デジタル一眼レフ

Nikon

D5200

レビュー

もちろんD5000シリーズに特徴的なバリアングル液晶モニター(液晶モニターの角度を自在に変えることができ、様々な角度からでも液晶で確認しながら撮影できる機能)も搭載しています。

D5000シリーズで好評のバリアングル液晶モニター(液晶モニターの角度を自在に変えることができ、様々な角度からでも液晶で確認しながら撮影できる機能)に、初めてタッチパネルが採用されました。

リーズナブルに、とりあえずデジタル一眼を始めたいという方には、十分な機能を持つD5200やD5300などの型落ちモデル、あるいはD3300などの少しグレードを落としたシリーズをお勧めします。

フォトショも使っていきたいと思います!標準ズームレンズでは、被写体を大きく撮れないため、タムロン18-270mmを追加購入しました!沼にはまりそうなので、単焦点には手を出していません笑【液晶】見やすいし綺麗です!何よりバリアングルモニターなので、写真を撮るときも見るときも楽です。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D5500のレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

もちろんD5000シリーズに特徴的なバリアングル液晶モニター(液晶モニターの角度を自在に変えることができ、様々な角度からでも液晶で確認しながら撮影できる機能)も搭載しています。

その一方で、デジタル一眼レフカメラには珍しくレッドカラーバージョンもあるため、カジュアルに一眼を楽しみたい人やカメラ女子の人気も高いです。

KISSのように作った感のあるシャッター音ではなく、本当に歯切れのいい音なので撮影した気になります^^また、機能や操作もだいぶ慣れてきて、KISSに比べ操作性が悪いなどと感じることは一切なくなりました(^^)【バッテリー】連発して撮りまくるとすぐになくなりますが、花をのんびり撮影するくらいなら影響はさほどなさそうです♪ただ、電池が劣化してきたりするとわからないんで、いつか予備の電池を導入したいところです…。

標準レンズの付いたレンズキットが10万円切っているというのは、Nikonのミドルクラスであれば十分お買い得ですね。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5200 VS Nikon D7100のレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

21点のダイナミックAFを使い競馬を撮影してみたのだが、選んだフォーカスポイントから被写体が外れてしまった場合でも、その結果はまったく問題ないものであった。

D5100で「グラフィックデザイン」と呼んでいたものをベースに、シャッタースピード、絞り値、ISO感度それぞれを3つのサークルのなかに表示する。

D5200で撮影した画像はスマホの内蔵カメラで撮影したものより当然高品質であるうえ、超広角から超望遠の撮影までを可能とするので、ブログやFacebookなどでライバルに差を付けることも容易だ。

しかも同じDXフォーマットの上位モデルD7000よりもイメージセンサーなど秀でた部分もあり、これからデジタル一眼レフを手にするユーザーのみならず、ベテランユーザーも末永く使えそうなカメラである。

- 新製品レビュー:ニコンD5200 - デジカメ Watch Watch

D5100との最大の違いは、有効画素数2410万画素のDXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種「D4」「D800/800E」「D600」と同等の画像処理エンジン「EXPEED 3」を新たに搭載したことだ。

そのほかにも、D7000と同一のオートフォーカスセンサーモジュール「CAM4800DX」を搭載したことで、AFポイントが11点から39点に強化されたことや、ミラーユニットなどメカニカル部分を新しくすることで連続撮影枚数が秒間最高約5枚(D5100は4枚)にアップされるなど、ポテンシャルは確実に底上げされている。

使用時に液晶パネルに表示される情報やメニューは、EXPEED 3を搭載したことによるグラフィック処理能力の向上を生かし、さらにわかりやすいデザインに変更されているので、より初心者に扱いやすいよう配慮されている。

また、D5100ではマイクはモノラル仕様だったが、これもステレオ仕様になり、動画撮影機能も「1920×1080/60i」のフルHDに強化されているので、より臨場感あふれるムービー撮影が可能だ。

- 長く楽しめる2410万画素CMOSエントリーモデル——ニコン「D5200」 (1/3) - ITmedia デジカメプラス

ファインダー撮影時に、画面を指でスライドさせることでフォーカスポイントを移動させることができるのが、個人的に特に便利なポイントかと思います。

ただし、この数値はファインダー撮影時のものです。

D5500の動画性能は、1980×1080のフルHD60pに対応し、さらに高画質モードを選択できるようになりました。

ニコンのカメラ(D750)を便利に使う「ユーザーセッティング(U1/U2)」の使い方と、私の設定内容。

- ニコン D5500 vs D5300 vs D5200 比較。D5500からみる、Nikon DXフォーマットAPS-C初級機上位モデルの違いをみる | かめらとブログ。

構図の自由度を広げる横開きバリアングル方式の液晶も引き続き搭載している。

その上で、AFやシャッター、撮像素子、画像処理エンジンといったカメラとしての基本部分をパワーアップ。

9点のクロスセンサーを含む39点AFセンサーや、有効2410万画素のCMOSセンサーなど、このクラスの製品としては非常に贅沢なスペックとなっている。

前モデルにはなかった3種類のカラーバリエーションが選べることもうれしいポイントだ。

- 一眼カメラレビュー/上位機種並みの撮影機能を搭載したニコン『D5200 18-55VRレンズキット』 – DIGIMONO!(デジモノ!)

レンズキットのレンズはびっくりするくらい軽いけど、コンデジとかスマートフォンのカメラとは比較にならないくらい良く撮れた。

あと他のレンズに比べてAFの音がうるさい。

->70-300だと重いし、キレイに撮るのも難しい、、、 ->50mm単焦点はきれいに撮れて持ち運びも軽いけど、少し不便なことが多い ということで、値段のわりに評判の良さそうなレンズだったので、購入してみる。

メインで撮りたいのがはっきりしている場合は、交換レンズを持っていくよりは、2台持ちのほうが良いと実感。

- クラウドメモ帳: Nikon D5200購入と反省会

撮影枚数ですが、最初の数回は極端に少ないですよ。

ただライブビュー撮影時に限った話で、ファインダー撮影の場合ですが 昨日は1600枚撮影してまだバッテリ残量ありました。

どんなベテランでも最初はあるので、コメントでそこまで腐さなくても、、 D5200の実売金額が下がっているので購入を検討していますが、私にはデメリットの部分が良くわかったので有益なレビューでした。

ならば基本性能はドッコイでも、使う上での便利さ等を考えればとD5200に決定。

- Nikon D5200を発売日に買って、1日使い、すでに手放しましたがレビューします: Fの哲学

写りに関してはDXフォーマットの最新スペックと考えていただいて問題ありませんから、レンズ次第で多様な表現を求めることができます。

しかし1本で済ませることができて、手ブレ補正もついて、この写り。

一昔前ならエントリーモデルに合わせるのは標準ズームと望遠ズームのダブルセットで、交換レンズを入れておけるカメラバッグをぶら下げることからスタートしたものですが、本キットならカメラはぶら下げるだけ。

バリアングル液晶を使ったライブビュー撮影が便利な本機種ですが、見えの良い光学ファインダーを使った撮影がやはり基本。

- Nikon(ニコン) D5300 実写レビュー | フォトヨドバシ

NikonD5200で撮影した時の、ふんわりとしたぼけ具合、奥行き、やわらかさ…一眼レフでないと味わえない新しい写真の世界がある。

マイクロフォーサーズとAPS-Cサイズ、センサーサイズの違いも大きいと思うのですが、ミラーレス一眼で見慣れた画像とはひと味もふた味も違っていたのです。

この他に、別で液晶保護シートと、レンズ保護フィルターも買いました。

d5200のキットレンズ(標準)より二回り以上小さくなりました。

- 写真多め!Nikon D5300購入レビュー!大本命で「そろそろ、ちゃんと、一眼レフ」 | EDiT NEW LiFE.

ニコン D5200は、2400万画素センサー、高速連射 5コマ/秒とD5100から順当進化した機種であると評価しています。

インフォ設定ボタンの使い勝手に関しては、マイナス点として挙げているようです。

概ね好評なレビューですね♪ あとD5200は初心者から中級者にターゲットに造られたデジタル一眼レフだと思いますから、元々上級機を使い慣れているユーザーにとっては、インフォ設定ボタンなどの慣れていないユーザー向け(?)に考えられた仕様は使い難いのかもしれませんね。

ISO高感度耐性が、店頭で試したり、ネットに掲載されているISO感度耐性比較画像を見て許容範囲であれば、魅力的なDX機なのではないでしょうか。

- ニコン D5200 は、D5100から順当進化したDX機である デジカメライフ

まだDxOのスコアだけで詳細なデータやレビューは公開されていませんが、この数字を見る限りではD5200に採用されている東芝製の24MPセンサーは全ての項目で他の24MPセンサーを上まっており、なかなか良好な性能のようですね。

DxOスコアは画質の絶対指標ではないと思いますが(画質なんて個人の好みに大きく左右されてしまうものなので)、SN比、ダイナミックレンジ、色深度など各項目ごとの情報量や特性については絶対的な指標になるかと(少なくとも現時点ではベストなベンチマークです・・・というか代替がないし)。

高感度になるほどキヤノンセンサーが圧倒する(特に6Dがすごかった)線グラフのDxOデータをどこかで見て驚いた記憶があったのですが、ソースの記憶がありません…。

個別に見ましても、等倍でソニー性16MPセンサーに"多少"劣りますが、プリントでは全ての項目において同等以上に持っていくあたり、文句のつけようがないですね。

- DxOMarkにニコンD5200のスコアが掲載 - デジカメinfo

D5300で同じように「グラフィックデザイン」を選ぶと、シャッター速度やISO値もグラフィック付き表示になります。

触ってみて、ニコンの高級デジタル一眼レフカメラシリーズの機能を手軽に扱えるサイズに落とし込んだ、扱いやすい機種であるという印象を受けました。

プロやハイアマチュアが使うD4などの上位機種になると、モードが「M・A・S・P」の4つしかなく、慣れていないとホワイトバランスや露出の調整などに悩むことがありますが、D5300の「AUTO」はかなり優秀で、とりあえずAUTOにしておけばだいたいの場面で求めている絵が撮れそう。

ただし、光学ファインダーを覗いて撮影するには向いているのですが、1コマ撮影モードでライブビュー機能を使用すると、シャッターを切ってから次の写真が撮れるようになるまでに約1秒ぐらいの間隔が必要で、ちょっともどかしく感じました。

- ニコンのデジタル一眼レフカメラD5300がどう進化したか実機レビュー - GIGAZINE