スマートフォン

Apple

iPhone 7

レビュー

2枚の画像を合成して、2倍光学ズームなどのユニークなエフェクトを生み出すことができる。

しかし一方で、おなじみの「2年契約を結べば無料になる」さまざまなキャンペーンを利用したい人は特に、iPhone 7とiPhone 7 Plusが前モデルからアップグレードする価値のある有用なモデルであることを知ってほしい。

通常のヘッドホンを新型iPhoneに差し込むというのは、以前は単純で簡単に思えたプロセスだったが、今では付属のアダプタを持ってきたかどうか思い出さなければならなくなった。

以下では、新モデルiPhone 7とiPhone 7 Plusを1週間使用した筆者が、ヘッドホンジャックなしで過ごし、新しいiPhoneが備えるそれ以外のあらゆる機能を体験したレビューを紹介する。

- 「iPhone 7」レビュー(前編)--イヤホンどうする、光沢の良悪、新感触ホームボタン - CNET Japan

見た目は今までにないクールなカラーでとても気に入っているが、「iPhone 6s Plus」からの乗り換えなので、サイズダウンしたことに関しては「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた時に抱いた感想と非常に近い。

これまでは換気扇をしっかりと回しながらタオルを風呂蓋の上に敷いて動画を楽しんでいたが、「iPhone 7」はIP67相当の耐水性能。

細かいところが気になる人向けに、カメラ性能が本当に進化したのかどうかは追って記事として公開する予定だが、取り急ぎ「iPhone 6s Plus」「iPhone 6s」「iPhone SE」と比較した写真サンプルを数枚載せておく。

当初は手狭に感じていた画面サイズも使っているうちに慣れ、片手ですべての操作ができないものの、少なくとも片手による文字入力は「iPhone 6s Plus」よりも遥かに快適。

- iPhone 7 ブラックモデル レビュー | gori.me(ゴリミー)

今まで早いとされていたiPhone6sやiPhone SEよりも早いですし、電波が届かなかったところでも厳しくても全然OKの感度を誇ります。

iPhone7のカメラ性能が進化していることは既に知っている人も多いと思いますが、画質が今までより格段に良くなっているのはやはり凄いようです。

iPhone7のホームボタンをカスタマイズしたいという人が出てきているぐらいですが「思っていたよりも良かった」という好反応な人がそれよりも上回っていることが判明しました。

これはあまり話題にはなっていないもののかなり便利なiPhone7の新機能のようで、いわゆる”ブルーライトカット機能”のことです。

- 【iPhone7レビュー評価・感想】買って良かった&後悔した点 | iphoneQ(アイフォンキュー)

それ以降は、カードのSuicaで何の不便もないと思っていたのだが、このモバイルSuicaをiPhoneで使えるとどうなのだろうか? だから7に乗り換えることに決めた。

いつもブラック系と決めているので迷うことはないのだが、iPhone 7はジェットブラックとブラックの2種類がラインアップされたため、少し迷ってブラックを予約をした。

前モデルのiPhone 6sの背面には、上下に2本のプラスチックパーツがある。

サイズもデザインもほとんど変わっていないが、アンテナラインの1点だけで、iPhone 7のほうがずっと格好良くなった。

- Suica対応は本当に便利? iPhone 7自腹レビュー - 日経トレンディネット

【機  種】iPhone7 Plus 【 色  】ジェットブラック 【 容量 】128GB 【キャリア】ドコモ 【前 機種】ガラケー 【 点数 】95点 基本的に大満足です。

【機  種】iPhone7 【 色  】ブラック 【 容量 】32GB 【キャリア】docomo 【前 機種】iPhone5s 【 点数 】30点 充電しながら長時間通話する方法が見当たらない ワイヤレスのイヤフォンだとイヤフォンの充電が切れたら終わり 端子を買っても通話には対応してない見当たらなすぎてお手上げ はやく改善してほしい。

【機  種】iPhone7 【 色  】マットブラック 【 容量 】32GB 【キャリア】au 【前 機種】SOL23 Xperia Z1 【 点数 】100点 前の機種であるSOL23の画面が綺麗に割れてくれましたので、コジ割を利用して実質無料で購入しました。

【機  種】iPhone7plus 【 色  】ローズゴールド 【 容量 】128GB 【キャリア】au 【前 機種】iPhone6s 【 点数 】70点 画面保護は au+1collectionの保護ガラス 本体カバーは au+1collectionのサフィアーノレザー調ケース 先ず大きさは前にiPhone6PLUSと6sPLUSを使用していたので違和感無く使えています、 基本的な使用感はあまり変わりない感じですがCPUが A10 Fusionに変わったことによって6s.6sPLUSと比べて若干動作速度が速く感じています、 またイヤホンジャックが無くなったのとホームボタンが物理式から感圧式に変わったことの感想ですが、 イヤホンジャックが無くなったのは充電しながらイヤホンを使用するのにはアダプタ等を購入しないと出来ないので不便に感じますね、 通常のイヤホンを使うにはアダプタが付属されているので問題無いですが・・・ ホームボタンの感圧式は直ぐに慣れましたが押し方によってはsiriが作動するのがイマイチですね、 あとは通話機能ですがマイクの場所が適切ではないのか通話相手に聞き直されることが多くなったので電話機能としては不満に思っています、 以上の不満点を踏まえ自分の評価点は70点です。

- 【iPhone7 vs 7 Plus】みんなの評価・口コミ・レビュー - 予約ゲット.com

3Dグラフィックスを駆使したゲームをプレイしたり、数世代前のiPhoneから乗り換えた場合は違いを感じられるでしょう。

iPhone 7 Plusを中心にサイズ感や質感を写真で確認していきます。

実際Bluetoothイヤホンは便利ですし、3.5mmプラグのイヤホンも変換アダプターをつけたまま持ち歩けば不便に感じることはありませんでした。

よって、2倍またはそれ以上のズームで必ず望遠レンズを使うわけではなく、撮影環境に応じて自動的に最適なカメラに切り替えます。

- 大人気の「iPhone 7 Plus」を徹底レビュー!デュアルカメラだけじゃない!内に秘められた新機能をまとめてチェック - モバレコ

ということで!発売から1週間経った現在、iPhone 7 / 7 Plusにまつわる評判や口コミを集めてみました!「ふむふむ、なるほど!」というものから「え、そうなの!?」と驚きのものまで、皆さんそれぞれに思うところはあるようです。

光学式手ぶれ補正の搭載や、2倍光学ズーム(7 Plus)の搭載など、あらゆる面でカメラ機能は進化しています。

「iPhone7(ブラック)256GB」にシレッと乗り換えたんですが、「通話無制限」「パケット20GBまでOK」「Suicaで地方取材がラクになる」「カメラが良いよ」「256GBあると何かと安心」という、【もう気にしなくていいんだよ】の要素が多いことに価値を見出してます。

iPhone 7は完全防水ではないことに注意。

- あの新機能が意外に不評!? 賛否両論なiPhone 7の評判・口コミまとめ - モバレコ

iPhone7 Plus限定の機能「ポートレートモード」は、画像処理によって背景をぼかすことで、一眼レフで撮影したような効果を得られるモードです。

ステレオ化の負の効果でもあるのですが、写真やスクリーンショット撮影時のシャッター音が大きく、iOS10.1では裏技による無音化もできなくなり、困っています。

  スクリーンショット撮影については、iOS10.2でサイレントスイッチによる無音化が可能になるようなので、リリースに期待しています。

ケースの装着により、デュアルカメラの出っ張りがフラットになるので、机に置いてもカタカタ揺れないのは良いのですが、ケースの一部が本体に張り付いて、シミのような見た目になってしまうのは少し残念です。

- 【レビュー】ジェットブラックのiPhone7 Plusと過ごした約1か月 - iPhone Mania

CPUがA10になったとかのスペック面も大事ですが、やはり実際の使い具合がどうかというところが気になりますので、ここではユーザさんの「生の声」を主に集めております。

iPhone 7 Plusカメラの性能・画質の感想!一眼レフカメラの写真との比較をしてみた 一眼レフには一歩譲るものの、Webやスマホで見る分は充分綺麗!との評価。

iPhone7plusが防水防塵で光学カメラと言うだけで、防水防塵のオリンパスのミラーレス一眼やコンデジにLINEとTwitterと音楽再生とポケモンGO、そしてモバイルSuicaが付いている。

7では、ホームボタンやヘッドホンの扱いにとまどうユーザも多いですが、これはそのうち慣れると思いますし、大型化以外これといって特色のなかった6に比べると、いろいろと新機能が加わっています。

- iPhone7のレビューまとめ!情報が出そろった今こそ確認したいポイント

「iPhone7 Plus」と違い、「iPhone7」の場合はそこまでスペックに違いはありません。

IP67規格というのは防水面では、常温で水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置した後に取り出しだしても正常に動作する事を意味していて、防塵面では、粉塵が内部に侵入しない事を意味しています。

「3D Touch」とは、通常の操作に加え、指を画面に押し込む事でさらに「押し込み」を認識、操作をより簡単にできるというものですが、「iPhone7」では微かなタップを返してくるようになり、「押し込み」だけでなく触覚でも確かめられるようになりました。

カメラ性能やディスプレイのキレイさなどは、他メーカーのandroidスマホでも同レベルやそれ以上の性能のものがありますが、「処理能力」に関しては現状でトップレベルの「iPhone6s」からさらに1.3倍になったのでは、2017年の春以降にならないと同じレベルのCPUは出てこないんじゃないかというくらい優れています。

- iPhone7の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ - くろねこのみみ

製品のCPUや容量などまで調べて投稿する余裕がなかったので投稿したのは外観写真だけ。

実際、筆者もApple Watchでは(PRODUCT)REDの赤バンドと黒いアルミケースの本体を合わせてみたことがあり、男性的にすごくかっこいいのはよく分かる。

iPhoneユーザーの半数以上が女性である現状では(もちろん、それが似合う女性もいることは理解しているが)必ずしも正解の色の組み合わせではない。

通常、マナーモードスイッチの内側は「オレンジ色」というのが古くからのiPhoneユーザーの頭には染み込んでいるが、ここはあえて別の色を混ぜたくないという判断でこうしたのだろう。

- 林信行が魅力を解説 「iPhone 7」シリーズ(PRODUCT)REDモデル発売直前レビュー (1/2) - ITmedia PC USER

iPhone 7の機能面での注目点「FeliCa対応」については、サービスが10月下旬からスタートであるため、今回は評価が行なえていない。

別のいい方をすれば、「そういうアプリを使いたくなるほど、カメラの機能がアップしている」ということでもある。

いままで通りの「ピンチ」ではデジタルズームだが、画面端の「1x」ボタンをタップすると「2x」になって光学ズームになり、そこから長押しして指を動かすとデジタルズーム、という形だ。

iPhone 7の特徴は、「なんの設定もせず、単にシャッターを切るだけでこのくらいの写真になる」ことにある、と感じる。

- 【西田宗千佳のRandomTracking】iPhone 7レビュー。防水など地道な改善とカメラ大幅進化。iPhone 7 Plusが魅力的 - AV Watch

これまでメインで使っていたXperiaZ3がだいぶ型落ちになっていたこともあって、iPhone7 Plusの快適さには感動しました。

「自宅や会社の電波がauしか入らないからAプランで使いたい!」という人もいるかもしれませんが、1点注意してほしいことがあります。

iPhone7Plusになって、外観、システムの両面で大きく変わったのが、外部のデュアルカメラですよね。

こういったハード面でのパワーアップに加えて、6s Plusから搭載されていた光学式手ブレ補正にちょっとビックリしました。

- 【詳細レビュー】mineo(マイネオ)でiPhone7 Plusを1年使った感想・評判【メリット・デメリット】 - 格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

↑この曲はブログで紹介したが、今回の3日使ってわかったことレビューはぜひこれを聞きながら読んで欲しい。

そう考えて3日使ったが、ボタンをそのまま押す感じは、ケースをずっと使っていた僕には新鮮だ。

iPhone 7、iPhone 6s Plusの表示比較。

Apple Watch Series 3、セルラーモデルでLTE通信をするには「iPhoneと同じ通信事業者を利用する必要がある」と公式サイトに注意書きが。

- 【レビュー】iPhone 7 Product REDを3日使ってわかった15のこと〜切ないほどに「深い赤」、そのままの姿で使いたいんだ〜 | 部長ナビのページ

今まで使用していたiPhone6を使い倒そうと思ってバッテリー交換でリフレッシュさせたりと使い倒す気満々だったiPhone6だったが、格安シムを提供する通信業者が続々登場して今現在ソフトバンクに支払っている料金に不満を感じるようになってきた。

以上の事を購入後に検証したわけだが、以前使っていたのがSIMロックがかかっているソフトバンクモデルだったので、NFC搭載で電子マネーが使える事、防水対応になった事、ブラックカラーの登場だけでも買って良かったと思っている。

このレビューを見て頂いてiPhone7を見送ろう思った方も少なからずいるかもしれないので、そういった方は今後今使用しているiPhoneのバッテリーのへたりで悩まされる可能性は高いでしょう。

最後になるが、iPhone7のデザインをみればスマートフォン市場が頭打ちだという事も分かるし、なによりスペックは十分すぎるくらいだ。

- SIMフリーiPhone7に機種変更。開封&レビューと不満点のまとめ - 緑とメダカ

iPhone 7発売当初は、1番人気のカラーとなり、また製造工程の複雑さから、入手困難なモデルとなっていたことは記憶にあたらしいと思います。

磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

そんなことからぼくは普段からApple純正のレザーケースを使用していました。

カメラレンズ部分の傷は、ポートレートモードなど圧倒的な写真が撮影できるiPhone 7 Plusにとっては致命的なもの。

- 【レビュー】iPhone 7 Plus ジェットブラックを半年間使ってみた傷の状態はこうだ!! | FatherLog

内容物は、表面にあたる本体と裏面の蓋パーツに分かれたケースとストラップ。

ホームボタン部は、伸縮性のある薄いゴムっぽい特殊な素材を使用しており、感圧式へと変わったiPhone 7/7 Plusのホームボタン「操作」だけでなく、「Touch ID」にも対応している。

特殊な素材と内部構造により、2mの高さから落としてもiPhoneは無事という…まさに無敵のケース。

iPhone 7/ 7 Plusは、多少の水なら問題ないとは思うが、取説に記載があるように使用する前にはケースの防水テストをしたほうがいい。

- 【レビュー】完全防水・防塵のiPhone 7/7 Plus用ケース『Catalyst Case for iPhone 7』、このケースさえあれば、他には何もいらない | MOOOII

Appleはこれまで、iPodシリーズ、Apple Watch、iPhone・iPad用ケース、Beats Solo3 Wirelessなどで(PRODUCT)RED限定版を販売しており、今回それに引き続いてiPhone 7レッドモデルが誕生したのです。

他のモデルと同じく本体背面がプリントされたパッケージですが、もうこの段階でインパクトを感じます。

機能や特徴などに関する情報は既に出揃っているため、今回はiPhone 7 (PRODUCT)REDのデザインに着目。

側面に備わっている音量調整ボタン、マナーモードスイッチ、電源ボタンは全て筐体と同じアルミ製です。

- レビュー:iPhone 7 (PRODUCT)REDの真っ赤なボディを隈なく眺める

これは後ほどAppleから「ポートレートモード」として配信されて機能装備されるようですが、ある意味未完成品を売っているわけで、HUAWEIのP9,Honor8などが出ている現在、ちょっとこれは怠慢かなと思う。

一応デュアルレンズカメラのおかげで光学2倍、デジタルズーム10倍ができるようになったのは良いことですが、少なくとも私が期待していることとは違うかな。

見慣れたデザインという事もあり、10万円近い端末でこれほどワクワクしないのは初めて。

私の場合、まだ海外輸入ショップでiPhone7 Plusの在庫が無い時だったので、Apple Storeから買いましたが、現在は在庫が結構あるようなので、すぐ欲しい方は海外輸入版IPhone7 Plusを買う事が出来ます。

- Android使いがiPhone 7 Plus買ってみたのでファーストレビュー! 外観チェック編 ~ 物欲ガジェット.com

性能的にはiPhone 7 Plusの方がよいですし、特にカメラとして使うのであれば、Plusの方で選択の余地はないと思います。

これは余談ですが、片手操作を快適にしたり、ポケットに入れたりするには、iPhone 7のサイズでもまだ大きいですね。

少し前、Xperia rayというスマホがあって、個人的に非常に素晴らしいサイズ感だと思っていました。

iPhone 7と全く同じスペックで、せめてiPhone SEサイズのものが出れば、それを使いたいのですが……。

- 今さら iPhone 7 ブラックモデルのレビュー | Creative89 (クリエイティブハック)

ちなみに、iPhone7より背面に「総務省指定」の文字が刻印されていますが、iPhone7 Plusよりは小さく刻印されているようで、目立つ感じではありません。

(もしSuicaカードを持っていない場合は、「Suica」アプリから新規で作ることができます。

で、iPhone7本体にSuicaの番号「下4ケタ」を入力し、iPhone7にSuicaカードをスキャンさせることでデータが移されます。

つまり、iPhone7にSuicaカードをスキャンすることで、Suicaカードは「無効」になります。

- 【レビュー】遅ればせながらiPhone7を買ったので「Apple Pay Suica」で電車に乗ってきます!

2つめ、なぜわざわざ無印からplusに変えたのか? これは光学ズーム付且つポートレートモードを搭載したデュアルレンズカメラ、視認性の高さ、電池持ち、の3つになると思います。

1画面における情報量の多さは無印と比較になりません。

もともと外出する際は「iPhone」と「Suica(会社・家のカードキーが入った定期入れ)」の2つしか持ち歩いていなかったのですが、それがiPhoneだけで済むようになってしまったのはあまりに大きいです。

背面を拭くのはちょっと硬めのペーパータオルで、 私は元々指紋がつかないこともあり、会社で1日1回拭く程度ですね。

- 【Apple】iPhone7 Plus ジェットブラック レビュー【半年使ってみた】 | gatti blog(ガッチブログ)

iPhone 7はデュアルカメラではありませんがカメラのレンズが大きくなっていてこれはiPhone 7 Plusの広角レンズと同じスペックのものになっています。

iPhone 6シリーズからカメラが出っ張って、不評でしたが、iPhone 7はカメラの周りを滑らかにボディと一体感を出すようにしていて個人的にはデザインも良く気になりません。

なのでiPhone 7 Plusのサイズは大きくて嫌だけどカメラが捨てがたいという人にとって実はあえてiPhone 7のサイズに満足してカメラは他のカメラで写真を撮るというのが僕の中では理想的なんじゃないかなと思うようになりました。

もちろん逆のパターンもあって5.5インチサイズでのウェブブラウジングなど画面の大きさがとにかく大きなメリットで非常に視認性を高めてくれてそこでまた気持ちが揺らいだりもしてしまいます。

- まさかのサイズダウン!iPhone 7 Plusを購入したのに更にiPhone 7を購入した理由。 | 石田太志オフィシャルサイト|世界一のプロフットバッグプレイヤー

今回はジェットブラックに限らずiPhone 7 Plusの入荷が少なく全体的に入手が難しいが、その中でもストレージが128GBを選択する人が多かった。

そう思わせる原因は、これまたiPhone 6系で不評だったデザインの1つだが、アンテナの役割をもつ「Dライン」とよばれるもの。

iPhone 7においてそれは本体側面に移動し、目立たなくなったのだが、ジェットブラックは本当に存在が消えてしまったように見えて、背面が本当にきれいだ。

カメラ周りのデザインも全く違っていて、iPhone 7はクリアケースか裸で使いたくなる(ジェットブラックは従来モデルよりさらに滑りやすそうで出来ないが)。

- ついに入荷!iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは? | アナザーディメンション

普段はMacBook Pro Retina 15inchを使ってWebサイトの受託制作を業務として活動しているのですが、いつも大画面のMacを持ち歩いているためできるだけ荷物は少なくしたいですし「大画面のスマホとかもってのほか」と思っていました(いや、今も思っています)。

カメラですよ、カメラ! 一応NikonのフルサイズとSonyのミラーレス(APS-C)は持っているくらいのカメラを初心者ですが、写真の転送やバッテリーの管理は面倒ですし、ふとした瞬間に撮影したいタイミングが訪れた時に対応できるのはやっぱり身近にあるスマホなんですよね。

アプリを利用すればデジタルズームではなく望遠レンズでの強制撮影もできますし、まだまだ荒削りですがポートレートモードを使えば人を取りたい時や、周りが気になるシュチュエーションでもソコソコいい感じに撮れたりもします(ボケに違和感があったり、焦点距離が遠かったりと実用レベルではないが今後に期待)。

これはソフトウェア次第で改良の余地があるので、今後の期待も含めてデュアルカメラを装備している端末を選ぶのは普通かと思います。

- iPhone5s から iPhone7 Plus に買い替えた感想 - More Publishing

その衝撃吸収性能により、Tech21は素材の使用量を削減し、Impact Clearの薄さを側面で2mm、背面で1.5mmまで抑え、史上最薄・最軽量のiPhoneケースを生み出すことができました。

携帯が 大きくならず軽いのに、しっかり守ってくれるケースを探していましたが なかなか安心できず、こちらで購入を決めました。

税込表示の商品と税別表示の製品があります。

お近くのApple Store、またはApple製品取扱店で製品を購入することもできます。

- Tech21 Impact Clear Case for iPhone Plus 7 - Apple(日本)

iPhone7 ケースレビューその① 透明でクッション性の高いオーソドックスな安心ケース『Spigenウルトラハイブリッド』 『透明で iPhone7 のデザイン性を極力失わずにかつクッション性が高くて安心なケース』です。

▼ 詳しいレビューはこちら! iPhone7 ケースレビューその② 本当にただただオーソドックスな柔らか透明ケース『Spigen リキッドクリスタル』 ただただ柔らかいだけではなく、 写真では伝わりにくいけど、裏面の iPhone7 に接する部分は表面にザラザラ加工がしてあって、ペタッと iPhone の背面に張り付かないように工夫されています。

▼ 詳しいレビューはこちら! iPhone7 ケースレビューその④ ちょっと近未来感をプラスしたバンパー付き網網アーミーケース『Spigen ネオハイブリッド』 これ、二重構造になっていて、ケース本体は柔らTPUケースになっていて、その周りのバンパー部分はポリカーボネートで硬く作られています。

▼ 詳しいレビューはこちら! iPhone7 ケースレビューその⑨ Apple純正シリコンケース『ストーン』やっぱりこのデザイン的バランス感はとても気持ちいいものでして。

- iPhone7 ケースレビューまとめ。個性的なものから可愛いものまで今まで使った15選。

ミドルハイクラス以上の端末において、フルHDディスプレイと3GB以上のRAMを搭載することは、もはや当たり前。

5万円以上のハイエンドモデルになると、好き嫌いがハッキリ分かれそうなユニークな独自機能を持つ機種が目立ちます。

そして、モトローラの「Moto Z/Z Play」は、背面カバーを着せ替えることで、本格的なカメラやスピーカー機能を拡張できる仕様。

デジタル手ブレ補正機能はありますが、画質にノイズが生じやすいので注意が必要です。

- 「iPhone 7」と「高性能SIMフリースマホ」どちらが買い? 5項目比較でわかった真の実力レビュー | GetNavi web ゲットナビ

当初は、次期アップデート版(従来通りのネーミングならiPhone 7s、7s Plus)から追加されるのではという噂でしたが(例えばこちら)、発表1か月ほど前から、現行機種に赤色が追加されるのではという噂が流れ始めました(例えばこちら)。

Appleのことなのでとても綺麗な赤色なんだろうなと思ってはいましたが、ジェットブラックのiPhone 7 Plusをとても気に入っていましたし、中身は全く同じiPhoneを買う必要性も(普通に考えると)全くないので、とても魅力的ではあるものの、まぁ買わないだろうと思っていました。

ジェットブラックのiPhone 7 Plusの筐体はヌメっとした高光沢仕上げ施されており、漆黒でありながら光をキレイに反射します。

一方、(PRODUCT)REDのiPhone 7 Plusの筐体は表面に微細な凹凸がつけられているようで、わずかにザラっとした感触があります。

- iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED Special Edition 256GB レビュー | Mac弁@lawyerhaluのブログ

前回ガラスフィルムを3Dのものに変え、本来の裸状態のiPhoneに近い状態にすることができましたが、今使っているケースがごついので、一緒にスタイリッシュになるような安めのケースを探してみました。

たまに音量ボタンが硬いケースがありますが、これは独特の構造のボタンになっているためか軽く押すだけでOKでした。

薄いケースなので本体が奥まってしまうことがなく、マナーモードのスイッチの切り替えも楽にできます。

3Dガラスフィルムを貼ったら、このような薄型ケースを付けるとかっこいいですね。

- 【iPhone7】0.5mmの超薄型ケースレビュー!スタイリッシュ&手触り最高!【TORRAS】 | ましろNOTE

というわけで、三ヶ月前に6から7へ機種変したと同時に買ったsmart battery case (以下ケース)について、いいところと悪いところをまとめてみたいと思います。

個人的にTapric Engineの振動って指に伝わるよりも背面に接している手全体へとよく伝わるように感じるので、それが鈍いとクリック感も薄くなるのかな?と考えました。

3で個人的にはクリック感が程よく感じました。

常に付けていようと考える人は、次第に「これなら7plus選んだ方が良かったんじゃないかな、、、」と少し後悔するかもしれません。

- 【レビュー】iPhone7 Smart Battery Case Blackを三ヶ月使った感想 【結論:あくまでカバー】 - Pencil ✒︎ Pencil

ただし、アンテナラインが上下の縁へ移動されたことと、カメラ部分の形状が異なるため、一見した印象は若干両モデルで変わる。

A10 Fusionプロセッサは、数年前からAndroidスマートフォンに見られたパフォーマンスコアと省電力コアの組み合わせで、最大出力を高めつつバッテリー持続時間を延ばす、ハイブリットシステムとなっている。

Appleによると、すぐに充電などの接続をやめ、しっかりと5時間程度乾かすことを推奨している。

新しいカメラは、iPhone 7に光学手ぶれ補正と、より明るいF値1.8のレンズが用意され、iPhone 7 Plusには望遠レンズがセットされたもう1つのカメラが加わった。

- iPhone 7 / 7 Plus 先行レビュー! 盤石のアップデートとPlusの魅力 - 松村太郎のApple深読み・先読み (1) デザインは変わらずとも中身は激変 | マイナビニュース

私の友人がiPhone7を購入したのは良いのだが、とにかく心配性でケース、バンカーリング、フィルムと全てにおいて防御力を優先させている。

こういった「厚さがあるフィルム」をiPhoneに取りつける場合、ケースのことを考えると、画面より少し小さめのものを選ぶようにするとよい。

裸運用される方は全画面保護タイプのフィルムをオススメする。

今回の結果からアンカーのガラスフィルムとタフアーマーとの相性が良いということがわかったので、アクセサリー選びの1つの解として覚えておくと便利なのではないだろうか。

- 【レビュー】第2世代 Anker GlassGuardをiPhone7に貼ってみた | Apple信者1億人創出計画

「iPhone 7」のジェットブラックモデルの背面は、保護ケースとピッタリとくっついてしまう素材が使用されているため、従来の保護ケースではどうしても背面に滲みが生じてしまっていた。

背面パネル下部の角に小さな穴を追加したことによって、ケースがiPhoneに貼り付いてしまう現象を抑えているのだとか。

見た目はまるでハードケースのようだが、「ウルトラ・ハイブリッド2」は一応ソフトケースの部類。

カラーバリエーションは4色、「iPhone 7」用と「iPhone 7 Plus」用のどちらも用意されているので、気になる方は以下からどうぞ。

- 【レビュー】「iPhone 7/7 Plus」のジェットブラックには、Spigenの保護ケース「ウルトラハイブリッド2」がマストバイ 背面の滲みが消える魔法のケース | CoRRiENTE.top

ケースについてもiPhoneについては基本はポリカーボネートのクリアタイプを愛用してきたのですが、昨年遂にその座を明け渡すケースを見つけました!! (iPadはかなりお勧めのケース?シールがあるのでまた後日・・・) それがPITAKAのアラミド繊維ケースです!! よく「PITAKA iPhone7」でgoogle先生にお伺いを立てるとドカッとレビュー記事が 出てくるあれですよ、あれ。

一時期背面保護シートをつけて、やっぱ裸運用がいいのかなあと思っていた時に見つけて購入したのですが、この薄さ・軽さはケース付けています!感がかなりなくて私のベストケースとなっています。

価格が高いのと、メール攻撃が難点ではありますが、ケース本体は「非常に」素晴らしい物だと思います。

(ポリカーボネートで薄さXXmm!とかうたっている某ケースよりもつけてない感が高いです) あと軽さも素晴らしい! iPhone系のケースについてはライバルが登場するのを期待しつつ、上回るものが出ない限りはこれを使っていこうかと思っています。

- PITAKA iPhone7ケース レビュー - かずやんのガジェット探検記

シンフィット360の最大の特徴は、ケースが前面+背面と分かれており、挟み込むことでiPhone全体を防備できるところです。

前面ケースと画面に段差ができているため、ガラスフィルムは載せるだけでOK。

全てを装着すると、元のジェットブラック色は薄れ、ホワイトカラーのスマホのようになりました。

前述したように、Amazonでの販売価格がiPhone 7用が4,390円、iPhone 7 Plus用が4,630円と少しお高く感じていましたが「2つのケース+ガラスフィルム2枚」ということを考えると悪くはないかな。

- Spigenの「iPhoneをフル防備するケース」シンフィット360レビュー!好みじゃないと思っていたけど…手の平を返しました | スマートフォン王国

過去に当サイトでも iPhone 7 Plus 用ケースをレビューしていますが、比べてみると「ただ素材を変えただけ」ではなく、素材を変えたことで細部がより作り込まれていることがわかります。

さっそくiPhone 7 Plusに装着してみることに。

未使用時では人工革と比べるとグリップ性にやや欠けるものの、そこは使い込むうちに革が馴染み、自分の手にピタッとハマる質感に変化していくことでしょう。

もし防水対応のiPhone 7 Plusを存分に満喫したいのであれば、水への耐性はより高いであろうウォレットSを選ぶのも、選択肢としてアリかと思いますよ。

- iPhone 7 Plus用フリップケース「ヴァレンティヌス」レビュー。本革使用で耐久性確保&経年変化の楽しみも | そうすけブログ.com

文章ではなかなか伝えきれない部分ではあるんですが、今回の機種変更で一番気に入った部分です。

でも、iPhone7で同じことをやると、サクッと起動できます。

今の段階では「シャッター音を無音にできる裏ワザ」が使えるので、ロック画面から純正カメラを起動してもいいですが、この起動速度なら、サードパーティのカメラアプリでもあまりストレスがありません。

コンデジ買うならスマホにできない事がしたい! 接写(マクロ撮影)に強い機種を調べてみました。

- iPhone7の3日使用レビュー! 思いのほか良かった点2つ! - いつもマイナーチェンジ!

iPhone7ではデジタル5倍ズームまでしかできませんがiPhone7 Plusは望遠レンズを搭載することで光学2倍、デジタル10倍までズームして撮影をすることが可能となります。

「1x」というアイコンをタップすると光学2倍ズームで撮影することができます。

光学2倍ズームでどんな写真を撮影することができるのか試してみました。

(追記:iPhone7 Plusの光学2倍ズームは被写体から約60cm以上離れていて明るい場所でないと使うことができないことが分かりました。

- iPhone7 Plus ジェットブラックのレビュー!指紋の付きやすさやデュアルカメラレンズの画質比較も! - シンスペース

今から毎年恒例Apple秋の新製品発表イベントの時期まで数ヶ月程度だが、次期iPhoneモデルiPhone 8の噂や最新ニュースが早々浮上!革新的なデザイン、ワイヤレス充電機能、虹彩認証、3Dカメラ、MRシステム、「A11 Fusion」チップ等の新機能予想すごく話題になる。

「iPhone8」で搭載が噂される、顔を認識してiPhoneのロックを解除する「顔認証」の精度を高めるために使われる可能性がある。

iPhone 4との違いは、ガラスの表面・裏面のうち片方のみ曲面になって、フラットなディスプレイを丸くみせること。

これまでの噂やリーク情報から、iPhone 8のカメラ周りは縦に配列されたデュアルレンズカメラが特徴的である。

- 【iPhone 8評価・ロコミ・レビュー】発売日、スペック、新機能、メリット&デメリット、機種変更について最新情報まとめ!

iPhone 7 plusのジェットブラックと透明ケースの組み合わせは、油膜のような張り付きが報告されているので要注意です。

微妙にカメラや端子の位置が変わっているのでiPhone 6のカバー・ケースはiPhone7ではつかえません。

高い方が良いというわけではなく、カメラが不要ならiPhone 7、コンパクトさならiPhone SEと、自分の必要だと思う機能で適切な端末を選ぶのが良さそうです。

iOS10の新機能、自動スリープ復帰(「Pokemon Go」の省電力機能みたいなもの)機能で撮影がすごく簡単になりました。

- SIMフリーiPhone 7 plusブラック購入レビュー - YDブログ

それに比べ、今回の REDモデルに関しては 発売から各オンラインでの在庫状況を 追っていましたが、Appleのオンラインストアも含め、3月28日現在でも 当日での発送が可能となっています。

どちらにしても、今回の新色である REDカラーは 私の心を わしづかみされた事には 変わらないので 買って良かったです。

iPhone 7に機種変更して、カバンから財布を出すことが 劇的に減りました。

価格改定前に、ユナイテッド・アローズの公式サイトを見ていたら 新作モデルの写真がアップされていたので、気になる逸品をピックアップしてみました。

- iPhone7 赤! PRODUCT RED 128GBモデル レビュー

携帯のキャリアで購入する場合は各社それぞれ違いがあります。

細かい使い勝手等は既存のiPhone7 Plusと特に変わらないはずですし、様々な方のレビューがすでにまとめられているので、色や雰囲気が分かる写真だけを載っけときます。

箱は通常の「iPhone 7 Plus」と同じですが、箱に描かれているiPhoneという文字やAppleのロゴマークも赤色になっています。

個人的にはちょうど携帯を変えようと思っていたタイミングでかっこいい製品が出たので、機種変更しましたが、思ったよりも白×赤の組み合わせがいい感じだと思いました!!重めの赤色(血液の色)なので、ベゼルを黒くしてしまうとかなり毒々しくなりそう。

- 赤いアイフォンが来た!『iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED』に機種変更して初日の感想。 - 能ある鷹h氏

Touch IDがうまく機能しない時よく重宝したので、この癖はiOS10のアップデートでウィジェットを起動させる原因になりました。

普段からケースレスで使うことが多い私ですが、6、6Sモデルは飛び出したレンズを採用しているためにケースがないといろいろ不都合でした。

しかし、ケースの種類にもよりますが、画面のキワでの操作性低下や通常より幅や厚みができて本来の使用感を損なうこともあります。

(ちなみに、公式でケース推奨を謳っています) ただでさえ片手操作でも手の位置の持ち替えが必須となった近年のディスプレイサイズ。

- ニュープロダクトレビュー - UIデザイナーが触れて感じたiPhone7 | UIUX JAPAN

カメラ性能の高さをウリにするMi 6のデュアルカメラがどれほどのものか撮影し、同じくデュアルカメラのiPhone 7 Plusと比べてみました。

光学ズーム機能とカメラ性能を比較するために、Mi 6とiPhone 7 Plusとで、同じ場所から撮影してみました。

スマートフォンディスプレイ上での見栄えはMi 6とiPhone 7 Plusとでそれほど変わりませんでしたが、JPEG画像をPCに取り込んで表示すると色味の違いは明らか。

カメラ性能も満足行くレベルで、ボリューム「-」ボタンの2連続押しで、スリープ状態から即撮影モードに入れるという使い勝手の良さもあります。

- Xiaomi新フラッグシップ「Mi 6」レビュー、デュアルカメラ性能をiPhone 7 Plusと比較してみた - GIGAZINE

iPhone 7からは物理的なボタンではなくなり、タップティックエンジン(Taptic Engine)という技術で擬似的にクリック感を再現されるようになったのですが、これ最初は違和感ありまくりです。

様々なディスプレイの比較をしているDisplayMateによれば、「色域は26%広がっており」より正確な色を表示できるそうで、プロの目から見ると「最高のモバイル向けディスプレイ」ということのようですよ。

ということで、iPhone 7は買いかどうかに関しては、極端な話し「新色のブラック・ジェットブラックがほしいか」「耐水のiPhoneを使いたい」の2点に加え、10月下旬開始予定の「Apple Pay、Suicaを使いたいか」の3点で判断してしまって良いかと思います。

今使っている端末の動作に不満があればまた話は別ですが、この3点で考えた時に魅力に感じれば「買い」、そうでなければ「来年まで待ち」が本記事の結論です。

- 目玉は「Suica」と「新色」のiPhone 7は買いか?発売から5日間使ったライターの本音レビュー | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

これまでiPhoneの下部は左右非対称の作りでしたが、iPhone7ではイヤホンジャックが撤廃されたことにより、ようやく左右対称のデザインになりました。

iPhone7からは受話スピーカーが通常スピーカーの役割も担っており、下部のメインスピーカーと合わせることで、ステレオで音源の再生が可能です。

iPhone7とiPhone6sの外観を比較すると、いかにアンテナラインがデザインの面で邪魔なものであったのかを痛感します。

今回のiPhone7は、イヤホンジャックやアンテナラインなどが撤廃されたことによって、Lightning端子周りが左右対称化され、背面の一体感が一層高まり、旧機種よりも洗練されたデザインのiPhoneになった印象を受けました。

- 【レビュー】iPhone7 ブラックの開封フォトレビュー アンテナラインの撤廃がやっぱり良かった! | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

iPhone 7/ 7 Plusのホームボタンは、従来の物理式の押し込むボタンから、より耐久性が高く、反応が良く、圧力を感知するように設計された先進的なソリッドステートボタンに生まれ変わりました。

元々Androidでタッチパネルでのボタン操作に慣れていたせいもあるのかもしれませんが、ちゃんとボタンを押した感触が伝わってきますし、使い始めの数時間こそ違和感がありましたが、現時点では従来の物理式ボタンよりも小気味よく反応するので、むしろiPhone 7 Plusのソリッドステートボタンの方がお気に入りになっています。

今回のiPhone 7のディスプレイは、デジタル映画業界のものと同じ色空間が採用され、より広色域に対応し、従来より25%明るくなっているそうです。

でもカメラ性能は非常に素晴らしい!今後は一眼レフのようなボケ具合を再現できる「ポートレートモード」がiPhone 7 Plusに提供予定ですし、性能的には現状満足しています。

- iPhone 7 Plus レビュー!iPhone 6 Plusとの違いをメインにまとめてみます! - enjoypclife.net

iPhone6以降は、ディスプレイの美しさや快適な動作に変わりはなく、スペックの飽和にあるかもしれません。

大きいので携帯性は優れておらず、落とせばぐに割れるので「iPhone6sケース」は必須。

・ iTunesでiPhone7が認識されない  ・ iPhone7でテザリングできる状態に移行するまでの時間が長い  当方だけの問題かと思ったのですが、同じような現象が発生している人も多く、多くの人がiTunesを最新に  することで解決しているようです。

なお、最新のiTunesをインストールするためには、Mac利用者の場合は  OS X 10.8.5以降、Windows利用者の場合は「7」以降である必要があります。

- iPhone7 / 7 Plus - レビュー、評価、iTunesで認識しない点

前機種では目立っていた背面の帯の部分は上下に移動し、ブラックの場合は存在がわからないぐらいになっています。

ios10からは本体を持ちあげるだけで画面が点灯する機能が加わったので電源ボタンを押す回数は減りそうです。

前機種からの一番の変更点はカメラが「2つのレンズ」を搭載したデュアルカメラとなっていることです。

カメラ以外はデザインや中身も目新しいところはないですが、各操作のレスポンスも良く、速くなっており完成度の高さを感じました。

- iPhone 7 Plus SIMフリー版ブラック 実機購入レビュー

しかし、Galaxy S8/S8+の価格が高いということは、それだけGalaxyは高級なパーツを使っていて高性能な世界最高のスマホということも言えます。

しかもGalaxyはイヤホンジャックも付いているので、電車の中で充電をしながら有線のイヤホンを使って動画を見るということもできますが、iPhone7/7Plusは充電しながらイヤホンを繋ぐことはできません。

iPhone7 Plusの方はかなりノイズが多いのに対し、Galaxy S8+の方がノイズが少なく明るく鮮明に撮れているということがわかりました。

電子マネーの種類が多いことに関しては解説不要なので飛ばしますが、Suicaをメイン使うのであればおサイフケータイを積んでいるGalaxy S8の方が便利でしょう。

- iPhone7/iPhone7 PlusとGalaxy S8/Galaxy S8+を比較!2017年最高のスマホはどれだ? | Galaxy S8も日本一愛する男の評判・レビュー研究所