イヤホン・ヘッドホン

Sony

MDR-XBA40

レビュー

高精度かつ高密度な設計基準を求められるBAユニットを、 贅沢にも4基搭載したイヤホン。

通常BAユニットは、ダイナミック型と比べて音を鳴らす周波数の帯域が狭いため、フルレンジで 帯域の広い音を表現しようと思ったら、各帯域にチューニングされたユニットを複数個積んで フルレンジに対応しなければなりません。

それほどまでに手間をかけてまでBAの音に拘るのは、 何と言ってもBAが奏でる音のポテンシャルの高さでしょう。

この表現力の高さを武器に、フルレンジ域と トゥイーター域のドライバーに加え、BAの苦手な低音域をカバーするため、ウーファーとスーパー ウーファーのドライバーユニットを搭載。

- SONY XBA-40 レビュー

こんにちは(o・ω・)ノ)) コンビニに置いてある1000円くらいのイヤホンから10万超えの高級ヘッドフォンまで色々試してきたおとはですっ 聞いている曲の種類が悪いのか、音に飽きてくるのでちょくちょくオークションに出しては新しいのを購入するということをしてました それで、色々試したわけですが・・・結局のところの結論としては高いから良いとか安いから悪いっていうのはないのかなって思いました( ̄○ ̄;)! 贅沢できるなら、聴く曲の種類に応じてイヤホン、ヘッドフォンを切り替えて聞ければ最高だと思います アンプとかでも表現力は変わりますので一概にイヤホン・ヘッドフォンだけでの性能って判断するのは難しいですし。

微妙でもいい ・・・ 1000円前後 聞ければいい ・・・ 3000円前後 割といい音 ・・・ 8000円前後 結構いい音 ・・・ 15000円前後 豊かな音 ・・・ 20000円~30000円 移動用 ・・・ イヤホン 部屋用 ・・・ ヘッドフォン オープンエアー型(個室向け)  近くの外音も聞きたい(声をかけられる場合)  透き通った音  クリアで「すー」って抜けていく音  こもっていない音が良い 密閉型(移動時向け)  大きな音量がいい  音漏れが気になる  しっかりとした重低音  小さく細かな音も聞きたい 10000円以下は買うことはほぼないですが仕事用に買うことはあります。

(品質の悪いものほどこもります)  ボーカルの声の表現力  ドラムの音(低い音からシンバルの様な高域の音が聴けるので)  最近のショップは持ち込みしたプレイヤーで試聴できるイヤホンも多いのでお気に入りの楽曲を高品質の状態でいれて持って行きましょう。

私は主にアニメソングが多いですが、サウンドトラックやゲーム音楽のオーケストラなども聴きますが細かな音まで再現してくれて満足していますo(*^▽^*)o モニターイヤホンに近いようで少し硬めの音になっています 遮音性能 音漏れ軽減機構になっているので割と大きな音を出していても外では音漏れによる音はほぼ聞こえません エレベータなど密室になる場合は少しだけ気を使えば十分な遮音性があります 携帯性 イヤホンなら必要な携帯性ですが、Bluetoothなどにつなげる際には長いと感じるケーブルです。

- イヤホンまとめとXBA-40 レビュー: おとはのおえかきすたじお

自分は後述する40よりこちらのほうが好み モニターライクに全音域が聞けるし XBA-40 こちらの方がXB-30よりもボーカルが前に出る 低音も量が多くなり、低音寄りのバランスになる こちらは最低音と低音域の質がそろう、というか 音量的にもバランスが整った低音になる 自分としては太すぎる、若干低音過多な気がするが、 低音好きにはちょうどいいと思う。

高音もだが、硬い音の質ではっきりと描き出す 若干刺さる感じはする 金管楽器の力強い描写もうまい 低音の量が増えたこともあり、こちらのほうが 全体的に若干柔らかな印象が増える 音場もすっきりしていて見通しが良い XB-4SLと比べたらぜんぜんバランスが良い、というか あれは結構破綻していたと思うので、これはSONYさんが きっちりチューニングしなおしてくれたと考えていいだろう。

IE80 低音楽しみたいなら現行これが一番ですよ~ との勧めを受け聴かせてもらったw やはりダイナミック型らしい音 非常にレンジ感が広くて、音場も広く、奥行きのある音 音の濃密さで言ったらSE535ltdの方が濃い 低音は下の方だけにある低音ではなく(BA型)、 幅広く耳から下あたりに広がる低音。

時間も遅かったからあんまりじっくりとは聞けなかったが、 無印のSE535も聴いてくればよかったかなぁw AKGの新しいダイナミック型、heavenシリーズを聞き比べてみたら 一番使い分けができそうなものを1本買おうと思う。

- 宮廷楽士見習いの小部屋 : 【イヤホン】 視聴機レビュー V

これまでのSONYのBAやハイブリッド型イヤホンもその類でしたが、今回の新製品 XBA-Nシリーズは、BAとダイナミックドライバーを各1基ずつしか積んでおらず、イヤホンマニアの方にとっては、スペック的にもの足らず、XBA-N3については眼中にないという方もいらっしゃるかもしれません。

XBA-H3は、イヤホンコードはいわゆるシュア掛け仕様でしたが、イヤホン本体がシュアのイヤホンの様に耳のくぼみに収まるのではなく、完全に耳の外に出ているため、耳にフィットさせているというより、イヤホン本体を紐で釣っているという感じで、とても不安を感じる装着感でした。

XBA-N3の装着感については、この「トリプルコンフォートイヤーピース」のおかげで良いと思いますが、イヤホン本体の形状から、それ程耳の奥に入るわけではないので、個々人のベストポジションを見つける自由度は、それほど高くはないと感じました。

つまり、イヤホン本体から見た装着感に関しては普通(平均)といったところでしょうか。

- SONY XBA-N3とトリプルコンフォートイヤーピースレビュー①~3万円前後のおすすめイヤホン~

ヘッドフォンのヒットモデル「MDR-1R」でも使われているのでご存知の人も多いと思うが、液晶ポリマーワニスを用いたキャスティングフィルムで、通常のPETフィルムを指で触ると「ペニョペニョ、クニョクニョ」した音が出るのに対し、液晶ポリマーフィルムはそうした特徴的な音が出ない。

16mm径の大口径ユニットを搭載している事を考えると仕方のない部分だが、ShureのSEシリーズなど、最近のBAイヤフォンは筐体が耳穴手前の空間にスッポリハマる見事な形状のモデルが多いので、そうした製品を比べると、もう少し洗練されて欲しいなと感じてしまう。

イメージとしては、H1のバランスの良い音をベースに、上下に伸ばしてさらにワイドレンジ化し、超高域にBAらしい抜けの良さ、清涼感、カリカリさをプラスしたように聴こえる。

音の解像度の面では甲乙つけがたいのだが、H3でダイナミック型が担当してくれていた、ヴォーカルの厚み、ベースやドラムの音圧などが、SE535に交換すると大幅に減ってしまうので、豊かさやリッチさが洗い流されてしまったように感じるのだ。

- 【レビュー】ソニー初のハイブリッドでハイレゾ対応「XBA-H3」 - AV Watch Watch

外磁型磁気回路を採用することにより、ハイクオリティな低音を再現できるのが特長。

独自開発した小口径9mmダイナミック型ドライバーや振動板の形状などにより、ハイレゾ対応の広帯域をカバーしています。

耳の裏にコードを回して引っ掛けて装着するハンガータイプのイヤホンは好き嫌いが分かれるところですが、イヤーピースには発泡シリコンを使用しており、安定した装着感と遮音性はポイントです。

対応する製品の中にはハードルの高い40kHz再生という規格をクリアしているものが多く、きめ細やかさとワイドレンジ性を両立したハイレゾサウンドを存分に堪能できるアイテムをユーザーに届けています。

- ソニーのおすすめイヤホン14選。人気モデルをチェックしよう

再生環境 プレイヤー iPod nano 第7世代 16GB        ポータブルアンプは不使用。

音色:  ここ3〜4年で、国産機種でもマルチBAドライバーやBAとダイナミックの双方を搭載したものが増えて来ましたが、  昨年発売のオーディオテクニカのIMシリーズ上位機種と並ぶ出来の良さだと感じます。

傾向としては、音に厚みがあるバランス型だと自分は感じますが...高音スキーな方々が聴かれると、低音寄りと  思われるやもしれません。

低音域は、質と量のバランスが取れており、スネアの弾ける感じ、バスドラやダブルベースのドスの利いた音、  ホルンやファゴットのふくよかな音色、いずれも過不足無く表現してくれます。

- イヤホン SONY XBA-A3 投稿レビュー

[#11] XBA-300をソニスト大阪で聞いてきたが非常に良い! パッと聞いた感じではBA特有の非常に高解像度で軽い感じ 変な低音とか無く自然な感じ 低音ドンドコが好きな人にはお勧めできない ZX2を持って行って聞いたが非常にマッチしている A10でも確認したがちょっと低音が物足りない感じがしたが 耳が慣れてきたら良くなる。

[#12] 銀座で300試聴 BAトリプルにありがちな点描写系の解像度ではなくて 線描写というのか繋がりがとてもスムーズで粗がないことが特徴。

高音もZ5譲りの刺さらない音で、イコライザー煽っても刺さらない 透明感が高いシャープな音。

H3は高級イタリアンかな? 解像度はすごく高い…が、そのせいで色んな音がお祭り騒ぎな部分もある いわゆるアニソンを聴くとキラキラシャンシャンし過ぎな気もする。

- ヲチモノ- 【イヤホン】ソニー 『XBA-300』 レビューチェック

ソニーストアでの販売価格が27,880円+税ということもあり、イヤホンタイプとしては高額な部類に入る「XBA-300」は、その価格に見合った雰囲気のあるケースの中、ふかふかクッションに守られるように収まっていました。

今までのハイレゾ対応のイヤホンタイプと言えば、飛び出し感のある大きめのものが多かった。

「NW-ZX100」はコンパクトな筐体に、こだわりの高音質パーツを多く採用したハイレゾ音源対応”音楽専用プレーヤー”。

ウォークマンAシリーズは、CDを超える高音質”ハイレゾリューション音源”ことハイレゾ音源が、コンパクトサイズで手軽に楽しめるポータブルオーディオプレーヤーです。

- 伸びやかで高い解像感。イヤーレシーバー「XBA-300」レビュー:ソニーな、お店が大阪にあった|ソニーショップさとうち

さらにマクロレンズで寄って見ると、こんな小さなヘッドホンにも基板がはいっていて、ここで電子的に3つのユニットに音を振り分けているのがわかります。

縦に音導管を向いて配列させていたXBA-3SLに比べるとXBA-300ではサイド方向に向いていてよりキャビネットを小型化させることができた感じ。

なるほど、XBA-300の音ってハイレゾをターゲットにしていて、単にCD楽曲の再生にスーパートゥイーターを使ってしまうとあまり相性が良い感じにはならないことを知りました。

ちなみにハイレゾ楽曲でも高域再生に強いことに変わりはなく、松田聖子さんのアナログ収録されているハイレゾ楽曲を再生すると、他のヘッドホンではそれほど気にならなかった「シーッ」というテープのヒスノイズみたいなのが、これでだけ聞こえます。

- 新型ヘッドホン『XBA-300』開梱&店頭展示レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

XBA-4SLは(フルレンジ+ダブルウーファー+トゥイーター)を搭載しているため、ソニーは低音から高音まで鳴らせると唱っています。

BA型はユニット単体ではあまり音域が出ないため、各社ユニットを複数付けているのですが、4ユニットは比較的珍しい構成だと思います。

ハイエンドモデルですが、梱包の仕方は全モデル共通っぽい感じがします。

これ、見ると分かるのですが、イヤーピースの音が出るところ以外に穴が無いんですよ。

- XBA-4SL レビュー(開封・外観編):とあるソニー好きなエンジニアの日記:So-netブログ