イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-XB55

レビュー

なお、型番末尾のAPは、スマホ対応のリモコンマイク付属を意味してる。

そのリモートシャッターの機能もよく考えられてて、単に撮影するだけじゃなく、、、 ・カメラキー長押しで、カメラアプリのリモート起動 ・カメラアプリ起動後、ダブル押しで、セルフタイマー撮影 と、なかなか気の利いた機能も搭載されている。

防水等級は、IPX7相当(水深1mに静かに沈め、30分放置しても本体機能を保護するもの)雨の日に使えるのはもちろんで、、、手洗いによるすすぎ洗いもOKというイメージ。

リモコンは、マイク、ボリューム(iOSは非対応)、マルチファンクションキーを搭載。

- 重低音XBシリーズ新モデル3種、EXシリーズ新モデル4種、ソニモバからユニーク2種、一挙発表!発売は7月15日(土)。 - 店長のつぶやき日記。。。

ベースブースター搭載で、迫力の重低音が楽しめるインナーイヤータイプのヘッドホン「MDR-XB75AP」「MDR-XB55AP」やリモコンでスマートフォンの操作が可能な、防水機能付きステレオヘッドイヤーレシーバー「STH32」など多数のヘッドホンが先行予約販売を開始しています。

ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化。

独自開発の12mmドライバーは、16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現しており、最小のエッジ幅で最大の可動性を獲得すると同時に、ドーム部を拡大し振動板の有効面積を最大化することで高い感度を実現しています。

製品名にAPが付いているものはスマートフォンに対応しており、スマートフォンでハンズフリー通話、リモコンでの音楽操作が可能になっています。

- ベースブースター搭載イヤホンなどヘッドホンが多数新登場!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

ドライバーユニットから鼓膜までの機密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化。

独自開発の12mmドライバーを採用し、16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現。

さらに、リモコン操作をカスタマイズすることも可能。

Android OS 4.0以上のXperia端末専用”SmartKeyアプリ”をGooglePlayストアからダウンロードし、ミュージック/通話/保留/のカスタム画面から、ボタンを押す回数によってどの操作(再生/一時停止や応答/通話終了など)を行うかの設定をすることができます。

- 密閉型インナーイヤーレシーバー『XBシリーズ』の新モデルが7月15日発売! - サウンドイレブン|ソニーのアクセサリーの充実度は群馬県No.1