デジタル一眼レフ

Nikon

D3400

レビュー

D500に続いてSnapBridgeと呼ばれる常時接続によるスマートデバイスへの画像転送機能を搭載したことや、エントリーモデルとしては驚異的な約1,200枚もの撮影枚数を実現した省電力技術なども注目されている。

しかしピントリングを回した感触は純粋なMF専用レンズとまではいかないものの、このクラスのAFレンズとしてかなり良好な操作フィーリングを実現している。

しかしながらD3400は光学ローパスフィルターレスのイメージセンサーと最新のキットレンズとの組み合わせによって、細部までしっかりと解像していることがご覧頂けると思う。

多少アウトフォーカス部分のざわつきは見られるものの気になるほどの癖は感じられず、キットレンズの標準ズームとしては良好なボケ味だ。

- 新製品レビュー:ニコンD3400(実写編) - デジカメ Watch

どのぐらい軽いのか早速キッチンスケールで計ってみると、キットレンズのセットに純正のストラップをつけてバッテリー(フル充電!)、SDカード(8GB)を入れ、すぐに撮影できる状態で685g。

さまざまな色がある条件で、白色を厚みが感じられるように再現するのはかなりハードルが高いと思うのですが、D4sからD8100、そして D5500へと受け継がれてきた画像処理エンジンEXPEED4を搭載したD3400は、白いフレームの塗装感と立体感を見事に描き出しています。

階調、色再現を考え実用感度をISO 3200に設定しても、VR機構(手ブレ補正効果4.0段)と併用することでほとんどの場面で対応でき、思ったシーンを自由に切り取ることができます。

「まずはボディにレンズ1本」という方にぴったりのレンズキット。

- Nikon(ニコン) D3400 実写レビュー | フォトヨドバシ

「リモコン非対応か?」と思ったものの、前面のグリップ部には受光部が存在する。

描写にかかわる基本性能はほぼ一緒と言っていいと思うので、上記の差に魅力を感じなければD3300も十分選択肢になる。

測距点数やレンズラインナップはD5500の方が優れているが、タッチパネルの機能性は熟成されたインターフェイスとなっているKissの方がおススメできる。

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

- ニコンの最新エントリー一眼『D3400』は『D3300』『D5500』と比較して買いか?比較して考える | とるなら~写真道楽道中記~

使う人によってどの程度のノイズを許容できるかにもよりますが、最大感度が1段上がったぶん、常用感度の範囲でもD3300よりはノイズが少ない写真が撮れますね。

ただ、何個か注意点もあってスマホに自動連携される画像は200万画素にリサイズされたり、元画像の送信には手動での操作が必要になります。

ただ、200万画素ぐらいあればスマホで見るには十分なので普段は自動転送された写真を使って、プリントしたい時には元画像を使うなどの使い分けをすれば個人的には十分だと思います。

記録画素数が2416万画素、ローパスフィルターレス、画像処理エンジンがEXPEED4を搭載などのカメラの画作りに関わる性能はD3300から引き継ぎされています。

- 出たぞ新機種!ニコンD3400を旧機種と徹底比較! | surphotoworks-personal

D3400は画質面のスペック的にはD3300と同じですが、高感度性能がアップして暗いところでの撮影性能が上がっています。

写真はそのままのデータが送られるのではなく、2Mにリサイズされたものが転送されます。

いずれも初心者さんには使いやすいレンズで、レスポンスがよく駆動音も静かなので、非常によいキットだといえるでしょう。

これは、センサーサイズがAPS-Cサイズということで、ニコンの場合は「DXフォーマット」と独自の呼び方をします。

- Nikon D3400が発売。いいカメラなのでチェックポイントを徹底解説 | はれときどきカメラ*

望遠レンズはどうしても大きくなりがちだが、D3400で使うことのできる望遠レンズの中には大きさを抑えることに成功しているレンズもある。

D3400対応の互換バッテリーの中には、純正のものと比べると電池容量が大きくなっているものもある。

運動会などで被写体が自分の近くに来た時は広角レンズとして撮影を行い、自分から離れていった場合には望遠レンズとして撮影する必要がある。

デジタル一眼レフで動画を撮影できるようになり、1台のカメラで静止画と動画の撮影を行なうようになった。

- ニコンD3400の評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

大きな「違い」と言えば、新型D5600には Bluetooth と NFC の機能を内蔵して、ニコンがチカラを入れている画像自動転送システムの SnapBridge に対応したことぐらいか。

低価格一眼レフカメラとしては、どちらもシャッターフィーリングもいい。

D5600とD3400にはSnapBridgeが搭載されBluetoothで低画素数の写真をリアルタイムで転送することが出来ます。

そのうちD5600の価格が下がって来るかもしれませんのが、現時点ではSNS用として気軽に楽しみたい方はSnapBridgeのD3400が、運動会で動画もそれなりに必要な(可動液晶やタッチパネルもありますし)方はD5500がおススメという感じですね。

- ニコンD5600買うならD5500か?でもD3400の方が画質が良い(Photo of the Day) | YOUのデジタルマニアックス

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動く、のが特徴の一眼レフカメラです。

ありがたくも悩ましいことに「Nikonの一眼レフカメラを買う!」と決めても、たくさんの機種があって選ぶのが大変です。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

- Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。 | 面白ハンター|旅を仕事に!新卒フリーランスの海外ノマド記録

セット販売されているキットは様々な対象物の撮影に適していて良いものではありますが、例えば50mm f/1.4を使って対象物を背景から浮かび上がらせるとこのカメラの真の性能の発揮を見ることが出来ます。

最近のカメラのトレンドからすると、D3400が4KではなくFull HD撮影に特化している事は時代遅れに映ってしまうようです。

また懐が許せばすぐレンズを上のグレードのものに交換すべきでしょう ー キットレンズも優れものではありますが、画質の素晴らしさを求め始めたら、すぐに物足りなくなるはずです。

価格を抑えるためにいくつかの機能が省かれたのは確かです ー スクリーンは固定されている上にタッチパネル式でもなく、動画撮影はFull HDに限定されています。

- Nikon D3400 レビュー

と言うことで、写真の画質ではなく上のほうで書いている「カメラ本体のスペックと操作感」の違いがここに出ているわけですね。

ですから次の新しいカメラを待つのあまり得策ではないと思うんですね、もちろん2台目とかなら話はわかりますが、それなら今あるカメラをサクッとある程度の妥協ラインで購入して撮影をすぐに始めたほうが楽しいと思います。

小型軽量、構えやすい、写真は美しい(当たり前)、バリアングル液晶の使いやすさ、電池の持ち、3機種の中では一番新しい事。

一番大きな特徴はSnapBridgeという機能の追加、何が出来るかと言えばカメラ本体とスマホやタブレットと常時接続が出来ると言うことです。

- カメラ初心者におすすめD5500とD5300とD3300をわかりやすく比較 | カメラアマ

カメラ本体で画像を加工することで表現に幅を持たせていますが、ある程度レンズの性能に依存してしまうので撮れる写真にも限界があります。

マウントアダプターを用いて他社のレンズを装着できるものもありますが、オートフォーカスなどの機能が使えない場合やうまく撮影できないことがあります。

375gと軽量なので扱いやすく、手ブレ補正を内蔵しているので初心者も安心して写真を楽しむことができます。

ローパスフィルターレス仕様で有効画素数約2424 万画素のCMOS イメージセンサーを搭載し、ISO最高感度が102400なので、星空もノイズが少ない美しい画面で撮影することができます。

- 一眼レフカメラ初心者に教えます!ワクワクできるレンズキット | RentioPress

キヤノンは人の目で見たときに美しく見えることを重点においてカメラ作りをしており、デジタル一眼レフカメラ業界No.1のシェアを持っています。

開放値は2,8、解像度と自然でやわらかいボケ味、AFスピード・精度、高速連続撮影を可能にしたレンズです。

レンズは「標準ズーム」「広角ズーム」「望遠ズーム」「高愛率ズーム」「単焦点」「マクロレンズ」「PCレンズ」「PCマイクロレンズ」「魚眼レンズ」とさまざまな種類があります。

画質にこだわりたい人はイメージセンサーのサイズをチェックしましょう。

- ニコンの一眼レフおすすめ機種比較。キヤノンとの違いも徹底解説

厳密にはレンズの性能の差もありますけど、「軽いは正義」を考えるならば、EOS Kiss X7は旧機種ながら今でも十分検討に値する機種ですね。

初めてデジイチを買う場合は特に、レンズもセットになったキットを検討する人も多いと思います。

なので、近距離から長距離まですべてカバーできるような高倍率レンズを買っておくと、最初は少し投資が必要ですが、後々長く使えます。

今はミラーレス一眼も良い物がどんどんでてきていますが、本格的にカメラにハマろうと思えば、たくさんの種類のレンズを選べるデジタル一眼はやっぱり楽しみが広がります。

- Nikon D5500の5ヶ月使用レビュー! 初めて買うデジタル一眼にはやっぱりこれが一番いいと思う。 - いつもマイナーチェンジ!