ウェアラブルカメラ

Nikon

KeyMission 80

レビュー

が、片手で操作できることと、競合機種皆無の超コンパクトデジカメという点で、ワタクシは常時携帯の小型カメラとして使っています。

このカメラの画質なんですが、まあ被写体や撮影状況によるものの、ハッキリ言って、たとえばiPhone 7 Plusなどの「高画質カメラ搭載スマートフォン」に勝てないこともアリガチです。

それ以前、ワタクシの場合は「カメラからスマホへ全然画像が転送されないし、されても失敗が多いし、画像自動転送機能は使えない!」と感じていました。

この自動転送機能はBluetooth LE(4.1)によるもので、自動転送しているからと言ってカメラやスマートフォンのバッテリーが大きく減るというような印象はありません。

- スマホと好相性のカメラ、ニコンの「KeyMission 80」 - ケータイ Watch

今回の記事では、KeyMission80の実機を見ながら、どのような製品なのかチェックしてゆきたいと思います。

自撮り用カメラは1ランク性能が落ちますが、それでも画質に不満が残るような性能ではありません。

文中でも触れましたが、スマホから撮影機能を切り出して、防水や耐衝撃といったアウトドア性能を付加したような製品です。

カメラで撮影した写真をスマホに自動転送してくれる機能が使えるため、スマホの拡張カメラという位置づけで利用することも可能です。

- ニコンのアクションカメラKeyMission80レビュー!機能と活躍シーンをチェック | RentioPress

このような事からもキーミッション80がメインカメラとサブカメラが有るところがスマホに似ていて大きさはガラケーより小さくて薄く、写る範囲はデジカメのワイド角と同等、雨に濡れても大丈夫で落下などショックにも強くそこはウエラブルカメラらしく色々な特徴を併せ持った非常に個性が強いカメラだと思います。

このカメラは付属のカメラホルダーからカメラを取り外すと自動で電源が入るので、そのままシャッター(録画ボタン)を押せばすぐに撮影されるというシャッターチャンスに強く機動性に優れていますので是非有意義に活用したいところです。

キーミッション80はホルダーから外すと自動で電源が入るのですぐ撮影出来て便利なのですが、ホルダーから外した場合は「撮ってるな」って解るのでこのまま撮影して撮っていることが廻りから解らないようにしたいと思います。

高所作業などで工事写真を撮る人なども安全ベストなどにこのように取り付けておけばカメラの落下事故を防げますしホルダーから外すだけで電源が起動し画角もデジカメのワイド角と同等で湾曲しない画像で撮れるのでありとあらゆる分野の人が便利に使える事でしょう。

- 【レビュー】 KeyMission 80の活用術公開 【アクションカム】 | ウェアラブルカメラ。ドローン。

これは性質上仕方ないかもしれないけど、取り付け時に鏡の前で何度も担いで位置確認が必要になる。

もしくは更に広めに撮影して、ある程度の角度は斜めに取られた写真も自動的に水平になるようにトリミングするとか。

ただしライフログ機能では途中でバッテリーが減ってきたら撮影間隔・フレーム数を減らして最大15時間まで撮影可能。

11月限定で早期出資者にはネックストラップをプレゼントしていたことからも、その使用方法も行えることを示しています。

- Key Mission レビュー + 更に見つけた隣の芝生 - ANAマイルとガジェットがこわい。円盤もね。

単体での 使用で記録用のスナップが中心の目的だったので、シンプルな操作性が私にピッタリ だった。

★「記録用の小型防水コンパクトカメラと、割り切って使うなら使えないことも ないが、値段ほどの価値はないように思う。

しかし期待していたルート撮影機能が微妙に使えない上、ルート 撮影中は、手持ちの撮影でも画像のサイズが2Mに制限されるのが残念だ。

さらに手振れ 補正とLEDカメラと動画・自分撮り機能まで、この小さなボディに良くぞここまで 詰め込んだと感心する。

- 【Nikon KeyMission 80】レビュー:ウェアラブルカメラとしての画質とその評判は? | 『ウェアラブルカメラ』比較レビュー最前線!

さらに小さいセンサーであるスマホの方がキレイな気がしないでもないが、まだ6群6枚の耐衝撃性を有する光学式手振れ補正付き小型レンズユニットとしては頑張っているのかも知れない。

スマホや携帯のカメラ機能と変わらないと思うかも知れないが、この製品の特徴は思った瞬間を素早く片手で撮影出来るワンアクションカメラだ。

他のKeyMissionシリーズに比べ4K動画機能は未登載であるが、換算25mmの画角を持ったこのカメラは筐体の起動が早く、オッ!と思った瞬間を簡単に撮影することが可能だ。

個人的にも絶妙な焦点域の40mmであるこのレンズはパンケーキタイプであるため、軽量コンパクトでながら専用クローズアップレンズも付属し非常に汎用性が高いのだ。

- 05.ニコン: ちぇり小屋

「KeyMission 360」は、コンパクトボディーを実現しながら、4K UHD対応の全方位360°動画撮影が可能な本格的なアクションカメラです。

防水・耐衝撃・耐寒・防塵性能に加え、多彩な撮影機能と電子式手ブレ補正機能も搭載しています。

「KeyMission 80」は、スマートデバイスでは撮影が難しい状況でも、片手のまますばやく撮影できる高い機動力と携行性が特長のアクションカメラです。

また、パソコン用の専用ソフトウェア「KeyMission 360/170 Utility」にも対応しており、パソコンでの画像の閲覧・編集や、パソコンからカメラの設定変更を行うことが可能です。

- 【お待たせ!】延期していたニコンのアクションカメラが10月28日についに発売! | GetNavi web ゲットナビ

このカメラはキーミッションを提供する中で真ん中のランクに位置しますが、カメラを選ぶ時にゴープロを選ぶのと同じような効果があります。

カメラの後ろについている画面はかなり良い景色を写しますが、キーミッション80のようにタッチ形式ではありません。

方向指示キーは画面ボタンと録画再生ボタンの2つ上にありますが、メニューに入る場合や設定を変えたい時はオプションの間のボタンを動かして使うことができます。

何百もの違う設定はありませんが、画質やフレームレート、露出補正などのアイテムを変えることができます。

- アクションカメラ Nikon keymisson170(ニコン キーミッション170) レビュー

水に濡れても水滴を作りにくく画面が見やすい親水タイプのフィルム。

キズに強いハードコート処理 高い表面硬度により液晶画面をキズからしっかり保護します。

気泡が入らない抜群のエア抜け性 エラストマー樹脂粘着層により気泡が入りにくく、気泡が入った場合でも手で押し出しやすいため安心して貼り付けられます。

置くだけで貼り付く自己吸着性 エラストマー樹脂粘着層の自己吸着性により、フィルムを画面に置くだけで自然に貼りつくため貼り付けが簡単です。

- Nikon KeyMission 80 専用 液晶保護フィルム 親水タイプ - ハクバ写真産業

スマホ連携には早々に見切りをつけて単体での録画で使っていますが 倒立マウントという個人的な制約のお陰でYouTube等へ360°VR動画としてアップするという最終目標に向けて内蔵ソフト含む純正ソフトだけでは何も解決できないワケです。

スマホの機種やバージョンによって親和性に難があるとなるとますますスマホ内臓のカメラで何とかしようと、つまりわざわざアクションカメラ等を買うこともなくなり悪循環に、特に後塵な上に最初のイメージは大事ですからこれは残念な結果ですね。

Gear360のような機種縛りがなく、防塵防水耐衝撃で全周4k動画がとれる本機は、VRが話題の今だからこそアウトドアシーンで輝くと思っていました。

同様に360で撮った際のレンズ間のつなぎ目についても、メーカーから仕様と回答された人の書き込みも見つけることができるでしょう。

- ニコンKeyMission360はソフトウェアの大幅な改善が必要 - デジカメinfo