デジタル一眼レフ

Nikon

D5300

レビュー

一般にイメージセンサーは、同等の画素数の場合、設計が新しいほど高感度特性や階調再現性が有利となる場合がほとんどなので、この新しいイメージセンサーには大いに期待してよいだろう。

これはEXPEED 4ばかりでなく、イメージセンサーの特性も関係していると思われるが、総合的にニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフとしては、D5300は現在最も高感度特性の優れたカメラといって差し支えない。

さらに、カメラに装填されたメモリーカード内の画像を取り込むのも簡単で快速。

しかし、同社のホームページからA-GPSファイルのダウンロードを行ない、メモリーカードを使ってカメラに読み込ませると、位置情報を測位するまでの時間を“ホットスタート”並みに短縮することができる。

- 新製品レビュー:ニコンD5300 - デジカメ Watch Watch

NikonD5200で撮影した時の、ふんわりとしたぼけ具合、奥行き、やわらかさ…一眼レフでないと味わえない新しい写真の世界がある。

マイクロフォーサーズとAPS-Cサイズ、センサーサイズの違いも大きいと思うのですが、ミラーレス一眼で見慣れた画像とはひと味もふた味も違っていたのです。

この他に、別で液晶保護シートと、レンズ保護フィルターも買いました。

d5200のキットレンズ(標準)より二回り以上小さくなりました。

- 写真多め!Nikon D5300購入レビュー!大本命で「そろそろ、ちゃんと、一眼レフ」 | EDiT NEW LiFE.

写りに関してはDXフォーマットの最新スペックと考えていただいて問題ありませんから、レンズ次第で多様な表現を求めることができます。

しかし1本で済ませることができて、手ブレ補正もついて、この写り。

一昔前ならエントリーモデルに合わせるのは標準ズームと望遠ズームのダブルセットで、交換レンズを入れておけるカメラバッグをぶら下げることからスタートしたものですが、本キットならカメラはぶら下げるだけ。

バリアングル液晶を使ったライブビュー撮影が便利な本機種ですが、見えの良い光学ファインダーを使った撮影がやはり基本。

- Nikon(ニコン) D5300 実写レビュー | フォトヨドバシ

一眼レフの醍醐味でもある交換レンズはニコンとキャノンが圧倒的に多く、レンズ購入のことも考えてカメラを購入しました。

画素数やシャッタースピード、ISO感度などのスペックはD5000系と比べてもほとんど変わりなく、フォーカスポイントが11点から39点になったなどの違いがあります。

D3300にはバリアングル液晶ではなく非可動式の液晶の為、ハイハイする子供をライブビューで撮影するときは絶対D5000系の方がいいなぁと思ったからです。

大きな違いは液晶のタッチパネルとISO感度が12800から25600までになったこと。

- Nikon D5300を買った理由と半年使ってみた感想 - トリプルピース

D5300はバリアングルモニターを備えているが、液晶画面がカメラ背面に固定されていない分だけ傷つくリスクは大きくなると考えていい。

D5300に内蔵されているマイクでは録音できる音質も決して高いものには出来ない上、本体から出るノイズまで録音してしまう。

小型軽量なマクロレンズで、標準レンズに近い焦点距離を持っている。

ムービーカメラ以上に動画を撮るのは難しい一眼レフなのだから、D5300を使う場合一脚や三脚を用意したほうが、出来上がりの質を高めてくれることになる。

- Nikon D5300の評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

記録画素数6000×4000は前モデルのD5200と同じですが、ローパスレスのセンサーになったことでより細かいところまで描写している様に感じます。

さらには架線柱に張られた網など細かい箇所もしっかり描写している上、明暗の差が激しい被写体でも適正露出をしっかり導き出してくれるなど、カメラとしての基本性能の高さを改めて感じました。

足下や高い位置からの撮影に重宝するのは当然として、バリアングル液晶はカメラを胸元に押しつける事で、手持ち動画撮影時のホールディング性の向上にも一役買ってくれました。

もちろんバリアングルの液晶を被写体側に向ける事も可能ですが、手元で細部まで確認できるのはとても便利です。

- マップカメラ | KASYAPA | 176:機能てんこ盛りの便利なカメラ『Nikon D5300』 | Nikon

画像処理エンジンやISO(光をとらえる能力)もアップグレードされ、D3100を全体的に底上げしたモデルです。

もちろん、ガイドモード(撮影の仕方や機能の設定の仕方を液晶モニターで見ることのできる機能)やD3100から導入されたライブビュー機能(液晶モニターを見ながら撮影できる機能)などの便利な機能は引き継いでいますので、使いやすさもD3200の強みの1つです。

基本性能がしっかりしていて、わかりやすく、安心して始められるカメラを考えられる場合は、D3300との価格差を見て購入されることをお勧めします。

機能、価格、操作性、大きさなどすべてにバランスの取れた一眼レフであり、エントリーモデルとして気軽に高画質のカメラを楽しむには、とてもいい機種だと思います。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D3200 VS Nikon D5300のレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

EXPEED 4はニコンの一眼レフカメラではD5300に初めて搭載されたもので、ここにエントリー機にも手を抜かないニコンの姿勢がはっきりと出ています。

D5300は前後ダイヤルがないことからもエントリークラスの一眼レフですが、そのD5300に真っ先にニコンの最高の映像エンジンのEXPEED 4の搭載を惜しまない姿勢を見て、これだけでもD5300は大きな価値がある一眼レフです。

3D-トラッキングやオートエリアAFでは39点の測距点を全て使って被写体の色で判断して合焦しますが、測距点が多いとピントが別の被写体に合ってしまうことがあります。

D5300は露出補正が±5段できるのでエントリー一眼レフのクラスを超えて、最上位機の一眼レフと同じ露出補正の幅です(露出のことは、デジカメと銀塩フィルムカメラの露出の違いの記事から書いています)。

- ニコン D5300 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

メインはニコン一眼レフカメラとして初めて最新の画像処理エンジンEXPEED4を搭載したこと、そして最大の特徴であるフリーバリアングル液晶、GPS、Wi-Fiでしょう。

さらに最高ISOは12800、連射は5コマ/秒、ローパスレスフィルター、モノコック構造、RAW12bitと14bitを選択可などD5200から大幅に進化している。

GPS,WiFがやはり便利!他のものはオプションのアダプターを使わなくてはならないのに内蔵というのはすごいアドバンテージです。

操作性は上位機種に比べるとよくはありませんが、バリアングルであることを考慮するとむしろよく考えられているなと思います。

- D5300のレビュー評価・比較・おすすめ度

シャッタースピードも1/500秒まで上げることができ、ブレなく撮影できました。

そして、ニコンの現行のデジタル一眼ではこのD5300だけの機能「バリアングル液晶」は写真に変化をもたらしてくれます。

私の愛機キヤノンEOS7Dでも同じ感度で撮影しましたが、D5300の方がはるかにキレイでした。

写真を趣味にしたい人にはもちろんのこと、大きなデジタル一眼をお持ちの方のサブ機としても十分使えるカメラと言えます。

- ニコンD5300 使用レビュー|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

厳密にはレンズの性能の差もありますけど、「軽いは正義」を考えるならば、EOS Kiss X7は旧機種ながら今でも十分検討に値する機種ですね。

初めてデジイチを買う場合は特に、レンズもセットになったキットを検討する人も多いと思います。

なので、近距離から長距離まですべてカバーできるような高倍率レンズを買っておくと、最初は少し投資が必要ですが、後々長く使えます。

今はミラーレス一眼も良い物がどんどんでてきていますが、本格的にカメラにハマろうと思えば、たくさんの種類のレンズを選べるデジタル一眼はやっぱり楽しみが広がります。

- Nikon D5500の5ヶ月使用レビュー! 初めて買うデジタル一眼にはやっぱりこれが一番いいと思う。 - いつもマイナーチェンジ!

ニコンD5200は、エントリーレベルのアップグレーダー達にとって、手が届く範囲の価格帯に有りながら良い品質の固定映像仕様の魅力的な組合せで、今でも成功している上位エントリーレベルの一眼レフでした。

D5300はまた、ニコンD5200と同じEXPEED 4画像処理エンジンを搭載していますが、それはニコンD5200が新しく開発されたプロセッサーを特徴とする第一ニコンDSLRの1つだった事実を見れば、驚く事ではありません。

D5300はまた、あらゆる撮影コンディションでの露出さえ保証するような、ニコンの場景認識システムと対に成って、ニコンの信頼できる2016ピクセルのセットアップで構成されています。

ニコンD5200が確かに素晴らしいカメラで、一眼レフの中でベスト3に入るようなトップクラスの製品である一方、ニコンはそれより更に良いD5300を造り上げる事ができました。

- ニコン Nikon D5300 レビュー

これは買ってから気づいた事なんですが、ニコン純正、タムロン、シグマなどのレンズバリエーションの豊富さもニコンにしておいて良かった部分ですね。

店員『単焦点、望遠、明るいレンズ、暗いレンズなど、本体以上にレンズは沢山の種類が出ています。

ただ、レンズはメーカー間での互換性は基本的に無いので最初はキャノンかニコンを選んでおけば、レンズ選びは問題ないです。

カメラ初心者がニコンD5300を使ってみて気づいたこと。

- ニコンD5500が出たのでD5300を買ってしまった、たった3つの理由

撮影時設定の多くは「i」ボタンから呼び出せるインフォ画面から設定できるが、エントリークラスであるため電子ダイヤルは背面の1つのみで、タッチパネルも搭載しないため、実際に設定を行う際にはかなり指の動きが煩雑になる。

撮影モードダイヤルに一体化した「LV」レバーを手前に引くことで、ミラーアップしてのライブビュー撮影を行える。

ライブビューでのAFはコントラスト方式となり、光学ファインダーでの通常撮影時ほどのAF速度は望めない。

バリアングル液晶を開いての撮影時にライブビュー撮影は非常に便利だが、AF速度がファインダー撮影時ほどの速度にないことだけは注意しておくべきだ。

- 快適なWi-Fi、バリアングル液晶も備えた高機動一眼レフ ニコン「D5300」 (1/3) - ITmedia デジカメプラス

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動く、のが特徴の一眼レフカメラです。

ありがたくも悩ましいことに「Nikonの一眼レフカメラを買う!」と決めても、たくさんの機種があって選ぶのが大変です。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

- Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。 | 面白ハンター|旅を仕事に!新卒フリーランスの海外ノマド記録

D5200からの進化点は、 ・イメージセンサーがローパスフィルターレスの2416万画素の新型に ・画像処理エンジンが新型の「EXPEED4」に。

画像処理速度のアップと高感度性能が向上 ・ニコンの一眼レフとしては初のWi-FiとGPSを内蔵 大まかに以上の3点となります。

一口にWi-Fiといっても各社様々でニコンの場合、撮影した画像をスマートフォン・タブレットへの送信と、スマートデバイスからのリモート撮影にも対応しています。

エントリークラスのカメラではあるのでオートフォーカス性能や連写性能、シャッタータイムラグ、操作性など上級機種に劣る面があるのは仕方なしにしても、上級機種に勝る高画質、ハイアングル・ローアングルでも無理なく撮影できるバリアングルモニター、Wi-Fi・GPSといった昨今のトレンド達をすべて詰め込んだまさに全部入りの一眼レフですのでこのD5300を選んでも満足できるのは間違いないでしょう。

- NIKON D5300 実機レビュー | 三星カメラ