしましたが、通勤時・ジムでのトレーニング時と長時間使用するものであるため、思い切って少し値段の高いイヤホンに手を出した次第です。

実際に使用してみると以前までのイヤホンと違いノイズの様なモノが消え、音がよりクリアになった印象を感じます。

そこには様々なメーカーのイヤホンが並んでいて、値段も1000円未満のものから、10000を超えるものまで並んでいて、それぞれをお試し用のイヤホンで聞いてみました。

音のボリューム感や音そのものの厚みはともに満足のゆくものであり、高音域とともに中音域に関しても再現性能のバランスはとれていると思います。

- イヤホン【MDR-XB50 SONY(ソニー) 】レビュー | 1つのレビュー記事 6つのレビュー

このイヤホンは音割れはしませんでしたが、ゲームを楽しめるようなクオリティではないと思い、私はゲームやアニソンに最適なイヤホンを探し始めました。

評価する点は音漏れの無いもので、低音域、高音域の音質がどの程度かとします。

しかし、sonyにしては珍しくiphoneのために設計されたイヤホンの一つで音量調節ボタンがついています。

イヤホンはそれぞれ音や形状に特徴があり評価だけで決めてしまうと自分に合わない場合があります。

- ゲーム(FPS)やアニソンに合う安価な国産イヤホンを探す2016 - 安価ガジェットレビュー

音楽制作などはせず、普通に聴くだけの人ならこれで十分! 高音域で少しこもることがありますが、こちらのモデルも加工されていないクリアなサウンドが楽しめます。

ヘッドホンやイヤホンは、基本的に値段がそのまま音質に反映されることが多いです。

全音域ストレスなく聴けますが、重低音の迫力はイヤホンのそれじゃない! クリアな音質で勝負するイヤホンが多いなか、独自路線でアピールしてきましたね。

ヘッドホンやイヤホンも、機器によって全然サウンドが違うんですよね! 今回は低価格帯のヘッドホン&イヤホンから価格以上の品質である商品に絞って、しろう君に解説してもらいました。

- 高音質で低価格!コスパ最強おすすめヘッドホン、イヤホン2017【プロ推薦】 - レコメンタンク

『ドスッ』という響き方で音に芯のある深い低音を鳴らしてくれます。

イヤホン本体にベースブースターが搭載されていてより迫力のある低域を出すのがこのイヤホンの特徴。

中高域が粗っぽいですが、低音の表現力は良いのでロックやポップスを中心に聞かれる方や、ノリノリで音楽を楽しみたい方にはオススメ!しっとりとしたジャンルの曲では高音の伸びがやや物足りなく感じるかもしれません。

ケーブルを交換することによって音質も変化するので、そういった意味ではいろんな楽しみ方が出来るので遊べるイヤホンですね。

- 【初心者ガイド】予算5,000円以内!重低音重視イヤホン聞き比べ!【番外編】 -

ドライバーユニットの気密性を高めて低音を逃さない、という構造なので録音レベルの低いソースでも十分な迫力を得ることもできます。

広いジャンルを聴く人ならもう一台フラット特性のイヤホンも必要でしょうね。

高音に伸びがないわけではないけどミドル帯域がカットされたような独特な音質なのでどうしても温かい音は埋もれがちになります。

スマホなどプレイヤー側のセッティングがフラットでも十分な臨場感を味わえる反面、イコライザーやサラウンドの効きが悪く、微調整が難しいというデメリットもあります。

- 重低音が凄すぎる!ソニーのカナルホン『MDR-XB70』 | Ulog

外磁型磁気回路を採用することにより、ハイクオリティな低音を再現できるのが特長。

耳の裏にコードを回して引っ掛けて装着するハンガータイプのイヤホンは好き嫌いが分かれるところですが、イヤーピースには発泡シリコンを使用しており、安定した装着感と遮音性はポイントです。

振動板の動作を最適化したベースブースターと高磁力ネオジウムマグネット、ロングボイスコイルを採用することにより、メリハリのあるサウンドが楽しめます。

対応する製品の中にはハードルの高い40kHz再生という規格をクリアしているものが多く、きめ細やかさとワイドレンジ性を両立したハイレゾサウンドを存分に堪能できるアイテムをユーザーに届けています。

- ソニーのおすすめイヤホン14選。人気モデルをチェックしよう

ケーブルがどこかに引っかかっても、スッと耳から外れるだけでケーブルへのダメージも少なく、何か物が無くなることもなく、それなりの音質で十分快適な音楽ライフを送ることが出来ていました。

耳掛けタイプだと、サングラスやメガネと干渉してどちらかしか使えないこと、出力される音量が大きすぎて、ミュージックプレイヤー側の最小音量が最適な音量であること、何よりも音質が曇ったようなシャカシャカする音で不快だったことが原因で使わなくなりました。

その自分がQY8のイヤホンで音楽を聞いてみると、まず重低音がよく響いていることに驚きました。

冷静に聞くと、諸々気になる点は出てきますが、総じてiPhoneの純正イヤホンよりグレードアップしている印象を受けます。

- 音質Goodでコスパ良し!『SoundPEATS QY8』のレビュー【Bluetoothイヤホン】 - あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

カナル型の製品は5000円以下の値段でも高音から低音までセンスの良いチューニングをしてある商品が多く、音が耳にダイレクトに届く構造でクリアでダイナミックな音を聞くことができるので非常におすすめです。

低音から高音まで全域でよく聴けるチューニングの良さが、ゼロオーディオ製品のバランス力の高さを表し、開発チームの熱意のたまものといえるイヤホンです。

人間工学にもとづいたデザインで、耳穴にダイレクトにフィットする心地よい装着感がうれしい、値段に似合わない高品質イヤホンです。

ドライヤーは毎日使うものだからこそただ乾かすだけではなく、機能的かつ髪や頭皮に良い効果があるものを使いたくありませんか?最近のドライヤーはパナソニックのナノケアシリーズをはじめ、ダイソン・テスコム・コイズミ・ノビーなど、各メーカーからヘアケアができるドライヤーが多く販売されており、風量・温度・海外対応・マイナスイオンなどの機能も非常に優れています。

- 【高音質最強が決定!】5000円以下イヤホンの最強おすすめ人気ランキング20選 | mybest

装着間の良さ、シンプルなデザイン、日本人向けなちょっと低音寄りのバランス… 超高音質など全く興味なし、オーディオに金かけるつもりなど…と思っている方のイヤフォンライフはこれ一本で完結するでしょう。

この機種は3000円以下ですが、それでも低音の響きが他のメーカーよりもはるかに良いようです。

低音だけを強調しすぎることなく中・高音ともバランスを取っていて全体的にコスパが良い商品です。

低音もボンボン鳴ることなく、ドラムの音の透明感・アタック音が心地いいです。

- 3000円以下!コスパ最強イヤホンまとめ - NAVER まとめ