デジタル一眼レフ

Nikon

D610

レビュー

D600の発売から1年を経て登場したモデルということでスペック上の大きな変化はありませんが、連写性能やオートホワイトバランスの向上、静音撮影モードの搭載など、ユーザのフィードバックを反映した細かなアップグレードが図られています。

もちろん豊かな階調やダイナミックレンジの広さなどはフォーマットによるアドバンテージもあり、D4/D800シリーズと同様の画像処理エンジンも搭載して、D610の画が上位モデルに引けを取るということは全くありません。

秒間6コマというスピード、画像サイズを抑えれば最大100コマまで連続撮影できるという性能は、決定的なタイミングを抑えるのに十分活躍できるはずです。

フルサイズセンサーに2400万画素というスペックとコンパクトなボディは使い勝手が良く、気軽な心持ちで連れ回せる実践的なフルサイズモデル、それがこの「D610」というわけです。

- Nikon(ニコン) D610 実写レビュー | フォトヨドバシ

D800は水準器表示をしてても 絞り/シャッタースピードの表示が消えないのですが D610は水準器を表示すると 露出値は消えてしまいます。

ただ、それはAWBの場合で ケルビンくらい合わせましょうと言うか jpgはセレクト用/編集はRawってのが 殆どのカメラマンさんだと思うので 正直どうでも良い問題かもとも思います。

確かにD4は50万を越える高価なカメラですが カメラマンやってて元が取れないと言う事はないと思います。

とくにメイン機種がD800/D800E/D810の方は サブとして、または3台目としても持ってて良いかと思いますし 自分自身、もぅ一台購入しようかとも思ってます。

- Nikon D610を仕事で一ヶ月使ってみた素直な感想。 - NOGO : ARTWORK STUDIO

おもな改良点は、連写スピードが5.5コマ/秒から6コマ/秒に高速化したこと、静音連続撮影機能の追加、オートホワイトバランス精度の向上があげられている。

告知なしのマイナーチェンジをスペックに反映させているのであるらしい)、裏を返せば、連写周りのスペックアップもシャッターユニット自体はD600と同じものを採用している可能性が高いと言うことだ(編注:コマ速アップはアルゴリズムの改良、静音連写は新シーケンス開発で実現との公式発表)。

ただし、AFエリア(測距点)のカバーする範囲が狭いため(11点測距のD3200を除けば、現行のニコン一眼レフではもっとも狭い)、特に動体撮影時のフレーミングの自由度が低いのは泣きどころのひとつとなっている。

が、作動音は低速連続撮影(初期設定は3コマ/秒)より少し静かかなというぐらいの違いしかない。

- 新製品レビュー:ニコンD610 - デジカメ Watch Watch

ただし、フルサイズ入門として購入する方が、50mm f1.8レンズ(2万円)、スピードライトSB700(3万円)をプラスで購入することを考えると、D750のレンズキットを買って予算ギリギリなら、D610に上記の2点購入した方がカメラを楽しめると思います。

高感度はカタログのスペックに近く、拡大しなければISO6400でもと思わせる!【操作性】写真を撮る時、カメラ右上面の表示パネルを見ながら創作的に操作するので表示パネルを生かす、正統派と思わせる作り!絞り優先AUTO時、メインコマンドダイヤルがISOボタンを押しつづけなくてもISO感度の選択に。

スムーズな操作感から撮る楽しみが増える!(MENU項目で、d3:ISO感度表示と簡易設定をするに設定した条件で)【バッテリー】普通【携帯性】スナップにはこの位が丁度よい。

多少の重さはフルサイズということで…【機能性】キャノンは全機種にLV表示の露出プレビュー機能がついていると思うが、ニコンのD610には機能がない(設定項目もない)でも操作によってそれでもと思わせる。

- 【徹底レビュー】Nikon D610でこんな写真が撮れるぞ!「D610」と「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」のセット | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

今回、D610とD750で散々迷い、結果的にD750に落ち着いたわけですが、個人的に大きな差となった部分を中心に違いを書いてみたいと思います。

スマホやタブレット専用ですが、タブレットで写真を確認しても、インターレース表示のJPEG画像みたいなドット感丸出しな画像しか写らず、微細なところのチェックなど不可能。

サブディスプレイに関しては、情報量の多寡をもちろん考えなくはなかったですが、D610がD7100と全く同じため、わざわざ新調するにしては変化に乏しすぎて面白くないかなという判断がありました。

逆に2,3年で買い換えても構わないのであれば、D610を状態の良い中古で入手すると、ボディが10万円強程度で入手できますので、その方法もありでしょう。

- Nikon D750とD610で迷い、D750にした僕なりの理由 | FANTASTIA

撮像素子や画像処理エンジンといった電子デバイスだけではなく、ボディ形状といったアナログな部分も使いやすさを求めて日々進化していることを改めて認識させられたのだった。

これはD700には無かった機能で、ISOオート使用時もシャッタースピードの下限はレンズにあわせて変える必要があった。

さて、秒間6コマの連写撮影が可能なD610で気になるところは連続撮影可能枚数だ。

RAWのファイルサイズは1枚あたり25MBを軽く超え、さらにより快適に連続撮影を行うためには、いかに高速タイプのメディアを使用できるのかという、こちら側の懐具合次第という課題も突きつけられた。

- 「D700」ユーザー目線で見るニコン「D610」、その実力 (1/3) - ITmedia デジカメプラス

3段ほどプラスに露出補正しましたが、あまりノイズが浮き出た様子はありません。

パソコンのディスプレイ上で見るとAPS-Cと画質変わらないように感じたとしても、実際は中身がぎっしり詰まった高画質データなんでしょう。

ズームレンズを使う場合、私のシモキタハロウィンのようなシチュエーションではすぐにD610の常用感度上限ISO6400に到達してしまうでしょう。

YouTubeとかそろそろ60Pに対応しそうですし、動画にもこだわりがあるならD810が良いんじゃないかと。

- » D610を使ってみた感想

カメラらしい質感や堅牢さを感じさせる重量感を求めて いる人なら、D800やD4、EOS 5D Mark Ⅲなどをお勧めします。

また、FXフォーマット使用時には最大秒間6コマで撮影できるのも魅力 また、静かな場所で撮影するときには搭載されているQcモードを使えば、シャッター音を押さえて撮影することもできます。

ボタンからボタンへと一々遠回りしなければいけないのは 操作性の良いカメラを使いなれていると かなり不便に感じるものですからね。

とくにここまでコンパクトに仕上がり、携帯性に優れているフルサイズ機となれば D610を置いて他には無しと言って良いでしょうね。

- Nikon(ニコン) D610 最高評価のコンパクトフルサイズ機

粗探しでも絞り込みすぎということもなく、普通に5.6とかでも確認できるレベルです。

僕は問題のこと知ってて安いしってのでD600買ったからいいんですが、これから買う人は価格差2万ぐらいのD610のほうが無難かもしれません。

ただ、Nikonは安いレンズにも静かで早い超音波モーターを搭載してるので音の部分では総合的にNikonに軍配があがるのかなと。

なによりPENTAXのフルサイズを待ち望むユーザーの多くは、フル対応レンズをフルサイズで使いたいって人が多いんで、フルサイズ要ります。

- Nikonフルサイズ一眼レフD600レビュー | 脳味噌はなまる

内容物は,ご覧の通り,単3電池ホルダーやホルダーケースまできちんと揃っています。

単3電池ホルダーは未だに使用したことがないのですが,金メッキを端子に施してあるので劣化することが少なくいざという時にコンビニで電池を買ったり,他機材から拝借すると撮影続行できるので安心できます。

純正のバッテリーをカメラボディーとバッテリーグリップで共有でき,カメラ本体でバッテリーグリップに装着してあるバッテリーの残容量を確認することが可能です。

単3電池は,アルカリ,Ni-MH(ニッケル水素),リチウム対応になっていてカメラ本体で設定することで正しく使えます。

- のくログ: 今更だけどD610のバッテリーグリップMB-D14レビュー

サンディスクとレキサーのCFカードが陳列されていましたが、スペックはほぼ同じなのにサンディスクは約2倍の値段...信頼性や安定感はサンディスクの方が高いのかもですが、迷わずレキサーを選択です。

USB3.0対応のマルチカードリーダーも一緒に購入したのですが、SDカードとCFカードは使用感が結構異なりますね。

各種操作ボタンの配置や設定画面の内容が、D610とD810で異なる点が多いので、完全に体の一部として使いこなすまでには少し時間がかかりそう。

こちらは三脚を使用してISO感度64、シャッタースピード30秒で撮影した紅葉のライトアップ。

- D810を購入!ニコン史上最高画質と謳われた歴史に名を刻むカメラ - すけこむブログ