イヤホン・ヘッドホン

Bose

QuietControl 30

レビュー

ここでAppStoreをタップすると、iPhone上でQuietControl本体を操作する為のアプリをインストールする事ができます。

多分、私のアホな耳では、これ以上のイヤホン・ヘッドフォンを購入しても音質の違いは分らないはず。

つまり、「1台目で音楽を再生し、別のデバイスで音楽を再生したら、シームレスに音楽の切り替えが行う事のできる台数」か、「毎回Bluetoothの設定上切断・再接続が不要な同時接続台数」か。

音楽を流さなくても静音状態にすることができるので、普通に勉強を頑張ってる人にも最適です。

- Bose QuietControl 30レビュー!怖いくらいの静音性・・・

他のボーズのワイヤレス製品同様、QC30は専用アプリ「Bose Connect」から操作することができます。

2時間程度の連続視聴を行った場合でも、接続が途切れることは今のところありません。

今のところ、普段はBose Connectで現在のNCレベルを視覚的に確認しながら操作、満員電車などスマホ操作が難しい場面ではリモコンのボタンで調節するようにしています。

通話用に風切り音や周囲の雑音を低減するデュアルマイクを搭載することにより、双方の音声をより自然にはっきりと聞き取れるような工夫が施されています。

- 全てが最高。BOSE QuietControl30、クラストップレベルの音質と圧巻のノイズキャンセリング  - ZooLOG -ゾーログ-

僕は、iPhone 6 を使っているのですが、有線の Bose QC20 と音質を比較した場合には、QC20の方が音質はクリアでぐっと来る音が鳴ります。

インターフェースがBluetoothになった事による音質の劣化なのか、味付けの違いなのかまではわかりませんが、ケーブルあり(QC20)・なし(QC30)とを比較した場合には、少し違いを感じます。

このようなユースケースにおいて、ボーズのヘッドホンであれば iPhone 6 と iPad Pro 両方を接続しておくことができるので、ヘッドホン側は切り替え操作不要で iPhone 6 での音楽再生からiPad Pro での動画再生の音声へと変更ができます。

これがイヤホンだと中途半端に聞こえてくるので、「音が小さな・・」と思って、どんどん音量を上げてしまう場合もあります(汗)。

- Bose QC30 vs QC20。最新のQCx0は最上のQCx0か? | モノ好き。ブログ

デスクトップPCのファンの音(大型のファンをとてもゆっくり回しているのでかなり静かなはず)や、窓の外を走る車のノイズ、バスルームで回っている24時間換気の換気扇の音など、普段は気にならないベースノイズがすっきり消えてびっくりします。

そして、このように軽快な装着感と操作性を保ったまま音源とワイヤレスで接続できるので、ケーブルに煩わされないのが非常に快適です。

そういえば、有線タイプの多くのイヤフォンのように、お店のレジなどでユニットを耳から外したときにケーブルが足元まで垂れ下がるということがないのがとても快適でした。

自宅でも外出先でも静かに快適に音楽を聞きたくて、でもオーバーヘッド型はちょっと大仰すぎて困るという場合、QuietControl 30はとても良いチョイスだと思います。

- 【レビュー】BOSE QuietControl 30はコンパクトだけど強力なノイズキャンセル効果 | kiritsume.com

滑りにくい素材にしたり、クリップをつけたりと、今後、製品自体に工夫が必要かもしれません。

アナウンスを聞きたいときにノイズキャンセリングを弱める、というシチュエーションはありましたが、その場合、イヤホンは外しちゃいますしね… 基本的にはずっとMAXで使用をしていました。

Bose好きでノイズキャンセリングイヤホン(ヘッドフォン)の購入検討をした場合、悩むのはQC30とQC35、どちらを購入すべきかということでしょう。

そもそもBluetooth接続時で約20時間、ケーブル接続時で約40時間の連続使用が可能なので、なかなかバッテリーが切れることはありません。

- 【レビュー】もう手放せない…!けど不満もあり!ノイズキャンセリングイヤホン『BOSE QuietControl 30 wireless headphones』を60日間使ってみた! | TAKA@P.P.R.S MAIN!!!!

同じノイズキャンセリング機能があるヘッドフォンということあり、『BOSE QuietControl 30』にも興味津々。

当然ながら音質は良好、Bluetooth接続であることはまったく気になりません。

有線接続はできないため、バッテリーが切れると使えなくなってしまうのが残念ではありますが、そこは割り切れば問題なし。

飛行機搭乗時に真価を発揮するノイズキャンセリングヘッドフォンですが、一部航空会社&機体では飛行中に使用できないケースもあるので、事前に確認するようにしましょう。

- 【レビュー】ノイズキャンセリングレベルも自由自在!ノイズキャンセリングイヤホン『BOSE QuietControl 30 wireless headphones』を試してみた! | TAKA@P.P.R.S MAIN!!!!

僕は音が聞こえてくるとすぐに疲れてしまい集中力が落ちるタイプなので、去年からノイズキャンセル機能付きのBluetoothヘッドフォン or イヤホンをいろいろと探していたんですよね。

これまでいろんなタイプのノイズキャンセル機器を試聴し、最終的にBOSE QuietControl 30に絞ることができました。

このイヤホンに限ったことではないんですけど、BOSEの音響ものは基本的に低音寄りの設計になってます。

無線式はコードが何かに引っかかってノイズが発生してテンションガタ落ちみたいなことがないので、やはりこのメリットはでかかったです。

- 【レビュー】BOSE QuietControl 30のノイキャンで無音の世界を体験したので詳細レポ | メンヒラ

なんと12段階にノイズカットの強さを選ぶことができ、外部の音の遮断具合をいつでも設定変更できるのです。

可変ノイズキャンセリングで中間ぐらいのキャンセリング量にする事で、外部の音も拾いつつ安全に音楽を楽しむ事ができるのは素晴らしいの一言。

と言っても音の遅延が全くないかというとそんな事はなく、音ゲーをプレイすると若干の違和感は感じるんですよね。

ただ、ワイヤレスである事、強力なノイズキャンセリングを搭載している事、高品質な音の鳴りと、性能面を見ればどれを取っても高級イヤホンにふさわしい、値段に相応しい感動を提供するイヤホンになっています。

- 【レビュー】BOSE 「QuietControl 30(QC30)」開封!ワイヤレスイヤホンを革新する圧倒的品質の高級イヤホン!! | KOTOBAKO - コトバコ

通常のノイズキャンセリングイヤホンの場合、ずーっと同じ音が継続しているようなノイズならカットできましたが、喋り声は聞こえてきましたよね。

専用アプリ、あるいは本体のボタンを使えば、ノイズカット量を自分でコントロールすることが出来ます。

こちらが「Bose QuietControl 30 Wireless Headphones」のパッケージです(レビュー用にお借りしているものなので実際の製品とは違いがあるかもしれません)。

アプリが「BOSE QuietControl 30 Wireless Headphones」を認識すると、画像が表示されペアリングするように促されます。

- 静かさに驚愕!BOSE QuietControl 30 Wireless Headphones使用レビュー - おとなのらいふはっく

そうなると1日中付けっぱなしというワケにはいかず、どこかのタイミングで外したり、充電したりする事が必要になります。

これは正確に検証をした事がないので分かりませんが、今までのBluetoothイヤホンよりは確実に長く持ちますし、1日の外出の中で使う分には、僕の場合は十分でした。

BOSE製品の接続が認識されると、上の様に電池残量が表示されます。

QC30を耳にはめているときはいいのですが、そうでない時は要注意!場合によってはイヤホン部分がリュックに「持って行かれる」可能性があります。

- 【追記あり】BOSE QC30(QuietControl 30)のレビュー!長時間の付け心地、サイズ感、充電しながら使えるか、などについて。

ケースの中には内ポケットがあるのでここに充電ケーブルやWalkmanを入れることを想定しているのでしょうか。

購入前から気にしていたのですが、人間工学に基づいた設計ということもあり全然存在感がありません。

注意事項としては本体の電源をオフにすると耳栓状態になり周囲の音が聞き取れなくなります。

1日フルで使ってみましたが、バッテリー、首輪の心配は無くなりました!それよりもどんな場所でも静寂な環境で音楽を聴けるというのは素晴らしい。

- BOSE Quiet Control 30 レビュー!ノイキャンすごい!【初日編】 - にとぴく

リモコンのボタンやBose Connectアプリにより、ノイズをキャンセルする状態から、周囲の音も聞こえる状態まで自由に設定することが可能です。

QuietControl 30 headphonesは非常に高度な電気回路を用いてこうしたノイズフロアを最小限に抑え、ほとんど認識できないようにしています。

お客様にお勧めしたいのは、お客様ご自身でさまざまな環境において、オーディオソースを接続した場合としない場合の両方でヘッドホンを試していただくことです。

(バッテリーが切れてしまった場合、15分間の急速充電を行うことで約1時間の音楽再生が可能になります)。

- QuietControl 30 wireless headphones | ボーズ

普段から、音楽に集中する為についつい音量を上げてしまいがちになりますが、多少うるさい環境でも音量1で問題なく聴けるので、これなら耳にも優しいですね。

とりあえず、どれだけ音量をあげれば周りの音が聞こえなくなるかを試してみた所、音量を3まで上げると店内の音が一切しなくなりました。

音量を上げ過ぎると耳に負担が掛かりますし、ドラマなどを見ても何喋ってる聞き取れない事も多くて諦めていたのですが、QuietControl30なら遊戯しながらでも問題なく視聴できます。

最近のスマホは大きくなってきているので、ポケットの中に入れっぱなしだと収まりが悪く、台の上や台の横に置く人も多いですよね?そんな時、イヤホンコードが邪魔になるのですが、QuietControl30だとその煩わしさがないので、良かったですね。

- ノイズキャンセリング + ワイヤレス BoseのQuietControl30をレビュー - セレクトイヤホン

耳に着けた状態で「上」を押すと、より、ノイズキャンセルが効き、「下」を押すと、周りの音が聞こえる「通常イヤホン状態」になる。

BOSE Connectというアプリを使うと、アプリ上で細かく色々と設定することができる。

コレは、非常にコンパクトで、しかもワイヤレス。

Apple Watch Series 3、セルラーモデルでLTE通信をするには「iPhoneと同じ通信事業者を利用する必要がある」と公式サイトに注意書きが。

- 【レビュー】BOSE QuietControl 30、比類なきノイズキャンセリング技術とワイヤレスが融合した至高のイヤホン | 部長ナビのページ

ノイズキャンセリング機能を搭載していることが「Bose QuietControl 30」の強みではあるが、付けているだけでも十分音をシャットアウトしてくれる。

また、コードがネックバンドの先端から出る構造ではないため、他社製品と比較して付け心地が良いと説明された。

「QuietControl 30」の魅力はアプリによるノイズキャンセリングの調整が可能であること。

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンが欲しいという人にとって「QuietControl 30」はとても魅力的な選択肢に違いない。

- 【レビュー】「Bose QuietControl 30」はノイズキャンセリングが調整可能、ネックバンドは意外と気にならない | gori.me(ゴリミー)

QC35を購入してからヘッドホンに対する考え方が大きく変わり、 ノイズキャンセリング機能(外の音を遮断する力)が如何に大切かを学んだのですが、 「QuietControl 30」と言うBoseから新発売されたヘッドホンは、 なんとそのノイズのキャンセリングレベルを自分で調整できてしまう優れもの。

Quietcontrol30のノイズコントロールはアプリで行います。

ノイズコントロール画面です。

ペンタブ初心者に教えたい!おすすめの液タブと選び方の6つのポイント。

- NCを自在にコントロール!?ボーズの「QuietControl 30」を徹底レビュー!

音を流している端末に別接続の端末の音を再生すると 先に流してる音声端末が優先される仕組みたい。

個人的に一番のポイントだったNexus5と接続した時の動画遅延だけど プライムビデオの再生では全く気にならなかった。

Bluetoothの場合仕方ないのかな? サウンドリンクのアラウンドイヤーも持ってるけど 同じ現象起きた事ない。

20の方が派手にNC効いた感じがするけど 実用上は低音寄りNCの方が良いとの現時点での解答ってことで。

- ヲチモノ- 【イヤホン】Bose 『QuietControl 30』 レビューチェック

これにはノイズを低減しつつ人や声のアナウンスなどを取り込む「ボイスモード」、自然に周囲の音を取り込む「ノーマルモード」の2つがある。

ボーズのNCでは初のイヤフォン型ということで話題になったが、個人的には電池部分のサイズが気になり、購入には至らなかった。

同時に2つの音源を鳴らす意味はあまりないが、スマホで音楽を聴きながら仕事していて、PCの動画の音を確認したい時などに、いちいちイヤフォンを外さなくても済むのは便利である。

こうして分析すると簡単な結論のように見えるが、MDR-1000XのタッチコントロールとaptX対応も捨てがたいし、長時間利用を考えるとQuietComfort 35のフィット感の良さも捨てがたい魅力がある。

- 【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】出張で使うワイヤレスNCヘッドフォン3機種でガチ悩み、コデラが選んだのは……-AV Watch

さて、このBOSEのQuiteControl30(通称QC30)は名前からして、静寂を操作できることが売りのようです。

BluetoothでQC30とスマホを接続すると、このような画面が現れます。

左側の波波がおおきほうにセットすると、ノイズキャンセルの効果が少なくなり、外部の音が聞こえるようになります。

右側の波形が小さい方にセットすると、今度はノイズキャンセル効果が強まり、外部の音が聞こえなくなります。

- BOSEのワイヤレスイヤホン【QuietControl 30】レビュー|外部の音を自在に操る魔法のようなイヤホン | 携帯乞食でブラックリスト!iPhone・スマホ・格安SIMの最新情報を発するブログ

これは、Boseの他のコントローラブル・ノイズキャンセレーションヘッドホン(QuietComfort 35など)とは異なり、周囲のノイズを完全に遮断するのか、そうでないのかをあなたが完璧にコントロールできるのです。

QuietControl30の場合、コントローラブル・ノイズキャンセレーションおよびワイヤレスであるという利点を考えると、形状は少なくとも許容範囲内でしょう。

QuietComfort 35とは違ってQuietControl 30は他のコントローラブル・ノイズキャンセレーションヘッドフォンと同じく、わずかな耳内圧力がありますが、一度音楽が始まれば忘れてしまう程度のものです。

通常のBoseボリューム最適化EQはバックグラウンドで行われ、音量に関係なくオーディオのパフォーマンスを調整するように設計されています。

- イヤホン Bose QuietControl 30(ボーズクワイエットコントロール30)レビュー

  ノイズキャンセルは効き具合をスマホアプリまたは本体で調節できる優れもの(たぶん1番のウリ)でして乗り物など騒音の大きい場所では強め、街を歩いているときは弱めなど、その時々で調節できるのは思いの外便利です。

公称はフル充電で約10時間再生可能とのこと。

 Bluetoothヘッドホン(イヤホン)は、iPhone7シリーズからイヤホンジャックがなくなったこともあり注目度が高く、各社がこぞって新製品を発売しています。

今回紹介したQC30は一般に高価な部類に入るイヤホンなので(それに見合う満足は得られたのでレビューを書いてますが)、敷居が高く感じるかもしれません。

- 【レビュー】Bose QuietControl 30 ワイヤレスヘッドホンを買ってみた - ときどき写真の話をしよう

とはいえ、通勤時に眉間に皺を寄せて聴き込んでいるわけでもないし、DAPというものじたいがそれほど高音質を期待するものでもないのでカジュアルに楽しむオーディオとして、あくまでも気軽に、でもそこそこの音質は欲しいというスタンスでiPod Touch 6GとBOSE QuietComfort 20(QC20)を常用している。

右側のケーブルにあるリモコンは、QC20同様に再生と一時停止、音量の操作ができ、それに加えてノイズ・キャンセリングのレベル調整を行うことができる。

電源オン時に残量をアナウンスしてくれることも含め、QC20のようにLED状態を意識して見なければバッテリー状況がわからない、点滅を始めるまで残量がわからないという不便さを改善している。

QC20のAwareモードのように一発でキャンセリングなし(というかマイクで周囲の音を拾う状態)にできないので12段階もあるとリモコンの小さなボタンを連打するかアプリを開いて操作しなくてはならない。

- QC20ユーザーによるBOSE QuietControl 30レビュー - Enjoy Life, Enjoy Hobby

外部からのノイズを強烈に消し去ることができる「アクティブノイズキャンセリング」機能を搭載し、ガーガーうるさい場所でも静かに音に集中できます。

こちらも、音質やバッテリー持続時間の点では有線タイプの方が優位ですが、ケーブルのない生活と陰毛のない女性は一度知ってしまうとなかなか戻れません。

Bose QuietControl 30は「首輪」のような部分にバッテリーやコントローラーを搭載している独特なデザインをしています。

最弱にした場合、「これ外部ノイズをマイクで拡大してるだろ」というような音になります。

- 驚異のノイズキャンセルパワー! Bose QuietControl 30【レビュー】 | マガリスギ.net

電車やバスの中などで使用する時も、コードが絡まるということも無いですし、ワイヤレスなので端子から抜けて音が周囲に漏れるという事もありません。

ノイズキャンセリングを調節することで、騒音をかき消したり、人の声は拾えるようにしたりなど、工夫次第でさらに便利に使用することが出来ます。

BOSE製品に共通して言える事なんですけど、操作がとても簡単なので、すぐに使いこなすことが出来ます。

接続したら後はスマホのアプリを起動した画面で円をなぞるように、するだけでノイズキャンセリングの強弱を調整することが出来ます。

- QuietControl 30 wireless headphonesレビュー[感想・評価]ノイズキャンセルのレベルを自由に設定出来る | ネットゲームのできるPC教えます

ノイズキャンセルしない状態が長かったため、それ以上の時間の再生は期待できなさそうである。

遅延と言っても、音がある時だけ遅くなるというわけではなく、映像のコンマ何秒後に等速で音が再生されるという意味です。

音ゲーはクリアできないことはないけど、音に頼ってリズムに乗って楽しむのは少々難しい。

設定画面からは、QC30のデバイス名変更、製品の接続(ここから手動でも接続先を切り替えられそう)、自動オフタイマー、言語設定、ファームウェアバージョン、シリアル、製造日など、 予想以上に豊富な印象でした。

- Bluetooth活用で快適ライフ

Bluetooth対応のBose® QuietControl™ 30ワイヤレスヘッドフォンなら、あなたのiPhoneやiPad上の音楽をまったく新しい方法で聴くことができます。

“すべてに簡単アクセス” 自動オフタイマー、音量調節、バッテリー残量表示などの主要な機能にすばやくアクセス。

“ヘッドホンを最大限に活用” QuietControl 30 head phonesの可変ノイズキャンセリングでは、ノイズキャンセリングレベルをアプリから調整することによって、周りの音が聞こえる程度をご自身で決められます。

“他にもできることがいっぱい” 製品詳細の表示から設定のカスタマイズまで、お使いのボーズワイヤレス製品を最大限に活用できます。

- Bose® QuietControl™ 30ワイヤレスヘッドフォン - Apple(日本)

ベストセラーとなった有線タイプのノイズキャンセリングイヤホン「QuietComfort 20」(QC20、2013年発売)も大きなインパクトだったが、今回のQC30にはBluetoothワイヤレス再生機能、消音効果をユーザーが自在に調節できる「可変ノイズキャンセリング」機能を新しく搭載。

逆位相の音を当てて打ち消すアクティブ・ノイズキャンセリング技術においては、ハウジングの内外側に合計6つのマイクを乗せて、高い精度でノイズ成分を解析。

魚のヒレのようなサポーターを一体化したオリジナルのシリコンイヤーピース「StayHear+QC」により、パッシブな遮音性能も高めた。

このQC30で初めて、ノイズの消音レベルをユーザーが調節できる「可変ノイズキャンセリング機能」を搭載した。

- ボーズ「QC30」超速レビュー - ノイズキャンセリングを"調節"できるBluetoothイヤホン (1) 期待値高めなボーズの新作 | マイナビニュース

QC30はワイヤレス接続のため、テンプロと比べると解像度も音場もかなり悪かったです。

地下鉄乗車時などの強いノイズ状況下でもある程度のノイズなら(筆者の体感では全ノイズの40〜50%ほど)打ち消してくれるため、音楽に集中したいがあまり音量を上げすぎて耳を痛めてしまう可能性を減らすことができます。

その強力なノイズキャンセル機能から、やはり1番使えるシーンは交通機関等での移動中で、前述の飛行機や電車の走行音を軽減してくれ、耳からの情報過多による疲労とストレスを抑えることができます。

しかし、デザイン性、軽量性、バッテリーの持ち、そしてなによりも1番の魅力である強力なノイズキャンセル機能を備えているため、『とにかく外部の音を少しでもシャットダウンしたい』という方には、ぜひ一度手にとって聴いて欲しいイヤホンです。

- イヤホン【QuietControl 30 BOSE(ボーズ) 】レビュー | 1つのレビュー記事 2つのレビュー