コンパクトデジタルカメラ

Canon

Powershot N2

レビュー

四角いフォルムとレンズ周囲のリング状シャッターボタンが特徴的な「PowerShot N2」ですが、同様の特徴を備えていた「PowerShot N」の後継機種ですな。

液晶モニターはタッチ対応の2.8型(約46万ドット)で、チルト機構により上方180度まで無段階で角度を変えられますので、広角側だと自分撮りも容易です。

レンズ周囲の2つのリングとタッチパネルで主な操作をしますので、ボタン類は非常に少なく合計4つです。

やろうと思えば一般的なコンパクトデジカメでも、片手で電源ON~撮影までできますが、「PowerShot N2」の場合、カメラを安定的に掴みながら、レンズ周囲のリング(シャッターボタン)に触れているどれかの指を僅かに動かすだけで撮れます。

ワタクシの場合、「PowerShot N2」で撮った写真を定期的にiPadに転送しています。

- キヤノン「PowerShot N2」を常時携帯♪ - ケータイ Watch Watch

カラフルでビビッドな従来機に対して、N2は成人度の高いマットブラックの大人のデジカメらしい落ち着いたデザインに変化したが、ここは意見の別れるところだろう。

従来機のN同様、もう少し遊び心があっても良かったのではとは思うが、実際に買ってくれる層を考えた結果のカラーリングなのだろう。

それもあって、今回のN2も極めて惹かれてはいたが、要検討的商品だったので、アマゾンの「ほしい物リスト」には入れていたが、半分そのことも忘れていた。

梱包物はN2本体、「かんたんガイド」や保証書、サービス案内など、USB/ACアダプター、ストラップ、バッテリー、miniUSBケーブルなどだ。

正面からN2本体を見るとレンズのもっとも外周のズームリングの直径がN2本体の高さに等しいという、なかなかグッドなデザインだ。

- ASCII.jp:コンパクトなクラウド連携コンデジ「PowerShot N2」を衝動買い! (1/3)|T教授の「戦略的衝動買い」

PowerShot N2は街歩きや旅行に向く小型ながら、シャッターボタンの替わりにどこからでも押せる「シャッターリング」と180°チルト液晶を備え、いろいろな持ち方や角度で撮影できる点が特徴です。

PowerShot N2は、一般的なカメラからレンズ周りを削ぎ落としたような外観。

PowerShot N2 最大の特徴は、一般的な形状のシャッターボタンを備えないこと。

ただ残念なのはズームリングやシャッターリングを操作してもカメラが起動しない点。

またシャッターリングの採用でコンパクトなのに操作性が高く、取り回しが容易でとにかく歩くことの多い海外旅行にも向くカメラという印象です。

- キヤノンPowerShot N2 をパリで試す。シャッターリングは異彩ながら便利、コンパクトな旅向きカメラ - Engadget 日本版

これは、1ショットで「構図」「色、光」をカメラが自動で変えて、6種類の写真(オリジナル画像を含む)を一度に撮影できるというもの。

フィルターや特殊効果がかかるだけではなく、カメラが勝手に構図を考えてトリミングまでしてくれる場合も。

さらに、180度可動するチルト液晶を活用することで、他のカメラにはない、独特なアングルで写真を撮ることができるんです。

本体色についてはガッツリ批判しましたが、それでもこのPowerShot N2は非常に楽しいカメラです。

撮りたいものが見つかったら、とりあえずカメラに任せて躊躇なくシャッターを切れるのは大きな強みです。

- 撮り方までお任せ?!スキル要らずの変態デジカメ「Canon PowerShot N2」レビュー | アナザーディメンション

デジカメにはつきもののシャッターボタンやズームレバーを搭載しない独特のスタイルを採用する小型モデルで、液晶モニターの改良で自分撮りが手軽にできるよう工夫した。

被写体に応じてさまざまなフィルター効果を自動的に適用した写真を生成するクリエイティブショットは健在で、雰囲気のある写真が手軽に撮影できる。

コンパクトデジカメのレンズ部だけを切り取ったような左右対称のボディーデザインと、ユニークなシャッターリングを搭載して話題になった、キヤノンの「PowerShot N」が「PowerShot N2」となって登場した。

これは、1ショット撮影するだけで、あとは自動的にカメラが面白い写真に加工してくれるというモノ。

フォーカスや露出のブラケット、特殊効果のフィルター、トリミングなどを行い、オリジナル画像に加えて合計6枚の写真を生成してくれる。

- キヤノン「PowerShot N2」、自分撮りに対応した異色カメラの実力 - 日経トレンディネット

今日紹介するプロダクトは、そんな気軽に持ち運べて写真を撮るのが楽しくなる、そんなカメラ『Powershot N2』です。

まず、他のカメラとの大きな違いはシャッターボタンがないところです。

画面を180度開閉できるという点もこの機種の強みです。

極めれば、ポケットから取り出しながら、電源をつけてそのまま片手で撮影といったトリッキーな撮影方法も可能になります。

ここの専用ボタンを押して、携帯のアプリを起動するだけで、写真のシェアが可能になります。

- 【プロダクト】機動力抜群!旅行や散歩に最適!思わずたくさん撮りたくなる近未来的カメラ『Powershot N2』 - CulInto(カリントー)カルチャーとプロダクトの探求ブログ

ピントを合わせたり、撮影モードの設定を行ったり、と指先で直感的に操作可能だ。

背面の液晶モニターを180度チルトすると、「自分撮りモード」が自動で起動する。

また、1ショットでオリジナル画像含む6枚の写真表現が楽しめる「クリエイティブショット」機能を引き続き備え、印象的な写真を残せるとする。

カメラ側面のボタンを押し、スマートフォン上でアプリ「CameraWindow」を起動するだけの2ステップですぐに接続が可能だ。

撮影した写真をスマートフォンへすばやく転送できるため、SNSなどでのシェアも容易に行える。

- キヤノン、180度チルト液晶搭載の自分撮りコンデジ「PowerShot N2」 | マイナビニュース

基本機能はE-PL7と同じだけどE-M10は液晶が180度回転しないのと本体サイズが大きくなるし本体カラーに白がないってこと。

液晶が180度回転しないのはWi-Fiでリモートシャッターが切れるので問題なし。

前機種のNから変わった最大の特徴は液晶が180度回転すること。

【レビュー】ICレコーダー YEMENREN 8GB 3072Kbpsの外観をチェックする。

【iOSアプリ】画質を落とさずに動画から静止画を取り出す方法。

- 【物欲】次のカメラについて悩む。考える。

自撮り撮影だけを考えれば、 スマホで十分ですが、 自撮り専用カメラはおもしろい機能が 沢山あります。

※クリエイティブショットは、 1度シャッターを押せば 6種類のエフェクトをかけて 撮影できる機能です。

写真を幅広く楽しみたい方には、 キャノンのPowerShot N2 がおすすめです。

高級コンデジであれば、 液晶ディスプレイが180度回転し、 自撮りが出来る機種も増えてきました。

このサイトの記事を書く際にもお世話になっています! レビュー記事はこちら サイトに掲載する画像はドロップボックスに保存! スマホはIIJのおかげで毎月2,000円ぐらいに節約できています。

- 自撮り専用カメラが面白い!2万円代のおすすめ3機種! | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

シャッターボタンがなく、カメラ前面にあるシャッターリングを押すことでシャッターが切れる。

シャッターリングと同様に全周からの操作に対応していて、どんなアングルからでもすばやくズームが可能。

そのほか、上側に180°開く「タッチパネル式のチルト液晶」により、「自撮り」やローアングル&ハイアングル撮影にも対応している。

キヤノン「PowerShot N2」を常時携帯♪ (スパトロニクス) ・とりあえずワタクシ的結論から申しますと、コレかなりイイです。

(engadget日本版) ・シャッターリングの採用でコンパクトなのに操作性が高く、取り回しが容易でとにかく歩くことの多い海外旅行にも向くカメラという印象です。

- PowerShot N2(キヤノン) – digi-came.info

撮った写真をその場でSNSに投稿したり(別途データ通信契約が必要)、高性能アプリを駆使して写真を加工したりを1台で、単独操作にて行なえる。

レンズ周りのコントロールリングを回すことでデジタルズームや露出補正などを素早く行なえる。

シンメトリーなスクエア形状に加え、ワンショットでオリジナル+5種のエフェクトを適用した写真を撮影できる「クリエイティブショット」など、ハード、ソフト両面で独創的な小型モデル。

撮像素子や映像エンジンなど、撮影に最低限必要な部分以外全てカットすることで極限までの小型化を果たしたレンズ交換式カメラ。

【評価人のコメント】 Bluetoothを使って本体に触ることなく電源オン&Wi-Fi接続が可能など、先行する同コンセプト製品と比べて一歩リードしています。

- ちょっとチャレンジング!? 最新“新発想”カメラ3選 – DIGIMONO!(デジモノ!)

新しい小型&スクエアボディーが、これまでにない操作方法、自由で直感的な撮影スタイルを提案。

レンズ側に回転させた液晶モニターを見ながら、かんたんに自分撮り。

1度のシャッターで、構図や色を変えた6種類(オリジナル画像を含む)を撮影。

カメラが自動で被写体に合わせてふさわしい設定に自動調整。

... おもな特長 撮影スタイル新しい小型&スクエアボディーが、これまでにない操作方法、自由で直感的な撮影スタイルを提案。

- CANON PowerShot N2 | BEDELI[べデリ]

その点、こちらの機種はシャッター4段分という高性能な光学式補整機能と、動画撮影にも強い電子式の5軸ハイブリッド手ブレ補正がダブルで搭載されます。

動画撮影は、ニコンの場合他社より優れており、この機種は、画質の良い4K動画の撮影に対応できます。

ただし、4K動画の撮影は、後ほど説明するように、専用のSDカードが必要な点、注意して下さい。

ただ、キヤノンの場合、動画専用の5軸手ブレ補正を搭載するため、動画撮影時でもぶれにくいというメリットはあります。

SDカードは1000円程から売っていますが、格安のモデルは読み込み速度が遅くカメラ本来の性能を活かせません。

- 比較2017' 自撮り用におすすめなデジカメ最新9製品の性能と評価:チルト・バリアングル式自分撮りデジタルカメラ・ミラーレス・Instagram向きのコンデジ: 家電批評モノマニア

自撮り棒では、メインカメラで自撮りするという方もいると思いますが、基本的にはスマホ前面のサブカメラを使って、モニターを見ながら全員が写っていることを確認して撮ることになります。

サブカメラは、もともとはビデオ通話用として設計されているため、メインカメラと比べると画素数が低いので画質が期待できません。

さらに自分撮り機能を楽しくする機能として、4回または9回自動撮影した写真を、カメラが1コマに自動コラージュする「セルフコラージュ」、撮影前に「美肌」「美白」「ソフト」「鮮やかさ」の4種類の効果を設定し、液晶モニターで変化を確かめながら調整できる「メイクアップモード」、人物を強調したいときに、ぼかしたくない部分を指でなぞると、背景だけをぼかせる「セレクトソフト」を搭載しています。

さらに、直近に再生した画像とその前後の画像4枚または3枚を、自動的に一枚の画像にする「クイックコラージュ」や、肌の色やなめらかさを調整できる「メイクアップモード」、ワンシャッターでメイクアップ効果の異なる3枚を連写する「メイクアップブラケティング」といった女性に嬉しい機能も搭載しています。

片手にレンズ部を持ち、さまざまな角度にレンズを傾けながら、手もとの液晶モニターで表情などを確認しながら自分撮りすることが可能。

- 自撮りができるコンデジが人気!スマホより高画質! | デジカメ比較レビュー

自画像ミラーとフリップタッチがありますが、私は2013年にキヤノンが美しい正方形の頭脳シックDCキヤノンのPowerShot Nを開始したという印象を持っている、当時の多くの女の子が取りつかれためにすることを覚えているが、キヤノンのPowerShot N 画面が、新しい改良版を持って来るために皆のためにも非常に多くの女の子が、約一年、キヤノンが経過した後、しかし、彼らの失望見てほぼセル​​フタイマーのようなちょうど90度の角度とその可逆シャッターリングの制限の操作 キヤノンのPowerShot N2が、これは1600万を除き、キヤノンのPowerShot N2を改善し、画素数がタッチスクリーンの外側180度回転することができ、全体的な変化は大きくないですが、それぞれの変更からの視点の実際には実際の使用 詳細はユーザーエクスペリエンスを強化するために提供され、その後、次の私たちは、このキヤノンのPowerShot N2それを変更するかを見るために最後に一緒に行きます。

キヤノンのPowerShot N2が原因でカメラのN個の辺のキャンセルに、ほとんどの突出、右側がレバーやケースの迅速な共有とUSB充電/データインタフェースを切り替える撮影モードである間は、ボタンのデザインは非常に繊細で、キーと再生ボタンの左側にありません HASP N2はグリップに、より快適な感触を持って来る時にスムーズな片手撮影やセルフタイマーの外観を与えることができるように加えて、他のことをこすりませんポケットやバッグの中に、より多くの滑らかなサイドラインを持っています。

キヤノンのPowerShot N2は、そのフォーカス環状道路は​​、この設計はコントロールがより便利であるのN2強い感覚をズームもたらされる細い線を使用して設計されており、フォーカスリング360を操作することができ、非常に柔軟性のN2を撮影増加し、ほぼすべての角度のことができ レンズのフォーカスリングを回して、加えて、キヤノンのPowerShot N2タッチシャッター撮影モードは、全体的に、より便利で柔軟な撮影体験を提供するために、ユーザに提供されるキヤノンのPowerShot N2は前世代Nのキュートでスタイリッシュな外観を踏襲話します また、他のさまざまな詳細が強化されており、これらはユーザーに、より便利で快適な撮影体験をもたらすために持ち上げ、我々は、彼らがコントロールと外観の意味でキヤノンのPowerShot N2の詳細の多くを変更しているが言うだけでなく、よりすることができます 大きな改善。

、皮膚、ボケ、セルフタイマーモード子犬音調整オプションを明るくするには、このモードの撮影パラメータでは、すべての人々のキヤノンのPowerShot N2カメラモードのアイコンとの接触にオーバーハンドから親しみやすい操作することは非常に容易です 内部はシンプルな親しみやすいデザインのアイデアを醸し出していますから、私は複雑なパラメータ設定や外部の撮影、実際には、我々は習慣を撮影平日基本的に使用され、プロの写真家や写真愛好家に加えて考えて、それを感じます ブート開始撮影後、キヤノンのPowerShot N2かどうかの撮影モード、一方(例えば、タッチスクリーンシャッターなど)、または近いことに等しいセルフポートレートモードと操作感覚により近いほぼ全員通常使用のスマートフォン、の形で 距離一般消費者の感覚は、より友好的使用しています。

より一般的なユーザーのためのキヤノンとおそらくスマートフォンの現在の数よりも良いではないかもしれないそのパフォーマンスの面で多くの友人に慣れていないキヤノンのPowerShot N2のセルフタイマーの好きな女性/男性ユーザー打ち上げが、小さなシリーズとして表示するには あなたはそれがなど、画質、フォーカス、ノイズリダクション、という点で使用ができますこれにのPowerShot N2は、スマートフォンよりも簡単に優れている、パフォーマンススマートフォンやデジタルカメラを撮影した後、手術を専​​門とする業界は、依然として一定のギャップを持って、少なくとも 今までまだそれを比較することはできません。

- 私による自己|キヤノンのPowerShot N2総合評価@goodchinabrand.com

国内でも新しいスタイルのカメラとして話題になったPowerShot Nの後継モデル、N2が海外で発表されています。

35mm判換算28-224mm f3.0-5.9 8xズームレンズ 2.8インチタッチスクリーンなど、先代PowerShot Nと似たスペックですが、大きくことなるのは、可動液晶が180度可動可能になり自撮りが可能になっていること。

PowerShot Nシリーズ独自のレンズ廻りのレリーズ機構ですが、これって正に自撮りの為にあるような操作系だと思っていましたので、これはあるべき姿になったと言って良いと思います。

今年のフォトキナでは、ベーシックかつ基本を抑え熟成に徹したカメラと、新しいカメラの姿を目指すカメラに2分される傾向があると思いますが、キヤノンのPowerShot Nはその先駆けになったようなモデルだと思います。

このようなカメラもモデルチェンジしてすることで、新しいカメラの世界を拡大することで、カメラ全体を盛り上げて欲しいですね。

- キヤノンが海外でPowerShot N2発表!ついに自撮りが可能になった | YOUのデジタルマニアックス

同製品は、シンメトリーで持ちやすいデザインのボディと、レンズの周りに備えた、上下左右のどの方向からでもシャッターが切れる[シャッターリング]が特徴のカメラ。

そのため主な操作は、タッチパネル液晶の背面モニターで行う(二本指でのマルチタッチ操作可)。

カメラの正面側へ向けられるので、今はやりの“自分撮り”がスムーズにできるよう、美肌の効果の調整や背景のぼかし効果の有無、フラッシュやセルフタイマーの設定ができる、その名も[自分撮りモード]を搭載している。

レンズシフト式手ブレ補正機構を内蔵しており、撮影シーンに合わせたブレ補正をおこなう[マルチシーンIS]機能も動作する(静止画・動画 両対応)。

また、オリジナル画像と同時に、構図や色・光、ボケ味などをカメラが自動で変えながらブラケット撮影し、オリジナル画像+5つの画像を生成するモード[クリエイティブショット]も搭載。

- キヤノン、どこからでも押せるシャッターリング搭載 PowerShot N2 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

楽天市場ではこちら→ trek/10000007 Trek 2000 スマートフォン対応CR2電池やUSB給電で動く小型ワイヤレスカメラ Ai-Ball(USB給電クレードル付き) ブログ記事:Ai-Ball スマホで視聴/録画できるワイヤレス超小型カメラ archives/ 基本的な設定に関して アプリや外部サービス連携など PDF版マニュアル(製品付属と同等) 【高度】Ai-Ball インフラストラクチャーモード 設定マニュアル 仕様表/スペックシート 制作協力:TREK 2000 INTERNATIONAL LTD ---------------------------------------------------------------------------------- 【その他、動画の製作に使用した機材・アプリ等】 SONY HDビデオカメラ Handycam HDR-PJ760V 「空間光学手ブレ補正」により従来とは桁違いの安定性を実現したハンディカムのフラッグシップモデル。

キヤノン パワーショット N100 は背面にもサブカメラを搭載し、所謂ピクチャーインピクチャーでの撮影(デュアルキャプチャーと呼ばれる)を可能にします。

私はこれまでにもサムスン・ギャラクシーS4などで同様の機能を利用しておりましたが、キヤノンのこの製品はスマホではなく本格的なデジカメということで、より高画質(高ビットレート)での記録、高度な手ブレ補正、光学ズームレンズといった面で期待できますね。

また今回1/4スケール(全長)の試作機「J-deite Quarter」の実物を確認しましたが、市販部品を使ったこのロボットはWebサイトの動画から想像していた以上に大きく、実際に変形する様子は想像していた以上に脳が揺れる不思議な体験となりました。

JINSのFront Switchは、軽量なメガネに機能レンズを搭載することで、サングラスやブルーライトカットレンズ、夜間ドライブ用メガネなどに早変わりします。

- キヤノン小型WiFiデジカメ『PowerShot N2』レビュー、レンズリングによる自由なカメラアングル kinectclub.ru