デジタル一眼レフ

Nikon

D7500

レビュー

モノコック構造を採用し従来比約45gの軽量化を達成するとともに、タッチ操作が可能なチルト式3.2型画像モニターを搭載するなど、着実に使い勝手が向上していることは明らか。

51というAFポイントの点数は前機種D7200と同じであるが、D500と同等の高速な画像処理エンジンと撮像センサーを採用したことで、連写速度が最高約6コマ/秒から約8コマ/秒へと向上した。

AFエリアが広範囲に設定されていること、15点のクロスセンサーが使用頻度の高い中央部に配置されていること、D500で好評のグループエリアAFが本機にも搭載され自由度が高くなったことによって、動態の捕捉能力はデジタル一眼レフカメラとして申し分のない性能を備えていると実感した。

なにより、画像処理エンジンがEXPEED 4からEXPEED 5になるなど、各部が細かなところまでブラッシュアップされ最新のデジタル一眼レフカメラとして生まれ変わっていることの方が大きい。

- 新製品レビュー:D7500(実写編) - デジカメ Watch

ちなみに、JPEG(画質モード:FINE、画像サイズ:L)時の連続撮影可能枚数は100コマまでとなっており、こちらは従来と変わらない。

なお、これらの連続撮影が可能な枚数は、いずれも撮像範囲をDXに設定した場合のもので、1.3倍のクロップ撮影ではない。

この状態で、画角は装着レンズの焦点距離の約2倍相当となり、51点のAFポイントは撮像範囲をより広くカバーすることが可能である。

昨今のデジタルカメラの高価格化や、搭載された機能の数々を考えれば妥当かもしれないが、前機種D7200や上位機種D500を購入の選択肢に入れるとすれば、悩んでしまうというのが正直なところ。

- 新製品レビュー:D7500(外観・機能編) - デジカメ Watch

しかし、180KピクセルRGBセンサーによりAF精度はアップしているようです。

D7500は映像エンジンが最新の「EPEED5」になり、常用感度の高感度側はISO51200にパワーアップしています。

以上、D7500を使ってみての感想ですが、撮影者の欲求を満たしてくれる中級機でありながら、重量が720gと軽量で、さらにタッチパネルのチルト式液晶になったことで、機動力が抜群に良くなりました。

D7200では気になっていたバッファーメモリーの容量が大きくなったことも、ユーザーには嬉しい限りで、RAWで50コマの連続撮影ができれば、8コマ/秒と連写性能と合わせて、瞬間を逃すことは少なくなると思います。

- ニコン D7500 使用レビュー|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

平凡なフルHDのスペックにもかかわらず、デュアルピクセルAFの存在だけで、動画に興味を持っている人には80Dを推薦する十分な理由になる。

D7500は、シングルカードスロットの採用や、バッテリーグリップが装着できないことから、厳しい意見もあるようですが、連写やAFなどの基本性能では、最新の機種だけあってライバルの80Dを容易に上回る性能のようですね。

SnapBridgeが全てのカメラに搭載されて欲しい ぐらいに思っているので >アンドロイドユーザーなら80DのNFCの方がもっと便利かもしれない の言葉の意味がすごい気になります。

動体AFはキャノンユーザーが上記2機種で撮るものならD7500で撮れてしまうということを考えたら十分です。

- ニコンD7500とキヤノンEOS 80Dの比較レビュー - デジカメinfo

D7200といえばフルサイズにも迫るくらいの画質の良さが特徴だったわけで、D7000番台の機種として考えると同じような流れのボディを出すのが妥当かなという感じはしますが、Nikonはあえてそうしませんでした。

AF速度とかに関してはD500と同じシステムということもあり非常に軽快です。

2機種で同時に同じレンズで試したわけではないので厳密に言うと誤差はあるでしょうが感覚としては十分D500と同じと感じ。

確かにD500と比べたりしてしまうと劣る部分は多いですが、秒間8コマまで連写可能でバッファも14ビットロスレス圧縮RAWで50コマまで撮影可能なので、鳥・飛行機・モータースポーツなどの用途でも十分いけると思います。

- 一足先にNikon D7500を触ってきた話 - しゃべろぐ

とはいえ、D7500は、画像処理エンジンが「EXPEED 4」から「EXPEED 5」に進化したこともあり、連写性能が約6コマ/秒から約8コマ/秒にアップし、ISO感度も最高25600から51200に向上している。

↑D7500とD7200の差で大きなものは、やはり連写速度と連続撮影枚数だ。

D500では大げさ過ぎるという場合や、実用的なカメラがほしいユーザーには、D7500はいい選択だ。

高感度撮影では、最新のEXPEED5が採用されたことで画像処理が進化しており、D7500のほうが画像の荒れが少ない。

- ニコンの一眼レフ・D7500とD7200を実写比較(前編)――新旧モデルの基本スペック/操作性/画質は? | GetNavi web ゲットナビ

反論として考えられるのは、恐らくですが、今日のメモリカードは大容量のため2枚のスロットは必要無いだろう、というものです(自動バックアップの保存場所が欲しいとか、RAWとJPEG、スチール写真とビデオを分けて保存したい場合は別ですが)。

3Dトラッキングモードに設定したこのカメラは、距離の離れた被写体がフレーム内を収まるよう捉え続け、我々は改めてこのD7500の性能に感心しました。

解像度の低さはD7500の長所にも通じており、このおかげで高速撮影や長い連写撮影も可能となり、またISO感度を51,200まで上げる事も実現しました ー これはD7200よりもさらに上の感度です。

更なるスピードを求めていないのであれば、D7500に乗り換えることはあまりおすすめ出来ませんー 2つめのカードスロットとバッテリーグリップ対応を諦めても良いと思えるほど、4Kに惹かれているというのであれば別ですが。

- NIKON D7500 レビュー

私が使用していたD7100をはじめ、これまでのニコンの中級機はSDカードを2枚挿すことができるダブルスロットでした。

私にとってD500はかなり魅力的な機体であることに間違いはありませんが、機体が少し大きめなのが気になりどころだったので、同等の画質を小型機で使えるというD7500は、ドンピシャのモデルだったんですね。

今は撮影データをrawとjpegの2種類で残して、LightroomがD7500に対応した時に現像し直そうと思っています。

自分が買って満足しているから言えることかもしれませんが、D7500、いいカメラですよ!同じ中級機のD7200やフラッグシップのD500、エントリー機のD5000番台のカメラなどと比較しながら、一度店頭で手に取って試してみることをオススメします。

- 最強のスナップカメラ候補!ニコンの新型一眼レフ「D7500」を購入しました! - ネコと夜景とビール

しかしながらメモリーカードスロットがダブルスロットがシングルスロット化し、バッテリーグリップ非対応やD7200からスペックダウンされた部分もあり、賛否が分かれるところでしょう。

背面の液晶モニターはD500よりも薄型化しており、これまでのニコンの可動式液晶モニターは割と分厚い傾向にありましたが、D7500はソニー機のような薄型液晶モニターが採用されており、可動式液晶とはいえ背面の厚みが増してしまう傾向にありますが、D7500の背面はスッキリと抑えられています。

D7500は基本的にはD7200の操作系を踏襲していますが、1ヶ所だけ気になったのはISO感度設定ボタンで、背面のモニター左側にあったISO感度設定ボタンがシャッターボタンの上がに移動しており、最初は戸惑いました。

D500と比較した場合、D7500の方が安価である点や約120g軽量であることなどD7500ならではの魅力もあるものの、そうした点が気にならないのであれば、スペックで勝るD500がオススメといえるでしょう。

- D7500はガッカリ機種!?D7500の真相に迫る! | Amazing Graph|アメイジンググラフ

ニコンDXフォーマットCMOSセンサーから読み出されたデータを高速で処理することで、最高約8コマ/秒の高速連続撮影や4K UHD(3840×2160)/30p動画を実現します。

撮像素子からのデータの高速読み出しと高性能画像処理エンジンEXPEED 5による高速処理により、最高約8コマ/秒の高速連続撮影を実現しています。

さらに、バッファーメモリーを大容量化し、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも50コマ、JPEGで100コマまで連続撮影が可能です。

高性能画像処理エンジン EXPEED 5とNIKKORレンズの優れた描写力により、細部まで鮮鋭な映像を撮影可能。

- D7500 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

X-T2の場合、動画撮影ではボディの下にパワーブースターをつけないと29分までの撮影ができないので、その状態だと運用上はサイズの差はあまりないかもしれない。

4Kカメラの中には、HDにするとガクッと解像度が落ちてしまったり、極端にSNが悪くなるカメラもあるが、この2モデルは、HDにしても本来の解像度を保ち、ノイズが増えることもない。

以下の映像は当然オリジナルではなく、軽くするためにMP4で書き出し、さらにYouTubeにアップした段階でノイズの見え方はかなり変化してしまっているのだが、それでも実際に使う用途としてYouTubeにアップする用途が多いとしたら、これは現実的なテストかもしれない。

ISOはどのあたりまで使えるか、ということは被写体、用途、評価する人、視聴する画面によって大きく変わってくるが、ここではMacBook Proの15インチのRetinaディスプレイでみる限りという但し書きをつけたい。

- ニコンD7500を動画カメラとして検討する | ビデオSALON.web

露出制御の測光方式は、D500の測光センサーでもある180KピクセルRGBセンサーで、アドバンストシーン認識システムの性能がよくなっています。

D7500になって、20種類までレンズを登録して、AF微調節の自動設定ができるようになっています。

D7500はD500と同じセンサーを使っていることも特徴ですが、画素数が少なくなっているので、高感度耐性に配慮しているところも特徴です。

画素数を増やすのではなく、1画素当たりの受光面積を拡大させることが画質の向上につながることは、デジカメで長い間言われ続けてきたことなので、D7500は画質向上で画素数を選択しなかったとして語られる機種になっています。

- ニコン D7500 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

つまりそのAFセンサーを搭載したDXフォーマットのカメラを開発すれば、「D5」よりも魅力的なカメラが作れると判断したからだそう。

これはこれで写真一筋なニコンらしくて良かったのですが、近年登場した「D5」や「D500」、「D7500」には高性能な動画撮影機能が付与され始めたのです。

「D7500」は4K UHDやフルHDでタイムラプス動画をカメラ内で自動生成できるので、撮影後に動画を編集する必要はありません。

「D7500」はフルHDとHDでの撮影の際に電子手ぶれ補正機能を利用することが可能。

- はじめての一眼レフカメラにはこれがおすすめ!フラグシップ機の性能を受け継ぐニコンの新製品「Nikon D7500」を紹介します! | RentioPress

これらの主要スペックは、上位モデル「D500」とほぼ同じもので、異なる点は、連写機能(「D500」は最高約10コマ/秒)くらいなもの。

そのほかの違いとしては、「D500」に搭載されている、デュアルスロット仕様がシングルスロット仕様になっている点、AFのフォーカスポイントが153点から51点へと絞られている点などがあるが、その分、重量は軽くなっており、760gから640gへ、ボディサイズも若干コンパクトになっている。

昨年の「D500」が、いろいろな点で新規性のある製品だったのに比べると、「D7500」はどうしてもその廉価版というイメージがぬぐえず、性能・機能的に新しい部分はほとんどないからだ。

図4は、過去6か月における「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける主要5メーカーのアクセス推移を示したものだが、ライバルであるキヤノンにここのところ大きく水を開けられていたニコン製品のアクセスが、急激に上昇しており、キヤノン製品のアクセスに追いつこうとしているのがわかるだろう。

- ニコン「D7500」が突然の発表。人気モデル「D500」に迫る性能にユーザーの反応は? - 価格.comマガジン

その間、型番的に下位にあたる4桁型番を冠したD7000シリーズが、ニコンDXフォーマット採用デジタル一眼レフカメラの最上位モデルを名乗るというラインアップの逆転現象が発生していたわけだが、3桁型番を冠した「D500」が登場したことで、ようやくこのねじれが解消。

また、D500と同じ高速な処理が可能な撮像素子や画像処理エンジンを採用したことで、連写性能もD7200の秒間7コマから8コマに拡大。

このほかにも、4K UHD動画撮影のサポートや、電子先幕シャッターの対応など、D7500はD500に匹敵する性能を実現している。

D7500は、より多くのユーザーに使いやすいモデルとするため、D500 に匹敵する撮影性能をD500よりも扱いやすいコンパクトなボディに収めた点も大きな特徴となっている。

- ニコン「D7500」登場! 「D500」の画質をコンパクトにまとめた注目の中級機 - 価格.comマガジン

また「(D500登場まではDX機最上位モデルの役割も担っていた従来型の)D7200には備わっていてD7500では省略されたいくつかの仕様」があって、これはD500との違いをより明確にするための方策ではないか。

D500本体分のお金があるならD7500に良いレンズを組み合わせる選択肢もあるよ。

」の気持ちは充分理解できると前置きして、それでもデジカメの場合1台に投入されている仕様の種類は膨大ですし、それぞれの仕様(機能や性能)は進化が早いので、いくら旧型が良いと言ってもユーザーにとって必要な機能や性能が新型にしか無ければ、旧型はサックリと選択の対象外になってしまうものです。

個人的には、まずD7200とD7500との比較では、ニコンデジタル一眼のロードマップ通り、D7500も本体の薄型化=グリップ深さの強化を図ったのは大きな進化であって、おそらく望遠系レンズを多用したいDX機ユーザーには重要な改良だと思いました。

- ニコン・D7500、各所の評判を読んで - 和田哲哉 -LowPowerStation-

D7200ではフルHDまででしたが、4K動画が撮影可能になりました。

画質は画素数が全てではありませんが、D7200に採用されている2400万画素のセンサーが評価が高いのでそれを上回れるかは疑問。

D7200では別売りのバッテリーグリップを付けることによってバッテリーの大容量化・縦位置撮影でのホールドがし易くなりましたが、D7500では完全に非対応に。

バッテリーグリップを付けられなくなるということは単純に拡張性が低くなるということ、D7200の後続機としてはマイナスポイントになるでしょう。

- Nikonの新型一眼レフ D7500について個人的な感想 – 潟フォト撮影記

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動く、のが特徴の一眼レフカメラです。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

ニコンの単焦点レンズ「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8」をレビュー!比較商品・感想・作例など。

- Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。 | 面白ハンター|旅を仕事に!新卒フリーランスの海外ノマド記録

撮像素子や画像処理エンジンなどの主要パーツは最上位モデル「D500」と同じものを採用しつつ、小型軽量化や低価格化を図った。

連写速度や連続撮影枚数、高感度画質、メニューの分かりづらさ、ボディーの重さなど、D7200ユーザーが不満に感じていた点を中心に改良した。

動画撮影は、新たに4K画質に対応。

D7500は、写真ファンが求める画質や撮影性能をD500と同等にしつつ、ボディー素材や装備をある程度割り切ることで小型軽量化や低価格化を図った。

- ニコンが一眼レフ「D7500」、小型軽量化と低価格化図る - 日経トレンディネット

個人的な感想では、スペック的にはD7500は単純にD7200の上位互換とは言えないと感じまいした。

しかも、内蔵バッファメモリーも増大したようで連続撮影可能枚数が50枚となりました(14ビットRAW)。

そして、フルHD記録時には、上下、左右、撮影レンズを中心とする回転の3方向の手ブレの影響を軽減する、「電子手ブレ補正」機能が搭載されています。

読了時間5分 光沢紙・インクジェット用紙について 皆さん、撮影した写真はどうしてますか?私はスマホやパソコンで見ることが圧倒的に多く、あまり印刷することはなかったです。

- Nikon(ニコン)D7500が登場!D7500、D500、D7200と比較してみる! – 一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ