スマートフォン

富士通

Arrows M04

レビュー

またカメラ、マップ、ネット検索、SNS、ニュースアプリとややヘビーに使ってみたところ約12時間で電池残量が0%になりました。

arrows M04のカメラ性能は前モデルのM03と同等ですが、ソフトウェア上で画質を調整したことでより鮮やかによりくっきり撮影できるようになり、シャッターボタンを押してから写真が撮影されるまでのタイムラグが軽減されるなどの改善が実施されています。

画質調整されたメインカメラに対してインカメラは、4枚の写真を合成して暗いシーンで撮影した時に発生するノイズを低減する「暗所合成」や暗い場所で画面が光ることで明るく撮れる「インカメラフラッシュ」に新たに対応しています。

カンタンに故障しない耐久性に加えて、arrows M04は“日本製ならではの安心サポート”として取扱説明書とは別に、初期設定から基本機能の操作方法まで紹介する「簡単操作ガイド」や日本国内にあるコールセンターでの日本語サポート、スマートフォンが故障した時に最短で交換端末を届ける「スピード交換サービス」(有償)、消えてしまった大切なデータを復旧する「データ復旧サービス」(有償)など充実したメーカーサポートが用意されているのも嬉しいポイントです。

- 富士通「arrows M04」レビュー!欲しい機能がつまってる日本製の安心SIMフリースマホ - モバレコ

スマホをほとんど使わないライトユーザならarrows M04の低性能なCPUでも大丈夫だと思いますが、スマホを普通程度に使う一般ユーザだと後悔することになります。

カメラ性能を重視していなければ別に問題ありませんが、写真を撮るのが好きな場合は、安くてもカメラ性能の良いnova liteやP10 liteなどを選ぶことをおすすめします。

BIGLOBE SIMではarrows M04を3万5760円で販売していますが、キャンペーンのキャッシュバックで、かなり安く手に入れることができます。

より自分にあった格安SIMを見つけたい場合は、格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で格安SIMごとの実際に出る通信速度をチェックしてください。

- arrows M04のクソ性能評価と評判+キャンペーン情報:格安SIMとスマホ比較

国産ならではのワンセグ、おサイフケータイ、防水防塵機能を搭載しているとはいえ、CPUやメモリ、ストレージなどスペック面でいうと、2年前のarrows M02と変わっていないのが原因です。

その他にも、おサイフケータイ機能、Super ATOK ULTIASなど、前機種と同じ国内向けの機能を搭載しているので、その点は変わらず便利です。

arrows M04用スマホケースをハイブリッド型、手帳型をタイプ別で比較arrows M04のケースとして、ソフトタイプやハードタイプ、手帳型などが、ぞくぞくと発売されています。

耐久性の高いarrows M04(m17)だから、液晶保護には強化ガラスフィルムが最適arrows M04の一番の売りは、MIL規格23項目準拠している耐久性の高さです。

- 富士通 arrows M04の実機レビュー!耐久性アップでアウトドア用や年配の方にオススメ | ウェブライフバランス

搭載されているCPUは「Snapdragon 410」でRAMが2GB、ディスプレイの解像度がHDという事で、スペックは全体的にかなりの低スペックとなります。

処理能力はかなり低く、最新ゲームや3Dアプリなどを使用する場合は、快適な動作とは言えないでしょう。

スペックや機能、デザインともに、ほぼ前作と同じ仕様となっているので、在庫が残っているのなら価格が安くなっている「arrows M03」を購入したほうが良いと思います。

同スペックくらいで海外メーカーの機種であれば1万円程度で買える事を考えると、「おサイフケータイ」や「防水」の機能面を考慮してもちょっと値段が高めでしょうか。

- 「arrows M04」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

国内製ハンドソープもしくは食器洗い用洗剤での利用時に限られ、さらにnano SIM/microSDスロットをキッチリしめるなど注意すべきことはあるが、気軽に洗うことができる。

前述の通り、基本スペックの変化はほとんどありませんが、ソフトウェアのブラッシュアップによりカメラ機能や独自機能はさらに進化しています。

独自機能で最も注目したいのが、格安SIMで「通話定額」系のサービスを使っているユーザーにはうれしい「通話時間アラーム」です。

そのほかにも、ガラケーユーザー向けの簡易UIやarrows単体でもワンセグが視聴できる内蔵テレビアンテナなど、安心の独自機能は引き続き搭載。

- ASCII.jp:富士通の洗えるSIMフリータフネススマホ「arrows M04」実機レビュー

「かんたんセット」が搭載されており、ホーム画面には電話やインターネットなどよく使う機能が大きく表示されていたり、文字が見やすく配置されていたりと初めてスマホを利用する方やシニア層の方にも安心して使える工夫がされています。

M03とスペック面で比較しても、OSがアップグレードしたくらいで、大きな変化はありません。

ただ、カメラの画質は変化していないながら、ソフトウェアがアップグレードしたことで、M03よりもより鮮やかできれいな写真を撮ることができます。

これらの比較から、M03よりも清潔に、さらにハードに使いたいという方にぴったりの機種であるといえます。

- 【2017年9月】arrows M04徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も

今回のarrows M04も米国国防総省MIL規格の23項目に準拠し、 更に加えて泡タイプのハンドソープで洗えるタフネス特化のモデル。

▲画面は5.0インチと最近の端末の中ではややコンパクト。

「かんたんセット」の導入なども考えると、これからスマホ料金を安くするためにもっと年配層などライトユーザーが格安スマホに手を出してくることを予想しての強化かもしれません。

これからarrows M04絡みのキャンペーンも多いでしょうし、「機能面」や「タフネスさ」に特化した「国産モデル」をお探しの方や知り合いや親世代に格安SIMをオススメする際のセット端末としては暫くの間は最有力候補となるのではないでしょうか。

- arrows M04の開封レビュー!「機能」と「タフネス」に特化した洗える国産モデル!

日本のスマホメーカーはキャリアとの関係が深いですし、3大キャリアを脅かす格安SIMで使われるSIMフリー端末には力を入れることができないのかも。

ということで、ARROWS M04のメリットは石鹸で洗えるぐらいでしかなく、絶対に石鹸で洗えなきゃダメだー、というヒト以外はARROWS M03を買うのがおすすめです。

また、ワタシが愛用しているNifmoでも端末とのセット購入キャンペーンで端末本体20000円キャッシュバック(実質本体価格約15,000円程度)のキャンペーンを実施しています。

ARROWS M03自体がうちのヨメの専用機でありますが、メール、ライン、ネット、写真ぐらいでしたらライトユーザーでも十分に使えるスペックではあります。

- 口コミでも評価はいまひとつ?富士通ARROWS M04にワタシが感じたこと - うえけんの経済的自由を目指すブログ

・ワンセグに対応している arrows M04は、日本メーカーの製品ということで、日本独自の規格である、ワンセグに対応しています。

・ワンセグ、おサイフケータイ対応の防水端末が欲しい人 グローバルで販売される端末が多い中、ワンセグとおサイフケータイ機能を搭載した、防水端末はあまりありません。

・スペックはあまり良くない?ようですが、私はネット検索と通話、メールができれば良いので、本体を丸洗いできていつもキレイな状態で使える。

2.料金プランを選択する SIMカードのみ契約する場合は、ここでSIMカードの大きさを聞かれます。

- arrows M04 がっかりなだけじゃない!評判、格安SIM、取扱 MVNO一覧。最安値はBIGLOBE! | 格安スマホマガジン

3Dゲームなど高負荷なゲームの利用には向いていないですが、スマホを初めて使う方やシニアの方には文句なしのスペックといえます。

F値2.0で暗所でも色鮮やかに撮影でき、かつイン・アウトカメラ双方に広角レンズが採用されているので、壮大な写真を撮ることが可能です。

改善点として、ハード面では堅牢度の向上と泡ソープ洗浄が可能になったという点、ソフト面では「かんたんセット」や「いつでもズーム」の導入でスマホ初心者やシニアの方にも圧倒的に手に取りやすくなったという点が挙げられます。

CPUが最新ではないため、他の同価格帯格安スマホと比べると動作にもたつきがあります。

- 【実機レビュー】ハンドソープで洗える!arrows M04を使ってみた

スマートフォンの基本性能を決定づけるパーツ構成はSoCにSnapdragon 410、メモリ2GB、画面解像度が1280×720のHDでランク的にはミドルスペック帯だが、SoCは年々世代が切り替わり同じミドルスペックの端末でも世代により大きく性能が異なる。

そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。

前機種のarrows M03よりも多くのMIL規格に準拠したことにより、ハードな環境でも安心して利用出来る。

もっというと、パーツ性能の変わらないarrows M03は格安SIMを提供するMVNOのキャンペーンを利用すると数千円で手に入る端末なだけに、コスパの非常に悪い端末と言えるだろう。

- arrows M04の性能と仕様評価、ライバル機種、販売店まとめ - ガルマックス

今でも販売しているarrows M03の後継機で、基本処理性能などはarrows M03と大きく変わっていないのですが、追加された要素がいくつかあります。

これの何が便利かと言うと、10分電話かけ放題オプション利用時に、10分になる前に教えてくれるんです。

10分電話かけ放題オプションに入っていなくても、設定しておくとついつい話し込んじゃって長話しになってしまうことが少なくなると思います。

LINEモバイル契約時に端末を一緒に購入すれば、面倒な初期設定などを全て行ってから出荷いたしますので、商品到着後すぐに使うことができます。

- 【端末レビュー】ついうっかりでも安心!洗える端末「arrows M04」 : LINE MOBILE 公式ブログ

arrows M04には一部のMVNO(格安SIM事業者)向けに用意される限定色も含め、全5色のカラーラインナップが用意されています。

もしゲームを目いっぱい楽しむこともスマホを持つ目的であれば、もう少し性能の高い別の機種を選ぶことをオススメしますね。

最近はスマホ用に表示を最適化したウェブサイトが増えていますが、それゆえ“最適化済み=拡大不要”としてピンチアウト(2本の指で広げる)操作で拡大表示ができないことも多いです。

また“電話としての機能をシンプルに使う”ための独自ホームアプリ「かんたんセット」も搭載。

- 富士通「arrows M04」レビュー|防水・おサイフ・ワンセグ付きの国産SIMフリースマホ | 格安SIM・格安スマホのことなら【BIGLOBEのしむ暮らし】

arrows M04はM03と非常に似通ったスペックではありますが、上記の通り数値データを見てもわかるようにほんの少し本体サイズが変わっています。

ソープスマホと言えばもともと京セラのDIGNOシリーズの俗称として用いられていたフレーズだったかと思いますが、arrows M04の新機能として家庭用のハンドソープでスマホ本体を丸洗いすることが可能になりました。

また、本機種は「docomo with」の対象であるため、指定プランに加入してれば毎月1500円の割引がずっと続くため、2年以上使えば実質0円以下で機種変更が出来ると考えることも出来ます。

ウェブでの注文手順を1つ1つ、画像付きで解説. 初利用前に購入の流れを予習できます. 「ドコモの簡単オンライン注文手順まとめ」 「ソフトバンクエアーの利用方法まとめ」 「格安スマホ mineoの注文手順まとめ」 ☆ ドコモユーザーがdカードを使うとポイントがアップするキャンペーン続々追加中。

- 富士通の格安スマホ arrows M04とM03の違いは?スペック・価格比較 – モバイルびより

arrows M04は、新しいボディー構造を採用したことが大きな特徴だ。

ボディー内側の左右にステンレスフレームを新たに配置し、剛性を高める「フロントホルダ」の厚みを従来機種(arrows M03)の1.5倍とした。

メーカー独自の試験基準にもとづいて、arrows M04は高湿度条件下(浴室など)で利用できることが確認されています。

……と、身の上話はさておき、arrows M04は泡ハンドソープまたは食器用洗剤を使って本体を洗えるようになった。

- よりタフになった頼れる相棒——arrows先生と探る「arrows M04」の魅力 (1/3) - ITmedia Mobile

Zenfone liveが、他のどの端末にも負けないメリットは、「5インチモデル」でありながら、「120g」の重量しかないことです。

画面が大きく確認しやすい5インチで120gというのは、他のスマートフォンにはない、圧倒的な利点です。

arrowsシリーズは国産の富士通が作っているということもあって、スマートフォンでもテレビが視聴可能な「ワンセグ」、お財布ケータイの「Felica」に対応しています。

理由はたくさんありますが、P10liteは実際に私も触れてみてとても良い端末であると感じましたし、スペック的にも問題なし、しかも前モデルのP9liteの出来も抜群に良いものでした。

- マイネオからZenfone liveとArrows M04登場したけど、正直あまりオススメ出来ないモデルです。 - 格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

arrows M04は基本的なスペックこそarrows M03からほとんど変わっていませんが、デザインが少し変化したり、今まで以上に本体が頑丈になったりと細かい変化をしています。

arrows M04を購入するにあたって注意したいのが、CPUやメモリ、ストレージ容量のスペックがイマイチであることです。

arrows M04は本体のスペックよりも、おサイフや防水など多様な機能性を重視した端末ということです。

スペックを求める方は、nova liteやP10 liteなど他のメーカーで販売されているスペックの高い端末がおすすめです。

- 性能向上はなし?防水おサイフケータイarrows M04のスペック評価 - おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び

本機は、あくまで「保護者目線で子供に持たせる機種」とターゲットを絞り、「TONEファミリー」「ライフログ」「遠隔サポート」などの各種トーンモバイル独自サービスを利用できることが大きなセールスポイントなので、通話やSMSなどの最低限の利用が主である、という観点から考えると、これはこれで選択の価値はあります。

しかしTONEモバイルは、保護者側が細かく利用アプリの制限を掛ける機能をソフトウェアで提供していますし、さらに本機は、夜10時から朝6時までスマートフォンを利用しないといった利用制限を子供自ら追加することも可能。

単にこうしたTONEモバイルらしいサービスを利用することでゲームアプリ等を適切に制限すればいい話で、スペック面でまで縛るのは過剰ではないか?と疑問の余地は残ります。

TONEモバイルの機種はラインナップ的にまだまだ乏しく、TONEモバイルから選択しようとなると、現時点では消去法でこれを選ぶことになってしまいそうなのも事実。

- トーンモバイル、「TONE m17」発表。実質「arrows M04」の低スペック仕様 – すまほん!!

元々arrowsシリーズ自体キャリアモデルとして展開しているブランドであるためSIMフリーモデルでありながらワンセグ受信機能、おサイフケータイといった機能をしっかり搭載しているほか、5.0インチサイズのコンパクトかつスタイリッシュなデザイン、そして落下に強いタフネスなつくりで、さらに汚れたらなんと「ハンドソープで水洗いできる」など、とても魅力的な一台となっています。

搭載OSこそ最新のAndroid 7.1であるとはいえ、2017年現在だともはやローエンドクラスのスペックとなってしまっているため、同価格帯の他社端末であるHuawei P10 LiteやASUS Zenfone 3 Laserなどと比較するとどうしても処理性能面では見劣りすると感じられます。

この価格帯だとHuaweiのP10 LiteやASUSのZenfone 3あたりがライバルになりますが、正直スペック的にはこれらの機種に劣ってしまい、どちらかといえば1~2万クラスで購入できるローエンド~ミッドレンジクラスの端末と同レベルになっているため、スペックを求めるのであれば正直この端末はかのあゆ的にもお勧めしづらい印象です。

ただ、ぼくとしては「MSM8992・RAM3GB・ストレージ16GB・ワンセグ有り・おサイフ対応」のDM-01Hを使用していて感じるのは、インストールするサービスをかなり我慢してもなおストレージ空きは1G未満で(これにはDM-01Hが「アプリのSDへのインストールを許可していない」こともあってですが)あれこれ頻繁に使ってると動作はすぐ重くなるしそうなるとおサイフの反応がひどく遅れる(最悪時は反応しない)こともあるし、それを避けるには1日に1・2回意図的に再起動してやる必要がある(こまごまキャッシュクリアを実行するよりは確実)など、紹介時に「処理能力側の重要性」に重きを置くことは(ぼくとしては、ですが)良心的だと思います。

- arrows M04 ー 国内メーカーならではのフル機能搭載とハンドソープで水洗いできる筐体が魅力(かのあゆ)

ベゼルには「画面保護フレーム」を、ディスプレイガラスは「Corning®Gorilla®Glass 3」を採用しているため、画面が割れにくくキズに強い堅牢設計を実現しています。

また、Webページやアプリで、文字が小さくて見にくいときに、文字や表示を「大」サイズに拡大することができ、見やすいフォントへの切り替えもワンタッチで行えます。

格安SIMを利用する場合は、ご利用の端末が「動作確認済み端末」かどうか、各MVNOでチェックしておくことをおすすめします。

うーん、arrows M04が発売したらUQ mobileに乗り換えようと思っていたが、最新機種のスペック見ると数値的な期待は薄いのかなぁ…。

- arrows M04 の評判・スペック・発売日・価格情報 | スマートフォン徹底比較サイト

ホームとよく使う基本のアプリの操作がわかりやすく、文字も見やすいからスマートフォンが初めての方でも安心して使いこなせます。

「いつでもズーム」「拡大鏡」などの便利な機能も搭載しています。

HUAWEiの最新機種「HUAWEI P10/HUAWEI P10 Plus」の詳細、口コミ、評判、注意点(デメリット)、スペック(性能)などの情報をわかりやすくまとめました。

HUAWEIの最新機種「HUAWEI P10 lite」の詳細、口コミ、評判、注意点(デメリット)、スペック(性能)などの情報をわかりやすくまとめました。

- arrows M04 詳細・口コミ・レビュー | SimChoice

価格的にはミドルクラスのSIMフリースマホなんですが、スペックを見てがっかりしちゃいました。

特に気になったのが、フルHD以下のディスプレイって無いですよ。

折角新しく出すんですから、ディスプレイ・CPU・メモリ・内蔵ストレージくらいは時流に乗せて欲しかったです。

ワンセグは付いていませんが、メモリは3GB、内蔵ストレージは32GB、5.2インチのフルHDでCPUもSnapdragon625でM04より高性能です。

- arrows M04のスペックの低さにがっかりした件 | 格安SIM レビュー&最新情報 Navi

「arrows M04」は、汚れても食器用洗剤やハンドソープで本体をそのまま洗えるようになり、いつも清潔でキレイな状態で使用することが可能になりました。

CPUなどの基本スペックは前作「arrows M03」と同等になっており、「arrows M04」は使い勝手の向上しているのが大きな特長になっています。

日本製「arrows」ということで、「arrows M04」はワンセグ、おサイフケータイにも対応しています。

「arrows M03」がキャンペーン対象になっており、データSIM契約と「arrows M03」を同時購入すると、「arrows M03」を一括9800円(税別)という特価で購入することが可能です。

- 7月20日発売!富士通 新型SIMフリースマホ「arrows M04」情報 ワンセグ おサイフケータイ - やすスマ

TONEモバイルでは、契約時に端末とSIMカードをセットで購入することが求められます。

TONEモバイルは、500kbps程度のデータ通信が1000円で使い放題と、コストパフォーマンスに優れたプランがあるのですが、残念ながらこの縛りによってあまり活用することができません。

m17は、防水、防塵、耐衝撃、おサイフケータイ、ワンセグ機能がついていることと、microSDが最大256GBまで対応しているということです。

500kbpsあれば、YouTubeの動画も低画質設定であれば見ることができます。

- TONE m17と、TONE m15 を比較!レビュー、評判は?m17は、ARROWS m04のOEM機種 - 格安スマホのある生活

arrows M04の総合的な動作速度を評価すると、ミドルレンジのスマホであり、普段使いではたつきやカクツキを感じることはあまりありませんが、ゲームや動画などを楽しむならワンランク上がおすすめです。

arrows M04のデータの保蔵容量は16GBであり、写真を撮るくらいであれば十分ですが、頻繁に動画を撮影する人やゲームをたくさん入れる人にとっては不十分であると感じることがあるでしょう。

arrows M04はSDカードに対応しており、簡単に空き容量を増やすことが可能です。

arrows M04のメインカメラの画素数は1310万画素あり、かなり高精細な写真や動画を撮影することができます。

- 「arrows M04 FARM06301」のバッテリー&カメラ&CPUの徹底レビュー | Kuraberu [クラベル]

おサイフケータイとは、簡単に言うとスマホやガラケーといった携帯端末をかざすだけで決済できるサービスです。

格安スマホに乗り換えるに当たって色々なスマホを見てみると、おサイフケータイやワング、防水といった機能がついていないものが多いですよね。

arrows M03とAQUOS SH-M04は似ている性能・機能ですが、この両方で迷っている人はCPU性能と本体デザインに注目しましょう。

AQUOS SH-M04は、画面サイズ、本体性能、機能などあらゆる部分にぬかりないながらも価格を抑えている端末です。

- 「AQUOS SH-M04」をレビュー!おサイフケータイ・防水に対応で日本人好みの格安スマホ - 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル

RAM/ROMも2GB/16GBと低めで、ゲームや処理容量を必要とするアプリをよく起動する方はちょっと注意が必要です。

3Gはメインのバンド1、山岳帯や田舎の農村地区をカバーするバンド6/19に対応しており、全ての必要バンドは網羅していることからarrows M04はドコモ系の格安SIMであれば安心して利用できますね。

後継機となればCPUや解像度といった何かしらレベルアップしているのですが、前作のarrows M03とarrows M04はスペックや機能、デザインともに、変化がありません。

スペック面では前作のarrowsM03とほぼ同じで、指紋認証非搭載ですがスマホ料金を抑えつつ、おサイフケータイといった国産独自の性能がないと困る人には選ぶべきスマホです。

- arrowsM04 レビューとスペックまとめ | 格安スマホ解体新書

M04では、docomo向けの「arrows Be F-05J」と同様にディスプレイ面よりフレームの縁をわずかに立てることで、より落下時の画面破損を防げる構造になりました。

例として挙げられているスクリーンショットを見る限り、同社が手がけているNTT docomo向けの「らくらくスマートフォン」シリーズのUIとよく似ており、定評のあるものと言えそうです。

その点、今年のM04はホワイトどころか各MVNOの限定モデルにまで専用カラーのフロントパネルを用意していて、好調な証なのかな?という印象を受けますね。

あまり否定的な見方をしたくはないですが、今年も3万円台ということなので同価格帯の機種と比べてしまうとどうしても見劣りしますし、指紋認証などすっかりこの価格帯でも浸透している機能に対応していないのはウィークポイントかもしれません。

- 富士通、SIMフリー新機種「arrows M04」を発表。7月20日発売

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。

iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。

スマホの画面をズームではなく、例えば新聞などを読んでいて文字が小さくて見づらいと思った時に、arrows M04を拡大鏡として使えるそうです。

ディスプレイやカメラ、CPUといったスペックでの進化は残念ながらありませんが、堅牢性といった点では、arrows M03を遙かに上回ります。

- arrows M04が発売!スペックと特徴をarrows M03と比較!どう進化した?

ただし気になるのはARROWSシリーズが6番台を採用する可能性もあることです。

現在ドコモを利用しているユーザーでXi対応スマホを持っている人は機種変更時の事務手数料が無料でドコモオンラインショップなら購入することが可能です。

実はARROWS M04というのは格安スマホという位置付けで販売されるわけですが、日本国産機種ということもあり、価格は3万円程度はするものと思われます。

なんといってもこのmineoはドコモ系及びau系で利用することが可能となっているのです。

- ARROWS M04 アローズM04 スペック 発売日 価格 格安SIM SIMフリー レビュー | 携帯情報.コム

日本製のスマホからの乗り換えの場合は、問題なく移行出来る機体だと言えそうです。

ちなみにこのarrowsは夏から販売されていて、かなりの人気機種になっており、個人的にも多くの方にお勧めしているスマホです。

価格と性能、機能のバランスが良く、またデザインなどもかなり良くまとまっているので、特に文句をつけるところが無いのが特徴的なスマホ。

となれば、今回紹介のAQUOS M04も売れる可能性があると言うこと。

- 【AQUOS SH-M04】 これで十分?これじゃ足りない?シャープの格安スマホ第3弾を調べてみた。 - 格安スマホ SIMで節約生活^^

スペック的にはポケモンGOが出来て、ストレスを感じないレスポンスと1日持つバッテリーがあればOKなんです。

残念なことに、スペック・価格などの条件を問題なくクリアできるZenFoneやHUAWEIといったSIMフリー機種はおサイフ機能が使えません。

M02→M03のように順当なスペックアップをするのであれば、CPUやRAM、バッテリーなどの基本スペックは問題なく僕の要求通りになりそうです。

キャリアへの冬機種提供も落ち着いたところで、M04の開発が進んでいくと予想できます。

- arrows M04を待ちわびる - めっちゃええやん

TONEモバイルは以前に端末を借りてレビューしたこともあり、子供に持たせるには丁度いいと思っていたのですが、端末(m15)の大きさとOSの古さがネックで契約には至っていませんでした。

しかしサイズも小さくなり、OSも最新のAndroid 7.1.1になったことで、選ばない理由がなくなってしまいました。

Galaxy Note8背面を透明にする方法。

主に海外のガジェット系サイトをチェックしつつ、実際に海外端末などを買ってレビューを書いています。

- TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末 – Dream Seed

たいていの格安スマホは使い方を記載した1ページぐらいの紙が入っていますが、arrows M04にはarrows M03と同じようなかなり親切なガイドブックが入っていました。

arrows M03も同じ画素数なので、おそらく同じカメラの実性能になっています。

arrows M04は、ポケモンが出てくる? arrows M04はジャイロを搭載しているので、ポケモンGOのARモードを使うことができます。

ARモードはカメラの中にポケモンが出てくる機能で、楽しい時間を過ごすことができますよ。

- 格安スマホ。arrows M04ってどうなの?arrows M04レビュー | 格安SIMおすすめ人気ランキング

加えて、富士通のスマートフォンで初めて、液体の食器用洗剤や泡タイプのハンドソープでの洗浄に対応した。

https://t.co/cryAZz2FPh 最近かなり評判のいい格安スマホ「arrows M03」後継機M04が出たみたいだけど、値段が三分の一であるM03と性能がほっとんど同じだしこれは買っちゃいけない端末だな〜。

二子玉川店です!今日から店頭でarrows M04の取扱いを開始しました!(*´ڡ`●) なんとハンドソープで丸洗い可能!汗をかくこの季節に持ってこいですね。

上に表示された文字を入力してください。

- 富士通arrows M04 洗えるSIMフリーを発売!スペックや価格を公開! | バブル世代の気になる日記!

RAMはまだ良いんだけど、ROMは実質8GB程度なので厳しい。

SDカードにアプリが入れられないので空きが1GB程度を行ったり来たり。

MapFanの新しいバージョン、オフラインマップをダウンロードするのに本体側に空き3GB必要って出て終わった。

SDはスカスカなのに、前のバージョンのMapFanは直接SDにダウンロードされるのに… RAM不足なのか動きが悪い事が多くなったのは、使ってるアプリに関係してるかも知れないが、やっぱキツイ。

- arrows M02を1年程使っての感想 – nomadic-style.jp

この9GB程度の領域にアプリやらアプリのデータやらを保存しないといけないわけです。

設定>端末管理>アプリケーションを見てみると、SDカードと保存領域の設定で「SDカード」が選択できるようになっています。

これをSDカードにすると、あたかもデータが移動しているような表示になりますが、実際にはほとんど移動しません。

少し時間がかかりますが、これが完了すると、内部ストレージの使用容量が減り、「端末のストレージ」内のSDカードにデータが移動したことが分かります。

- arrows M03のmicroSDを内部ストレージにして神機になった! | Ken's Pub

あえてここは、ドコモの契約を残しながら、arrows M03をLINEモバイルのSIMカードとセットで申込みをしてみるという方向性を考えてみます。

前作arrows M02もおサイフケータイには対応しており、そのため防水とともにSIMフリー端末には珍しい機能を搭載しているという点でも人気を集めました。

arrows M03は、格安SIMフリースマートフォンの中では珍しい、ジャイロセンサー対応機種であるため、大人気アプリ「ポケモンGO」のAR機能も問題なく利用することができます。

今まで格安SIMフリースマホは価格を抑えるためにジャイロセンサーは搭載していない機種が多かったのですが、arrows M02およびarrows M03に関してはジャイロセンサーも搭載しており、もちろんポケモンGOの利用も可能となっています。

- arrows M04・F-05Jに向けて/arrows M03とarrows SVを比較検証してみた | ドコモ情報裏ブログ

富士通は、泡タイプのハンドソープ等で洗うこともできる耐久性に優れた Android スマートフォン「arrows M04(FARM06304)」を 7 月 20 日に発売します。

楽天モバイルでは限定色ゴールドも販売されます。

arrows M04 はスマートフォン初心者や画面が見づらいと感じる方のために、見やすくわかりやすい表示のユーザーインタフェースと、IP68 レベルの防水・防塵だけではなく、泡タイプのハンドソープで洗うことができるほど耐久性の高い機種です。

OS は Android 7.1 Nougat で、富士通スマートフォン限定の IME アプリ「Super ATOK ULTIAS」もプリインストール。

- 富士通のSIMロックフリーモデル「arrows M04(FARM06304)」が7月20日に発売 | juggly.cn

富士通は、泡タイプのハンドソープ等で洗うこともできる耐久性に優れた Android スマートフォン「arrows M04(FARM06304)」を 7 月 20 日に発売します。

楽天モバイルでは限定色ゴールドも販売されます。

arrows M04 はスマートフォン初心者や画面が見づらいと感じる方のために、見やすくわかりやすい表示のユーザーインタフェースと、IP68 レベルの防水・防塵だけではなく、泡タイプのハンドソープで洗うことができるほど耐久性の高い機種です。

OS は Android 7.1 Nougat で、富士通スマートフォン限定の IME アプリ「Super ATOK ULTIAS」もプリインストール。

- 富士通のSIMロックフリーモデル「arrows M04(FARM06304)」が7月20日に発売 | ガジェット通信 GetNews

米国防総省の調達基準「MIL規格」23項目に準拠した耐久性や、落下時の画面割れに強い堅牢性などを備え、シーンを選ばず安心して使える。

   ホーム画面をはじめ電話や電話帳、メッセージ、インターネットなど、よく使う基本アプリの操作を分かりやすく、文字も見やすくした「かんたんセット」を新搭載した。

   画像処理エンジンの進化により、色再現性の高い写真撮影が可能な1310万画素メインカメラ、ワンセグ、「おサイフケータイ」などの機能を搭載する。

   主な仕様は、約5.0型HD(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。

- 潔癖症のあなたへ! 石鹸でじゃぶじゃぶ洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」 : J-CASTトレンド

米国国防総省の調達基準であるMIL規格の23項目に準拠した耐久性や、落下時の画面割れに強い堅牢性など、利用シーンを選ばずに安心して使うことができ、1.5mの高さからのコンクリートへの落下試験も実施しています。

また、ホーム画面やよく使う基本アプリの操作が分かりやすく、スマートフォンを初めて使う方やシニアの方にも使いこなしていただける「かんたんセット」を搭載。

文字や表示サイズを拡大し、見やすいフォント・アイコンに切り替える「はっきり文字」や、ワンタッチで画面をズームできる「いつでもズーム」も搭載しているため、文字が小さいニュース記事なども読みやすく表示することができます。

そしてarrowsではお馴染みの「Super ATOK ULTIAS」を搭載し、無料でATOKの賢い変換・入力が可能なキーボードを利用できます。

- 富士通、ハンドソープで洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」を7月20日発売 落としても大丈夫な耐衝撃・防水・防塵にも対応 – 豆助ニュース.com

そこで「arrows M03」の発売日や価格、評判、スペック情報について調べてみました。

ただイマイチ側の評判は2chメインなのでスペックを求めるヘビーユーザーが多いってのはありそう。

前機種「arrows M02」との違いは、バッテリー増量、ワンセグ対応、nanaco対応、キャップレス防水対応、カメラ性能アップなど。

ツタヤが運営する格安SIMブランド「トーンモバイル」から、SIMフリースマホ新機種「TONE m17」が登場しました。

- arrows M03の評判、価格、スペック、発売日まとめ | モバイル生活