スマートフォン

FREETEL

RAIJIN

レビュー

4GB RAM、5000mAhバッテリー搭載で2.9万円のSIMフリースマホ「RAIJIN」をFREETELが1月発売 数日間、実際に利用する機会があったので、実際にどれくらいバッテリーが持つのか? という点を含め、簡単にレビューしたいと思います。

5.5インチとやや大きめのディスプレイですが、背面に丸みがあるため意外と持ちやすく、片手でも十分に操作が可能です。

フル充電後2日間、メールチェックやSNS、写真撮影などにガツガツ使ってみたところ、2日目の夕方時点で残量が20%ほどになっていました。

ただ、せっかく大容量のバッテリーを積んでいるので、わざわざ使い勝手を落としてまで長持ちさせずに、2日目に充電するものとして割り切ってしまった方が良いと思います。

- FREETEL RAIJIN(雷神)をレビュー 5000mAhのスタミナモンスター - Engadget 日本版

またnanoSIM+アダプタの場合、抜き差しの際にSIMスロットを破損させてしまう可能性も0ではないので、自己責任での使用となります。

ちゃんと理解していないのですが、microSDは、nanoSIMを兼ねることが多い(microSIMを兼ねることない?)みたいですので、ドコモのSIMをmicroSIMにしてしまうと、nanoSIMスロットはデータSIMに限定されてしまう気がするのですが、違いますでしょうか?nanoSIMにしておけば、microSDを使う際、通話、データ、どっちを残すか選べると思うのですが。

>またnanoSIM+アダプタの場合、抜き差しの際にSIMスロットを破損させてしまう可能性も0ではないので、自己責任での使用となります。

みたいですね、よく紹介されてるのは、100円前後の安いやつばかりですが、多少500円位しても、壊れにくい商品はないのでしょうか? ネットで注文したガラケーのSIMサイズをドコモに電話で確認したのですが、FOMAカードの1番古いやつでブルーだと言われました。

- FREETEL RAIJIN(雷神)のスペックと購入レビュー、最安値比較まとめ

下手なタブレット端末よりも搭載容量は大きく、公表での連続待受可能日数は約24日間と、スマホを使う上で誰しも気になるバッテリー残量もより気にせず扱えます。

5.5インチというサイズ感は視認性も高く、加えてバッテリー持ちが良いことで、専用の電子書籍リーダーとスマホを1台にまとめることも可能でしょう。

改めてまとめてみると、CPU・GPUの処理能力で何事もサクサク動かすというよりは、余裕のあるメモリを活用して同時に複数のアプリを使っても強制終了などによるストレスを感じさせない1台といったところ。

この機能はプレフィックス番号を任意のものに置き換える設定変更もできるため、回線契約もFREETELで行っているヘビーユーザーはもちろんのこと、他社製のプレフィックス番号サービスを使うユーザーでも便利に使える設計となっています。

- 最新モデル「FREETEL RAIJIN」レビュー!フリーテルならではのこだわりを感じる1台 - モバレコ

FREETEL RAIJINは2万円台前半からFREETELのサイトで直接買うと税抜き29800円で買えるようです。

メモリ・ストレージによって値段が違ってきますのでメモリが一番少ないのが200ドル台になると思います。

RAIJIN本体は普通の方でしたら十分にスマホとして使えるスペックだと思いますが、スマホに知識のある方でしたらちょっと物足りないかと思いました。

スマホの知識があって完全日本語化されていなくても問題ない場合は同等の価格帯でスナドラ820のハイスペック中華スマホを導入したほうが吉でしょう。

- FREETEL RAIJIN 開封の儀 レビュー | Beヨンド

懸念しているポイントですが、SIMスロットがMicroSDと共用の場合、MicroSDを利用すると物理的に2枚のSIMが挿せないのでデュアルスタンバイ機能が失われます。

一般的なスマートフォンよりも利用時間が1.5倍から2倍に増えるので、仕事帰りに電池なくなっちゃうという方は恩恵をがっつり受けることが可能です。

僕はAndroid7.0の新機能である2画面表示でトラブりましたが、現在は問題なく動作しています。

TwitterやFacebookで報告していましたが、購入当初、Android7.0の新機能であるマルチウィンドウ機能(2つのアプリを1画面に表示出来る機能)が上手く動作していませんでした。

- RAIJINのスペックと実機レビュー。使える安いDSDSスマホはこれで決まり - ガルマックス

ただし、1日ずっと操作してみて、「すごく重い」、「片手でずっと操作するのはきつい」と感じることはありませんでした。

Android 7.0の目玉の機能として、画面を分割して表示できるマルチウィンドウ機能が挙げられます。

次に、マルチウィンドウで表示したいもう1つのアプリをタップすれば、利用可能です。

デフォルトでは、シャッターを切る時にシャッター音がしますが、カメラの設定でシャッター音を無効にすることができます。

- FREETEL RAIJIN(雷神)購入レビュー:充実したスペックのスマホ! | 快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

ハイスペックなスマホに人気が集まる一方で、メールやLINE、たまに撮影、たまにSNSといった用途、もしくは電話が中心の場合はエントリーモデルやミドルクラスのスマホが選ばれている。

価格は抑えめでスペックも悪くなく、さらにバッテリーが長持ちするSIMフリースマホはないものかと探したところ、最適の端末が見つかった。

スペックはSoCにMT6750T(オクタコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GB、さらにDSDS対応と、価格帯からすると、メモリーとストレージ容量が魅力的。

microSDXCは128GBまでの対応となるが、ローカル保存の音楽や動画、写真が大量にあるのでなければ、microSDカードは必要ない容量だ。

- ASCII.jp:5000mAhバッテリーのFREETEL「RAIJIN」は確実に充電回数を減らせる! (1/3)|このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー

大々的にアピールされているように、税抜2万9800円で発売される端末としてスペックはかなり高く、スキが無い。

基本的にはAndroidの作法でデザインされているが、iPhoneユーザーを意識したデザインや配置も用意されており、iPhone 7 Plus程度の大きさを受け入れられるのなら、乗り換えにも向いている。

ゲームのヘビーユーザーでもない限りは、高精細な画面やバッテリーなどのスペックも十分以上。

税抜3万円弱という価格を考えれば、Androidが気になっている、iPhone以外のスマホを少し真面目に使ってみたいという人にも最適といえそうだ。

- [FREETEL「RAIJIN 雷神」ミニレビュー(編集部太田)] iPhoneからの移行にも最適なUI - ケータイ Watch

FREETEL(プラスワン・マーケティング)の「RAIJIN 雷神」は、5000mAhの大容量バッテリーに、4GBのメモリや64GBのストレージ、オクタコアCPUなどを搭載するAndroid 7.0スマートフォン。

最初に端末に触れて「おや?」と思ったのは、ディスプレイ下のハードウェアキーがただの丸印なので、どちらが「戻る」でどちらが「タスク表示」なのか分かりにくいところ。

画面内にナビゲーションバーを表示するように設定を変更することも可能なので、どうしても使いにくいという場合は設定を変更するのもアリだろう。

iPhone 7が防水やFeliCaに対応したことから、近い将来、SIMフリースマホ市場でもこれらをサポートした端末が標準化していく可能性が高いが、はたしてFREETELはどうするのだろう。

- [FREETEL「RAIJIN 雷神」ミニレビュー(編集部湯野)] ストラップホールに感じるこだわり - ケータイ Watch

2つのSIMを1つの端末で利用できるということで、ミニマリストな僕は、これで、仕事もプライベートも1台のスマホで済ませられるぞ!ということで、これに食いつきました。

macbookのネット接続は、iphoneをテザリングするわけですが、これだと1日持たない場合があって、モバイルバッテリーを持ち歩いたり、iphoneのケースをバッテリー付きのものにしたりで、まぁ、とにかく面倒だったんですよね。

別にスマホメインで仕事している状況じゃないので、ハイエンドである必要はないし、こだわりも強い方ではないんだけど、最低限の持ち物で1日、仕事もプライベートもやりくりできるモバイル環境にするには、とにかくバッテリー持ちが良くて、DSDS対応のスマホがベスト。

5.5インチ使用者の感想を参考にしたところ、落下防止アイテムを購入しているということで、僕もそれに倣って下記のベルトを購入しました。

- Freetel raijin(雷神) レビュー

3万円前後のDSDS端末にしては並程度?同時期に発売されているDSDS対応端末g07も同程度のスコアとのことです。

大容量バッテリー、DSDS対応、USB Type-C、4GBRAM、5.5インチFHDなどなど様々な特徴を搭載した端末ながらに価格が3万円前後とかなり安値で入手が可能。

また通信面でもFOMAプラスエリアやLTEプラチナバンドに完全対応しているのでドコモ回線で使う際には問題なく使用出来るはずです。

これからRAIJINをメイン端末にしていく場合にはもちろん指紋認証は便利なので是非活用したい機能ですし、その他スペックや機能、デザイン、価格と言う所が無かっただけに個人的にはショックです。

- 写真でみるFREETEL RAIJIN(雷神)開封レビュー!DSDSや大容量バッテリー搭載でコスパ高!

大々的にアピールされているように、税抜2万9800円で発売される端末としてスペックはかなり高く、スキが無い。

端末を手にしてみると、昨今の端末としてはさすがに厚みがそれなりにあるものの、痛くならない程度に角を削ったデザインで、持ちやすさはなかなか。

同価格帯にはカメラ性能に秀でたZenFone 3 Laserもあり目移りしそうですが、「毎日充電するのが面倒」、「バッテリーを気にせず動画鑑賞やゲームをしたい」という志向の方にはお勧めできる機種だと思います。

既知の不具合や、カメラの不満点など色々と問題のある端末ではありますが、3万円という価格から考えれば妥協できるかと思います。

- SIMフリースマホ FREETEL RAIJIN 雷神 レビュー・評価まとめ - NAVER まとめ

「 RAIJIN 」では、「 Priori3S LTE 」と比較すると、バッテリー容量がアップしただけでなく、基本スペックも大きく進化しています。

5.5インチフルHDディスプレイを搭載しているということで、「 RAIJIN 」のサイズ感が気になるところです。

大容量バッテリーを搭載したモデルは、どうしてもボディの厚さが気になる場合が多くなります。

大容量バッテリー搭載のSIMフリースマホはどうしても厚さがあるモデルが多いですが、「 RAIJIN 」は厚さが8.65mmと、一般的なスマホと同等に近いものとなってます。

- 【簡易レビュー】大容量バッテリー搭載「 RAIJIN 雷神 」をチェック

ただ、特徴と呼べそうなのがバッテリの持ちだけなので、同価格帯のZenFone 3 Laserとどちらを選ぶかは悩ましいところです。

あと、記事中にも書きましたが、ソフト的な面(FREETEL UI 2.0)でチョイチョイこなれてない感があります。

これは単純な不具合だけでなく、例えばスワイプアップランチャーを切って上部からのクイック設定パネルを表示したときに設定のショートカットがないとか、通知が表示されるているとメニューの編集ができないとか、そういう細かいところです。

Galaxy Note8背面を透明にする方法。

- EngadgetでFREETEL RAIJIN(雷神)のレビューが公開されました – Dream Seed

同容量のZenfone MAXに比べて薄さ、軽さともに下回るボディサイズを実現しています。

なお、製品版では指紋認証センサがボディのカラーリングと統一されたものになるとのこと。

RAIJINは展示会場にシルバー1台しかなく(シルバー/ブラックの他1色が発売予定)、十分に触れることができませんでした。

また、リリースされたばかりのAndroid 7.0 Nougatを搭載で、現在も開発中なのかPINロックがかかっていてインターフェースには触れることができませんでした。

- FREETEL「RAIJIN(雷神)」フォトレビュー|携帯総合研究所

比較的重めの3Dゲームでもほとんどストレスを感じずに遊ぶことができます。

RAIJIN(雷神)の総合的な動作速度を評価すると、非常に優れたハイエンドなスマホであり、性能に関してはあらゆる用途でストレスなく使うことができます。

RAIJIN(雷神)はSDカードに対応しており、簡単に空き容量を増やすことが可能です。

RAIJIN(雷神)は非常にきれいな画面で動画やゲームのグラフィックスなどあらゆるコンテンツできれいに表示することができるでしょう。

- SIMフリー RAIJIN(雷神) FTJ162E-RAIJINのメリット・デメリットは?性能評価レビュー | Kuraberu [クラベル]

外回りが多いサラリーマンであれば、このバッテリーの持ち時間は大変助かりますし、指紋センサーやデュアルSIMにも対応しているのでゲームやカメラに性能を求めなければ、ビジネスマンに最適な端末であると思います。

また端末自体が他社製品に比べるとかなり安価であるにもかかわらず、純正のアクセサリー(ケースや保護シート)も揃っており、端末を買った日にその他アクセサリーも合わせて購入し、すぐに快適に使用する事が出来ました。

男性・40代 バッテリーの容量が大きいために、外出していてもバッテリーの残量を気にせずに通話やインターネットを使えるようになりました。

ROMやRAMの容量も多く、8コアCPUを搭載しているため、アプリやネットをしているときの動作がスムーズで、使っている時にストレスを感じることがほとんどありません。

- FREETEL RAIJIN(プラスワン・マーケティング)の口コミ・評判・レビュー | 格安SIM奉行11|格安SIMと格安スマホのオススメ比較ランキング

どうしても、大手キャリアの電話をやめることができないけど、ネット通信料金だけは抑えたいという場合は、この2枚のSIMを入れて解決できますよ。

メインのカメラが800万画素なのでそこが私的には少し物足りないですが、このバッテリー容量とカラフルなケースはかなりお買い得端末と言えます。

理由はデュアルSIMで、バッテリー5000mAh、そしてカメラの画素数がKIWAMI2と同じだからです。

毎年機種変更をしたい場合(端末代はずっと払い続けることになるプラン)コミコミプランもあります。

- FREETEL(フリーテル)が評判良いらしくKIWAMI2やRAIJINの比較をした!

ハイスペックなスマホに人気が集まる一方で、メールやLINE、たまに撮影、たまにSNSといった用途、もしくは電話が中心の場合はエントリーモデルやミドルクラスのスマホが選ばれている。

価格は抑えめでスペックも悪くなく、さらにバッテリーが長持ちするSIMフリースマホはないものかと探したところ、最適の端末が見つかった。

RAIJINのOSは最新のAndroid 7.0(Nougat、ヌガー)で、ダラダラとSNSを楽しむために必須ともいえるマルチウィンドウに対応している。

バッテリーテストでは、カタログスペックほどの体感は得られなかったが、余裕で1日以上動作するので明らかに充電回数は減りそうである。

- 5000mAhバッテリーのFREETEL「RAIJIN」は確実に充電回数を減らせる!

au系の格安SIMは、LTEメイン回線のBAND18に対応していないので使えても不安定です。

が、オクタコアのCPUでもややスペックが低めなのでカクカクする可能性があり、FREETEL独特の不具合もあるかもしれないのでポケモンGO向きで購入する方は様子見の方が良いです。

SDカードはmicro SIMと共有なので大容量のデータを使いたい人はmoto 4G Plusです。

CPUは高負荷と低負荷に対応する2種類のコアクラスタを搭載し、価格を抑え気味にしています。

- FREETEL RAIJIN(雷神)のスペック・評価・評判まとめ - かくすま

Android7.0から、2つのタスクを同時にディスプレイに表示するマルチウィンドウができるようになった。

「Priori 3 LTE」でも普通にゲームができるのか?と気になっているユーザーも多いと思う。

Google Play ミュージックでSDカードが認識しない時の対処法を試しても、ダウンロード管理の保存先が表示されないことがある。

4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているPriori3Sを、ポケモンGO専用スマホとして使ってみることにした。

- 大容量バッテリー搭載したスマホ「RAIJIN 雷神」の使用感

「RAIJIN」ではストレージ容量が64GBとそこそこ多いので、SDカードは使わなくても問題なさそうな気はする。

これをスロット1に入れて、スロット2にはエキサイトモバイルのデータ専用nanoSIMを入れてみる。

設定のデータ使用量を確認してみると、上のモバイルデータ使用量が「0B使用」と表示され、使っていないことがわかる。

下のモバイルデータ使用量は「419MB使用」と表示されていて、SIM2に入っているエキサイトモバイルでのみデータ通信をしている。

- 「RAIJIN」開封レビュー!ちょいと重いがこいつは快適だ

ずっと使い続ける物なので、ここはケチらずに素直に1000円程度の液晶保護フィルムを購入することをお勧めします。

CPUはこのようなデジタル機器では心臓部なので言わずもがななのですが、もう1つの画面は解像度が高ければ高いほど、大きければ大きいほど電力を大きく消耗します。

画面解像度はこだわる人はこだわる部分ではあるのですが、一般的な使い方をする場合、5インチ程度でそこまで求める物ではないと思います。

ちなみに、私が使用しているタブレットのASUS ZenPad 8.0ですが、こちらは同じような実験をしての電池持ちは約7時間でした。

- 1日使ってわかったこと「FTJ162D Priori4/FREETEL」レビュー | 感想とレビュー.com

大抵のAndroid端末では通知領域内に一部機能のON・OFFを切り替えられるトグルスイッチがあるのですが、Freetel UIのデフォルトでは画面下部から上へスワイプすることでトグルスイッチ類の出てくるiOSライクな仕様とっています。

悪い点ばかり紹介しましたが、Android 7.0搭載ということで同時に二つのアプリを表示することの出来るマルチウィンドウ機能に対応している点やアプリ履歴画面を開いてすぐのところにタスク消去ボタンがあるなど悪い点ばかりではないようにも感じられます。

メーカーが公表している既知の不具合ではホームキー長押しに割り振れる機能のどれに設定しても音声検索が立ち上がるという問題がありましたが、それ以上に不満なのがスクロール時の誤タッチ時の動作。

一般的なのかは分かりませんが、少なくとも私の手元にある「Alcatel SHINE LITE」や「ASUS ZenFone3 Laser」のようなナビキーがタッチセンサーの端末ではスクロール操作時に誤って触れてもなかったこととして扱われます。

- 圧倒的電池持ち FREETEL RAIJINファースト・インプレッション – ガジェットギーク

サイズ等の構成から考えると、covia「gooのスマホg07」、asus「ZenFone 3 Laser」「ZenFone 3 Max」などが比較対象なりそうです。

単純なメモリー容量ではヘビーユーザーでも困る事は無いでしょう。

しかし、ライトユーザーでは持て余してしまいそうな特長「大容量バッテリー」「64GBストレージ」「4GBメモリー」は同クラスで圧倒的に抜き出た性能を誇っていると言えます。

「大容量バッテリー、64GBストレージ、4GBメモリー」に今のところ必要性を感じない人。

- 発売日が迫ったFREETEL RAIJIN(雷神)を買うべき人とは?スペックやライバルスマホを考察してみた。 - 格安スマホマイスターぴざまん

格安SIMを利用する場合は、ご利用の端末が「動作確認済み端末」かどうか、各MVNOでチェックしておくことをおすすめします。

また、下りの通信速度も圧倒的な速さを実現しているので、重いデータでもサクサク動作し、画質の高い動画でもスムーズに閲覧することが可能です。

SIMフリースマホ 「ZenFone 3 ‏Max ZC520TL」の スペック・発売日・価格情報などの情報をまとめています。

ASUSのSIMフリースマホ 「ZenFone 3 ‏Laser ZC551KL」の スペック・発売日・価格情報などの情報をまとめています。

- RAIJIN の評判・スペック・発売日・価格情報 | スマートフォン徹底比較サイト

メモリ3GBでも十分ではありますが、RAIJIN(雷神)のメモリと容量は魅力的ですね。

ちなみに、Zenfone3はソニーのカメラセンサーを搭載しているとのことです。

ちなみに、Zenfone3はDSDS対応ですが、SIMカードスロットのひとつがmicroSDカードと兼用となるため、microSDカードを使用する場合はDSDSとなりません。

CPUは確かにZenfone3の方が若干良いのですが、バッテリー容量やメモリなど総合的に見た場合、RAIJIN(雷神)の方がコスパに優れていると言えます。

- DSDS対応のFREETEL RAIJIN(雷神)とZenfone3を比較!どちらが買い?

画面だけでなく本体も傷ついているので携帯を買い換えたいんですが、Mate7の販売は既に終了していて買えず、Mate8は日本で未発売、画面が大きくてバッテリー容量が大きい端末がなかなか発売されなかったので、僕は「Ascend Mate7難民」となっていました。

画面が6インチと大きいこととバッテリーが4100 mAhというのが最大の特長、「でかくて長持ち」。

弱点はカメラに手ブレ補正がないことと外部メモリーの認識が日本販売のものは32Gまでと少ないこと。

Asendmate7ではSONYの4世代BSIセンサー前面カメラには5P非球面の広角レンズを採用するなど工夫がありましたが、雷神のカメラ性能はどうなのかは不明です。

- freetelの雷神はAscend Mate7難民の救世主となる?スペック比較してみた | おっさんの放課後

そのような状況のなか、honor6 Plusからの機種変更にもピッタリな、安価ながらもスペック・レビュー評価が比較的高い・高くなりそうな機種のうち、Freetel RAIJINとgoo g07をスペック比較し、機種変候補として検討してみました。

冒頭にも記載のとおり、honor6 Plusのバッテリー交換をどうすべきか、当たりハズレを覚悟(海外通販で互換品を購入しても、純正並みのバッテリー持ちとなるかどうかは運次第)のうえでDIY対応すべきか、出費を覚悟で楽天モバイルあるいはhuaweiに依頼すべきか、あるいは私にとって魅力的なDSDSに対応しているRAIJIN、g07に機種変すべきか、悩ましいところです。

私の手持ちスマホでは、honor6 Plusのベンチマークは、Nexus5・Xperia Z1fより上ですが、実際の操作感では、Google Chromeなど後者がよりスムーズだったりします。

Android 7.0では、マルチウィンドウや進化した省電力機能(Dozeモード)が使用でき、双方とも魅力的。

- RAIJIN vs g07 スペック比較、honor6 Plusの機種変候補に比較検討してみた

今回紹介する「RAIJIN」は5.5インチサイズのSIMフリーAndroidスマホですが、スペックの割にずいぶんと割安(最近Android機の相場観もついてきました)に感じられます。

スペックを確認する限り、CPUが若干不透明な気がするものの、それ以外はハイスペックマシンあるいはミドルハイと言っていいんじゃないかと思います。

若干語弊があるかもしれませんが、この製品はスペック表上、CPU以外はASUS ZenFon 3 Deluxe(5.5インチ)と同等レベルです。

Helio P10搭載機は0SIM運用のサブ機として某有名メーカーのミッドレンジモデルを使ってますが普通に2年前のハイエンドCPU、SnapDragon 801と同程度の性能(ただし3D面が弱め)なので満足できるんじゃないかなぁと。

- FREETEL RAIJIN - スペックの割にずいぶん安いのでは?5.5インチSIMフリースマホ

男性・30代・会社員 低価格で利用できバッテリーの持ちがとても良い FREETEL RAIJIN(プラスワン・マーケティング)は端末の価格が3万円程度で低価格で利用できる格安SIMフリースマホ端末なのがまず良い点としてあげられます。

丸2日程度充電しなくてもスマートフォンを使うことが出来ましたし、iphoneよりもずっとバッテリーの持ちは良かったので、スマートフォンの充電の残量を毎日気にすることがなくなりました。

男性・20代・会社員 4GBのRAMと5000mAhの大容量バッテリーが最大の魅力 ディスプレイが5.5インチサイズと言う事で最初は持ちにくいかもと思っていたのですが、四隅の形状がやや丸みを帯びたものになっていて、手のひらに馴染むタイプの端末でした。

携帯自身の電池の消費量が減ってきているのもあるのでしょうが今までの携帯の倍のバッテリ量で約4倍は持っています。

- FREETEL RAIJIN(プラスワン・マーケティング)の口コミ | 初めての方も安心!格安SIM比較ガイド!

現時点で最新のAndroid 7.0 Nougatが搭載されており、マルチウィンドウ機能を利用できるのもポイントです。

今回ご紹介した3機種は、どのような使い方をする人に向いているのかをまとめておきます。

日常的に10万円前後のスマートフォンを使っているからか、ところどころ物足りなさを感じたものの、価格を考えると納得できる部分でもあります。

スペックはほどほどで、とにかく長時間使用にアプローチしている製品です。

- FREETELの新スマートフォン「KIWAMI 2」「RAIJIN」「Priori 4」をタッチ&トライ – NEWSTALKER

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 410 × 不満 ポケモンGOが処理落ちすること多し。

上のサイトによるとCPUのパワーが未知数ていうのとDSDSとmicroSDカードが排他仕様。

全体的な性能に関しては非常に高いという評価が多いので、このカメラ機能が唯一値段デメリットとして挙げているレビューがほとんどのように思います。

最後の基準としてデザインw Redmi Pro と Redmi Note 4は値段としてはNote4の方が安いんですが、デュアルカメラが気になったのとHelio X25というX20より少し速いCPUを積んでいてそこと値段の差に納得したからです。

- 新しいスマホをZenfone Maxとのスペック比較で考える。の巻。追記有り) - タクドラtakuoの雑念 はてブロ

同日に発表された「KIWAMI 2」と比較して、解像度がフルHD、8コア低クロック数のSoC、といった面で劣っているが、なによりも大容量で長持ちするバッテリーが魅力。

増田氏は、毎月の料金が安く使える格安SIMだが、事務手数料がどれも3,000円かかることに疑問を持っていた話し、初期費用が299円で使い始めることができるサービス「初期費用299円 全プラン対応パック」を発表。

各プランで、指定の時間以上の通話は30秒で20円かかるのはこれまで同様。

これまで0円スタートプラン(プレミアムバリュープラン)を契約している人でも、本日を起点として6ヵ月後から残債なしで機種変更が可能になる。

- FREETELゲーマー向け新スマホ「RAIJIN」は8コア+5,000mAh+FHDで登場! | Game Deets

デュアルSIMは、1台の端末で2枚のSIMカードが使えること。

CPU性能はKIWAMI2の方が上ですが、メモリとストレージ容量、カメラ性能はKIWAMI2も雷神も同じです。

画面を比べると、KIWAMI2の方が大きくて解像度も高いのですが、その分本体は大きくなってしまうわけで、人によってはよりコンパクトな雷神のほうが良いと感じられるでしょう。

約3万円の雷神については、同価格帯のスマホの中でも、DSDS対応だったりストレージ容量やメモリが優れていたりと、明らかに高スペックなので全スマホと比べてもおすすめできる端末ですね。

- フリーテルKIWAMI(極)2の評価ポイントは?雷神とどっちがおすすめなの? - おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び

「FREETEL RAIJIN」では今まで通りGPSを利用できます!このスマホは「Android 7.0」を利用していますが、格安SIMを使ったGPSのトラブルは聞いたことがありません。

月々数百円の違いで、速度が遅くなったり不安定になるのは困りますよね?マイネオは他社と比較しても総合評価が高く安定しています。

おすすめ格安SIM診断では、あなたに最適な格安SIMを10秒で探せます。

3GBプランの場合でも月々610円で利用できますし、最低利用期間などの条件もありません。

- SIMフリーのFREETEL RAIJINで格安SIM(MVNO)を使えるか調査した結果

アンドロイド特有の画面下にある「戻る・ホーム・タスク表示」の表示を消して、それらを指紋センサーボタンとジェスチャーで補えるというものもあるんです。

P10はスマホながらISOやシャッタースピード、EV、フォーカス、ホワイトバランスなどなど細かく設定することができます。

ですが、このP10という機種は基本性能を徹底的にブラッシュアップして世に出されたある意味で珍しい機種なんです。

1年くらい使ったら中古に出して、また新しいのでも買おうかなとか思って買ったんですが、基本的な機能の質が高いので下取りなどに出してしまうのもなんだかもったいないような気もさせられる機種でしたね。

- 【レビュー後編】HUAWEI P10―基本性能と使いやすさが徹底的に磨かれた良機種 - TIRU LABO