デジタル一眼レフ

Sony

α77 2

レビュー

2011年10月に登場した「α77」といえば、最高12コマ/秒の高速連写中でもAFとAEが連動する「連写番長」として知られているが、非常に見やすいEVFや、3軸チルト式液晶モニターによる使い勝手のよさ、作り込みのよいボディなど、連写以外の面でもなかなか秀逸なカメラになっていた。

この他の外見的な変更点としては、α77ではロック無しだったモードダイヤルにロック機能が付いたことや、ボディ正面に記された機種名の「α」がオレンジ色からシルバーになったこと、ボディ上面にあるステレオマイク部がシルバーからガンメタぽい色に変更されていること、背面ボタン類形状の小変更などなど。

これはα77のときにも生じていたことだが、露出補正値を変化させながら何コマか続けて撮影する際などに、あまり手早く電子ダイヤルで露出補正値を変えてしまうと表示が追いつかず、1~2テンポ遅れて表示が変わるという事象だ。

これまでの位相差AF機は一眼レフを含め、測距点数がいくら増えてもほとんどが中央に集中している機種ばかりだったが、α77 IIは測距点が画面の相当端の方まで置かれており、動体撮影時はもちろん、静止した被写体を写す際の使いやすさが向上している。

- 新製品レビュー:ソニーα77 II - デジカメ Watch Watch

いわゆる "一眼レフ" の形状を踏襲した使いやすさと、透過ミラー技術による高速AF・高い連写性能が特長のAマウントボディ。

最高感度が1段上がって耐性が増していることもありますが、明るいレンズとの組み合わせもあって夜のスナップをストレスなくこなせます。

画質・レスポンス・操作性、いずれも高い水準にあり、メインカメラとして使うに相応しい1台と言えます。

すでにAマウントシステムをお持ちの方なら、ボディだけという選択肢もあります。

- SONY(ソニー) α77 II 実写レビュー | フォトヨドバシ

α77 IIは、ソニー独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」と、高速処理を可能にする画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」により、12コマ/秒というすばらしい連写性能を持っています。

つまり、スタンダードでの撮影の場合、連写を7秒ちょっと続けることができます。

一般的に、液晶モニターは明るい撮影シーンで見えにくいというデメリットがありますが、α77 IIなら明るい屋外でも、問題なく撮影できます。

(業務用は知りませんが) ひとつ可能性があるとしたら、 動画撮影中も専用センサーによる位相差AFが稼働する、 このトランスルーセントミラーなんちゃらって機構ですよね。

- α77 II ってどうなの?今更Aマウントを買うメリットってある?

TLMで一段感度が悪いだけなら、ボディ内手振れ補正もあるのである程度割り切って使えますが、発色や諧調の割り振り方、露出の傾向が製品版も変わらないようだと今回もパスですね。

α6000と同じギャップレスオンチップレンズ構造のCMOSセンサーと、BIONZ Xでもってしても、これだけのノイズが出るというのは、どうもトランスルーセントミラーの弊害なのか、HanseNさんのおっしゃるような『シャープネス処理がノイズリダクションと旨くかみ合ってない』ものなのか? う〜ん、やはりAマウントはα99の後継機種(是非ローパスレス版<36MP>と12-14MP版<低画素高感度番長>、そして54MP積層センサー版<高画素低感度番長>の3機種誕生を期待)まで待つしかないようですね。

子供が大きくなりスポーツ撮影も増えたのでAPS-Cの高速連写機をまた買おうかと考え、ソニーのα77IIも選択肢に入れていたところですが、画質に大きな差が無いのならOVFのニコンやキヤノンに絞った方が良さそうです。

今すぐお手軽な検証をお望みならば、手持ち撮影で構いませんので、マニュアルのドライブモードHIGHで、F16前後に絞ってSSとISOは都合の良い数値で連写してみてください。

- 各レビューサイトや公式サイトにソニーα77II のサンプルが多数掲載 - デジカメinfo

カスタムキー設定で格段に使いやすくなるカメラ! 「α77」の時代は、この赤丸のボタンの機能割り当てが、 ・スマートテレコンバーター ・ピント拡大 の2つしか設定できなくって、 さらに、ピント拡大を他のボタン(「AEL」「ISO」「AF/MF」)に 割り当てることが出来たんですが、どれも右手を使う操作で操作しづらいんですね。

僕は一発で決まりました! ここは「ピント拡大」しかないですね! 遊びがちな左手に仕事を与えてやれば、すごく操作しやすいですよ! 左手薬指でボタンを押せるようにすれば、 フォーカスリングやズームリングも問題なく操作が可能です。

▼1ページ目 ・Cボタン ・中央ボタン ・AELボタン ・AF/MFボタン ・ボタン ・ISOボタン ▼2ページ目 ・露出補正ボタン ・ホワイトバランスボタン ・ドライブモードボタン ・プレビューボタン ・フォーカスホールドボタン 計11個のボタンにそれぞれ便利な機能を52種類の中から1つ割り当てられる。

・ドライブモード ・フラッシュモード ・調光補正 ・フォーカスエリア ・露出補正 ・ISO感度 ・測光モード ・ホワイトバランス ・DRO/オートHDR ・クリエイティブスタイル ・ピクチャーエフェクト ・顔検出/スマイルシャッター ・美肌効果 ・オートフレーミング ・手ブレ補正(写真) ・手ブレ補正(動画) ・録音レベル ・画像サイズ(写真) ・縦横比(写真) ・画質(写真) ・カメラ内ガイド ・登録 ・押す間AEL ・再押しAEL ・押す間スポットAEL ・再押しスポットAEL ・押す間FELロック ・再押しFELロック ・押す間FELロック/AEL ・再押しFELロック/AEL ・押す間AF/MFコントロール ・再押しAF/MFコントロール ・中央ボタン押しロックオンAF ・瞳AF ・AFロック ・AFオン ・AFレンジコントロール ・フォーカスホールド ・絞りプレビュー ・撮影結果プレビュー ・スマートテレコンバーター ・ズーム ・ピント拡大 ・モニターミュート ・ゼブラ ・グリッドライン ・音声レベル表示 ・ピーキングレベル ・ピーキング色 ・スマートフォン転送 ・スマートフォン操作 ・モニターの明るさ ・未設定 凄いです!ほとんど設定することのない機能が多いと思うのですが、 人によって使い方は様々。

- 謎はすべて解けた!「α77II」 のDMF&カスタムキー設定レビュー!:ソニーで遊ぼう!:So-netブログ

もう一つはAF性能ですが、こちらも19点から79点に大幅増されており、合わせたいところにピントを合わせられるようになりました。

これだけパワーアップしているのに、なお、僕的にはおすすめできないと思っているのが肝心の画質部分です。

ファームウェアアップデートで改善される可能性はありますが、だったら最初から RX100M3 買うほうがマシですわ。

昨今、コンデジでも気の利いたものはISO6400以上でも使い物になる絵を出せるものが増えてきていますし、5D Mark3 のように高感度モンスターのような一眼レフだって存在しています。

- α77II 無難な性能の後継機のはずが何故か画質がクレイジー | ミッキースミス・ネット

AFレンジコントロール機能はAFの駆動範囲を設定できる機能で、静止画で5段階、動画では3段階から設定できます。

スマート ズームは、静止画時にSサイズで約2倍まで使えます。

スマートズームは余った画素数を使ってズームするクロップ機能で、Sサイズの画素数でいいのなら50mmの焦点距離が100mmで使えます。

静止画撮影時にはボディ内手ブレ補正のイメージセンサーシフト方式で、動画撮影時には電子式の手ブレ補正です。

- Sony α77 II レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

映画を見ているかのように美しい電子ファインダー、驚きの秒速12連写、2400万画素のAPS-Cセンサー、グニャグニャと自在に動く液晶画面など、革新的な性能を凝縮した中級機。

確かに高感度撮影を求められる種目や場面では、α99や、NikonのD4等、より高性能なプロ向けのカメラに出番を譲ることになります。

僕は超望遠のレンズを使った事はありませんが、ソニーの一眼はCanonやNikonと違って本体内に手振れ補正機能があるので、手ぶれに強いカメラシリーズであると思います。

ISO3200やISO6400など、極端に感度を上げて撮影する事が多い人には、より性能の良いカメラをお勧めします。

- すぐそばふるさと: Sony α77レビュー|僕がこの2年間でこのカメラを最高だと思った理由。

ソニーはマウントアダプターを2種類出してますが、どうしても僕の場合AFが早くないとダメだと思ったのでアダプターではなく、カメラを買ってしまいました。

あくまでメインはEマウント機でα77II望遠機専用として購入しましたが、キットレンズが明るく予想以上に使いやすかったのと、ずっしりと高級感のあるボディにぞっこんになってしまい、今ではEマウント機よりも出番が多くなっていますね。

余裕があれば35mmか50mmくらいの単焦点レンズを一本持っておくことをお勧めします。

Foldio2とは簡易スタジオやテントブースと呼ばれる商品で、使用することで写真のクオリティをランクアップすることができる代物だ。

- ソニーの魅力が詰まったカメラ【α77II】

"α99 II"のメニューを開いてみるとワイヤレスタブの2ページ目に「Bluetooth設定」というものがあり、ここで連携設定したスマートフォン、タブレットから位置情報をもらう仕組みになっています。

GPSとBluetooth機能をオフにできないのでスマートフォンの場合は電池の減りが気になりそうですが撮影時だけ、これらの機能をオンにして持ち歩けば利用可能です。

試しに設定リセットをしてみるとカメラマークの方で設定していた画像サイズや画質などはすべてリセットされるはずです。

これらの測距点の多さがが画角を作るときにすごく邪魔に見えるかもしれませんが、調整することができるのと、実際に撮影に使ってみると被写体を検出するまで表示されるだけでシャッタータイミングを計るときにはAFエリアの表示は消えて見えなくなるギミックがあったりします。

- 【レビュー】デジタル一眼"α99 II"展示レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

私の場合、通常は液晶モニターでの表示で、ファインダーを覗いた時に、ファインダーの方に切り替わる形にしています。

普通に撮影をする場合は、そんなに気にならないのでしょうが、サーキットで目視でマシンを確認して、近づいてきたのを確認しながらモニターを覗きこんでマシンを狙って…という一連の動作の中で、α77だと多少切り替えにもたつく感じがあり、場合によっては撮影に間に合わないという感じがありますが、α77Ⅱだと切り替えが早いので、カメラを構えてすぐに被写体を狙うことができます。

SONYのαシリーズの場合、TLMによって、ファインダー使用時でも位相差AFが作動するというメリットがある一方で、コントラストAF非対応ということで、位相差AFのポイントが実質的にAF動作可能な場所になってしまいます。

また、モードダイヤルのところに、モード1・2・3と予め任意の設定をしておくことが可能なのですが、こちらの登録についても、これまでは手ブレ補正などについては登録できなかったのですが、今回のα77Ⅱになったことで手ブレ補正についても登録できるようになりました。

- α77Ⅱ 2ヶ月使用感レビュー | Ke-Kun Base