デジタル一眼レフ

Nikon

D5500

レビュー

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動く、のが特徴の一眼レフカメラです。

ありがたくも悩ましいことに「Nikonの一眼レフカメラを買う!」と決めても、たくさんの機種があって選ぶのが大変です。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

- Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。 | 面白ハンター|旅を仕事に!新卒フリーランスの海外ノマド記録

で、ですね、レンズが交換出来るカメラなので、僕が使っている50mmの単焦点レンズなんてのを25000円ぐらいで購入すると、それはもうすこぶる綺麗な写真が出てきます。

そんなわけで僕がD5500に決める前から現在までの機能でのつまづきや、気づき、レンズキット、wifi、評価、バッテリー、価格などD5500に関する記事を一度に読めるように用途別にこちらにまとめてみました。

でも正直に言っちゃうと、一年前の僕自身にアドバイスするならレンズキットでは無くカメラ本体のみを購入して、35mmか50mmの単焦点レンズで遊べ!と言うはず。

ですが、家族持ちの方などが検討する場合で子供がいるのであれば望遠レンズも必要になるのでダブルズームをおすすめしているに過ぎません。

- D5500の使い方やレンズ選びと設定関連28記事まとめと1年使ったレビュー | カメラアマ

自宅での物撮り用のレンズはもっぱら単焦点レンズを使ってますが、描画力が違うのかなぁ。

初めてデジイチを買う場合は特に、レンズもセットになったキットを検討する人も多いと思います。

なので、近距離から長距離まですべてカバーできるような高倍率レンズを買っておくと、最初は少し投資が必要ですが、後々長く使えます。

今はミラーレス一眼も良い物がどんどんでてきていますが、本格的にカメラにハマろうと思えば、たくさんの種類のレンズを選べるデジタル一眼はやっぱり楽しみが広がります。

- Nikon D5500の5ヶ月使用レビュー! 初めて買うデジタル一眼にはやっぱりこれが一番いいと思う。 - いつもマイナーチェンジ!

両機能の違いは、アクティブD-ライティングは1枚の写真を内部処理によって広階調化するのに対して、HDRは自動的に連写した2枚を合成することで階調を拡張すること。

こちらは逆に、真上から見下ろすハイアングルで撮影したもの。

詳細設定メニューでコントラストを+2に、フィルター効果をRedにそれぞれセットすることで空を暗く落とし、建物の造形美を際立たせた。

写真では分かりにくいが、地面から15cm程度のローポジションにカメラを構えて撮影したもの。

- 新製品レビュー:ニコンD5500(実写編) - デジカメ Watch Watch

当然そんなカメラでは撮影できるはずもなく、こういった天体用の撮影は長時間露光ができる一眼レフカメラなのだということを知ります。

デジタル時代になってからのカメラは、どちらかというと家電や映像機器を作っていたメーカーの方が進んでいたような気がします、カシオのEXILIM、パナソニックのLUMIX、キャノンのEOS、などですね。

このカメラには色々な撮影モードが標準搭載されていますので、それらを使えば、デジタル一眼が初めてな方でも、かなりクリアで美しい写真が撮れると思います。

価格的にも、ハイスペックなコンパクトデジタルカメラもそこそこしますし、ミラーレス一眼も携帯性は素晴らしいですが、価格はそれなりに高く、またレンズの数もこれからといったところですので、ぜひこの機会に購入を検討してみてくださいね。

- 【レビュー】軽い!小さい! Nikon D5500はデジカメ初心者でもオススメだ!

このAFポイントって何?って方に説明すると、デジタル一眼レフカメラってAFポイントのある場所でしかAF(オートフォーカス)してくれないんです。

一応動画もフルHDで撮影できますが、レンズのAF時の音(ニゴニゴニゴって音)を拾っちゃうし、ピント合わせもビデオカメラの様にスムーズではないので期待しない方がいいですね。

D5300からD5500と買い増して使っていますが、予想通りの使い勝手の良さと、エントリー一眼レフモデルでありながら、ほとんどあらゆるシチュエーションで撮影出来る基本性能を持ち合わせている、上位モデル喰いカメラだと感じます。

コシタツさん、今晩は、しっかり、読ませていただきました、私の、D3300の 不満点、液晶での、拡大ピント合わせと、撮影完了までの、時間差が、たまらなく、 遅い、つぎの動作を、してる途中に、カシャ!とか、なります、見事に、ピンボケ!、 もちろん、いいところも、多々ありますよ、 ヨドバシ行って、D5500も、しっかり、触ってきましたよ、これも、ヤッパいいですね!、持った感じ、しっくりきました、心が揺れてますよ、キットレンズ両方あるから、単体買いなら、頑張れば、買えそうです、ところで、5300のバッテリーは、5500に、使えるのでしょうか?、よろしくお願いします。

- 【Nikon D5500】をデジカメ初心者にオススメする6つの理由

コンパクトにまとまったボディーやレンズ、タッチパネル化のメリットを生かしたタッチFn、高い画質など、総合的な満足度が高いD5500だが、不満に感じた部分もある。

特にタッチパネルに対応したことは、バリアングル液晶の使い勝手を高めるうれしいポイント。

今回の試用では、タッチパネルとバリアングル液晶を積極的に使うことで、ふだん以上に自由な構図とアングルでスナップ撮影を楽しむことができた。

パソコンのディスプレイ上で等倍表示にした場合、肉眼では気が付かないような遠景のディテールまで見られる。

- ニコン「D5500」レビューまとめ。 | CAMEOTA.com

D5500はSanDiskや東芝製のSDカードの動作確認をしているが、SDカード、SDHCカード、SDXCカードのどれかであればメーカーがこの表以外のものでも対応している。

D5500で動画撮影すると、撮影中には気がつかなかったが、あとで動画を確かめてみるとノイズに気付いたという経験をした人は少なくないだろう。

コンデジは写真初心者や、携帯よりも少し綺麗な写真を撮りたい層に人気があるが、Canon EOS80Dはそういったユーザーからのネット上での評価もなかなか良い。

ただでさえデリケートな液晶画面をカメラ操作時に頻繁に触ることになるので液晶保護フィルムは必須だ。

- ニコン D5500の評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

39点(うちクロス測距9点)という1クラス上のオートフォーカスモジュールを搭載したD5500が現時点では一歩リードしていますが、ニコン機の場合キットレンズのオートフォーカスが高速とは言い難く、レンズキットで購入する割合の多いエントリークラスのキャラクターを考えると、総合的には各メーカー一長一短と言えるかも知れません。

見栄えはEOS Kiss X8iが優れていますが、D5500には光学ファインダーを覗きながら背面液晶を親指で触れることで測距点選択が可能で、これは上級機の測距点選択専用のセレクターレバーなどよりも快適かつ素早く測距点移動が可能な機能となっており、スポーツ撮影やスナップ撮影に大きな威力を発揮します。

ボディデザインに関しては慣れや好みで大きく評価が別れるため簡単に優劣をつけることは出来ませんが、出来るだけボタンやダイヤルを減らすシンプルな外観で初心者にも取っ付きやすく配慮されているEOS Kiss X8iに対し、K-70はエントリーモデルでありながら2ダイヤルを搭載し、ペンタックス独自のグリーンボタンや右側に操作系を寄せて片手でのオペレーションを可能にした操作系など、慣れるほどに使いやすい操作性を実現しています。

快速オートフォーカスが魅力のEOS Kiss X8iですが、機能面で直接比較すると他2機種と比較して見劣りするのは否めず、また画質面でも自社開発のイメージセンサーが逆に足を引っ張ってしまっています。

- EOS Kiss X8i vs D5500 vs K-70性能比較レビュー!初心者にオススメの機種はどれ? | Amazing Graph|アメイジンググラフ

一番お得なのはキットレンズが2つセットになっている、3つ目のダブルズームキットです。

なので、必然的に買うとしたら、レンズキットか、ダブルズームキットのどちらか。

実際に買おうと思うと、2万円以上するので、確かにお得なのですが、私個人としては望遠はあまり使わない気がし、同じ2万円出すなら風景などをしっかりと記録し、背景などのボケを楽しめる単焦点レンズを購入した方が良いのではないかと思い今回は18-55を購入しました。

その他同梱されていたものは、マイクロUSB、AVケーブル、バッテリー、充電器、ストラップが同梱されていました。

- ニコンD5500購入レビュー

一眼レフはミラー(鏡)を搭載するため、どうしても本体が大きく重たいものが多いのですが、D5500はそのイメージを覆すサイズと重さになっています。

D5500もバリアングル液晶を搭載していますが、わたしはファインダーを覗いて写真撮影することが多いのであまり使う頻度が高くありません。

オートモード以外では写真撮影をしない、ライブビュー撮影(液晶画面を使っての撮影)がメインで快適に撮影を行いたい場合などは、キヤノンのx8iやミラーレスカメラなどを選択肢として入れて検討するべきかもしれません。

標準露出がお手軽にわかるカメラのアクセサリーのなかにグレーカードというものがあります。

- 一眼レフを購入して3ヵ月、ニコンD5500撮影サンプル、レビュー

ニコンD750同様に、D5500は以前のニコンカメラよりもはるかにグリップが深く、指にフィットした曲線で構成されているため、より持ちやすくホールド感が強いです。

ライブビューでタッチフォーカシングを使用するだけでなく、ファインダーで撮影するときにタッチディスプレイは別の手動コントローラとして機能し、スワイプジェスチャーでISOの変更設定などをすることができます。

ニコンD5500の軽さは絶妙な角度での撮影をもっと簡単にしてくれます。

毎秒1080pの60フレームでビデオを撮影することができます。

- 一眼レフカメラ NIKON(ニコン) D5500 レビュー

さらに液晶はタッチパネルになりましたので、タッチシャッターはもちろんのこと、撮影時のフォーカスエリア移動やピント合わせ、各種設定もタッチするだけの簡単操作になりました。

チルト式とは違いバリアングル液晶だと上の写真のような縦位置でのローアングル撮影も可能です。

しかし、バリアングル液晶を使用すると、手を上に伸ばすだけで撮影することができます。

その他、スペックアップしたところは最新の画像処理エンジン「EXPEED4」が搭載されたことで、夜景や室内などでの高感度撮影がよりキレイになりました。

- ニコンD5500 使用レビュー|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

エントリーモデルに分類されるD5500の価格帯では「風景モード」「夜景モード」といったオート撮影でもさらに細かく使いみちを選べるシーン撮影機能が、操作ダイヤル上に割り当てられていることが多くなっています。

基本的に「撮影した写真は毎回すぐにパソコン等へ移す」想定なので、SDメモリカード内にデータをたくさん残したまま、連続で使用するケースは稀。

また撮影時にファインダーを覗き込むと鼻があたることも多く、脂が付きますどうせなら画面も大切にしよう!ということで、液晶保護フィルムもセットで購入。

ただこのカメラバッグ、実はカメラ本体以上に強いこだわりを持って選んだものでもあります。

- 人生初の一眼レフはNikon D5500に。併せて購入した機材・アクセサリーの選択理由まとめ | そうすけブログ.com

特にオートフォーカスの速度は素晴らしい!ついこの間まで、わたしはD5000という本カメラシリーズのかなり古いモデルを使用していました…。

前モデルのD5500ではこの音がうるさいがために、撮影動画時オートフォーカスの音をひろってしまう、ということが多々あったみたいなので。

以前D5000という古いモデルを使用していましたが、それに比べるとカメラ本体の大きさも一回り小さくなりました! うちの妻は以前使用していた一眼レフの大きさ&重さに不満があったのですが、このカメラを持たせた瞬間「おっ。

前モデルの方が数万円やすいからそっちにしよ~、などと値段で決めずに、じっくりと使用用途を想像しながら、自分に合った機種選びを。

- Nikon D5600レビュー!D5500との違いは?SnapBridge便利&オートフォーカス高速だし最高だ! - いやまいったね!

ミラーレス一眼の良い点は、コンパクトで軽量でレンズを交換でき、一眼レフ並みのクオリティの高い写真が撮れるところですが、欠点としては、シャッターを切ると、次にシャッターが切れるまでに若干のタイムラグがあり、続けてシャッターが切れません。

僕は別の交換レンズを購入するつもりだったのでボディのみで良かったのですが、なんとボディのみで購入するよりも、レンズキットを購入する方が、数千円安かったので、レンズキットを購入しました。

広角レンズに円型フードを付けた場合、四隅が写真に映り込みやすくなります。

そして一眼レフなので、ミラーレスと違い、ファインダーで生の映像を見ることができ、シャッターを押した時のブラックアウト時間も標準で、素人には充分です。

- 【レビュー】超軽量コンパクトな優等生、一眼レフカメラ「Nikon D5500」を使ってみた感想 | like-apple.com

ということで、今回は一眼レフにすることは決めていたので、ニコンにするか?キャノンにするか?の定番の悩みから入ったのですが、ローパスフィルタレスで、よりシャープでリアルな画像が撮影出来る事を期待してニコンのD5500に決めました。

ゆがみ補正に対応しているレンズは、こそらくこのページに書いてある物であれば大丈夫と思われ。

あと、撮影した画像データは、 カメラ本体→Wifi→スマホ→アマゾン プライムフォト という流れでデータを保存しておこうと思い、SDカードをFlashAirにしてみましたが、数枚の画像をスマホに送る分には、便利と言えば便利。

大量の画像を転送しようと思うと、カメラ本体がオートパワーオフになってしまうので、不便な場合がありました。

- ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー | イメージングソリューション

D5000シリーズで好評のバリアングル液晶モニター(液晶モニターの角度を自在に変えることができ、様々な角度からでも液晶で確認しながら撮影できる機能)に、初めてタッチパネルが採用されました。

フォトショも使っていきたいと思います!標準ズームレンズでは、被写体を大きく撮れないため、タムロン18-270mmを追加購入しました!沼にはまりそうなので、単焦点には手を出していません笑【液晶】見やすいし綺麗です!何よりバリアングルモニターなので、写真を撮るときも見るときも楽です。

わからない人は色々カメラを買い替えればその答えがわかるのでは!特に写りについてはコントラストに階調性が上がり、写真に深みがでる!(階調性がある感じの構図を撮った時)ISO感度耐性はキャノン-6Dよりも良く、暗部(夜空など)を写さない限りソフトでノイズリダクションの出番は少ない!〈レンズワークの感想〉スナップを撮ってみて感想したことは、単集点レンズは特に体の前後の動きで背景をどの程度入れるかが画角に収まり、意外と常用にできるものだと思いました。

人によっては狭い場所に背景を入れる35mm単集点レンズかもしれません!Dfボディ+単集点は軽快でGood !〈カメラのMENU項目設定:参考までに!〉肩のサブ液晶(表示パネル)はカメラのクラシカルなデザインからは小さな表示で、MENUボタン→セットアップメニュー→インフォ画面自動表示をONにすることで、常に液晶パネルでinfo表示が可能になる。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D5500 VS Nikon Dfのレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

それはそう思うのだが、標準キットレンズ縛りで撮ってみると意外と写真の楽しさを教えてくれるレンズだと私は思う。

レンズがズームできないのですから、自分のカメラを構えた場所を変える事でしかズームするしか方法が無く、これが「足で撮る」という訓練になります。

マクロレンズ以外の他の望遠レンズなどでも試しましたが、そもそも被写体に近寄れないので、ここまでアップにはできません。

単焦点レンズだと広角・標準・中望遠・マクロ(弱)と4本分のレンズと同じように楽しめます。

- 一眼レフ初心者必見!D5500の標準ズームレンズ18-55mmVRⅡをあなどるな

特に連写機能については、上位機種に及ばない部分なので、動くものをメインの撮影対象とされる方には、ミドルクラス以上の機種をオススメします。

手振れ補正は、カメラのメーカーによって考え方が違うらしく、カメラ本体に搭載されている機種もあれば、レンズ側に手振れ補正の機能が搭載されているメーカーもあります。

ですが、標準のキットレンズにも手振れ補正機能は付いているので心配ないと思います。

外観デザイン以外でメーカーの特徴が現れるのが、画像処理エンジンだと思うのですが、吐き出す画像が派手すぎて気に入らないとか、普通すぎるとか好みにもよって変わってくるところ。

- 【カメラ】 お手軽一眼レフNikon D5500 【レビュー】 | アッシュブログ -北海道移住生活-

大きな「違い」と言えば、新型D5600には Bluetooth と NFC の機能を内蔵して、ニコンがチカラを入れている画像自動転送システムの SnapBridge に対応したことぐらいか。

低価格一眼レフカメラとしては、どちらもシャッターフィーリングもいい。

D5600とD3400にはSnapBridgeが搭載されBluetoothで低画素数の写真をリアルタイムで転送することが出来ます。

そのうちD5600の価格が下がって来るかもしれませんのが、現時点ではSNS用として気軽に楽しみたい方はSnapBridgeのD3400が、運動会で動画もそれなりに必要な(可動液晶やタッチパネルもありますし)方はD5500がおススメという感じですね。

- ニコンD5600買うならD5500か?でもD3400の方が画質が良い(Photo of the Day) | YOUのデジタルマニアックス

そんな時「そうだ!一眼レフカメラなら、画質が良くてすっごい写真が撮れるんじゃないか?」っていう発想に至った。

変わるのはD5600付属のレンズはすごく良いレンズだったり 「SnapBridge」っていう、Bluetoothでスマホとカメラを常時接続できる機能がある。

「NIKKORレンズ」「2416万画素CMOSセンサー」「画像処理エンジンEXPEED4」「ピクチャーコントール」の4つの基本力で圧倒的な高画質を実現。

スマホという名の軽くてコンパクトで機能満載なカメラ。

- 一眼レフカメラ初心者がNikonのD5500を買ったら超満足だった! | Web漫画・シマテイエン

D5500に付属する標準レンズはとても写りがよいうえに、沈胴型という機構を持っているので、撮影しないときはレンズの全長が短くなってカメラ全体がとてもコンパクトになります。

また、このキットレンズは性能はそこそこに、キットの価格がとても安いので、2本付きだととてもコスパがよいわけです。

いろんなブログやらレビューやらを読むと、コスパについての評価は高いんだけど、望遠レンズのほうはキットレンズということもあって、意外と評価が低いようです。

ISOやらシャッタースピードやら設定をあわせてなんとか撮ることになりますが、やはりレンズのF値の小さな明るいレンズのほうが有利になります。

- パパママ向け D5500 ダブルズームレンズキットは必要なのか いまさらレビュー - 亀スパート

クチコミレビューに投稿された数多くの画像と動画をもとに、気になる製品を一目でチェック。

落合カメラマンには不釣り合いな機種のように感じるが、多くの点がハートに刺さったのだという。

タッチパネルやモノコック構造、ローパスレスを採用している Nikon D5500 を一ヶ月使用して感じたことをまとめました。

バリアングル液晶モニターを搭載したコンパクトなデジタル一眼レフカメラ「D5500」で街を撮り歩くと、小さなシステムながらその写りの良さに驚かされる。

- ニコン「D5500」価格以上の性能。買って損無し!入門機だけどそれ以上の実力。 - NAVER まとめ