イヤホン・ヘッドホン

Bose

QuietComfort 35

レビュー

確かに、以前BOSE QuietComfort25を使っていたときも、まさに別次元のノイズキャンセリングだと思ったが、他のヘッドホンでノイズキャンセリングを聞いたことがない(岩手だと、試聴できる高級ヘッドホンってあまり多くないのだ)ので、BOSEが普通なのかと思っていたが、全然違うらしい。

おこPが「比較写真を撮ってから送ってもらえれば良いですよ」と言ってくれたので、2つ並べて撮ることができた。

全く同じ感じで「ノイズキャンセリング」タイプと「通常ヘッドホン」が選べるということになる。

外の音がノイズキャンセリングで消えることがこんなに集中力に差が出るのかと実感させられる3日間だ。

- 【レビュー】BOSE QuietComfort35、全てが最高。音質、ノイズキャンセリング、ワイヤレス、高評価間違い無しのヘッドホンだ! | 部長ナビのページ

このように、Bose QC35は、質感、デザイン、操作性のすべてのバランスが取れた上質な製品だと考えます。

日本語音声で、特に映画のように小さい音から大きな音まで音量の変化が大きいコンテンツだとノイズキャンセリング機能が必須となります。

Bluetooth経由の音色と有線での音色とが違うことから、水色のBluetoothのモジュールは各機種共通で使われていて低音重視のチューニングで音声が出る仕様。

Bose QC35をケーブル接続した場合には、Bluetooth機能がオフしてしまうため、音量調整等のコントロールができなくなります。

- モノとしての魅力に溢れる Bose QC35。使うほど手放せなくなる存在。 | モノ好き。ブログ

Bluetooth接続でワイヤレスということで操作はどうやるの??って疑問に持たれる方がいるかもですが、ハウジングに物理ボタンがついているので音量調節と真中のボタンで再生/停止できます。

またヘッドフォンに自分だけの名前をつけたり、自動オフタイマー、音量調節、バッテリー残量表示などの主要な機能にすばやくアクセス可能です。

しかしQuietComfort35があればノイズキャンセリングなので小さな音でも音楽を聴けますし、ケーブルレスなので通勤時にケーブルが絡まることもありません。

特にQuietComfort35はヘッドバンドがいくら押し込んでもぷにぷになのですが(上にも書いてますが、Alcantaraという高級車やヨットに使われる超低反発のクッション素材を使用)、MDR1000Xはヘッドバンドを押し込んだときに硬い金属的な部分?に当たるのでこれはつらいな〜と。

- BOSE QuietComfort35レビュー。ノイズとケーブルから開放された音楽をあなたに。 – 広く浅くときどき深く

さらに、QuietComfort 35 headphonesはBluetooth対応となり、デュアルマイクロフォンシステムや音声ガイド、直感的な操作そして20時間のバッテリー動作といった特長も備えています。

NFC対応端末をお使いの場合は、ヘッドホンの電源スイッチを3ポジションの真ん中までスライドして電源を入れます。

もしNFC対応のモバイル機器をお持ちでなければ、最初に、ヘッドホンの電源スイッチを中央位置にスライドさせ、電源が入っていることを確認してください。

なお、2台の機器の音声を同時に再生することはできません。

- QuietComfort 35 wireless headphones | ボーズ

昨日友人に見せたところ開口一言目が「でかい……」だったので人によってはコンパクト性に欠けるという印象もあるようだが、個人的にはヘッドホンでこのケースに収まるのは十分コンパクトだと感じる。

僕はこれまで何度もヘッドホンをカバンの中に放り込んでは傷つけたり断線したり一部パーツを失ったりしているので、ハードケースが同梱されているのはポイントが高い。

クッション性の高さは先ほど写真で紹介した通りだが、本体の重さもたった240gなので付けていても負担を感じづらい。

音量ボタンが浮き出ているため、その2つに挟まれた凹んでいる部分が再生・停止ボタンであることが指先で分かる。

- Bose QuietComfort 35 レビュー | gori.me(ゴリミー)

ピッタリサイズで収納されるので、持ち運び中にカタカタなることもありません。

黄色の丸の部分の穴は、ノイズキャンセリングの為にフィードフォワード方式でノイズを集音するためのマイクですね。

操作性なんですが、ヘッドホンに下部にボタンがあるので目ではみえませんが、慣れれば問題ないと思います。

※ Claybox様よりサンプル提供 今日は携帯性、ファッション性に優れたBluetoothヘッドホン「AudioMX MX10」をレビューしようと思います。

- 【レビュー】『BOSE QuietComfort 35 Headphone』遮音性・フィット感抜群のおすすめヘッドホンでした!

「ノイズキャンセリング」では、イヤーカップの内側と外側の集音マイクから周囲の騒音を瞬時に解析し、騒音を打ち消す逆位相の音をヘッドホンスピーカーから出力することにより、強制的に静寂な空間を作り出す技術です。

日本語ではありませんが、わかりやすい絵なので、Bluetooth機器を扱ったことのある人であれば直感的に接続できると思います。

それでいてヘッドホンスピーカーから出力される音はかなりクリアなもの。

再生されている音が1ミリの無駄もなくダイレクトに耳に入ってくる感覚。

- 【レビュー】Bluetoothワイヤレス化したBOSE史上最強ヘッドホン「QuietComfort 35」は音質抜群! | FatherLog

ですが基本的に「お手軽な値段である程度の音質と機能」という製品が多かったです。

ノイズキャンセリングが非常に強力で、電源をつけた瞬間に周りの音のボリュームが1段階か2段階くらい下がるような感覚に陥ります。

Bose製品向けのアプリであるBose Connectを使用することでBose QuietComfort 35を更に快適に使うことが出来ます。

症状は特にトンネルに入る時など気圧の変化?が生じる時に発生するので、気圧の変化が激しいところではノイズキャンセリングが上手く動作しない可能性もあります。

- ノイズキャンセリングで別世界へ!Bose QuietComfort 35 wireless レビュー! | tomokinのガジェット説明書 -ともせつ-

その結果、 いままで自宅で常用していたQC15というヘッドフォンタイプの製品が、性能的にはちょっと低かったことがわかりました。

一応、QC35の電源を入れると直近で利用していた2台のプレイヤーに自動接続するようなのですが、かといってそれが特に便利とはいえず、やはりプレイヤー側で接続切り替えをするのは変わらないようなので、それならばメリットはありませんね。

また右スピーカーに操作ボタン類がまとまっているのは好感触で、手探りでボリューム操作できますし、電源ボタンがスライド式になっているので誤動作することもまずないと思います。

Bluetooth接続時、英語(女性の声)で接続先とバッテリー残量をアナウンスされるのですが、それが重宝するときもありますが、何回も聴くと煩わしいと感じます。

- 【レビュー】Boseの新製品 QuietComfort 35を衝動買い! ファーストインプレッション – いざ!創らん。

ノイズキャンセリング機能があり、さらにワイヤレスなので電車内でもケーブルを気にせず快適に音楽を聴くことができます。

iPhoneなどの音楽プレーヤー側で操作すれば問題ありませんが、音楽プレーヤーをカバンに入れている場合には少し不便かもしれません。

この方法だと、耳に当てて音声を聞きながら設定するのが大変なので、後述する専用アプリ「Bose Connect」を使って設定する方が簡単です。

別記事で使用レポートを紹介している新製品「SoundSport wireless headphones」と音質を比べてみたところ、この「QuietComfort 35 wireless headphones」の方が高音も低音もエッジがあり、迫力がある音でした。

- 感想 BOSE QuietComfort 35 wireless headphones使用レビュー - おとなのらいふはっく

本機は右側イヤーカップの側面にコントロールボタンが配置されており、 音量調節、音楽の再生・停止・早送り・巻き戻し・次の曲へ・前の曲へ などの操作が可能です。

ハイレゾ音源とかになると流石に音質は劣化しますが(それを聴き分けられるかはその人次第じゃないですかね…)、iPhoneなどでAAC音源をBluetoothで聴くような用途だと、意識するほどの音質劣化は見られません。

イヤーカップの左上側に見える小さな穴がフィードフォワード方式でノイズを集音するためのマイクだそうです。

QC35をPC・スマホなど複数製品にペアリングする場合は、それぞれをアプリで一元管理できるので便利です。

- BOSEのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン「QC35」が神だったのでレビュー - FX初心者の儲からない愚痴と快適な睡眠

独自の『音質アイコン』で、スピーカーごとの音の傾向がひと目でわかって比較できます。

現行機種QuietComfort 25との最大の違いは、Bluetoothによるワイヤレス運用ができるようになったこと、そしてバッテリーの持ちが35時間から40時間に伸びたこと(有線時)。

騒音・低周波を大幅にカットして、車内アナウンスなど人の声はある程度通すようになっている。

他製品や従来機と比べて、NC機能使用時の圧迫感、閉塞感、耳鳴りのようなものが低減している。

- BOSEのノイズキャンセルヘッドホン「QuietComfort 35(QC35)」QC25との違いと初期レビューまとめ

ちなみに機器を切り替える時は、今再生しているものをストップしてからでないと別機種の音が再生されないです(例えばGalaxyで音楽を聴いている場合、一旦そちらを止めてから、NW-A20で再生を開始するといった感じ)。

ただしOC35はイコライジングもBassに偏ったり高音ばかりということもなくフラットな音作りになっているので、割とオールジャンルに楽しめるヘッドフォンのように感じます。

aptX非対応は音ゲーなど特別な部分で気になるだけであって、普通にYoutube動画を見たり音楽を聴いたりする場合においては9割9分きになることはないでしょう。

本体自体も折りたたみOKですし、ヘッドバンドの柔軟性もなかなかのものです。

- 驚異のノイキャン「Quiet Comfort 35」レビュー | GNJ

その時の、イヤーカップの耳に吸い付くような感触、外の世界と完全に遮断される感覚、BOSEらしいすばらしいサウンドに、とても感動したのですが、その時のQC25は有線タイプでした。

その体験会の時のお話では、QC25は、JALの国際線ファーストクラスに「JAL専用モデル」が搭載されるということでしたから、そのノイズキャンセリングの機能は間違いないものなのです。

多分一番普通と思われるやり方は、スマートフォンでもPCでも、「接続する機器(スマホやPC)側のBluetooth機能を『ON』にする」→「QC35のBluetoothボタンをBluetoothマークの方にスライドさせてペアリング準備状態にする」→「検出された候補からQC35を選んでペアリングを完了させる」という方法です。

ホームシアターやサウンドリンクミニなどの「スピーカー」で聴くBOSEの音は、部屋の空間を利用した、周りの環境も含めての「臨場感のある音」なのですが、周りの音を遮断して音を耳に入れる「ノイズキャンセリング」ヘッドホン QC35 で聴く音は、これまでのスピーカーで聴くBOSEの音とは、全然違うものでした。

- BOSEのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン(QC35) QuietComfort 35 wireless headphones 試用レビュー♪ | めめのいい暮らし.net

ノイズキャンセリングのヘッドホンでこれですから、通常のイヤホンやヘッドホンで動画を見ている人達はどれだけ大音量にしているんですかね?難聴なならないかちょっと心配になっちゃいます。

電車の走行中は、風切り音など一定で低めの音がゴーっと聞こえるのですが、そのような音に強いらしく、ノイズキャンセリング機能で強力に除去してくれます。

ワイヤレスのヘッドホンやイヤホンなどで、スマホのゲームをすると音がずれるという事がたまにあるので、QC35でも試してみました。

最後に、youtubeアプリとAmazon Videoで動画を楽しんでみましたが、こちらの方も音ズレする事もなく問題なく使えました。

- 「QuietComfort35」Boseのノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホンをレビューしました - セレクトイヤホン

このアダプタのジャックに通常のイヤホンを挿せばこれまで通り使用する事に何ら問題はないんですけど、コレが見た目的に非常にダサい上に何ともスマートじゃない。

また通勤や自宅でiPhone7で音楽を聴く事が一番の用途なわけですが、PCやPSVitaなどでの使用も兼ねつつなるべく音質的にも良さそうなもの。

QC35はapt-x非対応ということなのでやはり遅延が気になる人はゲームをするジャンルにも寄ると思いますが他のヘッドフォンを使用した方が良さげです。

音質については他のBOSEのヘッドフォンやイヤフォンを使用したことがないので比較出来ないんですが、個人的に初めて試聴した時の印象や現在購入してからじっくり色々と聴いてみた感想としては、やや脚色あるものの割とフラットに近い音かなと思います。

- Bose QuietComfort35を買ってみた感想 | りせろぐ*

電源オンにして数秒…突然周囲の音がガクッと減りました。

あまりに突然だったのでなにかの間違いか?と思ってヘッドホンを外してみたところ、電車の走行音が大きく聞こえてきました。

言い換えれば、耳から入ってくる情報=音は自分たちが思っている以上に人体に影響があるということですね。

音楽を聞く用途にはもちろんですが、電源を入れてスマホなどと接続せずに使うと、生活の中の騒音=生活ノイズも大幅に減らすこともできます。

- BOSE QUIETCOMFORT 35使用レビュー。飛行機内が静かな空間になった! | あるクマっぽい人が書くブログ

これまでワイヤレスヘッドホンをいくつか使ってきましたが、一番のストレスがバッテリー切れで使用できなかった時のショックなんですよね。

電源オン時に鳴るガイド音声でバッテリー残量や、現在どの端末に接続しているかを教えてくれるのです。

専用アプリも提供されており、こちらでバッテリー残量の確認やペアリングの登録、楽曲のコントロールを行うことも可能です。

個人的にはこれまで使ったBluetoothヘッドホンの中で、間違いなく一番の製品です。

- 「ボーズ最高峰のヘッドホン」の謳い文句は本物。Bose QuietComfort 35レビュー | Time to live forever

スマートフォンが一般的になりモバイルバッテリーを持ち歩く人も増えていますから、電源の確保という点だけで見れば、乾電池を購入するのもモバイルバッテリーから充電するのも大差はないように感じます。

確かに乾電池を使用していた旧モデルであれば、電池が切れたとしても電池を新しいものに交換するだけでノイズキャンセリングヘッドホンとしての使用が再び可能になるのですが、バッテリーを使用するようになった新モデルでも、一度のフル充電で20時間の連続使用が可能なのです。

これでどういうことが実現できるかというと「iPhoneとワイヤレスで繋いで音楽を聴いている最中に、ワイヤレスで繋いでいたAndroid端末に着信があったので応答した」ということが可能なんです。

もしも似たような症状(昨日までは何もなく使えていたのに、ある日突然ヘッドホンの電源を入れて音楽を聴いたら音飛びが発生した!など)に出くわしてしまった方は再生機器側とヘッドホン、それぞれを再起動・再接続してみるとあっけなく解決するかもしれません。

- 【使用感レビュー/Bose QuietComfort 35 wireless headphones(QC35)】未だかつてない、多幸感あふれるヘッドホン! | ステマ無し、正直すぎるレビューブログ - &REVIEW(アンド レビュー)

低周波のノイズに効果的と言いましたが、高周波の場合、すべてをブロックする訳ではありません。

風が強いと少しカサコソいうノイズが発生しますが、これはすべてのノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンに共通の問題です。

ボーズは再生中のサウンドを自動的に調整するデジタルイコライザーを使用して、ある音がほかの音を上回ってバランスが崩れないようにしています。

幸いなことにボーズコネクトアプリの使用で、5分から3時間でオフになるよう設定ができます。

- ヘッドホン Bose Quiet Comfort 35(ボーズ クワイエット コンフォート35)レビュー

このヘッドホンはワイヤレスで、BluetoothでiPhoneなどのデバイスに接続して音楽を楽しむことができます。

また、付属の音声ケーブルにより、有線で音楽を聴くことも可能です。

さて肝心の視聴レビューをしたいところですが、上述の通り私は音質にはあまりこだわりもなく、高価なヘッドホンを買うのはこれが初めて?というくらいの耳しか持ち合わせておりません。

ノイズキャンセリングによる遮音状態と音楽との組み合わせにより、静かなスタジオで耳の近くにあるスピーカーで音を聴いているような、そんな新しい感覚を楽しむことができます。

- ノイズから完全開放!BOSE QuietComfort 35 wireless headphones徹底レビュー - マイラーズ!

移動時の周囲の雑音などが気になるのでノイズキャンセルとBluetoothが搭載されている物をいろいろ見ていたのですが店頭で視聴したQC35が今まで使っていたBluetoothイヤホンと比べ物にならないくらい音がよかったので勢いで購入してみました。

元々それが理由でヘッドホンは使っていなかったのですが、店頭でつけてみた際はいいかなと思ったのですが30分ほどつけていると顎が痛くなり1度痛くなるとずらしたりしても治まりませんでした。

また、iPhoneのアプリで設定などを変更するとこができるのですが、ペアリングの際の機器名の変更、音声アナウンスの有無や言語の設定等だけで特に必要性を感じませんでした。

電話をかけて15分ほど待たされ、スムーズに返品の処理を行えました。

- iPhone 7用にBose QuietComfort 35 を購入! 2週間ほど使ってみた感想

Bose® QuietComfort® 35ワイヤレスヘッドフォンは、定評のあるノイズキャンセリング機能が静かな音をより静かにし、あなたのiPhoneやiPadからのサウンドをより優れたものにするように設計されています。

“音楽を共有” 音楽の共有機能では、1つの機器から2台のボーズワイヤレスヘッドホンにオーディオを転送するので、仲間と簡単に音楽を共有することができます。

“ヘッドホンを最大限に活用” QuietControl 30 head phonesの可変ノイズキャンセリングでは、ノイズキャンセリングレベルをアプリから調整することによって、周りの音が聞こえる程度をご自身で決められます。

“他にもできることがいっぱい” 製品詳細の表示から設定のカスタマイズまで、お使いのボーズワイヤレス製品を最大限に活用できます。

- Bose® QuietComfort® 35ワイヤレスヘッドフォン - Apple(日本)

ノイズキャンセリングによりそんなにボリュームを上げなくても聴けるというのは利点ですが、音量を上げて楽しみたい場合にはあまり人目のつかないところでの使用が必要になると思われます。

iPhoneやBT機能のある機器とペアリングを行いましたが、すんなりできるものとそうでもない機器があるのでこの辺は一度試してから使用することをお勧めします。

PC環境でペアリングをして装着したまま部屋をうろついてみましたが、壁を隔てると途切れ途切れになることもあるので既存のハイパワー製品と比べると少々弱いですが、同じ部屋内で使用する分には問題ありませんでした。

個人的にはBOSEサウンドのあの低音のくどいほどの押し具合はちょっと苦手ですが、持ち運びのしやすさとBT駆動で20時間も使用できるとなればなかなか良い感じに仕上がっているような気はします。

- BOSEのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 35」レビュー | Roppongi Audio:六本木オーディオ

デジタルノイズキャンセリング搭載ヘッドホンを物色しており、最近発売されたMDR-1000Xが気になりすぎたので、同価格帯の競合機種、BOSE QC35と音質、デザイン、携帯性、操作性などを比較してみました。

ということで、耳全体を覆うヘッドホンだと寒くないんじゃない?→だったらノイズキャンセッリング搭載のヘッドホンが欲しい!となったわけです。

なのですが、値段が5万円を超える価格帯ということと、ヘッドバンド部分の形状が私の顔(逆三角)に全く合っていない、この2点で購入には至らなかったです。

Xperia XZを持っていたらLDACでの接続が可能ですし、SONY系でまとめているからというのも購入しやすい要因だと思いますが、素人にも音質面のすごさを教えてくれる良いヘッドホンだと思いました。

- SONY MDR-1000XとBOSE QC35を聴き比べてみた。ノイズキャンセリング、音質、デザイン、携帯性、操作性を比較。 | Gadgere! -ガジェレ!-

消える帯域は主にエアコンの起動音や冷蔵庫のノイズなど、日常生活で鳴っている大きいな音です。

快適な遮音性に加えてQuietComfort 25ではワイヤードだったものがBluetoothを使ったワイヤレス化。

QuietComfort 25ではノイズキャンセルをつかうときに単4電池が必要だったものが、 マイクロUSBケーブルを使った充電式にかわったためヘッドホンの重さが軽量化されています。

この辺りの音域がノイズキャンセル対象になっているようでちょっと高い音、マウスのクリック音やパソコンのキーボードを叩く音などは聞こえます。

- BOSE QuietComfort 35 wireless headphones ヘッドホンレビュー | Guitar-Type

ノイズキャンセリングは従来モデル同様、周囲の騒音をマイクで集め、それとは逆位相の信号を発することで騒音を消去するアクティブノイズキャンセリングに加え、ハウジングの密閉性を高めることで周囲の騒音を軽減するパッシブノイズキャンセリングも採用。

ノイズに対して逆位相の信号を生成、信号を重ね合わせることによって能動的にノイズを減衰させるアクティブノイズキャンセル方式を採用。

一番その効果を実感したのが、地下鉄のホームで何気なく電源をOFFにした瞬間、地下鉄の走行音で耳がつんざかれるように感じた時だ。

つまりそれほどまでに周囲の音が減衰されていたということで、前々からボーズのノイズキャンセリングの優秀さは心得ていたはずだが、あらためてその性能の高さに驚かされた。

- ボーズ「QuietComfort 35」に死角なし - 待望のワイヤレス+ノイズキャンセルモデルを聴く (1) 待望のBluetoothモデル | マイナビニュース

新幹線や飛行機での移動の時も無理やり音楽の音量を上げて外の音を遮る方法をしていたけどやっぱり耳を痛める原因になりかねません。

だけど通常のBluetooth接続に関しても、最初にペアリングをすることができれば記憶しておいてくれるので次回電源を入れたらすぐにその端末に繋がってくれるので問題なし。

ヘッドホン単体を手に取って頭に装着し、電源を入れればすぐにデバイスと繋がって音楽を楽しめる快適さは鳥肌ものです。

それでもヘッドホンを装着した時点で密閉性があるので音が少なくなるし、音楽をかけてしまうともう外の雑音は全く聞こえなくなります。

- 喧騒の中で静寂に。ノイズキャンセリングヘッドホン「BOSE QuietComfort 35 wireless headphones」レビュー。 | 石田太志オフィシャルサイト|世界一のプロフットバッグプレイヤー