タブレットPC

Lenovo

ideaPad Miix 310

レビュー

同価格帯のネットブックや2in1タブレットと比べると、他機種を凌駕する高スペックで、コストパフォーマンスは抜群です。

ブラウザ等で文字が小さくなっても、タッチパネルで簡単に拡大できるので、10インチでも苦にならないと思います。

それと、トラックパッドがマルチタッチになっているため、クリックする場合は、クリックボタン上に置く指を1本にしないと予想外の動作をします。

USB3.0を搭載し、eMMCの容量も上がるようですが、CPUがAtom x5とスペックダウンしているため、CPU性能重視の方はモデルチェンジ間際の値下がり時にMIIX 310を狙うのがおすすめでしょうか。

- Lenovoの2in1タブレット ideapad MIIX 310(80SG00APJP)の製品レビュー - SHW48のリアルライフ

IdeaPad MIIX 310はハイブリッドWindows10タブレットでフル機能のキーボードドックがついており、価格は非常に安いです。

Intel Atom X5 8300 CPUを搭載しRAMはごく普通の4GBです。

特筆すべきスペックではありませんが、Asus Transformer Book T100HA のような安価で小型のWindows10コンバーチブルと肩を並べています。

お望みならばこの10インチスクリーンのIdeaPad MIIX 310をアップグレードして、フルHD再生や4G通信ができるようにすることもできますが、もちろん価格も一段階上がることになります。

- Windows10 タブレットPC 2in1 Lenovo IdeaPad MIIX 310(レノボ アイデアパッド )レビュー

約12.3時間使用可能とのことです。

キーボードドックと接続して、まぁ通常の使い方で…(正確には測ってないけど)8時間は十分持つ印象ですね。

写真では見えないけど、ボタンとかコネクタ類は右側に集中していて、 電源、音量調節、スピーカー、マイクロHDMI、マイクロUSB、充電端子、マイク、マイクロSDカードスロット。

はじめまして 詳しいレビューをありがとうございます この機種はmicroSDカードはどのくらいの容量のものが使用できるのでしょうか? 128GBがいけたら魅力的なのですが。

- Lenovo ideapad MIIX 310 10ICR (80SG00APJP) 2in1 タブレット レビューw | モノトーンな日々 第二別館

掲載したスペック表は米国のLenovoにあった製品ページから転機したもので、CPUは「Atom x5」としか記載がありません。

もちろんこれで悪いということはなく、10.1インチサイズなので十分に高精細と言えるでしょう。

スペック表を確認する限り、Miix 310と大きな違いはなく、上に書いたとおりCPUがランクダウンしてしまったことの他、ストレージに128GBのものが新設されること、また新たにUSB Type-Cポートが装備されることが異なる程度です。

今や日本でもMVNOのデータ専用SIMなら月々1,000円を大きく下回る料金で契約可能なので、このサイズの2 in 1ならLTEモデルのほうがいいんじゃないでしょうか。

- Lenovo IdeaPad Miix 320 - 良スペックでお買い得な2 in 1がニューモデルに!デザインが洗練された!

Atomとしては最も強力なCPUを搭載しているだけでなく、OSは64ビットでRAMも4GBありますから、処理性能はかなり期待できると言っていいでしょう。

この製品は専用のキーボードが付属するため、10.1インチのWindowsタブレットであるのと同時にキーボード分離型の2 in 1である、ということもできます。

キーボード側にはUSBポートも2つ装備されていて、ドッキング時はノートPCとしても十分使いやすそうです。

CPUにAtom Z8750(パーツとしてかなり高価なものと思われます)を搭載し、FHD液晶、そしてキーボードが付属してこの価格というのは決して割高ではないと思います。

- Lenovo ideapad MIIX 310 - 待望のキーボードつき10.1インチ Windows タブレット、直販サイト以外で販売中!

処理能力は低いというか、Atomの3000系よりはテキパキ動作しますが、chromeで新規で新しいタブを開いて何かページを読み込むだけでCPUメーターがてっぺんに張り付く。

4GBメモリと4コアのCPUのマシンでこんななのか??と思ってしまいますが、タスクマネージャーを常に起動させてCPUメータを見ながら使うことになりそうです。

128GBの東芝のmicroSDカードはスロットに挿入後、マウントされて普通に使えるのですが、他の作業をして、しばらくしてからアクセスするとフリーズというか、「動作していません」の表示。

分解方法、対応するAVコマンドに対応するハードディスク(HDD)の機種やモデル、ハードディスク(HDD)に書き込みをする容量別の設定値など必要な情報をまとめてあります。

- Intel Atom x7 Z8750 4GBメモリで32,852円の10型 2in1 Lenovo MIIX 310を購入 - Lesson440

MIIX 700はCore m + SSDというスペックだったのに対し、今回のMIIX 310はAtom + eMMC、性能的にはかなり下の機種となります。

ただCore i3レベルには到底及ばないので用途は限定されるでしょう。

Atom + eMMCのタブレットPCにはライバル機種が多く、ideapad MIIX 310が他との違いを見せるにはやはり安さが必要かもしれません。

LANポート、USBタイプA、VGA、HDMIの4種類の変換アダプターです。

- Lenovo ideapad MIIX 310、スペックは平凡、価格勝負か?

用途を選択してくだけで、 主要メーカー全機種から 最適PC・スマホが絞り込める 『サーチPC.jp』。

(上記『』から用途選択フォームへ) 当プログは、その機種解説を担当し、 PC用語が苦手な人でも 最終的な購入判断が下せる様、 専門用語は()内にとどめます。

省電力タブレットはこの機種に限りませんが、 電源接続ないポータブルHDDは認識しません。

プロセッサがAtomですが、この画面サイズでやる一般的作業なら 応答性も充分で、回転部品を搭載しないので騒音もありません。

- Lenovo ideapad MIIX 310の長所・短所 » サーチPCブログ版

「Lenovo ideapad Miix 310」はフル充電で12時間超えという長時間バッテリー駆動が可能です。

恐らく4万円以内で買えるノートパソコンの中に、これほどの液晶を備えている製品は少ないでしょう。

「ネットサーフィンしかしないから大丈夫じゃないかな?」と考えている人も、マルチタブで挙動が重くなったり最終的にスペックの限界を感じると思いますね。

違いとしてはCPUやUSB3.0の搭載などがありますが、性能にほとんど変わりはありません。

- 【レビュー】「Lenovo ideapad Miix 310」を3ヶ月使ってみた感想 | 雨活

w 5つ星のうち5.0買ってよかった 投稿者購入者2016年12月16日 Amazonで購入 メモリ4gでwindows 10proで、APQPでもOffice Mobileはストアからダウンロード可能なのでofficeも使える、 同じようなスペックでタブレットが色々あるなかで、信頼性も高いし文句なし。

>>167 >今年の3月購入のMiix310 >タッチパッドが全く無反応になる事象が発生 >デバイスマネージャではI2C HIDデバイスに[!]マーク >エラー10 the device returned an invalid HID descriptor I2C >の表示あり > >何度か再起動、あるいは電源オフオン >:直らず > >I2C HIDデバイス削除→ハードウェアのスキャン >:直らず > >I2C HIDデバイスドライバ更新→このコンピュータ上の利用可能なドライバーの一覧から選択→I2C HIDデバイス選択(上書き?) >:直らず > >I2C HIDデバイス無効化→電源Off→電源On→I2C HIDデバイス無効化 >:直った > >ちなみに高速スタートアップは無効化済み >Lenovoサイトの最新版BIOS適用済み >Lenovo System Updateで最新ドライバ適用済み > >工場送りは免れました > >以上、チラ裏でした 御愁傷様です。

>>232 確かに2in1のタブレットは買ったことがないので、運用方法は想像です・・・ 自分が考えているのは、例えばタブレットとして使用する時、T101HAやSwitch 10は本体にキーボードを装着したままタブレットスタイルとして使えるので、文字打ちしたくなった時にキーボードが手元にあり、いつでもテキストマシンとして使える・・・ なので好きな時に好きなスタイルで使えるのはこのタイプなのかなと思ってます。

>>233 >>>232 >確かに2in1のタブレットは買ったことがないので、運用方法は想像です・・・ > >自分が考えているのは、例えばタブレットとして使用する時、T101HAやSwitch 10は本体にキーボードを装着したままタブレットスタイルとして使えるので、文字打ちしたくなった時にキーボードが手元にあり、いつでもテキストマシンとして使える・・・ >なので好きな時に好きなスタイルで使えるのはこのタイプなのかなと思ってます。

- Lenovo ideapad miix-310 (miix-3) | ログ速@2ちゃんねる(sc)

キーボードが取り外し可能でタブレットとしてもノートPCとしても使え、長時間のバッテリ駆動が可能なため気軽に持ち出してどこでも活用できます。

外出やビジネスなどのモバイル利用を前提に設計されたMIIX 310は、最大約12.3時間バッテリー駆動を実現。

10点マルチタッチに対応し、細かな操作も容易です。

一般的なシステム情報:ご購入されるシステムに関連するMicrosoft社提供のWindows10、 Windows 8 、 Windows 7 、そして、アップグレード、ダウングレードに関しては、 こちらの情報 をご確認ください。

- ideapad MIIX 310 |コンパクトで持ち運びやすい2 in 1 PC| レノボジャパン | レノボジャパン

CPUがx5のどれになっているかは不明ですが、RAMも4GBですし、 よほどマルチタスクしなければ、ネットやメール、文書作成などでもたつくことは少なそうです。

この価格帯ではなかなかFHDを搭載することは少ないので有り難いんじゃないでしょうか。

Wifiモデルであれば約32,000円から購入できますし、 SIMカードスロット搭載モデルもおそらく5万円以内に収まりそうです。

あと調べてみたところ、2GBRAMで32GBストレージというモデルが存在するかもしれません。

- Lenovoの「IdeaPad Miix 320」というWindows10搭載の2in1タブレットが気になる。 | HelenTech.net

メモリ(RAM)は、4GBも搭載されており、メールやブラウザなどの軽い作業なら全然問題ないノートパソコンだと思います。

AR/VRを包括する現実とCGが混ざり合うリアリティを実現するもので、10月にマイクロソフトがリリースするWindows 10 Fall Creators Update(Windows 10 FCU)から本格対応する。

360度カメラや360度オーディオ、MRゴーグルとコントローラー、そしてハイパワーなPCが必要になり、新たな需要も期待できる。

パナソニックは、「ナノイーX」と無線LANを内蔵し、スマートフォンから空気清浄効果を確認できるルームエアコン「エオリア WX/Xシリーズ」を10月下旬から順次発売する。

- Lenovo 80SG00APJP ノートPC ideapad MIIX 310 プラチナシルバー|ピーチクパーク

構成には主に、省電力で性能の高い第6世代のCore Mプロセッサや、ストレージには容量の大きいSSDを採用する事により、バッテリの持ちを考慮しつつも高いパフォーマンスを発揮できるような内容となっており、どちらかというとノートPCの購入を検討されている方に向くタブレットだと言えるでしょう。

駆動時間測定にはbbenchを使用、ソフトの設定内容はキーストロークが10秒毎に実行、ワイヤレスLANによるネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎に実行されるという内容です。

やや大きめの画面サイズを持つタブレットは重さがある為、タブレットとしては正直利用しやすいとは言えませんが、本製品は背面に無段階調整が可能なキックスタンドを備えているため、タブレットスタイル時でも自立させて利用する事が可能であるなど、使いやすい構造となっています。

よりハイスペックなモデルを選択できるというメリットがSurfaceにはあるものの、そこまでの高性能マシンは必要がないという方や、手頃な価格でそこそこ高性能な2in1が欲しいと考えた場合に、ideapad MIIX 700が購入の選択肢に入ってくるのではないかと思われます。

- ideapad MIIX 700 レビュー 2モードで使える!キックスタンド付きのCore M搭載 12型タブレット - prototype

この違いは、3DMarkや最新ファイナルファンタジーXIVのベンチマークスコア、プロ用動画編集ソフトPremiere Pro CC版エンコード時間等に反映されています。

両タブレットともに本体タブレットは、3:2の比率でフルHD+(2160×1440)IPS10点マルチタッチ対応になります。

ここまでideapad MIIX 700とThinkPad X1 Tabletの比較を書きましたが、キーボードを装着してノートPCとして使うには、高性能なThinkPad X1 Tabletの使いやすさと、拡張性や性能の良さが際立ちます。

(価格はクーポン割引適用後の価格になります) 以上で、ThinkPad X1 Tabletとの比較でideapad MIIX 700のレビューを書きましたが、タブレットとしての使いやすさと、キーボード装着でノートパソコンとして利用でき、10万円を切る価格で購入できる等、ビジネスとプライベートに幅広く使えるコストパフォーマンスに優れた12型タブレットと感じました。

- レノボ12型タブレットideapad MIIX 700の製品レビューPC直販最新情報

ThinkPad E460やX1シリーズの価格情報、デザインの話、他メーカーとの比較。

Core i7やi5に比べるとパワーはありませんので写真編集や動画編集などではちょっと重くなる可能性もありますが、それ以外の通常の作業には問題はないでしょう。

ちなみにX1 Tabletはさらに高速なPCIe接続のSSDを搭載可能なので、もっと速いマシンがいいという人はX1 Tabletの発注が通るようになるまでもう少し待つしかありません。

ThinkPad T470s、14型軽量、SDカードスロット付で選ぶならこれ。

- Lenovo ideapad MIIX 700のレビュー、X1 Tabletを尻目にそこそこ売れてるらしい - Thinkpad E450の気になる話