ウェアラブルカメラ

Sony

HDR-AS300

レビュー

リモコンと本体の電源がオンになると、Wi-Fi接続もオンになりカメラ側の各種操作や映像のモニターを行うことが出来ます。

ただし、複数台のカメラを接続した場合は各カメラの電源オン・オフ、映像のモニターは出来ますが、カメラの設定変更は出来なくなってしまいます。

また、スマートホンでの接続時にインターネット共有を使用したマルチカメラコントロールを使えば、5台までのカメラのモニターだけではなくカメラの設定変更などもスマートホンから行えるようです。

その他、SD取り出し口、電池、外部端子、それぞれが別のところについているので、カメラを三脚などにつけた場合必ずどれかが塞がってしまう。

- SONY HDR-AS300レビュー | snow renkon

元々同社のハンディカムに搭載されていた機能で、カメラとレンズが独立して動くことで物理的に手ぶれ補正をしてくれます。

本体にGPSが内蔵されていて、撮影時の位置情報を取り込むことで実現しているのですが、これもアクションカムにはピッタリの機能。

トレランする時の速度なんて微々たるものですが、ロードバイクや車のダッシュボードに固定して使う場合には面白いでしょうね。

本体はIPX4相当の防滴ボディなので水しぶきがかかるぐらいでは問題ないのですが、付属のハウジングを使えば水深60mまでの水中撮影をすることができます。

- SONY HDR-AS300レビュー<その1> 空間光学ブレ補正はマラソン&トレランの撮影に最適です! | Because it's there

とはいえ4K映像の撮影できるX3000から大幅に劣るかというと決してそういうわけではなく、普通に使う分には十分すぎるほどのスペックの製品です。

最近は4K撮影のできるカメラも多く発売しており、折角購入するなら是非4Kカメラを、と思われるかもしれませんが本当に4K映像が必要な人は決して多くないはずです。

前モデルのAS200ではブレ補正機能は搭載していたものの、「電子式ブレ補正」という若干性能の劣るものでした。

従来のハンディカムには、高精度なカラー液晶が搭載されており、カメラで撮影中の映像が液晶で常時チェックできるようになっていました。

- ソニー最新アクションカムHDR-AS300と、前AS200Vとの違い | RentioPress

今までのアクションカムにも、ブレ補正機能は搭載されているが、他社のウェアラブルカメラには、ブレ補正機能がついていないものがほとんど。

最後にAS300の自転車での試し撮り! きっと今までの機種を使ってきた人は光学手ぶれ補正の威力に感動できるのではないでしょうか。

特に自転車車載の場合は細かい振動や、登りの時のハンドルのぶれがダイレクトにカメラに伝わっていたのにAS300は全く感じさせないのがすごいですね。

AS300の振動補正がホントに凄い!映像も綺麗すぎる、、、 あと初めてヘルメットにマウントしたけど100g増えただけで首凝りが酷い。

- 空間光学手ブレ補正ソニー アクションカム HDR-AS300 評価・レビューまとめ - NAVER まとめ

フルHDモードでも、mp4モードでも、僕のPCのヘッポコモニターでは動画の品質に差を感じませんでしたなぁ。

あと、これはワタクシ非常に評価したいところですが、HDR-AS300が(動画も静止画も)直線を直線として捉えようとしている点に感心しました。

2つの製品は、他社にはない絶対的なメリットと、苦渋のデメリットが混在しておりますなぁ。

α7の絶対的なメリットはフルサイズをあのサイズ&価格で実現し、汎用性のあるマウントで多種多様なレンズをフルサイズで楽しめること。

- 尖った製品は面白い! Sony HDR-AS300を1週間使ったからインプレするよ - boriko's bunkum|ロードバイク ブログ

動画が身近になっているので、将来生まれた子供に写真のアルバムを見せた時に「動画じゃないんだ」と言われる可能性があるんじゃないか思い心配になることもあります。

アクションカメラは小型で荷物にならないので手軽に動画を撮るには最適です。

ソニーのすごい技術 空間光学式手ブレ補正がこのカメラに搭載されています。

そして4Kで残す必要のある動画はアクションカムで取らずにきちんとしたビデオカメラで撮る方がいいと思ったので、僕は4K機能は必要ないと思い安いHDR-AS300にしました。

- 初めてのアクションカメラ購入 HDR-AS300 - IMAGINATION

同社のハンディカムにも搭載されている「空間光学手ブレ補正」の技術をアクションカム用に新規開発して搭載したということです。

同一シーンで「手ブレ補正OFF」「手ブレ補正ON」「手ブレ補正ON(アクティブモード)」を撮影したのが上記の動画です。

アクティブモードはもう少し激しい撮影シーンで活きてくるものかと思いますが、光学式の手ブレ補正ということで不自然さはなく、「手ブレ補正ON」を基本に使うことになるのではないでしょうか。

すべて4K撮影で行こうと思えば記録メディアやコンピュータのリソースを潤沢に揃えておくべきですし、一日の撮影時間を伸ばそうと思えば解像度は少し抑えたものになるはず。

- SONY(ソニー) FDR-X3000 / HDR-AS300 実写レビュー | フォトヨドバシ

それなのになぜHDR-AS300を購入したのかというと、やはり空間光学ブレ補正は非常に魅力的な機能です。

発売前のサンプル映像が少なすぎて(公式の1種類のみ)非常に不安でしたが、もともと購入を悩んでいたHDR-AS50と比べて圧倒的に良くなっているということなので決断しました。

自分は4K動画を編集できるようなハイスペックなPCもなければ4Kを再生できるモニターも所有していません。

カメラのキタムラで在庫ありという表示が出ました。

- SONY HDR-AS300を購入した動機 | ACALIN

アクションカメラも一般のカメラと同じく4K化が進んできているが、現時点での4Kカメラの弱点は、電子手ブレ補正が使えないところである。

光学手ブレ補正なら解像度は関係ないが、HDのカメラでは光学と電子手ブレ補正を同時に動かして高い補正力を得るという方法論が一般化したため、どうしても4Kは手ブレに弱い事になってしまう。

設定から音量を小さくしたり、無音にする事も可能だが、筆者はそもそもカメラに起動音や操作音がデフォルトで必要か? という疑問を持っており、すべてのカメラのデフォルト値は、無音に設定されているべきだと考えている。

フタ部分以外ではHDモデルと見分けが付かないところは紛らわしいところではあるが、4Kでここまでの補正力があるアクションカメラは他にはない。

- 【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】ソニーにしかできない、空間光学ブレ補正アクションカムがすごい - AV Watch

* FDR-X1000V/HDR-AS200V比 ※ エンジンやモーターの振動が直接カメラに伝わるような設置状況において画像の歪みやピントにボケが生じる場合があります。

高精細に記録できる「ZEISS(R)(ツァイス)テッサーレンズ」、低照度環境下でもノイズの少ない映像を実現する「Exmor R(R) CMOS(エクスモアアールシーモス)センサー」、忠実に質感を再現する画像処理エンジン「BIONZ X(TM)(ビオンズエックス)」など、コンパクトなボディに、ソニー独自のキーデバイスを惜しみなく搭載し、あらゆるシーンを高画質で記録することが可能です。

カメラ本体と同様、アイコン表示のユーザーインターフェースを採用し、カメラの電源ON/OFF、録画スタート/ストップ、画角確認や撮影モードの設定、ファイルの再生(*3)など、離れた場所のカメラを手元でかんたんに操作できます。

RM-LVR3の単品販売は行っておりません *3 音声は再生されません ※ 自動車、オートバイ、自転車などの運転をしながら、ライブビューリモコンの画面を見ることはおやめください。

- HDR-AS300/AS300R | デジタルビデオカメラ アクションカム | ソニー

既存の手振れ補正機能をオンにして振動多めのバイクのハンドルにマウントして撮影すると、なんとも言えないぐにゃーっとしたうねりのある不快な映像になるのですが、これが改善されるならとてもうれしいです。

4K撮影に対応した従来機種「FDR-X1000V」は手振れ補正時は画角が120度に固定されてしまう仕様でしたが、FDR-X3000では画角の選択も可能とのことで、これもうれしい改善です。

(いずれもWi-FiリモコンOFFの場合) バッテリーの型番は同じNP-BX1なので同等以上の撮影時間を期待したいですが、ブレ補正で光学系を動かすのに電力を使うはずなので、従来機種よりも短くなる可能性もあると思います。

交換式のバッテリー、外部マイク入力端子、本体のみでの防水機能など、ライバル機種でも単体では対応している機能を、全部まとめて1機種に詰め込んでくれたことで、多くの場面で使いやすい潰しのきく機種になっていることが予想されます。

- 【名機の予感】ソニーの空間光学ブレ補正対応アクションカメラ「FDR-X3000」「HDR-AS300」がほしい | kiritsume.com

普通のビデオカメラと違うのは、小型化されていることと、防滴・防水や耐衝撃といったタフネス仕様になっていること、広角レンズを採用することなどだが、もう1つ、手ブレ補正が弱いというのもある。

本体が小さいので光学手ブレ補正を入れる余裕はないし、そもそもスポーツなどの激しい動きの中で撮るので、中途半端な補正でどうにかなるようなブレではない。

その最大の特徴は、コンパクトなボディーに光学手ブレ補正機構を入れ込んだこと、そして、その光学手ブレ補正がソニー独自の「空間光学手ブレ補正」であることだ。

空間光学手ブレ補正は、同社の「ハンディカム」上位機種に搭載されている機構で、レンズ群と撮像素子を1ユニット化することで、強力に手ブレを補正する技術だ。

- ASCII.jp:まるでドローンで撮るようなブレない映像! ソニー「アクションカム HDR-AS300」|ASCII 夏のベストセレクション2016

HDR-MV1で撮影した画像をメインに利用し、ほかの動画を組み合わせて編集するんだけど、今編集で使っている iMovie ではこの 1920×1080 以上での保存が出来ない。

これを持っていない場合スマホで操作するんだけど、スマホで操作した方がよっぽど早い。

オートバイやロードバイク等に装着して撮影する時に、小石がレンズに当たらないようにガードするのでしょうか?そういった場合は必要かもです。

仕方ないので、アクションしながら撮影出来るマウントや、4K 編集しても大丈夫そうなPC、FDR-X3000 に付ける高性能マイク等の物色を始め、4K ライフを楽しむように努力してみようと思います。

- SONY FDR-X3000R 買わなくても良かった?オプション

電子手ぶれ補正より遙かにブレ補正が効いていて、かつ電子補正でがっかりしたような細部の解像度ディテイルの低下もありません。

うちのパソコンは4K再生する能力無いし、ディスプレイもフルHDです。

木が写っているシーンとか、ブレの抑制程度の改善は大きくないかも知れないけど、電子手ぶれ補正はめちゃくちゃ解像度が落ちているよ。

●糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒、08年新築のステンレス&レンガ外壁で通常の1.5倍費用をかけた「丈夫な家」(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1163access ●2016年の物欲その42:SDカードやUSBメモリをWifi経由でアクセス可能にする「エレコムWRH-300CR」(商品購入レビュー)1040access ●SKypeの仕様変更で使用出来なくなった「ロジクールCTV1000」を2750円の小型ルーターを追加して他の機器に影響を与えず復活させる方法(SNS・ソーシャルネットサービス)1000access ●まじでやめよう耳掃除。

- 2016年の物欲その27:空間手ぶれ補正搭載のソニー新アクションカメラHDR-AS300、完全にGoProの時代は終わったな /usePocket.com

GoPro比較レビュー ・外観デザインが変更され、ハウジングを使わずに10m防水(平面レンズが標準になった) ・カラー2型タッチパネルでプレビュー、動画の再生、トリミングまで可能(一部切り出すことでスマホ転送時間が短くなる?) ・音声で録画開始停止などが可能(頭部につけた状態で1日撮影など頻繁に録画開始と停止するには便利)。

雨の日でもケースなしで使えるがバイクなどスピードだしてる状態ではどうなんでしょ?  AS50同梱の防水ケースとほぼ同じで、レンズ口径の違いを吸収するアダプタがある、なしだけ。

・レンズが新設計で画面端の歪がすくない ・4Kタイムラプス動画 ・水中撮影に適した防水ケースが同梱されている AS200の方が良い点 ・サイズと重量  レンズ部分が大きくなったタイミングで細かくサイズが変更されました。

<Mr TKO:HDR-AS300 1080p 60fps ドライバー目線> (補足)アクションカムサポート:「Q:画面上にスピードメーターや軌跡を表示したムービーを作成したい」、「Q:GPSの受信ができません」 スポーツに限らず、こういった普段見ることのできない映像見る、体感できるのも楽しいですよね あとよかった点は ・4KのX3000に関しては小さくAS200とほぼ同じサイズになり、ヘッドマウントでも違和感なく使えるサイズになった。

- 新設計レンズ、空間光学ブレ補正搭載と普通サイズになった4Kアクションカム - HDR-AS300/FDR-X3000 : YAAAM