スマートフォン

富士通

Arrows NX

レビュー

AnTuTu Benchmarkの総合スコアとGeekbench 4のSingle-Core Scoreを、最上位のSnapdragon 820と比較すると半分以下となっており、決してハイスペックとは言えませんが、高い3D性能を要求するゲームをプレイしないなら、必要十分な性能を有しています。

解像度が落ちると表示が荒くなるのですが、正直この画面サイズでFHDあれば十分綺麗なので、特にマイナスポイントではないと思いました。

赤外線カメラと目の位置関係さえ慣れてしまえば、体感速度は指紋認証と大差ありません。

その時は、屋外や振動(歩きながらの使用)に弱いイメージがありましたが、従来機種よりも認証速度・精度の向上を体感できました。

- docomo「arrows NX F-01J」をレビュー!スペックより”安心”を追求したスマートフォン - モバレコ

ですが、最近どの機種もテレビ用のアンテナはスピーカーに差すやつなんで、それを持ち歩かないといけません(といっても差さなくてもワンセグは普通に見られる)。

仕事の休憩中によくテレビ見る僕としては本体に伸縮式アンテナが収まってた方が便利。

指紋認証が付いたZ5以降はここの配置が親指認証に理想だとおもいますが、それでも画面を点けようとすると「音量上げるボタン」を押してしまいます。

非VoLTE機種・固定電話が相手だと、上記のような「真っ直ぐ前でしか聞こえない症状」となるっぽいです。

- arrowsNX F-01Jを1週間使ってみて分かった他機種との比較レビュー | TRCラボ

これは、画面解像度をWQHD(1440×2560ピクセル)からフルHD(1080×1920ピクセル)に“下げた”ことが、全体的な動作速度の向上につながったものと思われる。

ゲームも、3Dを軽く利用した程度のものであれば、サクサク楽しめる。

試しに、1世代前のハイエンドプロセッサ「Snapdragon 810(MSM8994)」を搭載するAndroid 6.0スマホと「Antutu Benchmark」の結果を比べてみたところ、下表のような結果となった。

本格的な3Dゲームをやらない限りは、少なくとも1世代前のハイエンド機種と同じ感覚で使えることは数値的にも証明されたといえる。

- 頑丈×スリム……だけではない! 「arrows NX F-01J」ファーストインプレッション (1/2) - ITmedia Mobile

こちらは見た目も現在の標準的なスマホとは違っていて衝撃に強いらしいです(+ゴリラガラス3)、富士通ならではの虹彩認証も付いていてIPX5/8防水で、スナドラ625なのでミッドレンジスマホです。

ターゲット層がオッサン・オバチャン以上の年齢の方なので、TVは必須。

どうしても中華スマホと比較しちゃいますが、4万円前後だとハイスペックな中華スマホが買えるのでお得とは言えない値段だけど、防水付いてTVアンテナあるのでこの2つ必須な方には最適かもしれません。

デザインも他のスマホとは違ったデザインで年配の方用にデザインされていて裏面は滑りづらい仕様でTVアンテナもあっていつでも何処でもTVを見られそう。

- Arrows NX F-01J 開封 レビュー | Beヨンド

画素数がアップし、焦点距離も23mmとさらに広角になることで、風景や人数の多い写真をよりワイドに撮影できます。

カメラの起動からシャッターまで約0.6秒で撮影する事ができます。

富士通機種の大きな特徴である「虹彩認証」は、画面を見るだけで赤外線カメラが虹彩パターンを照合し、瞬時に画面ロックを解除します。

最高レベルの処理性能とはいかないものの、3Dゲームや処理が多いアプリなどを使う習慣がある人も、そこそこ快適に使えるスマホと言って良いでしょう。

- ドコモ arrows NX F-01Jの評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

誰もが頭を悩ます画面割れは、厚さ0.7mmの強化ガラス「ゴリラガラス3」を採用し、ディスプレイの周りに高さ0.3mmのフチを設けることで、成人男性の耳の高さとなる約1.5mからコンクリートに26方向で落下させる過酷な独自試験をクリア。

強いのは落下だけでなく、画面を足で踏んだ時など圧にも強く100キロの荷重をかけても画面は割れず7.7mmの薄型ボディが歪むこともありませんでした。

ディスプレイ上部に配置される「虹彩認証」は、最新化された虹彩認証カメラと認証アルゴリズムが改善されたことで屋外でも認証しやすくなりました。

大画面を搭載するボディの背面は曲面を描き、マットな樹脂素材を採用することで手のひらになじむすべりにくいデザインに。

- 「arrows NX F-01J」フォトレビュー|携帯総合研究所

今回の「arrows NX F-01J」は、特に頑丈さが特徴で、すぐにスマホを落としてしまう人や過酷な環境で仕事をしている人にはぴったりの機種となっています。

落としても画面が割れにくいSOLID SHIELD構造になっており、歪みにくく曲がりにくい「ステンレスフレーム」と曲げに対する耐性をあげるために「ステンレスホルダー」を使い、スリムさと頑丈さという対極の機能を搭載しています。

焦点距離23mmの広角レンズを搭載しているためインカメラで集合写真を撮ることも可能です。

ですが、メモリはRAM3GB、ROM32GBですので、マルチタスクでもフリーズ等は少なく、また体感的には発熱も減ったとのことです。

- docomo arrows NX F-01J:レビュー

カメラを起動して撮影した文字列に対しても機能し、しかも写真自体は保存されません(つまりカメラ機能をなぞってコピーのためにのみ使うことが可能ということ)。

F-01Fにはなかった機能ですが、ホワイトバランスと露出についてはマニュアルモードが用意されており、逆光の場合など状況によっては非常に有効です。

F-01Fと同様、画面内のシャッターボタン、ボリュームボタン、また、画面のどこをタッチしてもシャッターが切れるように設定することもできます(タッチシャッター)。

4K動画まで撮影できるようになったこと、ホワイトバランス・露出の調整をマニュアルで行える点が進歩した点ですね。

- arrows NX F-02H詳細レビュー | 45項目を一挙に評価 - 45 For Trash

電池持ちや機能の豊富さはシーズン最高峰で、5.2インチの液晶やフルセグ視聴が可能なテレビ機能も対応。

Xperia Z等と同じくARROWS NXのバッテリーは内蔵タイプですので、電池交換をしたい場合はドコモショップへの依頼が必要です。

ただ、今まで出したARROWSの不具合と、それに対するおざなりな対応を見る限り、買おうと思う人が多くなるとは思えないんですが… まぁ少なくともNX発売後2年は様子を見ないと、対応含めて『地雷端末』か否か判断できないよね。

最近はムービーもフルHD録画があたりまえになってきているため、ROM容量はいくらあっても無駄にはならない人が多いでしょう。

- ARROWS NX F-06Eの口コミや不具合情報の速報~ドコモスマートフォン アローズNX~ - NAVER まとめ

LEDは、フォーカスの合わせた距離によって光量を調節機能があり、明るすぎたり暗すぎたりする事が少なくなります。

卓上ホルダには、ちょっとした工夫があり、卓上ホルダにスマートフォンを装着した時、音がこもって聞こえづらい時があります。

設定するとSwipePadアプリのような機能が設定でき、画面端の合計6点からスライドするとアプリが簡単に呼び出せるようになっています。

ソフトウェアキー横の↑↓キーをタップすると画面上部が真ん中まで来て、画面一番上まで手が届かなくても操作が出来るようになります。

- もう熱くならない!?docomo「ARROWS NX F-06E」フォトレビュー | スマートガジェット

「Tegra3」は3Dゲームなどでのパフォーマンスは良好だったのですが、かなりの電力喰いで、バッテリーの持ちを重視する一般ユーザーからは総スカンを受けました。

横幅81mmの「GALAXY NoteⅡ」で音声通話をするのは結構大変ですが、「ARROWS NX」なら、普通に電話としての使用も問題ないでしょう。

「ARROWS NX」の本体価格は74,760円ですが、ドコモが月々の支払額を助けてくれる「月々サポート」の額が、『ツートップ』に比べ、相当少ないことによって、24カ月使った際の実質負担額が新規・機種変ともに42,000円となります(MNPの場合は0円)。

このページの内容の一部は、Googleが作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

- ドコモ2013夏スマホ「ARROWS NX F-06E」レビュー!! 5.2インチ大画面&大容量バッテリーのフルスペック機を試す!!

今回iPhone7PlusでデュアルカメラというものがiPhoneに初めて搭載されました。

XPERIA Z5の情報も徐々に固まってきましたが、XPERIA Z6という次に発売される機種も非常に気になるところではないでしょうか。

ドコモから次に発売されるXPERIAの最新バージョンはXPERIA Z5になることは予想されております。

auからLGV33として発売して欲しいという声も大きいと思いますが、今のところほぼ情報がないといったところです。

- 富士通 ARROWS NX F-02Gの評価がかなり高い件 バッテリーの持ちはかなり | 携帯情報.コム

arrows NX F-01Jの総合的な動作速度を評価すると、非常に優れたハイエンドなスマホであり、性能に関してはあらゆる用途でストレスなく使うことができます。

arrows NX F-01Jのデータの保蔵容量は32GBであり、写真を撮るくらいであれば十分ですが、頻繁に動画を撮影する人やゲームをたくさん入れる人にとっては不十分であると感じることがあるでしょう。

arrows NX F-01JはSDカードに対応しており、簡単に空き容量を増やすことが可能です。

arrows NX F-01Jは非常にきれいな画面で動画やゲームのグラフィックスなどあらゆるコンテンツできれいに表示することができるでしょう。

- arrows NX F-01J Docomoのメリット・デメリットは?性能評価レビュー | Kuraberu [クラベル]

3日間の電池持ちを誇る一方、コンパクト感あるボディ、多機能カメラ、指紋認証機能を備えるなど、バランスのとれたモデルに仕上がった。

白が明るさを補うため、従来と同じレベルの画面の明るさを保ちながらも、画面の消費電力を一般的なTFT液晶と比べて最大45%削減できる。

5.2インチの前モデル「ARROWS NX F-06E」とサイズはほぼ変わらないが、重さは163gから150gへと軽量化され、側面のほうへ向かって薄くなっていくラウンドフォルムを採用しているためか、コンパクト感および手へのフィット感、片手での持ちやすさは格段に向上した。

手に持って見ている間は画面が消えない機能や、誤った画面自動回転を防いだり、端末を裏返すだけでアラームや着信音を止める機能などを用意する。

- 省電力WhiteMagicディスプレイと最大級バッテリー搭載、ドコモ「ARROWS NX F-01F」スマホレビュー・スペック一覧 | アプリオ

これはAndroid5.0の仕様なのでやむを得ないのですが、ここがメニューキーだったらなぁ…と思うことがしばしば。

基本的に富士通のスマホは通話機能にもこだわりを入れていますので、聞き取りやすいですよ。

前機種では画像の縦横が認識されなかったこともあったのですが、この機種では大丈夫。

Android5.0の操作性になれていないことと、とにかく大きくなったことで戸惑いはありますが、全体的にレスポンスも軽く、発熱もそれほどたいしたものではありません。

- arrows NX F-02H 買って1週間レビュー: ≪Daily UMeDAS≫-デイリーウメダス-

この度、弊社の携帯電話「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」において、カメラが起動できない、電源が入らない、再起動を繰り返す、画面の表示が乱れる等の事象が発生する場合があることが確認されましたので、販売を一時見合わせさせていただきます。

発売直前の宣伝?内容は、虹彩認証、画面タップでスリープ解除できる「タッチでON」、MIMOの比較テスト、TransferJet、ソニー製CMOSセンサーを採用するカメラ、AI的ナビゲーション機能の「アシストナビ」など。

虹彩認証において目を細めたり、変な顔をしたり、液晶画面に写したものでのテストなど。

ゲームのアプリを1つ使っているだけで本体がすごく熱くなり機能制限がかかってしまうくらい(充電を中止や画面を暗くするなど) 本体が熱くなってしまった場合はケースをはずさないと充電できないくらい(ヒドいときは電源を切ったり窓を開けてケータイを冷やしながら充電しています。

- 【レビューまとめ】ARROWS NX F-04Gは世界初の虹彩認証システム搭載スマホ!?

これまでワンセグの受信状態も微妙だったし、フルセグだっともっときついんじゃないの?とおもっていたのですが、ARROWS NXのフルセグ、意外とよいです。

フルセグだと録画データが大容量になってメモリを圧迫するのかな、と思いましたが、富士通の方にうかがったところ、フルセグの受信状態は不安定になることが多く、正常に録画できない可能性があるため、という回答でした。

今回のドコモ夏モデルでは、フルセグが搭載されているシャープの「AQUOS PAD SH-08E」ではフルセグ録画可能なようです。

と、いうのは、ワンセグの場合、通常のテレビ放送を、ワンセグ放送用の軽量サイズに圧縮した上で送信しているので、その分タイムラグがある、ということだそうです。

- ARROWS NX の「フルセグ」が思っていたよりかなりいい感じ【ARROWS NX F-06E レビュー】 | ねんざブログ

しかし、NXホームであれば画面のどこからでも通知バーをおろすことが可能です。

プリインで消せないけど使わないアプリやウィジェットから起動させることしかないアプリなど、ドロワにいなくてもいい奴って結構あるので、非表示にできるのはいいなぁと思いました。

設定 > 壁紙・画面 > 詳細カスタマイズ > 電池アイコン でアイコンの種類を選択でき、その中の2つがパーセント表示されているやつです。

ここまではまだ許せるんですが、ホームボタンを長押しするとAndroidの標準機能なのかGoogle Now(検索)も出てきます。

- ARROWS NX F-02G レビュー -Xperiaユーザーが感じたいいところとイマイチなところ- – でこにく

米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の14項目をクリアした堅牢ボディーや、4K動画撮影が可能なカメラ、フルセグ、ワンセグを内蔵しおサイフケータイにも対応する万能性も特徴だ。

これはアプリごとに電力消費を最適化できる機能、とのことだが、具体的に何をしているのかはよくわからない。

おそらく非アクティブなアプリのバックグラウンド動作を制限するものではないかと思う。

SMSやカメラ、センサーといったF-02Hの基本機能について、これらを利用するアプリが一覧表示され、アプリごとに使うことを許可するかしないかを選択できるようになった。

- ASCII.jp:もはや死角なし! arrows NXをAndroid 6.0にアップデートしてみた

それまではauでギャラクシーシリーズのスマートフォンを使っていたそうのですが、 MNPを利用したほうがお得ということで NTTドコモへMNP手続きを行い端末は最新の端末の一つであるarrows NX F-02Hを選びました。

知人はスマートフォンでゲームをしないそうので 激しくタッチパネルを操作した場合の反応についての感想は答えることができないそうですが、 インターネットをする際の操作や電子書籍のページをめくる動作では全く問題はないそうです。

知人の通常の使い方とは、1日の使用時間が約2時間で30分から40分程度電子書籍を読み、 後はインターネットやメッセージアプリを利用して メッセージの送受信をすることが殆どとなっているそうです。

arrows NX F-02Hはサイズが大きいので携帯性はやや劣りますが、 その分映像・画像・文字が見やすいので、 電子書籍を読んだり映画を見たりすることが多い人にはお薦めの機種だと思います。

- arrows NX F-02Hに使ってみての感想、レビュー、口コミは?スペックは? | スマートフォン総合情報ブログ-携帯ナビゲーター野郎-

通常の電源ボタンも右側面の中央に位置しており、写真の通り、ちょうど指がかかるところに配置されています。

5インチを超える大画面スマートフォンにとって、使い勝手は重要な評価対象になります。

画面を全体で包み込むように支えるほか、長持ちする耐久性やアンテナの役割も担っています。

各社が大画面スマートフォンをいかに使いやすく提供するか、絶えず進化する技術とともに切磋琢磨していると思われますが、ぜひ、この点は次期モデルで実現して欲しいポイントです。

- レビュー:「ARROWS NX F-02G」デザインから見る操作性への配慮と機能

虹彩認証の未来感やAndroid 5.0の先取りにはワクワクしますが、不安定な側面もいろいろあるので今回はそのあたりも取り上げてみます。

発熱しやすい最新CPUにいろいろ詰め込み過ぎたな感がありますよね…。

虹彩認証は未来感があっていいのですが「日差しが強いところでは認証しづらい」という欠点があったりします…。

ただ、TransferJetやその他の機能、はたまたカメラも使い込んでいないのでおいおいレポートしていきたいところです。

- ARROWS NX F-04Gを一週間使ってみた正直な感想 | IDEA*IDEA

とりあえず最小限度の端末設定はした。

世界発搭載の虹彩認証は、認証速度が速くて驚きました!映画(マイノリティ・リポート)でみた未来を先取りした感じで使ってワクワクします。

WQHDの端末以外興味が無い僕だが、Nexus 6とF-04Gを比較して一番違うのは「日光の下で普通に画面が見える」こと。

画面輝度最大で利用してみて、電池持ちは多少悪くなってますが、元の電池容量が違うので、まぁこんなものかなと言うレベルです。

- ARROWS NX F-04Gの口コミ&評価まとめ(電池持ち・発熱・虹彩認証 他) : ドコモ スマートフォンおすすめ情報局

これまでのスマートフォンは、待ち受けだけでもバッテリーが1日もつかどうかギリギリで、 少しでも通話やWEB閲覧を続けたら、数時間でバッテリーの残量がほとんどなくなっていましたが、 この機種は、圧倒的にバッテリーの持ちがよくなりました。

最近の機種では、だいたいフルセグ対応の機種が増えてきているため、最新機種では ほぼ共通の項目ですが、フルセグの映像は非常にきれいで、カーナビなどで観るよりも 高精細でクリアな映像を観ることができます。

これまでは、フィルターを張ったりしていて、常に見にくい画面を 見ている場合がありましたが、それをショートカットメニューの簡単な操作で変更できるため、 いつでも設定や解除ができます。

従来のスマートフォンでは、テレビを見る時に、本体内部に埋め込まれたアンテナを出すことで 見ることができる機種が多かったが、この機種では、イヤホンジャックに、付属のアンテナを 挿入しないとテレビを観ることができません。

- ARROWS NX Docomo F-01Fの良い点と悪い点 | Ulog

これから慣らしが終ってOSが安定してくるともっと持ちがよくなる事が予想されるため、これは本当に宣伝どおり3日電池が持つレベルなんじゃないかなと。

動きはさくさく、電池は持ちまくり、カメラは普通に高画質という事で文句の付け所がない状態です。

スライドイン機能とは、ディスプレイの端の方を中央に向かってフリック入力を行うと、どんな時にもお気に入りのアプリを登録したランチャー(アプリショートカット集)を立ち上げる事が出来る機能です。

他にもいろいろ機能は搭載されているのですが、以上が特に便利だなあと感じた部分です。

- 富士通Arrows NX F-01Fを3日間使ってみた感想 ~私がF-01Fを購入する事に決めたわけレビュー

ここだけでも他社端末にはない項目が非常にたくさん並んでいることがお分かりいただけるでしょうか。

これらは最初からすべてがONになっているわけではないのですが、もし使っていて「ん?」と違和感を感じる挙動があったら設定画面に当てはまるものがないか一度見てみるのがおすすめです。

他社端末でAndroidに慣れ親しんで来た人ほど”もやもや”感を感じるのではないかという印象でした(逆に言えば富士通の機種を乗り継いでいる方が他の物に変えると「あれっ?」となるのかもしれませんね)。

今ご愛顧割対象になっている機種の中なら冬モデルで唯一対象になっているL-01Fが無難ではありますが、他の物を触ってみたいということならばアリだと思います。

- ARROWS NX F-06Eレビュー(後編)

お世辞にも人気機種とは言えませんが、それでも一部の富士通好きユーザーにとってはなかなか魅力的な機種のようですね。

少なくとも、S808へのCPUスペックダウンによる体感レベルのパフォーマンス低下は出ていないようですね。

ご存じの方も多いかもしれませんが、これらのモデルはここ数年のスマホので中でバッテリー持ちでは1、2を争う評価。

これらの機種と今回のF-02Hを比較しているユーザーがバッテリー持ちがいまいち、という評価をしているケースが多いという印象を受けます。

- ドコモ arrows NX F-02Hの評判、目立った不具合もなく好評。ただし電池持ちは「イマイチ」との評価 | スマホ評価・不具合ニュース

Arrows NX F-04G におかれましては、実質負担金(白目)という契約などをいろいろして公式での最安端末入手価格が19,440円(税込)、支払総額では93,312円(税込)というゴージャスな端末ですが、ケータイカイガーズは、他称Arrows ジャーナリストのせう氏、no title、404 Not Found、携帯総合研究所 などを擁する地獄の軍団になっているので、頂き物にして問題点を地獄のように指摘したり、普通に使ってて良い点を普通に絶賛したり、普通に恐ろしい参考情報がたくさん見られると思います。

さらに今回は冒頭画像にあります通り、東芝様からのご厚意で、TransferJet の USB type, MicroUSB type, さらには未発売サンプル品として、TransferJet搭載のSDHCカード!!*1をあわせて頂きました。

あとは、まさかの富士芝伏線回収!! というわけではないのでしょうが、TransferJet のブリスターパッケージのデザイン、心無しか Iris Green 感がありますし、端末にHDDとか Bluetooth とか無茶デバイスぶち込んでくるのは、富士通よりは東芝の歴史と伝統みたいなところもあり、虹彩認証やTransferJet には、今回はそういう気合いを感じます。

3. [生活][お酒][呪われた人の穴二つ] よくワインやお酒なんかの感想で、果物に例える表現がありますけれど 4. [日常][ゲーム] ゲームは一緒にできるなら強い味方ですし、そうでなくても味方ですし、ゲームありがたい 5. [日常] 小学校の壁とか学童の壁とか言われるものは、夏休みにデモンズウォールになりますね。

- Arrows NX F-04G を地獄のようにレビューするケータイ会議に再び参加致します。 - くるえるはてなくしょん

3本目のレビューはスマホで最も気になるカメラ機能のチェックです。

特にスマホはソーシャルメディアにシェアしたり気軽に扱えるファイルサイズの方が有利に思いますので、f2.0の明るいレンズとコンデジ並の大型CMOSセンサーで高画質という部分がポイントになるでしょう。

BenQのモバイルLEDプロジェクター「GS1」をモニター用にお借りすることができましたので使用感などをレポートしたいと思います。

モバイルプロジェクターというカテゴリーでは、ビジネスシーンで会議中のデモなどに使うため持ち運びしやすいようにコンパクトになっているプロジェクターという印象ですが、GS1はなんとアウトドアをターゲットにしていて、耐衝撃・防水性のあるラバーケースやバッテリーが標準で付属しています。

- ARROWS NX F-02Gレビュー/フルオートカメラでこんなに撮れちゃうの!? [C!]

スマホに必要な機能はほぼ全て搭載、さらに3日持つという大容量バッテリー、本気すぎるカメラに、日本語入力に史上最高ATOK『 Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス) 』を搭載した、(恐らく)史上最強のスマホ『 ARROWS NX F-05F 』が発売されました。

例えば文字入力では、キーボードを左右に寄せたり、入力エリアを自由にリサイズすることが可能に。

この機能は、アプリに関係なくあらゆる場面で呼び出し、画面に表示されている文字を認識、テキストデータとしてコピーできる優れもの。

つまりカメラで撮った写真はもちろん、ゲーム画面やYouTubeの動画、メールで送られてきた画像など、あらゆるものから、画像のテキスト化が可能に。

- 日本語入力もカメラもスゲェ…!富士通の本気すぎる大画面全部入りスマホ、ARROWS NX F-05Fレビュー:らばQ

Android OS 4.4、スマートフォン史上最高と評される「Super ATOK ULRIAS」、docomoのスマートフォンでは最高クラスの2070万画素カメラを搭載する最新端末。

それにしても、最新のAndroid端末を利用するっていうのはずいぶん久々なんですよね。

今やiPhoneを使うようになってからは、ほとんど電話としてしか利用していないので、はっきり言ってどのくらい進化してるとか、ちゃんと追いつけてない感は否めません。

モバイルやウェブのネタ、ニュース、MacやiPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログです。

- ARROWS NX F-05Fを徹底レビューする「ケータイ会議NX!!!」がスタートします | [M] mbdb (モバデビ)

パソコンでもそうですが、0.2GHz最高クロックが変わったところで何が変わるというのでしょうか?むしろ、省電力のためには最大クロック数は低い方がよいかも知れません。

そのためF-05Fでは、タッチパネルのセンサーに、最新の第5世代のものを搭載した。

これに関しては指でホームボタンを押すだけで認証されるiPhoneのTouchIDの方が、背面のボタンを押して指をスライドさせる必要のあるF-05Fよりも更に快適だと思います。

「スマホは5インチ以下がいいけど、スペックも譲れない!けどお金もそんなにかけたくない!」という方に、今一番、オススメしたい端末です。

- idle097_今最高にオススメしたい白ロムARROWS NX F-05Fを選んだ5つの理由 | アイドリングタイム

富士通といえば指紋認証が代名詞のようなものでしたが今回の端末ではあえて指紋認証を捨てて、瞳で認証する虹彩認証を採用しています。

↑ これが虹彩認証用のカメラ。

というわけで早速、前モデルあたりから SIM が iPhone と同じ nanoSIM サイズになっているので、これまで使ってた iPhone 5s の SIM をさしてみたところなぜかモバイル通信ができず…。

色々と機能が豊富な端末なのでたくさん使ってみたいのですが、昨日の夜バッテリー残量70%から使っていて今日の夕方で10%切ったのでひとまず充電中です。

- 【ケータイ会議】指紋認証にサヨナラしたARROWS NX F-04Gをレビューします - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

まずスマホと言えばカメラ機能が重要ですよね?彼女とのデートで一緒に撮影したいです!画素数はどちらが優れてますか?あと写真撮りたい時に素早く反応する端末がいいかな~。

従来の端末はピントを合わすのに時間がかかり過ぎたけど、今愛は違う!0.14秒で決定的瞬間を逃さず美しい写真が撮れるよ。

arrows NX F-02Hより速い!デジタル5倍ズームができるので拡大しても解像感のある写真が撮れるね。

両端末の性能やカメラ機能は分かりました。

- 機種変更はどちらがお得?arrowsNXとXpriaZ5を比較してみた | SASUKE25

画面の明るさや動作を抑えてバッテリー消費を減らそうというものなのですが、それを使ってもバッテリー持ちが1時間ほどしか伸びないので、過度な期待はできません。

6.虹彩認証  フェイスアンロックと似たような使い勝手になりますが、虹彩を赤外線で読み取る認証を搭載しており、スムーズにロック解除を行えます。

ダウンロードやバックグラウンドで動作するアプリを併用すると、確かに発熱は有りますが、それはどんな機種にでも共通して言える事なので、大きな問題だとは思いません。

バッテリー性能は大丈夫?バッテリーの充電能力を確認する方法  お使いのAndroid端末の バッテリーの減りが、以前より早くなった なと思ったことはありませんか?それは、もしかしたら、 バッテリーの充電能力の劣化が原因かもしれません 。

- ARROWS NX F-04G ゲットだぜ!! | -愛と情の墓- 聖帝十字陵

防水防塵仕様のためやや厚みがありますが、約5.2インチの大画面液晶ディスプレイを搭載しながらも片手でしっかりホールドできるのは、この角ばったデザインのおかげかもしれません。

データ容量に余裕のあるプランの方なら、設定は常時高速ダウンロードとマルチコネクションを有効にしておくのがいいでしょう。

約2070万画素の1/2.3型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」と、独自の画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」、そして5群5枚の高性能レンズにより、スマホとは思えない高精細な静止画と動画撮影が可能です。

しかし、一度手にして使ってみると「Super ATOK ULTIAS(スーパーエイトックウルティアス)」の搭載や、独自の高速ダウンロード機能、見やすい大画面液晶ディスプレイ、3日を超えるタフなバッテリーなど、使い込むほどそのよさがわかるスマホです。

- 時に速く、時に美しく、そしてタフガイ。「ARROWS NX F-02G」レビュー - ライブドアニュース

赤色、朱色、紅色、緋色の描き分けもお見事で、コンテンツ内の各色を装飾することなく、正確に表示する映像処理エンジン「Xevic」の効果が効いているのだろう。

現在、高精細かつ4K動画も撮影可能なデジカメが人気だが、ARROWS NX F-02Gならばそれらのカメラで撮影した写真画像や動画コンテンツのビューワーとしても使いたくなる。

一発では入力できず、複数の単語を切り合わせて入力した言葉を検知すると、ユーザー辞書へ登録するようアナウンスしてくれるため、スラングや造語、商品名、専門用語の入力のストレスが大幅に減るシステムになった。

寒くなる季節を見越して、タッチパネルの感度を高めて手袋をした状態でも操作できる手袋タッチ機能や、深さ1.5mの水域に30分間沈めても問題の無い防水・防塵機能もあるなど、気配りが一歩先を行っている。

- スマホの進化の先は「画面が美しい」だけではない:「ARROWS NX F-02G」レヴュー|WIRED.jp

サイズは(F-01F比)で幅が広がったものの、厚みとしては薄くなったため操作性に影響はなさそう。

金属ボディーに5.2型フルHDディスプレイを搭載しており、デザイン面では手になじむ曲面エッジを採用。

SIMフリースマホ 「HUAWEI Mate 9」の スペック・発売日・価格情報などの情報をまとめています。

HUAWEI nova liteは両面パネルにラウンドエッジ加工を施した2.5D曲面ガラスを採用し、自然で美しい形状は手にも優しくフィットします。

- ドコモ arrows NX F-01J の評判・スペック・発売日・価格情報 | スマートフォン徹底比較サイト

ZenFoneシリーズは音量・電源ボタンの配置が特殊な機種で、音量調整は背面に。

しかし、Zen UIの機能で、スリープ状態のディスプレイをダブルタップでスリープ解除機能が搭載しているので、そちらを活用する方法もあります。

逆に電源がオンの状態でダブルタップすることでスリープにすることも可能です。

ZenFone 2 LaserのLaserはカメラに関係するもので、今回のレビューでカメラについて触れることはありませんでした。

- 【レビュー】ZenFone 2 Laser は ARROWS NX F-01Fに凄く似ていて、いと懐かしき – ガジェットギーク