スマートフォン

Huawei

P9 Lite

レビュー

P9 lite PREMIUMのRAMの容量は3GBなので単純比較することはできませんが、ちょっと謎な仕様ですね。

nano SIMに対応しており奥側がスロット1、手前側のスロット2にもnanoSIMカード(Micro SDカードと共用)を入れることができるデュアルスタンバイ端末になっています。

ただし、スロット2は2G回線(GSM)に対応したSIMなので日本では残念ながら使うことができません。

カメラは普通の1300万画素のイメーシセンサーですがF2.0の明るいレンズを搭載しているので、意外と綺麗に写真を撮ることができますよ。

- 格安スマホHUAWEI P9 liteの実機レビュー!P9 lite PREMIUMとのスペックと性能の比較も! - シンスペース

今までZenfone2 Laser使用時は画面ダブルタップで電源ONしていたので、P9 liteにその機能がないことを不便に思っていたのですが、指紋センサーでの起動に慣れてしまうと・・・。

現在Docomoなどを使っていて、P9 Liteも購入を機に格安SIMへの乗り換えを検討しているような場合は、@Nifty系格安SIMの>>Nifmoの端末セット で最大20000円のキャッシュバックキャンペーンが行われております。

先代機のP8 Liteも名機ではありましたが、コストの面で削られていた部分も多かったのですが、P9liteに代替わりして、解像度、指紋認証、バッテリーなど弱点だと思われる部分すべてを克服して来てるのはすごいことだと思います。

おなじみのNifmoの端末セット で 2万円キャッシュバックもやってたりしますので、新規で回線契約される方はそちらも視野に入れても良いかもですね。

- Huawei P9 lite 実機レビュー【使い勝手やカメラ性能など】 - とまじぃさんち

今回レビューするにあたって、特徴的なデザイン、前作に比べてどの程度スペックが上がっているかなどに注目していきます!SIMカードにはBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)を使用。

格安スマホに指紋認証センサーが搭載される先駆者となった前作HUAWEI P9 lite。

一般的な機能はすべて3ステップ以内で操作できるユーザリビティに特化したUIです。

ただ、画面の解像度が上がっていたり、バッテリーの容量が増えていたりと、よりハイスペックな端末が欲しい方におすすめです。

- 【実機レビュー】格安スマホの大本命?HUAWEI P10 liteを使ってみた! - SIMチェンジ

中でも指紋認証とウルトラスナップショット(1秒撮影)は満足度も高いのが特徴です。

こちらの機能は、スリープ常態からボリュームの下げるボタンを2回連続で押すだけで、カメラアプリを立ち上げることなくシャッターが最速1.1秒で切れる優れもの。

ここで注意したいのが、データ容量が少ないプランを選んでいる方はゲームアプリなどをダウンロードする際にはなるべくWi-Fi環境で行った方がパケットの節約になります。

いつものように長くなってしまいましたが、以上で「HUAWEI P9 lite」の簡単な説明と、楽天モバイルで使う手順を終わりにしたいと思います。

- 【レビュー】HUAWEI P9 liteを楽天モバイルで使ってみたよ! | 格安スマホ解体新書

P9liteは型落ちになりましたが、スペックが良いので、おすすめな端末です。

この記事の中でHuawei,、p9liteの魅力(指紋認証、カメラ、軽さ、処理速度)をお伝えしてきましたが、これらは値段が高ければ性能が良いのは当たり前ですよね。

ポケモンGOユーザーはきちんと抑えておきたいところですが、残念ながらp9liteにはジャイロが非搭載のため、ARモードが使えません。

データ容量最大2GBのプランで分割購入した場合と、一括で入した場合の料金は下記のとおりです。

- 【レビュー】良コスパ格安スマホ「P9lite」の良いところ、悪いところまとめ - 格安SIMブログ:シムディア

HUAWEI P9 liteはLINEモバイルでセット購入できるスマホの中で低価格で高性能なため一番人気です。

iPhone6sよりもサクサクと動いていて他のスマホで動作が重たいと思っいた3Dゲームをサクサクと動くので使っていて性能の高さを実感します。

Huawei P9 liteは背面に指紋センサーを搭載しておりロック解除も簡単にすることができます。

AndroidのスマホにはGPS精度が悪すぎて使い物にならないものがありますが、Huawei P9 liteは安心して使えます。

- 「HUAWEI P9 lite」の詳細 スペックと評判・評価口コミレビュー |LINEモバイルFAN

この価格帯のスマートフォンを沢山使ってきましたが、撮影する時に画面に被写体が写っている時は綺麗なのに、仕上がった写真を見ると劣化している事があるのですが、ファーウェイのP9liteは、非常に綺麗に撮影が可能。

ちょうど左右の人差し指が自然と指紋認証面にくるので、例えば、ポケットからP9liteを取り出しながらロックを解除することが可能。

P9liteにSIMを2枚挿すことが出来ますが、メインSIMを利用中は片側が2G固定となります。

MVNOでP9liteと格安SIMをセットで購入すると、水濡れや破損時に新しい端末と交換できる【端末保証】に加入可能です。

- ファーウェイP9liteの実機レビュー。ベンチマークやカメラ性能、使い勝手を総合評価【2017/1/14更新】 - ガルマックス

処理能力と省電力を両立させたオクタコアCPUで、この価格帯のスマホに搭載されるCPUとしては明らかにワンランク上の性能を持つ。

さらに同じファーウェイの上位モデルと同様に、画面の消灯状態から約0.5秒で画面ロックの解除ができるほか、認識精度にも優れており、センサー上に360度どの向きで指を置いても正確に認識してくれる。

さらにファーウェイ端末ではおなじみの指紋センサーをタッチパッドのようにして端末の各種操作をする機能もある。

センサーを長めにタッチしてシャッターを切ったり、センサー上で指を上下にスライドさせて通知領域を開閉することなどが可能だ。

- ASCII.jp:コスパ最強のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」詳細レビュー! (1/3)|ファーウェイ通信

格安スマホはスピーカーがチープで残念な機種もあるが、HUAWEI P9 liteはそういった細かい部分もこだわりがあり、総合力が高い。

HUAWEI P9 liteは、同社の設定しているプリインアプリ以外には余計なアプリケーションが入っていないので非常にシンプルで、余計なプリセットアプリによって本体のデータ容量が圧迫されていないのも好感触。

ちなみに前モデルのP8 liteは約5インチだったのでディスプレイは少し大型化されていますが、画面占有率はP9 liteのほうが高いのでそこまでサイズ感が変わった感じがありません。

約3万円のSIMフリースマホとしては非常に完成度の高い機種となっており、P8 liteから大幅なスペックアップも確認出来ましたし、ヘビーな使い方をしても十分耐えうるモデルとなっていることが分かりました。

- HUAWEI P9 liteを実機レビュー! | SIM-ROCK

ベンチマークスコアとは、スマホの性能を測る上で3D(立体)、UX(使いやすさ)、CPU(処理)RAM(記憶)*の4つの項目に分け、それぞれの性能に対して点数をつけたものです。

HUAWEI P10 liteは最大128GBのメモリーカードに対応しているため、容量がいっぱいになってしまっても安心です。

10分かけ放題があると嬉しい、端末は画面が割れたりしたら機種変更したい!という方にはFREETELのスマートコミコミ+がおすすめです。

高性能なCPUにRAM(メモリ)が3GBと十分であるため、快適にインターネットを利用することができます。

- HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較! - すまっぴー

ほんの一例ですが、P9 lite PREMIUMのディスプレイの色再現をなるべく忠実に表現するために、Canon 5D MarkⅢで撮ってみました。

しかし、P9 lite PREMIUMは指紋センサーを1秒ほど登録した指を当てるだけで、すぐホーム画面が呼びさせるので便利になりました。

上の画像は、私が仕事で使っているEOS 5D MarkⅢを、P9 lite PREMIUMで撮影したものです。

もちろん、上の画像のようにスキー場だって余裕で使えましたし、3大キャリアと格安SIMの店舗対応だってあまり変わりません。

- P9 lite PREMIUMをレビュー!実際にUQモバイルを契約して使った本音を激白(7月4日更新) | SIMフリースマホマニア

「HUAWEI P9 lite」は画面サイズが5.2インチと大きめで、画面解像度が1920×1080ですから、キレイな画面でスマホを楽しむことができます。

スマホ端末は数多くの機種があり、どれを買ったら良いのか悩みがちですが、「HUAWEI P9 lite」の性能や価格を軸にして、比較検討していくとスムーズかと思います。

もしあなたが日常利用に十分なスペックの端末を求めていて、価格を安く抑えたいなら、「HUAWEI P9 lite」がおすすめです。

まとめますと、「HUAWEI P9 lite」は値段もお手頃ですし、すごいおすすめの機種だということです。

- 「HUAWEI P9 lite」はどんなスマホ?評判、口コミ、スペックはコレ! | 格安スマホの比較.jp

ディスプレイは5.2型と、スマートフォンで主流のサイズだが、解像度がフルHD(1920×1080ドット)と高く、写真などを見た際にドットは肉眼で認識できないレベル。

端末代金を一括で購入する場合には、月額780円でP9 lite PREMIUMを使うことができる。

VoLTEとは、LTE上で音声通話をデータとしてやりとりする規格のことで、発着信が速いだけでなく、採用されているコーデックのおかげで、音声がクリアに聞こえるのが特徴。

P9 lite PREMIUMはUQ mobile向けのスマートフォンとなり、対応周波数なども、ネットワークを貸すKDDIに最適化されている。

- プレミアムだけどコスパも抜群!——「HUAWEI P9 lite PREMIUM」徹底レビュー (1/2) - ITmedia Mobile

プランS 2GB/月 無料通話60分 おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。

・携帯電話機の比吸収率(SAR)について 過去発売されたHuawei製の端末のクイックスタートガイドには数値が明示されていましたが、HUAWEI P9 lite PREMIUMのSARは明示されていません。

既にAndroidOSが搭載されたスマホをお持ちの場合、他の端末から、Googleアカウントを経由して、データの移行が簡単にできます。

P9 liteの時と違って、P10 lite自体、AU VoLTEに対応していることもあり、P10 lite PREMIUMの発売事態が無い可能性も大いにあります。

- HUAWEI P9 lite PREMIUM実機レビュー -

同じ5.2インチ端末であるNextbit Robinと比較してみましたが、Robinは前面にスピーカーを配置しているため、P9 liteの方が若干短いです。

そのうち1つのカードスロットはmicroSDカードとの兼用スロットとなっているため、microSDカードを使用したい場合にはSIMを2枚挿すことはできません。

私のメイン端末であるNextbit Robinとは異なり、P9 liteでは電源ボタンと指紋センサーが別々に存在しています。

性能を求める人は上位機種であるHUAWEI P9を選択されることをオススメします。

- コスパ最強のスマートフォンHUAWEI P9 lite購入レビュー - 力こそパワー

2万円台前半という価格帯であることや、美しいフォルム、必要十分なスペックなどが人気の理由として挙げられていますが、実際の使い勝手においては噂通りヘビーユースにも耐えうる高性能を低コストで実現した名機であると断言できる程です。

「HUAWEI P9 lite」には標準アプリとして端末管理アプリがプリインストールされています。

「HUAWEI P9 lite」の驚くべきポイントは、これらの性能やスペックをわずか2万円前半という価格帯で実現したこと。

スペックの高さを追い求めるならばもっと上位機種を狙うことになりますが、この価格でこの機種を入手できるという点は素晴らしいの一言です。

- 【実機レビュー】ロングセラー「HUAWEI P9 lite」は不満点のゼロの優良スマホだ! | 格安スマホNAVI|得する必須知識から最適プランの比較まで

そこで今回は、P9 lite PREMIUMのデザインからカメラ性能、そしてゲーム動作などのレビューをしていきたいと思います。

ですので、このことから言えるのは、「カメラのスペックを見る時は最初に画素数ではなく、F値をチェックしよう」ということです。

例のごとくゲームの使用感チェックには欠かせない「デレステ」でP9 lite PREMIUMをチェックしていきたいと思います。

ただし、3D標準でノーツ数が多いMASTER以上をプレイすると若干重く感じます。

- P9 lite PREMIUMの実機レビュー!UQmobileの格安SIMと相性が良すぎた | DigitalNews365 - でじにゅー

その他のスペック値として、処理速度や同時に動かせるアプリの数などに影響するRAMは3GBと「P9 lite」よりパワーアップ。

写真データや動画データなどをどれだけ本体に保管できるか?示す数値のROMに関しては「P10」は32GBと「P9 lite」の倍の容量が確保されています。

「P10 lite」のカメラ性能は「P9 lite」のカメラとほぼ変わらない・・というか単純に上記のスペック値だけ見るとメインカメラの画素数、F値が少し後退すらしてるようにも見えますが、レンズやオートフォーカス機能の進化などで全体としては良化しているようです。

センサー搭載されていない「P9 lite」ではポケモンをゲットする時に現実空間の投影ができませんが、「P10 lite」ならそのあたりが可能。

- Huawei P10 lite実機レビュー!比較 vs P9 lite

P9 liteは別途、ケースやフィルムを購入しなくても良いようになっているんですね。

デレステ(アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ)は一応3D表示にしても遊べますね、でもジャギー(ギザギザ)?が気になる人はやはりKirinは厳しいかも・・・ こればかりは単純な処理性能だけでなく搭載しているGPUが違うので仕方がないことですね。

出来れば最新バージョンのHiSuiteを入れたほうがいいと思うので上記のサイトからダウンロードすることをオススメしますが、一応 P9 liteをパソコンとUSBケーブルで接続するとCDドライブとして(HiSuite)をインストールできるようになっています。

その為パソコンとP9 liteをUSBケーブルで接続した後にP9 liteの画面の上を下向きにスワイプし「カメラ」「ファイル」というボタンをタップする必要があります。

- 【レビュー】今更ですが「HUAWEI P9 lite」購入しました。でも最近特に安くなってきているかも・・・ - Z3C備忘録

また、スピーカーには「Smart PA 2.0」と呼ばれる独自の機能が設けられ、大きな音を再生しても音に歪みが発生しないような工夫もあります。

「HUAWEI P9 lite」は上位機種の「HUAWEI P9」と同じように撮影メニューが充実していますます。

先日のP9の記事で紹介した被写体を追いかけフォーカスを合わせ続ける「オブジェクトトラッキング」の機能も搭載しているので、動きのあるものでもきれいに写真が撮れそうです。

実際に「HUAWEI P9 lite」を触ってみると、画面が美しく、カメラもきれいに撮影できて、スマホの基本的な部分が前機種よりかなりパワーアップしていると感じました。

- コスパの怪物!ファーウェイP9ライト実機レビュー | いがモバ

サイズ的には5.2インチと標準的でありながら、フルハイビジョン対応という非常に緻密で色彩豊かなディスプレイを搭載しており、ブルーライトを軽減するスマートバックライトを搭載しているため、目が疲れないのもHuawei P9 lite PREMIUMの評判の理由です。

Huawei P9 lite PREMIUMには、指紋センサーが搭載されており、ちょうど人差し指が当たる部分に付いているたm、スマートフォンを手に持っただけで簡単に画面ロックが解除されます。

Huawei P9 lite PREMIUMは、通常の4G/LTE通信も可能なため、下り最大220Mbpsで、非常に広いエリアで、時間帯問わず快適に使用することができ、好評です。

撮影モードも3種類あり、食べ物を撮影する時の「ナイスフードモード」、10段階の美顔補正が可能な「ビューティーモード」、撮影後でもピントを再調整できる「全フォーカスモード」が搭載されています。

- Huawei P9 lite PREMIUMレビュー

3Gでもドコモの山間部に強いFOMAプラスエリアのバンド6にどちらも対応しているので、都心部以外に住んでいる方も比較的安心して使用できます。

Kirinは元々省エネ性能に定評のあるCPUで、さらに「HUAWEI P9 Lite」に搭載されているKirin 650は省エネ性能が上がっているようで、待受時間は610時間と発表しているので長時間の使用が可能になっています。

僕が使用してる8インチのZenPad 8のバッテリーサイズが3000mAhですから、5インチクラスのスマホではかなり大容量のバッテリーの部類に入ることがわかると思います。

カメラの性能に関しても、上位機種の「HUAWEI P9」でライカ製のカメラが採用されているようにかなり力を入れてるのが伺えます。

- コスパ最強のスマホはどっちだ!「HUAWEI P9 Lite」と「ZenFone 3」徹底比較【格安スマホ】 – tkjLog

CPUはクアルコムの「Snapdragon 617」でRAMが3GBという事で処理能力は低め。

「ビューティーモード」では、ユーザーの顔を認識し、10段階の補正から好みのものを選んで調整する事ができます。

ただし、最新のゲームや処理の多いアプリを使用する場合は、動作が重くなると思うので快適とは言えないでしょう。

「P9 lite PREMIUM」は、それなりに使用できる価格の安いスマホがほしい人におすすめ。

- UQモバイル「P9 lite PREMIUM」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

ここではP10 liteの外観と使用感、同サイズでHuaweiから発売されているP9 lite・nova lite・honor8と比較してみます。

それに比べて便利なのがhonor8の指紋認証の押す強さでアプリを開ける機能です。

楽天モバイルで通話SIMで購入する場合はhonor8をオススメします。

非常にいい端末なのですが、去年からP9 lite、nova liteと安くて使えるスマホが出ているのでものすごい魅力には思えませんね。

- P10 liteレビュー・P9 lite・nova lite・honor8とスペック比較

「HUAWEI nova lite」は2月24日に発売されたばかりのHUAWEIの最新モデルのスマホなんですが、2万円前後の格安モデルながらなかなかバランスのとれた良い感じのスペックで、エントリーモデルとしては最強じゃね?という感じのスマホです。

「HUAWEI nova lite」をP9 liteと比較するとスペック的にはかなり似ていますがCPUとRAMが強化されています。

本体の他に専用のケースとイヤホン、ACアダプタとUSBケーブルがついてきます。

左側がSIMカードスロットで、nano SIMが2枚入ります。

- P9 liteより良コスパ!「HUAWEI nova lite」が届いたので開封&外観レビュー! - 物欲に負けた日

メモリは2Gバイトありますが、私がよく使うカードバトル系のアプリが、遅延感なく操作できています。

iPhone5と比較しても、特に困ることなく使用できていて、本体価格も2万円程度のため、もっと早くからP9liteを選択していればよかったと思っています。

ここでいうライトユーザーとは、LINEはTwitterといったSNS、動画をほとんど見ないネットブラウジング、3Dゲームなどの処理の重いゲームを行わないなどをメインに行っているユーザーのことであり、そういうユーザーにとってこれは必要最低限を十分に満たす良い機種なのである。

P9 liteで一番気に入っている点はそのデザインにありますが、普通にスマホとして使うに十分なスペックを持っていますし、ゲームも通常通りプレイでき、指紋認証が背面にあるのも使いやすくていいです。

- HUAWEI P9 lite(Huawei)の口コミ・評判・レビュー | 格安SIM奉行11|格安SIMと格安スマホのオススメ比較ランキング

HUAWEI端末に搭載されている、Androidをベースにした独自のEMUIですが、やはり通常のUIと違うところがあって慣れない部分もあります。

これがHUAWEI P9のカメラ起動した画面です。

そういう意味ではP9は充分ではあるものの置き換えるだけのパワーは無かったかもしれません。

こうしたブログだとどうしてもP9 liteだとかもっと格安の端末を勧めがちですが、個人的には最近の3万円前後の端末はそれほど魅力を感じないので、どうせならもう少し出してHUAWEI P9を買ったほうがいいと、オススメはHUAWEI P9だと言いたいです。

- HUAWEI P9 使用1ヶ月レビュー:期待以上に使えていつのまにかメインに成り上がった良機種 | orefolder.net