ディスプレイ

BENQ

GL2460HM

レビュー

お金出すなら他のメーカーにも良いもの沢山あるよ!って事らしいですが、1~2万円台の中ではコストパフォーマンスに優れゲーマーに人気があります。

細かい調整が面倒でも輝度を下げて表示モードを動画や写真にすれば綺麗に見えると思う。

そして遅延を重視する人は高速応答技術AMAのONを忘れないこと!初期設定だとOFFなので注意です。

☆最後に  TVは美しい映像を映す事が重視されていて遅延対策がされている製品は少ないようです。

- [PS3/PS4]BenQ 24型ワイドディスプレイ GL2460HM レビュー - 人生はFPSゲーム。時々哲学。

「応答速度」とは簡単に言うと、画面に情報を表示するために「ハードウェアが一連の動作を始めてから終わるまで時間」のことです。

結論を先に書くと、PS4でプレイする場合は、ゲーミングディスプレイを名乗っているディスプレイさえ選べば、リフレッシュノートはあまり気にしなくてもいいです。

リフレッシュノートとは、画面表示クロックの周波数と同じ意味です。

注意点は、同じメーカーのゲーミングディスプレイでも、画面の大きさ違いで応答速度が遅いディスプレイがあることです。

- 【便利グッズ】FPSに最強!コストは最適!おすすめゲーミングディスプレイ!その選び方。 - FPS初級の極み ~初心者上達のコツまとめ~

Macを購入してからWindowsPCはサブ的な使い方をしていたので、17インチの四角いモニターを使っていました。

このモニターで、最近のWebページを開くと画面一杯にブラウザを開いてもWebページ全体を表示できないことが多くなってきたんですよ。

それにアプリもデフォルトで開くウインドウサイズが画面に入りきらないことが多くなってきて、どうにもつかいにくい。

そろそろ、サブマシーンとはいえモニターを変えようと探していたら、レビューの評価も良く値段も安いBenQ 24型ワイドディスプレイ(GL2460HM)を見つけたので購入しました。

- BenQ24型ワイドディスプレイ GL2460HMを購入!フリッカーフリーとブルーライト軽減機能もついて約1万5千円だよ! | Taka's Life

それでも満足していたのですが、Webサイトを作ったり、写真を加工したり、動画を見たりと様々な用途があるので、さらなる効率化を図るため一回り大きな27インチのモニターを検討。

今回の私の希望は、 ・27インチ ・メーカーにこだわりがないので評判に頼りたい ・機能的に優れた高価なものよりコスパ重視(予算は2万円台) ・それなりの映像美 ・薄型で古くさくないデザインがいい ・マルチに対応(スピーカー搭載、端子(HDMI、DVI-D、D-Sub) で、総括すると人気があるスタンダードなモニターを安く買いたいということ。

ちなみに、PS4、PS3、Wii Uなどのゲームをしたい場合は、映像・音声をデジタル信号で送れるHDMIを使用します。

モニターで最も重要といえる、映像についての特長をまとめると、 ・フルHD ・LEDバックライトで暗くて明暗がはっきりしない動画や写真でも潰すことなく表示 ・新しいVAパネルで画面の色が薄くなるカラーウォッシュアウトを大きく改善 ・映像ソースにあわせて自動的にバックライトを調節しメリハリのある映像へ ・ベンキュー独自の高速応答技術でゴーストやラグのない滑らかで美しい映像 です。

- ベンキューのモニターを購入!こんなに安くていいんですか?ってほどコスパががいい!

巷では、通常の液晶テレビや、PC用のモニターと比較し、 ゲームをすることにおいて最適化されたディスプレイのことを言うらしいです。

スタンドの向きが変えやすい! 『RL2460HT』はモニタ高さ、および角度を変える構造になっている他、 台座裏側が回転するようになっており、簡単に向き調整が可能になっています。

音量が大きい スマブラ界隈でメジャーな『GL2460HM』と比較すると、 内蔵スピーカーの品質が向上しているのか、 外付けスピーカー無しでもゲームプレイに支障の無い範囲の音量を得ることができます。

ゲーミングモニター全体の特徴である応答速度の高さや画面の美麗さと、 格闘ゲームモードとスマブラというゲーム性との相性の良さ、 その他細かなハード面での取り扱いの良さなど・・・。

- 【スマブラ用のモニタを探して】BenQ『RL2460HT』レビュー : 関東 スマブラ for 3DS / Wii U オフ大会 ウメブラ

長時間PCに向かう用途の場合は、液晶をノングレアにしたほうが快適だと感じました。

応答速度やリフレッシュレート等の細かな性能にこだわらず、とにかく大きな液晶ディスプレイが欲しいだとか、安価にマルチディスプレイ環境を構築したいというのなら買いの製品だと思います。

私も当初はMacBookに元から持っているFHX2300と本製品でマルチディスプレイを組もうと考えていましたが、価格の割にデザイン等も良くて追加でもう1台購入しました。

マルチディスプレイを利用する場合、高さや形状が同じ方が使っていてストレスなく使えます。

- Gadget】BenQ24型ワイドディスプレイGL2460HM 購入レポート&購入レビュー | 積水成淵日記

付属ソフトによるハードウェアキャリブレーションに対応しながらも、実売約8万円という求めやすい価格を実現。

カメラや周辺機器に強いこだわりを持つフォトグラファー永山昌克氏に、実際に使ってみてもらいその使用感をうかがった。

写真編集するためにはモニター(ディスプレイ)選びが非常に重要ですが、本格的な機能を有するものは非常に高価で一般の方には敷居の高いものでした。

ハイグレードなモニターの性能を100%引き出すにはモニターのキャリブレーションをし、正しい設定でプリントすることが大事です。

- 27型カラーマネージメントディスプレイSW2700PT | BenQ Japan

ハイスペックなパソコンの場合、液晶モニタ側が映像処理についてこれないものの、ZOWIEシリーズ『XL2411 24インチ』ならパソコンの映像処理能力も十分に発揮できるため、おすすめの液晶モニタです。

画像モードがスタンダード・動画・フォト・sRGB・ゲーム・Ecoの6つのモードからディスプレイに表示する形式や使用する環境で最適の画質を選択することができます。

しかし、今では2万円以下で高画質かつ映像の応答性も高い液晶モニタが購入出来るため、古い液晶モニタから買い替えるには十分な環境が整っています。

口コミでも液晶モニタそのもののスペックに満足している人が多いようですが、オーディオ出力がなくディスプレイのスピーカーも一般的な使用であれば問題はないものの、ゲーム機器のディスプレイとして使う場合には別途出力用の変換機器が必要となるようです。

- 【2017年】私が絶対おすすめする液晶モニター・ディスプレイランキングベスト9 | おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

それ以外のボタンは基本的に、画面の明るさやブルーライトカット、入力の設定などを調整する時に使用します。

Macのサブディスプレイとして利用する場合、音声はMacの方から流れてきます。

私の場合は、iMacとのデュアルディスプレイなので、Macの色味に寄せるために「ユーザー」で個別にカスタマイズしてあります。

例えばデフォルトでは、上から3つ目のボタンで音量を調整することができるのですが、これを別の機能に変更することができます。

- 【レビュー】BenQモニターでiMacをデュアルディスプレイにしたら快適すぎた!1.5万で手に入る2倍の作業効率 - クリアメモリ

数年前、ブラウン管モニタから液晶モニタに買い替えてからというもの、 異常に目が疲れるようになっていたんです。

しかし、24型の大型モニタ&ゲームなどでも残像が残りにくい・白色の発色が良い・省電力といった LEDバックライトの恩恵を存分に受けた液晶モニタが、 この価格で買えるというのは、さすがに品質を落としている部分が無いかと心配でした。

ですので、もし効果が無かったら、ゲーム用の液晶モニタにしようと思っていたんです。

今は、本来の目的のWEBデザインに使ってますが、 特に色がかけ離れていることもなく、かなり満足に使えてます。

- 「GL2450HT」レビュー&L2460HMとの違い | ウェブノコエ

このディスプレイでオススメなところは、一般的な用途で必要とされるスペックを満たしつつ、簡素ながらもスピーカーを搭載、入力系統を3つ「HDMI・DVI・D-sub」搭載しているところです。

動画の機種はGW2760HSですが、GL2460HMでも同様の効果が得られます。

GL2460HMは「通常のPC作業・動画観覧」などでは使えるフルHDディスプレイかと思います。

シビアな画像編集作業や、応答速度を求めるFPSゲーマーなどには高価格なハイスペックディスプレイがオススメなのかもしれませんが、一般用途では問題なくメインディスプレイとして活用可能なので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

- BenQ 24型ワイドディスプレイ GL2460HMのコスパが凄い!