コンパクトデジタルカメラ

Sony

DSC-HX60V

レビュー

しかしながら、ソニーのEV1MK OLEDのファインダーアクセサリーはHX60Vよりも値段が高いため、電子ビューファインダーはあまり付けられないことでしょう。

スピードアップする新しいプロセッサーではあるものの、原稿のHX50Vユーザーが古いカメラを投げ捨てるほど重大ではなく、小さな変化です。

20メガピクセル以上の解像度でフルスケールでない場合、巨大な画像ではあまり洗練されていない細部が隠れるのです。

スクリーン上で見たり、ソシャールメディアでの共有やA4サイズにプリントするくらいなら、そんなに大きな問題でもないでしょう。

HX50Vのように、HX60Vはカラー画像ノイズを最大限除去できています。

- コンデジ ソニー Cyber-shot HX60Vのレビュー

セットアップメニューの「ファインダー収納時の機能」で、EVFを押し下げたときに電源を自動的にオフにするかどうかを選択できるようになったのは便利な点だ。

シーンによってはドットが目に付くこともあるが、液晶モニターが見づらくなりがちな日中の野外では助けになるし、望遠撮影時に安定した構えができるメリットは大きい(ただまあ、コンパクトサイズな分、窮屈ではあるが)。

高倍率ズームといえば、一眼レフっぽいスタイルの大柄なカメラが当たり前で、だから、本機のような気軽に持ち歩ける高倍率機は、それだけで価値がある。

ピクセル等倍で見ると、ベース感度のISO80でも塗り絵っぽい描写が目に付くし、ISO200でも木肌のディテールなどはつぶれがちとなる。

2Lサイズ程度までのプリントや、縮小してブログなどに使うのであれば、ISO400までは実用できそうに思う。

- 新製品レビュー:ソニーサイバーショットDSC-HX90V - デジカメ Watch Watch

画像処理エンジンは、2013年の同等モデルより、約3倍の処理速度のBIONZ X(ビオンズ エックス)です。

全画素超解像ズームは、できるだけ画質の劣化を抑えたデジタル処理のズームで、画素数が少ないほどズーム倍率を高くできます。

このホワイトバランス微調整機能はソニーのレンズ交換式の機種と同等のもので、それがDSC-HX60Vでも使えます。

レンズの絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル露出も使えるので、DSC-HX60Vはマニュアル撮影もできます。

ソニー機の特徴のプレミアムおまかせオートもありますが、露出補正もできないので、黒と白の被写体が占める場合などにはお薦めできないモードです。

- Sony DSC-HX60V レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

撮影をした後自動的に画像を再生しないように設定にしているので、仕上がりを見たい時だけ押す再生(▶)のボタンがこの位置にあるのはありがたい。

動画のボタン(MOVIE)も背面にあるのは押しやすい反面、動画撮りたくなくても頻繁にボタンを押してしまうケースが多数発生。

コンデジですがマニュアルモードを使えて、よく使う設定は保存して(2パターンまで)「MR」というモードで呼び出すことができます。

SONYのデジカメにして一番良かったのが、iPhone・スマホの充電器が使えること。

デジイチではレンズを変えないとうまく撮れないマクロやズームがこれ一台で済む手軽さは旅行向き。

- 光学30倍ズーム!SONY 「DSC-HX60V」購入!イマドキのコンデジの実力とは?

しかも、こだわった撮影も可能なことから一眼カメラユーザーが、サブでもメインで使っても納得のいくカメラ。

また、そうは書きつつも、実はHX60Vにはカメラ任せのフルオート機能も搭載。

ボケ味という部分ではセンサーサイズの大きなカメラには負けてしますが、しかし、センサーサイズの小ささを活かしたズーム倍率がこのカメラにあるのも確か。

ズーム倍率を最大にしても、ほとんど像がぶれないで撮影することが出来る、サイバーショットならではの技術は、DSC-HX60Vでも活かされていました。

なんども書いてしまいますが、DSC-HX60Vはどんな方でも扱いやすい30倍ズームでかつ、コダワリの撮影も可能なことから、本当に奥の深~いカメラだと思いました。

- DSC-HX60V レビュー 「実機見てきました!」:ソニーな、お店が大阪にあった|ソニーショップさとうち

スマホで取るのがいやだなーというと気にはこれを使っていまして、最近のWifi対応デジカメ的に使いたくてPQI AirCardというWifi対応SDカードを使ったりしていました。

充電はMicroUSBケーブルでUSBACアダプタを使って下さいとのこと。

暗所はノイズリダクション機能がよく働きますが、初期設定は強すぎる気がしてます。

この本体と関係ない話ですが、スマホ連携は使いやすいのですが、画像ファイルのアップロードやバックアップするのって結構面倒になってきましたね。

アプリが入る機能は、まだスマホ連携でリモコン操作できる機能しか試していないのですが、その辺はまた面白いものがあったら話してみようと思います。

- まったりlog残し - ソニーのデジカメ、DSC-HX60Vを購入しました

30倍高倍率ズームレンズ搭載モデルで、昨年モデルのHX50Vからハードウェア的な進化はNFCくらいで、あとは中身のソフトウェアがちょっと変わったくらい、と思われるかもしれませんが、このモデル、すんごい変わってしまっていました。

外見はほとんど変わらず、スマートフォンとの連携を楽にしてくれるNFCが搭載になったのと、映像処理エンジンにBIONZ Xが搭載されただけなので、そんなに変化のないモデルなのでは? というのは私も思っていたんですが、使ってみたらこれが全然違う中身になっているカメラだったんです。

写真右のDSC-HX60Vはメニュー画面がデジタル一眼カメラ“α”のものとなっていて、タブ操作でメニューを切り替えるものとなっています。

後日、”α7”シリーズでも搭載が可能になると思いますが、今日の時点ではDSC-HX60Vの方がタイムラプスの露出追従性は良いことになります。

実際にHX60Vを使ってみると、ほかにも決定的な違いがありましたので報告します ・単機能しか登録できなかった「カスタムボタン」が、「Fnボタン」と名を変え、12個の機能を登録できるようになった ・Pモードで、プログラムシフトが使えるようになった ・フラッシュで調光補正が使えるようになった 撮像素子とレンズ性能以外の機能については、RX100と同等になったと言っていいと思います。

- BIONZ X搭載の生まれ変わったサイバーショット『DSC-HX60V』実機レビューレポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

満充電は約230分(3時間50分) 一般的な利用なら1日は余裕ですが 出来ればバッテリーと充電器のセット(ACC-TRBX)が欲しいです。

便利な露出補正ダイヤル位置と コンパクトデジカメ?には少ないホールドしやすいラバーグリップ 内部ですがマイク穴の左にGPS受信部があります。

これは片手で撮る時の親指の位置でラバーグリップと共にちょっとした工夫ですね ムービーの録画/停止スイッチの下の位置に「Fn」(ファンクションボタン)があり、よく使う機能を12個まで登録出来て、かなり便利です。

●広角24mmから720mmまでカバー(35mm換算静止画4:3時)ですから 室内での撮影から屋外の遠くの被写体まですべてカバー出来る。

コンパクトサイズで光学ズームの大きいデジカメを望む方には最適名機種だと思います。

- 「手ぶれ補正がイイ!! 綺麗に撮れます」ソニーサイバーショット『DSC-HX60V』 – ソニーってどう?

本格カメラの機能を搭載した 光学30倍プレミアム ハイズーム ※ DSC-HX60Vは、記録メディアを付属していません。

光学30倍ズームのソニーGレンズを、コンパクトなボディに凝縮。

また、全画素超解像ズームなら、最大60倍(*)まで高画質のままズームできます。

進化した画像処理エンジン BIONZ Xの搭載により、高精細で低ノイズな暗所撮影に加え、ブレを強力に補正する「動画手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード 回転方向対応)」(*)を実現。

光量の大きな外部フラッシュや電子ビューファインダー、リモートコマンダーなどを装着すれば、写真はもちろん動画でも、表現の幅がさらに広がります。

- DSC-HX60V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

どんなに綺麗なディスプレイが搭載されていても、強い太陽光の下では表示がよく見えず"カン"でシャッターを切るなんてことはよくある話。

高倍率ズームといえば、一眼レフっぽいスタイルの大柄なカメラが当たり前で、だから、本機のような気軽に持ち歩ける高倍率機は、それだけで価値がある。

予想以上にコンパクトなサイズ感に、ファインダー・GPS・コントロールリングに光学30倍ズーム搭載。

カタログ値では400枚前後ということでしたが、GPSログってそんな電力を使っていないみたいですね。

買い換えの最大の原因は、カメラ本体のボタン機能がαシリーズとまったく違うということがあり、それによる誤操作が連発となってストレスが溜まったからだったりするんですよね。

- ソニーサイバーショットDSC-HX90V 評価レビューまとめ - NAVER まとめ

条件が良ければ「ドキッ」とするような画像が撮れます レンズが暗いので、外付けフラッシュが付けられるのがいい。

電子水平儀がついていることや露出調整用のダイヤルがついているのはすごくいいと思います。

そして動画でも使える60倍の全画素超解像ズームで色々な撮影シーンに対応できて安心です。

手ブレ補正も優秀で60倍での手持ち撮影も特に問題ありませんでした。

あと、やっぱりソニーは動画がキレイですね♪ 動画を撮ることが多い方にもおすすめの1台です! 動画撮影時のズームスピードがもう少し速ければもっと撮りやすくなると思うのですが、技術的に難しいのでしょうか・・・ ※動画撮影中の静止画同時撮影ができなくなっていますのでご注意を。

- ソニー Cyber-shot DSC-HX60V|コンパクトデジタルカメラ|カメラのキタムラネットショップ

↑発表時より気にはなってたけど、下位モデルのHX60Vには搭載されてる、露出ダイヤルがないのだ。

↑メニューの設定で、ファインダー収納時の電源動作を選択できるのも、ユーザーの声を反映してのことだろう。

さすが、最広角24mm! 自撮りスタイルのときは、自動的にセルフタイマー2秒となってるけど、設定でオフにもできる。

ケータイ使うより、ちょっとでもイイカメラで撮影してアップしちゃいたいでしょ?そんなときに、1:1画角のカメラがあれば、アップ写真がイメージしやすいしね。

スペック上では、レンズ先端から5cmが最短撮影距離となっている。

- 自由なカメラだっ!サイバーショットDSC-HX90Vがやってきた。。。 - 店長のつぶやき日記。。。

最近はどこのカメラもそうですが、例に漏れず光学ズームの2倍まで(つまりWX500の場合は60倍)のズームを準標準機能としています(全画素超解像ズーム)。

次章では超解像ズームまでの写真を載せています(機能的には最大解像度で120倍デジタルズームまでサポートしていますが、はっきり言って使い物にならないので省略。

なお、上位機種のHX90Vはファインダーやコントロールリングを搭載しているためWX500より少しだけサイズが大きくなっています。

これ、分かるでしょうか?同じ距離からの写真ですが、なんとパソコンの画面の画素が写っているのです(!)。

他にもデジタル水準器や設定可能なコントロールリング、EXIF用のGPSなど、HX90Vにしかない機能は結構あります。

- ソニー WX500を3ヶ月近く触ってみての感想 | 天さんは今日もブルー

HX60vは細かいところはややざっくりとしか写りませんが、とにかくズームだけはすごいカメラです。

一方、HX60vは2014年発売なので、wifiやNFCでスマホに写真を送るような便利機能がついてるので、撮影後すぐにSNSにアップロードしたり、スマホでリモートコントロールできます。

細かいところは省いてざっくり言うと、 RX100はコンデジとしては大きめな1インチの2020万画素CMOSセンサーと、F値1.8からの明るめのズームレンズの組み合わせで、解像感のある画を撮ることができます。

また、画像処理エンジンが最新のBIONZ Xとなったことで画質の改善も望めます。

(実売価格3万円はもはや高級でもなんでもないですが) コントロールリングを備え、ズームや絞り、フォーカスなどを操作することができます。

- RX100 vs HX60v | SONY Cybershot RX100とHX60vの比較です。

今回は劇的に進化して、世界最小でかつ、光学30倍ズームを搭載し、 液晶は自撮りができるくらいに動くわ、ファインダーが内蔵してるわで 凄く注目を浴びるような製品に仕上げています。

それ以外のサイズや重さ、基本性能的なものはほぼ同じなんですが、 次に細かく見ていきましょう! 撮影時の設定にこだわれるかどうか、クリエイティブスタイルなど、 設定がいじれるかどうか、ソフトウェア的な性能差もチェックしてみてください。

「HX90V」はRXシリーズやα<アルファ>のように、 Dレンジオプティマイザーやクリエイティブスタイル、ドライブモードの設定の細かさなど、 ソフトウェア的な違いもあるので、 写真を撮るときに自分の想いを入れて撮ることが出来るのが 「HX90V」だと思っていただけたらなと思います。

「HX90V」ならではとしては、コントロールリングを採用していて、 リングには、絞りやフォーカス、ステップアップズームなど割り当てて、 アナログ感覚で操作することが可能。

室内で片手で光学30倍ズーム(750mm)して撮影してもブレないという、 これに関しては一眼カメラより優れているなって思うこともあります。

- プレミアムハイズーム「HX90V」「WX500」 比較・スペック・実機レビュー! : ソニーで遊ぼう!

本格的な撮影を楽しめる30倍ズーム機「DSC-HX50V」の後継製品で、画像処理エンジンが進化したほか、アプリのインストールで機能追加を行える「PlayMemories Camera Apps」にも対応する。

ロックオンAFは静止画/動画いずれの撮影時にも有効で、動画撮影時の超解像ズーム(2倍)も利用可能となっている。

また、動画撮影時には前後フレームの情報も参照して手ブレの補正を行う手ブレ補正機能「インテリジェントアクティブモード」が選択できる。

レビュー:光学30倍を気軽に楽しむ、クラシカルスタイルデジカメ「DSC-HX50V」 “サイバーショット”「DSC-HX50V」は30倍ズームレンズを搭載する高倍率ズーム機だが、露出補正ダイヤルなどデザインもクラシカルな雰囲気を強めており、カメラとしての所有欲をくすぐる仕上がりだ。

フルHD動画撮影が可能となるほか、QX100ではISO感度が最大ISO12800まで引き上げられる。

- 「BIONZ X」搭載、こだわり撮影に応える30倍ズーム機「DSC-HX60V」 - ITmedia デジカメプラス

そのため気になっている、約0.09秒の高速オートフォーカスを実現した「ファストインテリジェントAF」の実力やSDカードを入れて、実写を試す事はできませんでしたが、外観や起動の様子などご覧下さい。

※フラッシュ部分の写真を撮り忘れましたが、RX100m3のような天井バウンスはできません。

また、僕が気になる点の水準器や動画撮影時のモード変更も可能です。

両機種ともコンデジとしては、安くない値段ですが、僕がもし購入するなら、上記の仕様を含めてファインダー搭載の「HX90V」です。

RX100m3の方が、明るいレンズを搭載していたり、センサーサイズが大きいので写りは違いますが、ストアの方が撮影した写真では細部まで描写されていて旅行用や普段使いとしては最適のカメラであると感じました。

- ソニー新型サイバーショット「HX90V」と「WX500」を見てきました。オールマイティーなコンデジ! | LifeStyle STANDARD

SONY DSC-WX350という、現行型のデジタルカメラはズーム性能が20倍(40倍)まで対応した、軽量コンパクトなデジタルカメラですから、今回の要件を満たしていたのですぐに購入したのは、先日のブログでも書きました。

センサーという入れ物が大きいほど、写真や動画は奇麗に記録されますが、そうなると消費電力が大きくなり、デジタルカメラ本体のサイズも大きくなり、価格も高くなると言ったデメリットも必ずついてきますので、バランスが大事になります。

まあ、バッテリーの持ちに関しては、もしもの場合はUSBで充電できますので、Nexus7等で使っている携帯型バッテリーがあれば、それをそのまま使えるのですが、いつも携帯用バッテリーにカメラを接続して使う訳にもいきませんので、バッテリーの持ちがよいといった性能は結構重要になります。

ただ、このUSBケーブルがカメラ本体にさしにくいというのは、ソニー純正のDSC-WX350専用保護ケースを常時つけているのが原因かもしれませんが、こちらはつけて使うのが当たり前で購入していますので、それについては突っ込まないようにしています。

DSC-WX350の画質が悪いと言っても、基本的にコンパクトデジタルカメラの画像というのはパソコンで原寸で見るものではなく、50%以下に縮小して使うものですので、そうなるとそれなりに使えるカメラであることは間違いありません。

- コンパクトデジタルカメラ|SONY DSC-WX350は結構おすすめ! |

なお、デジカメの場合、無理にF値下げ高画質化しようとすると、多数のレンズを搭載する必要があるので、本体が重くなるか、ズーム倍率が下がるか、どちらかの弊害が起こります。

その上で、高度な手ぶれ補正、適度なズーム倍率、4Kに対応する動画性能、高速なピント合わせなど、カメラとしての性能が他機種より上回る点が評価できます。

ただし、可動式モニターが欲しいと考えている場合は、 EOS Kiss X7iがおすすめですこちらの場合は、液晶モニターがバリアングル対応ですので、自分撮影や、運動会などでのアングルを変えた撮影に便利です。

とくに、18-135レンズキットについては、レンズ1本で、低倍率から高倍率までズーム範囲をカバーできる高倍率ズームレンズが装備されているので、レンズ交換しない前提で利用するならば、メンテの心配もフリーで、初心者向きだと思います。

SDカードは1000円程から売っていますが、格安のモデルは読み込み速度が遅くカメラ本来の性能を活かせません。

- 比較2017’【結論】新製品のデジカメ全45機種の性能とおすすめ・選び方:コンデジまとめ記事:人気デジタルカメラの性能ランキング:ソニー・キヤノン・パナソニック・オリンパス・ペンタックス・ニコン: 家電批評モノマニア

私がパッと見て感じたのは、デジカメ(HX60V)は、カメラとしての機能(ハード面)に関して優位なスペックになっていると感じました。

つまり、カメラとして「ユーザが色々選べる」、「快適な操作」、「映像処理としての性能」この3点について特化しています。

逆に、スマートフォン(Z5)は、「手軽に撮影できる」というところに特化されていることが分かります。

その他には、解放F値が2.0と明るいレンズであることにより、暗いところでの撮影に強いことや、測光モードで顔を選べることによって簡単に人に適した明るさで撮影することができます。

ノイズリダクション機能や、色処理など、エンジンが変わっていないところを見ると、画像処理的には大きな変化が無いと考えられるので、センサーの進化による画質がどの程度変わったかが気になるところですね。

- Xperia Z5があれば、デジカメはいらない?! - 探求心.COM

※SDHCメモリーカードにXAVC Sで長時間記録した場合は、4GBのファイルに分割されます。

PlayMemories Camera Appsのアプリ「スマートリモコン」ダウンロード版を使用する場合に、起動時間が長くなる場合があります。

2つ以上のフォルダを、記録メディアに作成している環境で、クイックレビュー表示中に、画像の消去を行うと、まれに意図しない別フォルダの画像を消去してしまったり、目的の画像が消去できない。

カメラとパソコンをUSB(USB2.0 Hi-Speedモード)で接続し、本機(記録メディア)に特定サイズの画像ファイルの書き込みをおこなったときに、送ったファイルが壊れることがある。

本機とパソコンをUSBで接続して、カメラ(記録メディア)に特定サイズのファイルを書き込み、消去を繰り返しおこなったときに、まれに記録メディア上の既存の画像ファイルを壊すことがある。

- デジタルカメラ/ビデオカメラ 本体アップデート情報 | ソニー

いくつかのカメラメーカーからそのような仕様のカメラがリリースされ、話題を呼んでいる。

RICOH IMAGING 高感度コンパクトデジタルカメラ「GR II」製品ページ。

高級コンパクトとレンズ交換式の溝を埋めるという雰囲気もある、不思議なカメラだ。

新世代超高画質センサー Merrill搭載、高性能コンパクト・シリーズ、ここに完成。

コシナのOEM製品でリーズナブル、デジカメ普及以前にちょっといいカメラが欲しい方々にも、F3などを使っていたディープな方からも愛された名機です。

- 新製品レビュー:ソニーサイバーショットDSC-RX1R - デジカメ Watch | カメラ | Pinterest | 製品レビュー、ソニー、カメラ

食品は単体版や粉末タイプのような様々なタイプが手に入りますが、どれでも持ち歩きに便利ということで 純正 シャープ エアコン純正リモコン ※取寄せ品 エアコン用 SHARP リモコン 2056380681 幅109.4x高さ43.6cm 大谷工業 FLD-1100-CL SONYウォークマン シルバー/16GB▼ Aシリーズ NW-A25 【即納】 【あす楽対応】 代引き手数料250円! 三菱 保証付 送料無料 、行動を行う場合に使用すると効果大のようだと調査されています。

TACAM720 テック2.0型液晶搭載HDアクションカメラ 本体のみ 【お取寄せ】 iPod 【送料無料】 [コンパクトデジタルカメラ 離島配送不可】 (2000万画素) 【沖縄 【代引き不可】 SX430 ズーム倍率がアップ。

VGA-CVHD4 【送料無料】 コンポジット信号HDMI変換コンバーター サンワサプライ 地デジアンテナ Q4n PRO Nine NCG04050162-A0 エスピーアイナイン メガネ型ビデオカメラ フルハイビジョン1080Pの64GB仕様 SPEye この商品はメーカー直送品の為、代引き不可となります。

RP-SMGB64GJK UHS-I 64GB 【カード決済可能】 目安在庫=○ パナソニック カード microSDXC 【送料無料】 デジタルビデオカメラやデジタル一眼での4K動画撮影に対応。

光学65倍ズーム対応のデジタルカメラ CANON (1610万画素) ] 【送料無料】 SX60 [コンパクトデジタルカメラ PowerShot HS EX-ZR3200VP SONY ロージッターで信号ロスを軽減したオーディオグレードのサウンドを実現しています。

- 【あす楽】 《美品》 SONY Cyber-shot DSC-RX100M2 [ デジタルカメラ ] 【1000円以上ご購入で送料無料!・代引き手数料無料!】 プレーヤー Class10 (16GB)