デジタル一眼レフ

Nikon

D7200

レビュー

ピクセル数だけで見ればD7100と変わらないのですが、画像処理エンジンは「EXPEED 3」から最新の「EXPEED 4」に。

記憶色というのは実際とは違ったりするものですから、その場で撮影したカットを背面液晶で表示しながら現物と比較してみたのですが、本当に見たままを再現しているようで嬉しくなってしまいました。

ディテールの再現力は抜群に素晴らしく、そこに立体感も伴い、トーンや発色なども後処理を必要としないJPG画像が出力されるのです。

そして撮影に何を求めるかによっても変わってきますが、システム全体がコンパクトで圧倒的にハンドリングが良い上に、確実に次元の上がった画が得られるD7200は間違いのない選択肢となります。

- Nikon(ニコン) D7200 実写レビュー | フォトヨドバシ

ISOオートの上限設定をISO800としておくと、ノイズのことは一切気にせずに撮影が楽しめると考えてもよいだろう。

ピクチャーコントロールが「スタンダード」の場合、明瞭度のデフォルトは+1としている。

今回描写を見たピクチャーコントロールの「フラット」や、調整機能の「明瞭度」など、どちらかといえば玄人好みの機能が搭載され、デジタル一眼レフとしての魅力は一層高まったといえる。

ニコンユーザーの間では“D400”の登場を期待する声も聞こえるが、本モデルでもその役割は十分担えるもののように思える。

- 新製品レビュー:ニコンD7200(実写編) - デジカメ Watch Watch

動画撮影はどうかというとD5500と標準ズームレンズではオートフォーカスのジジジという音が結構しますので、動画撮影もほとんど使っていませんでした。

確かにD5500のミラーレス顔負けのコンパクトさと画質の良さには脱帽なのですが、D7200はその分性能(高精細、色が良い、シャッタースピードと連写速度が速いなど)がよいので満足です。

軽くて画質もよくグリップが快適なD5500にかなり満足していたので、正直わざわざ大きくて重いD7200に買い替えする意味があるのかと思っていましたが、買い替えて大正解でした。

もちろん深いグリップは魅力的ですが、それよりもフルサイズに迫るクリアで高精細な画質が、このサイズと重さで手に入ることが何より魅力的だと感じます。

- フルサイズに迫る描写力!高画質一眼レフ Nikon D7200購入レビュー | EDiT NEW LiFE.

D7200の場合はいちいちレンズを支えている手を移動したり、ファインダーから目を離したりしなくてはならないので、いざという時にはレンズの操作がワンテンポ遅れてしまいシャッターチャンスを逃すこともしばしばありました。

DXレンズに限定すると、下のD500のキットレンズは、使用頻度の高い焦点距離といい、DX唯一のナノクリといい、霧が晴れたような描写で、なおかつFXレンズより軽く使いやすくて今一番のおすすめです。

2年足らずでモデルチェンジしたD7100とD7200の場合、どこが変わったのかわからない様なマイナーチェンジでしたが、D7100を使った人ならはっきりとわかるけど、明らかにD7200の画質は向上していましたから、購入のタイミングとしても微妙な様な気がします。

ところがD7200の方が画質や高感度耐性が良さ気な感じ! K-3での高感度耐性の無さに辟易としていまして、その点を強化するとともに600mm(換算900mm)のレンズが所望でしたので、「D7200で十分じゃないか!」と思えるようになりました! (因みにレンズはタムロンのG2所望です。

- 2か月使って変わってきたD500とD7200の関係

広い視野のビューファインダーや性能の良いオートフォーカス、精度の良い測光機能を備えたD7シリーズは、とりわけ操作ダイヤルがたくさんあることを考慮いただけるとお分かりになるかと思いますが、いつも私の好みにぴったりでした。

驚いたことにD7200ではホワイトバランスとJPEG/RAWの画質設定中の値を上面のパッシブLCDスクリーンに表示することを止めてしまいました。

AFセンサーの改善された感度は客観的にテストするのが難しいですが、薄暗い中で不明瞭な被写体にカメラを向けた時のオートフォーカスのスピードと正確さに非常に感動しました。

ニコン D7100とD7200を一緒にテストする機会を得て分かったことは、この2つのカメラは精細感とダイナミックレンジの点では、JPEGとRAWのいずれも拮抗していました。

- デジタル一眼レフ ニコン D7200レビュー

DXフォーマットで高感度でも低ノイズの撮影ができる上、動画撮影機能も優秀なカメラだ。

実はニコンにはD7200のような、センサーサイズがAPS-Cサイズの一眼レフカメラは交換レンズが豊富でしかも割と安価で購入できる。

D7200の高感度でもノイズが発生しにくい描写力とニコンのマクロレンズが合わさった映像は目を奪われるものがある。

メモリーカードを選ぶ際に多くの人が真っ先に気にするのがその容量だろうが、実はメモリーカードにも性能の差というものがある。

- ニコン D7200の評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

最新の画像処理エンジンEXPEED 4を採用することで、ISO感度(カメラが光を取り込む能力)が先代モデルのD7100に比べて2段階高くなりました。

腰を据えてデジタル一眼を始めたい人や、高速撮影機能が充実したカメラがほしい人は、エントリーとしてこの機種を選ぶことで、長く付き合える1台になってくれるでしょう。

今のところレンズもこれ1本で足りてるので、レンズをもう1本購入して持って行っても十分余裕じゃないかと思います。

なによりも、グリップ部分の赤いラインが、『Nikon機を使っているんだぞ』という自己満足感を与えてくれます(笑)○画質 画素数的には大きな違いはありませんでしが、ローパスレスだからでしょうか、D7200の方がクリアに見えます。

- 【徹底レビュー】Nikon D7200でこんな写真が撮れるぞ!D7200とAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRのセット | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

デジタル一眼レフのカメラって乱暴に言えば、最初の1台目は何も考えずに買うことができるのですが、2台目・3台目の買い替えとなりますと、それまでの機種と新しい機種との間の機能的な差分を配慮したり、所有レンズのしがらみがあったりと、機種選びは意外と面倒になります。

ニコンだけを見ても、どれも黒くて似たような外観ながらそれぞれに特徴があって、機種選びは慎重にならざるをえません。

優秀なカメラを搭載したiPhoneやスマホの登場によって、趣味性の高いデジタル一眼、特に中~上級機については各社が価格帯を上昇させている傾向にあるようです。

昨年、D7100とD7200の違いについてニコンの開発サイドの人にお話を伺うラッキーな機会がありました。

- ニコンD7200を「消極的計画買い」しました。 - 和田哲哉 -LowPowerStation-

高精細な液晶ファインダーのミラーレス機の様に内部で明るさを足すことの出来ない光学ファインダーでは、夜間での撮影は不利とされていますが、D7100譲りの明るい光学ファインダーと視認性の高いファインダー内表示が、昼夜関係なくスムーズな撮影をサポートしてくれます。

画像処理エンジンのバージョンアップでホワイトバランスの精度が向上したことにより、より透明感の高い描写になったように感じます。

視野率100%のファインダーのおかげで精度の高いフレーミングが容易であることに加え、ファインダーの端までカバーするAFフレームの配置も相まって、鉄道やスポーツなどの撮影での動体補足性能の高さがAPS-Cサイズ機であるD7200の利点と言えます。

フルサイズ機より一回り小さい携帯性の良さ、焦点距離が2倍相当になる1.3×クロップ機能を使用すれば高速連写時の秒間が約7コマにアップするなど、望遠撮影に強いAPS-C機としての特徴をさらに活かせる機能も備え、装備の軽量化と高い撮影性能の両立を実現しています。

- マップカメラ | KASYAPA | 281:DXフォーマットの新しい上位モデル『Nikon D7200』 | Nikon

上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。

何かの雑誌に書いてありましたが、最近はニコキャノもライバル機を作らなくなってきていると書いてあって、D7200も7D2を意識してない気がします。

私個人はD90を最近手にした人間なのでD7200のスペックはおおよそK-3と同等で、価格が高い、これを除けば十分にメインカメラとして戦えるだろうなとは思っています。

メインカメラだけは縦グリップがついて初めて1台のカメラと思っている私はそれを考えるとすでに価格がこなれてもいるK-3の方が遥かに安上がりなんですよね。

- 各社のカメラを勝手に斬っちゃう 遅ればせながらNikon D7200について - So What? ~ 写真生活

ボディはできるだけ安い物を使い、その分レンズにお金を回すという場合には一つの選択肢となるでしょう。

反面、D5600やD3400はボディ内モーターを搭載していないので、現行タイプの「G・Eタイプ」のレンズしかAFを作動させる事が出来ないので注意が必要です。

サイズや可動液晶・タッチパネルにこだわりが無ければD7200は満足度の高いカメラ。

最新のステッピングモーター搭載レンズが2本ついたWズームキットはD5600と比べてお値打ちプライス感が強い。

- 【比較】ニコンの一眼レフってどれを選んだらいいの?DX編(D7200・D5600・D3400) | とるなら~写真道楽道中記~

画像処理エンジンに関しては、キヤノン80Dの方がスペック的に上回っています。

初めてデジタル一眼レフカメラを購入検討される場合に、各社様々な商品をラインナップされていますので、どれを選んでいいか迷われるのは間違いないでしょう。

最後までNikon D7200とCANON 80Dで迷いましたが、ファインダーを覗く派なのでバリアングルの必要が無く、各ボタンの操作性が好きだったこと、そして何よりSDカードがダブルで使えるという点を評価してNikon D7200を買いました。

キヤノンのAPS-Cサイズで、現在最上位機種である7D2ですが、子供写真の撮影でも検討されている方は多いでしょう。

- キヤノン80DとニコンD7200の比較!どちらが買いか? - 子供写真は一眼レフカメラ!上達法教材でプロ技術を―パパカメラ

イヤホンやアクセサリのような小さなものは画像いっぱいに撮れるものは少ないですが、D7200にある1.3倍のクロップ処理を利用すると、十分だったということですね。

ただし、被写体ブレは手ぶれ補正では無理なので、より開放が明るいレンズやワイド端(F2.8)で使うほうが望ましいことはあります。

だからこのレンズを購入する場合は、USB Dock込みの値段(+4000円ほど)で考えるほうが望ましいですし、調整すれば期待に応えてくれるレンズです。

逆光に弱い時があったり、ほぼAF専用レンズで、色乗りが薄いと感じる部分があったり完璧に満足できるとは言わないですが、最初の一本として満足度は相当高いものです。

- レビュー : シグマ 17-70mm F2.8-4 contemporary DC MACRO OS HSM with Nikon D7200 作例付き | プラチナガジェット

D7200は焦点距離が約1.3倍になるクロップの機能が使えて、35mm判換算では約2倍相当の焦点距離でレンズが使えるので望遠撮影に有利に使えます。

51点の全てで開放F値がF5.6のレンズに対応して、中央の1点は合成F値がF8になるレンズにも対応しています。

CLとCHでのJPEG撮影時にシャッタースピードの4秒以上を使うと、光跡写真が撮れます。

D7200にはスポット測光と測距点が連動する機能がありますが、CPUレンズでないと中央固定になります。

- ニコン D7200 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

最新の画像処理エンジン「EXPEED 4」の採用と、内蔵バッファメモリーの容量拡大によって、従来モデルD7100と比べて、連続撮影時の撮影可能コマ数が大きく増えている。

また、D7200では、レリーズモードがCH(高速連続撮影)もしくはCL(低速連続撮影)の場合、シャッタースピードを4秒以上の長秒に設定すると、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り、どの画質モードでもコマ数無制限の連続撮影が行えるのも見逃せない。

開放F4の望遠レンズと2倍テレコンバーターの組み合わせで合成F値がF8となる場合でも、オートフォーカス撮影が行える。

D300系の後継機を待っている方は、進化の内容にやや地味な印象を持つ方もいるかもしれないが、画像処理エンジンが「EXPEED 4」になったほか、連続撮影可能枚数のアップ、-3EV対応の51点AFシステムなど、見どころは多い。

- ニコン「D7200」の進化点をレビュー!6コマ/秒で100コマまで連写できる! - 価格.comマガジン

撮影用途によっては、「シングルポイントAF」も良い機能となっており、選んだ1点のみにフォーカスを合わせることで静止している被写体の一部分(人の目など)をしっかりポイントを合わせて撮影したい場合に適しています。

動画の場合でも、高感度性能はしっかりと威力を発揮しており、照明を追加しなくてもクリアーに撮影をすることができています。

高い解像感をもたらすローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサー(有効画素数2416万画素)。

これら4つのテクノロジーが結び付き、それぞれの力を存分に発揮することで、D7200の高画質を提供します。

- 圧倒的な捕捉力のNIKON 一眼レフカメラ「D7200」の評判・レビュー - カメラ高く売れるドットコム

スポーツや動物など、望遠を必要とする撮影が多いのであれば、レンズの焦点距離が1.5倍になるD7200の方が機動性に優れていると言えます。

D7200は画像処理エンジンEXSPEED4を搭載しておりD610よりも高感度撮影に優れています。

ただし、作品撮りなどで大きく写真を引き伸ばすことが多いのであれば、フルサイズ機であるD610の方が画質は優位です。

暗い場所や望遠レンズを使用するような撮影が多い場合は、D7200の方が優位だと言えます。

- 【レビュー】ニコンD610とD7200を7項目で比較

新しい画像処理エンジン「EXPEED 4」を採用し、高速連続撮影ができるのが特徴だ。

シャッターボタンの同軸上に配置された回転式の電源スイッチなど、他のニコン機と同じ方法で即座に電源を入れて撮影できるところなど、別のニコン機と混在しても問題なく使える点はありがたい。

新機能も盛りだくさんで、DX機初の微速度撮影機能やマニュアルモード時の感度自動制御など、真剣に作品を撮る人にとって実用的なアップデートになっている。

ビデオを撮る人にとっても、2つの画角モードやサウンドコントロール、外部機器に同時記録できるなど充実の機能になっている。

- ニコン「D7200」、旧モデルからの乗り換えに最適な高速APS-C一眼レフ - 日経トレンディネット

先代D7100からローパスフィルターレスの有効2,416万画素CMOSセンサーを引き続き採用し、画像処理エンジンは最新のEXPEED 4を搭載しました。

低輝度条件でのAF検出範囲が広がったとのことでしたので夕方~日没直前の作例を載せてみました。

さらにD7200は、ニコンデジタル一眼レフカメラで初めてNFCに対応※。

D7100から受け継いだ部分も多いカメラですが、便利な機能が凝縮されたDXフォーマット上位機種に仕上がっております。

- Nikon D7200 実機レビュー | 三星カメラ

「約6コマ/秒で不足を感じるシーンはそれほど多くないのですが、D7200を普段使っていて連続撮影枚数がもう少し多ければと思ったことは多かったので、その点でD7500は魅力的です」(吉森)。

「乗り物やスポーツシーンなどを撮影する場合は、連写が速いほうが有利ですが、約8コマ/秒で10秒近く連写できれば、新幹線なども慌てずに撮影できると思います。

連続撮影枚数によるストレスが少ないだけでもD7500を評価できるが、連写自体も高速で一瞬を逃さず撮れる。

D7500は、約8コマ/秒の連写やISO51200までの常用感度など、中級機ではこれまで撮れなかった被写体が撮れる機能を持っているといえ、画質面でも画素数は2088万画素だが、階調表現に優れている。

- ニコンの一眼レフ・D7500とD7200を実写比較(後編)――新旧モデルの連写性能/コスパ/買い時は? | GetNavi web ゲットナビ

D7200は、高感度性能や動画性能、AF性能、スローダウンまでの連写枚数などの多くの重要な部分で改善されている。

D7200 は外観こそD7100とあまり変わっていませんが、高感度性能やAF性能、バッファーなどのカメラの基本的な部分がかなり強化されていて、中身はかなり進化しているようですね。

昨日も民航機撮影で空港に来られていて7DmarkⅡで撮影されていた方と話をしたんですが、私と同じことを考えておられたようで、最近では1機体あたりの枚数を制限して精度の高い撮影に専念することにしたそうです。

ボディ形状の変更がなかったお陰で縦グリップの買い替えもしなくて済んだし、今回、ピクチャーコントロールで上位機種に有るフラットが絵の情報量が多くて結構使えるし、暗所でのAF性能も地味ながら良い改良点だと思っています。

- ニコンD7200は高感度やAFなどの多くの重要な部分が改善されている - デジカメinfo

そこで我が愛機D7200のことを調べていると、どうもD7200とフルサイズのD750のどちらを買ったらよいか?といった質問が結構あり、たいていの場合、D750いっとけ!といった回答が多いのです。

その時点でのムテキチのフルサイズに対する知識としては、センサーサイズが大きくなると画素ピッチも広くなり高感度に強いということやボディが大きくなるということ程度で、レンズが重く値段も高くなるなどのデメリットはあまり知らなかったです。

望遠はクロップで対応できるし、携帯性はD750はフルサイズとしては小型、ということもあり、もうD750買うしかないな、と。

別に急いで買う必要ないのに、早速マップカメラで下取り交換の見積もり。

- ムテキチ的カメラ遍歴その4