イヤホン・ヘッドホン

パイオニア

SE-M531

レビュー

Amazonで買ったのでおなじみのAmazonボックスを開けてみると、実際の商品の箱の大きさに比べAmazonの箱がでかい…、って印象でした、いつものことですけども。

実際に店舗へ行って買う人も多いと思いますが、自分が住んでる地域は田舎で電気屋が少ないのと、あったとしてもそこまで品揃えが良くない、サンプル用に展示している物が少ない、Amazonなどのネットショップと比べるとかなり高いなど、色々な要因があり基本的に通販購入が多いです。

ゲームソフトだとかなら物は変わらないので値段が安いか、店舗特典はあるか、など単純に決めやすいのですが、ヘッドホンともなると種類も多く予算も考えると選択肢が多く選ぶのが大変です。

Bluetooth機能がついてるヘッドホンも最近多く見るのですが、自分はニコ生などでゲーム配信をするのですが、以前Bluetooth対応マイク付イヤホンを使った事があり、その際Bluetoothを使うとPC内の音を拾えなかったりゲームの音しか拾えなかったりマイクの音が拾えなかったりPC上の設定がすこぶるめんどくさくなり対応しなかったりするので、という理由と使い慣れているという理由で有線接続に拘りました。

- 【商品レビュー】オーディオテクニカ ATH-M20xの使用感など・コスパの良いヘッドホン - - ゲマゲマ -

たくさんヘッドホン持ってたり、音事情に詳しいわけでもないので素人感想ですが、安価のヘッドホン購入を検討している人にちょっとでも参考になればと思います。

■購入にあたって重視した点 ・つけ心地と疲労の少ない音がでるもの(出るだろうと思われるもの) ・二千円以下で安くすむもの ・レビューなどで評判が良ければイヤホンでもよしとする(カート入りで候補だったPioneerのイヤホン、SE-CE521-Kがプレミア化していた。

■音による疲労 ベロア調のイヤーパッドによる半密閉型であることとPOWERFUL BASSダクトのおかげで疲れる原因の音がほどよく逃げているおかげなのか、今まで使ってたヘッドホンやイヤホンより疲れなかった。

疲れることなく、かといって音は悪くない、というかこのくらいがちょうど良い! 音よくするために迫力持たせたり、情報量多くてもこれ以上は疲れるのでとても聴きやすいです。

- Pioneerのコスパよさげな安価ヘッドホンSE-M531を買った | マトメル

便利なコントロールBOXも付いているので、手元で音量や言語の調節が可能です。

また「薄型折りたたみ機構」によりコンパクトに折りたため、バッグにスッキリと収納することができます。

こちらのヘッドホンは、強磁力希土類マグネットによる豊かな低域と、CCAWボイスコイルによるクリアな広帯域再生の実現により、臨場感豊かな音を楽しめるのが魅力です。

値段、デザイン、機能など、ヘッドホンを選ぶときにも様々な基準がありますので、ぜひこちらの記事を参考にして自分にぴったりのものを選んでくださいね。

- 旅行におすすめ!pioneerのヘッドホン10選 | TABIPPO.NET [タビッポ]

ただこの密閉型のヘッドホン、僕の中でかっこいいヘッドホンとして魅力的である一方でちょっと高いんですよね。

そこで今回はもう少し手が出しやすく、まずはじめに試してみようかレベルの密閉型ヘッドホンをピックアップしてみたいと思います。

PC、スマホ、タブレット対応で、イヤホンマイクもついているので利便性的に見てもおすすめのヘッドホン。

本記事では5,000円以下で購入できるかっこいいヘッドホンをピックアップしましたが、下記の記事では価格帯を限定せずにかっこいいヘッドホンをピックアップしています。

- 【 5,000円以下 】安い!そしてかっこいいヘッドホンおすすめ20選! | MIYALOG