コンパクトデジタルカメラ

RICOH

GRII

レビュー

選べるエフェクトは、従来の「ポジフィルム調」や「ブリーチバイパス」に加え、新たに「HDR調」、「明瞭コントロール」、「光沢コントロール」、「雅(MIYABI)」、「鮮やか」、「人物」の6種類が追加され、全17種類に。

手軽で高機能なGR Remoteを駆使すれば、GR IIでの撮影の可能性を大きく広げることができるだろう。

マクロモードにすると、レンズ先端から10cmまで寄れるため、ついつい広角マクロ的な撮影をしてしまう。

レンズ性能の高いGR IIならば、背景のボケがきれいなため、さらに広角マクロの魅力に取り憑かれるだろう。

- 【デジカメレビュー】日常風景を作品に変える“最強のお散歩カメラ”リコー「GR II」 | GetNavi web ゲットナビ

試しにGR IIとGRで高感度撮影を比べてみたところ、ともにISO3200までは常用可能な画質で、ISO6400からノイズがのってディテールが甘くなっていく。

市販RAW現像ソフトなどでは定番化しつつある画像編集機能だが、それを撮影時に適用したり、カメラ内RAW現像で使えるのは便利だ。

RAWとJPEGの絵作りを比較すると、RAWから若干コントラストアップしたものがJPEGといった印象だ。

GR IIはカスタマイズによって真価を発揮するカメラであり、それは操作系のみならず、画質についても言えることなのだ。

- 新製品レビュー:RICOH GR II(実写編) - デジカメ Watch Watch

奥のGRⅡの方が、横幅がかなり有るのがおわかり頂けるでしょうか?またカメラの筐体自体も、RX100に比べるとややプラスチッキーで質感的には見劣りしてしまう感じです。

単焦点レンズのメリットとしては明るいレンズを作りやすく、高画質なレンズを低コストで製造できることなので、GRⅡがRX100に比べて数段上の画質を持っているのはレンズに起因するところも大きい様に思います。

バリアングル液晶の様な便利装備が付いているわけでも無いですし、どちらかという玄人好みな特性は否定できません。

単焦点レンズはズームが使えないため、初心者が写真の構図を工夫することを学ぶには最良と言われます。

- RICOH GRⅡのここが凄い!【レビュー】 - UnderPowerMotors

高感度でのノイズ、クリエイティブなエフェクトの楽しさ、レンズのフレアが発生する等、このような事柄を分析したがる人には受け入れられないカメラ。

RAWで撮影して後から露出を変更することも可能であるが、GR IIの場合は撮影時に撮って出しをいかに完璧にするかが楽しみとなる。

様々なAFポイントを変更しながら試してみたが、このカメラでは合焦した後に構図を変える方がシンプルで簡単であることが判った。

つい最近、リコーイメージングが調子悪いというニュースが配信されましたが(こちら、こちら)、GR IIIは出て来ることになるのでしょうか? 個人的には、元々のRICOHが開発したレンズと、素晴らしい画像処理、そしてその素晴らしいデザインを是非そのまま引き継いで欲しいと思います。

- リコー GR IIがThePhoblographerのエディターズチョイス賞を獲得!これまでテストしたカメラで最高の1台(ThePhoblographer) | YOUのデジタルマニアックス

光学ズームはついてないけど、普段Kiss X5では単焦点レンズばっかり使っている事を考えれば、別に問題なさそう。

今まで、Canonのカメラばかり使っていたので、メーカーが変わった時の操作性の違いが気になっていたのですが、思いのほかGRⅡは使いやすそうと感じました。

シャッターボタンも横長でベストサイズ、起動もオートフォーカスも速いし、ああ、欲しいなって気持ちがどんどん膨らんできました。

エフェクトに【HDR調】【明瞭コントロール】【光沢コントロール】【雅(MIYABI)】【鮮やか】【人物】が追加され合計17種類になりました。

- 評判の良いGRの後継機種、RICOH GRⅡを購入しました | くねおの電脳リサーチ

動画の品質は、このサウンドの問題のため予想したほど良くはなく、また手ブレ補正が無いので、録画時は三脚の使用を勧める。

ズームが不要で、ポケットに入る高画質のカメラを探している人には、GR II が理想的なカメラだ。

サンプルを見る限りでは、画面全域でシャープでノイズも少なく、小さなボディにもかかわらず非常によく写るカメラという印象です。

次の機種でサイズ、画質を維持しつつセンサーかレンズを変えるなら、両方最適化する必要があるからかなりの手間がかかりそうだけど、サイズに関しては譲らないだろうなと思う。

- リコーGR II は一眼レフと同レベルの高画質が得られるコンパクトカメラ - デジカメinfo

かなり的を絞られた機能にはなっていますが、しっかりと使いこなすことができれば役立つカメラになります。

ですが描写力がこのRICHO GRⅡの凄いところ!写りに関わるスペックの一つにセンサーのサイズが挙げられます。

高級コンデジと言われるようなカメラのセンサーサイズがだいたい1インチです。

また、シャッターボタンを一気に押し込むことで、AF動作を行わずに設定した距離で撮影する「フルプレススナップ」機能も搭載しているので瞬時に撮影することができます。

- スナップ撮る人に本気でオススメする最強コンデジ!RICHO GRⅡの実力とは!? | SHARE photography

最新機種であるGRⅡは2.0EVで3ショットの撮影が可能となり、本来の操作性の良さもありスナップHDRカメラとして使い勝手の良いコンデジになりました。

三脚を持って歩くのもしんどいですし、何となくですが、三脚にカメラをセットすることに集中力を使い切ってしまいそうなんですよね。

ボクはGR DIGITALⅡで露出補正や測光の違いによって「写真が変わる」ことを体験しました。

一般的なデジカメレビューでは、光学ズームがないのは評価が分かれるところですが、HDR撮影ではズームの有無や倍率とかは問題にならないと思います。

- リコー GRⅡのHDR的レビュー スナップを絵画調の写真に仕上げる! | ひとり広報