スマートフォン

ZTE

Blade V580

レビュー

このモデルの特徴は、5.5型のフルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイや8コアCPUを搭載しながらも、市場想定価格が2万7800円(税別)と非常にリーズナブルな点です。

ZTE Blade V580の液晶ディスプレイはサイズが5.5型で、解像度は1080×1920ドットのフルD表示に対応しています。

同じトレイにmicroSDメモリーカードをセット可能ですが、この場合SIMカードは1枚しか利用できません。

さて、同じ価格帯のSIMフリースマートフォンとしてはファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI GR5」や「P8lite」などがあるわけですが、全体的な仕上がり具合やアプリ面、あるいはメーカーのイメージなどを総合的に判断すると「HUAWEI GR5」または「P8lite」のほうがいいような気がします。

- ZTE Blade V580実機レビュー ZTE渾身の2万円台スマホはどこまで使えるのか!? – こまめブログ

また新しいスマホを買うなら変化を感じたいのでスペックがワングレード高いスマホが条件かなと。

Vec 4Gでは読み込みが遅かったサイトでも素早く表示出来て満足です。

個人的には2GBあればそこまで変わらないんじゃないかと思っているんですが今は3GBや4GBのメモリを搭載しているスマホが流行りですね。

microsim→nanosimに変更しなければいけなかったこと、今まではデータsimだったので通話付きのsimにしたかったことから値段が安いmineoに移りました。

- simフリースマホ ZTE V580をレビュー - 斜め39°からお伝えします

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォン。

コストパフォーマンスが高いモデルということもあり、付属品はmicroUSBとUSB用充電コネクタのみです。

Blade V580は5.5インチサイズということで、ご覧のとおりFREETEL Priori3s LTEと比較しても大きいサイズのスマートフォンです。

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォンとして初の2万円台の機種です。

- 【Blade V580】開封の儀と外観 - あんこぱんのつぶやき

画面サイズは5.5型のフルHD(1920×1080ドット)、CPUは1.3GHzオクタコア(メディアテック製のMT6753)、メモリは2GB。

Androidが5.1止まりであったり、ストレージが16GB、5GHz帯の無線LANをサポートしないなど、気になる点はいくつかありますが、3万円以下でこの仕様は立派でしょう。

ハイエンドだろうがミドルレンジであろうが、今後発売される端末がすべて指紋認証対応であるなら。

手元に届いた端末に触れてみますと、やはりスペック表だけでは分からないことに色々気付きます。

- 約3万円で5.5型・指紋センサー搭載の「Blade V580」を買いました - ケータイ Watch Watch

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォン。

高性能なスペックでありながら、販売価格2万円台の高いコストパフォーマンスを実現したミドルレンジモデルのスマートフォンです。

SNS・メッセンジャー・メールなどのベーシックな利用ではもちろんのこと、マルチタスクで動作させてYouTubeやHuluなどの動画視聴でもサクサク動作します。

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載し、販売価格が2万円台の高いコストパフォーマンスを実現しています。

- 【Blade V580】CPUとベンチマークテスト - あんこぱんのつぶやき

ZTE Blade V580の総合的な動作速度を評価すると、ミドルレンジのスマホであり、普段使いではたつきやカクツキを感じることはあまりありませんが、ゲームや動画などを楽しむならワンランク上がおすすめです。

ZTE Blade V580のデータの保蔵容量は16GBであり、写真を撮るくらいであれば十分ですが、頻繁に動画を撮影する人やゲームをたくさん入れる人にとっては不十分であると感じることがあるでしょう。

ZTE Blade V580はSDカードに対応しており、簡単に空き容量を増やすことが可能です。

ZTE Blade V580は非常にきれいな画面で動画やゲームのグラフィックスなどあらゆるコンテンツできれいに表示することができるでしょう。

- 「SIMフリー ZTE Blade V580」のバッテリー&カメラ&CPUの徹底レビュー | Kuraberu [クラベル]

AXON miniは、半額で購入できる機会がそうそうなさそうですし、5.2インチの割に非常にコンパクトなのと5GHzに対応しているのが魅力です。

GR5は、Snapdragon615を搭載した端末の中では価格が安い方ですが、その代わりに5GHz帯の対応をオミットしており、RAM2GB/ROM16GBの容量であるなど、Snapdragon410端末と仕様が大差ありません。

それでいて、Blade V580はGR5と同じ金属製ボディと指紋認証機能を持っており、しかもZenfoneと同じでホームボタンが画面外タッチセンサー式なのでより大きく画面を使えるなど、総合的に見てどう考えてもコストパフォーマンスがGR5より上であるように思えます。

性能的にはZenfone MAXやZenfone Goも似ていますが、この2機種は解像度がHDで指紋認証がなく金属ボディでもないなど、基本的には1ランク下の製品ということになると思います。

- ヨドバシAkibaでZTEのセールをやっていたのでBlade V580を買ってみた : がじぇったーblog

V580の基本スペックはSoCにMTK6753、2GB+16GBメモリ、5.5インチFHD、アルミ筐体で指紋認証付きのスマホです。

エントリーモデルに搭載されているSnapdragon4xxシリーズよりベンチマークスコアも高ければ処理速度も他機種で比較した結果ですが、MTK6753の方が良かった印象。

格安スマホに関しては、新発売の低スペック端末よりも、以前発売されたそこそこの性能の端末の方が絶対にオトクです。

また、今ではV580と類似したスペックの激安中華スマホも様々存在しますが日本国内販売の強み(技適、認証、サポート等)の分、安心して使えるのがいいですね。

- ZTEの人気機種 Blade V580が「税込み送料込みで1万円を切る」セール中 | もばらぶ!

「ZTE Blade V580」は、5.5インチの大画面にフルHD液晶、オクタコアCPUを採用し、さらには指紋認証セキュリティを搭載して、市場想定価格が27800円(税抜)となっています。

「ZTE Blade V580」のスペックと、競合機種となるであろう「HUAWEI GR5」のスペックを比較してみます。

SIMフリー機の人気価格帯に選択肢が増えることになります。

MVNOサービス「イオンモバイル」は、「イオンモバイルSIMカード」と「SIMフリースマホ」をセットにした「福袋」を販売します。

- ZTE 「ZTE Blade V580」情報まとめ 4/10更新 - やすスマ

ZTE Blade V580は、5.5インチのフルHD解像度液晶、8コアCPU、指紋認証センサーを搭載しているにも関わらず、 Amazonでは税込2万7000円で販売されているコスパが高いと言われる格安SIMフリースマートフォン。

ナノSIMを2枚セットすることが可能となっています。

端末のスペックやサイズはZTE Blade V580と近いですが、違いとしてはGR5の方がCPUにSnapdragonを採用していたアプリの互換性が良いこと(即ちアプリがちゃんと動く可能性がGR5の方が高いということ)。

背面カメラのF値がGR5の方が2.0の明るいレンズであるため、夜の撮影にはGR5が向いていること。

- ZTE Blade V580購入使用レビュー フルHDで指紋認証ありで2万円台の格安スマホ - Zバッファ

ZTE Blade V580の優れた端末についてご存知でしょうか? 最近では数多くのSIMフリースマホが販売されるようになりましたが、今回はその中でも特におすすめのSIMフリースマホ「ZTE Blade V580」のスペックや評価・評判またおすすめのケースや格安SIM等についてまとめました。

スロット1とスロット2は画面上から切替も可能。

但し、スロット2に関してはMicroSDと併用するので、MicroSDで増設される方はスロット2にSIMを挿すことが出来ないので注意。

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面で損をします! 2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

- ZTE Blade V580のスペックや評価・評判またおすすめのケース等についてまとめました。 | iPhoneの神様

予算を「だいたい1万円まで!」と区切って考えた場合、Android 6.0を採用し、メモリー量や記憶容量が多めのこの機種は選択肢として良いでしょう。

フリーテルの格安SIMプラン(音声通話込みで1GB\1,199〜)でも使えますが、SIMフリー対応のため、本体だけ買って他社のSIMカードでもそのまま使えます。

記憶容量は、内蔵16GBで、microSDカードは、SDXC対応なので256GBまでOKですが、全てのサイズの動作保証はないため、一般的な128GB以下で試すべきですね。

オートフォーカス速度も速いので、5.2型の標準サイズのスマホで、カメラ性能の良い機種を探している方は、こちらが良いと思います。

- 比較2017'【結論】SIMフリーな格安スマホ12機の性能とおすすめ・選び方:ZTE・フリーテル・富士通・ASUS・VAIO・ファーウェイなど: 家電批評モノマニア

ストレージは16GBですが、microSDカードスロットを装備しているため、microSDカードで容量を拡張可能。

SIMカードスロットは2つ搭載されていますが、いずれもnanoタイプのカードスロットです。

AndroidのSIMフリースマホではmicorタイプのSIMカードを使うモデルが多いので、SIMカードの使い回しを考えている場合には注意が必要です。

ZTE Blade V580は、ミドルレンジのスペックながら、指紋認証機能を搭載しており、27,800円というお手頃価格を実現しています。

- 5.5インチ液晶搭載のZTE Blade V580登場!オクタコアプロセッサ+指紋認証機能搭載!! | 快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

そんなZTEから5.5インチ液晶のお買い得なスマートフォンが発売されたという事で話題を集めていますが、実際にどうなのでしょうか?今回はZTE Blade V580が本当にお買い得なのか検証してみます。

ZTE Blade V580が話題の理由は、5.5インチという大画面を備えながらも販売価格が3万円を切るという激安価格な事だと考えられます。

メモリは、2GBと普通です。

スペック的には、ZTE Blade V580よりも若干良いですし、Android 6.0を搭載しており最新のOSを体感出来ます。

- ZTE Blade V580が話題になってるけど普通にNexus 5Xの方が良いと思う – ゼニナル

 ゼンパッド8はSIMカードをぶっさすことも可能だったので、持たせることも検討したのですが、当人は大きいからちょっと…とのことで、やっぱり手のひらである程度扱えるスマホで良い物を。

セッティングといってもグーグルアカウントを紐付けて、前の機種で使っていたアプリをダウンロードするだけです。

標準で入っているウェブブラウザなのですが、まったく聞いたことのないブラウザですし、Google Chromeをメインで使っているので無効化させていただきました。

のカバーがシリコンカバーで、本体そのままよりも滑りにくく扱いやすい感じがあったのですが、実際に使ってみると熱がこもるなどちょっと不快感があり(ギャラクシー2ではケース無しで使用していた)また本体が前機種よりも重くなったのが気にかかっていたので、ケースをはずす。

- 母に新しいスマホをプレゼントしました【ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade V580】 - 夢みる電脳メガネ

ミドルスペック帯の中ではワンランク上の高性能なスペックとなり、3Dゲームや各種SNS等の普段使いには十分対応できる性能だ。

SIMスロットは2つあり、格安SIMを2枚挿して運用する事もでき、それによりモバイルWi-Fiのような使い方をする事も可能となっている。

大きな特徴として、3000mAhの大容量バッテリーを搭載している事により、1日普段使いしてもバッテリーが切れる事なく使用できるとこは安心な部分だろう。

また5.5インチという大画面を綺麗なフルHDの解像度で精細な映像を見る事が出来るのは魅力的ではないだろうか。

- 格安SIMを使うなら断然blade V580 大容量バッテリー搭載だから安心! - クチコミ.jp

ZTE AXON miniはメモリ3GB、有機EL搭載でV570よりも上のクラスの機種です。

GR5の目玉機能だった指紋認証も搭載し、カメラもバッテリー容量も同じという兄弟機種なのか?という位似通った機種。

スロット1/2の両方にnanoSIMカードを挿して使用する場合、いずれかの1スロットはGSM専用となります。

Moto X Playは3630mAhの大容量バッテリーを搭載し、15分の充電で8時間稼働という面白い機種です。

- ZTE Blade V580 5.5フルHD指紋認証付で27,800円の高コスパ機種!GR5と比較・口コミ・評価・注意点 - シムフリーマニア

〔SIMフリースマートフォン〕欲しい機能フル装備、5.5インチフルHDディスプレイ搭載SIMフリースマートフォン。

指紋認証による端末アンロックや、自撮りシャッターなど快適な操作性を提供します。

最大48MB/秒の転送速度に対応した高速タイプのウルトラ プラスに、データ復旧ソフト「1年間利用特典」が付き新登場。

※表記の価格・ポイントはソフマップ・ドットコムにてご注文いただく場合のもので、店舗とは異なることがございます。

- SIMフリースマートフォン本体 [LTE対応]SIMフリー Android 5.1スマートフォン「Blade V580 グレー」 (メモリ/ストレージ:2GB/16GB) BLADEV580/GRAY|スマートフォン・携帯電話のソフマップ[sofmap]

スペックはSnapdragon 410のクアッドコアCPUにRAMが2GBとエントリーレベルになっていますが、防水防塵対応、おサイフケータイ対応、耐衝撃性能など様々な機能が入っています。

フルHD解像度のディスプレイにMediaTek製のオクタコアCPU、背面には指紋認証センサーを搭載しており、市場価格は2万5000円ほどまで少し下がっています。

税別1万円台で購入可能で、HD解像度のディスプレイ、2GBメモリ、16GBストレージと、少し前の3万円程度の格安スマホのスペックをそのままに価格だけ安くなったような機種。

iPhone 5sのサイズをそのままに性能をぐっとアップさせたモデルなので、Apple製品を海外の現地SIMや格安SIMで利用したいならこう言った選択肢もありです。

- 価格別!2016年夏秋にオススメのSIMフリースマホ10機種

某紙でのZTE の Blade V580への良評価が目にとまり、調べてみたらここ一年で価格的にも考えられないくらい下がっていました(半額以下)ので、逆にちょっと気になり今調べていますが、他メーカーの同クラスのものはこれほどは下がっていないようだし、他の人の評価を見ると、良い評価と悪い評価が相半ばのようです。

使い方は基本の電話・メールが使えれば十分と考えており、まあ場合によってはナビくらい使うかもしれませんが、せいぜいそれくらいでゲームなどはまったくしません。

格安スマホにしましたが、動画の音量が無音です。

※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

- ZTE の Blade V580 の評価について -ガラケーからsimフリースマホへ乗- 格安スマホ・SIMフリースマホ | 教えて!goo

(2016年3月28日発売)ディスプレイが 約5.5インチ FHD 液晶を搭載しアウトカメラも 1300万画素 、指紋認証も搭載となっています。

また、この価格帯では樹脂ケース端末が多い中メタルボディ採用で質感も悪くない仕上がりとなっています。

Blade V580 は、シルバー、グレーの2色カラーバリエーションとなっています。

このサイトは、サービスの利便性向上のために一部cookie(クッキー)を利用しています。

- ZTE Blade V580 | スペック、特徴、評価 | 最もコスパに優れたスマホを選ぶ!

液晶画面はフルHDであるため、動画を見るにしても、文字を読むにしても、非常に見やすいでしょう。

また、5.5インチとサイズも大きいため、小さい液晶画面が苦手な人にオススメです。

HUAWEI GR5にも指紋認証センサーが搭載されていたり、基本的なスペックはどちらのスマホも同じです。

以上で説明したようなコンパクトさやバッテリーの持ちの2点を重視し、スマホの本体価格が高くなってもいいならHUAWEI GR5がオススメです。

- 注目 ZTE Blade V580のスペックやオススメケースなどのまとめ - またろぐ

細かい部分で違いはあるが、5.5型フルHD液晶、メタルボディ、指紋センサーは共通している。

ZTE、SIMフリースマホ2機種を投入——高機能な「AXON mini」と安価な「Blade V6」 ZTEが、SIMロックフリースマホ2機種を新たに日本で投入する。

ラインアップは、3つのセキュリティ機能を用意した「AXON mini」と、薄型軽量の金属ボディを採用した「ZTE Blade V6」。

5.5型フルHD液晶、1300万画素アウトカメラと指紋センサーを搭載しながらも、想定価格を3万円台半ばに抑えたことが特徴だ。

- 2016年に「日本のSIMフリーでシェア3位」を目指すZTE——「Blade V580」がその起爆剤になる? - ITmedia Mobile

スロット1/2の両方にnanoSIMカードを挿して使用する場合、いずれかの1スロッ トはGSM専用となります。

)スロット2はmicroSDまた はnanoSIMいずれか1枚のみ使用可能です。

スペックを確認してみるとやはり公式サイトの発表通りコストパフォーマンスに優れたスマホですね、画面サイズが5.5インチもあり解像度もフルHD、CPU(SoC)もオクタコアで指紋認証センサーを搭載、バッテリー容量も3000mAhあるのでバッテリーの持ち時間も安心できそうです。

ただちょっと気になるのは内蔵ストレージの容量が16GBなのとmicroSDで増設できるのが最大32GBと言う所ですね、音楽をある程度なら大丈夫かもしれませんが、動画撮影したり。

- ZTE製のSIMフリースマホ「ZTE Blade V580」が3月25日(金)に発売されます!! 追記「発売日が3月28日に延期されました」 - Z3C備忘録

Intel製のAtomプロセッサを搭載しているZenFone2でも動作できたり、何故かZenFone 2 Laserでは動作するのに、同じようなスペックのZenFone Max/goなどでインストールできなかったり(※ZenFone 2 Laserでインストールできないという方もいるようです)と、推薦環境通りではくても動作したりしなかったりしますが、基本的に1〜3万円台の格安スマホでも動作可能なものが多いです。

5.5インチと片手操作するには難しいかもしれませんが、個人的にワンランク上のスペックで価格も安いことから、この中でもオススメしたい機種です。

ジャイロセンサーがないSIMフリーでもよいとなると、格安スマホでもかなり幅が広がり対応している機種が多いため、ジャイロ未対応の端末を持っている方は買い換える前に一度プレイしてみることをおすすめします。

idol3はスピーカー音がよいし、arrows M02は防水、honor6 Plusはデュアルカメラ(ポケモンGO関係ないけど)でメモリ3GBなど、それぞれ特徴がある機種が多く、好みで選ぶのがベストかと思います。

- ポケモンGOが“フル”に遊べる2〜3万円クラスのSIMフリー・格安スマホをまとめてみた! - SIMフリー遊び

ZTE Blade V580のスペック情報 ZTE Blade V580のスペック詳細情報を記載 白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法 白ロム端末を購入して利用する方は是非。

仕様としては見開きタイプの手帳型ケースで、 スタンド機能とカード収納機能を搭載しています。

前作をランニング用に使っていたのですが、 無くしてしまって再度同じものを探していたら、まさかの後続機が出ていました! 音楽や動画の視聴はもちろんですが、スマホとのペアリングが可能なので、 内蔵マイクによって長時間の通話にかなりのオススメです! 防水・防滴にも対応しているので私のようにランニングや散歩時に使うことも出来ます。

2GBから128GBまで各端末に合わせて購入する事が出来る上に、 レビュー評価も高く価格も安くて本当にオススメのメーカーです。

- ZTE Blade V580のおすすめカバー・ケース・フィルム等のグッズ情報

さらに指紋センサーも付けて、なんと2万7800円(税抜)なんです! SIMフリースマホは “格安スマホ”とも呼ばれ、大手キャリアの端末よりも安いのは当たり前。

3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、約600時間の連続待受、約30時間の連続通話を実現していることもセールスポイントとしています。

64ビット・1.3GHzのオクタコアCPUを搭載していますが、ハイエンドモデルでの採用が多いクアルコム製のSnapdragonではなく、台湾のメディアテック製のものを使っています。

最近、乗り換えで端末一括0円に商品券も付け出した店がチラホラ見られるから、毎月割を復活するのではないかと思ってるから、もう少し様子みる。

- ZTE、「Blade V580」発表 5,5型フルHD、オクタコア、メモリ2GB、指紋センサー、アルミボディで27,800円│あんどろいど速報

1万円以下のSIMフリースマホで、5.5型フルHD、指紋認証、GPS有りは安いです。

リンク先にある価格、販売期間、在庫数は変動する可能性があります。

大人気となったP9 LITEの後継機種となるnova liteが18,144円(税込、送料無料)で販売中!この機種のウリは、なんといってもRAM3GBを搭載していること!3GBならかなりキビキビ動きますよ。

SONYの49型 4Kテレビ ブラビア(BRAVIA X8000C 49V型 KJ-49X8000C)が、NTT-X Storeで10万円切りの99,800円(税込、送料無料)で数量限定で販売中!在庫数量限定ということなので、欲しい方はお早めに。

- [★3] Android SIMフリースマホ「Blade V580」が9,980円(税込、送料無料)で販売中! | これは安いぞ!

今使ってるスマホ、SIMフリーの「Blade V580」なんだけど、キャリアから格安SIMに乗り換えって可能かな?SIMロック解除とかよくわからないし、GPSやテザリングも使えるか心配で…。

「Blade V580」では今まで通りGPSを利用できます!このスマホは「Android 5.1」を利用していますが、格安SIMを使ったGPSのトラブルは聞いたことがありません。

3GBプランの場合でも月々610円で利用できますし、最低利用期間などの条件もありません。

指紋認証機能を搭載し、実売価格が約3万円と安価なSIMロックフリースマートフォンが登場、ZTEから「Blade V580」が発売された。

- SIMフリーのBlade V580で格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果

1万円台前半の機種としてスペックを見ると、ワンクラス上のSoCを採用していることやRAM 3GBと余裕があることは評価できそうです。

一昔前の機種でしばしば役立った、同じ指を複数登録しておくテクニックで成功率を上げるのが有効そうです。

このクラスとしては多めの3GB RAM、高すぎず処理速度の面では有利なHD解像度など良い条件が揃ってはいるのですが、SoC(MT6753)が足を引っ張っている印象。

とはいえ、3D処理などは弱いものの用途によっては使える範疇でしょう。

- 1万円台前半の実力派「Vernee Thor」レビュー