スマートフォン

Huawei

Nova Lite

レビュー

その中で、nova liteはワンランク上の処理性能、使い勝手の良いソフトウェア、綺麗なFullHDのディスプレイ、綺麗に撮れるカメラをしっかり備えながらも価格を抑えた「本当にコスパの良い機種」に仕上がっていると言って良いでしょう。

HUAWEI nova liteは、内蔵ストレージ容量が少なくmicroSDが必須である点、国内におけるDSDS非対応のため1枚のSIMカードしか使えない点から、デュアルSIM端末でありながら実質的に1枚のSIMで使う前提の機種となっています。

デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応の機種がSIMフリー市場に多く登場している中、実質的にシングルSIM前提の端末であるところは競合機種と比較する際に注意したいところ。

価格を感じさせない綺麗な5.2インチのFullHDディスプレイ、SNSにしっかり使えるカメラ性能とポイントを押さえた機種となっており、低価格帯のスマホの中では強くおすすめできる一台です。

- HUAWEI nova liteレビュー!同価格帯の中ではワンランク上の性能を誇るコスパ最強の一台 - モバレコ

実際にメイン端末として1週間利用してみて、気づいたメリット・デメリットをレビューしています。

最近のAndroid端末は5.5インチなどの大画面の端末が多いのですが、nova liteは5.2インチなので片手での操作も可能です。

nova liteに限らずHUAWEI製の端末すべてで共通ですが、 指紋認証のスピードはiPhone以上です。

格安SIMはAndroidで使うものというイメージの人も多いですが、実はiPhoneでも利用できます。

- HUAWEI nova liteの使用レビュー!画面のきれいさとバッテリー持ちに感激 - すまっぴー

表を見るとおり、Huawei nova liteは現在主流となっているMVNOのドコモ回線をキッチリ網羅しているため、ほとんどの格安SIMで利用することが可能です。

UQ mobileの方は注意が必要ですが、auの回線には対応しているのでLTEは利用することは可能です。

プロ写真モードのほうは数値を少し弄ることができるので、カメラに精通している人がしっかりと調整してあげると高画質なキレイな写真を撮ることが可能かもしれません。

IIJmioフォンはエコプランというものもあり、通常最安値で月額900円のSIMが、0~1GBしか使わなかった場合、請求金額は500円となるプランも存在します。

- Huawei nova liteの実機レビュー!口コミ・評判どおり画面はめちゃくちゃキレイだ | DigitalNews365 - でじにゅー

スペックっていうとCPUが何を使ってだの、カメラの画質がだの、難しい数値が並んで結局何がどうすごいのかよくわからないんですよね。

最新の3Dゲームは厳しかったですが、普通にLINEしながらネットをしたり、動画を見たりする分には充分過ぎるくらいでした。

地味に嬉しいのが本体のセットに保護カバーがついてくることでした。

何と言ってもTwitterやLINEといったSNSが月々のデータ使用量に加算されない…実質SNSが使い放題という格安SIM。

- HUAWEI nova lite実機レビュー~本当に二万円?今年度最高の格安スマホかもしれない | 人生常に単騎待ち

スペック的にはほとんど変わりありませんが、nova liteのメモリが3GBとなっている点は良いところだと言えます。

今回、イオンモバイルで購入したのですが開封シールが切られており、恐らくはイオンモバイル用のアプリをインストールするために1度開封しているものと思われます。

内容物は充電用のACアダプターとケーブル(microUSB)、ヘッドホンと説明書、そして嬉しいのがカバーがついていることでした。

もっともZenFone3 Maxはコンセプトが大容量バッテリーということなので単純に比較するものではありませんが、スペックだけを見れば非常にコスパの良いスマホだと言えます。

- HUAWEI nova lite の自腹実機レビュー!SIMカードの入れ方まで解説 | モバイルガジェット東京03 格安SIM・WiMAX比較紹介所

と、言うのも前者に比べwifi規格やストレージ量は劣るものの、安価で基本性能はP10liteに近そうと考えられ、ライトユーザーならより魅力的かも?とに思えたからです。

しかし、スペック的に不足しているとも思えず、既に配信されていたアップデートを適用したところ、UIの調整が行われたのか、何事も無かったのかのようにとてもスムーズに。

それらを許容出来る場合には、とても良い選択肢となりそうです。

上記で妥協出来ない点がある方は、約5000円程度上乗せで購入可能な「HUAWEI P10 lite」も一度検討してみても良いかも知れません。

- 何となく買ってしまったHUAWEI nova lite(PRA-LX2)をレビュー。AnTuTuベンチマークも公開。 - 格安スマホマイスターぴざまん

端末の保護という点では不安は残りますが、お気に入りのケースを購入するまでの繋ぎとしても十分使えるケースです。

細かいところを言えば、USBがType-Cじゃなかったり、DSDSに非対応だったり、上位機種との差はもちろんありますが、2万円という価格を考えれば仕方ない部分かもしれません。

2.5D曲面ガラスを採用しているので、液晶にフィルムを貼ると曲面部分が浮いてしまうことが多いようです。

他にも取り扱っているMVNOがあるので、端末価格や料金プランを比較して、自分にあったところで購入しましょう。

- 【レビュー】HUAWEI nova liteを3色購入!コスパ最高は伊達じゃなかった - Life Jam

いや、nova liteとnovaが最新機種でしょ?という方、 スペックはhonor8の方が上、なおかつ片落ち感から、3万円程度と値段も手頃になっている今がおすすめです。

ACアダプターは、1A出力の一般的なもの。

なので、国内利用においては、スロット2は、マイクロSDカード用として活用することになるかと思います。

iPhone6s以前と同様に、手帳型のケースを利用して、カードタイプの電子マネーを使用するほかないでしょう。

- Huawei nova lite実機レビュー!スペック・価格比較・ケース・フィルム等々 -

ディスプレイの綺麗さやカメラ性能など、全体的に高めのスペックになっていて「HUAWEI nova」と比べてもROMが半分になっている程度でそこまで変わりはありません。

ただし、通信方式でau系が使えなくなっているのと、キャリアアグリゲーションに未対応ということで、通信の安定性は若干弱くなっています。

約1200万画素のカメラは、大型1.25μmピクセルのイメージセンサーと高性能な5枚組のレンズを採用し、クリアできめの細かい画像を撮影できるます。

CPUは中間帯スペックの「Kirin655」を搭載し、RAMも3GB、ディスプレイもフルHDでスペック的に上位モデルの「HUAWEI nova」とほぼ変わらないところは素晴らしいですね。

- 「HUAWEI nova lite」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

また、2枚目のSIMスロットはmicroSDスロットと兼用になっているため、SDカードを使用すると1枚のSIMカードしか挿入できなくなります。

前作のP9 liteと比べてメモリが2GB→3GBに増量されていることもあって、複数のアプリを同時立ち上げてもアプリが強制終了されることが減りました。

1万円台で販売されているスマホの中では本体の質感・性能が良く出来ていて、昨今で販売されているラインナップでは確実に上位に入るレベルです。

一部機種で液晶品質にムラがあるようですが、私が購入した個体では問題なく綺麗に表示されています。

- Huawei nova liteレビュー。他社を圧倒するコスパの良さが魅力のスマホ | クリエイタークリップ

この機種は色々なサイトでコスパが良いと評判ですが、実際に利用してみても、機能や性能、全体的のバランスの良さに加え、価格が約2万円と、ミドルレンジクラスとしても安い価格帯であることから、コストパフォーマンスが高いと感じる人が多いでしょう。

まとめると、nova liteは、「コスパの高さを感じる機種」&「約2万円と安い」というダブルパンチは、SIMフリー端末を考えている方には非常に魅力的に感じることでしょう。

価格帯もスペックも全く違うので当たり前ですが、ヌルサク感、アプリの立ち上がり、カクつきの少なさ、スクロールの快適さなどの基本動作であっても、上位機種のP9やhonor8の方が快適です。

上位機種のnovaは、フィット感があり「これが5インチ端末?持ちやすい!」と感じました。

- HUAWEI nova lite簡易レビュー!総合的に満足度高く、次もHUAWEIを使いたいと思わせられる一台に! - SIMフリー遊び

解像度が低い、画面が小さい、カメラ性能が低いなど、機能を制限したり落とすことで価格を抑えているが、電話機やSNSは問題なく利用できる。

CPUスペックを世代前のものなどを採用しスペックを抑えているが、3Dゲームをいないなら不満無く利用てきる。

内臓ストレージが16GBと少なめなので、microSDカードを入れて利用する事になりそうです。

3DゲームをしないならCPUパワーと余裕のメモリーで快適に操作ができます。

- 【レビュー】2017年コスパ最高SIMフリー端末? HUAWEI nova liteを買ってみた→気がついたら3台も購入していた名機だった!! | ひとぅブログ

ケースはプラスチック製のごく普通な感じですが、全体すっぽりではなく背面の最低限を覆うタイプですね。

ちなみにUSBは新しいTypeCではなく、慣れ親しんでいるMicroUSBというタイプですので安心してこれまでのケーブルが使えます。

電源・ボリュームボタンはクリック感のしっかりしたもので問題ありません。

プラスチックのフレームがどうかと思っていましたが、実際に持ってみると両面ガラスのインパクトが強く、音量や電源ボタンはカチッとしたクリック感があり、フレームには意識が向かない作りです。

- HUAWEI nova lite 購入しました!開封レビュー。 – いろんなこと。

販売経路はMVNOのみですが、手ごろなサイズとおしゃれなデザイン、十分な性能を押さえつつ、約2万円という圧倒的な安さを武器に注目を浴びています。

“約2万円で買えるスマホ”と聞くと、ついつい「”安かろう悪かろう”かな?」と思ってしまうかもしれませんが、まず外観をチェックする限りでは、間違いなく価格以上の価値を感じることができますよ。

最近では低価格のスマホでも指紋認証機能に対応するものが多くなりました。

HDRは「ハイ・ダイナミック・レンジ」の略で、スマホのカメラでは、暗い場所と明るい場所をバランス良く記録できる撮影モードとして搭載されることが多いです。

- 約2万円で買えるSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」レビュー | 格安SIM・格安スマホのことなら【BIGLOBEのしむ暮らし】

ということで、こちらのSIMイジェクトピンもセット内容になります。

また、2枚のSIMを差し込んだ場合には、microSDカードは使えないので注意が必要です。

スマホ料金が月額1,980円~ 格安SIMを使用することで、スマートフォンの月額利用料を安くするには、スマホ上手では2台持ちが一番おすすめな方法です。

格安SIMにMNPする際やスマホを機種変する際に必要な5つのこと  メールアドレスの変更通知、連絡帳やデータの移行、LINEの設定等の紹介。

- Huawei nova lite レビュー。20,000円で買えるコスパの良い入門機 | スマホ上手

「HUAWEI nova lite」の大きな特徴としては、日常利用に充分なスペックでありながら、20,000円前後というお手頃価格だということがあります。

ちなみに、デュアルSIM対応なので、2枚のSIMカードを入れることができます。

様々な色の種類がある手帳型ケース、透明なクリアケース、ハードケース、バンパーなど、たくさんのスマホケースがあります。

なので、おサイフケータイが欠かせないということでしたら、別のスマホ端末を検討した方が良いですね。

- 「HUAWEI nova lite」ってどんなスマホ?評判・口コミはコレ! | 格安スマホの比較.jp

3DゲームだとCPUの性能に依存する割合が高いので、キャラクターの輪郭のぎざぎざ感出るかもしれません。

対応方法としては購入時にマイクロSDカード32GBを購入し容量を増やしておくたほうが良いかもしれません。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面で損をします! 2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

- HUAWEI nova liteの辛口レビュー|機種変更・乗り換え徹底ガイド | スマホの教科書

ただし付属のケースだけあって作りはごくシンプルで簡易的なものになるので、しっかりとスマホを保護したい場合は別途購入したほうがいいでしょう。

2台目のスマホとしてはもちろんですが、メインスマホとしても全く問題なくサクサク利用できるスペックを備えているのが「nova lite」の特徴です。

スペック上ではいいスマホでも実際に使用するとスペック以下の使い勝手なことが格安スマホではありますが、nova liteはスペック通りの優秀なスマホに仕上がっています。

これ以上のスペックが必要なユーザーは恐らく5%程度しかいないと思うので、安いSIMフリースマホを探している方は検討しないと損しますよ。

- 2017年最強のコスパスマホ「HUAWEI nova lite」の詳細スペックと実機レビュー – tkjLog

ダンボールですが、中身がHUAWEI Nova Lite ゴールド本体であることが分かります。

ダンボールを開けてみると、端末アフターサポートという紙と、さらにプチプチにおおわれた本体のケースが見えます。

「グーの端末補償」は、もしもの故障、落下による破損、水漏れなど、万が一の利用端末トラブルに、お電話1本で修理、またはお客様が希望する同等機種(新品)と交換できるサービスです。

充電器やイヤホンが付いているのは他のスマホと同様ですが、変わっているのがクリアケースが付いてること。

- HUAWEI nova lite(simフリー)を購入したのでレビュー - 石ログ

さて、nova liteのスペックは基本的にはP9 liteをブラッシュアップしたものとなっており、CPUのクロック数が少しだけ向上しRAMが2GBから3GBに増えています。

しかし、nova liteもスロット2は2G(GSM)のみの対応となっているので日本でこのスロットの恩恵を受けることができません。

シングルタイプのLEDフラッシュですが、明るさは十分で普通に夜でも撮影をすることができます。

HUAWEI nova liteの端末価格はおおよそ20,000円とP9 liteとほぼ同価格で手に入れることができますが、RAMの容量が3GBにアップグレードされるなど操作性に関わる部分がブラッシュアップされているので、格安SIMを契約するときにスマホも同時購入するときにnova liteとP9 liteを選ぶことができる場合はnova liteを選んだ方がいいのかなと思います。

- HUAWEI nova liteの実機レビュー!iPhoneに似たデザインで2万円とは思えない高級感ある格安スマホ! - シンスペース

一番の違いはHuawei P10 LiteではHuawei novaより発熱が多く熱くなりやすく、特に指紋センサー部分が熱く感じます。

指紋認証は若干ですがHuawei P10 Liteの方が速いように感じます。

何の情報もなく勧めるなら安い割に機能が充実しているHuawei P10 Lite方がおすすめな機種です。

UQモバイルはあまり使える機種は多くないですが3GBで980円のデータプランがあり他の格安SIMと値段があまり変わらない割に高速なのでオススメです。

- Huawei P10 LiteとHuawei novaの実機比較レビュー

ですが、wimax2+は電車での移動時などで圏外になることが多かったり、3日で10GB通信すると制限がかかるなどデメリットがありましたし、自分の電話番号を持ちたいということもありました。

カウントフリーというのは、該当するサービスの通信料は、1か月の通信容量にカウントされないということです。

カメラの画質が良く、サイズが大きいだけに写真をたくさん撮る人はSDカード必須だと思います。

HUAWEIの端末は高級ものからこの機種のように格安ものまでラインナップが豊富ですので、特に「スマホで写真をたくさん撮る」という方、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

- HUAWEI nova liteを1か月使ってレビュー - takoのblog

多くの方がレビューしているように、2万円弱でほとんどの人が必要十分な機能を兼ね備えている機種だと思いました。

今はどんな機種でも指紋認証という機能が付いていて指紋をスマホに登録していると、自分以外使用できないような機能がございます。

月々450円~お支払いすることによって、もし水没や破損で故障した場合でも1回目は5000円、2回目は8000円で新品に端末を交換してくれます。

もし端末が故障した場合は、その端末から simカードだけを抜いて、新たに違う端末に挿入して設定すると以前のように使用できます。

- LINEモバイルでオススメの機種、huawei nova lite レビュー - 携帯を格安simにすべき理由

他機種では早くアップデートしたい人はHiCareアプリから早期導入できる(台数制限あり)という別ルートが用意されていることもありますが、今回のnovaの場合はそちらは行われていません。

以前は各アプリ画面のサムネイルが横1列に並ぶiOSライクなもので多数のアプリを起動している時の一覧性が少々悪く感じましたが、縦スクロールかつ各サムネイルが重ねて表示される標準的なスタイルになってアプリの行き来がしやすいので個人的にはこちらのほうが気に入っています。

「設定」→「開発者オプション」の中にある「最小幅」という項目の数値を変えることで画面の表示サイズを調整できるようになりました。

他社のように実際に表示サイズをプレビューしながらスライダーで調整できるユーザーフレンドリーな変更方法でないのは少し残念です(上画像は他機種の例)。

- 「Huawei nova」Android 7.0アップデートレビュー

Huaweiスマホと聞くと、P10やMate 9みたいな「デュアルレンズカメラ」を思い浮かべますが、novaシリーズはそれらのラインナップとは切り離されているため、搭載するカメラもごく一般的なもの。

フルHD解像度のnova liteでは、小さな文字も解像度の高い写真もくっきりと表示してくれるため、非常に見やすいです。

OCNモバイルONEのSIMパッケージがセットになっていますが、契約はあくまでも任意なので、他社のSIMを入れて通信しても問題ありません。

端末と通信をセットで手に入れたい方は、こちらも検討してみて下さい。

- コスパ重視ならコレ!2万円の格安スマホ Huawei nova liteレビュー

例えば、Webページを閲覧しながらLINEを開き、ふとした時にカメラを起動するといった使い方をしても、余裕のある3GBメモリのお陰でスムーズにアプリを切り替えられます。

筆者は、他にも4GBや6GBの大容量メモリ搭載のスマホを所持していますが、実のところアプリの切り替え速度に僅かな差が出る程度で、劇的な違いはありません。

対応周波数帯は上位機種のほうが豊富ですが、日本市場も意識して作られている最近Huaweiスマホなら実用上では大差なく、novaも国内のキャリアと格安SIMの通信バンドをほぼカバーしています。

2枚のSIMカードを入れてそれぞれの回線を同時に待ち受けする「DSDS」にも対応しているとのことで、実際に試してみました。

- Huawei novaレビュー:抜群の機能性と持ち易いサイズ感が素晴らしい

私は普段使いのスマホに「HOMTOM HT7 PRO」を使っているのですが、それに比べると格段にスペックが上です。

私は普段5.5インチのものを使っているのですが、0.3インチの差というのは思ったよりも大きく、ディスプレイのサイズ的にボリュームを保ちながらも手が疲れにくい、非常にいい感じのサイズ感だと感じました。

デレステに関しては少し残念ではありましたが、それ以外の通常の使い心地に関しては2万円ほどのスマートフォンとは思えないほどの素晴らしいコストパフォーマンスを誇るものであると言えるでしょう。

ROMが16GBしか無く、実際に使用可能な容量は7.5GBほどと心許ない点をSDカードで補うことになりますが、アプリのことを考えると今後はiPhoneくらいにはROMの選択肢が増えてほしいものですね。

- 【レビュー】2万円ほどで手に入るスマホとしてはコスパ最高のスペック?「Huawei nova lite」レビュー | Symphonical Rain

HUAWEI novaは、5インチサイズで本体が小型であることが特徴です。

2枚のSIMで同時待ち受けができるデュアルSIMデュアルスタンバイの機能を使う場合、microSDカードを本体に入れられないのはデメリットです。

nova liteの方が画面サイズは大きいのに、重さが1gしかnovaと変わらないのはちょっとすごいですよね。

SIMフリーの格安スマホといえば、性能は抑えめのものが多い印象がありませんか? 価格が高くなればある程度性能も上がってくるものの、とにかくスペックが高いスマホが欲しい人には決定打に欠けていました。

- 最新スマホ「HUAWEI nova」・「HUAWEI nova lite」はコスパやデザイン重視の格安スマホ!機能を徹底レビュー! - 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル

高度で複雑なゲームをする場合は、より多くのスマホで使われているCPUのSnapdragonの方が有利と言われたりしますが、どちらの機種も8つの頭脳を持つオクタコアでRAM容量も3GB。

ですが、どちらも最大128GBの外付けSDカードに対応していますので、もし容量が足りない場合はSDカードで補完ができるので安心です。

どちらの機種も基本スペックは優秀でサクサク快適◎ゲームを沢山したり、ハードに使う場合はnovaが少し安心感高い。

「ジャイロセンサー」が無い場合、「ポケモンGO」のプレイ時に現実世界を投影できないという欠点がありますが、上記のため「nova lite」、「nova」共にポケモンGOも100%楽しむことができます。

- nova lite&nova徹底比較!【Huawei実機レビュー】

画面所有率はどちらも76%なのでサイズ以上に画面の大きさに満足できます。

BIGLOBE SIMのキャンペーンは「ライトSプラン」以上が対象になってることが多いから、毎月6GB以上のデータ量を使う人ならお得なキャンペーンだよ。

端末ベースは上位版の「nova」と同じでですが、ディスプレイが5.2インチ仕様で「nova lite」の方が大きいんですよね。

解像度・RAM/ROMは3GB/16GBと変わらず、対応バンドも同じですが「nova lite」はau VoLTEに対応していないので、ドコモ系の格安SIMで使うことになるでしょう。

- HUAWEI nova liteのスペックと詳細まとめ | 格安スマホ解体新書

僕はボタン配置をカスタマイズできるので、画面内に表示する機種のほうが好きですが、画面が狭くなることを嫌う人もいるので、どっちが良いかは好みの問題だと思います。

回線業者に言ってサイズ変更してもらうこともできますが、時間がかかるし3000円程度の費用もかかるので、SIMカッターで加工しました。

2.1GHz駆動のCPUはやはり凄く速い!ブラウザでWEBサイトを見ても、ゲームをやっても動作がモタツクことは一切なかったです。

安価なスマホのカメラは画素数だけ高くて画質が最悪って事が多いのですが、nova liteはそんなことはない。

- 最強のコスパ!SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」レビュー | ネタンク

ほかにも指紋センサー、GPS、電子コンパスなど、ここをカットされると地味に困るよね~ という部分はカットせずいるので、高額スマホに遜色ない機能性が搭載されているのです。

HUAWEI nova liteは、格安スマホの中でもさらに低価格なモデルですので、iPhoneやxperia、Galaxyなどと比べると下記の部分で制約があります。

大きな違いとしては、「nova」の方はau回線を含むマルチキャリア対応であることと、DSDSに対応していること。

充電がUSB Type C(充電が早い)であることなどです。

- HUAWEI nova lite 〜高コスパでかわいい、初めてにも優しいフレンドリーな1台〜 - simree - シムリー

もともとP9 liteも価格に比べサクサク動くと評判の良いスマホでしたが、CPUとRAMが強化されたことでさらに気持ちよく使えるのではないでしょうか。

SIMスロットの2つ目はmicroSDと兼用になっていますし、上でも書いたとおりストレージ少なめなのでおとなしくmicroSDを入れておくところでしょうね。

個人的には最新機種でDSDS未対応とUSB端子がtype-Cじゃないことが残念ですが、一般的な用途では特に困ることは少ないところなので価格を抑えるために切り捨てる内容としてはバランスが取れているなぁと感じます。

あくまでエントリー機種なので、ハイエンド機やDSDS対応機などこだわりがある方には向きませんが、一般的な用途であればこれ以上の選択はない気がします。

- コスパ最高!「HUAWEI nova lite」徹底レビュー!格安のSIMフリースマホながらバランスの取れた名スマホでした - 物欲に負けた日

使い勝手ですが、メイン機ではないので、それほどハードな使い方はしていませんが、Webサイトの閲覧や、YouTubeの動画などは、フルハイビジョンでも全く問題ありません。

カメラも、デュアルカメラなど、特別な機能はありませんが、まあ、ミドルレンジのスマホとしては、普通に使えるな。

友だちに画像を送信したり、SNSにアップしたりといった普段使いには十分でしょう。

試しにYouTubeの動画を流しっぱなしにしてみたところ、11時間半も再生することができました。

- Huawei nova liteを楽天モバイルで使ってみたレビュー!最高コスパの格安SIM、MVNO専用機! - 格安スマホのある生活

比較では劣勢だったnova liteですが、そもそもiPhone7とは価格帯が違いますし約2万円で手に入るスマホでこれだけの性能を持った端末はなかったと思います。

スマホ初心者の方やハードにゲームをしないといった方には、価格も安く、良い端末だと思うのでよければ参考にしてみてください。

今やテレビや広告等多くの人が見かけるようになってきた格安SIM 今回は格安SIMとはどういうものか説明していきます。

今回はauで契約した、iPhoneのSIMロック解除方法について説明していきたいと思います。

- ファーウェイ(Huawei)のnova liteを使ってみた【購入レビュー】 – CHOBINFO

3万5千円前後で販売されていて、普通の中華スマホと比べるとちょっと割高感がしますが、技適・Bandも日本の携帯キャリアに調整されていて、スマホにこだわらない方でどれを買ったらよいのか分からない場合によさそう。

Huawei機のAndroidベースのEMUI(ユーザーインターフェイス)も使いやすくて完全に日本語表示になりますので、普通のAndroidよりも少し便利な気がしました。

側面金属の部分はツヤあり面取り加工がしてあって、その上に黒いプラパッキンで、ディスプレイ面のガラスは2.5D曲面ガラスで最近の中華スマホのスタンダードな仕様。

SIMスロットはSIM2枚装着できますがスナドラ625機なのでDSDS可能で、毎度おなじみな1枚のSIMトレイ部分にMicroSDが兼用な仕様。

- Huawei Nova 開封 レビュー | Beヨンド

基本的には同じMNVOで購入可能ですが、この2機種は毛色がちがうので悩むことはないでしょう。

CPUもオクタコアでスタミナバッテリー、RAMメモリも32GBとほぼ全部入りなスマホで、このコンパクトな見た目とはうらはらに価格はミドルでも一昔前のハイエンドモバイルクラスの実力が備わっています。

背面には当たり前のように指紋認証が搭載されていて、本当に格安スマホ?2万円で買えちゃうの?wwって言いたくなってきます。

2万円という低価格でありながらわりと高性能な機種なので、Androidメインで使っている人はお試しで買ってみるのも良いかもしれないし、これからガラケーからスマホに挑戦しようとしている人にも最適な機種になっていると思います。

- HUAWEI novaとnova liteはどう違うの?がんばって比較してみた。 - SIM×SimFree

今回はスマートなデザインと優れたコストパフォーマンスが魅力の5.2型SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」をレビューする。

価格的にはさらに安価になっている一方、オクタコアCPUやフルHDディスプレー、3000mAhバッテリーなど、普段使いには十分以上のスペックを備え、コストパフォーマンス的には非常に高い1台だ。

メタル筐体を採用したHUAWEI novaとは大きくイメージが異なり、前面と背面の両方に2.5Dガラスが用いられ、上品なツヤと輝きが感じられる。

今回撮影に協力してくれた編集部代表のナベコの意見も「3色ともベーシックなカラーで、どんな服装でも合わせやすいのが、常に持ち歩くスマホだからこそイイですね」というものだった。

- ASCII.jp:格安スマホ界の決定版!? 「HUAWEI nova lite」の魅力に迫る! (1/3)|ファーウェイ通信

「HUAWEI nova lite」は、2万円前後ながらオクタコアCPU、3GBメモリや指紋センサーなど充実したスペックが特徴のAndroid 7.0スマートフォンだ。

軽いボディで大画面、そんな印象から始まった「nova lite」は、お手頃価格もあって、この春、売れ筋の機種だ。

他社のスマホでもメモリのクリーンアップアプリなどがプリセットされていることはある。

たとえば「モバイルデータ通信」という項目から通信量をチェックすれば、格安SIMと呼ばれるMVNOのサービスを利用する際も、自分に適した料金プランがどれか判断しやすくなる。

- [「HUAWEI nova lite」ミニレビュー(編集部関口)] “初めてのスマホ”にオススメできると思った理由 - ケータイ Watch

そんなnova lite、おおよそ1万9800円(税抜)という価格ながら外観は少しも安っぽくないし、スペックもストレージが少ない点を除けばRAMも3GBあるし、少し前なら3万円台で販売していてもおかしくないような感じです。

日本の場合は欧州と同様にP9 liteがまだ売れているというのと、今回はnovaを投入するし、novaシリーズが1台しかないと見劣るするということで、nova liteとしてリリースした、という感じではないでしょうか(海外ではnova plusという大画面モデルが出ているのですが、MateやPシリーズ含め、日本ではplusが出ないですね)。

これは、海外と同様にビジネスフラッグシップのMateシリーズ、フラッグシップのPシリーズ、若者向けのnovaシリーズという3シリーズ展開という形を整えるためで、実は力を入れているのはnova liteのほうじゃないかという気がしています。

Galaxy Note8背面を透明にする方法。

- HUAWEI nova lite実機レビュー 2万円クラスでは最強の端末 – Dream Seed

自分は今、Xperia z3compactを使っているのですが、Nova liteでも性能の違いを実感できるでしょうか?ゲームを良くやるのですが、compactと同等、それ以上なのか分からなくて困っています…。

今まで購入したHUAWEIは購入時に液晶フィルムが貼られていたのですが、nova lite はどうなのでしょうか?動画を見た感じでは貼られてないように思われるのですが、フィルム貼りが苦手な私にとっては気になる点だったので質問させていただきました。

OSはアンドロイドを考えていますが、今後バージョンアップを考慮すると、RAM2GB・ROM16GBで大丈夫でしょうか?CPUにもよるとおもいますが、最低でもRAM3GB・ROM32GBが必要かと思いますが、この件でアドバイスいただけませんか?よろしくお願いします。

nova liteにはエミュレートした仮想ジャイロが付いているらしいのですが、ポケモンや360VR動画の使用レビューも次回やっていただけると嬉しいです。

- HUAWEI nova lite SIM フリースマホ レビュー 「こっちがプレミアム」 смотреть онлайн в хорошем качестве hd 720 | Мафия 3

SDカードを使わずに運用したい場合は、容量の大きいP10 liteが安心ですね。

P10 liteではジャイロセンサーが搭載されたので、nova liteでは遊べなかったポケモンGOのARモードが使えるようになります。

もともとコスパを売りにした安価な端末なので、P10 lite発表後もそんなに値段は下がってないように思います。

好きなカラーがP10 liteの方にしかなくて、価格差が許容範囲ならP10 liteを買うけど、端末の色にこだわりがなければ、安いnova liteを買ってしまいそうだなーというのが正直なところです。

- HUAWEI P10 liteとnova liteの違いはどんなところ?

5.2インチの手頃なサイズで、電池持ちや、カメラの性能、GPSの精度、またCPUの性能も良く、RAMは3GBと、一般ユーザーなら満足する性能で、価格も手頃となっています。

男性・20代 CPUがオクタコアなので毎日4時間以上使用していても、動作がもたつく事はありません。

ROM容量が16GBと他のスマホと比較して物足りない印象を受けましたが、SDカードを挿入出来るという点でデメリットには感じませんでした。

その他ホーム画面も見やすく操作も簡単、ずっとiPhoneを使用していてアンドロイド、格安スマホは少し抵抗ありましたが、この機種なら、お値段も安く、見た目もよく、使いやすいので今後はこれをメインにしようかと検討中です。

- HUAWEI nova lite(Huawei)の口コミ・評判・レビュー | 格安SIM奉行11|格安SIMと格安スマホのオススメ比較ランキング

今回購入した「HUAWEI P10 lite」は、オクタコアCPU・3GBメモリ(RAM)・内臓ストレージ32GB・バッテリー容量3000mAhと通常使用において十分なスペックを備えていながら2万円台で買えることから、高コスパなSIMフリースマホとして注目されている機種です。

他のHUAWEI製品に同梱されている出力5V1Aの一般的なACアダプターと比べると大きめのサイズとなっています。

また、RAMも3GBあるので2GBの機種のようにメモリ使用量を気にしないで使えるのもうれしいです。

ただし、P10 liteに搭載されているKirinというCPUは3Dゲームアプリにはあまり強くないようですので、3Dゲームアプリの利用を考えている場合には注意が必要かもしれません。

- SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」の実機レビュー | たびびとライフ

Nexus5xにプラスしたスペックのものがいいなと。

他メーカーで比較したものとして、ASUSのZenFone3はバッテリー容量が2650mAh、モトローラのMoto G5 Plusは電子コンパス非搭載。

一瞬、iPhoneも使ってみようかとムラムラ思ったりしましたが、SIMフリーで買える価格帯ものだとSE。

・5インチという手に馴染むサイズ感に高性能CPU、多彩なカメラ機能などバランスがよく使い勝手のよいスマホ。

- HUAWEI nova 女性視点のレビュー - 日々のライナーノーツ

ご覧のとおりnova liteと同様に筐体が横に入る仕様となっており、本体、イヤホン、ACアダプタ、microUSBケーブル、ケースが入っていました。

また、付属のケースを装着することで、カメラ部分に段差ができ、メインカメラのレンズを保護することも可能です。

iOSに似たユーザーインターフェースなので、iPhoneからの機種変でも迷わず操作できるのが大きな特徴です。

5.2インチサイズで薄型コンパクトなので、視認性が高く、取り扱いしやすい筐体です。

- 【HUAWEI P10 lite レビュー】開封の義とファーストインプレッション - あんこぱんのつぶやき

HUAWEI nova liteのデータの保蔵容量は16GBであり、写真を撮るくらいであれば十分ですが、頻繁に動画を撮影する人やゲームをたくさん入れる人にとっては不十分であると感じることがあるでしょう。

HUAWEI nova liteはSDカードに対応しており、簡単に空き容量を増やすことが可能です。

HUAWEI nova liteは非常にきれいな画面で動画やゲームのグラフィックスなどあらゆるコンテンツできれいに表示することができるでしょう。

HUAWEI nova liteのメインカメラの画素数は1200万画素あり、かなり高精細な写真や動画を撮影することができます。

- HUAWEI nova lite PRA-LX2は買うべき?性能評価・機能レビュー | Kuraberu [クラベル]

さらに作業スペースにあたるメモリも3GBありますので複数アプリを起動していてもカクついたり処理落ちすることがありません。

HUAWEI nova liteのマイナスポイントを挙げるとすればアプリや写真・動画・音楽といったデータを保存するROMが16GBと容量少な目になっている点です。

なのでHUAWEI nova liteでそういった使い方をする場合はSDカードなどを使って写真や動画・音楽といったデータをSDカードの方に保存するなど工夫が必要です。

auの回線を借りているUQモバイルなどの格安SIMではSIMカードを差しても使うことができないので気をつけたいポイントですね。

- 詳細レビュー!HUAWEI nova liteはこんな人におすすめ!【スペック・特徴】 | LINE MOBILE CLUB どこよりもわかりやすい格安スマホ情報をあなたに

しかし、困ったことにnova liteは出荷制限が掛かってるんですかね? なかなか良い値段で買えなかったんです。

どうしても実店舗ではiPhone以外のケースや保護フィルムって種類が少なくて悩みますよね。

ちなみにもともとクリアケースが製品に同包されてるんで、しばらくはそのままでもいいと思います。

自宅にインターネット回線を引くことができなかったので、いろいろ検討した結果、格安SIMの使い放題プランを使用することにしました。

- コスパ最高格安スマホ!ファーウェイnova liteの実機レビュー

SIMスロットはデュアルSIM仕様でNanoSIMが2枚入りますが、MicroSDとの排他仕様となっておりMicroSDを入れる場合はNanoSIMは1枚しか入れることができません。

IIjmioみおふぉんのタイプD ドコモ回線 音声SIMとタイプA au回線 データSIMでスピードテストしてみましたが混雑する時間なのでスピードは遅め、また田舎なのでCAもしていません。

P10 liteで少し撮影してみましたが、設定の項目もわかりやすくレスポンスも非常に良くて連写も可能、他社の同じ価格帯のカメラと比べて快適です。

P9 lite、nova liteを持っている人は買い替えの必要は無いと思いますが、新規に購入する場合で価格差が余りないのなら、サポートの長さやデザイン質感の高さなど考えてHUAWEI P10 liteが良いでしょう。

- HUAWEI P10 lite 実機レビュー、美しいデザインと良スペック、2万円台の格安スマホ

両端末外部ストレージに対応しているので安心ではありますが、DSDSを利用する場合にはSDカードを利用出来ないので注意。

画面サイズや端末サイズは人の好みが出ますが、物理的にはコンパクトモデルで高性能を実現する方が難しいので、novaのコンパクトさを評価したいところ。

機種サイズや重量は画面サイズの違いもあってnovaの方が圧倒的にコンパクトかつ軽量モデルとなっております。

デュアルスタンバイ対応・指紋認証センサー搭載・USB Type Cと最近の端末で流行っている機能が搭載されているnovaとRAIJINですが、 大きな違いとしてはやはり「OSのバージョン」「CPU」「画面サイズ及び機種サイズ」「バッテリー容量」の4点が挙がります。

- HUAWEI novaとRAIJINはどちらが良いのか違いを比較!

脅威のコストパフォーマンスをたたき出しているnova liteですが購入時にはセット販売を行っているいずれかの格安SIMとの契約が必要なので前もって知っておきましょう。

Android7.0では様々な機能が搭載されていますが、バッテリー消耗や大量に容量を使う点が問題視されています。

動作面に大きな影響を与えるCPU部分ですが、nova liteでは自社チップセットのKirin655が採用されており、エントリーモデルと言うよりはミドル以上の端末に向けたチップセットです。

RAMも動作面に影響を与える重要なパーツで、1GBの差も大きな違いと言えるでしょう。

- HUAWEI nova liteとWiko Tommyはどちらが良いのか違いを比較!

端末の大きさを考慮すると、iPhoneSEが安く買えるならそれが一番よかったのですが、nova lite をはじめとする2万円以下の端末には価格面では到底及びませんね。

ソフトバンクモバイルのスマホデビューキャンペーンとかで端末が見かけ上安くなっていても、結局通信料に含まれる形で2年かけて徴収されるので端末価格が高いのと同じようなものです。

ですので、自分の場合は楽天モバイルで購入したので、きっと楽天絡みのアプリが勝手にインストールされているのかな?と思って端末の電源を入れてみましたが、やはりそうでした。

充電器のアダプターの出力は、DC5V,1Aと普通のものなので、すでにそういったアダプタを持っている人も多いと思います。

- HUAWEI nova liteを使い始めたので感想をば | 調ベネバ

それに、ZenFone3に比べて大きく劣っているのはグラフィック性能だけなので、重い3Dゲーム等をしない限り使用感は殆ど変わらないと思います。

VRは、Googleカードボードに対応していることを確認しました。

1200万画素のメインカメラには、1.25μmという大型ピクセルのイメージセンサーと高性能な5枚組のレンズを採用されておりクリアできめの細かい画像を撮影できるそうです。

今回も多彩なモードが用意されており、プロ写真モードを選択するとISO感度やシャッタースピードなど、多くの設定を手動で変更できます。

- 実機レビュー Huawei nova lite 実機レビュー 性能編 Antutu等各種ベンチマーク | gadjetlife.com

表を見てもらえば分かるとおり、「HUAWEI P8 lite」から「HUAWEI P9 lite」への時点で、ディスプレイの解像度やバッテリー容量が大幅に向上しているほか、指紋センサーが追加されている。

また、「HUAWEI P9 lite」から「HUAWEI nova lite」の時点では、メモリ容量の向上が図られており、バリバリにゲームをやるとかでなければ、もはや必要十分なスペックに達していると言える。

「ROM容量」、「急速充電の有無」、「ジャイロセンサの有無」、「au系SIMの対応」、といった項目に価格差(1万円ほど)を見いだせないなら、「HUAWEI nova lite」のスペック(性能)で必要十分であると言える。

私の場合は、「ROM容量」、「急速充電」、「ジャイロセンサ」の点で不満があったので、「HUAWEI nova」を選んだわけである。

- 格安中華スマホの「HUAWEI nova」を購入したので、軽くレビュー | あること・ないこと日記

HUAWEI nova liteは両面パネルにラウンドエッジ加工を施した2.5D曲面ガラスを採用し、自然で美しい形状は手にも優しくフィットします。

格安SIMを利用する場合は、ご利用の端末が「動作確認済み端末」かどうか、各MVNOでチェックしておくことをおすすめします。

また、下りの通信速度も圧倒的な速さを実現しているので、重いデータでもサクサク動作し、画質の高い動画でもスムーズに閲覧することが可能です。

HTC U11には、側面のセンサで握り方を感知してカメラなどを操作する「Edge Sense」や、声でロック解除もできるAmazonのAIアシスタント機能「Alexa」がプリインストールされています。

- HUAWEI nova lite の評判・スペック・発売日・価格情報 | スマートフォン徹底比較サイト

HUAWEI nova liteは保護フィルムを張っても完全に画面を保護できないタイプの機種です。

[Breeze] HUAWEI nova lite ケース ファーウェイ ノバライト ケース SIMフリー nova lite カバー 収納 カードいれ 手帳型カバー 手帳型ケース スマホケース 液晶保護フィルム付 全機種対応 ★Red落ち着いた感じで飽きる事無くいつまでも使えるデザインです。

デザインは手帳型でカードが仕舞えるものやスマホ本体の色をいかせるクリア素材のものが好まれているようです。

手帳型のケースの場合は、落下防止用のストラップホールがあること、スマホを固定する素材、フィット感などの口コミはかなり多いです。

- HUAWEI nova lite用 かわいい手帳型や衝撃吸収ケース 5月のアマゾンランキング | スマホ村ブログ畑

ただし、そのデザインはhoner8とよく似ており、兄弟機種novaとは画面サイズも異なることから日本仕様に仕立て上げたのではないかと思います。

それに加えてコストパフォーマンスがよくなっているところからミドルクラスのスマホを求めるニーズに対応した機種といえると思います。

対応周波数から、NTTドコモのSIMカードでは基本的にエリアをすべてカバーできるため問題ありません。

FOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)にも対応しているようです。

- HUAWEI nova liteのスペックとレビュー

もし、3GBで足りないということであれば、いつでも無料で容量の変更はできます。

でも、いまや他の格安で高スペックな端末も見過ごすことができません。

2万円の端末なので、特に自分でまだお金を稼いでいないお子さんや、念のためスマホを持ってて欲しい人向け、端末を新しくするのにコスパよく買い物上手に節約したいという人にぴったりな新機種ですよ。

たった2万円の機種なのに、ここまでスペックが高いなんてもうこれはあたし的に買いだと判断しました。

- 【HUAWEI nova lite 2万円】iPhoneのような操作と機能をマイネオ(mineo)で! | 【mineo】マイネオ解説の集大成