ディスプレイ

LG

22MP48HQ-P

レビュー

ノートパソコン本体をおいてデュアルディスプレイ化することはスペース的にできませんでした。

で、使ってみた感想としては、やはりIPSは良い!購入にあたり、量販店でも1万円を切るTNパネルも検討してみたのですが、やはり視野角が気になりました。

「VESA」はモニターアームを使用する際の規格で、本製品は「75*75」に対応しています。

今だと、フルHDのモニターが一万円台前半で購入できるので、画質云々は抜きにしても、作業領域を広げるためにも導入をお勧めしますよ。

- 【レビュー】LG製の格安IPSモニター(22MP48HQ-P)を導入しました。 - 意識高い系のブログ

当サイトをご覧いただくには、別のブラウザをご使用になるか、Internet Explorer9以上の新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

Internet Explorer8をご使用の場合は、FirefoxやChromeなどの代替ブラウザを使用するか、Internet Explorer9以上のバージョンにアップグレードする必要があります。

従来の基本的なOSDの設定や、ソフトウェアごとの自動的なピクチャーモード適用、Screen Split(画面分割機能)に加え、ゲーム機能設定、5:9領域表示、マウスカーソル検出機能など、より快適に画面を使用できる機能を追加しました。

液晶パネルは非常に精密度の高い技術で作られており、画面の一部に 点灯しないドットや常時点灯しているドットがある場合がありますが、これは故障ではありません。

- 22MP48HQ-P | モニター | LGエレクトロニクス・ジャパン

安さ重視で購入したので今回は仕方ありませんが、モニターに対して直角にコード類を差すと埃が溜まるので掃除が大変です。

以前購入したPHILIPS製のモニターは、この脚の部分に問題があり、ちょっとの振動でグラグラと揺れてしまっていましたが、こちらの製品では問題ないようです。

ちなみに、このモニターを購入するにあたって、グラフィックボード(GTX750Ti)の出力ポートを変換した話はまた別の記事をご覧ください。

最大で36時間以内に対応できるように心がけていますが、返信が来ない場合は再送してください。

- LGのIPSモニター「22MP48HQ-P」レビュー - interact

これは確かにそうだと思いますw 個人的には「ちょうど良い明るさ」「少し明るい」くらいの感覚なので0にしてそのまま使っています。

通常モードとブルーライト低減モードを切り替えて使う予定ですが、ディスプレイ側のボタンを押さなくて済むので助かります。

角度も簡単に調節できるのも良かったです! 横方向の回転は無いですが個人使用だと無くても問題無いですね。

今回は値段、製造が新しそうなモデル、重さなどを比較して買いました。

- LGのディスプレイ(22MP58VQ−P)レビュー : フフフブログ

ただし、例えば、ワープロやエクセルの作業など、パソコンに1日2時間以上座っていそうな方は「目への負担」の点では、第3回目記事【こちら】で紹介した23インチモデルから選ぶのが良いです。

また、液晶ディスプレイは縦回転できるため、A3を実寸で縦表示させることも可能です。

通常のIPS液晶よりも高性能であるAH-IPS液晶を搭載している上、日本企業のイイヤマらしく、画質調整などのソフト的な技術が高いため、21インチモデルにおいて総合性能は一枚上です。

唯一のスクエアタイプであり、少ない設置スペースで、A3実寸表示できるのは、書類仕事や、設計の仕事などには便利な場合が多いです。

- 比較2017' 目に優しい小型液晶モニター13種の性能とおすすめ(4)【21.5インチ 20.7インチ】小型激安モデル・大きさの違いなど: 家電批評モノマニア

通常パソコンが古くても そのパソコンに入っているビデオドライバを最新に更新したら ワイド画面に対応できることがあります。

OS: Fedora core 4 selinuxについて不勉強で、 selinuxを以下のようにOnしました permissiveモード selinuxtypeを"targeted" se linuxを有効した場合、permissiveモードですので、サービスが動作していますが、 typeがTargetedの場合、保護されてないデーモンが"unconfined_t"になるため 今後は、DNSサービス/mailサービス(postfix)/webサービス(apache)を提供していきたいと考えおり、 selinuxのtypeをstrictにしたいと考えています。

ここで質問なのですが、C、Dドライブに OSを共存させ、なおかつ別HDにLinux をインストールして、全部で3つのOSを電源 投入時に正しく認識し、起動できるでしょうか?  No.3の回答の中にも有るようにLinuxは、実際使った事が無いので、何とも言えませんが、可能だと思います。

Win9XとLinuxをデュアルブートで、使っている事例がありますので・・・  インストールする前に2つのHDを認識させておいた方が、C、D、Eのどれかが、認識できない問題も解消されるでしょう。

- ディスプレイを購入しようと思うのですがDELLのSE2216H、もしくはLGの2- モニター・ディスプレイ | 教えて!goo

上のI-O DATAに比べて圧倒的に応答速度が速い(2〜5msec)ので、同価格帯でゲーム利用も考えているならこちらがおすすめ。

マルチモニター時に1台の電源オン/オフに連動して他のモニターも動作する仕様もニッチなユーザーニーズに応えており素晴らしい。

また低解像度の画像の解像感をアップさせる「超解像技術」や、応答速度を8msから4ms(GTG)にアップさせるオーバードライブ機能を搭載する。

見た目は同じだがフルHD対応のHDMIケーブルと4K対応のHDMIケーブルそれぞれが存在し、価格も異なる。

- 【選び方・用語解説つき】おすすめの液晶PCモニター特集 | 自由研究社

一応、ネガティブファクターとして、メーカーがヒュンダイであることと、 画面がツヤ有りのグレアパネルという2点で非常に悩んだのですが、 結局は、それらを上回る良仕様が購入の決め手となりました。

これらの入力端子の豊富さと、モニタがフルHDにも対応ということで、 パソコン用途だけでなく、AV機器やゲーム機などにも使えるのは便利です。

恐らく、1フレの世界に生死をかけるコアなFPSユーザでもない限り、 カタログ値の12msを気にする必要はないでしょう。

24型ワイドでIPSパネルとなると 他のメーカーは軒並み8万円を越える現状では メーカーに対するこだわりさえ無ければ 今のところ唯一の選択肢と言えます。

- HYUNDAI 24型ワイド液晶モニタ W241DG レビュー