デジタル一眼レフ

Nikon

D750

レビュー

撮影データをご覧になって気づいている方もいらっしゃるでしょうが、1枚目の水族館のカットはISO 12800で撮影したものです。

続いてこちらの写真は、誰もがその光景を目にして、いざ撮ろうとしても諦めてしまいがちな、輝度差が大きくデジタルカメラでは非常に撮りにくい被写体です。

こういった数メートル離れたところにピントを置き、前後をぼかしたい場合でも、使うレンズや絞りによる変化をより多くの選択肢から選ぶことができます。

もうフルサイズ一眼レフは特別なものじゃないという風にも感じさせてくれるD750、なかなかよい選択肢です。

- Nikon(ニコン) D750 実写レビュー | フォトヨドバシ

また、三脚にセットして真上の星空を撮る時、D810などのモニターが稼働しないカメラだと、かなり無理な体制でピントを合わせることになります。

6.5コマ/秒の高速連写で、バッファにも余裕があり、動きものを撮影する場面で「これ以上シャッターが切れない」と言ったハプニングがなくなりました。

それまでD5300やD7100では、その連射性能やバッファ容量(カメラ内に画像データを一時的にメモリする機能)に不安があり、高速で書き込みできるSDカードを使っても、バッファ容量が少ないために何度も切ない思いをしました。

僕はD7100のシャッター音が気に入っていたので、コレに関しては「そのうち慣れるだろう」と思っていたのですが、1年経っても「D750らしい」その独特なシャッターのフィーリングに馴染めていないことに気付きました。

- ニコンD750を1年間使った感想をブログで振り返る - 幸せカメラ.net

ニコンD750のレンズキットを購入して、何回か撮影にも行ったところで、少しこのモデルのレビューをしようかと思います。

カタログ値の重量は同じくNikonの懐古主義風モデル「Df」や「Canon 6D」に一歩譲るものの、かなり軽量です。

Yosemite以降のデザインが嫌でMavericksを使っている人は(僕のことです)、10.10以降にアップグレードする必要があります。

撮影後に再生画面に移るまでの時間が少々長いのと(これはSDカードのクオリティ、画像のサイズに依るのでしょうが)、再生画面の操作性は相変わらずNikon独自のやりにくさを残しています。

- 軽量フルサイズ一眼レフ「Nikon(ニコン) D750」実写とレビュー | FANTASTIA

1920×1080:60pのフルHDに対応しているからかなり綺麗な動画を撮影することができます。

APS-C機よりも大きくなったセンサーサイズでさらに綺麗な動画を撮影することができます。

口コミとかによると4K動画は画質は綺麗だが、その分ピントや手ぶれもシビアになってくるということでした。

何が違うってもう表現力が圧倒的にパワーアップしてるではないか! 価格が倍以上するんだから当たり前といえばそれで終わりかもしれませんが、はじめて一眼レフを手にした時にタイムスリップしたような感じです。

- ニコンD750レビュー、使ってみた感想はとにかく凄すぎる!! | ふとぷらログ

最近の一眼レフカメラはライブビュー撮影や動画撮影の操作性も重視しているものが多く、チルト液晶の搭載もその流れを汲んでのものだろう。

今回は通常の感度に加え、参考までに低感度と高感度それぞれ1段の画像も撮影してみた。

まずスタジオでチャートを撮影した画像だが、こちらを見る限り感度を上げていくと順当にノイズも増えていくが、ISO3200まではほとんどノイズが気になるほどではない。

FXフォーマットベースの動画とDXフォーマットベースの動画の2種類を撮影することが可能。

- 新製品レビュー:ニコンD750(実写編) - デジカメ Watch Watch

11点の測距点は開放F値がF8に対応していますが、それ以外の測距点もレンズや被写体によっては使えて、中央の1点がクロスセンサーに対応しています。

周辺の測距点になるほど検出輝度範囲に余裕がなくなって、レンズや被写体によっては測距できないこともありますが、基本的なD750の性能は51点で-3EVに対応しています。

別売のHDMIケーブルのHC-E1を使ってフルHDの60pの非圧縮映像を外部機器に記録できて、SDカードに同時記録することもできます。

D750はニコンのこれまでのFX機の中でも利便性が高くなった機種で、そこに魅力を感じれば、D750は購入の選択肢になります。

- ニコン D750 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

これは単純に他の機種より発売されてから日が経っていて、画像処理エンジンなどの性能も1世代前の物が搭載されていたからです。

せっかくフルサイズにするのなら、高画素でシャッタースピードも1/8000秒が魅力的な「D810」にしようかと思い、購入する直前までD810を買うつもりでしたが、ふと冷静になると「こんな高いカメラ買うと、レンズ買えなくないか?」と言う考えがよぎり、少し安く手に入るD750を購入して、気に入ったレンズも手に入れよう!と考え改めました。

明るい単焦点を装着しておけば、夜間の撮影も三脚要らず! とは言えISO5000以上になると、写真を拡大した時にノイズが載ってしまいますので、スナップ写真以外では三脚を使用した方が良いですね。

昔からのカメラファンの方には、後継機では無いと言う声も多くありますが、D750の前の機種「D700」は1kgあったみたいなので、かなり軽量化されています。

- 約1年使ったNikon D750の良い所と悪い所をレビュー!※D750で撮った写真も追加!

このD810も新しい機種が出そうですが、スペック的にはまだまだ撮影に使うのに十分なスペックだと思っています。

高画素機やローパスフィルターキャンセルの一眼レフカメラを否定するわけではありませんが、僕の写真現像スタイルや写真の仕上がりはD750で十分なクオリティーです。

iMac 5Kの処理スペックがどのくらいの処理能力の余裕があるのかわかりませんが、今のデータ量を扱うのに特に問題がありません。

同じ場所で撮影をしてる方の中には、一眼レフカメラのオートフォーカスがピントを合わせことが出来ず、ズームの音がいつまでもなっていることがあり、そういう状況を見ると、やはり迷わずぴったりとピントを合わせてくれるのは、暗所で撮影するにはとても重要な性能だと思いました。

- Nikon D750を使って1年過ぎて良さを語ってみた | タカフォトズログ

そもそもこのD750は、フルサイズ(FX)センサーを搭載しながらも比較的コンパクトで、グリップなども握りやすく、普段持ち出しやすい一眼レフになると思い購入したものです。

新型センサーと、画像処理エンジン「EXPEED 4」による高品位な画質。

これまで使ってきたα7Ⅱもとてもいいカメラですが、細かな部分や色合いはD750のほうが優れているように思います。

もちろん使っているレンズなどでも違うのでしょうけど、自分の持っている高価でないレンズでも違いは感じました。

- ニコンのD750をレビュー。この一眼レフは様々な撮影に持ち出したくなるカメラです!

先日ニコンから発表されたD5とD500同様にExpeed5搭載の新型が秋くらいに発売されそうな気もしますが、価格が落ち着いてくるのを待っていたら入手できるのは結構先の話になってしまいそうですし。

カメラを含めて、デジタルものはどんどん進歩するので、「欲しいときが買い時」で良いのかなと。

「軽い」 電池やメモリーカードを除いた本体のみの重量はD700は995g。

そんなわけで新しいデジタル一眼レフカメラ「Nikon D750」を手に入れたので、写真をばんばん撮りに行きたいところですが、年度末のドタバタでしばらく撮影に出かけるのは無理そうです。

- 買わないはずだったNikon D750を買ってしまいました。 | Photographic Life

D7000ではなんかシャキッとしなくて微妙にピントずれてないかーっていう写真が多かったんだけど、D750になってからはそれが少なくなりました。

外部マイクをつけないので動画撮影の時はAFは使わないようにしてるので液晶見てMFするんだけど、チルト液晶バンザイ。

掴みやすさと軽量ボディが相まって、カメラ全体が軽く感じる・・・ような気がする、という、まあ、つかみやすいんです。

露出計と水準器はファインダー内表示のようにコンパクトだと良いと思います。

- Nikon D750を3ヶ月使ってみたレビュー

D750は、画素数を抑えたことにより、高感度撮影においても、高画質を実現しています。

例えば、街取りのスナップで、地面にカメラを置いて撮影する場合、液晶モニターを上方に傾けるだけで、レンズで捉えた映像を確認できます。

重さは本体のみで750gであり、上位機種のD810の880gと比べると、かなり軽い設計であることごわかります。

D750は、画像処理エンジンEXPEED4により、SDカードへのデータの書き込みも高速で処理されます。

- 【レビュー】ニコンD750をプロが選ぶ7つの理由

今持っているD800Eはニコン最高クラスの画素数を誇って写りも悪くはないのですが、気難しいところがあるので、もう少し気軽にと逝ってしまいました。

それよりも、連射モードのままで撮影すると、小型ボディでありながらレスポンス良くシャッターが切れてます。

2400万画素のフルサイズ機であるため、通常の撮影でも綺麗に撮ることができますが、高感度撮影をしていても、ノイズがそれほど目立たない!夜間撮影をしていて高感度のさすがにISO12800ともなると、細部の解像感が落ちるけど、十分常用できる画質です。

D750を購入する前にD4と同じセンサーを持つNikon Dfと悩みましたが、画像処理エンジンはDfより新しい「EXPEED 4」を搭載していることも相まって、仕上がりはは互角ではないかと感じます。

- 台湾でD750デビューしてレビュー - PHOTRAVEL

実際、お仕事で使ってみて思った事は □ グリップが握りやすい!(バッテリーの位置が改良された意味が分かりました) □ 暗部でのAF合致が非常に良い □ 親指AFはやっぱり欲しい。

露出値が消えない(D610は露出値が消えるため) □ エフェクトモードは要らないんじゃない? □ 画像処理エンジンEXPEED4 は 3よりも粘りが強い感じ。

D750はボディを薄くした関係で小窓も 薄くなっており 表示されるものが結構削られており WBとQUALは表示されなくなりました。

購入する前、これが一番ひっかかったと言うか 使いにくいのではないかと思ったのですが 案外慣れると言うか ISOの変え方/WBの変え方は 従来機種と変わらず 表示場所が小窓から背面モニターに 変わっただけで むしろ背面モニターのが見易いので 今はこっちの方が好きになりました。

- Nikon D750を仕事で一ヶ月使ってみた素直な感想。(2015年2月追記あり) - NOGO : ARTWORK STUDIO

僕がフルサイズ一眼が欲しくなった最大の理由がマイクロフォーサーズ(4/3インチ、APS-Cの面積の60%程度)では背景ボケ写真が楽しめないということにあります。

もちろん、条件を揃えれば綺麗な背景ボケ写真は撮れるものの、F1.4などの明るい単焦点レンズは対象物に寄れないし、中望遠レンズで物撮りするのもナンセンスです。

もちろん、最大撮影倍率0.29倍でも小さなものを撮影するときにはもの足りないのですが、D750のクロップ機能(1.5倍)を使えばある程度は補助できます。

DXクロップすれば、ここまで大きく写るので大抵のものは撮るのには不自由しませんが、もっと小さい小物を撮ることもあるので、マクロレンズが欲しくなりますね。

- 【フルサイズデビュー】Nikon D750を買ってしまった!選んだ理由と外観チェック編 | ネタンク

動きものならココ!大阪国際空港32Lエンド「千里川土手」! 時速200キロ超で突っ込んでくる被写体追っかけ見るにはええです、はい。

昔から背景に機体が溶け込んでAFロストしやすい、調子が出にくいとなるのですが、なかなかどうして! D500もグループエリアAFで行ったのですが、D750と同条件秒6.5コマではほとんどロストしない、秒10コマでもかなりしっかり追いかけてくれる優れもの。

動感出すなら低速シャッターで・・・口で言うとこんだけですが、動きを止める事よりも、「低速シャッターにする」というのは最低感度に落としてもカンカン照りの日中では難しいもの。

そうなるとカメラ本体の保持性の高さというのが鍵になるのですがD750、D500はモノコック構造に変更され以前のモデルと比較するとグリップ保持性が相当高まっております。

- ニコンD750とD500比較レビュー AF編【どっちがいいの?】|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

本記事には僕がニコンのフルサイズカメラを購入するうえで検討した内容と、D750を一年使ってみての使用感をまとめました。

画素数を多くして写真の鮮明さを大事にしたD810と、最高級機種D4と同じ16Mセンサを使用し色の深みや低感度側の描画を大事にしたDf、そして、その中間にいるD750、D610。

絵になってしまうと、カメラマンの腕とか、編集の差とかもあって、なかなかカメラそのものの描画性能は見えてこない気もしますが、直感的に綺麗だと思う写真が多かったということは、それだけカメラそのものが劇的な瞬間を納める能力を秘めているということなんでしょうね。

これ、普通のカメラだと、かがんでカメラの下に潜り込みながら設定を調整しないといけないからめっちゃ大変だったんです。

- ニコンD750の購入経緯と使用感紹介。フルサイズ一眼レフ入門にオススメ! - 東京monoブログ

もともと思っていた「フルサイズ機を!そこそこの価格で・・・」という目標を思い出し、 ほぼほぼD610で決めかけていたのですが、一点だけ、高感度性能で6Dに惹かれていて、 そこだけが決めきれずに1ヶ月ぐらい過ごしていました。

地味に、再生時のピント一発拡大機能も便利で、 強いて不満を言うならシャッタースピード1/4000秒ってところでしょうか。

(上位機種は1/8000秒) あとシャッター音はシャキッ!としていてあんまり好きじゃないです。

PENTAX K-1に使えるフルサイズ対応レンズはどれが狙い目か。

- わたしがニコンD750に決めた理由。 – ULYSSESスタッフブログ|いつだって前のめり

DXレンズでFX機を使うメリットは、高感度撮影時ぐらいなものか。

DX機で比較すると、有効画素数が多くより精細な静止画を求めるならD7200。

手持ちでよりブレを少なくすることにより暗所での撮影条件(特にISO感度)をより良くすることで綺麗な静止画を撮るか、静止画より手ぶれの少ない綺麗な(4K)動画を撮る事を目的にしたD500という事だろうか。

静止画に重点を置くのであればフルサイズのD750と広角レンズ1本の組み合わせで補充。

- ニコンD750を検討している時にD500の発表。D7200を持つ私の悩み

ニコンのフルサイズデジタル一眼レフカメラのD750を購入した当時に簡単なレビューというか、感想みたいなものを記事にしたのですが、あれから1年以上の歳月が流れました。

趣味の範疇には収まらないくらいの頻度の少ない写真撮影行事なんですが、ニコンのD750を1年間使ってみての事を書きたいと思います。

D610と何が違うのか良くわからないけど、背面液晶のチルト可能、連写速度の違い等ですかね。

もっとプロフェッショナルな方のレビューがいいのでしょうし、レンズも標準ズームと35mmの単焦点しかありません。

- 使って初めて分かった!ニコンD750の良いとこ悪いとこ

今回譲って頂いた@tako3さんが接眼目当てやアイピースなどをオマケで付けてくれたので、取り付けた時の見た目や違いなどを比較しながら簡単にレビューしていこうと思います。

角型で周りにはゴムがありますが、ファインダーを保護するものは何もなく…ファインダーに直接ゴミやホコリ、そして指紋なども付きやすいのが難点です。

チルト式の液晶モニターを全く使わない人だったらコレでも大丈夫だと思いますが…自分はよく使うので気になってしまいます。

ニコンD750にタムロンA010で飛行機を撮影。

- Nikon D750で接眼目当てを三種類試してみた!パナソニックのマグニファイヤーアイカップが抜群に見やすい!

このD750はその後継機だ!と誰もが思いましたが、大きくD700のコンセプトとはかけ離れ、D600シリーズの延長上にあるような製品になりました。

防塵防滴、ファインダー視野率100%、そしてSDカードのダブルスロットであり申し分ありません。

高感度に関してはISO12800まで常用可能であり、D810と同等でD610に比べ一段階上昇しています。

そこさえ気にならなければ大きな欠点もないため購入に踏み切って良い機種である。

- D750のレビュー評価・比較・おすすめ度

現在使えるフルサイズ対応のレンズは50mm単焦点レンズとタムロンA009のみ。

遠い将来には売却予定のD5500ですが当たり前のように現役です、本日も早速ママが自分のハンドメイドバックの撮影をD5500にAir1+Di700Aをつけてかなりの枚数撮影しておりました。

せっかくのフルサイズですから専用レンズにしたいし、僕は今のところ広角はD5500で撮影しようと思っています(レンズ購入までの間は) ケラレの様子を教えてくれてありがとうございます。

わたしは今、広角レンズが欲しいんですよね〜 FXを見越して買っちゃうとD5500では広角不十分、かといってDXで買うと将来FX移行時に…というジレンマに陥っていますw とか言いながら、広角なんでDX用になるのはほぼ決定ですが… D750がD610並みの10万前半になったら即買いですがw そういえば、FBの方も「いいね」とコメントを送って返事も頂いていますので、 これからもよろしくです。

- 魅惑のフルサイズが僕の心を奪いましたD750を購入 | カメラアマ

グリップ感に優れる小型軽量ボディーにフルサイズ機では初の可動式液晶モニターを搭載し、新開発のCMOSセンサーの採用で高感度画質を高めるなど、ハイアマチュアだけでなくプロも注目すべき1台に仕上げられている。

特に、望遠レンズを付けたときや、スローシャッター時のホールディングに安定性が増すだろう。

また、このカメラの最大の特徴でもある可動式液晶モニターを使って、ハイ&ローアングルでの撮影時にも、このグリップ性は有効だと感じた。

新設計の光学系、そしてナノクリスタルコート採用のレンズとあって、2432万画素の実力を余すところなく引き出す解像感と再現力だ。

- ニコン「D750」、画質も装備も優れるフルサイズ機は機動力の高さも魅力 - 日経トレンディネット

少し前に使っていたD610は、ボディの厚みが結構あり、グリップも太めで浅く、指の爪がグリップ内側に当たることも。

高感度にいたってはD7100はもちろん、D610よりも全然良くなっていて、ISO12800も使うことがある。

普段自分はニコン機の感度自動制御を入れっぱなしにしているが、D7100はISO3200、D610はISO6400、D750はISO12800にしている。

自分が買える価格、使える重さ、手振れ有無などを考えると、惹かれるのはAPSかm4/3用のレンズばかり。

- NIKON D750を1年使って感じたこと。 | puaphotodog 〜日常とカメラ〜