タブレットPC

Lenovo

YOGA Tablet 3 8

レビュー

でも、電源アダプターとケーブル、書類などを取り出すと、さすが本体は 8インチ、小さくて軽い(472g)です。

この場合もタッチ操作くらいなら問題ありません。

まず、左下の電源ボタンですが、指一本でボタンを押そうとすると本体が右に動いてしまうので、右手で本体を押さえる必要があります。

それからカードは結構、奥まですっぽり入ってしまうので、nano SIMカードをアダプターでマイクロ SIMサイズにしたものは使わないほうが賢明です。

- Lenovo(レノボ) 8インチタブレット YOGA Tab 3 8 (ZA0A0004JP)の初期レビューと注意点 | なにごとも経験

ちょっとした外出に、気軽に持ち歩けるデバイスが欲しいよー!ってことで、Yoga Tablet 8(simフリー版)を購入しました。

Androidの魅力はホーム画面をカスタマイズできること。

ホーム画面(デスクトップ)は「ランチャー」といわれるアプリなので、ランチャーアプリを変更(インストール)することで、ホーム画面のスタイルや機能をガラっと変えることができます。

SDカードの抜き差しは、奥にカチッと押し込んで跳ね返らせるようにするのが基本ってことですね。

- Yoga Tablet8を買ったので正直な感想を書いてみる。 | GADGET@MEDIMA

前モデルからCPUや画面の解像度はグレードダウンされてしまったが、重い処理をさせなければ必要十分なタブレットに仕上がっている。

180°回転式のカメラは自撮りにもテレビ電話にも便利で角度を気にせずに撮影が可能です。

目につく棒状のものがあればそれで操作できるという事ですね。

一日中持ち歩いても大丈夫なバッテリーが搭載されているのはとってもいい事ですね!実質は10時間ほどの使用でバッテリーが切れるようですがそれでも十分な長さです。

- 評判と性能!YOGA Tablet 3レビュー! – スマj~格安スマホ 比較・評判 情報サイト~

当初はiPad Airとタブレットスタンドをセットであげようかなと思っていたんですが、タブレットスタンドをいつも手元に置いているかわかりませんし、何よりそういうのを面倒に考える姉のことですから、きっとタブレットスタンドは使わなくなるだろうと考えました。

料理中は手が濡れてたりして、すぐにスマホが使えないことが多いので、目の前にぶら下がるように引っ掛けて音声認識でレシピ検索とかすればめちゃめちゃ楽に操作できます。

最近はスマホでも上下にスピーカーが搭載されてステレオのように音が出るものが多いです。

単純にタブレットそのものの性能で考えたらiPadやXperia、Nexusシリーズがオススメなんですが、常に乳児を抱っこしたりおんぶしたりしながらも使いやすいタブレットはと言われればYOGA Tabな気がします。

- 主婦にお勧めタブレット Lenovo YOGA Tab3を選んだ理由 - しゃべろぐ

LTEモデルであれば、必要に応じて格安SIMを契約して使用することが可能ですが、もし、Wi-Fiモデルを購入して外出時にも使用したくなっても、SIMスロットが搭載されていない以上、モバイルルーターかスマホのテザリング頼みとなり、タブレットの軽快性が薄れてしまいます。

また、家族に譲渡する際やネットオークションで売買する際には、ユーザーによってはLTE必須という使用環境もあり、LTEモデルの方が格段にリセールバリューが高くなるのも理由の1つと言えます。

その他、高解像度ディスプレイや高音質なスピーカーなど個人でも使い勝手が良いハイスペックな仕様となっていますが、その仕様自体も高額になる原因となっているようです。

旧機種(YOGA Tablet 2)のWindows搭載モデルを超絶気に入って使用していた筆者が、メーカーに「このモデルのWindows版も出して下さい!」と直撃したところ「現在のところ、その予定はありません」だそうで。

- LTEとWi-Fiどちらのモデルが買い? Lenovo YOGA Tab 3 Pro 10を独自レビュー - モバレコ

それはLenovoのタブレット『YOGA Tab 3』を買うことです。

『YOGA Tab 3』の良いところは電池容量が大きいので、テザリング設定してポータブルWi-Fiルーター代わりに使用しても12時間以上電池が持つところです。

現在のタブレットとしては性能低めですが、普通に動画を見たりWeb閲覧をするのには全く問題のないスペックです。

ドルビーアトモス機能は2ch音響をなんでもドルビーアトモスにしてしまうバーチャル機能ですが、個人で楽しむなら、これで十分じゃないかという凄い機能でした。

- 手のひらに乗る格安DOLBY ATMOSタブレット『YOGA Tab3』 : なにもない映画館

ディスプレイはなかなか綺麗ですし、操作は3Dゲームをプレイしない限りはサクサク、ストレージ容量はものたりませんが、データをSDカード側で管理すれば十分に使い込めます。

IIJ mioを使ってフルに活用するも良し、デジモノステーションで登場しsonetの通常サービスになった500MBまで0円利用可能な低速SIMを積んでおいて最低限利用をするも良し。

フラットなタブレットだと安定した持ち方ができなかったり、端を持っているとバランスの悪さから実際の重量よりも重く感じてしまうことがありますし(10インチタブなどは実際顕著ですよね)、変な持ち方をして脂がつくのも気になるのですが、YOGAだとがっちりホールドできるので利用時も移動する時も不安を感じない点がメリットです。

本体ストレージが16GBしかないのでアプリを入れまくりフルパワーでぶん回すという利用法には向いていませんが、タブレットとして求められるパフォーマンスはきちんと満たした良機種ではないでしょうか。

- YOGA Tablet2(Android)が2枚買いたくなるほど良かった件 | @raf00

とにかく今は、プライバシーコントロールの向上、消費電力の節約機能、Android PayのサポートやGoogle Nowなど、使える機能が一層揃ったAndroid6.0へのアップグレードが成されることを願うばかりです。

主記憶(RAM)容量は2GB(LPDDR3)、他の類似価格帯のAndroid端末と比べると少し容量が少ないです。

タブレットの背面内臓カメラ画素数の平均が8メガピクセルであることに対し、LENOVO YOGA TAB 3 PROは背面内臓カメラが13メガピクセル、前面内臓カメラが4.9メガピクセルと、数値上はなかなかによい仕様となっています。

毎日メールチェック、ネットサーフィン、ゲームや動画視聴などをする身としては、YOGA TAB 3 PROを使い始めてから1回の充電あたり、平均の3倍程度使用できるようになりました。

- タブレット LENOVO YOGA TAB 3(レノボ ヨガ タブ3) PRO レビュー

この8インチタブレットは、横に倒してタイピングしやすい角度にすることも、ウェブ閲覧やハンズフリーで動画を見るために立てることもできるし、壁に掛けることもできる。

手頃な値段(最安モデルで229ドル)の8インチYOGA Tablet 2は、一般的なタブレットとはよい意味で違いがあり、この価格帯では最高のデバイスの1つだろう。

このスタンドの中央には小さな丸い穴が開いており、タブレットを壁に掛けたい場合はこれを利用する。

丸い円柱部を別にすれば、この8インチモデルのボディはむしろ薄い方だ。

- レノボのAndroid搭載「YOGA Tablet 2」レビュー--用途に応じて形を変える8インチタブレット - CNET Japan

8インチ程度のタブレットだと、最近では音声SIMフリーカードを利用することにより通話も可能なものが多いようです。

しかしこのYOGA Tab 3 10は音声SIMカードの利用は不可能であり、通話をすることはできません。

トータル的な使い勝手とコストパフォーマンスに優れることを考えると、すでにスマホやパソコンを持っている方にも普段使いの2台目のネット通信機器として十分おススメすることができます。

ユニークな点の第一は、OSをAndroidとWindowsのどちらかから選べること! 2種類のOSが販売されているのがYOGA Tabletの大きな特徴ですから、好きな方を購入しましょう。

- 【YOGA Tab 3 10】10型タブレット。自立スタンドはあらゆるシーンに対応。RAM 1GBがネックか。