コンパクトデジタルカメラ

Canon

Powershot G7X

レビュー

ピントが抜けてるのは液晶画面上で確認できていたのですが、女性らしいふくよかさと前ボケの具合が佳くてそのままシャッターを切りました。

まずレンズ描写の高さに感心したこと、ノイズ処理が巧みでフィルムライク、100mmという使いでのあるテレ端、結局買ってしまいました。

カメラ販売店のサイトにおける実写レポートで「買っちゃいました」ということほどズルいセリフは無いと思うのですが、RX100M3の基礎体験がありつつもインパクトを感じたということですね。

コンパクトデジタルの多くは背面液晶でのフレーミングとなりますが、身体からカメラが離れることで目で見た光景を即座にフレームに反映しづらく、かつカメラを"肉体化"できないのです。

35mmフルサイズのような大きなセンサーを搭載したカメラで撮影したような、情緒感のある描写。

- Canon(キヤノン) PowerShot G7 X 実写レビュー | フォトヨドバシ

ただ、1型という大きめな撮像素子を搭載し、それに伴うレンズの実焦点距離を考えると、スペック的には納得できる範囲内ではある。

なお、こうしたズーム搭載コンパクト機の常で広角端でのマクロ撮影では周辺は像流れが生じるが、それはG7 Xでも確実に発生しボケも乱される。

仕様をよく確認してみると、G7 Xでは標準モードのままでも最短のマクロ域まで合焦する仕組みで、マクロモードはマクロ撮影時に遠景へのAFスキャンを無くすことで合焦を速めるためにある。

ただ、仕様的にちょっと不便だなと思ったのは、マイカラーや暗部補正、Dレンジ補正、高感度時NRといった各種機能がJPEG時だけにしか選択・適用できないこと。

他社ではRAW+JPEG時に各種エフェクトフィルターなどが選択でき、JPEG画像のみに適用される仕様のカメラもあるので、G7 Xもぜひそうしてほしかった。

- 新製品レビュー:キヤノンPowerShot G7 X(実写編) - デジカメ Watch Watch

G7 Xは1型センサー搭載機のシリーズの中において、大口径標準ズームレンズを搭載しながらEVFを省略することで、持ち運びやすく普段使いに便利な程よいスペックで纏められた、スタンダード的な立ち位置のカメラであった。

パネル自体は約104万ドットと変更がないが、G7 X が上側に180度動くだけのチルト式であったのに対して(自撮りやローアングルには十分対応する)、G7 X Mark IIではヒンジが追加されたことで、上側180度に加え下側45度にも対応するようになり、ハイアングルでも楽な姿勢で撮影できるようになった。

これは、コントローラーリングを回した時に、クリックありか無しかを選ぶためのもので、クリックありは、絞り値やISO感度など通常の設定でカチカチとした明確な操作を楽しむことができ、クリック無しでは、MF操作時のスムーズな微調整や動画撮影時の作動音低減に役立つ。

しかし、G7 Xではピントを合わせた被写体まで滲んでしまうという、場合によっては困ってしまうクセがあったのだが、G7 X Mark IIではレンズのもつ特徴的なボケ味はそのままに、ピント部分は滲むことなくクリアな描写をするようになった。

基準感度となるISO125においてもそれは確認でき、比べるとG7 Xでは粒の大きな輝度ノイズが暗部に見られるのに対して、G7 X Mark IIは暗部の表現が非常に滑らかで、それでいて質感が失われるといったこともない。

- 比較レビュー:キヤノンPowerShot G7 XはMark IIになって何がどう変わったのか - デジカメ Watch

コンデジの露出調整をデジタル画面ではなく、アナログダイヤルで直感的に調整をできるようにしたのはさすがCanonだと思いました。

レンズに付いているコントロールリングですが、これで絞りやシャッタースピードなどの値を調整したりできます。

もちろんレンズやその他の要素もありますが、まず一番画質に関わってくるのはセンサーでしょう。

レンズは大口径で「F値1.8」の明るいレンズなので暗い室内でもフラッシュなし、余裕で手持ち撮影できますし、夜景もそこそこいけます。

また、購入の際には、G7Xはタッチパネルなのであわせて保護フィルムも買うことをおすすめいたします。

- Canon PowerShot G7X を半年使ってみたのでレビューします | Tanweb.net

ハードウェアとしてのカメラは、さまざまな部品から構成されていますが、画質に直接影響するのは、その中でもレンズとセンサーです。

これは、画像処理エンジンが「DIGIC 7」という最新のものにアップデートされた効果が大きいと思います。

例えば一眼レフでスナップを撮る場合は、中央1点にフォーカスポイントを固定し、まずピントを合わせたい部分を画面の中央に持ってきて半押しでピント合わせをし、その後にカメラを振ってフレーミングし直して全押しという手順が一般的です。

昔フィルムカメラの時代、ニコンのカメラは裏蓋を開けるのに2段階の操作が必要で、誤って開けることが無いように作られていました。

スマホで写真を撮る用途って、メモや「~なう」をアップする程度のことが多いかもしれません。

- 【キヤノン PowerShot G7 X MarkⅡ】画質と使用感のレビュー! | 写真のネタ帳

海外旅行で、iPhoneをデジタルカメラ代わりには使いたくない(電池の消耗、写真のクオリティ)とのことで、以下の観点でPowerShot G7 X Mark iiをえらびました。

選択肢は自ずと明るいレンズで且つ、センサーサイズが大きいカメラになりました。

いやはや、Canon PowerShot G7 X MarkIIなら手軽に美しい写真をSNSへ送信できます。

動画の撮影解像度はこんな感じです↓4Kには非対応。

・RX100には露出補正ダイヤルがない 撮影時に光を多く取り込みたい場合(明るくしたい場合)や、その逆にしたい場合に、露出を+-で補正するダイヤルがCanonにはついています。

- Canon PowerShot G7 X Mark ii 購入レビュー | Shotalog Mono

前回、カメラのことをまったく知らない私が、少しでもきれいな子供達の写真を残してあげたいと、高級コンデジと言われるCanon Powershot G7Xというカメラを買ったことをずらずらと書かせていただきました。

※本ブログ内のG7xを撮っている写真は、スマホなどで撮ったものです。

それ以外はG7Xでjpgで撮った写真を、ブログ用にツールで圧縮したものです。

IVISシリーズのようなビデオカメラ専用機は安定的な動画という感じですが、こちらはカメラっぽいエッジの利いた動画が簡単に残せます。

バリバリカメラに詳しくて、スペックをフルに引き出せるような方でしたらもちろん別なご意見となるでしょうが、基本的にはカメラ任せで、綺麗に子供達のスナップを残したいという方であれば十分以上のカメラだと思いました。

- カメラ弱者パパが買ったCanon Powershot G7X - 他力と自力と

Canon PowerShot G7X の魅力は 「手軽にそこそこの写真と動画が撮れる」 って部分でしょう。

そんな初心者さんでも そこそこ美しい写真が撮れるし 動画もMP4形式なのでYoutubeアップロードも簡単です。

Canon PowerShot G7X は カメラマニアさんに叩かれることも多いでしょう。

RX100の撮影中はノイズは発生していないので、 撮影環境そのままでノイズが発生していることを考えるとG7X本体の問題だと思います。

G7Xは良いカメラですが 動画はAF駆動音が入ります。

- Canon PowerShot G7X 本音レビュー!RX100と比べて分かった7項目

9枚羽根絞りを搭載しているため、円形に近いボケ味も楽しむことができる。

また、光学4.2倍ズームに対応している点は「iPhone 7 Plus」にはない魅力であり、個人的に重宝する機能の1つ。

同梱物としてはカメラ本体以外は充電器、ストラップ、バッテリー、取扱説明書と保証書が用意されている。

自撮り写真を追求するのであれば「PowerShot G7 X Mark Ⅱ」で撮影し、Wi-FiでiPhoneに転送した上でSNSに投稿した方がより多いいいね数を獲得できる……かもしれない。

気合いを入れて写真を撮りたいという時は「PowerShot G7 X Mark Ⅱ」ではなく「Canon EOS 5D Mark IV」を選ぶが、手元にない時はiPhone以外の選択肢があることに越したことはない。

- 【レビュー】Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱーーまだまだ使えるコンデジ | gori.me(ゴリミー)

F8まで絞り、画面全体にピントが合うように調整。

新映像エンジン「DIGIC 7」は高感度に強く、このようなシーンでも気軽に撮影できる。

以前のPowerShot Gシリーズに憧れていたものとしては、ファインダーおよびホットシュー※がある「PowerShot G5 X」に心が惹かれるものの、手軽さと高画質を重視するのなら本機がベストチョイスだ。

ここ最近の1型CMOSセンサー搭載機のバランスのよさには眼を見張るものがある。

最新の映像エンジン「DIGIC 7」の搭載により、手ブレ補正や高感度撮影時の解像感が向上している。

- 【レビュー】キヤノン「PowerShot G7 X Mark II」はデジカメ界の“出木杉くん”!? バランスのとれた秀才といえる出来 | GetNavi web ゲットナビ

これにより前G7 Xでは実現できなかった大きな手ブレにも対応し、高精度で撮影できます。

PowerShot G7 X MarkⅡの手ブレ防止や、シーン別の撮影サンプルなども出てきます。

下からのアングルって固定型液晶画面でしたら、どのように撮れているのかのリアルタイム確認が不可。

このように液晶画面が最大180度回転しますから、自分と風景を撮影するときに重宝します。

絞りやISO感度とか任意でも変更可能ですが、僕のように動画撮影初心者には分かりにくくていけません。

- Canon PowerShot G7 X MarkⅡ体験レビューと最終的に僕が購入しなかった理由 | SEKATABI

さすが高画質1インチセンサーはうっとりする写真が撮れて、テンションがあがります。

マクロ撮影でのiPhone 6 Plusのパースの効いた画はかなり好きだけど、こうやって並べるとPowerShot G7Xの1inchセンサーのバランスの良さがアリだなあと思う。

スマホ側に専用アプリをインストール、G7 X とスマホを Wi-Fi 接続すると、スマホから撮影済みの画像をチェックしたり、リモードでシャッターを切ったり、ということが出来るようになります。

シャッターボタンやダイヤルのアルマイト加工の赤ラインはCanonのコーポレートカラーを意識したものらしいですが、とても美しい仕上がり。

PowerShot G7Xは 重さが安定感にもつながり、程よい厚みもホールド感があるし、左手でステップリングで絞りやシャッタースピードなどを調整するので両手でじっくり構えることもできました。

- 大型センサーと大口径レンズを小さなボディーに搭載 CANON PowerShot G7 X USER'S VOICE

手ブレ補正4段分の強力補正で暗いシーンでもブレを気にせず撮影できます。

前モデル「G7X」のサイズ感のままで、性能を大きくアップさせています。

大型センサーと開放F1.8の優れたレンズのおかげで、一眼レフにも劣らないボケを表現できます。

普段、持ち歩く上で「これ以上の性能は必要ないのでは」と思うほどの性能を持ったカメラです。

「1.0型センサー」のこれまで不得意だった、高感度性能、描写力、ダイナミックレンジのせまさ等の部分は最新の画像処理エンジン「DIGIC7」で補うことが出来ておりサブカメラでなく、メインカメラとして使うことができるカメラだと感じました。

- キヤノン PowerShot G7 X Mark II 使用レビュー|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

サイズとクオリティと価格のバランスで考えると、G7 Xのコストパフォーマンスの高さは素晴らい。

G7 Xは、奥行き以外をPowerShot S120と同等サイズに小さくしながら、1型の大型センサーを搭載。

「コンパクトでシンプルで1型センサー+明るいレンズ」というハイエンドコンデジであるが、ひっかかった点が1つある。

下手な1/1.7型センサーのハイエンド機を買うより少し予算を上げてこっちを選んだ方が幸せになれる。

たしかに、この高級感のあるデザインで、この1インチセンサーと明るいレンズを搭載した描写性能を考えるとメチャクチャ割安感ありますよね。

- PowerShot G7 X レビュー「この価格でこの画質のカメラを出されたらかなわない」 | CAMEOTA.com

「撮りたい」と思ったその時にF値やISOを変えにくいカメラだったら、いくら画質がよくてもしょうがないのです。

感度の低いカメラで星を撮ると、画像内にポツポツとしか写らないものですが、G7X mark2では沢山の星をとらえる事ができました。

写真を見てわかる通り、画質的に不具合が起きる事はありませんでしたが、この写真を撮った1分後くらいにバッテリー残量不足の表示が出て動作しなくなりました。

そうなると、G7Xくらいの価格帯のカメラが必要でした。

一眼レフを使用している僕からしても、G7X markⅡの画質は一眼に劣らないものがあると思います。

- 一眼に迫る画質 Canon PowerShot G7X markⅡ レビュー – HIKO'S TOURING REPORT

既存製品「PowerShot G7 X」から光学4.2倍ズームを継承しつつ、新エンジン「DIGIC 7」の採用などによって画質とスピード、機能を高めたモデルである。

そもそもG7 Xは携帯性と高機能をバランスよく両立させた完成度の高い製品だっただけに、どこが改良されたのか気になるところである。

ひと目見て気付くのは、ボディ前面にグリップの膨らみが加わったこと。

初代G7 Xは上に最大180度の可動のみで、ハイアングル撮影には不向きだった。

前面のレンズ下部には、コントローラーリングの操作感を「クリック」か「スムーズ」に切り換えるためのレバーが新設されている。

- キヤノン「PowerShot G7 X Mark II」実機インプレッション (1) 新エンジン「DIGIC 7」でさらに快適に | マイナビニュース

三脚が無くて星空を撮影したいなら上の画像のように液晶画面を出して地面に置いて撮影すると長時間露光が出来ると言うわけです。

チルト液晶は個人的にとても良いです、バリアングルのようにカメラの外へ出るわけでは無いので収納も楽だし、液晶画面が上下だけしてくれれば十分だと思われます。

上でも書いていますが一応購入しただけのSDカードです、メインでこのカメラを使うのであれば贅沢言うとCLASS10ぐらいの転送速度を持つSDカードにしたほうが連写した時にもたつきが無く使いやすいです。

それからタイムラプスを2時間ぐらいやっても全然余裕ですね、但し僕の保存形式はJPEGなのであしからずRAW保存の場合は倍ぐらいデータが重くなるので注意してください。

と言うことで、もし妻が買うなら今回購入したG7X mark2と同じぐらい撮影が出来て尚且つお値段的にも5万円を切るコンデジをキャノンで探すとあったので紹介してみました。

- キャノンPowerShot G7X Mark2コンデジ開封レビュー小さいのに星も撮れる凄いやつ | カメラアマ

RX100 IIIにはEVFがあり、AF性能やテレ側の絵作りでは上らしい。

一方、G7Xには露出補正の専用ダイヤルがあり、タッチAFが実装されている。

求める機能によると思うけれど、個人的には露出補正ダイヤル独立はポイントが高く、この一点だけでG7Xの方が買いだった。

コンデジではあるけれど、センサーサイズは4/3inch、マニュアルダイヤルが数多く付いていて、触った感触で言うと3機種の中では断然コレが一番使いやすく、気持ちがイイ。

役割がコロコロ変わると混乱するので、レンズ回りダイヤルはISO固定で、モードにあわせて背面ダイヤルで露出やらシャッタースピードやら変えたら良いかな、と思ってる。

- Canon PowerShot G7 Xレビュー、スカイツリー

更には、ツルッとしていた「G7 X」と異なり、持ち手部分にグリップが搭載され、背面液晶が下側に可動したりと、魅力的な仕様になっていたので、気軽に持ち歩く普段使い用のカメラとして購入してみました。

メモリーカードに関しては、撮影後のデータは消去せず、フィルム時代のネガと同じような感覚で残しているので、256Gを選ぶと読み込みに時間が掛かり作業が進まないので、現状のスペックでは128G辺りが妥当かと。

一応、PowerShot G7X MarkII用のケースとなっており、収納時にレンズ部分が気持ち程度干渉しますが、指で持ち上げれば全く問題無いレベル。

絞り優先AEに設定し、後はカメラ任せで撮る事が多いのですが、出掛けた先で食べた料理や食材を撮影した場合、多少の色かぶり感はあるものの、レンズの先端から5cmの距離まで寄れるアドバンテージは大きく、シズル感の強い写真を撮る事が出来ます。

また、広角端は5cmのマクロ撮影が可能なので、ググッと被写体に寄って迫力のある写真を撮ることが出来ます。

- おすすめコンデジ!PowerShot G7 X Mark IIを半年使った感想と使用例

「”G7X”第2章」として大きく変わったところは何といっても映像エンジンがDIGIC6からDIGIC7へと更新されたことです。

「流し撮りモード」にすると自動的に絞りが絞られシャッタースピードが遅くなり流し撮りに最適な設定になります。

ライブビューで拡大してMFで合わせて…といった作業をしなくてもワンタッチで無限遠にある星にピントを合わせてくれるので星空撮影の敷居が低くなります。

そのほか「USB充電に対応」「下側へ45°動くようになったチルト液晶」「ボディ前面のグリップ」「コントローラーリングのクリック/スムーズ切り換え可能」「オートNDフィルター」「カメラ内RAW現像」など新型エンジンDIGIC7以外にも細かいところまで改良点があります。

プレミアムコンパクトとして完成度の高かった「PowerShot G7X」がさらに高画質かつ使い勝手の良いカメラに生まれ変わったという印象です。

- Canon PowerShot G7X MarkⅡ 実機レビュー | 三星カメラ

二つの写真を並べても、どちらがG7 Xで撮った写真か一目で分かるぐらいには差があります。

G7 Xは、一般的なコンデジより、ひとまわり大きいサイズになっています。

一眼レフを買おうか迷っていたのですが、予想以上に高画質だったので、G7 Xを買って満足です。

G7 Xのサイズならケースに入れた上で、かばんに入れても邪魔になりませんし、きっと活躍してくれるでしょう。

これでUSB充電に対応していたらほぼ完璧だったのですが、まぁ仕方ありません。

- 小さいけど高画質なデジカメ Canon PowerShot G7 Xのレビュー | メモトラ

今年4月に購入したキヤノンのデジタルカメラCanon PowershotG7Xが、とても快適です。

このカメラのスペックや機能について、調べたことを書こうと思っていたのですが、「Less is Beautiful」というブログでもっとセンス良くまとめられていましたので、リンク貼っておきます。

このG7Xで撮る動画はピンポイントで高画質、他の写真といっしょにPCにすぐ取り込んで、動画サイトやSNSにもアップしやすいです。

他にも、静止画を撮りながらシャッターを押す前後4秒間の動画を撮って、つないでくれる「ダイジェスト動画撮影」、 家族の顔を何パターンか登録しておけば優先してピント合わせてくれる「顔認証機能」など、盛りだくさんです。

本当に写真を撮ることが好きな人は、重たいカメラバッグを持つことも、本体より大きいズームレンズを装着したカメラを首から下げることも、場面に応じてレンズ交換をすることもいとわないでしょう。

- ハイエンドコンデジCanon powershot G7Xが快適すぎて手放せない件 | さいとうサポート

日常的な撮影はiPhoneで十分なんですが、旅行に行った時とか気軽に綺麗な写真を撮りたいなって思った時にすぐに使えるものが欲しくていろいろと物色し、最終的にCanon PowerShot G7Xを購入したのでレビューしたいと思います。

Canon PowerShot G7Xはレトロ過ぎずモダン過ぎないデザインで「カメラを持ってる感」高いのがポイント。

プロのカメラマンもサブカメラとして使うこともあるというCanon PowerShot G7Xの画質はお墨付きですね。

2段ダイヤルやディスプレイにタッチするだけでいろいろな設定がすぐに行えるのもCanon PowerShot G7Xの最大の特徴と言えます。

最近のカメラだと基本機能になっているWi-FiがCanon PowerShot G7Xにも搭載されているので、撮影した写真をスマホへ転送したり、撮影する画面をスマホで見ながらシャッターを切るといったこともできるので、集合写真とか定点観測写真にも使えます。

- ブログ用にも!価格も手頃なCanon PowerShot G7Xをレビュー

もちろん、両機種共手動でF値の設定が出来るので 撮影シーンにあわせて適切に設定できるかも 画像エンジン性能が影響する部分です。

当サイトに写真を掲載するにあたり、サイズが小さく なっていますがパソコンのディスプレイで表示した場合、 kiss X5で撮影した写真の方は粒状感が出ています。

実際にG7Xの星空モードの4つの機能を撮影した写真&動画を元にメリット・デメリットをまとめてみました。

G7Xでも、ボケ感を出して撮影するモードは 用意されているますが、レンズでのボケ感と 処理された画像ではやはり違いがあると感じています。

この価格帯であれば、エントリーモデルのEOSシリーズも 購入できるので、撮影シーンや被写体によってG7Xか kiss x7iのどちらにするのかが悩み所です。

- キャノンPowerShotG7Xレビュー 一眼レフkissx5との室内撮影写真比較

撮影モードはPでもAvにしてフォーカスは中央一点で爆速にしていたほうがピントが思いのままです。

iPhone7+なんかのスマホのカメラの値段が高くて良いやつが2つレンズが付いているのはそのせいです。

レンズも明るいレンズなので、ボケ感が単焦点レンズをつけた一眼のような美しさです。

これがあるからG9xではダメなのです。

まぁ20万円以上するマイクロフォーサーズと比べるのはおかしいのですが、あのクオリティが実装できれば怖いものなしですね。

- CANON PowerShot G7x Mark Ⅱは最高のコンデジ【レビュー】 – 古田健のブログ

最新スマホがカメラスペックが超絶上がってきてるのに、イマイチちゃんとした写真が撮れないのは、シャッターを押す瞬間の安定感に欠けるからなのかな。

PowerShot G7Xは この重さが安定感にもつながり、程よい厚みもホールド感があるし、レンズがせり出て左手でステップリングで絞りやシャッタースピードなどを調整するので両手でじっくり構えることもできました。

ステップリングで絞りやシャッタースピード、ISOなど各種設定が変更できるのは、画面を見ながらの調整にとても便利でした。

ダイヤルやメニューから変更するのだと、どうしてもシャッターからは指が離れるし、やっぱりレンズのリングを触ってると、コンデジというよりミラーレス一眼カメラを触っている気分にもなったりして、「写真を撮ってるな!」感が増しますね。

そんないいかげんな心がけでも、とりあえず感満載なタイミングでも、さくっとかわいい写真が撮れちゃうのが憎いですね、PowerShot G7X。

- Canon PowerShot G7X 使用レビュー(1)外観&ファーストインプレッション

一眼レフカメラのCANON EOS Kiss X5を持ってはいるのですがやはり一眼レフは大きいのでほんとに気合を入れた時にしか持ち運ばなかったりそういった携帯性に少し不自由を感じていました。

露出補正ダイヤルと撮影モードダイヤルが一体化した2段重ねのダイヤルはとても特徴的。

一眼レフカメラのCANON EOS Kiss X5もバリアングルになっていて実際めちゃくちゃ使い勝手が良かったのでこれは嬉しい。

設定なども細かくできるのですが基本的にはオートで撮影したものでもとても良い映りになってくれるので満足しています。

今回から映像エンジンがDIGIC 7というのが搭載されたということで非常に処理性能などが上がっているそうです。

- このカメラ最高。CANON PowerShot G7 X Mark Ⅱを手に入れました。 | 石田太志オフィシャルサイト|世界一のプロフットバッグプレイヤー

G7Xをはじめ、一般的なコンパクトカメラのほとんどはレンズを交換できない仕様のため、実際にセンサーを拝むことができません。

でもセンサーサイズが大きくなるほど、カメラのボディも大きく、価格も高くなってしまうものなのです。

1型センサー搭載カメラの魅力は、なんといってもコンパクトであること。

露出の設定は「露出補正を使えばいい」という話ではありますが、「ISO感度はなるべく下げた状態で、シャッタースピードは1/20まで落としたい...」というとき、設定に時間がかかって不便なのです。

ソニーの最新1型センサー搭載カメラ「RX100M5」は4K動画が撮れるなど、動画機能が群を抜いて充実しているのですが、いかんせん発売されたばかりという点もあり、価格が高いですね。

- 1型センサー搭載コンパクトデジタルカメラの魅力を徹底解説 - すけこむブログ

Canon G7XマークII EVF(電子ビューファインダー)はありませんが、様々な角度に傾けることができる可動式の液晶は、厄介な角度から撮影する場合でも、明るい光が画面に映ってしまった場合でも便利です。

広角端F1.8、望遠端F2.8という大口径で、光の少ない所での撮影でもより多くの光を取り込むことができると同時に、浅い被写界深度効果の効いた、一眼レフで撮影したような背景ボケを活かした写真を撮るには最適なものとなっています。

ISO 3200で撮ったショットを見ると、画像の一部、特に影の部分に若干潰れたような箇所が見受けられることがあるので、プリントをする場合はA4以下にした方がいいでしょう。

G7X IIは非常に優れたカメラで、幅広い撮影条件で優れた写真を撮影することができます。

現時点では、G7X Mark IIは若干値が張り、キヤノンのエントリーレベルのデジタル一眼レフカメラの2倍の値段となっているので、衝動的に買うようなものではありません。

- コンデジ Canon G7XマークIIレビュー

G9Xは持ち運ぶという視点で言えば、文句なしの満点評価!!画質もとっても良かった!ただ総合的にはG7Xに負けているというのが気に入らない。

レンズのランクも上に出したカメラ達より劣るということでそれなりの値段ってことだよね。

先日購入した『Canon PowerShot G9 X』 「レビューするから貸して」と言っても「汚すからやだ」という奥さんに、頼み込んで画像だけ送ってもらいました。

僕専用のカメラで『RICOH GR』が欲しい…。

画面が大きいっていうのはやっぱりいいですね! 今回買ったのは、ASUSの23インチフレームレスIPSワイドウルトラスリムモニターです。

- 散々迷って『Canon PowerShot G9 X』を買った話【高級コンデジ】

光学手ブレ補正のマルチシーンISで、静止画で、CIPA基準の望遠端で4段の補正効果があります。

カメラ前面に切り換えレバーがあって、ISO感度などを設定できます。

G7 X Mark Ⅱのメニュー設定は、一眼レフのEOSと似たものになって、コンデジっぽさが抜けているのも特徴です。

ボディ上の右肩に、露出補正とモード切替ができる2段ダイヤルがあります。

G7 X Mark Ⅱのコンパクトな筐体にグリップがしっかりとあるので、今まで指が滑って困っていたことが改善しています。

- Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱ レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

1.0型のCMOSセンサーに光学4倍ズームを付け、液晶も上ヒンジ式と高機能の要素を盛り込まれたG7 X。

このブログではあまり自分を撮影することはありませんが、ブロガーによっては自分も一緒に撮影されるので自撮り用のチルト液晶モードは嬉しい装備かもしれませんね。

ズームを調整するコントローラーリングのタッチ感もややチープさを感じる部分が有ります。

モード選択のダイヤルなど、操作した時の感触には精密感の様な物がやや欠けているかなという感じです。

この価格帯はSONYのRX100シリーズと比較対象とされがちですが、少なくとも機能面と使いやすさは負けていない様に思います。

- Canon G7Xは女性にも扱いやすいのかを試してみた【レビュー】 - UnderPowerMotors

RX100ではいちいち十字キーの下を押して液晶を見ながら露出補正を選んで補正数値を決めて・・・という2ステップの手順がありましたが、G7X2なら物理的なダイヤル回して一発で露出補正できるので楽チンですね。

RX100の場合は、連射モードではなく1枚撮影モードの設定のときでも、シャッターボタンを連打すれば結果的に連射みたいにサクサクと撮れていました。

RX100ではどんなAF設定のときでも、ドライブモードが「1枚撮影」でも、とにかくシャッターボタンを連打すれば連射撮影が速かった(≒液晶画面のブラックアウト時間がほとんど無かった)のは事実です。

RX100では親指グリップの右端にめり込むような形で動画RECボタンが配置されており、これが片手ホールド時には非常に押しやすくて便利だった。

チルト液晶とかが必要なくて、「よく分からないので、オートで何も考えずスマホより綺麗な写真が撮れればそれでいい」という初心者の方は、SONYのRX100で十分すぎると思います。

- Canon G7 X Mark II 実撮影レビュー RX100との比較 | teraHit.com

ローアングルには便利ですが、液晶面を下向きにすることは出来ないので、ハイアングル撮影時は固定液晶と変わりません。

他社ってのは1インチセンサーを搭載したコンパクト機で先行したメーカーのことです。

私個人的には、1インチセンサーはその大きさもさることながら、アスペクト比が3:2であることが一番大きなポイントであると思っています。

さらに、ここには書かれていませんが、同じ画角と明るさのレンズを使うなら、ボケの表現範囲が広がることも大型センサーのメリットです。

しかし、1インチセンサーはプレミアム・コンパクトカメラとカテゴリにおいては、画質と筐体サイズ、重さのベストバランスにあると思います。

- キヤノンのもう一つのフラッグシップ PowerShot G7 X - 酔人日月抄

奇をてらわないプロダクトデザインなのは高級コンデジのユーザ層を考慮してのことでしょう。

G7 Xのみ可動式かつタッチ液晶が付いています。

G7 Xのみモードダイヤルの下に露出補正ダイヤルがあります。

ただしG7 Xはストラップ穴が出ておりこれはスペック上の幅に含まれていないのでこれも考慮すると左右各3mmほど長くなります。

むしろこの重量感が高級感を醸し出し、また重量ゆえにきちんと両手で持とうとすることで撮影時のブレを防ぐことになるのでしょう。

- 高級コンデジ「キヤノン PowerShot G7X」のレビュー(本体の大きさ&レンズの長さを「パナソニック LUMIX DMC-LF1」「ソニー CyberShot DSC-RX100」と比較) - creativi.tea

そうして見ると、ポケットサイズの小さなものから、大きさだけ見ればミラーレスデジカメやデジタル一眼レフカメラと変わらないものまで様々です。

しかし、今回の主目的は、これまで主にサイクリングの際に持って出ていたコンパクトデジカメ(Canon PowerShot S120)を、より画質にこだわったものに置き換えたく、ポケットサイズのものを検討してきました。

しかし、そうは言ってもレンズ部分の張り出しが大きくなること、ズーム操作を含め片手での撮影が難しいことなども鑑み、RX100シリーズもしくはG7Xから選択することとしました。

同様のことは複数枚撮影した画像をパソコン(無料専用ソフト)上で合成することにより実現できますが、カメラ単体では確認できないのです。

こうした点から、RX100M3に関してはむしろ、背面モニタが下向きにもチルトする(G7Xは上向きのみ)ことの方が魅力に感じました。

- Canon PowerShot G7X(機種選択編): あさぎりWEB日記

明るいレンズでノイズが少ないので特徴で、シーンに合わせて多彩に機能を変えることが出来ます。

被写体の側に他の物があるとピントが甘くなることがありますので、その時は画面で被写体をタッチしてピントを合わせたほうが良さそうです。

カメラにwifi機能もありますので、スマホやPCに写真や動画を送ることが出来ます。

バッテリーの持ちは良い方ではありませんので、そこが気になるポイントですが「サイズを抑えた満足のできるカメラ」ではないでしょうか。

パソコンのウイルスソフトは必須のソフトではありますが、種類も値段も様々でどれを購入すればようか迷うところです。

- CANONのPowerShot G7 Xの「感想・評判」レビュー

コンデジを買うに当たって、NEXのサブ機として使う予定だったため、 コンデジの中でも最も大きい1型センサーを搭載したモデルを買うことに決めました。

1型センサーって何?という方がいるかもしれないので簡単に説明すると、 一昔前や、今でも安いモデルのコンデジでは1/2.3型センサーが使われています。

(1/2.3型が全てにおいて不利な訳ではありません) コンデジのサイズ的に現時点では1型というのが最大のサイズだったため、 今回は高級コンデジに位置づけられるカメラを買おうと思ったのです。

価格的にはRX100の方が1万円ほど安く、初めはこちらを買おうとしていたのですが、 起動速度、チルト液晶、WiFi、光学ズーム、F値、等々でG7Xが有利と判断し、 今回はPowerShotG7Xの購入に踏み切りました。

しかし、PCモニターで引き伸ばしてみると差は明らかですし、 一眼や1型のコンデジの絵と比較すると質感が全然違います。

- Life with Electronics : PowerShotG7Xを買ったのでレビュー

電源ONからの動作も軽快で、電源入れてからスグに撮影を開始できてこちらもストレスなし。

前面と背面に一箇所ずつグリップが付いており、それだけでシッカリと握ることが出来ます。

購入してから殆ど動画の歩き撮りメインで使っていますが、5軸手ブレ補正(4段分)を搭載しているので、雑に歩いて撮ってもブレがあまり気になりません。

歩きながらの撮影もカメラがコンパクトなので、旅行中のカメラにもピッタリで使用していて全く苦になりませんでした。

外部マイク端子は搭載していないので、外で動画を撮る際どうしても気になるのがボウボウと収録されてしまう風切り音。

- CANON G7X markⅡ レビューとこのカメラで撮った動画

画像を拡大しても、高ISO感度で撮ったことがわからないくらいキレイ。

PowerShot G7 Xなら広角24mmで被写体に寄って柔らかい表現もできるので、コンパクトカメラでの新しい水中表現が楽しめそうですね。

また、カメラが自動で水中独特の青みを補正して、自然で美しい色味に仕上げてくれるホワイトバランス(水中)や、小さな被写体にぐっと近づける「水中マクロ」など、試してみたくなる機能が満載です。

また60pフルハイビジョン動画が気軽に撮れるのはすごい。

PowerShot G7 Xは、気軽に本格的な水中撮影を楽しめる一台ですね。

- キヤノン:Premium G gallery|G7 X|佐藤 かな子

一番の特徴は明るいレンズと大型センサーの恩恵で美しいボケ感のある写真がコンデジでも撮影できる事でしょう。

そこそこ良い写真とフルHD 60Pの動画がこのサイズで撮れるのはバランス良いと思います。

コンパクト性を重視するのであればG7X、レンズを変えたり写真の勉強をしたいのであれば EOS Kiss X7iをオススメします。

逆にいうとG7Xはカメラに興味を持たせるくらいの良いカメラって事でしょうかね。

このG7Xは常に持ち運び出来るサイズなので一眼レフカメラのサブ機として使うってのもありだと思います。

- Canon PowerShot G7 X レビュー - KURIBOX BLOG

キャノンの販売するコンパクトデジタルカメラである『パワーショットG7 X』は、高感度CMOSセンサーを搭載した、有効画素数2020万画素の高解像度カメラです。

キャノンのデジタル技術を終結した31点オートフォーカスを搭載し、画面の端にある被写体へも約0.14秒という高速でピント合わせが可能です。

パワーショットG7 Xの最も得意とする撮影モードは、『こだわりオート』で、人物や背景、顔の表情などを自動認識し、赤ちゃんの笑顔・動きの速い被写体・風景画像など、58シーンに分析して最適な絞り・シャッタースピードを選択します。

パワーショットG7 Xは、編集機能も充実しているカメラで手元の液晶ディスプレイを操作することにより、トリミングやリサイズなどの編集を行うことも可能です。

「PowerShot G7X」以外のカメラも 買取価格の確認はカメラ高く売れるドットコム。

- ズーム全域で明るいレンズ!キヤノン「PowerShot G7X」レビュー - カメラ高く売れるドットコム

 EOS 80D と同じく短時間ながらテスト機を触ることができたので、気付いた点などを投稿します。

G5Xのものより少し小さめです。

レンズは前モデルと同じですが、脇に新設されたレバーで、コントロールリングのクリックのON/OFFを切り替えることができます。

地味ながら前モデルの不満点を着実に克服し、新型画像処理エンジンDIGIC7により、ノイズリダクションや手ぶれ補正機能を向上。

EVF非搭載の1インチ機の中では一番バランスのとれたモデルに仕上がっているのではないでしょうか。

- PowerShot G7 X Mark 2 フォトレビュー | かがろぐ

本体と、純正カバーと、液晶フィルムと、SDカードですね。

起動するとシャッターが開いてニョキニョキっとレンズが出てきます。

レンズの周りにあるリングは「コントローラーリング」というそうで、色々な機能を割り当てることができるそうです。

この写真の右のほうは、NFC機能がついていて、登録しているスマホをここにかざすだけでアプリが起動、カメラ本体に接続できるようになります。

カバー背面はそのままくるっと回って、本体の背面を出すことができます。

- 高級コンデジ「Canon PowerShot G7 X」 「開封の儀」という名の外観レビュー | For My Own Life

基本的に倍率が高ければ高いほど、画質を上げるのは難しくなるため、一見して『RX100M3』の換算24~70mm の方が画質がいいのではないかと感じます。

『RX100M3』は拡張感度が80まで対応するのと、3段分減感できるNDフィルターを搭載しているので日中での開放付近で撮影や、滝などのスローシャッターを用いての撮影に分があります。

MP4ベースのXAVCに対応し、50Mbpsと高画質で保存できることでコンデジレベルを超えた撮影が可能となっています。

■上面 G7Xには左側にフラッシュが、右側ダイアルが2段に、露出補正ダイヤルを搭載しているのが非常に使いやすそうです。

全体的に似ている両機種ですが、細かいスペックと備えている機能は、EVFやNDフィルター、動画性能に小型のボディなど、バランス的にみると『RX100M3』が上かな思います。

- PowerShot G7 X vs RX100M3 vs RX100M2 機能比較。キヤノンとソニーの1インチセンサー高級コンデジの違いをみる | かめらとブログ。

それとグリップがあまり良くないので撮影には注意が必要だと思います。

ポケットに入るサイズはそれだけで充分「武器」になります。

高画質なCCD、応答の速いAF、コンパクトな外観、高級感のある仕上げ。

画質がとてもよく、被写体の質感や、微妙な色まで表現することができ、どんどん撮影がしたくなります。

これだけの高性能カメラを気軽に持ち歩けるのは魅力ですね♪ 操作もダイヤル類が充実しているのでマニュアル感覚で直感的に操作でき、液晶もチルト式で動くので、ローアングルでの撮影が快適です。

- キヤノン PowerShot G7 X 買取価格|高価買取中|カメラのキタムラ

一つ前のモデルであるPowerShot G7Xの操作性を活かした、高性能なカメラでもあります。

今回は、画質、機能と全てのバランスが良いPowerShot G7Xを紹介します。

PowerShot Gシリーズといえば、高画質・高性能のハイエンド機としても人気がありますが、カメラ初心者にも、本格派のカメラユーザーにもおすすめなのが“PowerShot G7X mark2”です。

1.0型の大型センサーと大口径レンズというPowerShot Gシリーズの特徴だけではなく“新映像エンジンDIGIC 7”を搭載し、従来品よりも画像処理がスピーディになりました。

PowerShot G7X mark2は、高画質なだけでなく操作性にも優れたカメラです。

- 最高画質を持ち歩く!PowerShot G7X mark2は超バランス型 | RentioPress

ちゃんとボケがでるカメラとなると、1型センサークラスが候補のようです。

各種設定が液晶画面ではなく、アナログダイヤルである点も、撮影をより楽しい物にしてくれるようです。

この前の型である、RX100、RX100M2も今だに人気があるようですが、どうせ買うのであれば、細かな点が改善されている最新機種が良いとの判断になったので、M3で検討中です。

このカメラの利点は、なんといっても「最強にコンパクトでありながら、マクロ撮影とタッチパネル以外は全部入っている」ということ。

今のところは、手持ちのアイテムで、売ってお金にできそうなのは、iPhone5、Xperia Z3 Compact、PS3、ニンテンドーDS、PSPあたりかな。

- 高級コンデジを買うならどれ? LX100、RX100M3、G7Xを比較検討してみました。 - いつもマイナーチェンジ!

せっかくですので前機種のG7Xとの簡単な比較、印象を。

実写した印象ですが、まだ室内での簡単な撮影比較ですが、値段差を考えると G7Xを持っていて、上記のような変更点について必要性を強く感じない限り 買い替えなくても元々のG7Xでもいいかなぁという印象。

逆に何もグリップを追加貼付していないG7XユーザはG7X MK2のグリップが使いやすく 感じるでしょう。

RX100のような無段階、つまりクリック感無しでF値の変更やズーム時のフォーカス変更 ができるようになって気持ちいいですね。

誤操作を防ぎたい時にはクリック動作に切り替えることもできる点もグッド。

- (今更ですが)Canon PowerShot G7X Mark2レビュー: See_You_Laterのブログ Part 2

去年の12月にもレビューしていますが、その後手離した末、思うところあって今回よりを戻したので再レビューいたします(笑)元々離婚の原因は、開放最近接時の酷い収差です、芯のあるハロは好きですが、表現として活用できるレベルではありません。

大型センサー搭載のハイエンドコンデジ(以下ハイコン)の弱点というのでしょうか、G1X MarkⅡ、LX100、etcを早々と手放した大きな原因でもあります。

そこで、先日来、怒涛の1インチラッシュのキャノン機の中から、常用コンデジを改めてピックアップすることにしました。

G3Xについては大きすぎ、高倍率ズーム付きのミラーレスのほうが画質的にも有利でしょう。

このカメラに関しては最広角側より、ぎりぎり5cmマクロで使える範囲でズームアップしたほうが良い結果が得られそうです。

- 落としどころか、再レビュー PowerShot G7X - マイクロフォーサーズ応援団

望んでいるのは「持ち運びやすくて素人でも簡単に綺麗に撮れるデジカメ」重視だったので、G9Xを選びました。

綺麗な写真を撮りたいなら画総数ではなく、センサーサイズ(撮像素子)が大きい物を選ぶのが良いと知り、高級デジカメ(センサーサイズ1型以上)を探すことにしました。

ネットのレビューも調べまくり、「G9Xはとてもコンパクト」と言うのは分かっていたのですが、実際触って見ると本当にコンパクトでビックリしました。

そしてそれぞれのカメラを触ったのですが、まずG7Xは何だが使いづらいという印象。

液晶をタッチして使うか、上にあるズームボタン、カメラレンズの周りにある輪?で操作をします。

- カメラ素人が買ってよかったキャノンG9X!高級デジカメのおすすめレビュー★

ということで、 一眼レフ(EOS kiss x7)と、iPhone5で撮ったものと比較してみました。

同条件(時間、角度)でオート撮影したものを、 未加工で縮小しています。

印刷とかすると、結構差が分かりますが、 PCのモニターだけで見る分には、それこそiPhone5でもOKな気が…。

今回、半年にわたって、 RX100ⅢとG7Xとどちらにするか悩みに悩みましたが、 最終的には単純に、タッチパネル&価格でG7Xを選びました。

Aokiさん> コメントありがとうございます! カメラのお仕事されている方からそう言っていただけるなんて、とっても嬉しいです(泣 私も、パナソニックLX100も悩みました!! レンズ部分がスッポリ本体に収納されてくれるタイプだったら、 確実にLX100を買ったのですが…。

- 高級コンデジCanon Powershot G7xを買ったので比較┃Less is Beautiful

えー、きょうはですね、えー、あの、先日発表になりました、こちらのパワーショットG7X、プレミアムコンパクトですね。

まずこの、プレミアムコンパクト、パワーショットG7Xなんですけども、まず、レンズが大口径です。

今日お越しのみなさんは、えー、何となくお顔を拝見していると、きっと一眼ユーザーの方が多いのではないかと思うんですけど、えー、一眼ユーザーの方にも・・・方こそ、持って、いろんな操作性をこなして、いい作品ができるサブ機に充分耐えうると思いますので、えー、あとでぜひ触っていってください。

ですから、絞りをよく替えて使われる方は、このリングで絞りの変更とか、あとズーミングとか、それからシャッタースピード、をここで変えたりすることができるんですね。

【写真画質】RX100M2は素晴らしい画質。

- PowerShot G7Xで旅する。レビュー・評価・評判・口コミ

1回のシャッターで連写と画像合成を自動的に行い、広階調の写真に仕上げる「ハイダイナミックレンジ」モードや、8種類の特殊効果が選べるクリエイティブフィルターモードなども用意されており、表現の幅が広まる。

このうち絞り優先AEやシャッター優先AE、マニュアル露出モードを選んだ場合、レンズの鏡胴部にあるコントローラーリング、または前面の電子ダイヤルを使って絞り値やシャッター速度の調整ができる。

高精細なEVFとバリアングル液晶を両立 キヤノン「PowerShot G5 X」を手にしてまず注目したのは、これまでの同社コンパクトカメラとは少し雰囲気が異なる外観デザインだ。

既存モデル「G7 X」のようなチルト式とは異なり、縦位置に構えた際にもローアングルやハイアングルで撮影がやりやすく、構図の自由度は非常に高い。

そのほか、望遠側で約0.16秒、広角側で0.12秒と非常にスピーディーなAFや、コンパクトモデルでありながら一眼レフ機のように多彩なダイヤルによる直感的な操作性にも注目だ。

- 【レビュー】優れた操作性で“写真を撮ること”がどんどん楽しくなる『PowerShot G5 X』 – DIGIMONO!(デジモノ!)