ゲーム機

Sony

PlayStation 4 Pro

レビュー

これはタイトルによって対応しているものと非対応のものがあり、パッケージに「PS4 Pro ENHANCED」のラベルが付いているゲームは通常のPS4よりも映像表現を向上したもの、つまり4K解像度に対応したゲームということになります。

ただし、フルHD出力しかできないPS4でも中級機以上の4Kテレビとの接続ならテレビ自体に4Kアップコンバート機能が搭載されているので意外と綺麗に表示することができ、離れてプレイするとその違いを感じることはできないかもしれません。

以前にニンテンドースイッチを4Kテレビに表示させて擬似4Kとフレームレートを向上させることができる記事を書きましたが、PS4もこの技を使うことで4Kテレビでの画質を大きく向上させることが可能です。

PS4 Proと2Kテレビとの組み合わせでもフレームレートが向上し安定するので快適にゲームを遊ぶことができますし、4Kテレビとの組み合わせなら最高の画質でゲームを遊ぶことができるのは間違いありません。

また、4Kテレビの機種によってはモーションフロー機能を有効にすることでフレームレートもテレビ側で向上させることができるので、表示遅延を気にするゲームを遊ぶ予定がない方はPS4でも良いかと思います。

- PS4 ProとPS4の違いは?どっちがいいか実機で4Kと2Kの画質や性能を比較【レビュー】 - シンスペース

PS4ProとAcerのモニタでプレイしてるけど一瞬暗転、というのはよくある。

>なお、HDR対応テレビで、無理やりPS4 Pro側の設定を変え、HDRだけをオフにすることもできる。

>>2 アプコンではなく4Kでドット抜けしたメッシュ状のグラフィックをレンダリングして、そこにハード実装の高品質AAをかけてドット抜けを埋めるらしい。

これで肉眼では4Kレンダリングでありながらハードの負荷は2.5K程度で済むため、proのスペックで問題なく4K60fpsが可能なのである。

そしたらなんと、まず4KテレビAndroid入ってる為なのか?バグしまくり、ソニーに電話すると、恐ろしい回答が返ってきました。

- 【新型PS4】PlayStation 4 Pro(PS4 Pro) 感想・評価・評判・口コミ・レビューまとめ - TMGゲーム速報

これにより、Proに対応したゲームタイトルは4kでの出力が可能になり、シェーダーによる質感の向上や、フレームレートの向上など、よりリッチで快適なゲーム体験が可能となります。

恐らく、Proのレビューは殆ど4kテレビを所持してる方がやってると思うので、逆に参考になればとも思います。

解像度を変動させて60fpsを維持する「アクションモード」と、フレームレートを変動させて解像度を安定させる「シネマティックモード」があるのですが、通常のPS4でアクションモードを選択すると、解像度が非常に低いです。

たとえば、Proに対応していないタイトルでは、CPUのクロックを落としたり、GPUのコアの一部を休止させて、通常のPS4と同じスペックになるように動作しますので、それらのタイトルをプレイしている時は、通常のPS4と同じ電力しか消費しないわけです。

通常のPS4との互換性を完璧にするために、Proの設計は素晴らしく工夫されたものなのですが、消費電力のところで書いた機能制限を解除して、非対応のゲームもパワーアップさせてしまったわけです。

- PS4Pro レビュー - HEKILさんがログインしました

デスクトップPCやテレビでみかけることの多い3芯のタイプから、アースを抜いて2芯にしたようなものが採用されている。

4K+HDRのテレビを買い、まずHDRコンテンツの効果を楽しむものとして、ゲームは最適であり、PS4 Proはもっとも適切な手段の一つかと思う。

PS4 Proの「設定」内「サウンドとスクリーン」内から、PS4 Proにつながっているディスプレイとの間で、どの信号でやりとりをするのか、確認することができるようになっている。

例えば以下のような表示は、HDRにも対応していない、2Kのテレビやディスプレイにつないだ時のものだ。

ゲームにおける4K+HDRの可能性を見るのも立派なAVの楽しみ方だと思うし、PS4 Proはそれにうってつけだ。

- 【西田宗千佳のRandomTracking】PlayStation 4 Pro製品版レビュー。「4K+HDR」世代に向けた着実な進歩 - AV Watch

なので純粋に「4K画質」としてのチェックをしてみます。

アンチャーテッドやラストオブアスはPro向けにパッチが出ていましたので明らかな差が出ますが、Pro対応を謳っていないゲームでも見てみましょう。

これで、たとえPro向けのパッチ対応がなくても、PS4Proの方が精細である事が分かりました。

PSVR本体は変わっていませんがPS4Proで接続すると解像度、フレームレートなどが向上します。

それにつけてもネットでの情報では4K化よりもHDRの方が効果が大きいと言いますから、俄然HDR対応テレビも欲しくなりますね。

- PlayStation 4 Pro レビュー2【4Kチェック】|Curiositas

ただし、PS4®Proでよりスゴい映像でゲームを楽しむにはふたつの条件を満たす必要がある。

まずひとつめは、PS4®Proを接続するテレビが4K、HDR対応であること。

そう、PS4®Proの高性能は、必ずしも解像度アップにだけ使われるわけではないのだ。

PS4®Proのハイパフォーマンスによって、PS VR対応タイトルでの体験もより没入感溢れるものになるのだ。

逆に、50V型未満のフルHD(2K)テレビを使っているという人であれば、PS4®は映像表現が十二分に高精細なので、画質の差が気になることもないだろう。

- あなたに最適なのはPS4®? PS4®Pro? どちらを選べばいい? | PlayStation.Blog

4Kコンテンツ、HDRコンテンツが威力を発揮するには、4K・HDR対応のテレビが必要。

PSVRのプロセッサーユニットは、HDR信号をパススルーできないできないため、HDRコンテンツをテレビでプレイするためにはPSVRを毎回付け替える必要がある。

あくまで、4K・HDRテレビを持っている人に、最高画質の効果を発揮するためので、テレビを2Kから4Kへ変えて得られる満足感よりも低いものと思われます。

4K・HDR対応テレビを持っている方は、PS4Proへの買換え、特にこれから購入される方はオススメですね。

PS4をすでに持っている方で、4Kテレビではない人は、4Kテレビ・ディスプレイを先に購入するのもありですね。

- PS4 Pro やっぱり買うべき? PS4 と PS4 Proの比較 - ちょっぴり幸せになる

高画質ではないとはいえどHD画質には違いないのですが、720pまでしか配信することができません。

PS4 Proが新しくゲーム実況を始めるのに最適なことがわかったところで現行モデルとスペックを比較してみましょう。

というわけでゲーム配信をされない方にとって、PS4 Pro最大の目玉は4K対応、処理能力向上、Wi-Fi速度向上がメインとなります。

唯一PS4のゲーム配信の弱点をあげるとするなら、それは画質です。

だからこそ、私はPS4の機能で配信することを決めました。

- PS4 Proのレビュー!PS4とPS4 Proの違いは?ゲーム実況・配信を始めるならProで決まり | あそんで暮らそ

CPUやGPUがスペックアップしただけでなく4K解像度やHDRに対応することで美麗なグラフィックを楽しめる…はずですが、実際はどうなんでしょう? 米GizmodoのAlex Cranz氏が早速レビューしているのでご覧ください。

つまりゲームによってはPS4 Proで綺麗だったり、またそうでないこともあるってわけです。

4K解像度に対応したPS4 Proは4Kテレビを持っていれば素晴らしい体験をもたらしてくれますが、アップグレードはそれだけではありません。

しかしですよ、いざPS4 Proを対応TVの正しいポートに接続し対応ゲームでUHDを体験すると、それはとんでもなく素晴らしいものでした。

もしあなたが最新のUHD対応TVを持っていたり、コンソールゲーム機で最高のビジュアルを楽しみたいのなら、PS4 Proは最高の体験をもたらしてくれるはずです。

- 販売を開始したPS4 Proを早速レビュー 色の表現とHDRに違い - ライブドアニュース

せめて本体サイズが一緒だったら中身だけ入れ替えてPS4 Pro仕様に改造ができないかな?とか思っていたのですが、素人にはそんなことはできそうもないですね。

今朝、出勤前に自宅の4Kブラビア X9200A(HDR非対応)+PS4でアップデートしたアンチャーテッド4をプレイしてきたのですが、そのときにはHDRの設定項目はグレーアウトしていてなにもできませんでした。

ただ、PS4 Proでの起動時に上記のメッセージが表示され、高フレームレートモードか、高解像度モードかの2つから選択してプレイができます。

最新モデルのブラビア「Z9D」はテレビ側の設定で強制的にHDRモードのオン・オフや色域の指定ができるのですが「X9300D」などの春モデルのブラビアではHDRや色域は自動設定になっていて映像ソースのプロパティを見て、その通りにしか出力されません。

しかもPS4proでのプレイ時の駆動方法を「グラフィック重視」か「フレームレート重視」かで切り替えられますので、お客さんにPS4proの魅力や今後の可能性を語る上でも扱いやすいタイトルではないかと思います。

- 【レビュー】4K HDRで楽しむ『PlayStation 4 Pro』開梱レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

私自身PS4 Proを購入した時にはまっていたゲーム「Rez infinite」では、ロード時間の短縮を感じることはなかったのですが、最近購入した「Eagle Flight」で計測してみたところ、確かにロード時間に大きな差が。

オマケにPS4の電源オフから、電源オン(プレーヤー選択)までの時間も比較してみましたが、こちらもPS4 Proの方が優位な結果に。

こちらも「Rez infinite」では感じられなかった部分なのですが、「Eagle Flight」をPS4 Proで遊んだ後にPS4でプレイすると、そのあまりの映像体験の違いに驚きます。

PS4では木がプレーヤーにかなり近づいてきた頃に入れかわるため、突然葉が生い茂ったり、無かったオブジェクトが登場したりといった感じに見えることが多くありますが、PS4 Proでは約2.3倍と言われるGPU性能のおかげか入れ替わりのタイミングが早く、違和感を感じることが少なくなっています。

しかし今後発売、開発されるソフトにおいては「PS4 Pro&PSVRの能力」をベースに作成され、PS4ではダウングレードした映像体験を受け入れざるを得ないものが増えてくるのではないでしょうか。

- 非4KのPSVRユーザーは、PS4 Proを購入すべきか?

●WIRED: 80/100 ●techradar:  良い点 初の4K HDR対応のソニー製コンソール 1TBの大容量ハードドライブ ローンチ時において30種のゲームがProモードに対応している 悪い点 4Kブルーレイに未対応 全てがProモードに対応しているわけではない ●cnet: 良い点 PS4 Proは4K、そしてHDR互換に対応し、対応したゲームのビジュアル向上とフレームレート上昇を約束している。

コンソールには1TBハードドライブも収録され、全PS4ゲームやアプリケーション、アクセサリーに対応している。

悪い点 最初からPS4 Proのビジュアル拡張に対応しているゲームに劇的な違いは見られないし、スタンダード版と比べて大差はない。

PS4proと同時にPSVR買う人が殆どだと思うのだが、PSVRの品薄で本体買い控えされる予感。

ソフトメーカーからしても、4000万台普及している通常PS4がビジネス上のターゲットになるのは当たり前。

- 『PS4 Pro』海外メディアレビュー 「凄まじいポテンシャル」「劇的な違いはない」:はちま起稿

昨年末にPlaystation4 Proを購入して、SSDに内蔵ディスクを交換して、今も快調に動いていますが、発売して間もなかったので、本体はそのまま使っていました。

Playstation4 ProをSSDへ換装 発売日当日にビックカメラ.comからPlaystation4 Proが到着し、早速箱を開けて速度などを計測してみました。

Playstation4 Proを購入する前はPlaystation4を使っていましたが、Playstation4にはカーボン調スキンシールを貼って保護して使っていました。

Playstation4 Proも発売してから半年が経ち、周辺アクセサリも充実してきたのでカーボン調スキンシールを購入して保護することにしました。

購入したのはAmazonで比較的安く販売されていたGamer’s net PS4 pro 専用 スキンシール ブラック カーボン調という製品です。

- Playstation4 Pro用カーボン調スキンシール~購入レビュー~

SSD換装で読み込みが早くなるがどの程度早くなるのか?? PS4の読み込みが速くなり、起動やロードが速くなる。

交換する物によるが(HDDやSSD)、プレイするゲームによっては数十秒速くなることもある模様。

PS4Pro 実際SSD換装、ファン音はどうなのか? PS4Proが発売され一晩が明けた。

2ch上では様々な検証が行われているが一番きになるであろうSSD換装とファン音について情報を集めてみた。

『PS4 Pro』Amazonで定価価格が復活中! 本日発売のPS4 Pro Amazonでは少し前まで若干割り増しで販売されていましたが、12時30分現在定価販売になっていることを確認しました。

- 【PS4 Pro】感想評価まとめ1 SSD換装、ファン音、速度について | PS4ProNEWS

「4K+HDR」世代に向けた着実な進歩 PS4 Proで「Battlezone」をプレイした画面。

光の表現が非常にリッチになっている スタンダードPS4版の「Battlezone」。

PS4 Proのパフォーマンスは、 「同じ解像度の中でより映像表現をリッチにする」方向に向かう。

スタート段階でこれなら、今後使いこなしのコツが見えてくれば、 PS4 ProとPS4での「表現の差」は、かなり大きなものになるかも知れない。

現時点でPS4 Proへの対応が明らかになっているPlayStationRVR(PS VR)ソフトは13タイトルとなっています。

- 【PS4 Pro レビュー】評価 感想 まとめ1 主にPSVRタイトル【評判】|PS4速報!

Playstation VRは、PS4に接続してVR(仮想現実)を楽しむことができるハード機器。

もう1つは、完全なるVR専用機であり、ゲームなどのハードウェアに接続して楽しむタイプのものです。

VR専用機であるPSVRは、提供されているVRコンテンツ自体のクオリティも高く、ゲーム機と一体となり連続的に操作ができる点で、全体的な満足度としては非常に高いです。

PSVRはPS4に接続したヘッドセットを付けることによって、ゲームの世界にそのまま入り込むことができます。

もちろん外部媒体による映像だけでなく、Netflix、Hulu、Amazonビデオ、Youtubeといったオンライン動画や、PS4に接続したnasneで録画したテレビ番組、PS4のゲームなどもシネマティックモードに対応。

- 【レビュー】PlayStation VR(PSVR)を1週間使用して分かった10のこと | FatherLog

それではGPUの性能向上で何が変わるのかというと やはり一番は4Kディスプレイを使用する際の画質の向上や、高フレームレートでプレイできる点ではないでしょうか。

それとフルHDのディスプレイでも、コマ落ちがあるようなボリュームのゲームでもフレームレートが安定するとのことです。

やり方は、2台のPS4を起動しLANケーブルでPS4同士を繋いで、「別のPS4からデータを移行する」で簡単に移行できました。

というのも我が家のディスプレイはフルHDのもので、ソフトもペルソナ5とそこまで動作が重いソフトではないので、違いを感じることができませんでした。

まず、4kテレビを買う予定がないのとVRもそこまで購買意欲がないライトユーザーの視点からみると、まずデカイ!リビングがハードだらけの我が家は置き場に四苦八苦しています。

- PS4proとPS4(スリム)の違いを実機で比較してみた。

PS4ProとPS4Slim(スリム)については、既に別記事で詳細に書いていますので、今回はこの2機種の違いはどんなところにあるか、そして口コミや評判などを見ていきましょう。

PS4スリムは、PS4スリムはそもそも現行機の継承用として考えられたものですから、PSVRについては対応はしているものの、グラフィック関連の性能などは、PSVRに追いつけるのか、そのあたりの不安はあります。

それでも新しいゲーム機が欲しいということであれば、多機能高性能のPS4 Proを買っておいた方が良いと思います。

高スペックPCと、HDR対応の4Kテレビを持ってる俺からすると、これは大いに認めたいな。

高性能かつ高機能のPS4 Proと、薄型廉価機PS4スリム(Slim)ですが、今回はその違いはどのようなものか、またこの2機種の口コミと評判はどうなのか、そのあたりを見てきました。

- PS4スリム(Slim)とProの違いを比較検証!口コミとネット評判も紹介 - My News23

電気屋さんで見る4KTVがきれいに見えるのは、元のデータ(地デジならHD画質、NHKやBS、BDでやっとフルHD画質)のものをTV内の高解像度エンジンでアップコンバートしてるからきれいに見える(だから価格も高い)。

高解像度エンジンが低性能なら、PC用のフルHDモニターでDVDを観る感じになると思う。

BDや、元がフルHD画質のものをさらにきれいに見たいのか、あくまでPCで4Kサイズのデータを持っており、それを鮮明に映したいのか、で選べばよいと思います。

ゲームの場合は、ソフト側(クライアント)が標準で4Kに対応してるかどうかでしょうね。

「MSI X299 GAMING PRO CARBON AC」をレビュー AURA Sync対応「G.Skill TridentZ RGB」DDR4 OCメモリをレビュー 最も美しい簡易水冷CPUクーラー「NZXT KRAKEN X42」をレビュー 空母級フラッグシップ 「ASRock Z270 SuperCarrier」をレビュー スポンサード レビュー 一覧 レビュー依頼やサンプル提供のお話しがありましたら右下の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

- PS4 Proに最適! Acerから7.5万で購入可能なHDR10対応4K液晶モニタ「ET430Kwmiiqppx」が発売 : 自作とゲームと趣味の日々

まず解像度は他の高性能ヘッドマウントディスプレイが2K画質で、PSVRよりほんの少し高いのですが、 気になるほどの差ではないですし、 フレームレートなどはPSVRが勝っています。

しかも他のモデルの場合はゲーミングPCというこれまた高価なPCが必要ですが、 PSVRならPS4(PS4Pro)とPSVRがあればオッケーなので、金額的な敷居は低いです。

まず大前提として、社外品などの正規以外の使い方をしない限り、PSVRはPS4専用なので、 コンテンツはPS4から受け取ることになります。

PS4に最適化されている以上、PSVRならどのPS4でも問題なくプレイできますし、設定も容易です。

これがPC用のハイエンド機種の場合そうもいかず、スペックや入れているソフトやOSの差で 起動しなかったり、設定も大変です。

- PSVRレビュー 完成度の高いVR体験がPS4の世界を変えたお話|VR工房

4K対応とのことで誰もがUltra HD Blu-rayは再生できるものと考えていたPlayStation 4 Proですが、実際にはハード的に対応していませんでした。

Ultra HD Blu-rayを再生するにはBDXLに対応した1層33GBで3層以上が読めるドライブが必要ですが、今のBDレコーダーには当たり前のように搭載されています。

それを読まなければいけないので、単純なビデオ向けのドライブで、2層が3層になったものを採用すると、ゲームディスクを読めなくなってしまうのです。

−−ということは、3層ドライブを作った上で、2層のゲームディスクの持つセキュリティ信号を読めるドライブにしなければならない、と。

それはPS5では光学ドライブを搭載せず、PSP Goと同じことをやろうとしているのでしょう。

- PS4 ProがUltra HD Blu-rayに対応しない理由 | Solomonレビュー[redémarrage]

3DS版の上画面に3D、下画面に2Dというのがずっとできないのが残念ですが、違った雰囲気で楽しめます。

3DS版はこのような画面はありませんが、PS4だと読み込まずに画面が切り替わるようなところでも、一瞬読み込むことがあります。

旅のおもいでは、イベントシーンを振り返ることができる機能で、3Dと2Dの両方で見ることができるもの。

1万円高いのですが、対応しているゲームかつ4KTVだと、さらに高品質なグラフィックを楽しめます。

3DSには、大きめのLLと通常のものがあり、それぞれ通常のものとNewがあり、Newだと処理速度も速くなります。

- ドラクエ11(ドラクエⅪ)購入レビュー。PS4版・3DS版の違いを徹底比較

従来のPlayStation 4からさまざまな点でスケールアップしており、特に4K出力やHDRに対応する点をソニーは強くアピールしている。

ちなみに4Kに対応していないテレビで遊ぶ場合、PlayStation 4 Pro内部では、4Kに近い解像度で描写されたものが1080pに圧縮されており、4K環境でなくともジャギーの減少などさまざまな恩恵が受けられる。

『Killing Floor 2』を4K非対応のディスプレイでプレイする際には、キャラクターや武器、モンスターなどあらゆるオブジェクトのテクスチャの解像度が向上し、よりダイナミックになった陰影表現が楽しめる。

4K非対応のディスプレイでムービーモードを遊ぶ際には、解像度はそのままに30fpsで高品質なアンチエイリアシングの映像表現が楽しめる。

ネイティブ4Kに対応することがすでにアナウンスされている『The Elder Scrolls Online』では、非4Kディスプレイでプレイしてもより忠実なグラフィックへとアップグレードされるという。

- 【UPDATE】4K環境がないユーザーは「PlayStation 4 Pro」でどのような恩恵を受けられるのか? | AUTOMATON

4Kゲーミングもようやく実現したが、当然4K対応ディスプレイも必要となり、満足なプレイ環境が整っている家庭も限られているだろう。

現在のPCもPS4も基礎技術はほぼ同じなため、ゲームパワーは値段に比例していると言っていい。

PS4 Proは「そこそこの値段」で「そこそこリッチな体験」ができることに強みがある。

NECのPCエンジンスーパーグラフィックス(上位互換機)という先例もあったが、性能アップの恩恵に預かれるのはスパグラ(略称)の専用ソフトのみで、既存のゲームは何も変わらなかった。

「玄人向けモデル」として気になるのは、PSVRをプレイする上で事実上の標準コントローラーである「PlayStation Move」(モーションコントローラー)の新製品が出ないことだ。

- PS4 Proは「すでにPS4ソフトを一杯持ってるユーザー」のための買い替えハードだ(新PS4発表 感想戦) - Engadget 日本版