スマートフォン

Huawei

Nova

レビュー

ハイエンドな端末と比較してしまうと、3Dのゲームのカクつきが気になったりしますが、普段使うようなTwitterやネット検索などで、もっさりしたりということは特に気になりませんでした。

さらに、像面位相差AFとコントラストAFの2つのフォーカス技術を採用していて、これらを組み合わせることによりリアルタイムで高品質、迅速な写真撮影も実現しています。

プライベートと仕事用のSIMを一台にまとめるといった使い方はもちろん、通話用とデータ通信用で分けたり、異なる特徴をもつMVNOのSIMカードを2枚併用して使うなどといった使い方もできますね。

僕は格安スマホ=機能は超最低限というイメージがあったんですが、最近の端末はケースを付属にしたり細かいところまで考えられているなと感じました。

- 「HUAWEI nova」レビュー! 価格以上に感じる使い勝手の良さがいい - モバレコ

2.5Dガラスは、握ったときの触り心地がよく見た目も綺麗なため、iPhoneなどの高級端末に用いられる形状です。

実際に使っていると、メモリが3GBもあるため、アプリをたくさん開いても動作が軽いままで、とても快適でした。

nova1台のみで2つの電話番号を着信できるため、「仕事とプライベートでスマホを使い分けているが、本当はひとつのスマホでまとめたい!」という方にはぴったりの機種です。

5インチボディは女性にとっても持ちやすく操作しやすいサイズ感なので、ぜひ女性にもおすすめしたい端末です。

- HUAWEI novaの2週間使用レビュー。使い心地バツグン! - すまっぴー

例えばnovaの場合、パッケージにはスマホ本体のほかに充電器、イヤホン、USBケーブル、SIMカードの取り出しに使うピン、保護ケース、説明書/保証書と、スマホを使い始める際に用意したいものがほぼ一式入っています。

最近は安価な機種でも指紋認証に対応するものが増えていますが、novaの場合はただ指紋認証が使えるだけでなく、認証に要する時間も短いため、使い心地はかなり快適ですよ。

SIMカードを2枚差して、1台のスマホで2つの電話番号で着信を待ち受けることが可能ですから、仕事用とプライベート用の連絡を1台のスマホにまとめることができるんです。

デュアルSIMを上手に活用できれば、スマホの使い方の幅が広がり、スマホをより便利に、より安く使うことができます。

- 【HUAWEI novaレビュー】かんたんキレイなカメラはイチオシ! | 格安SIM・格安スマホのことなら【BIGLOBEのしむ暮らし】

筆者は、他にも4GBや6GBの大容量メモリ搭載のスマホを所持していますが、実のところアプリの切り替え速度に僅かな差が出る程度で、劇的な違いはありません。

早速プレイしてみましたが、確かに効果音有りでもズレは起きず、2Dおよび3D軽量で極めて快適に動作しています。

対応周波数帯は上位機種のほうが豊富ですが、日本市場も意識して作られている最近Huaweiスマホなら実用上では大差なく、novaも国内のキャリアと格安SIMの通信バンドをほぼカバーしています。

2枚のSIMカードを入れてそれぞれの回線を同時に待ち受けする「DSDS」にも対応しているとのことで、実際に試してみました。

- Huawei novaレビュー:抜群の機能性と持ち易いサイズ感が素晴らしい

1.25μm大きなピクセルサイズとF値2.2の明るいレンズで、光が弱い場所でも撮影でも問題なく使用する事ができます。

国際的なメークアップアーティストとのコラボレーションにより、被写体の輪郭と肌の色に合ったチークとリップグロス効果、8種類のテンプレートとリアルタイムプレビューが使用可能です。

CPUは中間帯スペックの中では評判の良い「Snapdragon 625」を搭載し、RAMも3GB、ディスプレイもフルHDでしっかりと綺麗な画面が楽しめます。

海外メーカーのスマホなので、防水や防塵、おサイフケータイが使えないという不便さはあるものの、それらを使う予定がなく、中間帯の価格で性能の良いスマホを探している人にはピッタリだと思います。

- 「HUAWEI nova」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

同価格帯の製品同士で比べた場合、純粋な処理能力で言えばHiSiliconのKirinシリーズに軍配が上がることも多いですが、一般的でないSoCを採用していることがデメリットになる場合もあります。

例えば、ゲームアプリ「デレステ」ではGPU情報を読み取ってサポートされているもの以外だった場合は低画質モードになる、というような判定が行われています。

スクリーンショットを並べてみましたが、私の場合は、ドロワー無しのホーム画面、通知パネルと別ページにある設定のショートカット、横並びのアプリ履歴、といったところに慣れが必要でした。

高速な像面位相差AFにも対応していることからするとSONYのIMX386と思われ、これにF2.2のレンズを組み合わせています。

- 「Huawei nova(CAN-L12)」レビュー

DSDSでSIMカード2枚で運用して、なおかつアプリをたくさん入れたり、音楽や写真をたくさん保存するような場合は、DSDSに対応していてROMも64GBあるMate 9がおすすめになります。

月5GB以上データを使う場合、UQ mobileのデータ高速プランを利用することをおすすめします。

novaのDSDSの設定画面は変な説明が記載されていますが、4G/3Gスロットをカード2に設定することで、UQ mobileのデータSIMでデータ通信をするようになります。

より自分にあった格安SIMを見つけたい場合は、まず最初に格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録で格安SIMごとの実際に出る通信速度をチェックしてください。

- HUAWEI novaの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

3万5千円前後で販売されていて、普通の中華スマホと比べるとちょっと割高感がしますが、技適・Bandも日本の携帯キャリアに調整されていて、スマホにこだわらない方でどれを買ったらよいのか分からない場合によさそう。

Huawei機のAndroidベースのEMUI(ユーザーインターフェイス)も使いやすくて完全に日本語表示になりますので、普通のAndroidよりも少し便利な気がしました。

側面金属の部分はツヤあり面取り加工がしてあって、その上に黒いプラパッキンで、ディスプレイ面のガラスは2.5D曲面ガラスで最近の中華スマホのスタンダードな仕様。

SIMスロットはSIM2枚装着できますがスナドラ625機なのでDSDS可能で、毎度おなじみな1枚のSIMトレイ部分にMicroSDが兼用な仕様。

- Huawei Nova 開封 レビュー | Beヨンド

こちらはGalaxy S6 edgeで撮影した画像です。

ステータスバーのアプリアイコンがAndroid標準と違いアプリ側で設定されたものでは無く普通のアイコンが表示されるのでBattery Mixなどのアイコンで情報を表示するアプリが使えません。

Emotion UI 4.1の時点の感想ですがタスク画面がiOSの様な横スクロール型のタスク画面なっていてアプリの一覧性が悪いのでこちらは気に入りません。

Huawei nova Liteのコストパフォーマンの高さに比べると費用帯効果の面では良いと言えませんがアルミボディの質感、同時待ち受け、au VoLTE、Snapdragon搭載などの差が有るので選択肢としては有りだと思います。

- アルミボディの質感が素晴らしいHuawei novaレビュー

ファーウェイ製端末ではおなじみであるエッジ部分のダイヤモンドカット加工と相まって、同社のフラグシップ機と共通のプレミアム感が演出されている。

画面占有率76%という狭額縁設計により、5型クラスのなかでもコンパクトで横幅は70mm切り。

軽量なこともあって、女性の小さめの手でも片手で操作しやすい。

ローズゴールドはこれまでのSIMフリースマホではあまり見かけない色だが、派手すぎず洗練された印象のピンクとなっており、大人の女性がビジネスシーンで手にしていても浮いてしまうことはないカラーだ。

- ASCII.jp:5型でコンパクト&エレガント! SIMフリー機の新シリーズ「HUAWEI nova」をレビュー!! (1/3)|ファーウェイ通信

HUAWEI novaではそれなりのスペックとDSDS対応+指紋認証+コンパクトモデルと言う個人的にはドストライクな仕様です。

箱自体もコンパクトで、中には端末と更に2つの箱に分かれています。

電源と音量ボタンは端末によって上下が逆の場合もあるので色が付いているのは個人的には有難い。

しかしながら、指紋認証やDSDS対応など機能面での便利さやベンチマーク60000超えのスペックと言うことでnova liteよりも間違いなく扱いやすい端末ではあるはずです。

- 写真で見るHUAWEI novaの開封レビュー!ベンチマーク64000超えのコンパクトスマホ!

デュアルSIMとは1つのスマホ端末に2枚のSIMカードを同時に挿入できるということです。

もちろん、電池の消費が激しいゲームやアプリを利用したりすると、1日ごとに充電をする場合もあります。

急速充電を活用することで、電池が切れた状態から20分程の充電で、1日程度スマホを利用することもできます。

ただ、日常利用の性能で充分と考えた場合は、「HUAWEI nova lite」のような端末の方が価格がお手頃で良いかもしれません。

- 「HUAWEI nova」はどんなスマホ?評判・口コミ・スペックを解説! | 格安スマホの比較.jp

端末の保護という点では不安は残りますが、お気に入りのケースを購入するまでの繋ぎとしても十分使えるケースです。

細かいところを言えば、USBがType-Cじゃなかったり、DSDSに非対応だったり、上位機種との差はもちろんありますが、2万円という価格を考えれば仕方ない部分かもしれません。

2.5D曲面ガラスを採用しているので、液晶にフィルムを貼ると曲面部分が浮いてしまうことが多いようです。

他にも取り扱っているMVNOがあるので、端末価格や料金プランを比較して、自分にあったところで購入しましょう。

- 【レビュー】HUAWEI nova liteを3色購入!コスパ最高は伊達じゃなかった - Life Jam

解像度が低い、画面が小さい、カメラ性能が低いなど、機能を制限したり落とすことで価格を抑えているが、電話機やSNSは問題なく利用できる。

CPUスペックを世代前のものなどを採用しスペックを抑えているが、3Dゲームをいないなら不満無く利用てきる。

内臓ストレージが16GBと少なめなので、microSDカードを入れて利用する事になりそうです。

3DゲームをしないならCPUパワーと余裕のメモリーで快適に操作ができます。

- 【レビュー】2017年コスパ最高SIMフリー端末? HUAWEI nova liteを買ってみた→気がついたら3台も購入していた名機だった!! | ひとぅブログ

3DゲームだとCPUの性能に依存する割合が高いので、キャラクターの輪郭のぎざぎざ感出るかもしれません。

対応方法としては購入時にマイクロSDカード32GBを購入し容量を増やしておくたほうが良いかもしれません。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面で損をします! 2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

- HUAWEI nova liteの辛口レビュー|機種変更・乗り換え徹底ガイド | スマホの教科書

背面の指紋認証ボタンを指1本で長押しすることで撮影できる仕組みになっていて、自動できれいに補正してくれるパーフェクトセルフィーモードが搭載されています。

2枚のSIMカードをセットすることができるため、プライベート用と仕事用のSIMカードを1台のスマホで切り替えて使うことができます。

また、HUAWEI novaのすごいところは、2枚のSIMカードを同時待ち受けできるデュアルスタンバイ機能を搭載していること。

例えば、音声通話はau、データ通信は格安SIMとして2台持ちしている場合、HUAWEI novaであれば1台でまとめて使用することができるようになります。

- HUAWEI novaのレビュー!格安スマホと思えない高機能スマホ - au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ

いや、nova liteとnovaが最新機種でしょ?という方、 スペックはhonor8の方が上、なおかつ片落ち感から、3万円程度と値段も手頃になっている今がおすすめです。

ACアダプターは、1A出力の一般的なもの。

なので、国内利用においては、スロット2は、マイクロSDカード用として活用することになるかと思います。

iPhone6s以前と同様に、手帳型のケースを利用して、カードタイプの電子マネーを使用するほかないでしょう。

- Huawei nova lite実機レビュー!スペック・価格比較・ケース・フィルム等々 -

と、言うのも前者に比べwifi規格やストレージ量は劣るものの、安価で基本性能はP10liteに近そうと考えられ、ライトユーザーならより魅力的かも?とに思えたからです。

しかし、スペック的に不足しているとも思えず、既に配信されていたアップデートを適用したところ、UIの調整が行われたのか、何事も無かったのかのようにとてもスムーズに。

それらを許容出来る場合には、とても良い選択肢となりそうです。

上記で妥協出来ない点がある方は、約5000円程度上乗せで購入可能な「HUAWEI P10 lite」も一度検討してみても良いかも知れません。

- 何となく買ってしまったHUAWEI nova lite(PRA-LX2)をレビュー。AnTuTuベンチマークも公開。 - 格安スマホマイスターぴざまん

スペック的にはほとんど変わりありませんが、nova liteのメモリが3GBとなっている点は良いところだと言えます。

今回、イオンモバイルで購入したのですが開封シールが切られており、恐らくはイオンモバイル用のアプリをインストールするために1度開封しているものと思われます。

内容物は充電用のACアダプターとケーブル(microUSB)、ヘッドホンと説明書、そして嬉しいのがカバーがついていることでした。

もっともZenFone3 Maxはコンセプトが大容量バッテリーということなので単純に比較するものではありませんが、スペックだけを見れば非常にコスパの良いスマホだと言えます。

- HUAWEI nova lite の自腹実機レビュー!SIMカードの入れ方まで解説 | モバイルガジェット東京03 格安SIM・WiMAX比較紹介所

スペックっていうとCPUが何を使ってだの、カメラの画質がだの、難しい数値が並んで結局何がどうすごいのかよくわからないんですよね。

最新の3Dゲームは厳しかったですが、普通にLINEしながらネットをしたり、動画を見たりする分には充分過ぎるくらいでした。

地味に嬉しいのが本体のセットに保護カバーがついてくることでした。

何と言ってもTwitterやLINEといったSNSが月々のデータ使用量に加算されない…実質SNSが使い放題という格安SIM。

- HUAWEI nova lite実機レビュー~本当に二万円?今年度最高の格安スマホかもしれない | 人生常に単騎待ち

上写真のように、左側SIMスロット1がnanoSIM。

基本的にはSIMスロット1に格安SIMを入れ、スロット2にはデータ保存ができるmicroSDカードを入れて使います。

SIMカードを挿し、電源を入れると最初の一発目は自動的に「APNの設定をしますか?」という画面が表示され、そのまま直で上写真のAPN設定画面までショートカットします。

kirin 650は主にP9 Liteや今回のHUAWEI NOVA liteなどの簡易版に搭載されていることが一般的です。

- HUAWEI nova レビュー | 格安スマホ解体新書

nova、P9 lite両者ともに言えますが、スピーカーの最低音量は大きめで、最高音量は小さめな印象なのはHuaweiスマホの共通の短所かもしれません。

※画像は初期状態ではなく、P9 liteは最後に使った状態の残り容量、novaは使い始めて数日後、自分の必要アプリをほぼインストールした状態の残り容量。

デュアルSIM デュアルスタンバイの略で、2枚のnanoSIMカードを同時に使うことができる機能搭載。

全てにおいてミドルレンジ機種のnovaが圧勝かと思いきや、ローエンド機種のP9 liteのほうが勝っている点(液晶や音など)もあるのが意外でした。

- 買い換えて正解、HUAWEI novaスマホレビュー(P9 liteと比較)

表を見てもらえば分かるとおり、「HUAWEI P8 lite」から「HUAWEI P9 lite」への時点で、ディスプレイの解像度やバッテリー容量が大幅に向上しているほか、指紋センサーが追加されている。

また、「HUAWEI P9 lite」から「HUAWEI nova lite」の時点では、メモリ容量の向上が図られており、バリバリにゲームをやるとかでなければ、もはや必要十分なスペックに達していると言える。

「ROM容量」、「急速充電の有無」、「ジャイロセンサの有無」、「au系SIMの対応」、といった項目に価格差(1万円ほど)を見いだせないなら、「HUAWEI nova lite」のスペック(性能)で必要十分であると言える。

私の場合は、「ROM容量」、「急速充電」、「ジャイロセンサ」の点で不満があったので、「HUAWEI nova」を選んだわけである。

- 格安中華スマホの「HUAWEI nova」を購入したので、軽くレビュー | あること・ないこと日記

Nexus5xにプラスしたスペックのものがいいなと。

他メーカーで比較したものとして、ASUSのZenFone3はバッテリー容量が2650mAh、モトローラのMoto G5 Plusは電子コンパス非搭載。

一瞬、iPhoneも使ってみようかとムラムラ思ったりしましたが、SIMフリーで買える価格帯ものだとSE。

・5インチという手に馴染むサイズ感に高性能CPU、多彩なカメラ機能などバランスがよく使い勝手のよいスマホ。

- HUAWEI nova 女性視点のレビュー - 日々のライナーノーツ

3万7800円で発売された「nova」は、2017年春のミドルクラスとして一般的なSnapdragon 625というチップセット(2GHz駆動×8コアのCPU)に3GBメモリというスペック。

筆者が好むARな位置情報ゲームは、それなりにスマホへの負荷がかかるので、体感でのベンチマークがてら日々遊んでいるのだが、「nova」は現在地の追従もなめらかでブレも少なく、操作感も悪くない。

素直に驚いたのは、5インチフルHDのIPS液晶ディスプレイの美しさと、メタルボディの高い質感、そしてUIの工夫だ。

カメラの撮影画面などはなんだかiPhoneっぽい? というところもあるのだが、ホーム画面や操作メニューは独特の工夫がいくつか見られる。

- [「HUAWEI nova」ミニレビュー(編集部関口)] 4万円弱で高い質感、使い勝手も上々 - ケータイ Watch

表を見るとおり、Huawei nova liteは現在主流となっているMVNOのドコモ回線をキッチリ網羅しているため、ほとんどの格安SIMで利用することが可能です。

UQ mobileの方は注意が必要ですが、auの回線には対応しているのでLTEは利用することは可能です。

プロ写真モードのほうは数値を少し弄ることができるので、カメラに精通している人がしっかりと調整してあげると高画質なキレイな写真を撮ることが可能かもしれません。

IIJmioフォンはエコプランというものもあり、通常最安値で月額900円のSIMが、0~1GBしか使わなかった場合、請求金額は500円となるプランも存在します。

- Huawei nova liteの実機レビュー!口コミ・評判どおり画面はめちゃくちゃキレイだ | DigitalNews365 - でじにゅー

ということで、こちらのSIMイジェクトピンもセット内容になります。

また、2枚のSIMを差し込んだ場合には、microSDカードは使えないので注意が必要です。

スマホ料金が月額1,980円~ 格安SIMを使用することで、スマートフォンの月額利用料を安くするには、スマホ上手では2台持ちが一番おすすめな方法です。

格安SIMにMNPする際やスマホを機種変する際に必要な5つのこと  メールアドレスの変更通知、連絡帳やデータの移行、LINEの設定等の紹介。

- Huawei nova lite レビュー。20,000円で買えるコスパの良い入門機 | スマホ上手

P10 liteは2Aの急速充電に対応しているので、電池がなくなりそうな時でも通常よりも早くバッテリーをチャージできるのも嬉しい改善点です。

旧モデルはUQモバイル向けにP9 lite Premiumという別モデルを用意していましたが、P10 liteではその必要性はなくなり、1台でNTTドコモ、au、ソフトバンク、全てのキャリアのSIM、または格安SIMを入れて使うことが可能です。

なお、P10 liteのみInstagramのようなフィルター加工をすることができるフィルター機能が搭載されています。

ただ、RAMの容量はP9 liteは2GBですが、P10 liteとnova liteは3GB積んでいるので、アプリを多数起動した時でも安定した動作することを期待できそうです。

- P10liteとnova lite・P9liteの違いは?本体デザイン・性能・カメラの画質を比較レビュー! - シンスペース

ですが、wimax2+は電車での移動時などで圏外になることが多かったり、3日で10GB通信すると制限がかかるなどデメリットがありましたし、自分の電話番号を持ちたいということもありました。

カウントフリーというのは、該当するサービスの通信料は、1か月の通信容量にカウントされないということです。

カメラの画質が良く、サイズが大きいだけに写真をたくさん撮る人はSDカード必須だと思います。

HUAWEIの端末は高級ものからこの機種のように格安ものまでラインナップが豊富ですので、特に「スマホで写真をたくさん撮る」という方、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

- HUAWEI nova liteを1か月使ってレビュー - takoのblog

HUAWEI novaは、5インチサイズで本体が小型であることが特徴です。

2枚のSIMで同時待ち受けができるデュアルSIMデュアルスタンバイの機能を使う場合、microSDカードを本体に入れられないのはデメリットです。

nova liteの方が画面サイズは大きいのに、重さが1gしかnovaと変わらないのはちょっとすごいですよね。

SIMフリーの格安スマホといえば、性能は抑えめのものが多い印象がありませんか? 価格が高くなればある程度性能も上がってくるものの、とにかくスペックが高いスマホが欲しい人には決定打に欠けていました。

- 最新スマホ「HUAWEI nova」・「HUAWEI nova lite」はコスパやデザイン重視の格安スマホ!機能を徹底レビュー! - 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル

指紋センサーの精度はいいんですが、残念ながら指紋認証はPINロックおよびパスワードロックと一緒にのみ使用できるようになっています。

よくメモアプリ画面のスクショを撮ってTwitterにアップしているような人がいますが、スクロールショットを使えば画像1つで済みます。

HUAWEI novaは5V/2Aの急速充電に対応していますが、充電中に急速充電かどうか判別する方法はありません。

メーカー定価の3万7980円よりも安く購入できますし、キャッシュバックがあるので実質的な負担も軽くなります、本体と同時に格安SIMの契約を検討している人はNifMoをオススメします。

- ファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」レビュー

2台目のスマホとしてはもちろんですが、メインスマホとしても全く問題なくサクサク利用できるスペックを備えているのが「nova lite」の特徴です。

スペック上ではいいスマホでも実際に使用するとスペック以下の使い勝手なことが格安スマホではありますが、nova liteはスペック通りの優秀なスマホに仕上がっています。

側面がプラスチックっぽい質感になっているので、その部分は少し安っぽいかもしれませんが2万円の価格を考えれば十分すぎる品質だと思います。

これ以上のスペックが必要なユーザーは恐らく5%程度しかいないと思うので、安いSIMフリースマホを探している方は検討しないと損しますよ。

- 2017年最強のコスパスマホ「HUAWEI nova lite」の詳細スペックと実機レビュー – tkjLog

ダンボールですが、中身がHUAWEI Nova Lite ゴールド本体であることが分かります。

ダンボールを開けてみると、端末アフターサポートという紙と、さらにプチプチにおおわれた本体のケースが見えます。

「グーの端末補償」は、もしもの故障、落下による破損、水漏れなど、万が一の利用端末トラブルに、お電話1本で修理、またはお客様が希望する同等機種(新品)と交換できるサービスです。

充電器やイヤホンが付いているのは他のスマホと同様ですが、変わっているのがクリアケースが付いてること。

- HUAWEI nova lite(simフリー)を購入したのでレビュー - 石ログ

私は普段使いのスマホに「HOMTOM HT7 PRO」を使っているのですが、それに比べると格段にスペックが上です。

私は普段5.5インチのものを使っているのですが、0.3インチの差というのは思ったよりも大きく、ディスプレイのサイズ的にボリュームを保ちながらも手が疲れにくい、非常にいい感じのサイズ感だと感じました。

デレステに関しては少し残念ではありましたが、それ以外の通常の使い心地に関しては2万円ほどのスマートフォンとは思えないほどの素晴らしいコストパフォーマンスを誇るものであると言えるでしょう。

ROMが16GBしか無く、実際に使用可能な容量は7.5GBほどと心許ない点をSDカードで補うことになりますが、アプリのことを考えると今後はiPhoneくらいにはROMの選択肢が増えてほしいものですね。

- 【レビュー】2万円ほどで手に入るスマホとしてはコスパ最高のスペック?「Huawei nova lite」レビュー | Symphonical Rain

この機種は色々なサイトでコスパが良いと評判ですが、実際に利用してみても、機能や性能、全体的のバランスの良さに加え、価格が約2万円と、ミドルレンジクラスとしても安い価格帯であることから、コストパフォーマンスが高いと感じる人が多いでしょう。

まとめると、nova liteは、「コスパの高さを感じる機種」&「約2万円と安い」というダブルパンチは、SIMフリー端末を考えている方には非常に魅力的に感じることでしょう。

価格帯もスペックも全く違うので当たり前ですが、ヌルサク感、アプリの立ち上がり、カクつきの少なさ、スクロールの快適さなどの基本動作であっても、上位機種のP9やhonor8の方が快適です。

上位機種のnovaは、フィット感があり「これが5インチ端末?持ちやすい!」と感じました。

- HUAWEI nova lite簡易レビュー!総合的に満足度高く、次もHUAWEIを使いたいと思わせられる一台に! - SIMフリー遊び

多くの方がレビューしているように、2万円弱でほとんどの人が必要十分な機能を兼ね備えている機種だと思いました。

今はどんな機種でも指紋認証という機能が付いていて指紋をスマホに登録していると、自分以外使用できないような機能がございます。

月々450円~お支払いすることによって、もし水没や破損で故障した場合でも1回目は5000円、2回目は8000円で新品に端末を交換してくれます。

もし端末が故障した場合は、その端末から simカードだけを抜いて、新たに違う端末に挿入して設定すると以前のように使用できます。

- LINEモバイルでオススメの機種、huawei nova lite レビュー - 携帯を格安simにすべき理由

高度で複雑なゲームをする場合は、より多くのスマホで使われているCPUのSnapdragonの方が有利と言われたりしますが、どちらの機種も8つの頭脳を持つオクタコアでRAM容量も3GB。

ですが、どちらも最大128GBの外付けSDカードに対応していますので、もし容量が足りない場合はSDカードで補完ができるので安心です。

どちらの機種も基本スペックは優秀でサクサク快適◎ゲームを沢山したり、ハードに使う場合はnovaが少し安心感高い。

「ジャイロセンサー」が無い場合、「ポケモンGO」のプレイ時に現実世界を投影できないという欠点がありますが、上記のため「nova lite」、「nova」共にポケモンGOも100%楽しむことができます。

- nova lite&nova徹底比較!【Huawei実機レビュー】

充電器、保証書説明書etc……に加え、HUAWEIならではのハードケース付属。

SIMカードを所定の場所に置き、再び挿入。

あとTwitterのアカウントを漁るのもやめてください() 操作してみた結果、なかなか軽快快適に動作してくれていました。

もちろん「俺はフラグシップモデルじゃないと生きていけないんだ!」なんて方は納得できないかもしれませんが、「普通にストレスフリーに使えたらそれでいいんだよね」なんて方は、案外狙い目な機種かもしれませんよ。

- HUAWEI「nova」+ Exciteモバイル 口コミ レビュー!スタイリッシュとハイスペックの共存はいかに?【速度計測・ベンチマークテスト結果あり】 | 格安SIM奉行11|格安SIMと格安スマホのオススメ比較ランキング

また、2枚目のSIMスロットはmicroSDスロットと兼用になっているため、SDカードを使用すると1枚のSIMカードしか挿入できなくなります。

前作のP9 liteと比べてメモリが2GB→3GBに増量されていることもあって、複数のアプリを同時立ち上げてもアプリが強制終了されることが減りました。

1万円台で販売されているスマホの中では本体の質感・性能が良く出来ていて、昨今で販売されているラインナップでは確実に上位に入るレベルです。

一部機種で液晶品質にムラがあるようですが、私が購入した個体では問題なく綺麗に表示されています。

- Huawei nova liteレビュー。他社を圧倒するコスパの良さが魅力のスマホ | クリエイタークリップ

比較では劣勢だったnova liteですが、そもそもiPhone7とは価格帯が違いますし約2万円で手に入るスマホでこれだけの性能を持った端末はなかったと思います。

スマホ初心者の方やハードにゲームをしないといった方には、価格も安く、良い端末だと思うのでよければ参考にしてみてください。

今やテレビや広告等多くの人が見かけるようになってきた格安SIM 今回は格安SIMとはどういうものか説明していきます。

今回はauで契約した、iPhoneのSIMロック解除方法について説明していきたいと思います。

- ファーウェイ(Huawei)のnova liteを使ってみた【購入レビュー】 – CHOBINFO

今回購入した「HUAWEI P10 lite」は、オクタコアCPU・3GBメモリ(RAM)・内臓ストレージ32GB・バッテリー容量3000mAhと通常使用において十分なスペックを備えていながら2万円台で買えることから、高コスパなSIMフリースマホとして注目されている機種です。

他のHUAWEI製品に同梱されている出力5V1Aの一般的なACアダプターと比べると大きめのサイズとなっています。

また、RAMも3GBあるので2GBの機種のようにメモリ使用量を気にしないで使えるのもうれしいです。

ただし、P10 liteに搭載されているKirinというCPUは3Dゲームアプリにはあまり強くないようですので、3Dゲームアプリの利用を考えている場合には注意が必要かもしれません。

- SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」の実機レビュー | たびびとライフ

端末の大きさを考慮すると、iPhoneSEが安く買えるならそれが一番よかったのですが、nova lite をはじめとする2万円以下の端末には価格面では到底及びませんね。

ソフトバンクモバイルのスマホデビューキャンペーンとかで端末が見かけ上安くなっていても、結局通信料に含まれる形で2年かけて徴収されるので端末価格が高いのと同じようなものです。

ですので、自分の場合は楽天モバイルで購入したので、きっと楽天絡みのアプリが勝手にインストールされているのかな?と思って端末の電源を入れてみましたが、やはりそうでした。

充電器のアダプターの出力は、DC5V,1Aと普通のものなので、すでにそういったアダプタを持っている人も多いと思います。

- HUAWEI nova liteを使い始めたので感想をば | 調ベネバ

僕はボタン配置をカスタマイズできるので、画面内に表示する機種のほうが好きですが、画面が狭くなることを嫌う人もいるので、どっちが良いかは好みの問題だと思います。

回線業者に言ってサイズ変更してもらうこともできますが、時間がかかるし3000円程度の費用もかかるので、SIMカッターで加工しました。

2.1GHz駆動のCPUはやはり凄く速い!ブラウザでWEBサイトを見ても、ゲームをやっても動作がモタツクことは一切なかったです。

安価なスマホのカメラは画素数だけ高くて画質が最悪って事が多いのですが、nova liteはそんなことはない。

- 最強のコスパ!SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」レビュー | ネタンク

ちなみにあまり日常生活の中で性能の差を感じることはないと思いますが、ゲームをよくする方は2万円以下の端末よりもこちらの方が適しています。

最近のSIMフリー端末は3000mAh前後のバッテリー容量が普通になってっ来ているので、ずば抜けて持ちが良いという事はありませんが、十分電池持ちは良いと言えます。

画面も5インチなのでコンパクトな端末を探してる方におすすめです。

このようにHUAWEI novaは同価格帯の端末と比較しても優れた性能をもった端末なので、3万円台のSIMフリー端末としてはおすすめの一台と言えるでしょう。

- HUAWEI novaのスペックおよび評価 | 格安スマホおすすめ比較labo | 人気の機種と会社をランキング

さらに作業スペースにあたるメモリも3GBありますので複数アプリを起動していてもカクついたり処理落ちすることがありません。

なのでHUAWEI nova liteでそういった使い方をする場合はSDカードなどを使って写真や動画・音楽といったデータをSDカードの方に保存するなど工夫が必要です。

HUAWEI nova liteの注意点としては通信バンドがauのVoLTEやCDMA2000という規格に対応していないのでauの回線では使うことができません。

auの回線を借りているUQモバイルなどの格安SIMではSIMカードを差しても使うことができないので気をつけたいポイントですね。

- 詳細レビュー!HUAWEI nova liteはこんな人におすすめ!【スペック・特徴】 | LINE MOBILE CLUB どこよりもわかりやすい格安スマホ情報をあなたに

洗練されたデザインのボディーが目を引く「HUAWEI nova」と、低価格ながら必要十分な機能を備えた「HUAWEI nova lite」の2機種。

データ通信はどちらか一方でしかできないが、同時待受けできるため、ビジネスとプライベート、両方のSIMカードを入れておくといった使い方にも適している。

この指紋センサーは本体を持ったとき、自然と人差し指が当たる場所にあり、画面のロックが解除されるまでの速度も非常に速い。

約0.4秒で指紋を読み取り、ロックが解除され、しかも画面が消灯した状態でも利用できるため、端末を使おうと思ったらすぐに使い始められる。

- 春の新生活にぴったり——ファーウェイの新型スマホ「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」が登場 (1/3) - ITmedia Mobile

デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しており、2社別々のSIMカードを入れて使える点が特徴的です。

みなさんの中には「SIMカードを2枚入れるって一体どういうこと?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

メモリ不足になった場合は、その時だけパソコンやSDカードにデータを移し替えるか、ストレージサービスを利用しましょう。

このようなサービスを利用すれば、カードスロットにSIMカード2枚で使っても、メモリ残量を気にしなくて良いですね。

- Huawei nova レビュー!デュアルSIMを実際に3カ月使った感想・評価

もし超高度な3Dゲームでもしたいのであればさらに高級機種を買う必要がありますが、一般的に使用する範囲では十分な性能です。

3Gはバンド6に対応しているのでFOMAプラスエリアでも受信することができ、山間部などでもデータ受信や音声通話がしやすいです。

目安として一般的なユーザの場合にはRAMは2GBほど必要になり、ヘビーユーザであればRAMは3GBが適切な容量になります。

確かに1世代前のCPUを採用していたり、コストパフォーマンスがイマイチであるなどの短所はあるものの、デザインと画面表示の美しさは購入に値するものです。

- 【HUAWEI nova】iPhone7にも負けない完成度。サクサクでレスポンスがグッド

どちらも性能が高いうえに販売価格が安価に設定されているのが特徴で、特にNova LiteはディスプレイがFHD解像度、RAMを3GB搭載と、上位モデルと同じ構成でありながら税抜き価格2万円切りを実現しています。

Huaweiの場合後述のNova LiteやP9、P9 Lite、Mate 9など自社製CPUであるKirinシリーズを搭載することが多いのですが、本機に関してはQualcommのSnapDragonを採用しています。

KirinのみならずMediaTekのCPUもそうなのですが、搭載GPUがARMのリファレンスGPUであるMaliシリーズで、これがゲームアプリ「アイドルマスター・シンデレラステージ(デレステ)」などで、グラフィック関連で互換性の問題が起きてしまうことがあるのですが、本機は一般的なSnapDragon+Adreno GPUという構成ですので、ゲームの互換性の問題に関しては特に気にする必要はなさそうです。

価格に対して基本スペックや筐体の品質が高く、メイン端末としても十分やっていける性能です。

- Huawei Nova / Nova Lite ー 手になじむサイズ感が魅力のミッドレンジスマートフォン(かのあゆ)

UQmobile(UQモバイル)で販売されている格安スマホの中でも、HUAWEI novaはCPU処理能力の高い端末であることが特徴です。

先にご紹介したようにHUAWEI novaはバッテリー容量も大きいので、充電の回数はもちろん、充電にかかる時間が少なくなることも1つのメリットです。

HUAWEI novaのアウトカメラの画素数は1200万画素で、高速フォーカスに対応していることで動きのある対象物も魅力的に撮影することができます。

HUAWEI novaは、デザイン面と機能面に優れた格安スマホですので、どんな方でも利用しやすい機種です。

- UQmobile(UQモバイル)で販売中のHUAWEI novaのスペック解説!【口コミあり】

MOTO Z Play は5.5インチなので片手で操作するのはなかなか難しいですし、特に女性の場合は端末も重く感じられると思います。

ただ、画素数の多寡はカメラの評価に直結しないですし、画像データの容量ばかりが大きくなることを考えれば画素数を抑えたことはマイナスではないと考えます。

そもそもDSDSにどこまで需要があるのかも疑問なのですが、ワタシのようにSIMを2枚さすユーザにとって内部ストレージ32GBは使い勝手が悪くなるのも事実ですね。

最近のスマホは4Gのみ対応している機種も多いようで、ASCEND P9のときも同様だそうです。

- 今話題のHuawei nova のスペックを比較してみた - うえけんの経済的自由を目指すブログ