イヤホン・ヘッドホン

Bose

QuietComfort 20

レビュー

車の走行音等(特にタイヤノイズ)周囲の音が完璧に聞こえなくなるわけでは無いためです。

これがもし、コントロールボックスがスマホと離れた位置になるようなケーブル長だった場合には、重さを感じやすくなったり、取り回しの際にコントロールボックスが何かに引っかかったりし、非常に邪魔な存在に感じたでしょう。

購入後から使い始めて、1週間程度しか経っていませんが、やはりノイズキャンセリングによる周辺音の低減による効果、それにより音量が抑えられること、ボーズによる基本音質の良さ、インイヤータイプによる取り回しの良さ等、メリットは非常に多いです。

買ったら是非、英語学習や、電車内での朝ドラ視聴等、今までノイズで出来なかった事を出来るようにして元を取りましょう!キャンペーンの今が購入のチャンスです!(公式オンラインストアで購入した場合には、万一満足出来なかった場合には、返品ができます。

- Bose QuietComfort 20 を購入しました!届いたので開封レビューします! | モノ好き。ブログ

通勤や通学で電車やバスなどに乗っているときに、スマホで音楽やゲームを楽しんでいる人は多いことだろう。

しかし、もっと遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを使いたい、もっと高音質で聴きたいという人も多いことだろう。

ヘッドホンにマイクを内蔵しており、マイクで拾った周囲の音と逆位相の(逆の波形を持つ)音をヘッドホン内に流すことで、周囲のノイズを打ち消すという仕組みを採っている。

IE2とはStayHearチップの耳に入れる部分が違い、最近主流のカナル(耳栓)型のような形になっている。

- ボーズ「QuietComfort 20i」レビュー、ノイキャンの効き目は想像以上! - 日経トレンディネット

一方、逆位相の音を計算したり、そーゆーコトをするコントロールボックスみたいなのが必要。

BOSE「QuietComfort 20i」の場合は、イヤホンの根元にあるコントローラーみたいな「コントロールボックス」(赤枠)。

これは、一応「形の上では熱となるか、イヤホンや耳への振動で吸収される」ということが掲示板で話さていた。

これは打ち消し合った音の振動、非常に小さな振動が、三半規管?に誤った信号を伝えて、酔う/気分が悪くなる、ということが、一応ありえるかもしれない、という医師のコメント。

- BOSE「QuietComfort 20i」を3ヶ月使ってみた感想。「ノイズ・キャンセリング」は、職場/電車/飛行機で、大活躍しすぎてヤバい。 - やじり鳥

ただ、サイズ的には薄く小さいので、カバンに一緒に入れたり出来る場合は、全く気にならないと思いますので、使い方次第ですかね。

リモコン側面にある青いボタンを押すと、周囲の音が聞き取りやすくなり、レジでお会計した場合や、誰かと話す時に一々イヤホンを外す必要がなくなります。

普段から、音楽に集中する為についつい音量を上げてしまいがちになりますが、多少うるさい環境でも音量1で問題なく聴けるので、これなら耳にも優しいですね。

音量を上げ過ぎると耳に負担が掛かりますし、ドラマなどを見ても何喋ってる聞き取れない事も多くて諦めていたのですが、QuietComfort20なら遊戯しながらでも問題なく視聴できます。

- 強力なノイズキャンセリング性能 BoseのQuietComfort20をレビュー

「Bose QuietComfort 20 (QC20)」は内蔵のマイクで周囲の雑音と 逆位相の音を再生することでノイズキャンセルしており、 コントロールモジュール (写真下のBOSEロゴのある部分) の 電源をオンにすればすぐ周りのノイズが気にならなくなります。

ただ、周囲の音は低減してくれるものの、 自分の口の中で起きる音やケーブルに触れた時のノイズが Bose QC20を使っているときより大きく聞こえるので、 慣れるまでは少し気持ち悪くなってしまいます。

反面、Bose QC20は使用中にケーブルに触れても ノイズが聞こえるようなことはなく、 Xperia以外のPCやゲーム機などに挿してもノイズキャンセリングが 使える上、単体でも耳栓の代わりに使えます。

また、充電しないとノイズキャンセリングとアクティブ・イコライザー が動作しないため、充電が切れてしまうと「一応音が聞こえるイヤホン」 程度の音質に下がってしまうと言う弱点もあります。

- Bose QuietComfort 20レビュー。ノイズのない快適さがどこででも - AndroPlus

個人的に耳にすっぽりハマる装着感(BOSE他製品よりもこれが一番しっくりきた)、コントローラー部分の使いやすさなど、トータルで考えて現状「QuietComfort20」がベストだと判断しました。

ノイズキャンセル機能をつかさどる「コントロールモジュール」があるのが、普通のイヤホンと違うところ。

ノイズキャンセル機能の情報のやり取りを行うためかイヤホンのコードが太め(通常イヤホンの1.5倍の太さ)なので、ぐちゃぐちゃっとケースに突っ込んでも取り出す時にコードが絡んでイライラすることはありません。

どれだけ今まで余計な騒音と一緒に音楽を聞いていたんだ!どれだけ騒音を打ち消すためにボリューム上げすぎていたんだ!となることうけあい。

- BOSEの真髄!ノイズキャンセリングイヤホン徹底レビュー | 子育てパパがなにかやらかしています。

当時は大して音質を考慮しておらず、パソコン付属のスピーカーや、たまたま電気屋の在庫処分セールで安く変えた数千円のスピーカーを使っており、無茶な大きさの音でなければ特に騒音になることを気にせずに聴けていました。

外部の音を遮ることで高音質なリスニングを実現しているQuietComfortですが、イヤホンを付けている最中でも場合によっては場内のアナウンスや店員さんの声など外部の音を聞き取る必要があります。

これはノイズキャンセリング機能が作動したイヤホンを装着し音楽を再生している状態であっても、外部の必要な音声を聞き取ることができるという機能です。

Awareモードを使用すれば、多くの場合、イヤホンを外さずかつ音楽を止めなくても必要な外部の音を聞き取ることができます。

- 最高のノイズキャンセリングイヤホン「Bose QuietComfort 20」を3年間使ってみた感想 - 京都の日々々記

それぞれの耳に装着するイヤホンのハウジングについているマイクから今いる環境の騒音を拾い、このコントロールモジュールで解析・演算した逆位相の音がイヤホンから流れることにより、静寂な時をつくることができます。

しかも遮音性能が高いのでノイズをカットしたクリアな空間で音楽を存分に楽しむことができます。

通常は完全にノイズキャンセリングをしてくれますが、モード切替を行いAwareモード(アウェアモード)にすると、ノイズキャンセリングをしつつも人の話し声など周囲の音を聞き取りやすい状態を作り出します。

QC20であれば、ノイズキャンセリングをONにした瞬間に無音空間になるので、最小の音量でも十分聞き取ることができ楽しめます。

- 日常の騒音が一瞬で静寂な空間に!BOSEノイズキャンセリングイヤホン「 QC20」レビュー | FatherLog

開封の儀なんていろいろなサイトでやっているので改めてやる必要もないと思うのですが、購入してみると意外とテンション上がってしまったので興奮冷めやらぬ中アップしてしまいたいと思います。

USBで充電するタイプで、2時間充電すると16時間使用できるようです。

この小ささでノイズキャンセルを行っているのかと思うとびっくりしますが、操作する上でということで言うならば結構でかいです。

ちなみに、この商品は電源が入ってなくてもイヤホンとして動作しますので、充電がなくなっても安心です。

- bose quietcomfort 20i レビュー 開封の儀|登山初心者の物欲にまみれたブログ

耳の中もビジネスクラスに!Bose QuietComfort 20i(ノイズ・キャンセリング)を徹底レビュー。

しかし、以前搭乗した飛行機で初めてノイズ・キャンセリングのヘッドフォンを使用したところ、想像をはるかに超える快適さだったので「Bose QuietComfort 20i」を購入しました。

そんな時にイヤホンタイプのノイズ・キャンセリング「Bose QuietComfort 20i」を試してみたら、耳にフィットして痛みを感じませんでした。

イヤーキャップは耳の大きさに合うように、S、M、Lと3つのサイズのイヤホンが梱包されています。

- Bose QuietComfort 20i(ノイズ・キャンセリング)を徹底レビュー。 | Last Day. jp

ノイズキャンセリングは、周囲の騒音をマイクで拾い、その逆の音を出すという仕組みになっています。

周囲の音を聞きたい時は、リモコンの横にあるボタンでNCを一時的にオフにすることができます。

航空機のエンジン音は、乗っていると耳が慣れてしまって気付かないものですが、実はかなりの音量で、しかもフライト中ずっと耳に入ってきています。

それがこのイヤフォンをして、NCのボタンをオンにした瞬間に、体感として10分の1程度にまで軽減されます。

- 【レビュー】まるで別世界にいる感覚〜圧倒的なノイズキャンセリング効果のイヤフォン『Bose QuietComfort 20i』

昨日友人に見せたところ開口一言目が「でかい……」だったので人によってはコンパクト性に欠けるという印象もあるようだが、個人的にはヘッドホンでこのケースに収まるのは十分コンパクトだと感じる。

僕はこれまで何度もヘッドホンをカバンの中に放り込んでは傷つけたり断線したり一部パーツを失ったりしているので、ハードケースが同梱されているのはポイントが高い。

音量ボタンが浮き出ているため、その2つに挟まれた凹んでいる部分が再生・停止ボタンであることが指先で分かる。

確かに言われてみれば「Bose QuietComfort 25/20」を体験した時は音楽が快適に視聴できたような記憶があったが、今回、自分の好きな音楽をじっくりと聴くことができ、自分の中の記録よりもバランスが改善されていることが分かった。

- Bose QuietComfort 35 レビュー | gori.me(ゴリミー)

そのため、ノイズ遮断タイプのヘッドフォンは密閉された空間の中で音を鳴らすことになるので、通常のイヤフォンと比べ比較的小さな音で聴くことを前提としています。

こちらは、前者と違い、ヘッドホンに内蔵されたマイクを使って外の音を拾い、それをオーディプロセッサを使って周囲の音を打ち消す効果のある、逆位相の音を作り出します。

今回のQuietComfort 20iで特徴的なのは、このコントロールモジュールです。

最初はこの大きさに少し戸惑いを覚えましたが、通常音楽再生で使用しているiPhone5Sとの組み合わせでは、イヤフォンジャックまでのコードの長さが丁度良く、コントロールモジュールを一緒に持った形でスマートフォンの操作ができます。

- 【レビュー】Bose QuietComfort 20iで広がるノイズレスな世界。一度嵌ったら抜け出せない! - Spotry.me

とはいえ、通勤時に眉間に皺を寄せて聴き込んでいるわけでもないし、DAPというものじたいがそれほど高音質を期待するものでもないのでカジュアルに楽しむオーディオとして、あくまでも気軽に、でもそこそこの音質は欲しいというスタンスでiPod Touch 6GとBOSE QuietComfort 20(QC20)を常用している。

右側のケーブルにあるリモコンは、QC20同様に再生と一時停止、音量の操作ができ、それに加えてノイズ・キャンセリングのレベル調整を行うことができる。

低周波/高周波ノイズはよりカットされているように感じる反面、特定の音域の声や音はといったあまりキャンセリングしない部分はQC20のときとあまり変わっていないので相対的に目立つようになってしまった側面はあるんじゃないかと思う。

QC20のAwareモードのように一発でキャンセリングなし(というかマイクで周囲の音を拾う状態)にできないので12段階もあるとリモコンの小さなボタンを連打するかアプリを開いて操作しなくてはならない。

- QC20ユーザーによるBOSE QuietControl 30レビュー - Enjoy Life, Enjoy Hobby

今や、多くのメーカーのヘッドホンシリーズの中に、ノイズキャンセリングモデルを用意していて、ノイズキャンセリング機能はごく一般的なものになってきた。

スペック面では「ノイズカット●%」などと表記されているものも多いが、その数値は意外にあいまいで、なかには、ある周波数レベルに限って、ということもあったりする。

スマートフォンの使用中は、通話ボタンを押すことで、電話に出ることも可能。

実際に通話に使ってみたが、音声もクリアで、スマホを耳につけているときよりも話しがしやすい。

- ボーズのノイズキャンセリングヘッドホンが新時代へ--インイヤー型の「QuietComfort 20」レビュー - CNET Japan

これ1つあれば、仮に電車や新幹線の中で、赤ん坊が喚こうが、学生がガヤガヤと馬鹿騒ぎしようが、全く気にならないで音楽やオーディオ勉強に集中することが出来る。

それも普通の音量で。

僕はこれを使い始めて「ああ、イヤホン付けて音楽聞いても他の音って普通に聞こえてたんだなぁ」ということに気付いた。

そのイヤホンをiPhone付属のイヤホンで雑音まみれの中で音楽を聞くのか、それともQC20などのノイキャンイヤホンで聞き続けるのかでは、相当な差が生まれることになるだろう。

- 【レビュー】Boseノイズキャンセリングイヤホン「QuietComfort 20」が快適すぎてヤバイ!

その結果、 いままで自宅で常用していたQC15というヘッドフォンタイプの製品が、性能的にはちょっと低かったことがわかりました。

QC15でもかなり騒音は消えてくれますが、それでも自動車のタイヤがきしむ音や風切り音のようなものは平気で「サー」と聞こえてきますし、喧噪をなんとなく感じてしまいます。

Bluetooth接続時、英語(女性の声)で接続先とバッテリー残量をアナウンスされるのですが、それが重宝するときもありますが、何回も聴くと煩わしいと感じます。

特に僕のように音楽を聴かずにノイズキャンセリング性能だけを期待して(つまり無音で)使うケースが半分以上の場合はやはりウザイですね。

- 【レビュー】Boseの新製品 QuietComfort 35を衝動買い! ファーストインプレッション – いざ!創らん。

ですが基本的に「お手軽な値段である程度の音質と機能」という製品が多かったです。

ノイズキャンセリングが非常に強力で、電源をつけた瞬間に周りの音のボリュームが1段階か2段階くらい下がるような感覚に陥ります。

Bose製品向けのアプリであるBose Connectを使用することでBose QuietComfort 35を更に快適に使うことが出来ます。

症状は特にトンネルに入る時など気圧の変化?が生じる時に発生するので、気圧の変化が激しいところではノイズキャンセリングが上手く動作しない可能性もあります。

- ノイズキャンセリングで別世界へ!Bose QuietComfort 35 wireless レビュー! | tomokinのガジェット説明書 -ともせつ-

また、イヤホンつけながらの食事って口腔内の音が響いてしまい難しいですが、これは耳の穴を塞がないので、口の中から響いてくる咀嚼音を感じにくいですね。

そもそもホワイトノイズが聞こえる位静かな場所ならNCを使う必要はないんだろうが。

Bluetoothヘッドホンのみでの実験ですが、WSJ(ウォールストリートジャーナル)電子版で、騒音低減効果の測定記事がありました。

元々騒音の悩みは殆どない(飛行機の音もテレビ見てなければあまり気にならない)ので、ぶっちゃけそこまで普段使いはしないと思います。

- 【レビュー】BOSEのQuiet Comfort20を30%OFFで購入。ノイズキャンセリングの第一印象とか | フリーランス女子の投資&節税日記

またQC20の特徴でもある『不快な騒音を抑え、周囲の必要な音を聞き取る』「Awareモード」のオン/オフのボタンも。

耳に挿入後、伸びている触覚のようなものを耳の上部に添えることでイヤホンが固定され、QC20のノイズキャンセリング能力が最大限に発揮されます。

Boseといえば心地よい低音、というのが僕の中での常識でしたが、実際にQC20で音楽を聴いてみると低音はもちろんのこと、全体的にバランスの良くとれた高音質で、どの音域も適度に心地よく流してくれるモデルだと感じました。

特殊なイヤーチップを採用した快適なつけ心地や、本体の小ささからは想像もつかない遮音性、外部の音を適度に遮音するAwareモードなど、Bose QuietComfort 20は家で音楽を聴く人よりも通勤・通学で音楽を聴く人に強くオススメできるノイズキャンセルイヤホンとなっています。

- 【PR】圧倒的遮音性と高音質!「Bose QuietComfort 20」は通勤に最適 | ガジェットTouch!

他のボーズのワイヤレス製品同様、QC30は専用アプリ「Bose Connect」から操作することができます。

今のところ、普段はBose Connectで現在のNCレベルを視覚的に確認しながら操作、満員電車などスマホ操作が難しい場面ではリモコンのボタンで調節するようにしています。

スローナンバーでは、ピアノやストリングスの一音一音までボヤかすことなく驚くべき情報量をもって、鮮明にすべての音をしっかりと聞かせてくれます。

通話用に風切り音や周囲の雑音を低減するデュアルマイクを搭載することにより、双方の音声をより自然にはっきりと聞き取れるような工夫が施されています。

- 全てが最高。BOSE QuietControl30、クラストップレベルの音質と圧巻のノイズキャンセリング  - ZooLOG -ゾーログ-

ノイズキャンセルの電池の持ちは8時間くらいあるらしく、3日にいっぺんくらい充電していますが、切れたことはありません。

ただ、周りの音は消えますが、もともと静かな部屋でノイズキャンセリングをONにすると『サー』というホワイトノイズが気になることは気になります。

風が強い日は普通のイヤホンでも全然音が聞こえなくなるので、しょうがない気はしますが、風切り音は人の声同様、ノイズキャンセルされる対象に入っていないようです。

音楽を聴く場合は音量を上げちゃえばノーマルのBoseのイヤホンでも問題ないですが、クワイエットコンフォートの方が音量を上げずに済むので耳にも優しいかと思います。

- QuietComfort 20iと20の違いと、使い心地レビュー。メリット、デメリットまとめたよ! | とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

しかも、イヤホンのつけ心地が良く何もつけていないような感覚なので疲れずにつけられますし、電池は約16時間も保ちますので長時間移動も余裕です。

筆者は音には特にこだわりがないからか、ノイズキャンセリング機能を使った時には「普通に良い」と思いました。

それは、ノイズキャンセリング部分のコードが断線しやすいということです。

でも、購入してみて「集中力」や「快適さ」を手に入れることができ、3万円の価値ありだと思うようになりました。

- 最高ノイズキャンセリングイヤホンBose QuietComfort 20で勉強も旅行も快適 - などなドア

ヘッドホンのコーナーを見てみると新しいモデルがたくさんでてて、意外なことに私の使ってるコンパクトなオンイヤータイプはもう取り扱いがないようで、後継機として販売されていたのはこちらのアラウンドイヤータイプのBose QuietComfort 15です。

行列できてるレジでコードが引っかかったりしたときにはもう大変! ところがこのawakeモードは騒音をカットしつつ人の声はしっかり聞こえるというモードで、ボタン一つで切り替えられるんです。

これはBose QuietComfort20iとの比較になりますが、音が高精細ですこし余裕の様なものを感じます。

店員さんによればイヤホンタイプに比べてスピーカーが大きいのでその分いい音がしているとのことでしたが、素人の私にとっては同じ曲の同じ部分で聞き比べてやっとわかるくらいの違いだったので、ノイズキャンセリングするような電車や街中で聴く場合はほとんど違いなしだと思います。

- 直営店で比較!ノイズキャンセリングヘッドホンBose QuietComfort 20iを購入してみた! | まあくんのなんでも体験記。

耳に着けた状態で「上」を押すと、より、ノイズキャンセルが効き、「下」を押すと、周りの音が聞こえる「通常イヤホン状態」になる。

BOSE Connectというアプリを使うと、アプリ上で細かく色々と設定することができる。

首輪の見た目を許容できるのなら、イヤホン買うなら、コレ一択だ。

Apple Watch Series 3、セルラーモデルでLTE通信をするには「iPhoneと同じ通信事業者を利用する必要がある」と公式サイトに注意書きが。

- 【レビュー】BOSE QuietControl 30、比類なきノイズキャンセリング技術とワイヤレスが融合した至高のイヤホン | 部長ナビのページ