デジタル一眼レフ

Nikon

D5600

レビュー

また、初期設定では送信サイズが2Mとなっているが、カメラで撮影したオリジナルサイズを指定することも可能(ただし、容量が大きく時間もかかるため通常はオススメしない)。

1コマ撮影や連続撮影などの選択を行うレリーズモードはメニューからの設定も可能であるが、ボディ前面左側下方にある専用ボタンを押すことでより簡単に設定することができる。

軽く小さなレンズ交換式デジタルカメラといえばミラーレスカメラというのが昨今の常識になりつつあるが、ニコンでミラーレスカメラとなると1型センサーを搭載するNikon 1シリーズということになり、よりセンサーサイズの大きなDXフォーマットの設定がない。

SnapBridgeだけに魅力を感じるのであれば、下位機種のD3400をチョイスするという手もあるが、より高度なカメラ機能で撮影する楽しさも同時に欲しいというなら、迷うことなくD5600をオススメしたい。

- 新製品レビュー:ニコンD5600 - デジカメ Watch

特にオートフォーカスの速度は素晴らしい!ついこの間まで、わたしはD5000という本カメラシリーズのかなり古いモデルを使用していました…。

以前D5000という古いモデルを使用していましたが、それに比べるとカメラ本体の大きさも一回り小さくなりました! うちの妻は以前使用していた一眼レフの大きさ&重さに不満があったのですが、このカメラを持たせた瞬間「おっ。

それが本機種では、一番最初にBlueetooth接続設定を済ませるだけで、その後はカメラの電源をONする度に自動でスマホとの接続が自動で完了し、カメラで撮影する度に、写真がが自動でスマホに転送されちゃいます。

転送サイズは2Mに圧縮した画像かフルサイズかを選択できます。

- Nikon D5600レビュー!D5500との違いは?SnapBridge便利&オートフォーカス高速だし最高だ! - いやまいったね!

ボディはできるだけ安い物を使い、その分レンズにお金を回すという場合には一つの選択肢となるでしょう。

反面、D5600やD3400はボディ内モーターを搭載していないので、現行タイプの「G・Eタイプ」のレンズしかAFを作動させる事が出来ないので注意が必要です。

サイズや可動液晶・タッチパネルにこだわりが無ければD7200は満足度の高いカメラ。

最新のステッピングモーター搭載レンズが2本ついたWズームキットはD5600と比べてお値打ちプライス感が強い。

- 【比較】ニコンの一眼レフってどれを選んだらいいの?DX編(D7200・D5600・D3400) | とるなら~写真道楽道中記~

「D5600」はボディ(本体)のみや、レンズがセットになったものなど、複数種類出ています。

理由は簡単で、近い距離が撮影できるズームレンズと遠くのものが撮影できる望遠レンズがセットになっているからです。

例えばパレードを撮影する時、フロートに乗っているキャラクターを撮る際には、やはり遠くが撮影可能な望遠レンズが必要になってきます。

パレードを1回でしっかりと撮影したい人は、このような便利ズームがあると本当に快適に使えます。

- ディズニーランド&シーで撮影!初心者にオススメ一眼レフ「Nikon D5600」レビュー |ディズニーブログ【TOONDAYS】

本日ニコンから新一眼レフカメラD5600が発表されましたが、Twitterで最近D5500を購入された方から連絡があり、現行モデルD5500と外観やイメージセンサーの画素数は同じカメラとのことです。

ということで、基本性能についてはまったく同じで、搭載されている機能的な違いとしては、SnapBridge搭載の為のBluetoothと、タイムラプス動画程度という感じです。

ただ、これらが搭載されているのにも関わらずD5600の方が撮影枚数が増えていることは流石新型ということですが、D5500も800枚以上撮影出来ますので実用上の差は無いと思います。

写真家の田中希美男先生も、D5600とD5500そしてD3400のどれおススメか?の記事をアップされましたので、D3400も加えた比較表も作ってみました。

- ニコン D5600とD5500を比較してみた、今買うなら、、、 | YOUのデジタルマニアックス

■画質機能 有効2416万画素のニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)CMOSセンサーと、画像処理エンジンEXPEED 4を搭載。

設定は最初の1回だけで済み、撮影した写真を自動でスマートデバイスへ転送可能。

200万画素相当の画像なら、ニコンの写真共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」へ無制限に自動でアップロードできる。

また、ファインダー撮影時に親指でモニターをスライドするだけでフォーカスポイントの移動や絞りの変更など、8つの機能からあらかじめ設定した機能を操作できる「タッチFn」を装備している。

- Bluetooth対応でさらに使いやすくなったニコン「D5600」はエントリー一眼レフの新定番だ! | GetNavi web ゲットナビ

で、ですね、レンズが交換出来るカメラなので、僕が使っている50mmの単焦点レンズなんてのを25000円ぐらいで購入すると、それはもうすこぶる綺麗な写真が出てきます。

そんなわけで僕がD5500に決める前から現在までの機能でのつまづきや、気づき、レンズキット、wifi、評価、バッテリー、価格などD5500に関する記事を一度に読めるように用途別にこちらにまとめてみました。

でも正直に言っちゃうと、一年前の僕自身にアドバイスするならレンズキットでは無くカメラ本体のみを購入して、35mmか50mmの単焦点レンズで遊べ!と言うはず。

Wズームキットを購入したのですが、使い切る前に40㎜の単焦点レンズを購入し、現在はこのレンズがメインです。

- D5500の使い方やレンズ選びと設定関連28記事まとめと1年使ったレビュー | カメラアマ

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動く、のが特徴の一眼レフカメラです。

ありがたくも悩ましいことに「Nikonの一眼レフカメラを買う!」と決めても、たくさんの機種があって選ぶのが大変です。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

- Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。 | 面白ハンター|旅を仕事に!新卒フリーランスの海外ノマド記録

ミラーレス一眼の良い点は、コンパクトで軽量でレンズを交換でき、一眼レフ並みのクオリティの高い写真が撮れるところですが、欠点としては、シャッターを切ると、次にシャッターが切れるまでに若干のタイムラグがあり、続けてシャッターが切れません。

僕は別の交換レンズを購入するつもりだったのでボディのみで良かったのですが、なんとボディのみで購入するよりも、レンズキットを購入する方が、数千円安かったので、レンズキットを購入しました。

広角レンズに円型フードを付けた場合、四隅が写真に映り込みやすくなります。

そして一眼レフなので、ミラーレスと違い、ファインダーで生の映像を見ることができ、シャッターを押した時のブラックアウト時間も標準で、素人には充分です。

- 【レビュー】超軽量コンパクトな優等生、一眼レフカメラ「Nikon D5500」を使ってみた感想 | like-apple.com

どちらも大型の撮像素子(光を画像データに変換するセンサー)を搭載し、画面のすみずみまで明るくてきれいな風景写真や、ノイズの少ない夜景写真などの高画質な撮影が可能です。

一眼レフをはじめて購入する方の中には「レンズを買い足す予定はないからどのメーカーを選ぶかはあまり気にしない」と考える方もいると思いますが、最初のうちは、標準ズームレンズや望遠ズームレンズが付属するレンズキットを購入して満足していても、使っていくうちに、明るい単焦点レンズや広角ズームレンズといったレンズが欲しくなるもの。

35mmフルサイズ一眼レフのスペックをフルに使うには35mmフルサイズ対応のレンズが必要になるため、初心者の方はそれほど気にしなくてもいいとは思いますが、もし35mmフルサイズへのステップアップを意識するなら、レンズを購入する際に35mmフルサイズ対応かどうかをチェックしておくといいでしょう(※35mmフルサイズ対応レンズをAPS-C一眼レフに装着・使用することは3メーカーとも可能です)。

ここ数年のニコンのエントリー向けモデルは、画像処理エンジンが「EXPEED 4」のままになっており、画質や使い勝手は確実にアップデートされているものの、わかりやすい形でスペックが進化しているわけではありません。

- 《2017春》初心者向け一眼レフカメラ徹底比較! キヤノン、ニコン、ペンタックスのどれを選ぶ? - 価格.comマガジン

私のオススメはD5500をボディだけ購入してレンズはズームと単焦点一本づつ。

レンズを2本買ってもD5600のレンズキットよりかなり安く買えます。

Nikonの新製品としてはD5、D500でかなり攻めてる印象を受けましたが、やはりAPS−Cのエントリー機となると他のシリーズとの差別化する必要もあるので、あまり劇的に性能を高めるということができないんでしょうね。

これから年末に向けてカメラを使う機会が増えるかもしれませんので、購入を検討していた人は「とりあえず一番新しいモデル!」ではなく、型落ち+良いレンズという組み合わせもあるということを頭の片隅に入れておくとお得な買い物ができるかもしれません。

- Nikon D5600正式発表!だけど比較するとD5500の方がお買い得かも… - しゃべろぐ

ニコンが提供しているアプリがあるのですが、そのアプリをスマホにインストールしておけば、wi-fiを通してすぐにD5500で撮影した写真をスマホに転送することが可能です。

また、スマホの画面を見ながらシャッターを切ることも可能です。

搭載されているイメージセンサーがaps-cと言う通常のセンサーより小さいものをD5500は採用しています。

写真を撮りたい衝動にかられ、室内のブツを手当たり次第撮影! ふとパワーストーンを撮影したのですが、そういえば最近つけてないなぁと。

- ニコンD5500購入半年レビュー

39点(うちクロス測距9点)という1クラス上のオートフォーカスモジュールを搭載したD5500が現時点では一歩リードしていますが、ニコン機の場合キットレンズのオートフォーカスが高速とは言い難く、レンズキットで購入する割合の多いエントリークラスのキャラクターを考えると、総合的には各メーカー一長一短と言えるかも知れません。

見栄えはEOS Kiss X8iが優れていますが、D5500には光学ファインダーを覗きながら背面液晶を親指で触れることで測距点選択が可能で、これは上級機の測距点選択専用のセレクターレバーなどよりも快適かつ素早く測距点移動が可能な機能となっており、スポーツ撮影やスナップ撮影に大きな威力を発揮します。

ボディデザインに関しては慣れや好みで大きく評価が別れるため簡単に優劣をつけることは出来ませんが、出来るだけボタンやダイヤルを減らすシンプルな外観で初心者にも取っ付きやすく配慮されているEOS Kiss X8iに対し、K-70はエントリーモデルでありながら2ダイヤルを搭載し、ペンタックス独自のグリーンボタンや右側に操作系を寄せて片手でのオペレーションを可能にした操作系など、慣れるほどに使いやすい操作性を実現しています。

快速オートフォーカスが魅力のEOS Kiss X8iですが、機能面で直接比較すると他2機種と比較して見劣りするのは否めず、また画質面でも自社開発のイメージセンサーが逆に足を引っ張ってしまっています。

- EOS Kiss X8i vs D5500 vs K-70性能比較レビュー!初心者にオススメの機種はどれ? | Amazing Graph|アメイジンググラフ

ニコンの「SnapBridge」アプリに対応し、Bluetooth®によって撮影した写真を互換性のあるスマートデバイスに自動転送することができる。

タッチパネルを採用した3.2型約104万ドットのバリアングル画像モニターによってさまざまな角度での撮影に挑戦できるほか、通常の露出モード・撮影モードに加えて、多数のスペシャルエフェクトモードも使用可能だ。

そのほか、多数のクリエイティブなシーンモード、露出補正機能(±2段の範囲で1段刻み)を搭載しているほか、ワンタッチで悪天候や水の中でも簡単に撮影でき、ニコンの「SnapBridge」アプリを使用してスマートデバイスへの画像のシェアや保存も簡単に行える。

「KeyMission 360」は、臨場感のある全方位360°動画および静止画を撮影、シェアすることが可能なうえ、ハウジングなしで防水、耐衝撃、耐寒性能を実現している。

- Nikon | ニュース | 「TIPA AWARDS 2017」で4部門を受賞 デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5600」、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX W100」、超広角PCレンズ「PC NIKKOR 19mm f/4E ED」、アクションカメラ「KeyMission 360」