デジタル一眼レフ

Nikon

D500

レビュー

装着するレンズによって総重量以前にバランスが大きく変わり、それは使用感に直結するのでボディ単体の重さの話にあまり意味はありませんが、その差はたった95g(バッテリー等含む使用状態で)。

いずれも小型軽量で性能も抜群にいいレンズで、それはそれでいたく感心したのですが、レンズの性能を100%発揮しつつ、その上少しアクセルを踏んでくれるボディだった、という言い方はできると思います。

少なくとも今回使用した2本のレンズではスパン!と決まって、完璧にストレスフリーでした。

カメラに詳しい方ほど、画素の多い/少ないに依らない描写の良さ、というか、画素数がそこそこに抑えられているからこそ可能になる描写性能についてよく理解されていますが、このD500を持ってあちこち歩き回り、写真を撮り、画をじっくりと眺めてみて、それを実感した次第です。

- Nikon(ニコン) D500 実写レビュー | フォトヨドバシ

加えて、本体側の電子手ぶれ補正(FHD/HD収録時のみ)の採用や、チルト式タッチ液晶を活かしたフォーカス等、着実に進化している機能からメーカーの本気度が伝わってきます。

但し、動画撮影中のコントラストAFの制御は旧世代機と比べて練られているように感じるものの、ライブビューでのタッチAF等の精度・スピードには辛い物があります。

また、レンズのAF駆動音も気になるので、どうしても使う場合は外部マイクが必須でしょう。

新機能の実装で、「1台手持ちで手軽に撮影」するような場面を思い浮かべたのですが、この点は他社機種(ミラーレス機含む)の技術が先を行っている印象でした。

- ニコン「D500」 全部入りハイスペック機 実写レビュー | フォトルプロ

暗所にも強力なAF性能がフレーム横いっぱいに広がる守備範囲の広さに加えて、秒間連写10コマでロスレスRAW200コマを撮り続けることが出来るのだから驚きだ。

また、4K UHD動画にも対応しているので撮影の幅がさらに広がる1台になりそうだ。

D500で放電特性を変更する前のEN-EL15を使用した際には「撮影可能コマ数(電池寿命)」を満たさなくなります。

D500以外の製品では、上記のような現象はございません。

- DXの最上級一眼レフ Nikon D500【評価・作例・情報】 | とるなら~写真道楽道中記~

D7200の場合はいちいちレンズを支えている手を移動したり、ファインダーから目を離したりしなくてはならないので、いざという時にはレンズの操作がワンテンポ遅れてしまいシャッターチャンスを逃すこともしばしばありました。

DXレンズに限定すると、下のD500のキットレンズは、使用頻度の高い焦点距離といい、DX唯一のナノクリといい、霧が晴れたような描写で、なおかつFXレンズより軽く使いやすくて今一番のおすすめです。

2年足らずでモデルチェンジしたD7100とD7200の場合、どこが変わったのかわからない様なマイナーチェンジでしたが、D7100を使った人ならはっきりとわかるけど、明らかにD7200の画質は向上していましたから、購入のタイミングとしても微妙な様な気がします。

ところがD7200の方が画質や高感度耐性が良さ気な感じ! K-3での高感度耐性の無さに辟易としていまして、その点を強化するとともに600mm(換算900mm)のレンズが所望でしたので、「D7200で十分じゃないか!」と思えるようになりました! (因みにレンズはタムロンのG2所望です。

- 2か月使って変わってきたD500とD7200の関係

画素数は2082万画素とやや控えめだが、常用ISO感度は ISO100-102400、約12コマ/秒の高速連写、最大200コマまでの高速連続撮影、広範囲・高密度の153点AFシステム、4K UHD(3840×2160ピクセル)の動画撮影、そして堅牢なボディと、フラッグシップの名にふさわしい豪華な仕様となっている。

有効画素数2088万画素、常用ISO感度はISO100-51200、約10コマ/秒の連射機能、最大200コマまでの高速連続撮影、広範囲・高密度の153点AFシステム、4K UHD(3840×2160ピクセル)の動画撮影と、スペック的にはD5とほぼ変わらない仕様となっている。

10コマ/秒という高速連写、200枚までの連続撮影というスペックは、動体撮影に特化したハイエンド機という印象だ。

何より、35mmフラッグシップ機のD5とほぼ同様の性能を、この価格で手に入れられるというのは、何よりも魅力的だ。

- 憧れのフルサイズ機の魅力を凝縮したニコンAPS-Cフラッグシップ「D500」【デジカメレビュー】 | GetNavi web ゲットナビ

ブレを低減できる電子先幕シャッターでは、シャッタースピードの上限は1/2000秒、ISO感度はISO51200までです。

D5と同じでAF専用エンジンもあるので、それまでの共用マイコンとは違って、AFの被写体捕捉力が上がって食い付きがよくなっています。

手ブレ補正はレンズ式ですが、フルHDとHD動画撮影では、3方向でブレを軽減する電子手ブレ補正が使えます。

APS-Cサイズ相当の強みは、フルサイズではテレコンを使わないといけない画角でも画質を落さないレンズ域で撮影できることです。

- ニコン D500 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

153点ものフォーカスポイントが画面を広くカバーするようになったことで、従来以上に動体の動き方や位置にあわせたAFエリアモードの選択が可能になり、さらに使いやすくなった印象だ。

カメラによっては「連写優先のときはJPEGに切り替えて(場合によっては記録画質を落として)撮っている」という方も少なくないと思うが、D500であればそうしたことは不要だ。

2ページ目に掲載する実写作例と感度別作例をチェックしていただきたいが、ローパスフィルターレスの有効2088万画素センサーと最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」の組み合わせで得られる画質は、非常にていねいな印象でバランスがいい。

本来ダイナミックAFは、選択したポイントから被写体が一時的に外れた場合にフォローするモードなので、狙ったポイントのレスポンスがよくなっているのは、1点で被写体を追いかけながら撮影する場合には都合がいい。

- APS-Cデジタル一眼レフの最高峰! ニコン「D500」の動体撮影性能をチェックした - 価格.comマガジン

また、今はニコンを使っておりますが、他のメーカーから素晴らしい機種が出ますと、すぐにマウントごと乗り換えるフットワークの軽さを持っております。

さて、このD500は久しぶりに期待していたカメラで、かなりハードルは上がっていたはずなのですが、今日に至るまでガッカリだったポイントはありません。

見やすいファインダー、歯切れの良いシャッター、高速連写、これだけで十分に気持ち良いカメラなのですが、基本性能にプラスして、様々な新しい機能も盛り込まれていて、DXのフラグシップなんだな、と思わすものを感じます。

新型ゲット!「イワタニ カセットフー マーベラスI... 我が家では卓上コンロに東芝の電熱系のアイテムを使っています。

- Nikon D500 雑感 | モノ好き

そしてクロップ時のマスク機能がすごい!
普通ハイエンド機では、クロップ撮影の際は黒線が追加されるのみですが、D5のファインダーはクロップしたら映らない部分をグレーのマスクで覆ってくれます。

猿の繊細な毛並みも、餌を手から取る瞬間もD5のAF速度と正確さがあってこそ撮れる写真だと実感しております。

・D800系などの高画素カメラと較べるとダイナミックレンジが狭い!
これは現像で暗部を思いっきり持ち上げると、ベルト状のノイズが出ることが分かりましたが、+2程度であれば問題はないでしょう。

私の場合、日中の明るいところで撮影する機会が圧倒的に多いので、ISO64まで下がる+シャッタースピード1/8000秒のためにやっちゃいました。

- プロフォトグラファーがD5を徹底レビュー!Nikonのフラッグシップはバケモノか!! - ログカメラ