コンパクトデジタルカメラ

Sony

DSC-RX100

レビュー

私はカメラのことは本当にど素人なのですが、iPhoneで撮影する写真や別に持っているリコーのデジカメの写真と比較するとかなり違います。

iPhone6で撮った下記の写真2枚↓ 同じ場所で時間帯もほぼ同じなのですが、iPhone6は明るく撮ろうと頑張っている感が出ちゃっています。

それでも綺麗な写真がバリバリ取れますので、手のひらサイズでコンパクトでこれからどんどん外出の時には持ち運びたいなと思いました。

でもスマホのようなコンパクトのレンズではどうしても限界があります。

なぜ一眼カメラはあんな大きいのか?という理由が搭載されているレンズでかなり写真の映りが変わるんです。

- 高性能デジカメ『DSC-RX100』レビュー。3年経ってもずっと人気上位の理由は? | おいどんネット

そこで、ミラーレス一眼よりもコンパクトなサイズで、スマートフォンよりも綺麗な写真を手軽に撮影できる高級コンデジが欲しくなったのです。

SDカード、バッテリー、micro HDMI出力は底面にあります。

プレミアムおまかせオートで、完全にカメラ任せでの撮影ですが、なかなか綺麗に撮れているのではないでしょうか。

レビューと言いつつカメラ初心者すぎて他機種との比較もできませんし、写真をお見せするくらいしかできませんね。

RX100の各モデルの差も詳しく書かれているため、購入前に読んでも良い本です。

- 【高級コンデジ】SONY Cyber-shot DSC-RX100を買っていたので今更レビュー - 力こそパワー

レンズ固定式なので、画を構成するレンズやセンサーの能力を切り出して推し量ることはできないのですが、つくづくデジタルカメラとはパッケージングだなあと、あらためて感じさせられます。

使い勝手もまさにコンパクトデジタルといった印象で、このカメラより大きなセンサーを搭載する、いわゆるコンパクトで高画質なカメラより1枚上手な使い勝手という印象です。

AFもキビキビ動いて精度も抜群、ワイド端に限りますがコンパクトデジタル並に寄ることもできます。

ちょっと撮らせてくださいね、と撮影させて頂いたのですが、コンパクトデジタルの美点はシャッター音の小ささ。

リングに割り当てられることは便利ですが、たとえば露出補正でもリングを回すという行為にクリック感が伴えば、液晶画面で補正値を確認せずとも察しがつくわけです。

- SONY(ソニー) RX100 実写レビュー | フォトヨドバシ

レンズの違いなのか? 画像処理エンジンの違いなのか? 色の出方もかなり違っています。

この中でセンサーは一番小さいというのに^^; 小さいサイズで高画素のセンサーというとDRに不安を感じますが、RAWで撮る分には問題ないかと。

実際、Carl Zeiss銘のレンズはそれなりに持っているのですが、レンズの区別はそのレンズが得意とする領域でないと識別できません(笑) 1インチの撮像素子っていいですね。

まあ実際はレンズ交換式カメラ無いと汎用性に欠けるので無理ですが、こと街撮りに関しては 今後主力のカメラになる事は間違いなさそうです。

つたないレビューですが、少しでも参考になったのなら幸いです^^ S90もよいカメラですが、RX100を使うと戻れなくなることは間違いないです。

- ヲタにつける薬なし : 結局買った、理想のコンデジ。SONY Cyber-shot DSC-RX100 実写レビュー(+ヤマノススメ5話のカットを回収してきた)

そのコンパクトな筐体と反比例し1インチの大型センサーを搭載、レンズもカールツァイスと凝った内容となっています。

1インチの大型センサーを搭載した、いわゆる画質重視のカメラの中ではかなり安い方の部類に入ります。

基本的にはポケットに突っ込んでおけるコンデジがツーリング先での利用に向いているのですが、その中でもRX100はコンパクトながらも一定の画質が保証されており、とても重宝します。

RX100は接写は苦手という方もいらっしゃいますが、確かに一眼レフとマクロレンズの組み合わせには負けてしまいそうです。

GRⅡを購入した時は、流石にRX100より良いカメラだ…と思いましたが、RX100でも工夫次第でこの差はほぼ埋められる様に思います。

- SONY DSC-RX100のここが凄い!【レビュー】 - UnderPowerMotors

について、カメラ初心者目線でレビューしていきます。

私は、子供が生まれたときに『Canonの一眼レフカメラEOS Kiss X5』を購入しました。

『出掛けるときは、財布と携帯だけあればいいじゃん』って思っている私には、一眼レフカメラの『持ち運び性の悪さ』が耐え難いものでした。

一眼レフカメラに比べて、コンデジだと、レンズの交換も要らないしポケットに収まるサイズ感がとても魅力的に感じました。

なにより、価格も3万円後半とお手頃感も相まって、『初心者にオススメのカメラ』といろいろなブログやサイトで紹介されていました。

- 【レビュー】高級コンデジRX100をカメラ初心者が買ったら・・・ - MEDIOCRITY BLOG

RX100の利点は、汎用マイクロUSBで充電ができることです。

旅先でノートパソコンがあるのなら、それで充電することもできます。

レンズ交換式機はレンズが交換できる魅力が、逆にマイナスになることもあります。

RX100は大センサーを搭載したレンズ収納式でありながら、これだけコンパクトに仕上げたのは傑作と言ってもいいと思います。

感度は3200まで上げても使えますし、レンズ一体型で画質がよくコンデジのように気軽に使えるとなれば、RX100が筆頭になっています。

- ソニー RX100 レビュー比較 評価 評判 | デジカメレポート

その点RX100は、ポケットに入るサイズ。

1インチのセンサーと、ZEISSレンズが作り出す高画質。

RX100の絵作りは、気持ち良い解像感とはっきりした色味ですし、スマホの何倍も大きいセンサーなのでボケも作れるし、暗闇にも強い。

しかし実際のところ手持ちで瞬間を切り取る「スナップ写真」には28mmの方が向いています。

他社から、今年になってやっとライバルと言えるコンデジCANON G9Xが出て、来年はニコンからも1インチセンサーのコンデジが出るようですが、これらライバル機の登場によって、RX100の商品寿命はようやく消費されだしたと言えます。

- 初代RX100のレビュー!いかに素晴らしいカメラなのかを語る。 | COLA BLOG

というのも、RX100はmicroUSBが付いていて、そこから画像データのコピーとUSB充電が出来るようになっています。

なので、家に帰って、パソコンとRX100を接続して、画像データをコピーとして、その後はそのままPCに繋ぎっぱなしということをよくしています。

でも、今回のRX100は動画撮影時もUSB給電ができるので、バッテリーに困ることがありません。

以前使用していたHX5VはAFエリアを自由に変えることができず、仕方なく中央スポットAFでピントを合わせたあとに、構図を変えるというやり方をしていました。

ただ、これもさすがRX100なのですが、ホワイトバランス設定時に細かく微調整が出来るようになっていて、私はA2というやや赤よりの設定で撮影しています。

- DSC-RX100 1年使用レビュー | Ke-Kun Base

デジタル一眼レフカメラやノンレフレックスカメラの画像を日常的に見慣れている私などでもそうなのだから、コンパクトデジタルカメラを主に使用しているユーザーにとっては驚くべき画質なのではないだろうか。

高い画質を維持しつつレンズ本体を小さくし、コンパクトなサイズのカメラとすることができたという。

画質の良い写真を撮るにはレンズ交換式カメラでなければダメという、ある種の固定概念を覆すかもしれない1台だ。

オートHDRは輝度の差を自然なかたちでうまく縮めてくれているが、1回の撮影時に複数枚の撮影を行なう必要があるので、カメラが動かないように気をつける必要がある。

一方、Dレンジオプティマイザーは1枚の画像からトーン調整を行なうので、通常と変わらぬ撮影が可能だ。

- 新製品レビュー:ソニーサイバーショットDSC-RX100 - デジカメ Watch Watch

実際このカメラ、「3:2」の比率で撮影できるのが良い! 最近のソニーのコンデジは広角をうたいたいがために「4:3」比率だったので、 一眼カメラ使っている僕には、どうも画角が良い感じに撮れなかったんですよね。

これだよコレ! これならデカいα77みたいな一眼カメラを 食べ物屋さんに持ってはいってバシバシ写真を撮っている姿に ドン引きされることは無くなるかな(笑) DSC-RX100 28mm、F1.8、1/40、ISO125、+1.0EV、WBオート 画像をクリックすれば大きく表示されます。

(一眼クオリティを知っているだけに) 全体に楽にピントを合わせるのには今までのコンデジが向いているとは思いますが、 等倍に拡大した時のクオリティを考えると、 このカメラでしっかり絞って撮れば、もっとクオリティの高い写真が撮れます。

(言っちゃった...) 一眼カメラの魅力はレンズ交換で、 シチュエーションに合わせて様々なレンズを使い分けて撮影するといった使い方ができますが、 一眼カメラ買って標準レンズのまま、それ以上発展していない方はこれでも十分です。

いやマジで! 超望遠ができない!、マクロ撮影ができない!外部フラッシュに対応しない! 望遠端でもF2.8固定の超明るいレンズが使えない!別売りフィルターに対応しない! などなど、 ↑この条件が必要のない方はマジおすすめです(笑) 従来のコンデジユーザーの次のステップアップは、この高級コンデジで決まりですね! これにどっぷりハマれば次は一眼カメラへのステップアップをおすすめします。

- 最強高級コンデジ!「DSC-RX100」実写真レビュー!(作例いっぱいだよ~!):ソニーで遊ぼう!:So-netブログ

ブログ用に500ピクセル、写真をクリックすることで、大きめに表示。

1インチセンサー搭載のフルハイビジョン動画撮影を期待している方も多いはず。

私の場合、ぼかして撮影出来るセンサーサイズに、絞り優先が使えてマルチアスペクト。

ツァイスのロゴはステッカーでも、レンズのT*は刻印なので、 これで十分な気もします(^_^;) 映像素子が変わっただけだからなのか、映像エンジンも変わったのか、 はたまたレンズの性能なのか、 最近のサイバーショットは、等倍で見たら何だこれ?だったのが、 RX100はしっかりした絵が出てますね。

yogawa55はやぶささん こんにちわ♪ レンズは実はそうでもなかったりするのですが、 高性能でワクワクする内容というのには違いありません。

- 奥が深いぞ! ソニー DSC-RX100 レビュー:ソニーな、お店が大阪にあった|ソニーショップさとうち

どうしてもフルサイズの一眼レフカメラが重くて、さらにそれにつけるレンズまで重いんです。

NEX5Rを買った後にフルサイズを買ったのですがフルサイズの画質になれてしまうとやっぱり見劣りしてしまいました。

多くのカメラの開放側は使えない事も多いみたいですがRX100もそうでした。

ただそれ以外ではRX100は相当画質も綺麗だと思います。

ちなみに、もし一括でお金が払い得ないけどカメラは欲しいというのであればマップカメラ(中古カメラ最大手?)でシーズンによるですがローンの金利が24回~36回まで無料と言うキャンペーンをやっている事が多いのでとても利用しやすいですよ。

- SONY RX100【コンデジ】の使用レビュー | カメラと大人の趣味の時間 | CAMERA BLOG

もちろんRX100M4時点で最高シャッタースピードを1/32000秒(電子シャッター)に進化させたのは写真性能も手を抜いていない証拠ではある。

動画なんて使わねーよって人にとってRX100M5は高すぎるカメラだけど、動画も撮ってSNSにアップする時代のニーズを製品化してる点は素晴らしい。

スペックや動画の質もすごいが、5軸手ブレ補正を使えて、コンパクトと性能を両立させたRX100Vの手軽さは異常値と言える。

初代RX100はコンデジなのに写真も動画も一眼レベル!ということで多くの一眼レフユーザーが飛びついた。

それは今でも揺るぎないが、RX100Vがあればとっておきの瞬間にすら一眼カメラは必要ない。

- RX100V レビュー このコンデジを絶賛するつもりはない!予定でした・・・

私は現在ニコンD7000を2台首からぶら下げてますが、これが観光地だとやたらめったら目立つこと目立つこと……やはりデジイチ1の1台に、なんかすごいコンデジっぽいもの、のほうが良いかなあとも。

>あさひわ@asahiwa.jpさん 参考になっていれば幸いです^^ コンデジとしては破格の描写性能なんで、一眼のお供として最適な選択肢の一つなのは確かですね~ イベント会場や展示の全景を撮る役割を安心して任せられると思います。

しかしポケットに入るサブカメラとしては魅力的でなりませんね。

レンズにもよりますが、NEX-5Nのほうが総じて満足感の高い絵を吐き出してくれると思います。

ただ、コンパクトさと画質のバランスにおいてはRX100に軍配が上がるので目的に応じて使い分けるのもいいかもしれません…と背中を押してみたり。

- ふはフィギュアのふ SONY サイバーショット DSC-RX100 レビュー

「DSC-RX100」は、ピントがあう部分は力強くキレがあり、それ以外の部分では自然なぼけが表現できる。

作例2のように、しっとりしたコケの風合いや滑りのある質感もうまく表現できていますよね。

実は今回、「DSC-RX100」を使ってみて一眼カメラではなかなか撮れないもの、このカメラでなくては撮れないものがあることもわかりました。

(作例3)のエゾリスは警戒心が強く、大きなカメラをバッグから取り出し、レンズ交換の作業をしていると逃げてしまい普通の人は撮るのが難しい被写体です。

一眼では広角レンズの最短距離は短くても20cm くらいですから、28mmの広角で小さな被写体を大きく、背景をここまでぼかすのも難しい。

- プロも唸る「DSC-RX100」の魅力 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

RX100M5の良い所は、強力なAF性能、ミラーレス機や一眼レフと比較した場合の圧倒的な軽さとコンパクトさ、4Kも撮れるしスローモーションなど動画撮影の能力がかなり高い、画素サイズはコンパクトデジカメとしては大きめな1インチサイズ、レンズも最適化されていて画質も綺麗と言ったところです。

安くて簡単に綺麗な写真が撮れるカメラは他にもありますが、RX100M5は、趣味性の強いカメラです。

デジカメ、スマホからステップアップしたい方 ← カメラ初心者向けとしてはSony RX100 Vは値段が高いのでミラーレスをすすめてしまうかも。

M3から性能が良くなっている点がAFと動画(4k)なのですが、この機能を重視するのであれば、M5を購入された方が満足度は高いかと思っていたから。

或いは5万円程度に予算を下げてペンシリーズを買って、余ったお金でレンズやフラッシュを追加すると言うのが写真好きとしては一番幸せになれるかも。

- DSC-RX100M5 評価とレビュー RX100M4の方がお勧めでは? どこが変わったの? - しろくま無添加 子連れ旅行記&カメラ

スマートフォン、タブレット、デジタルガジェット、モバイル、フラッシュライトなど日々の色んなことをテーマに。

良い点: ・価格が発売当初よりも40%くらい安くなっている ・しかし、元値が高級コンデジなので、似たデザインの望遠モデル(WX500, HX90V) よりは遙に質感が高い点 ・大ヒット製品だけに、アクセサリ類が豊富 ・名前だけで見栄の張れる、Zeiss(カールツァイス)レンズ。

・RX100M2以降のチルト液晶でないので、非常にコンパクト(RX100シリーズの中では) ・何と言ってもデザインが至高。

ちょっと気になった点: ・撮影後、すぐに再生ボタンを押すと、処理中表示で待たされます。

SDカードはみな同じか、むしろ高速タイプも選択したけどダメ。

- 【レビュー】今更、DSC-RX100を買ってみた(SONY CyberShot): See_You_Laterのブログ Part 2

M1からM5までの違いは、液晶モニタが動かせるかどうかや、処理スピードの向上などがあるのですが、肝心のカメラとしての性能はまったく同じ。

というわけで、今回はなんとか手の届くRX100のM1を購入したのですが、撮影性能は同じなので、まったく問題なしです。

同サイズのイメージセンサーを使っていても、やっぱりメーカーの色づけというか、味付けによって、写真の風合いがこんなにも違うんだということに驚きます。

その点このRX100が、それはもう、わざとらしいくらいにボケてくれるので、一目見ただけで「おおおお!」という写真が本当に簡単に撮れるんです。

たしかにスマホのカメラの性能もびっくりするほど向上していますし、だいたいのスマホのカメラはソニー製ではあるのですが、やはり単体カメラで撮影した画像には絶対にかなわないと思うんです。

- DSC-RX100のレビュー。ふつうに撮るだけで、なんでも美味そう見えてワロタw

かさばらないサイズで、持ち運びやすい重さ(約240g)というのは、やっぱり楽です。

わたしの用途(ブログ用、主に物撮り)では、1.0型センサーモデルで十分なようです。

1.0型センサー搭載のデジタルカメラが4万円以内で手に入るのはありがたいですね。

ミラーレスは確かに画像がキレイなんですけど、コンデジに比べると大きく・重いので、使うのが面倒になる可能性があります。

写真が趣味だという方なら、ミラーレスや一眼レフもありでしょうが、わたしのように実用のみであるならば、コンデジがオススメです。

- 1.0型センサー搭載デジタルカメラ SONY DSC-RX100のレビュー | メモトラ

このコンパクトサイズで一眼レフカメラに迫る写真が撮れるのは素晴らしいです。

一般に出回っている1/2.3型センサーサイズのコンデジよりか、かなり高価なカメラですが1型センサーサイズと大きいセンサーのため、素晴らしい写真が素人でも撮影できます。

  RX100のバリゾナーTレンズ      操作しやすいダイヤル        1.0型センサーと名高いレンズ     プレミアムオートで簡単にいい写真   初代RX100購入一年後、ソニーの一眼レフカメラ α57も購入しましたが、ズームや動いている子供を撮影する以外は、RX-100に劣る部分が見つかりません。

当たり前ですがRX100はコンパクト! 1眼レフカメラに迫る画質。

玄人の方には賛否両論あるオートポートフレーム(自分が撮影した写真とは別に、人物中心のフレームで自動でトリミングして、もう一枚保存してくれる機能)では、私では撮影できないようなフレームで撮影していてくれて、これはいい!と思う写真がたまに撮れています。

- RX100初代【購入レビュー】デジカメの最高画質!

もう1つは背面にある液晶がチルト液晶ではなかったこと。

チルト液晶というのは、可動式の液晶ディスプレイのことで、例えば自撮りとか、地面に近い部分で撮影する時に便利なのだが、NEX-5でわりと使っていたようで、ない事が不便に感じるようになった。

初代RX100は発売から3年以上経過し、価格がこなれて非常に魅力的だが、僕が重視するWi-Fiやチルト液晶に対応していないため候補から外れる。

ちなみに、RX100M4については、進化のポイントが動画撮影性能であるため静止画はM3とあまり変わらない事、10万オーバーと価格が飛び抜けて高い事から候補から外した。

広角である事(広角レンズなので広く撮影される)はスペック通りだが、素人が手持ちオートで適当に撮影した写真でも違うなって思う。

- SONYの高級コンデジRX100M3レビュー。初代/M2/M4との比較と購入理由を紹介します | アナザーディメンション

RX100m4は非常にコンパクトでホールド感が悪く滑りやすいので、こういったグリップは安全を考慮して付ける事をおススメします。

ここ最近、SONY RX100M4を購入して、時間がある時にひたすら動画を撮影していました。

あと、私は4Kが撮影できるPanasonicのLX100も使っていますが、操作性やホールド感などを考えるとLX100の方が使い易いです。

私がRX100m4を選んだ理由は、RX100m3時の延長上で、いつでも持ち運びができて多彩な高性能な機能が詰め込んであり、綺麗な写真や動画が撮影できる点です。

4Kやスーパースローモーションなどの言葉から見ると、それだけが上乗せされたカメラに見えますが、4K撮影などの動画撮影時の細かい設定は、動画を撮る人に撮っては嬉しい機能が満載です。

- 【ファースト レビュー】RX100m4を一日使ってみての感想。期待通りの高級コンデジ。動画撮影の設定がスゴイ。しかしスローモーションの使い勝手が・・ | LifeStyle STANDARD

2020万画素、1インチの大型センサーを搭載し、解像度の高さと暗所ノイズに強い、という触れ込みではありましたが、いざ、実際に自分の手にして普通にシャッターを切って撮れた写真がこんなにきれいなものだとびっくりします。

ここがNEXシリーズとの違いになると思うんですが、ハードウェアスイッチとしてモードダイヤルがあるので、電源を切っている状態でも次の撮影シーンでどの撮影モードを使うのか決めておくことができます。

フォーカスモードがDMFというAFのあとにダイヤルを回すことでマニュアルフォーカスができるようになっていたり、ISO感度がマルチショットノイズリダクションという連写モードになっていたり、クリエイティブスタイルはビビッドでさらにコントラスト+2、彩度+2、露出も+0.7EVになっているというもの。

通勤の際にもバッグに入れておいて常時持ち歩きたくなるサブカメラ」を目指しているということになっていましたが、実はこれ、サイバーショットをお使いでデジタル一眼カメラにステップアップする方にも良いのかも。

」というのは、どういう事でしょうか? お料理を撮る際、自分の影などを避けるために接写モードを解除して少し離れてズームする事がありますが、そういう時でも30センチくらいの距離で収めるには、どのように設定すれば良いのでしょうか? チューリップマークのままでズームした方がいい、という事ですか? また、「テレ側いっぱいまで使って超解像ズームを利用」というのはどうすればいいのでしょうか。

- NEX-7を超えた!? サイバーショット『DSC-RX100』店員レビューレポート:ソニーショップ クロニクル3:So-netブログ

私はSDカードを挿入しているが、これを取り外すときに内部のバネの力強すぎてSDカードがぽ~んと1mくらい吹っ飛んでしまった。

RX100 M5はUSB充電に対応しているので、バッテリーは基本的に取り外して充電する事はない。

とは言え、今こうやって記事を下記ながらRX100 M5の瞳AFの操作方法を学んだので次回は瞳AFを駆使して臨みたい。

1型センサーの高感度の粗も見えづらいので日常系のブログに添える写真を撮るカメラとしては最適かもしれない。

明るいレンズと強力なAFで屋内の猫カフェやふくろうカフェなど、大ぶりなカメラを持ち歩き難く、かつ結構動く被写体を撮影する時に非常に有効。

- 捕捉力抜群の”小さい巨人” ソニー DSC-RX100 V レビュー【RX100M5】 | とるなら~写真道楽道中記~

1型センサーの描写は!?~(AV Watch) △まずボディだが、サイズ感としてはまさに普通のコンデジサイズと変わらない。

△撮像素子が1インチあることで、ボケ味が良いことがウリになっているが、まあ35mmフルやAPS-Cサイズに比べればずいぶん小さく、あんまりボケないよねーといわれるフォーサーズよりもさらに小さいわけで、そんなに派手にボケるわけではない。

特集 ソニーサイバーショット SONY DSC-RX100(monoX) △小型ボディの中にレンズ交換式カメラと同等レベルの描写性能を搭載したという点で、「ソニー初の高級コンパクトデジカメ」と呼ぶにふさわしいカメラです。

起動時間こそ一般的だが、その後のAF、レリーズタイムラグ、撮影間隔などの一連のレスポンスは、一眼レフカメラを思わせるスピード感が得られた。

△コントロールリングはS100のようにクリック感があるものと異なり、ある程度のトルクで滑らかに動くものです。

- コンデジ最強?! ソニーDSC-RX100 レビュー集 » デジカメNEWS

カメラというのは、持ち主のライフスタイルや使用用途によって選ばれるべきだと思うのですが、ここ数年で僕のライフスタイルはかなり変わってしまい、ずっと使っていたデジタル一眼レフカメラ「 SONY α65」では不便なことが増えてきました。

今の主な使用用途は、「出先でブログのネタになりそうなものを即興で撮る」「ブログで紹介するアイテムを家で撮る」「ロードバイクでのツーリング、旅行時の記録写真を撮る」といった感じなんですが、この全てで感じるデジタル1眼レフの欠点があります。

シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出などの撮影モードはバッチリ備えてるし、フルHDのハイビジョン動画も撮る事ができます。

多くのデジタルカメラが、専用のACアダプターなのに対してRX100M3はUSBから電力を供給できるんですが、これが地味に助かる!モバイルバッテリーからも充電できるし、その他のデジタルガジェットのアダプターなどを流用することができますから。

元が明るいレンズなので、シャッタースピードを下げることなく手持ち撮影で余裕です。

- 最強のハイエンドコンデジ「DSC-RX100M3」をレビュー!一眼レフカメラいらねーやこりゃ | 超ゲームウォーカー

一眼レフ上位機種に乗るような性能を搭載してきており、私は普段ソニーのフルサイズ一眼のα7IIを使用していますが、正直画質の面以外ではコンデジのRX100M5に性能負けしてしまっている点が多いほどです。

私は今まであまり動画を撮ること自体少なかったのですが、RX100M5は動画性能がかなり優れています。

この小さなコンデジで4K画質で撮影ができてしまうのでお手軽感が凄く、RX100M5があればハンディカムのようなビデオカメラをわざわざ買う必要性はかなり薄くなるのではないかと思ってしまいます。

RX100M5で動画撮影してみた限りでは、ハンディカムのような商品はそもそも持ち方で安定性があるのもありますが、手振れ補正については動画専用機に比べるとまだまだ劣っている面も否めません。

それを普段使いのコンデジで手軽に撮影ができた方が、余程一瞬一瞬の機会損失がないように私はRX100M5を使っていて思いました。

- SONY DSC-RX100V(RX100M5)を購入したのでレビュー!写真も動画もこれ一台で全てこなせます! – &CAMERA | カメラと毎日を、もっと。

1インチサイズの大型のセンサーを搭載し、F1.8という明るいレンズを組み合わせることにより、デジタル一眼”α”の様なボケを生かした写真が撮れるコンデジとして発売時には大きな話題となりました。

メモリー機能には光学ズームいっぱい、DレンジオプティマイザーLv5、クリエイティブスタイル:ビビッド、露出+0.7EVという食事記録専用モードを作って、これで毎回撮影しています。

24-70mmのレンズはデジタル一眼カメラにステップアップしたときも標準ズームレンズと同じ距離感で撮影ができます。

これは木曽駒ヶ岳に行ったときのものですが、デジタル一眼"α7S"をメインで撮影しつつも、サブカメラでRX100M3も持って行っていて、撮影の合間にRX100M3でも星景写真を撮ってきました。

RAWモードでの撮影もできるので色は後から調整をしていますが、そういうことができるのもRX100M3ならでは。

- サイバーショット『DSC-RX100M4/M3』店員レビュー:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

そこらの小型スマートフォン並の大きさで、ボディ内には1.0型の大型撮像素子を搭載した超高画質コンデジだ。

このあたりは同価格帯のモデルでも突出した特徴ではないが、1.0型の撮像素子と合わせるとこの特徴は大きなメリットを持ち、他のコンデジが決して真似できないボケみや深さのある写真を映し出すことができる。

そのため一眼レフユーザーのサブ機として非常にオススメしたい。

操作性としては、レンズ周囲についたコントロールリングでの、あらかじめ設定しておいた各種設定への切り替え機能が目に引くものの、このあたりの操作性自体についてはそれほどよい評価は出ていない。

写真の質も満足だし、一眼と同じサイズで撮れてなおかつ全く画質も劣っていないのはすごい。

- SONY サイバーショット DSC-RX100の評価やオススメレビュー

細かいところでは、スマートフォン転送もQRコードになり、設定の手間が省けるようになりました。

動画はもう機能がすごすぎて、使いこなせる自信がまったくありません……これ一台でプロ級の動画が撮影できてしまうというのは、なんともすごい時代。

「M3」と比較すると「AUTO(自動調整)」モードの色味が、だいぶ自然になった気がします。

あとこれ、アプリ機能があるんですよ!「M4」からの対応ですね。

先代のM3も素晴らしいカメラでしたが、M5は輪をかけて使いやすさと機能が改善している感じ。

- 【自腹レビュー】12万円の超高級コンデジ「RX100M5」は最強のブロガー専用カメラだ! : まだ労働で消耗してるの?

RX100M2にあったマルチインターフェースシューがなくなり、上面がツライチになったこともデザイン性を上げ、コンパクト感を演出しています。

そこで50mm前後で撮ることが多いのですが、RX100だと寄れないので、フィルターアダプタにクローズアップレンズをつけて撮影していました。

そんなときにセンサーへ届く光量を減らすNDフィルターを使うと、シャッタースピードが落ちて希望のF値や露出で写真が撮れるようになります。

これはRX100M3のレンズにソニーが相当の自信を持っていると解釈することが出来ます。

以上、興奮に任せてダラダラと14個の理由書きましたが、ガジェットの凝縮感と写真撮影が好きな人であれば、RX100M3はRX100から買い替えるに値する十分な進化を遂げています。

- [レビュー]idle018_RX100からRX100M3に買い替えを決めた14の理由+まとめ | アイドリングタイム

これは、一般的なコンパクトデジカメのCOMSセンサーに比べて4倍近い面積であり、ミラーレス一眼に匹敵するサイズだ。

センサーが大きいことのメリットは、より高画質と高感度を得られること。

センサーサイズに応じて、ひとつひとつの画素のサイズも大きくなり、その分、より多くの光を受光できるためだ。

実写では、ミラーレス一眼に勝るとも劣らない階調再現性と高感度性能を確認できた。

また、センサーサイズが大きいことで、相対的にレンズの焦点距離が長くなるため、ボケの表現力でも有利になる。

- デジカメレビュー/大型センサーを搭載した高画質なソニー『サイバーショット DSC-RX100』 – DIGIMONO!(デジモノ!)

どのパラメータをこのリングで調整するかは、撮影モードによって異なるほか、露出補正やISO感度、ホワイトバランスなど任意の機能を割り振ることもできる。

撮影モードごとに設定をするのはあまりに煩雑だと思うので、機能しない項目が割り当てられたら、コントロールリングは初期設定(スタンダード)の挙動になるのが正解ではないかと思う。

この状態では、コントロールリングでISO感度、背面のコントロールホイールで絞り値の値を調整することになる(写真=左)、そしてこの状態のまま撮影モードを「おまかせオート」にすると、選択した撮影モードではその割り当て設定が無効である旨が画面右上に表示される。

カメラにダイヤルが2つ(正確にはリングとホイールだが)あると、その2つを組み合わせて素早く撮影時の設定ができると思ってしまいがちだが、ちょっと違う。

操作インタフェースの好みは人それぞれとはいえ、個人的には、撮影している中で「せっかくダイヤルが2つあるのだから、2つの値を素早く操作したい」と感じることが多かった。

- 長期試用リポート:「DSC-RX100」第1回——2つの「コントロール」を理解する - ITmedia デジカメプラス

いままでフィルムカメラのライカM6を愛用していたけど、さすがにネットにアップするのは面倒ってことでデジカメを探していた。

あくまでも探していたのはネットに上げる写真を撮るためのサブカメラなので、一眼レフみたいに大きいのはちょっと・・・。

M4以降は動画性能が上がっているようだが、求めていたのは静止画の性能だけ。

でも、RX100はメモリ機能を使用すれば、起動時に自分の好きな焦点距離に合わせることができる。

SonyのPlayMemoriesというアプリを使うことで、カメラの画像をスマホに転送することができる。

- ライカを使ってる僕がSONY DSC-RX100M3をレビューしてみる - Kaos Chronicle.com

カメラを全く分かっていないrakeemのような人間にもわかりやすいメニュー構成となっているし、そもそもの画質のクオリティもかなり良いので、この5年間はなんだかんだでrakeem家のメインカメラとして踏ん張ってきてもらった。

この先代モデルはスゲェきれいな写真を撮るので気に入っていて数年は使っていたんだけど、昇天されたときにはディスコンとなっていて、同じようなスペックだと期待して買ったのがこのDSC-WX350。

先代モデルと比較すると、なんとなくホワイトバランスがいつも悪いように思えるし、シャッタースピードも頭悪いのか、ぶれること多し。

なので、今のrakeemに必要なのは、「高画質でコンパクトなカメラ」ということになる。

毎回ちょっとずつカメラの性能が良くなったり、液晶ファインダーが可動式になったり、とちょこちょこと改善はされてきているのだけど、その分値段も万単位で上がっていく。

- DSC-RX100が今更欲しくなった | 物欲レーダーBlog

カメラに詳しい人には常識のようですが、写真の画質を決めるのは主に2つ。

RX100のセンサーサイズは「1型」と呼ばれるもの。

センサーサイズが大きいと光を多く取り込めるため画質が良いのです。

確かにiPhone 7 Plusはデュアルカメラの活用によりボケ味を表現し、一眼レフ並みの写真が撮れると話題になりました。

別にCanonでもニコンでも何でも良いですが、綺麗な写真を撮るために共通して言えることは1型以上のセンサーを積んだコンデジを選ぶということ。

- 高級コンデジRX100をレビュー! コンデジを買う場合「1型」がおすすめ

あれば便利なアクセサリーを店員の独自目線でまとめてみました!デザイン的にも素敵なレンズフードを始め、キズがつかないようにするマストアイテムの保護シートやレンズフィルターなどを紹介しています。

手のひらサイズのボディに一眼画質の描写力。

4K動画記録も可能になり付加価値機能を高めたRX100シリーズ4代目、「DSC-RX100M4」のレビューをお届けします。

手のひらサイズに一眼なみの高画質を求め誕生した、サイバーショットRX100シリーズシンプルで飽きの来ないデザインに、金属で作られた質感の高い本体は今までのシリーズ同様、高いものでした。

コンパクトデジタルカメラでは難しかったボケ味の表現が可能になる1.0型大型センサーを搭載したDSC-RX100M2のレビューをお届けします。

- ショップ店員による『サイバーショット CyberShot』レビュー ソニーショップさとうち

雰囲気があるお店で撮影する場合にはお店の人に了解は取るが、やはり周りの人がどう感じるかを考えるとシャッター音が鳴るスマホを含め「ちょっとなぁ…」と思っていたのが、RX100M3があることでシャッター音がなく(消せる)、存在感も薄いのでこの問題は解決した。

また、お店によっては雰囲気を出すのに明るさを抑えていたりするが、センサーサイズが大きく明るいレンズなのでノイズの増加や手ぶれを抑えることができ、ボケを作ったり露出オーバー気味に撮っても耐えられる。

カバンにいつも一眼レフやミラーレスを入れておくわけにはいかないが、RX100M3は携帯性が抜群によいので普段からカバンに入れておいても占める割合は少なく、急に勤務時間後に外食となった場合にも対応ができる。

カメラを開封して直ぐ装着してしまったのであるのが当たり前となっているが、店頭のモックを触っているとどうもこのグリップがないと落ち着かないので、買ってよかったなと。

一眼レフやミラーレスのように、絞りやシャッタースピードを設定できるだけではなく、NDフィルタ(3段分)も内蔵しているので長時間露光しても白飛びを防げる。

- 【実写レビュー】SONY RX100M3を4ヶ月使ってみて - takac.log

 センサーサイズ1/2.3のコンパクトカメラに明るいレンズ、高倍率ズーム、高画質を求めるのは所詮無理なこと。

コンパクトかつ画質重視なら、ズーム倍率は落ちますが値段の高い上位機種のRX100シリーズをお勧めします。

しかし、このカメラの20倍ズームは魅力的です。

が、暗い室内や夕方から夜にかけての動きのあるものの写真撮影は感度がISO 3200に跳ね上がるため画質が見るからに低下します。

ピクチャーエフェクトという遊べる機能があるので デカ目や美肌で歯まで白くなる詐欺のような自撮り写真が撮りたい女子や、明るい風景写真などを気軽に撮ることが多く、SNSに写真アップが多い方、wifi対応のカメラを探している方にオススメしたいですね。

- SONY サイバーショット DSC-WX350: 家電屋さんの辛口レビュー

(ごあいさつ | Sony DSC-RX100だけで撮るブログより)様々なテクを利用することで、デジタル一眼レフカメラに負けないぐらいかっこいい写真をアップロードしています。

「Sony DSC-RX100だけで撮るブログ」ではシャッタースピード、自動露出補正、オートフォーカス、画角、光芒を出す条件、夜景、コンサートホールなど、DSC-RX100を使いこなすためのテクニックが実例とともにたくさん紹介されています。

「写真をやるっていうのは、絞りやシャッタースピードや画角、色んなものを組み合わせ、なおかつ自分の体を動かしてイメージした絵に近づいて行く、また同時にそうやって自分が動いたりカメラをいじいじして設定を変える事で、自分が予想していた以上の絵がフィードバックされたりする偶然を楽しむという事であります。

じっさいデジタルカメラ自体がパソコンと同じでテクノロジーの塊のようなものなので、技術の話になりがちなのは避けられないのですが、いっぽうで機材にはあんまりこだわらないで、手持ちの撮影を楽しんだ方が写真人生は楽しいのではないかと私は感じています。

「Sony DSC-RX100だけで撮るブログ」は、「優れた写真を撮るためには、必ずしも最新カメラが必要であるというわけではない」というシンプルな事実を思い起こさせてくれるサイトです。

- 「Sony DSC-RX100だけで撮るブログ 」はコンパクトデジタルカメラを楽しむテクニックが満載のブログだ – オーケーマック

僕は勝手に「カメラ・MacBook・モバイルバッテリー」のことをブロガー三種の神器と呼んでいるのですが、ついに僕の三種の神器に世代交代の波がやって参りました。

僕はこれまでブログの写真もプライベートの写真もタムロンの通しF2.8レンズを付けたEOS Kiss X6iを使って撮影をしてきました。

EOS Kiss X6iはデジタル一眼の中では割とコンパクトなモデルなのですが、それはあくまでも「一眼の中で」という話でiPhoneに比べたら途方もなく大きいし重い。

このかねてからの悩みを解決するため、昨年発売されてから”最強のコンデジ”として名高い評判を保つSONYの「RX100m3」をえいや!と買ってしまいました! 本当に購入すべきか迷う自分を「GW前だからしょうがないよねっ」というホイップクリームたっぷりのパンケーキよりも甘々の言い訳で説得して手に入れたのですが、これめっちゃめちゃ良いです。

旅行用カメラとしては現時点で最適解だと思いますので、コンパクトで写りの良いカメラを探しているという方は是非。

- 「SONY RX100m3」レビュー!”最強コンデジ”の名は伊達じゃない!一眼レフに代わり旅行の必需品となりました。

ま、これは、ひとそれぞれの好みですので、なんともいえませんが、ワタクシのように、既に画像管理ソフトはコレというのを決めているモンは、登録後さっさとアンインストールしてしまえば済むことなんですけどね。

上のアダプタは、バッテリチャージャーではなくて、USBタイプの給電機ということで、充電するためには、本体にUSBケーブルをセットして行なわなければいけません。

よって、予備バッテリーの充電に新しいチャージャーを買わなければ面倒なことになるのですが、まだ、チャージャーは発売されていません。

TX-55のように専用ケーブルの場合、なくしてしまうと、SONY直営店にも置いてなくて、わざわざ取り寄せないといけないという、ユーザー不在の殿様商売をしているメーカーですから、買換時には、旧機を下取りにださずに、付属品一式残しておくのが理想ですよね。

1.0型の素子をこのサイズに入れ込んだことは称賛に値します。

- SONYサイバーショットDSC-RX100自腹レビュー[小型高性能コンデジ]: 語ってもよろしいか

サイバーショットRX100M3は、かんたんに背景をぼかして撮影することができますよ。

けっこういい感じにボケますよ!ちなみに、最初の撮影がF値11、背景をおもいっきりぼかしたのがF値1.8です。

RX100M3の「プレミアムおまかせオート」を使って撮影するだけでも、結構クオリティの高い写真になります。

もちろん、ミラーレスや一眼レフの方が調整幅もありますし綺麗に撮れるのですが…持ち運びの手軽さとか手ブレの補正の強さを考えると、マジでRX100シリーズ恐るべしです。

ぼくがRX100M3に使っているカメラケースを紹介!安くてコスパ良し。

- RX100M3で背景をボケさせて写真を撮影する方法 [RX100レビュー] | ねとたす

動画に関してはほとんど使ったことがないのでわかりませんが、ハイビットレートのXAVC Sに対応しているので、4Kが必須じゃなければ満足いくレベルの画質が得られると思います。

これ一台でどうこうしようとすると、テレ端70mmがもう少しあればと思うこともありますが、そこは5.8倍(139mm)相当までズームできる「全画素超解像ズーム」で対応できます。

カフェやレストランなどで写真を撮るとどうしてもシャッター音が気になってしまいますが、RX100M3ではシャッター音を無音に設定できるのでとても重宝しています。

記事を書いている時点でDSC-RX100M5まで後継機が出ていますが、全体的に動画機能の向上が大きく、「お、そろそろ買い替えなきゃな」とは今のところなりません。

壊れてピクリと動かなくなるか、劇的に画質が向上しない限り、RX100M3を手放すことはないでしょうね。

- SONY DSC-RX100M3を2年間使った感想。こいつがコンデジの完成形だと感じた | ガビログ

圧倒的な描写性能を発揮し、シーンの空気感まで表現可能 ■最高ISO25600相当の高感度撮影が可能な「マルチショットNR」、約10コマ/秒の高速連写などを実現させる画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」 ■こだわりのマニュアル操作を可能にするコントロールリングを採用。

シームレスなコントロールリングで、動画撮影時も操作音を気にせず撮影が可能 ■光学3.6倍ズームだけでなく、ソニー独自開発の全画素超解像技術により、光学ズームと併用して7.2倍相当までズームアップが可能 ■最速約0.13秒の高速オートフォーカスを実現。

暗いシーンでの撮影も最速約0.23秒でピントを合わせ、撮りたい瞬間を逃しません ■プログレッシブ方式のフルハイビジョン(1920×1080 60p)で動画撮影が可能。

1.0型センサーと2000万画素超えのf1.8のツアイスレンズの描写力は、コンパクトデジタルカメラの群を抜くものがあります。

画質文句無しに綺麗に撮れます、特にF1.8の威力は素晴らしく手持ちで夜景が綺麗に撮れます。

- ソニー Cyber-shot DSC-RX100|コンパクトデジタルカメラ|カメラのキタムラネットショップ

今月末に次世代機のRX100M4が発売されることは分かっていたのですが、 高速シャッターと4K動画がついて価格が2倍近くなるので、自分としてはこちらで十分だという結論に至りました。

これを本体側面のキャップを外したところにあるコネクタに挿し込んで充電します。

RAW+JPEGにすることで、1回の撮影で2ファイル保存することになりますが、これは単にバックアップ的な理由です。

通常、フィルタといえばカメラのレンズに実際に装着して使うもののことをいいますが、このカメラにはNDフィルタが内臓されているのです。

あと、NDフィルタは単純なオンオフだけでなくオートにもできるので、自分はオートにしていますが、 これが実際どれほどの精度で効いてくるのかは分かりません。

- SONY DSC-RX100M3を買ったぞ!【購入レビュー】 | 64bitの花びら

望んでいるのは「持ち運びやすくて素人でも簡単に綺麗に撮れるデジカメ」重視だったので、G9Xを選びました。

綺麗な写真を撮りたいなら画総数ではなく、センサーサイズ(撮像素子)が大きい物を選ぶのが良いと知り、高級デジカメ(センサーサイズ1型以上)を探すことにしました。

ネットのレビューも調べまくり、「G9Xはとてもコンパクト」と言うのは分かっていたのですが、実際触って見ると本当にコンパクトでビックリしました。

そしてそれぞれのカメラを触ったのですが、まずG7Xは何だが使いづらいという印象。

これもコンパクトで良いのだが、展示品だからなのか?やけに「ジー」という機械音が気になる。

- カメラ素人が買ってよかったキャノンG9X!高級デジカメのおすすめレビュー★

奇をてらわないプロダクトデザインなのは高級コンデジのユーザ層を考慮してのことでしょう。

G7 Xのみ可動式かつタッチ液晶が付いています。

G7 Xのみモードダイヤルの下に露出補正ダイヤルがあります。

ただしG7 Xはストラップ穴が出ておりこれはスペック上の幅に含まれていないのでこれも考慮すると左右各3mmほど長くなります。

むしろこの重量感が高級感を醸し出し、また重量ゆえにきちんと両手で持とうとすることで撮影時のブレを防ぐことになるのでしょう。

- 高級コンデジ「キヤノン PowerShot G7X」のレビュー(本体の大きさ&レンズの長さを「パナソニック LUMIX DMC-LF1」「ソニー CyberShot DSC-RX100」と比較) - creativi.tea

可動式の液晶画面とWiFiのためとは言ってもRX100ⅢはRX100の2倍の価格です。

こういった無線LAN搭載のSDカードを購入すればSDカードの方で設定してWiFiでカメラから写真を無線で移すことができます。

など角度を含めてキレイに撮る必要のある方はやはり液晶画面が動いた方が撮影しやすいのは間違いないです。

この本はRX100シリーズの基本操作と、RX100を使ってキレイな写真を撮るためのテクニックが説明された本なのですが、写真撮影の基本的な説明もわかりやすく書かれています。

ISO感度とは何なのか?など、他のカメラにも共通する内容が非常にわかりやすく書かれています。

- ソニーRX100を旅行先で使ってみた。正直メッチャ後悔しています。 | 海外旅行の準備をわかりやすく解説するブログ

RX100ではいちいち十字キーの下を押して液晶を見ながら露出補正を選んで補正数値を決めて・・・という2ステップの手順がありましたが、G7X2なら物理的なダイヤル回して一発で露出補正できるので楽チンですね。

RX100の場合は、連射モードではなく1枚撮影モードの設定のときでも、シャッターボタンを連打すれば結果的に連射みたいにサクサクと撮れていました。

RX100ではどんなAF設定のときでも、ドライブモードが「1枚撮影」でも、とにかくシャッターボタンを連打すれば連射撮影が速かった(≒液晶画面のブラックアウト時間がほとんど無かった)のは事実です。

RX100では親指グリップの右端にめり込むような形で動画RECボタンが配置されており、これが片手ホールド時には非常に押しやすくて便利だった。

チルト液晶とかが必要なくて、「よく分からないので、オートで何も考えずスマホより綺麗な写真が撮れればそれでいい」という初心者の方は、SONYのRX100で十分すぎると思います。

- Canon G7 X Mark II 実撮影レビュー RX100との比較 | teraHit.com

自分と同じようにRX100のケースを探している方に向けて、レビュー(口コミ)します。

サイズがRX100専用ちゃうか?ってくらいぴったりらしく、ケースの取り出し口がマグネットのタイプで容易にカメラを出し入れできるのが特徴。

かばんに放り込んでもカメラにダメージがないよう、多少なりとハードな外装素材。

チャック式のカメラケースの懸念点は、取り出し時・収納時にカメラをチャックの部分にガリっとこすって傷をつけてしまうという事故ですが、こればっかりは気をつける以外の対策方法がありません。

僕の場合、このケース入りのRX100をリュックに雑に放り込んで底面で他の荷物にいつも押しつぶされている状態ですけど、カメラにダメージありません。

- SONYのDSC-RX100におすすめのカメラケースはこれだ!(断言) | 子育てパパがなにかやらかしています。

一眼レフのレンズなどは、もう中古じゃないと買えないというくらい貧乏症の私はマップカメラを利用しています。

一眼レフでもカール・ツァイスを個々にレンズで購入すると1本7万、10万円とするのでそこまでお金を掛けられないとか、ミラーレス一眼を買ってレンズセットのキットレンズ(標準レンズ)をずっと使い続けているという人は、こちらのSONY Cyber-shot DSC-RX100を使うほうがかなり綺麗に撮影できます。

こちらのカメラはUSB充電できるため、外出先でモバイルバッテリーを使って充電できるのも凄くメリットです。

そういうのを撮りたいならばフルサイズの一眼レフなどの方がレンズを組み合わせて綺麗に取れます。

F値はある一定からはズームしてもあまり落ちない点がこの機種の凄いところです。

- SONY Cyber-shot DSC-RX100を徹底的にレビュー。中古相場も掲載 | ETF投資の時代

80Dを買いましたが重さに耐えられず手放し、パワーショットを購入しましたが80Dの写真が忘れられず、いいカメラないかなーと思っていたらレンズが明るくセンサーサイズも大きいこのカメラにたどり着きました。

他のラインナップに比べ、レンズの弱さが比較されますが、気になった風景のスナップ、料理の写真などスマホより1段上の写真を撮るには何の問題もなく、満足しています。

光学30倍が瞬時に撮りたい画像を切り取る 高性能のカメラが気軽に持ち歩ける。

GRよりも一回り大きくて重いのは最初から分かっていましたが、露出やシャッタースピードを電源を入れる前にいじくれるのはメカ的に最高です。

GRがパシャパシャ気軽に取れるスナップシューターだとすると、X70は腰を落ち着けて設定を両手でじっくり定め、絵を描くようにシャッターを切る使用方法に合っていると思います。

- コンパクトデジカメはどれがいい?!人気おすすめランキングTOP10|YAMA HACK