ウェアラブルカメラ

GoPro

HERO5

レビュー

さて、実物を手にする前は、YouTubeなどにアップされている外観の比較動画などを見て、「前のゴープロより一回り大きくなって、少しやぼったいような気がする」という印象を持っていました。

バッテリーの大きさはHERO3+のもの(↓写真左側)と比べて大きさはほぼ同じですが、HERO5のもの(↓写真右側)の方が少しスリムになっています。

これは僕の指がカサカサだからかもしれませんが、項目一覧が出てきてそれをタップする形だったり、ボタンを押してテキパキと操作出来る仕組みを残してくれた方が使いやすいのではと思いました。

実はこの時、比較のためにFDR-X3000でも撮影していたのですが、ブレ補正をActiveにすると安定しすぎしまって、迫力に欠ける映像になってしまったように感じます。

- GoPro HERO5 Black 届いたのでレビュー!ついでにHERO3+と比べてみた | snow renkon

基本的に「HERO5 Black」はタッチ操作を前提にしたメニュー構成となっており、従来モデルのように何度もボタンを押してメニューを送らなくとも素早くメニューを呼び出せる。

従来モデルのようにハウジングのバックドアの種類を気にすることなく、「HERO5 Black」はタッチ操作できる(水中や濡れた指ではタッチ操作できない)。

ハウジングという本体を覆うモノがなくなることにより、録音される音がとてもクリアになる。

ソニーのアクションカムに装備される「空間光学手ブレ補正」に比べると能力的には見劣りするものの、今回試してみたところ最低限の映像のブレは抑えられることが確認できた。

- これまで見送ってきたGoProの最上位機「HERO5 Black」が欲しくなった4つの理由 - 価格.comマガジン

標準でセットされているハウジング(透明プラスチックケース)をセットすることではじめて水中での利用が可能となります。

一般的なカメラは、センサーに映った光(映像データ)に画像処理を施して、良い感じに色味を調整した写真をJPG等で保存しているわけですが、全く加工を施していないデータをRAWデータと言い、後から自分の好きな雰囲気に現像することができるのがRAWの利点です。

さて、GoPro HERO5 Blackがどのような製品なのかご説明したところで、ここからは実際にカメラを触りながらその使用感を見てゆきたいと思います。

ただ撮影するだけならバッテリーとmicroSDカードを入れて電源をONするだけで撮影できるのですが、スマホアプリと無線接続することでリモートでシャッターを切ったり、撮影映像のチェックができるのもGoProの1つの強みです。

- 最新のGoPro HERO5 Black!開封から撮影までを写真付きレビュー | RentioPress

特徴として、一般的なカメラと比べると広角レンズを搭載しており広い範囲を映像に残すことができ、マウントと呼ばれるカメラ用ジョイントを利用することであらゆるシーンでの撮影を可能としたカメラです。

今回のHERO5の登場でブレ補正(ビデオ安定化)機構が搭載されたことで、あらゆるシーンでよりキレイな品質の映像を撮影できるようになりそうです。

さて、今回ご紹介したGoPro HERO5 Sessionはそんなクセの強いアクションカメラの中でも、小型軽量であることに特化したよりピーキーな機種であることは間違いありません。

また従来のHERO Sessionで課題であった撮影画質の問題も改善され、HERO5 Sessionからは4K映像も撮影できることとなりました。

- GoPro HERO5 Sessionを写真付きレビュー!開封から撮影まで | RentioPress

(Hero4のレビュー記事はこちら) このカメラは小さく、どこにでも取り付けることができるので、普通は考えられないようなアングルの映像も撮影することができる。

時々グリップの電源ボタンを押してもHero5 Blackの電源が入らないことがある。

カメラがグリップと一緒に電源Offになるのはいいのだが、カメラのバッテリーが漏れていることがある。

自分はHero5 Blackの新機能である”RAW”オーディオを常に使っており、各マイクの音が別のトラックに独立したWAVファイルで記録される。

- GoPro Kamara Gripレビュー ― Hero 5 Black用ジンバルスタビライザー | cinema5D

サイズが変わったのでハウジングは使い回しできなくなったが、今回はボディのみで10mまでの防水性能を備えるので、互換性は問題にならないだろう。

今回は解像度やフレームレートなど、撮影の組み合わせがかなり多いが、HERO5 Blackでは、設定変更が画面タッチでできるようになった。

撮影画面を長押しすると、四角いターゲットが表示され、露出のポイントを手動で決める事ができる。

通常長時間露光は三脚などで固定しないと映像がぶれてしまうが、本機の場合は手ぶれ補正機能で補正するようで、手持ちでも結構綺麗な写真が撮れる。

- 【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】元祖アクションカムの逆襲!? 「GoPro HERO5」は再び天下を取れるか - AV Watch

バッテリーが内蔵タイプのウェラブルカメラの場合、長時間撮影する時が大変です。

内蔵タイプの場合、機種によって違いますが、最高画質にすると短いもので1時間、長いものでも2時間程度しか連続撮影できません。

4k動画が撮影できる機種で、安いものだったら1万円以下でもありますので、それを考えると高いウェラブルカメラになるでしょう。

1時間程度録画するだけなら、わざわざGoProを買わなくても安い機種はあると思いますが、4k動画を長時間録画したい場合はGo Pro Hero5はとてもおすすめの機種になると思いますよ。

- 【おすすめのウェアラブルカメラ】GoPro HERO5のレビュー 半年間ゴープロを使用した感想

値段が高いと少しかぶる部分がありますが、Go Pro HERO5を買う前に類似した商品を探すと結構な数のアクションカメラがhitします。

これらを踏まえてSONYアクションカメラがおすすめな人は「スタビライザーなしで手ぶれを補正したい」「防水ケースが気にならない」「見た目もGo Proより好き」という人だと言えます。

Q1.「アクションカメラが必要か?」の部分でアクションカメラである利点をお伝えしましたが、以下に該当する方はアクションカメラの中でもGo Pro HERO5をおすすめできます。

ドローンでの撮影はカメラが取り外せないものが主流かと思いますが、Go Pro HERO5専用のドローンの場合は取り外しが可能なのでその点が自分にとってはメリットと捉えています。

- 「Go Pro HERO5を買うべきか悩む人」という人へ。 | Land Escape(ランドエスケープ)

そのため、実際の使用では「本体+ザ・フレーム+マウント」という3点を組み合わせて使うことがほとんどでしょう。

Blackは背面に液晶モニタを装備していますが、レンズを自分に向けて撮る場合でも現在の撮影モードなどがわかるのは便利です。

ただ、タッチパネルの感度が一般的なスマートフォンよりは若干悪く、項目をスクロールさせようとスワイプしたのにタップになってしまう、ということがよくあります。

それだけ声の届く範囲が広いということではありますが、たとえば身体に2台装着していたり、友達もGoProを使っているようなとき、別々にボイスコントロールできないのは不便。

- カメラも音声操作の時代! 進化した「GoPro HERO5」シリーズをじっくり試してみた【前編】 | GetNavi web ゲットナビ

GoPro HERO5は記事執筆時点で最も新しいGoProで、4Kビデオ撮影やボイスコントロール、、タッチディスプレイに、電子式手ぶれ補正にハウジング無しでの防水機能など、使いやすい機能が装備されたアクションカメラ界の雄。

電源の入っていない状態から、シャッターボタンを一押しするだけでカメラの電源がオンになり自動的に撮影が始まる機能なんですが、コレがが非常に使いやすい。

ワンボタンコントロールではじめた録画は、もう一度シャッターボタンを押すことで録画が止まり、自動的に電源が切れてくれるので、ちょこっと撮影が楽で一番のお気に入り機能です。

中々運転中にカメラの操作はしにくいので、電源だけ入れておいて気になるところがあれば、「GoPro ビデオスタート」や「GoPro 写真」などで即撮影が開始できるので、おぉこの機能良いんじゃん!と気が付かされました。

- GoPro HERO 5 blackを1ヶ月使ってみた感想 レビュー

開封レビューの前に超カンタンに今までのGoProと何が変わったのか?ということを書いておきますと、HERO5になってようやく手振れ補正機能がついたようです。

あとは手ぶれ補正以外に大きな変化は本体防水機能と音声コントロールです。

万が一画質や機能が気に入らない場合でも外観がGoProに似ていることで ある便利な使い方 ができますので、4Kでレビューもかなり評価高いこのカメラは 買っても良い と思います。

ただし、特殊撮影の場合はこういった機能は邪魔になることもあるので何でも最新だから良いというわけではなく、自分の撮影環境にあった物を選ぶのが大事ですね。

- GoPro HERO5 BLACK 開封レビュー | ウェアラブルカメラ。ドローン。

さらには、撮った写真や動画もこれで転送できるので、Micro SDカードを抜き差ししてデータを移管することなくスムーズに各種SNSやブログに使うことができます。

今までのGoProだとケースを装着して防水対応していたようですが、最新のGopro hero 5では最初から防水機能つきです。

これは買ってから気づいたのですが、session4 とレンズ部分のサイズは同じようで、session 4用のものでも問題なく使用できるようです。

「Gopro hero 5 session」 ビデオ安定と音声コントロール、そして画質が普通のsessionよりもいいようです。

- 初めてのGoPRO! hero 5 sessionにした理由と感想 | イナタビ

撮って出しの場合はSONYの方が派手に見えるので高画質に感じやすいかもしれないが、それはGoPro HERO5 BLACKの方が低画質という意味ではない。

タッチパネル付きの液晶がついているため画角が確認しやすいことはもちろんのこと、その他細かい操作性もGoPro HERO5 BLACKの方が優れている。

アクションカメラを手持ちで使っていることは非常に少なく、三脚だったりセルフィスティックだったり本体操作ができないシーンが多いだろう。

手持ち、もしくは自撮り棒に装着して歩きながらや停止状態でチルトパンを多用するような撮影であればGoPro HERO5 BLACKよりも遥かに素晴らしい映像が撮影できるだろう。

- SONYアクションカムとGoPro HERO5 BLACK両方使ってわかった選び方 | ACALIN

GoProでは主に動画を撮影するため、最低でも32GB、2日以上の旅行の場合は64GBあると安心です。

64GBですと、4Kの高画質撮影で約3時間の撮影が可能ですので、一般の人にはこれで十分でしょう。

また、こちらのハウジングをつけることで他のマウント(たとえばGoPro 3-way)との接続もできるようになり、さらに撮影の幅が広がります。

GoPro関連では色々なアクセサリが出ていますが、まずはこの3wayさえあれば大抵の状況で撮影には困りません。

- 【GoPro HERO4/HERO5】買ってよかったGoProアクセサリまとめ7選 ー自撮り棒から充電器・バッテリーまでー - Galiei note

一方で、アーリーアダプターということはつまり新しいもの好きですので、今回の目玉である新色『ジェットブラック』や、デュアルカメラを搭載した『7 Plus』を予約したものの、品薄でまだ手に入っていないという方も多いんじゃないでしょうか。

新しいGoPro HERO5 BLACKは本体そのものが防水になり、ケースに入れて使う必要がなくなりました!しかもマイクが3つ搭載され、状況に応じて自動的に切り替えてくれるそう。

Phantomと何より違うのは、Karmaに搭載されているスタビライジングする部分(カメラを固定して映像を滑らかにする部分)は取り外し可能で、その部分をハンディスティックに装着することでただのスタビライザーとして使えるという点。

「高い防水性能」「スタビライザーでの手ぶれ補正機能」「HD撮影時の120fps動画」「空撮」がGoPro側の強みで、iPhone側の特徴は「ズーム」「フラッシュ」「人体検出」という感じです。

- iPhone7Plusを買うより、新しいGoPro 5を買おうよ!

モード変換ボタンでは、パン・チルトに左右されずカメラが一定方向を向く「ロック」や自撮りの「セルフィー」などの撮影モードを切り替えられる。

三段階で伸縮できるのでローアングルで足元を撮る際も腰をかがめずに撮影できたり、ロックモードで角度を固定してクレーンカットのように使うこともできた。

モーター音に関してはほぼ気にならないレベルだったが、これも負荷がかかった時には大きくなり、収録されてしまうので操作面では注意が必要。

構造上仕方のないことなのかもしれないが、装着をするとGoPro HERO 5の電源ボタンにアクセスができなくなるのだ。

- 西表島カヌー&トレッキングツアー撮影で防水ジンバル FeiyuTech G5を試す | ビデオSALON.web

そして、一番便利だと思うのが、 上の写真の状態でもカメラを簡単に取り外すことが出来るんですよね、 今まで毎回ネジを緩めていたので、とても不便でした。

やり方はすごく単純で、モバイルバッテリーで充電しながら撮影しました。

マウント位置と近い部分にあるので、コードが絡まったり、 風で揺れたりすることはありませんでした。

ですので、どうしても運転しながら長時間撮影したい方は、 モバイルバッテリーをポケットなどに入れることをおすすめします。

- GoPro HERO5 Sessionのすすめ | YLog