スマートフォン

HTC

U10

レビュー

ここに最新のCPUを搭載するということで、アプリ「AnTuTu Benchmark」にて、ベンチマークスコアを測定。

基礎性能としては2016夏モデルの中でも間違いなくトップクラスであり、最新・高性能といったことを重視して機種を選びたい人にとっても魅力的な1台といえるでしょう。

ハイレゾ音源を再生するためには専用のアプリおよびハイレゾ音源(音楽データ)を別途用意する必要があるものの、一般的に安くても数千円はかかるハイレゾ対応のイヤホンが同梱されている点は非常に魅力的。

またHTC 10ではプロモードと呼ばれる、デジタル一眼レフカメラのようにホワイトバランスや照度、ISO感度といった撮影条件を細かく設定できるモードも。

これは従来のウィジェットやアプリアイコンの他、ステッカーとよばれる自由なサイズのアイコンにアプリへのショートカットの機能を持たせ、ホーム画面のカスタマイズをより楽しむことができるようにしたもの。

- au「HTC 10 HTV32」をどこよりも徹底レビュー!満を持して登場したグローバル旗艦モデルの実力とは? - モバレコ

このスコアであれば、今後2年以上「HTC 10 HTV32」を使用する前提でも、処理性能で困る事はないでしょう。

3Dゲームや処理が多いアプリなどを使う習慣があって、高性能スマホを探している人にはピッタリの機種となりそうですね。

「HTC J butterfly HTV31」が1年前の機種なだけあって、ディスプレイ以外の全てのスペックが上がっている事がわかります。

カメラ機能、RAM、ディスプレイの解像度も「Galaxy S7 edge」と並んで2016年夏モデルの中で最高という事で、「HTC 10 HTV32」は超高スペックスマホとなりました。

それでも、電池容量については、そこまで極端に使いづらいという話は聞かないので、酷使しない限りは十分に1日もたせる事が可能でしょう。

- au HTC(エイチティーシー)10 HTV32の評価!気になるスペックや価格・評判をレビュー! - くろねこのみみ

3Dゲームや処理が多いアプリなどを使う習慣がある人にとっても、快適に使えるスマホだと思います。

HTCのスマホは1年前から「QHDディスプレイ」や4GBのRAMを搭載しているモンスタースマホなので、スペック表で見るとそれほどの変化はありませんが、カメラ性能やディスプレイの大きさ、機能面では防水機能が新たに加わり、全体的に進化しています。

アウトカメラに搭載された「オートHDRブースト機能」により、一度に複数の写真を撮影し、前後のフレーム情報を解析してノイズを除去する事で、より鮮明な写真撮影が行えるようになりました。

「HTC U11」では、「HTC Uソニック・ハイレゾ」機能によって、人によって耳の構造や聞こえ方が違う音質を、音の反響から個人の耳の中の形に合わせて最適化し、自分だけの最適な音楽を楽しむ事が可能です。

「HTC U11」に搭載された4つのマイクと音声フォーカス技術により、臨場感のある理想的な3Dオーディオ品質で録音をする事ができます。

- 「HTC U11」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

高いスペックはもちろん、純正のハイレゾヘッドフォンと急速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応したACアダプター、USB Type-Cケーブルなど、同梱品を充実させて「非常にお買い得感がある」(玉野社長)のも魅力だ。

まずは全ての機能で満点を目指した」(玉野社長)と、ハイスペック化を進めることで他にはない特徴を打ち出したと説明した。

押す頻度が高い電源キーもメタル製で、指先で確認できるようスリット加工を施した。

ホームキーは5.2型ディスプレイをフルに使えるよう、ディスプレイの外に配置。

Qualcommの最新プロセッサを搭載し、超急速充電技術「Quick Charge 3.0」にも対応する。

- 10点満点の「HTC 10」 日本でシルバーが出ない理由とSIMフリーモデルの可能性 (1/2) - ITmedia Mobile

重い3Dゲームをする人にとっては4GBというメモリ領域は非常に魅力的です。

HTV32のインカメラを使えばキレイな写真がとれるようになるのでSNOWを使うのも楽しくなっていくはずです。

また、ハイレゾ対応イヤホンを同封しているので、端末を購入するだけですぐに高音質を楽しむことが出来ます。

デレステは音ゲーと呼ばれるゲーム、かつ3Dでキャラが動くゲームなので、の高スペック端末でないとまともにプレイできません。

この端末を1台持っていれば、ゲームでもカメラ用途でも何でもこなすことが出来ます。

- HTC 10(HTV32)のスペック情報と口コミ・レビュー評価の紹介!【au・2016年夏モデル】 | DigitalNews365 - でじにゅー

今ではメインカメラに手ブレ防止機能があるのは珍しくありませんが、本機では世界初の機能、インカメラにも光学式手ブレ防止機能が付いており、画面が光るスクリーンフラッシュと500万画素のカメラによって、自撮りが簡単に美しく撮影できます。

従来機種「 HTC J butterfly HTV31」よりも向上したタッチ操作は、反応が50%も向上し、自動最適化アルゴリズムによりアプリの起動も2倍速くなります。

本機には、国内初となるハイレゾ対応イヤホンが同梱されており、CDよりも遥かに高音質な音楽が、機器の追加無しで楽しめます。

カメラでは、インカメラにも手ブレ防止機能が付いて、画質が良いだけではなく自撮りを手軽に楽しめたり、設定が簡単なのが良いようです。

高画質で撮影がしたい、最新の3Dゲームで遊びたい、オーディオには妥協をしないなどハイスペックを要求する使い方を求めている方には「HTC 10 HTV32」は最適なスマホになりそうです! HTC 10 HTV32に機種変更やMNPするなら24時間対応で簡単便利なau Online Shopがおすすめです。

- HTC史上最強。auの「HTC 10 HTV32」の評判

手持ちの端末に”Galaxy S6 edge”がありますが、Wolfsonのサウンドチップを採用していることもありスマートフォンでも聞き心地の良いリスニングが体感できます。

HTV32に同梱されているイヤホンは日本オーディオ協会が認定する「ハイレゾ」に対応しているとのことですが、音質はいかほどのものなのか検証してみました。

先程と同様イヤホン音質のみを検証するために、プレーヤーはHTC 10でなく手持ちの高級音楽プレーヤー、”FiiO X7”を用いました。

ハイレゾ対応というのは40kHz以上の音が再生できるというだけであって特に意味は感じていませんが、付属イヤホンのクオリティーとしてはなかなかのものでした。

動画撮影時にハイレゾ録音の設定ができるため4K動画+ハイレゾ録音といったことも可能です。

- オーディオ好きによる「HTC 10 HTV32」レビュー! 本体スピーカー・付属のハイレゾ対応イヤホン・ハイレゾ録音の音質を確かめる | HTC速報

視野角がそれほど広くなく、G5やGALAXY S7にある ALWAYS-ONディスプレイ機能が無い点は少々残念ですが、 HTC 10のスクリーンパネルが業界トップレベルであることは 間違いないでしょう。

アプリをインストールする毎に 内部ストレージにするか、それとも外部ストレージか と悩む必要がなくなり、時間の節約にはなるのですが、 性能が落ちるという話もあるのであまりおすすめはできないです。

残念なのは、S7と違って10が防水仕様ではないことでしょう。

HTCの発表内容によると、HTC 10には3000mAh容量の バッテリー(電池)が内蔵されていて、 ヘビーユーザーでなく一般ユーザーなら 48時間の持続時間を提供するといいます。

GALAXY S7 EDGEのようなカーブディスプレイでもないですし、 LG G5のように本体の下部を取り外し、特殊な機能を 備えたモジュールに付け替えることも出来ないです。

- HTC 10レビュー感想評価評判(SIMフリー):来たれ!ブームサウンド!格安スマホ比較

デレステが常時CPUをフル稼働させるほど重たいアプリかというと決してそういうことはなく、正常動作時であればCPU使用率は30%台、big側のコアも300~1800MHz辺りを変動しながら動作しています。

デレステの動作がおかしいと感じたときは、タイトル画面の時点で既にbigコアがフルパワーで動いており、メニューや曲選択画面でもクロックが変動することはありません。

シャドウバースについてはプレイしたこともないためノーコメントとさせて頂きますが、Twitter上でもHTC 10でデレステ2D標準がもたつくという話もありました。

正常時であれば旧機種で稀に起きていたタッチ抜けのような現象もなく、デレステをプレイする上でHTC 10 HTV32はかなり遊びやすい製品であると感じています。

iOSデバイスは検証していませんので分かりませんが、宗教的な問題やOSに対するこだわりが無ければ、デレステ等音ゲー用に最新のiPadを1台購入してきたほうが幸せかもしれませんね。

- 【解決済】HTC 10 HTV32など、複数のAndroidデバイスでデレステがもたつく現象について | ぴけっとガジェット

●海外版・グローバルモデルのメリットとしては、OSアップデートが確実に行われるという点が一番大きいと思います。

●au版のメリットで一番大きいのは、何といっても保証だと思います。

端末の購入方法もそうですし、使用中に故障した時、そもそも電波的に安定・安心して使用できるかという面など全体的に保証があります。

勿論今回のau版HTC10では日本機能を排除してグローバル版に非常に近い状態なので、他のモデルよりも継続アップデートの可能性は高いと思いますが、auを一枚噛んでいるのはデメリットと言えばデメリットではあります。

この点に関しては、私自身は3GのWーCDMA2100MhzとLTEバンド1が入ればそれでいいと思っているので、正直言って詳しくありません。

- au版HTC 10と海外版HTC 10のどちらを選ぶべきか。※9/13更新 - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

今まで我慢して使っていた404SHですが、何回修理してもすぐに液晶の色が変色し、話になりません。

ちなみに、同じハイレゾに対応しているソニーの機種は、ヘッドホンは別売りということです。

ソニーはソニーの技術、シャープはリコーの画像回路、HTCは・・・グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」のモバイル端末部門において、世界最高評価「90スコア」を獲得したとか。

そういや、ソニーもシャープも、カメラ性能がいいとは書いてあるけど、自分のところの技術に関してばかりで、第三者機関の評価じゃないんですよね。

画素数比較では低いのですけど、写真や動画の綺麗さは画素数とは関係ないんですよ。

- HTC U11 に機種変しました | 購入商品の紹介 | Madoromi