デジタル一眼レフ

Nikon

D3200

レビュー

画像処理エンジンやISO(光をとらえる能力)もアップグレードされ、D3100を全体的に底上げしたモデルです。

もちろん、ガイドモード(撮影の仕方や機能の設定の仕方を液晶モニターで見ることのできる機能)やD3100から導入されたライブビュー機能(液晶モニターを見ながら撮影できる機能)などの便利な機能は引き継いでいますので、使いやすさもD3200の強みの1つです。

基本性能がしっかりしていて、わかりやすく、安心して始められるカメラを考えられる場合は、D3300との価格差を見て購入されることをお勧めします。

機能、価格、操作性、大きさなどすべてにバランスの取れた一眼レフであり、エントリーモデルとして気軽に高画質のカメラを楽しむには、とてもいい機種だと思います。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5300のレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

良い点: 24MPセンサー、フルHD動画、良好な画質、ゴム引きのグリップ、外部マイクが使えること、メニューが使いやすい。

エントリーモデルはキットレンズしか使わないような人が大半なのに、キットレンズでは力不足というのはどうなんだろう…。

レンズにも画像を扱うPCにも相応のスペックを求める高画素が本当にユーザーにとって望まれることなのか。

これだでけ高画素でAF微調節機能がないと持っているレンズの活用は十分出来ないのでは? AF微調節をしてレンズの性能は活かせても、D800Eの解像度を活かせないのに(D300でも調整が必要なレンズは多かったのですが)とそれより1画素の小さいD3200で調節が無いと、レンズの性能さえ活かせず、結局かなりのレンズをメーカーに再調整に出さないといけないことになります。

- ニコンD3200は初心者に使いやすく本格的なユーザーにも対応するカメラ - デジカメinfo

数値では上位機種を上回る「D3200」の描写力はどうなのだろうか。

D3200は既存モデル「D3100」の流れを組むコンパクトなボディに、電子ダイヤル(1つ)と撮影モードダイヤル、各種機能ボタンを備えており、エントリー向けデジタル一眼レフとしては標準的な操作インタフェースを持つ。

D3100にはモードダイヤルの脇に、レリーズ関連の機能(1枚撮影/連写/セルフタイマー/静音撮影)をレバーを用いてダイレクトに選べる「レリーズモードセレクター」があった。

アシスト画像を見ながらシャッタースピードを変えて水の流れのシミュレーションをすることも可能だ(写真=右)。

- 2400万画素新センサーの実力は——ニコン「D3200」 (1/4) - ITmedia デジカメプラス

ボディをあえて小型化せず、一眼レフ本来の操作性の良さを損なわないように、ボディ+レンズのシステムで小型化してきました。

予算としてD3200に決め打ちでなく、ちょっとでも2機種で揺れ動くものがあれば、新型レンズになった『D3300』を買った方が後悔はないです。

ニコンのカメラ(D750)を便利に使う「ユーザーセッティング(U1/U2)」の使い方と、私の設定内容。

写真を無料で容量無制限に保存!「Google フォト」のできることと使い方。

- 『ニコン D3300 vs D3200 vs D3100 比較』。D3000シリーズ過去モデルの違い | かめらとブログ。

ニコン D3200 カスタマーレビューは? 撮影シーンに合わせてカメラが最適な設定をするシーンモードが便利。

ニコン D3200 通販情報 激安販売はコチラ!! 撮影シーンに合わせてカメラが最適な設定をするシーンモードが楽しい。

・ レンズキットでAFだけで撮影するには十分だと思います。

ニコン D3200 価格情報 購入は最安値を参考に!! ニコンのフラッグシップD4と同一の画像処理エンジンEXPEED3を搭載。

- ニコン D3200 レビューは?

画像サイズは6016×4000ピクセルとなり、A2サイズに短辺を合わせると約240dpiの解像度でのプリントが可能だ。

もっとも、エントリーモデルと言うこともあり、用途的にはL判や家庭用プリンターによるA4印刷がメインとなる。

そのほか強化されたフルHD(1920×1080ピクセル)の30p動画撮影機能や、システムを見直してデザインされ更に使いやすくなったボタン配置など、D3200はエントリー機としてみるには実に贅沢なカメラと言える。

35mm換算で15mm相当からのワイドな撮影が楽しめる新レンズは、広角撮影が苦手な印象の強いDXフォーマット機のイメージを大きく変えてくれる1本です。

- マップカメラ | KASYAPA | 053:加速するエントリーモデル 『Nikon D3200』 | Nikon

撮影方法をわかりやすく表示しながら撮影できる「ガイドモード」では、新たに効果の確認が行なえる「アシスト画像」と、選んだシーンの説明文が追加されている。

「ファインダーで撮る」か「ライブビューで撮る」か、「動画を撮る」かを選択すると撮影状態になるのだが、さらにISO感度やフラッシュモードの変更も可能。

同時発売のワイヤレスモバイルアダプターの「WU-1a」(希望小売価格5250円)をD3200の「USB/オーディオビデオ出力端子」に装着することで、スマートフォンやタブレット端末などと無線LANで接続できるのも大きな特徴。

D3200で撮影した静止画や動画をスマートフォンやタブレット端末に転送しネットにアップロードできるほか、リモート操作でライブビューを確認し、静止画撮影をすることができる。

- ASCII.jp:スマホでリモート撮影できるニコンの一眼「D3200」登場

このクラスの機種は初めての人が買うだけでなくて、ファミリーで2台目以降に買うこともあるので、レンズを選ぶカメラとか、注意しないとブレが目立つカメラというのはちょっとなぁ。

いゃ・・キットレンズが能力不足ならもう後からレンズ買う前に手放したりする可能性も有りますし・・、又レンズ買い換えようにもレンズを選ぶとか初心者が言われるとどのレンズならOKなのか?となりますし・・、ちゃんと対応できるキットレンズを開発してから売り出さないと・・。

チェッカーのボードのようなものを持ち込んで、G1のAFを確認・・あまり宜しくない・・ その時ビオゴンの後ろの玉を見たのでした。

電気カメラなんだから、合焦したらピッと言うとかすればいいのに、G1は電子音の機能がないカメラなんですよね(普段はピッピッ言うカメラは好きではないですが、このカメラの場合そうするしかないと思います)。

- 【新製品レビュー】ニコンD3200(デジカメWatch)が辛口でいい: "Haniwaのページ"作者のblog

これだけあれば、27インチディスプレイのiMac 5K Retinaディスプレイで画面いっぱいに等倍で表示させることができます。

明確な目的意識があればべつですが、通常は小型軽量なカメラがいいというのが本音であります。

一般的なデジタル一眼レフカメラユーザ、とりわけデジイチをはじめて触れて間もないユーザはキットレンズを使いっぱなしということが多いので、キットレンズの性能はきわめて重要です。

ニコンの最新のテクノロジーがふんだんに搭載された小型・軽量なD3300は、わたしたち普通のアマチュアカメラマンにとって十分な性能を持ったデジタル一眼レフカメラです。

- 【レビュー】ニコンD3300は小型軽量で素晴らしい画質の写真が撮れる – オーケーマック

そこはデジタルビデオカメラの光学ズームで動画としてカバーはしていたけど、見る手間と保存する手間を考えると「写真が一番」だと個人的には思って居るのでデジイチは欲しいと思っていた。

各レンズには予め買って置いたレンズ保護フィルターである「Kenko MC PROTECTOR NEO」の 52mm サイズを 2 本のレンズにそれぞれ装着。

D3200 の液晶には保護フィルムも張り付け。

GX200 も D3200 も取り敢えず両方 AUTO で撮って JPEG FINE で保存した物で、リサイズ以外の補正は一切無し。

- Nikon D3200 でデジイチデビュー | ぶっちろぐ

前キットレンズは動画撮影すると、AFノイズをマイクが拾い常に「ミュイミュイ」の音が入ってましたが、このレンズは動画撮影を快適にしてくれそうです。

撮影した画像を目に見える形に処理してくれる画像処理エンジンには、ひとつ前のEXPEED4を使っていますが、これも先程のD5500、D5600、D7200と一緒の物を使っています。

最近のデジタル一眼カメラは動画撮影出来るのが標準機能になっていて、上級モデルでは4K撮影できるものも増えていますが、D3400は4K動画は未対応です。

カメラ本体の性能はD3300から据え置きながら、最近のスマホ事情に合わせたユーザビリティ向上と、新型レンズの爆速AFのおかげで、これからデジタル一眼レフカメラを始めようと考えてる人にも力強くプッシュできるカメラです。

- 『Nikon D3400』をデジカメ初心者にオススメする3つのポイントと残念ポイント

D3300の有効画素数はD3200と同じ2416万画素で画素数を据え置きにしたので、D3300でEXPEED 4にしたことによる高感度域のノイズ低減の効果が活きています。

D3300はEXPEED 4にしたことで、フルHD動画のフレームレートが60pになっています。

D3300はD3200よりも機能が複数の面で向上しているだけではなく、上位機よりも機能が上なところもあるので、エントリー一眼レフの中でもお薦めの機種になっています。

コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。

- D3300とD3200の違いと比較 | デジカメレポート