スマートフォン

Huawei

Mate9

レビュー

しかし、近年「格安SIM」と呼ばれるMVNOが販売するSIMカードを購入し、それとは別にスマートフォン本体を用意することで、携帯料金を安くする使い方が人気となり大きな話題となっています。

価格重視の格安スマホのメモリは2GB程度が主流の中、Mate 9は4GBのメモリを積んでおり、「格安路線ではない」ことを示しています。

両手で操作をするか、どうしても片手操作が必要であれば「ミニ画面表示」などの専用のモードを使うことをおススメします。

しかし「背面タイプ」の指紋認証なので、画面を上にして端末を置いたままでのでのロック解除ができない。

- HUAWEI Mate 9 を1ヶ月使ってみた!モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」買う理由がそこにはある - モバレコ

Galaxy S7やLG G5のように2560*1440 QHD解像度を 導入してくれればより良かったかも しれませんが、個人的にはフルHDも充分鮮明な 画質だと思いますし、近くでじっくり見ない限り、 FHDとQHDを区別できる人は そう多くはないと思います。

興味深いのは、Mate 9に内蔵されているCPUが他の 殆どのアンドロイド端末に入っているQualcomm社の チップではないことです。

また、ボリュームのダウンボタンを二回押すと 瞬時に(一秒以内)静止画を撮ってくれたり、 動画録画を4K画質(30fps)までサポートしたり、 光学2倍ズームに対応したりする点は有り難いのですが、 素早く撮影した結果がぼやけてたり、 いざ4K画質で録画してみると手ブレ補正機能が 適用されないため不安定だったり、 ズームインしたらクオリティの低下が著しかったりと、 予想しなかった落とし穴が所々存在したりします。

その中でも圧巻はモノクロモードで、 20メガピクセルのモノセンサーをフル活用するため 美しい白黒写真を撮ることが可能です。

- Huawei Mate 9レビュー感想評価評判:Galaxy Note 7は忘れろ! - 格安スマホ比較格安スマホ比較

CPUは独自規格なので単純比較できないですが、メモリ4GBがかなり効いているように感じます。

いや、Galaxy S7 edgeの指紋認証も全然速いんですよ?でもGalaxy S7 edgeの場合はホームボタンを押して一瞬間があってロック解除されるのに対し、Mate9の場合は背面の認証スポットに触れたら一瞬にしてロック解除されます。

ただ、実際に使用してみると、スマホの画面サイズでWQHDのメリットを感じることはほとんどありません。

他のBluetooth機器は接続できるので、やはりポケモンGOプラスとMate9の間に問題があるようです。

- HUAWEI Mate9の使用感をレビュー!このヌルサク度は今までのどの端末より凄い!

格安スマホの「HUAWEI Mate 9」のスペックや価格、評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、HUAWEI Mate 9についての記事をまとめています。

Huawei Mate 9はプリセットされているOSからAndroid™ 7.0 Nougatに対応しているので、きっと新たな魅力に富んだスマホとして期待できそうです。

また、カメラはカラーセンサー・モノクロセンサーを搭載している5.9インチの画面サイズは近年のスマホサイズと比べて一回り大きいですが、様々な機能が追加された結果のサイズ感、といった印象も受けますね。

デュアルスタンバイ機能を使うとSIMカードを2枚組み合わせて効率的に節約が可能になるからです。

- 【2017年9月】HUAWEI Mate 9徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も

昨年12月に発売されたばかりのHUAWEI Mate 9は、高性能CPUや5.9型の大画面ディスプレー、第2世代になったLeicaとのコラボによるダブルレンズカメラ、独自の高速充電システムなど、ファーウェイが持つ技術力が詰め込まれた新フラグシップ機だ。

これに加えて、独自の省電力システムを搭載しており、標準的な使い方では約2.4日、ヘビーな使い方をしても約1.7日というバッテリー動作時間を実現しているという。

実際に作例撮影などで1日中ヘビーにテストしたが、夜に帰宅したタイミングでも追加充電の必要はなかった。

たとえば仕事用とプライベート用の2枚のSIMを挿して、HUAWEI Mate 9の1台で両方を待ち受けすることができる。

- ASCII.jp:最強SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」の高性能ぶりをレビューする (1/3)|ファーウェイ通信

また、iPhoneの5.5インチモデルの展示品も暇潰しに見ることが何度かありましたが、画面外にホームボタンがあることも相まって手に余るような印象を受けました。

設定画面の「画面」→「表示モード」から大中小の3段階で設定できますが、Android 7.0から利用できる「開発者オプション」→「最小幅」で直接数字で指定することも可能です。

欧州版ROMでは割と前から通知のアイコン表示に対応していたようですが、日本版は3月になって漸くでした(というか何でわざわざ件数しか表示できないようにカスタマイズしようと思ったのか…)。

Android 6.0以降で見られる不具合として「Bluetoothが勝手にオフになる、オンにしようとするとフリーズする」というのがありますが、それに加えてワイヤレスイヤホンの使用時に音が途切れる問題があるようです。

- Huawei Mate 9 1ヶ月使用レビュー - たまに増える雑記

OSや初期アプリ含めて64GBなので実際に使えるのは50GBちょっとですが、日常的に使うアプリを全てインストールし、撮影した写真・ビデオは全て内部ストレージへ保存していますが、空き容量はまだ42GBあります。

SNSやブラウザーそれにYouTubeやゲームなど、複数のアプリを同時に立ち上げていても食うのはせいぜい2GB程度なので、こちらも心配無さそうです。

Mate 9でのスクリーンショットの撮影方法は、電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しするか、通知パネル内の「スクリーンショット」をタップするかのどちらか。

パワフルなKirin 960の力が惜しみなく発揮されているのか、メモリ4GBでマルチタスク処理に強いためか、Mate 9の動作はサクサク・ヌルヌルでとても快適です。

- 6万円のSIMフリースマホHuawei Mate 9を購入したので実機レビュー

これは、「HUAWEI Kirin 960」という最高峰のSoCと、4GBのメモリを搭載していることによるもの。

2倍に拡大することで、広角レンズ特有の被写体のゆがみを抑えて、人の目と同じくらいの世界を再現しつつ、トロリとしたボケ味をプラス。

このほか、フロントカメラはF値1.9の800万画素で、10段階の美肌効果を実現し、誰でも綺麗になれる「ビューティーモード」や、大勢の中で自分の顔だけ認識して、美肌に仕上げてくれる「パーフェクトセルフィー」も搭載。

「目的地にいくのに、もらったメールをみながら地図でルートも確認したい」「動画を見ながら友達とチャットしたい」「ニュースを見ながらメモを取りたい」というときは、画面を上下2画面に分割して、2つのアプリを同時に使える「ダブルウィンドウ」も便利。

- 「HUAWEI Mate 9」レビュー | Leica ダブルレンズカメラ搭載、文句なしのフラッグシップモデル、ついに日本上陸。

デュアルSIMで2枚のSIMを一度に入れられると、2つの電話番号を同時に1台のスマホで使い分けられるので、仕事用プライベート用を一緒のスマホで取り扱えるので便利。

HUAWEI スーパーチャージは入力電圧が4.5Vと低く、充電電力が5Aの世界最速レベルの充電システムで、電圧、電流、温度を5層制御することで、高速動作のHUAWEI Mate 9を非常に安全な状態で充電。

これP9にもある機能なのですが、Mate9はモノクロレンズの性能がパワーアップしているので、P9を上回る精細な描写を可能にしています。

記録装置ROMも倍ですし、バッテリーがなんと言っても急速充電に対応しているので、忙しく過ごしている方もうっかり充電忘れに気付いたときにスピーディーチャージできるところが嬉しいスマホだと思いますよ。

- HUAWEIファーウェイMate9口コミ!P9と比較して評価はいかに?!

ドットが粗いと感じたことはありませんし、むしろ5.5インチでFull HDだったZenFone Selfieよりも表示はきれいに感じます。

AXON 7はGoogleのVRプラットフォームであるDayDreamにも対応しますのであの解像度なのでしょうが、VRはまだまだ普通のスマホで満足のいくものにはならないと思っているのでいいかなと。

Huawei Mate9の場合、本体裏側に指紋センサーがあるので、スマホを持ち上げて何気なく指紋センサーを触ると画面がついてロックも解除されます。

「レーザーAF」「デプスフォーカス」「コントラストフォーカス」「像面位相差フォーカス」の4つのフォーカスを使っているとのことですが、「レーザーAF」と「コントラストフォーカス」しかないZenFone Selfieの方が高速でした。

- Huawei Mate9を一か月くらい使ったレビュー

この一週間Mate9を弄り倒すことができましたので、今回はUI、カメラ、使用感などを事細かく徹底的にレビューしていきたいと思います。

ブラウジングやSNSアプリの利用といった場面でももちろんぬるぬるサクサク動きますし、3Dや物理演算を多用するようなゲームでも快適にプレイすることができます。

グリッドが5×5までしか選択できないといった細かな不満点もありますが、バッジアイコンをつけることができるなどデフォルトのランチャーとしてはかなり良く作られているといえるのではないでしょうか。

Mate9には複数のマイクが搭載されており、そこから集音された音どれかに絞って録音することができます。

- HUAWEI『Mate9 ブラック』一週間使用後の徹底レビュー | EALS雑記

仕事用のスマホ端末と普段の生活用のスマホ端末を分けて持つ必要がなくなり、1台で2台分の役割を果たしてくれるというメリットがあります。

日常生活で利用するには十分な性能を備えたスマホ端末は30,000円前後で購入することができますから、そういった機種と比べると「HUAWEI Mate 9」は約2倍という値段になっているということです。

スマホ端末の動作のスムーズさといった性能面を重視したいなら、「HUAWEI Mate 9」は人気がある機種ですし、おすすめですよ。

「HUAWEI P9」は、日常利用には十分すぎるスペックを持っていますし、「HUWEI Mate 9」と比べると、値段が大体1万円くらい安くなっていることが多いです。

- 「HUAWEI Mate 9」ってどんなスマホ端末?評判、スペックを解説! | 格安スマホの比較.jp

ダブルレンズによって、非常に高画質な写真を撮影できるのがHUAWEI Mate9の特徴です。

ダブルウィンドウ機能とは、指関節で画面上に線を描くナックルセンスジェスチャーにより、画面を上下に分割して利用することができるようになるのです。

2枚のSIMで同時待ち受けができるデュアルSIMデュアルスタンバイの機能を使う場合、microSDカードを本体に入れられないのはデメリットです。

特にカメラ性能やストレージ容量を重視する人は、HUAWEI Mate 9にとても満足できるのではないでしょうか。

- 「HUAWEI Mate 9」はスペック最強・大画面の格安スマホ!機能やスペックを徹底レビュー! - 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル

細部の表現が得意なモノクロセンサーの写真に、RGBセンサーの色情報を合成することで、通常のカメラよりも繊細な表現ができる仕組みとなっております。

また、iPhoneにもMate9のようにボケ感のある写真が撮れるポートレートモード(被写体深度エフェクト)という機能があります。

iPhone7 Plusの望遠レンズ暗所では苦手なようなのでこれが原因かもしれません。

(Mate 9のワイドアパーチャ、iPhone7 Plusのポートレートモードで撮影したものにはその旨を記載してあります。

- 【レビュー】HUAWEI Mate 9 とiPhone7 Plusのカメラを比較してみた♪ 〜室内編〜 - オーディオとスマホ,ガジェットのブログ 〜音ガジェ〜

5.5インチ版のポルシェデザインや、Mate 9 Proと悩んだのですが、動画視聴やKindle用に持ち歩いているMi Maxの代わりに、しかもカメラがいいのでデジカメ代わりに持ち歩いているGalaxy S7の用途も賄えるかもということでMate 9にしてみました。

また、指紋センサ部分はP9同様にクリック感はありません。

ただ、HUAWEI Mate 9では、ビルド番号B115からGoogle Playをインストールしても起動できなくなっています(Googleフレームワークが削除されたということらしい)。

5.9インチと大型にもかかわらず片手で楽に持てますし、グラフィック性能に疑問は残りますが、動作自体はサクサクです。

- HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感 – Dream Seed

ストレージは標準でも64GBという十分な容量ですが、microSDカードを挿入することにより最大で256GB増量すすることも可能です。

さらに最先端のHUAWEI スーパーチャージ技術を搭載することにより、たった20分の充電で約1日分の使用が可能。

また、この4機種の中ではとびぬけて大画面でそのため文字や動画が見やすくなるといったメリットはありますが、その反面で大きく重くなっているのも事実。

HUAWEI Mate 9はデザインを工夫されているとはいえ、上記表で比較してわかるように、ずば抜けて画面が大きい代わりに、サイズが大きく重量はおもくなっています。

- 楽天モバイルのHUAWEI Mate 9は買い? - スペックや特長、評判まとめ

購入したタイミングでは外もまだ肌寒く、金属ボディを直に掴むのがつらいこと。

大きくはこれまで触れてきたラギッド・アーマーシリーズと変わりませんが、その中で、外面上部のデザインが立体的なボーダー調デザインに変更されていることがMate 9用モデルならではの特徴となっています。

前面側の高さも1mm前後きちんと確保され、伏せておいた場合でも、画面がダイレクトに当たることはありません。

装着時のサイズ感、ケースに求められる保護機能は、他機種用のモデル同様満足できる仕上り。

- Mate 9専用「ラギッド・アーマー」レビュー。おなじみの安心感だが手入れには注意が必要 | そうすけブログ.com

台数限定だったがなんとかゲットすることが出来たのでファーストインプレッションや2週間程度使用しての使用感などをレビューしたいと思う。

HUAWEI独自のスーパーチャージで20分の充電で丸一日の使用が可能とのこと。

実際2週間ほど使用しているがとにかくヌルサクで、TwitterやInstagram、カメラやブラウザもなんのつっかかりもなく機能し物凄く快適でストレスゼロ。

通常5万〜6万円程度で販売されているMATE9が3万ちょっとで買えるということで飛びついてみたが、動きはヌルサク、カメラは有能、バッテリーもがっつり保つ、指紋認証は爆速で画面も綺麗etc、と予想を超えたマシンでこれは名機だな、つくづく買ってよかった、と毎日実感しているところ。

- HUAWEI MATE9を楽天スーパーセールで購入したのでレビュー。最新CPUで動きヌルサク、ライカカメラも有能でこれは名機かも - substance

僕はどうしても片手で操作がしたいので、4インチサイズにこだわっていますが、今のご時世大きさは気にする必要はあまりないように思います。

特に動画を見たり、写真の撮影をするとバッテリー消費が激しいのでこれくらい大きなバッテリーを搭載しているのは非常にありがたいですね。

アシスタンスが出るため(自撮りの場合は自分の顔写真がテレビのワイプのように出る。

インスタグラムはフィルターを簡単にかけることもできますし、ライカデュアルレンズは本当にすごくて、料理の写真も簡単に綺麗に撮影できます。

- 【レビュー】HUAWEI Mate9が女性におすすめな理由。 | うっしーならいふ

ただ、デュアルレンズカメラのスマホは欲しいけどここまで高性能なスペックを必要としない人は、価格も安くなってお手軽感もある「HUAWEI P9」がオススメです。

さらに人間工学に基づいて設計され、少しラウンドした背面は手に馴染むような持ちやすさがあり、使用感としては5.5インチクラスのスマホと遜色ないでしょう。

超狭額縁ディスプレイを搭載した中国Xiaomi「Mi Mix」に代表されるようなコンパクトな設計ながら画面専有率をあげて画面の大型化を図るモデルは2017年のトレンドの1つになることが予想されます。

DSDSは、3Gと4Gの同時待受ができるので、日本でも通話は無制限の大手SIMを使い、データはMVNOのSIMで料金を節約する使い方などで人気があります。

- 最高スペックを格安で!HUAWEIの最新フラッグシップスマホ「Mate 9」を比較 – tkjLog

これは推測になりますが、モノクロカメラでかなりダイナミックレンジの高い、輝度情報(陰影情報)写真を生成し、そこにRGBカメラで撮影したフルカラー映像を乗算合成するような仕組みになっていると思われます。

の3方向から撮影して登録すると、これらの画像から2.5次元的な陰影や形状の情報を把握し、以降の自撮り写真に対して「好みの美形状態」を適用することができるのです。

プリクラなどのシール写真機のようなシンプルな2D画像処理的な顔面部位変形とは違い、前述したような事前取得した3D的な情報を元にした「2.5D的な処理」が適用されるので、意外に完成度の高い結果が得られます。

携帯電話の標準機能として、ここまでのものが搭載されてしまっているんですね。

- 【西川善司のモバイルテックアラカルト】第33回: HUAWEI Mate 9のカメラ性能に驚かされる! | Game Deets