デジタル一眼レフ

Nikon

D7100

レビュー

D7000といえば、視野率100%のペンタプリズムファインダーや最高1/8,000秒のシャッター機構、防塵防滴ボディ、SDダブルスロットなど、それまで上位モデルにしか与えられていなかった機能を惜しげもなく搭載したデジタル一眼レフである。

ちなみにD800Eではローパスフィルターの効果を打ち消すフィルターを追加することで、通常モデルのD800より解像感を高めている。

これまでAF撮影の難しかったレンズとテレコンバーターとの組み合わせなど、D7100ではDXフォーマットという機動性に優れるシステムの可能性のより広げたといえるだろう。

ところでニコンのミドルクラス以上のデジタル一眼レフというと液晶モニターカバーが付属することで馴染みがあった。

- 新製品レビュー:ニコンD7100 - デジカメ Watch Watch

DXフォーマット(所謂APS-C)に2400万画素という高画素のセンサーを詰め込んだ事で、ダイナミックレンジが低下したりノイズがのり易くなったのではないかという悪影響を考えなくもないのですが、前機種リリースからの時の隔たり分の進化とD7000の後継機であることでやはりよい方に想像してしまうわけです。

しかし、限られたセンサーサイズの中にD800Eよりも1画素のピッチが小さな高密度なセンサーを組み込んでいるので、階調が損なわれたり、ノイズがのり易かったり、という負の要素も少なからずあると予想していました。

測距ポイントの増加やD4と同等のアルゴリズムの採用により、AF性能も大幅アップ、今まで以上に小気味よくピントが合うようになりました。

コンパクトなセンサーだからこそ、ボディもレンズもサイズダウンできるわけで、実際の撮影シーンにおいて「ともかく写る」「軽い」「小さい」といいことずくめ。

- Nikon(ニコン) D7100 実写レビュー | フォトヨドバシ

35mmフルサイズであることを除けば、D4と変わらない機能があるのです。

APS-Cサイズは35mmフルサイズより焦点距離が稼げて望遠側の画角に強く、前の記事のクロップモードでも書きましたが、クロップモードではAF精度がさらに高まる利点もあります。

望遠での動体撮影をよくするなら、35mmフルサイズではなく、D7100を使ったほうが満足できる写真も撮れると思います。

D7100とD7000との違いは、他にも、ローパスフィルターレス、画像エンジンがEXPEED 2からEXPEED 3に、総画素数が2471万画素、SDHCメモリーカードとSDXCメモリーカードのUHS-I規格に対応、ファインダー下の情報表示が有機EL表示、動画の記録時間が約20分から29分59秒に伸びている、内蔵モノラルマイクから内臓ステレオマイクなどの違いあります。

- ニコン D7100 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

お仕事でNikon D7100を数日借りる事になったので外観などをパパッとレビューします!現在はD7200という後継機が発売になっていますが、D7100もDXフォーマットのフラッグシップ機として販売されていたので高級なカメラです。

自分はNikon D40とニコンのフィルムカメラを使っていますが、、、あまり最近の機種には詳しくないんですよね。

カメラ雑誌などはある程度チェックしているのでスペックなどは何となく分かりますが、実際に使ってみると、、、操作方法が分からない部分も多くて焦りました。

最新機種のD7200もいいけど、、、これだけ写って使いやすいなら、、、価格もグッと下がった中古のD7100が狙い目なんじゃないかな。

- ニコン D7100!やっぱりDXフォーマットのフラッグシップ機は使いやすい!

標準レンズの付いたレンズキットが10万円切っているというのは、Nikonのミドルクラスであれば十分お買い得ですね。

最新機種のD7200のレンズキットより3万円程度安くなっており、少しリーズナブルに中級機を楽しみたい方には、お求めやすい値段になっています。

有効画素数が若干高く、ISO(カメラが光を取り込む能力)もD3000の1600と比べ3200と高くなっています。

D3000シリーズにはなくてD5000に入っている機能であるバリアングル液晶によって、液晶モニターを好きな角度にした状態でカメラを取ることができるため、ハイアングルでもローアングルでも撮影が簡単です。

- 【撮った写真で比較レビュー】Nikon D7100 VS Nikon D5000のレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

イメージセンサーの画素数が有効2410万画素へと5割増し、画像処理エンジンもEXPEED3にバージョンアップ。

なお、新製品を購入する場合には関係ありませんが、2012年4月には発熱・外形変形の可能性がある不具合品交換のアナウンスがありました。

レンズ補正機能は切ってありますが、F4.0でも鮮明な画像となっています。

イメージセンサーは同じ有効2410万画素で、画像処理エンジンもEXPEED3ですので、得られる描写力自体は同等レベルと言えるかもしれませんが、オートフォーカス機能やボディのつくり、連写性能など、カメラとしての基本性能には大きな差があります。

- ニコン Nikon D7100の徹底レビュー デジタル一眼レフ /monoxデジカメ比較レビュー

RAWではノイズはAPS-Cの競合機と同程度だが、これはピクセル等倍のテストのため通常は画素数が多い機種が不利なので、D7100がノイズでEOS 7Dと同等なのは素晴らしい。

良い点: 低感度の際立った画質、標準のJPEGの設定、素晴らしい造りと良好なエルゴノミクス・使い勝手、オートホワイトバランスが優秀、正確で高速なAF、中央はF8AFに対応している、1.3クロップモード、D800に匹敵する防塵防滴、デュアルSDカードスロット、明るい場所で見やすい液晶、外部レコーダーへの非圧縮動画出力。

>その熊、凶暴につきさん そういう思考に行き着くのももっともですが、中心のレンズ解像度はAPS-C24MP想定でニコンの最近のレンズはある程度基準を満たしているということらしいですね。

D7100は連写速度自体がCMOSセンサーの能力により制限され、バッファーメモリーの少なさで連続撮影枚数が少なくなってるのではないでしょうか?(D600とD7100の製品仕様を見れば一目瞭然) 言い方は悪いかもしれませんが本来はD7000とD300/300sを統合した後継機を出したかったんだけど、CMOSセンサーの性能不足・バッファーメモリーの容量・製品価格と発売時期の狭間で悩んだ結果、D7000後継機としてD7100を発売したのではと思います。

- ニコンD7100は画質は際立っているがバッファ不足が顕著 - デジカメinfo

堅牢性や信頼感、ペンタプリズムやミラーボックスといったメカ部のクオリティはハイエンド機にかなわないけれども、幅広いニーズに答える汎用性や使い勝手の良さは特筆すべきもので、このクラスでファインダーの視野率が100%だとかSDカードを2枚差しできるというのもとても便利だったのである。

当然、画像処理エンジンなどデジタル部はしっかり2年半分の進化をしているけれども、それ以上に大きく変わったのが2点。

試しに50mmF1.8を装着し、F8とF16で撮り比べたもの等倍表示比較を載せておきます。

AF測距点がD7000の39点から51点に増えたことと、中央の一点がF8対応になった(開放絞り値がF8までの……つまり暗いレンズに対応。

- “2013年型 DXフォーマット機”として進化したミドルクラス——ニコン「D7100」 (1/5) - ITmedia デジカメプラス

APS-C型CMOSセンサーを搭載した「DXフォーマット」の製品ラインでは最上位となる高性能モデルだが、落合カメラマンはオートフォーカスの精度やRAW撮影時の連続撮影性能に期待していたほどの性能を見出せなかった様子。

D300と比較して、カメラ部の感触(メカ的な感触=シャッターを切ったときのフィーリング)が今ひとつに思えたのと、画質面で買い換えを急ぎたくなるほどの“進化”が見られなかったことが、D7000に手を出さなかった主な理由だ。

以下に掲載した作例は、ごく普通にファインダーをのぞいて撮影したもの(位相差のシングルAFで撮影)と、ライブビュー撮影に切り替えて撮影したもの(コントラストのワイドエリアAFでの撮影)の比較。

キットレンズになっている16-85mmは過去に所有していたことがあり、そういえばその個体は、D300との組み合わせにおいて「ワイド端のみ前ピン」という症状を呈していたことがある。

- ニコン「D7100」、意外に悩み多きその使用感と存在感 - 日経トレンディネット

D7000とD7100の大きな違いはと言うと、AFポイントの数、AFセンサー、撮像素子、画像処理エンジン、対DX1.3xクロップ等が代表的な所です。

◇D90からの機能アップ◇  D90では11点しかフォーカスポイントがなかったので、画面の端の方にピント位置を持ってきて構図を決める撮影が非常に面倒でした。

ただ24Mピクセル機なので多少ザラザラしていてもNRをかけたり、鑑賞サイズに縮小する事でさほどノイズを気にしなくていい面は評価できると言っていいんじゃないでしょうか。

D90で使っていた8GBのSDカードでは300枚程度しか撮影できないし、記憶領域にもお金をかけてやる必要はあると思います。

- Nikon D7100 レビュー

操作系はD7000ではなくD800系、D5などの一桁フラッグシップに近い操作体系を持つ丸窓ファインダの機体。

ノイズは相変わらずISO1600あたりで出始めますが、D7100は3200が自分基準で使い物にならないのに対し、D500は6400までは許容範囲という印象。

むしろセンサの画素数はD7100のほうが上なので低感度時はD500に負けずとも劣らずです。

2台でズームした編成写真と、風景まで絡めた写真を撮るには手が4本必要になります。

- 指が軽い…こんな気持ちでシャッターを切れるなんて初めて… もう何も恐くない----!(Nikon D500購入記) - Think threshold

AF-S&中央1点の組み合わせのみAFが有効とカタログでは謳われているセッティングですが、非常に軽量な上に800mm近い焦点距離を4.5段の手振れ補正がサポートしてくれるという、筆者も楽しみにしていた組み合わせです。

1.7倍テレコン装着時は軽量な遠距離セットとしてはよいのですが、やはり周辺部のAFでなかなかピントがこなかったり、AFの迷いも頻発し更に動作が遅いので非常にイライラすることも多々ありました。

これは1.4倍テレコンを使用したなら大きく印象が変わってくると思いますので、D7100でこのレンズとの組み合わせでは野鳥撮影では使えないということではありません。

ただ、1.4倍テレコンでこのレンズのAFが有効に使えたとしてもレンズ自体は420mmの焦点距離にしかなりませんから、レンズ+テレコンで30万円近い出費をするならタムロンや新発売となるシグマの150-600mm+D750辺りのカメラを購入するほうが、野鳥撮影における汎用性が高く多くの野鳥カメラマンにはこちらの組み合わせの方が満足いただけるかと思います。

- ニコン 300mm F4 PF VR 実践レビュー(D7100編)

昨年に安さにつられてD3100ダブルズームキットを購入したのですがオートフォーカスが遅い連写3コマ/秒では趣味のラジコン飛行機は綺麗に撮れませんでした。

D7100(18〜105レンズキット)を買いました!! まだまだペーペーなので、沢山写真を撮って、沢山学んで、1枚でも多く良い写真が撮れる様になりたいです。

レンズ沼にどんどん嵌りつつ有り、所有レンズが10本超となってますが、どの組み合わせでも楽しませてくれています。

あまり大きなデータの必要が無いので、いつもベーシックで撮っております(^^;) D7000とD7100の区別がつくように7100には、黄色いジャケットを着せております。

- [mixi]D7100買いました&レビュー - nikon D7100 | mixiコミュニティ

低感度時の写りは素晴らしいですが、画像処理エンジンはエクスピード3ということでノイズの除去やオートホワイトバランスの精度は最新機種に比べると見劣りしてしまいます。

大きく印刷するときもガッツリ目のトリミングを物ともせずA3ノビの印刷もこなせました。

3Dトラッキングと言って向けた被写体をうまいことやってAFエリア内で追尾するという機能もありますがこれは実用性は低いと思います。

D7100のセンサーはフルサイズレベルの広いダイナミックレンジを持っており、編集時も安定した高画質、色合いを提供してくれます。

- 【レビュー】最高のじゃじゃ馬D7100をしばらく使ってみて - ymd’s blog

多少の画素の差はあるとは思いますが どちらを使用されても遜色ない、 素晴らしい写真を撮影することが可能です。

バリアングルとは、 液晶そのものが動くため、 自由な角度で画面を見ることが可能な液晶です。

細かいところで言えば EOS70D は wifi が搭載されているので転送が楽とか、D7100は一眼レフなのにフルHD60iの動画撮影が出来るとか色々と違いはあります。

カメラのスペックではなく写真をまず楽しんでもらえるように分かりやすいカメラ情報を更新しています。

- そろそろ ニコン D7100 と Canon EOS 70D について一言言っとくか!

70mmからしか使えませんが、広角側は別のレンズで対応すれば問題はありません。

どちらの70-300mmもFX機対応なので、今のところ予定はありませんが、まさかのフルサイズを入手した時でも使える事もイイですね。

A005には無いけどB008にはレンズが伸びきらない様にロック機能がありましたね。

タムロンの望遠レンズSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDはカメラ初心者の自分にとっては、300mmでも手ぶれ知らずで、いつでもどこでも手持ち撮影しても満足出来るおすすめ望遠レンズです。

- カメラ初心者にも使い易いタムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

D500・D7500には最新の「EXPEED 5」が搭載されているが、各種カメラ雑誌を見る限りでは「EXPEED 4」との大きな差はなさそうだ。

さらに望遠レンズにテレコンバージョンレンズを付けた場合に必要なF8対応の測距点がD7200では1点だったものが15点に増加している。

その一方でD7200のAFセンサーを踏襲していたり、バッテリーグリップに非対応、SDカードスロットが1つになるなどD7200から省略されている部分も多い。

変化球でEXPEED 4搭載のD5500・D5300やD3300という選択肢もあるが、防塵防滴や操作性を重視するならやっぱりD7100。

- 今ニコンDXを買うならNikon D500・D7500・D7200のどれを買うべきか?【比較】 | とるなら~写真道楽道中記~

最新の画像処理エンジン「EXPEED 4」の採用と、内蔵バッファメモリーの容量拡大によって、従来モデルD7100と比べて、連続撮影時の撮影可能コマ数が大きく増えている。

また、D7200では、レリーズモードがCH(高速連続撮影)もしくはCL(低速連続撮影)の場合、シャッタースピードを4秒以上の長秒に設定すると、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り、どの画質モードでもコマ数無制限の連続撮影が行えるのも見逃せない。

開放F4の望遠レンズと2倍テレコンバーターの組み合わせで合成F値がF8となる場合でも、オートフォーカス撮影が行える。

D300系の後継機を待っている方は、進化の内容にやや地味な印象を持つ方もいるかもしれないが、画像処理エンジンが「EXPEED 4」になったほか、連続撮影可能枚数のアップ、-3EV対応の51点AFシステムなど、見どころは多い。

- ニコン「D7200」の進化点をレビュー!6コマ/秒で100コマまで連写できる! - 価格.comマガジン