スマートフォン

富士通

Arrows M03

レビュー

中華系のミドルスペックのSIMフリースマホには、ジャイロセンサーを搭載していないものも多いのですが、arrows M03はジャイロセンサー搭載なので、ポケモンGOをARでのプレイも可能です。

しかし、軽さやカメラの画素数、また、ワンセグやおサイフケータイ、防水・防塵対応など国内向けの機能は、arrows M03の方が充実しています。

arrows M03は、デザイン性、ワンセグへの対応とカメラ性能の向上が、今回のポイントです。

しかし、プロセッサやメモリ等が前機種のarrows M02と同じスペックなのは、非常に残念です。

- arrows M03の実機レビュー!6つの特徴とスペック、価格 | ウェブライフバランス

LINE・Twitter・ゲーム程度の使用量なら余裕です。

通常の製品保証だと1年間の自然故障しか対応してくれませんが、mineoの端末安心サポートをつけておけば、2年間は自己過失で画面を割ってしまったりして故障させてもしっかり対応してくれます。

ディスプレイは綺麗だし、バッテリーも2580mAhの大容量、優れた処理能力とカメラ画質を性能を持っていますので快適に使えること間違いなしです。

防水防塵やおサイフケータイといった機能よりも、サクサク感のある快適動作Huawei P9 liteを選んだほうが無難ですね。

- 【超まとめ】arrowsM03を実機レビュー!mineoから届いたのでスペックをレポートしてみる。 - 【mineo×iPhone】マイネオの評価/評判|乗り換え方法と注意点は?

通信面ではWiFiが5GHzの11aに対応、カメラの画素数もアップし、外部ストレージも最大200GBまで対応を広げるなど、価格を抑えつつもスペックが底上げされています。

人気のGalaxyシリーズやXperiaシリーズを含むここ近年のワンセグ搭載スマートフォンはワンセグ視聴の際、イヤホンジャックに挿入するタイプのアンテナケーブルを必要とする機種がほとんど。

低価格帯のスマートフォンは防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグなどの国内大手キャリアのモデルでは当たり前の機能が無い機種が多く、一つでも使っている物があれば乗り換えを躊躇する理由になり得るところ。

arrows M03はそういった国内向けのニーズをひとつひとつ繋ぎ合わせた上でコストパフォーマンスの高い低価格のハードウェアで商品化されており、FullHDディスプレイや最新の高性能プロセッサ、最新のカメラなどの機能が普段使いのスマートフォンとして不要といったユーザーであれば最適な機種です。

- 国産スタイリッシュSIMフリースマホ!富士通「arrows M03」レビュー - モバレコ

IPS液晶を採用しているので画質もきれいで画面から縁が0.3mmでっぱっているためスマホを落としてしまった場合でも画面を割ってしまうことを防げる構造になっています。

また、多くのスマホはイヤホンがアンテナになっていてイヤホンを挿さないと視聴できないものもありますが、arrows M03はアンテナを本体側に持っているためアンテナを伸ばすだけで視聴することができます。

そのため、3Dゲームや高画質な動画の視聴、ポケモンGOなども快適に動作し、インターネットなどで調べてものをしている時も快適そのものです。

IPX8は水深1.5mのところに約30分間沈めても問題なく動作するという意味なのでお風呂などでスマホを使っても安心ですし、屋外で仕事をされている方も突然の雨などでも故障しないので安心してつかえるというメリットがあります。

- 「arrows M03」の詳細 スペックと評判・評価口コミレビュー |LINEモバイルFAN

SIMフリー機はこういうところに使えないことがあるんですけど(特に海外機種はほぼ無理)、M03は対応。

そのため、普通のau SIMは使えないので、追加購入の場合は、SIMの申し込みを間違えないように注意してください(同時購入は気にしなくてOK)。

特に驚いたのが、「SIMの挿入手順」と「簡単操作ガイド」ここ1年で購入したスマートフォンの中で間違いなく一番丁寧ですね。

「端末が増えた場合」という画面がでてきますが、今回は「コピーしない」で進めます(新しく端末を購入した場合は、コピーしないでOK)。

- 【格安スマホ初心者にオススメ!】国産スマホ「arrows M03」を購入・徹底レビュー(設定方法有り) - 格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安スマホの「arrows M03」のスペックや価格、評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、arrows M03についての記事をまとめています。

電子マネー決済が便利で手放せない方も多い「おサイフケータイ」機能ですが、格安SIMで利用する際に「SIMロック解除」は必要なのでしょうか。

今回は、そんなarrows M03でテザリングが利用できるのか調べてみました!格安スマホをルーター代わりに使いたいという方は多いと思います。

イオンモバイルは月額プランが豊富になっていることが特徴の格安SIMになります。

- 【2017年9月】arrows M03徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も

最近のスマホはカメラのレンズ部分が出っ張っているスマホも多いですが、「arrows M03」のカメラは本体の中にきれいに入っています。

「arrows M03」は新たにワンセグ放送に対応し、内蔵のロッドアンテナを利用して、いつでも気軽にワンセグを見ることができます。

ダブルタップで画面をONにする機能はLGやXperiaなどで採用され、いがモバも好きな機能なのですが、今回は「arrows M03」を省電力にするために削除されたそうです。

今回の「arrows M03」のカメラは約1310万画素のソニー製のセンサーを採用していて、実際の撮影写真も明るくきれいで大幅にパワーアップしている事が分かりました。

- タフ&TV&美カメラ!富士通M03 実機レビュー | いがモバ

液晶が5インチということで、最近のスマホでは小さい部類に入るので、ボディが小さめなのが効いています。

クアッドコアプロセッサ+2GBメモリの組み合わせになっているので、Web閲覧/動画再生といった、それほど負荷のかからないタスクであれば、快適に処理できます。

あと、防水・防塵に対応している、おサイフケータイを使える、ワンセグを備えているのでテレビを視聴できるなど、充実した機能も魅力的です。

arrows M03は、Amazonや楽天市場などでスマホ単体で購入することもできますが、MVNOとセットで購入することができます。

- 富士通arrows M03レビュー:非常に使い勝手のいい防水スマホ! | 快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

●焦点距離22mmの広角レンズ搭載:一般的にスマホのカメラには画角の狭いレンズが搭載されることが多いのですが、M03では22mmの広角レンズを搭載。

格安スマホの場合、ワンセグに対応してないモデルが多いので、ワンセグ対応を重視している人にとってはarrows M03はオススメかもしれません。

バッテリに大きな影響を与えるディスプレイ電流を従来より大幅に低減させるなどして、富士通のWebサイトでは3日間電池を持たせることができるとしています。

楽天モバイルの場合、SIMカードとセットで購入する必要がありますが、これだけ価格差があるのであれば、楽天モバイルで購入するのもありだと思います。

- 富士通arrows M03のスペックレビュー・特徴・評価まとめ | 快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

ただ3Dゲームなど重いアプリを起動する場合は読み込みに時間がかかったり動きがカクつく可能性もありますので、そういった使い方をするならちょっとスペックが足りないかもしれません。

LINEモバイルでも取り扱っているHUAWEI nova liteやZenFone3などはarrows M03よりハイスペックなのでスペック重視の人はそういった端末を検討した方がいいでしょう。

この2機種なら8つのCPUから構成されるオクタコア+3GBメモリとなっていますから処理の重いアプリでも快適に使うことができると思います。

上述しましたが処理能力などのスペックの面ではHUAWEI nova liteやZenFone3など同じくらいの端末価格でよりハイスペックな端末に軍配が上がります。

- こんな人におすすめ!arrows M03のスペックや特徴をレビュー! | LINE MOBILE CLUB どこよりもわかりやすい格安スマホ情報をあなたに

富士通のスマホは、今までキャリアで発売されていた端末で培ってきたソフトウェア資産をarrows M03でも多くが取り入れられており、利便性が向上するような機能などが多くあることが特徴的です。

海外メーカーのミッドレンジSIMフリーと比較すると、外装ではストラップホール、防水・某塵、ソフトウェア部分では、ワンセグ(SIMフリーでは国内販売は今回が初、海外ではZenFone go TVが対応)、おサイフケータイ、片手操作をラクにするスライドディスプレイ(M02より強化されています)など、利便性が向上するものが多くあります。

ライトユーザーであれば、ZenFone 2 Laserでも十分快適と思うような動作感であり、1年前の機種と同じチップセットのarrows M03でも非常に快適です。

上記の2機種よりも多機能で防水などの機能を考えると、arrows M03の方がお値段的にも高くなるのは仕方ないものかもしれませんが、「できれば、指紋認証もほしかったかな...」というのが個人的な意見。

- arrows M03のファーストインプレッション&レビュー!前機種M02からブラッシュアップされてより良くなった! - SIMフリー遊び

安さだけが取り柄の機種が衰退し、最低限のパフォーマンスを持っている機種がローエンドとなり、ハイエンド機種にもお値打ちものが登場している状況となった。

違っているのはスタイリング、カメラの画素数、電池容量、Androidのバージョン、画面の形式などである。

新機種としてはもう少し薄型化してほしいところはあるが、M02と比べると薄さの違いは明らかで、価格帯からすれば十分納得できる。

充電スタンドがあるM02と違って充電スタンド非対応になってしまったが、モバイルバッテリー使用時やPCとの連携時など、何かとUSBポートに挿す機会が多い人にとっては、キャップを開ける必要のないキャップレス化は非常に有効だ。

- ASCII.jp:ドコモとau両対応の日本特化型スマホ「arrows M03」を一足早くレビュー (1/2)|月刊 格安SIM王

あと、日本語入力アプリATOKが入っていて、3日乾電池が持つ、カメラが高性能といった点がオフィシャルHPで訴求されています。

IIJmioもauの回線を使用したサービスを始めるようですし、UQ mobileやmineoといったau系格安SIMを検討している方には数少ないSIMフリースマホの選択肢の一つになります。

ゲームはポケモンgo、艦これ程度は動作は問題ないようで、ヘビーなゲーム出なければ快適。

自分はUQ mobileを使っていて、au系MVNOに対応した端末が希少なので魅力的ではあります。

- Arrows M03が気になったので口コミを調べてみた

管理人がまだSimフリー端末にあまり手を出してないころ、Arrows M01~M03のシリーズって面白いことに日本メーカーで販売される端末の中で珍しくSimフリーだったんです。

また最近の端末にしては解像度が低いようにも感じますが実際の使用ではそこまで気になりません。

お財布携帯にも対応しているため財布を忘れた!なんて時にも便利です。

ゲームなどには向きませんが海外製のSimフリースマホなどと違い、日本人には便利なお財布携帯に対応していることと防水防塵耐衝撃が思った以上に仕事をしてくれるので外で使うことなど少しビジネスチックな使い方をするライトユーザーにはおすすめな端末ということでFAです。

- Arrows M03 スペックレビュー – GadgeBle

arrows M02は有機ELを採用していたため画面が少々暗く感じる人も多かったかもしれません。

しかしarrows M03は有機ELではなくなったため他の一般的なスマホと同じくらい液晶が明るく、かなり見やすくなった印象です。

arrows M03は防水機能、防塵性に対応のため、アウトドアでこそ真価を発揮できる機種と言えるかもしれません。

全体的なスペックアップとなるarrows M03ですが、残念ながら前作とプロセッサーやメインメモリの容量については特に変更はなさそうです。

- 国産SIMフリースマホの決定版!arrows M03のレビュー!デザイン性良し、ワンセグ対応、カメラ性能が魅力的! | 格安sim探偵

今回はこの「arrows M03」について徹底的にレビューするとともに、お得な購入方法や機種変更時に気になる端末代金をご紹介します。

現在iPhoneを使っているけれど、Androidに変えることを検討しているという人も、Androidをすでに利用しているけれど新しい機能を持った機種に変更したいという人にも役に立つ、実際に使ってみてわかるarrows M03のメリット、デメリットをレビューしていきます。

まず、1の方法は家電量販店や、ネットで購入することができます。

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面で損をします! 2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

- arrows M03 購入手順|本音で辛口レビュー | スマホの教科書

格安スマホに乗り換えるに当たって色々なスマホを見てみると、おサイフケータイやワング、防水といった機能がついていないものが多いですよね。

おサイフケータイとは、簡単に言うとスマホやガラケーといった携帯端末をかざすだけで決済できるサービスです。

arrows M03のCPU性能は低めで、ハイスペックを要求するようなゲームはプレイできません。

メモリは2GBなのでたくさんのアプリを同時に起動していると動作がもたついたり、途中で中断していた作業がやり直しになったりすることがあります(ブラウザでページを読み込み直すなど)。

- ワンセグやモバイルSuicaに対応した格安スマホ「富士通 arrows M03」をレビュー! - 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル

筐体にはハードアルマイトを採用しており、10円玉を擦り付けても傷が付かない防水・防塵・耐衝撃性スマホです。

カラーバリエーションは4色で、ゴールドは楽天限定カラー(他のMVNO事業者はブラック、ピンク、ホワイトのみ)に。

なお、arrows M03はドコモ・au回線の両方に対応しており、au回線の格安スマホ「UQ mobile」からも発売予定。

UQ mobileや楽天モバイルの端末・データ・通話定額一体型プラン「ぴったりプラン」「コミコミプラン」の対象機種となっている点も特徴です。

- 「arrows M03」速攻レビュー、あの限りなくXperiaそっくりな機種が格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

1080pの動画切り替えも問題なく行えていますし、SDカードを追加挿入できる事から保存容量も気になる事はありません。

国産のSIMフリー端末で、おサイフケータイとワンセグ機能がついているものが私が望むものだったので、それを満たすSIMフリー端末はアロウズM03しか ありませんでした。

今はアップルペイがサービス開始したことに伴い、一般的に使われるようになったと思われますが、格安SIMのケータイではこれ以外に装備した機種はないのではと思われます。

カメラの機能は一つ前の機種よりも画素数などもアップしているようでこちらもストレスなく使うことができます。

- arrows M03(富士通)の口コミ・評判・レビュー | 格安SIM奉行11|格安SIMと格安スマホのオススメ比較ランキング

arrows M03は、お財布ケータイ、防水、防塵、VoLTE対応でありながら電池持ちが良いので、型落ちのスマホではなく最新のスマホとして取り扱いができます。

プラチナバンドをメインに使用しているため安定してつながりやすく、BAND1で高速回線を使用出来るようになっています。

ただBAND1の対応エリアが追いついてきていることもあり、mineoでは、Aプランでも使えるマルチキャリア対応の端末として発売されます。

edyやワンセグに対応している日本のメーカーだから購入する方も多いものです。

- arrows M03のスペック・評価・評判まとめ - かくすま

ところがmineoのセット販売端末の場合は、mineo側であらかじめAPNがプリセットされた状態で手元に届くので、APN設定情報を作成・入力せずにmineo回線が利用できるのです。

そんな中、arrows M03はマルチキャリア対応しておりドコモはもちろんのこと、au回線で利用している電波(周波数帯)も問題なく利用できるんです。

mineoのセット端末ではなく別の場所で入手した場合には、端末画面からAPN設定が必要になる場合があります。

またmineoとarrows M03はどちらもマルチキャリア対応しているため、ドコモとau両回線で利用することができます。

- mineoでarrowsM03を使ったレビュー(口コミ・評判)!防塵防水とおサイフケータイ機能が付いたおすすめの格安スマホ! | ベストシム

arrowsM03はSIMフリースマホの中でも防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイといった便利な機能を多く搭載しているのが特長です。

3Dゲーム等を行うには少し物足りないスペックですが、インターネットやSNSの利用には十分です。

arrows M03は最近あまり使われなくなったワンセグを搭載していて、緊急時などに役立ちますし、外出が多い方も電波があればどこでもテレビを見ることが可能です。

以前arrowsM02が国内ブランドのSIMフリースマートフォンということやおサイフケータイ機能を搭載し大きな話題にましたが、最新のarrowsM03は、外部容量や性能が上がり、ワンセグ機能も追加されました。

- FUJITSU arrows M03のレビュー・スペック・口コミ - すまっぴー

MVNOと契約せず、docomoやauなど大手キャリア回線でarrows M03を使いたい場合は、Amazonや楽天を含む家電量販店で入手することになりますが、少し割高になります。

なにかCPUパフォーマンスが影響している動作はないかと注意深く観てみると、サイズの大きなJPEG画像ファイルを開くとき、一瞬だけ「ジワッ」と滲むような表示の遅れがありました。

日本語入力システムは個人の好みがあると思いますが、もともとATOKユーザーだった僕には、本機のSuper ATOK ULTIASは使いやすいものでした。

本機が優れているのは、ワンセグ用の伸長アンテナが内蔵されていて、イヤホンを挿したりしなくてもワンセグが受信できること。

- 【買いました】富士通arrows M03【SIMフリースマホ】 – へろへろblog

ボディにはハードアルマイト処理を行ったアルミ素材が利用されており、シンプルなデザインは、ビジネスシーンでも違和感なく使えると評判が高いです。

F値2.0の高性能レンズと、SONY製CMOSセンサーを搭載しているのに加え、富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU」により、見たままの美しい写真の撮影が可能になりました。

ロッドアンテナが内蔵されているため、いつでもワンセグの視聴が可能です。

使用状況にもよりますが、インターネットやSNSを普通に使う分には、3日間程度は問題なく使用が可能です。

- 人気のarrows M03!評判が高い理由は?

搭載されているCPUは「Snapdragon 410」でRAMが2GB、ディスプレイの解像度がHDという事で、スペックは全体的にかなりの低スペックとなります。

処理能力はかなり低く、最新ゲームや3Dアプリなどを使用する場合は、快適な動作とは言えないでしょう。

「いつでもズーム」機能を使用すれば、ワンタッチで画面をズームする事ができ、読みやすい大きさに調整する事ができます。

同スペックくらいで海外メーカーの機種であれば1万円程度で買える事を考えると、「おサイフケータイ」や「防水」の機能面を考慮してもちょっと値段が高めでしょうか。

- 「arrows M04」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ