ウェアラブルカメラ

Panasonic

HX-A500

レビュー

ケーブルにつながったコントローラーは付属品のバンドで2の腕に固定する仕組みになっています。

カメラ単体を購入するだけですと設置方法が頭に付けることに限定されるので、自転車等あまり上下に振られない用途に使うのがおすすめです。

もっと多用途に使いたい場合は専用マウントを別途買い足す形で対応します。

模型の制作など、机の上の作業を撮影することがメインならこちらも大いに有りなので、ご自身の使用用途で選択するのが良いでしょう。

- パナソニック HX-A500のここが凄い!【レビュー】 - UnderPowerMotors

一般のビデオカメラやデジカメでは撮影から再生、データの管理など普通に必要なことがカメラ内で出来ますが、各社ともウェラブルカメラは撮影だけに特化。

カメラと本体が別でモニターが付いているのでHX-A500だけは可能なのかといえばそうではなく、他の機種よりはマシですが殆どのことは出来ないと考えたほうが良いです。

普段の動画撮影で使っている同社のDMC−FZ1000のWiFiで動作するスマホアプリImageAppを既に使用していて、高機能かつ非常に高速に動くので期待していたのですが、HX-A500につないでも同様にストレスなく動作してくれます。

二体型である事やモニターが付いている事の他にもHX-A500はユニークで、本体が防水・防滴でケースなしで水の中に入れることが出来たり、、逆にバッテリーの交換が出来なかいので長時間の撮影が弱点であったりと決定打となるものが他には見当たりませんでした。

- GoProでもはなくSONYでもなく、HX-A500を購入しました。: デジカメ・写真と動画

小型のレンズ部分は、直接覗くことができない狭いところの撮影や自動車やバイク、自転車などに装着して、走行記録をとるなど広範囲な利用ができます。

本体には1.5型の液晶がついていて、撮影中の確認ができます。

レンズを頭に装着する時に使うヘッドマウント、腕に装着するためのアームマウント、パソコンなどと接続する時に使うUSB接続ケーブルなどがあります。

また、オプションとしては、レンズ部分を帽子のつばなどにクリップでとめられるクリップマウントや自転車のハンドルなどいろいろな場所に装着する時に便利なマルチケースなどがあります。

- パナソニック HX-A500のレビュー 実売価格2万円台はお得?

搭載するMOSセンサーにデジタルビデオカメラW850Mと同じセンサーを採用することで、前モデルA100から有効画素数や感度をアップ。

しかしその心配はまったくなく、従来機のA100とほぼ同じサイズを保ち、かつ4K撮影に対応するレンズシステムまで新たに開発。

写真2 画質や画像転送速度を向上しながらも前モデルのA100とほぼ同じカメラサイズを保っている。

なお、スーパースロー撮影では、音声記録、画角切り替え、傾き補正、ブレ補正、カラーナイトビュー機能が使用できないので注意が必要だ(動画3)。

- パナソニックHX-A500〜4K 30p対応の最新型ウェアラブルカメラ | ビデオ α

A500はカメラヘッドとモニタ部が分離していることで、きちんとした角度でコマ落ちやディレイなく、カメラ映像をモニターしながら撮れるというところがポイントになる。

それ以外は別売となるが、リュックの肩ひも部分に挟み込めたり、ポーチのように単体で肩掛けもできる「マルチベルト」、本体をいろんなところにくくりつけられる「マルチケース」、カメラをどこにでも挟んでおける「クリップマウント」などが新しく販売される。

フルスクリーンプレビュー画面を本体ディスプレイに設定したかったのだが、EDIUS側が本体の4Kディスプレイをセカンドスクリーンとして認識しないようなので、最終レンダリングしたファイルを単独で再生して確認した。

表示に関しては編集ソフト側の対応待ちになるものの、このマシンのパワーなら4K/30pの映像がネイティブフォーマットのままで十分に編集が可能だった。

- 【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】第664回:ウェアラブル4K、パナソニック「HX-A500」を試す - AV Watch

これら補正がどの程度の効果を発揮するかは撮影時の状況にも左右されるが、試しに頭部固定で自転車に乗った状態でのフルHD映像で、両補正のオン/オフを行ったのが以下の映像だ。

従ってこれらの補正機能を使いたい場合は画角「スタンダード」を選択し、画像サイズは1920×1080/30pが最高になる。

このジョイスティックは押し込むことでメニューの表示、上に2秒倒して本体キーロック、左でWi-Fi利用、右で設定(情報)の表示、下で撮影映像の再生を行える。

この状態でもハンドルに固定した本体の液晶から撮影映像や設定をチェックできるのは非常に便利。

- 4K30pのウェアラブルカメラ「HX-A500」をアクションカムとしてチェックする - ITmedia LifeStyle

本体はカメラ部のみですが、フルHD画質の映像も撮影でき、1.5mの防水機能も搭載しているためアクションカメラとしてのニーズは十分に満たしています。

性能としては4K映像の撮影ができること、ブレ補正機能が搭載されています。

GoProの代表機種であるHERO4の場合、カメラ本体に防水機能はなく、ハウジングという防水のプラスチックケースを装着してはじめて水中でも使えます。

耳の上にかけるヘッドマウントを使用して装着するのには全アクションカメラの中でも最も適していると言えそうですが、例えば手持ちスタイルや乗り物に固定するといった使い方であれば他のアクションカメラのほうに軍配が上がります。

- Panasonicアクションカメラを解説!GoPro、ソニーとの違いとは? | RentioPress

他機とは違ったカメラとレコーダーが分離した、まさに身に着けて 撮る4Kウェアラブルカメラ「Panasonic HX-A500」を、 動画とレビューで比較検証してみます。

カメラ部分だけを頭部に装着するため軽く、撮影者の目線で 臨場感のある映像が残せる、売れ筋カメラですね。

カメラ部分もできるだけ小さく軽いのが一番と、過去に購入 したスポーツ系のカメラで痛感しており、ケーブルがあるものの邪魔にも感じず、 とても使い易いと思っている。

Panasonicの こちらのカメラに付属しているヘッドキットはその点心配なく、安定性に優れている し、SONYの場合はこめかみ辺りが定位置であるのに対し、こちらはそれより前に レンズ位置が来るようになっているため、髪の毛が映ってしまうことはない。

- 『Panasonic(パナソニック) HX-A500』まさに身に着けて撮るセパレート型4Kウェアラブルカメラを検証 | 『ウェアラブルカメラ』比較レビュー最前線!

今回は日々注目度が増しているウェアラブルカメラ(アクションカム)の中で、レンタル館の取扱商品で人気機種でもある「GoPro Hero3」(以下GoPro)とPanasonic製「HX-A500」を簡単に比較してみたいと思います。

こちらも使用してみましたが、感想はGoPro3と比較して操作性の向上とWi-Fiを用いてのアプリでの動作が安定したという印象を受けました。

ただビットレートはノーマルモードより上がるので色調整後に画質をあまり落とさず出力出来るようです。

総合値やポテンシャルでいえばGoProに勝るカメラは中々無いとは思いますが(対応アクセサリの種類も豊富ですし)、撮影する環境、使用用途によっては国内メーカー品でも充分活躍できそうです。

- 人気ウェアラブルカメラについての考察 - ビデオカメラ機材レポート(旧)

【製品特徴】 ■「新・大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサー」を採用して有効画素数903万(16:9)を実現 ■「クリスタルエンジンPRO+」を採用。

高速処理により、4K30pの画像処理が可能 ■4K撮影に対応できる、新開発の高解像レンズシステムを採用 ■本体部の液晶モニターにより、手元で確認しながら操作が可能 ■広い補正エリアのブレ補正&傾き補正を搭載 ■防水・防塵構造。

本体に液晶モニターが搭載された事で従来機のA100に比べて操作性が各段に向上しました。

設定の変更でも消えないようすることができないので、カメラを手で持って液晶でモニターしながら撮影する時はとても不便です。

- パナソニック 4Kウェアラブルカメラ HX-A500-H グレー|ビデオカメラ|カメラのキタムラネットショップ

HX-A500の場合、眼鏡をかける要領で左耳の下辺りにカメラを固定して、見た目そのままの世界を記録する。

ものは試しと頭に装着して屋外を撮影してみたのだが…顔の横に4Kカメラを身につけても、カメラ部は約31gと少し重い眼鏡のようだがあまり気にならず、歩く程度なら落ちる心配はない。

いかにもアクションカムらしい使い方ではないかもしれないが、HX-A500の二体型スタイルを活かしてカメラ部を手に持てば、被写体の写りを手元の液晶で確認しつつ自由なアングルで撮れるというのも面白い。

HX-A500には、付属品の他にも別売アクセサリとして、あまり目立たずに(?)街歩き用に肩にカメラをセットできる「マルチベルト」や、自転車等にカメラを固定する「マルチケース」といった様々なオプションが用意されている。

- 4K・防水・ウェアラブル。「HX-A500」は三拍子そろったアクションカメラ|WIRED.jp

標準で入っているのは、本体を腕にとりつけるためのアームバンドと、カメラを左頬に固定するためのヘッドマウントのみです。

正直なところ、ヘッドマウントを使って目線位置での画像を撮る以外の使い方をしたいのであれば、このカメラを選ぶべきではないと思います。

これは使用状況や画質などの録画条件にも左右されますが、頑張って2時間くらい撮影できると考えたらいいと思います。

本体で録画中に、モバイルバッテリーの1Aのポートから給電することができました。

- 自分目線の動画を撮るのに最適なパナソニックHX-A500をレビュー | イイモノ

初代・二代目などのウェアラブルカメラHX-A100・HX-A500は、確かに面白い発想で、バッテリーボックスとなる本体とカメラがコードでつながっていて、カメラ自体が軽量であるため、メガネをかけるような感覚で頭にフィットさせて使うことができました。

後発のHX-500は、バッテリー部に液晶画面がついて、実際のレンズからの映像を直接見れるようになりました。

付属の円筒バッテリーをセットすれば+90分の撮影が可能ということですが、そうなると、そもそもの45gという超軽量の持ち味がなくなり、頭につけるには重過ぎます。

AH500では手振れ補正はついていましたので、このサイズで補正機能をつけることが今後の課題でしょうか。

- ヤラレタ…コードレス化したパナソニックのウェアラブルカメラA1H